« 今週のアバレン&ファイズ(1月3週目) | トップページ | 最終回をこう理解する »

2004.01.19

上方歌舞伎会新年会

 毎年8月最終週に大阪国立文楽劇場で上方歌舞伎会という勉強会があります。
中村鴈治郎・片岡仁左衛門・片岡我當・片岡秀太郎・坂東吉弥・上村吉弥という上方系役者のお弟子さんたちの勉強会なんです。
 上方歌舞伎会を応援する親睦会が上方歌舞伎会友の会というんですが、その新年会でした。
上方歌舞伎会に属する役者さんは全部で39名になるそうなのですが、今回はそのなかから20人以上は参加してたんとちゃうかな?それに友の会の会員でしょ。凄い人数でした。
 毎回片岡當十郎さんの話が面白くて楽しみやねんけど、今回の話は11月の歌舞伎座で富十郎さんが突然の病気休演で代役に立った話でした。さすが芸暦50年!!お弟子さんとはいえ、先代の仁左衛門さんの頃からの蓄積が物を言うたんやなぁ。
 あとはねぇ、中村鴈乃助さんの歌舞伎役者になったきっかけの話とか、中村扇之丞さんは東京出身なので大阪弁は英語より難しいって言うてはったり、去年の春上方歌舞伎塾を卒業して歌舞伎修行を始めたばかりの日系アメリカ人の男の子の緊張した面持ちとかね。
 上方歌舞伎会のメンバーに若い子が増えてきたから、友の会の方も若い子が増えてきて賑やかになってきたんとちゃうかな。楽しかったし、また来年もいこーっと。

|

« 今週のアバレン&ファイズ(1月3週目) | トップページ | 最終回をこう理解する »

女の悪所は芝居小屋」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/116775

この記事へのトラックバック一覧です: 上方歌舞伎会新年会:

« 今週のアバレン&ファイズ(1月3週目) | トップページ | 最終回をこう理解する »