« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004.02.29

今週のデカレン&剣(2月5週目)

 デカレン、最初に拳銃訓練してた場所って、この間仮面ライダーブレイドと蔦アンデッドが戦ってたところやん!!
いくらロケ場所に苦労するからって、つい3週くらい前やし、雪積もってたところみたら、仮面ライダーロケしてからそんなに日経ってないんとちゃうんとつっこんでしもうたがな。
 で、最後に怪獣倒したデカブルーが持ってた銃のよこっぱらにSPDって書いてあった文字、思いっきり手書きやし!!
 それにSPライセンスとかいう機械で、どこの星から来た怪獣か調査したときに、その機械の画面に映ってた映像って、ハリケンジャーの最後にその週に出てきた怪獣の紹介シーンとおんなじの使ってるみたいやし。細かいところが突っ込みの宝庫やん。
 デカレンジャーは2週で1エピソードみたいやね。
 ヒゲの小梅ちゃん相変わらず、可愛かったな。変装でだましたと思ったら、実は敵も変装してて、向こうのほうが上手やったという、見てる途中でネタばれするようなストーリーでした。まぁ、スーパー戦隊はそれでも許せるんやけど。(笑)

 ブレイド、烏丸所長思いっきり走って逃げてたし。烏丸所長って生命維持装置でどうにか生きてるんとちゃうかったっけ(笑)?でもって、栞にもう一度戦い続けろと剣崎が言う一番いいシーン、椿君のセリフ、イントネーションがぼろぼろやってんけど。前から、"たちつてと"の活舌が耳についてたし、もうイッパイイッパイやなってのは判ってたけどねぇ。
きっと監督さんたちから凄い指導されて大変な思いしてるのかもしれへんけど、もうちょっとどうにかがんばってもらわんと。折角のシーンが、あちゃーですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

差し入れ製作

 来週「ブンナよ、木からおりてこい」に出演する友人のお嬢ちゃんのために、夕べは差し入れのビーズのネックレス作ってました。
 去年の春に舞台に出たときには、差し入れに何が良いのかさっぱりわからず、結局手ぶらになっちゃって、その後夏に友達に会う機会があったときに、ホームセンターで可愛いビーズのチョーカーを見つけて、作ってあげたら凄い喜んでもらえたみたいなんで、今回もビーズアクセサリーに決定しちゃいました。材料費は1作品あたり500円強かな。材料費は安いけどスワロフスキービーズ36個も使ってるから、なかなかきらびやかなんよ。

 それにしてもCD聞きながら集中して作ってて、ぱっと顔あげたら完全に目のピントがフリーズしてしまっててつい2m先くらいのものがかすんでボーっとしか見えてないのに、あせってしもうたがな。見てなくてもテレビ流しながら作業した方がええなぁ。その方がふと目を上げたときに、ピント合わせようとするやんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.27

今日から

 とうとう今朝の明け方から流れる鼻水で目が覚める花粉症の症状が出始めたんやんか。
 私はだいたい花粉の飛散量が10を超えてくると、自覚症状がでてくるみたいやな。今晩から寝る前に鼻炎の薬飲んで寝ようっと。本当は胃のことを考えたら食後の方がええんやろうけど、鼻水がたれてくるので目が覚めるってことのほうが私にとっては、辛いし。

 ローソンチケットのサイトから巨人戦の先行抽選販売の申し込み、フリーズしまくって進まないんで、夕べ電話で申し込む方に切り替えたんやけど、電話で流れてたテープの女の子、バリバリの大阪弁やん(笑)。
 ちょっとなごめたかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.26

夕べの「相棒」

 割と「相棒」ってドラマ好きなんですわ。だいたい毎週見てるんやけど、夕べの回はもう「オチはこれかいっ!!」と相棒スタッフの勇気にあきれてしもうたがな。
 
 ストーリーは・・・以前相棒の二人を諮問委員会に呼び出した警視庁監察官の大河内(神保悟志)の腹心・湊が、スナックでバイトしていたOLと心中した。警視庁のくず扱いしていた右京と亀山のところに現れた大河内は、二人に湊の死は本当に心中だったのかどうか内密に調査するように頼む。警視庁トップは監察官だった湊が無理心中したのではないかと疑っていた。(無理心中は殺人罪にあたるらしい)
 右京と亀山の調査が進むうちに、湊がOLを強引に口説いていたのは何かをカモフラージュするためだったと判明。しかし夫の不倫を清算させようとしていた湊の妻がOLを殺害し、それを隠すために無理心中を装って湊が自殺したことを遺書に書き残して、妻も自殺しているのが発見される。
 でも「相棒」の脚本はここで終わらないんやな。たいがいもう一ひねりあって、今回のひねりは湊が浮気していた本命は別人やったんや。それは上司の大河内!!!湊は妻が起こした殺人事件によって、大河内と自分との関係が明るみになり警視庁前代未聞のスキャンダルから大河内を守るために、無理心中に見せかけて死んでいったという訳やん。ラストで大河内が棺おけの中の湊の頬を愛しげになでとったわ。

 今シリーズの相棒の初回に監察官として諮問委員会に出てきたシーンのときから、神経質で一癖も二癖もありそうな雰囲気を大河内に漂わせる役作りをしていた神保悟志さんやったんですけど、最後にこういう設定にしてしもうた相棒スタッフに驚いちゃうやんか。
 相棒のドラマの中で、ちょっとスリリングなシーンのBGMに龍騎のミラーワールドのシーンで使われていたのと同じようなBGM流したり、殺人犯の脱獄囚に浅倉って名前使ってみたり、なかなか遊び心があるんやな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.25

フリーズしてまうがな

 今日から阪神タイガースファンクラブ会員の巨人戦先行抽選販売の申し込みが始まったので、さっきローソンチケットサイトへ申し込みに行ったら、途中でフリーズしてまうがな。
 どうも申し込みが始まった12時~3時半頃までアクセスでけへん状態やったらしいよ。
 ローソンチケットのサイトではもう直ったと書いてあったけど、まだアクセスが多すぎてフリーズしやすいかも?
 早い者勝ちやないのにね、やっぱり関西人はいらちなんやろか。

 話は替わりますけど、私の友達の娘さん(といっても小学生)が「ブンナよ、木からおりてこい」という水上勉の名作ミュージカルに出ます。役は子蛙みたい。
 公演日時;3月7日、場所;大阪狭山市文化会館(SAYAKAホール)、開演;16時  
 一人娘さんなのでもうお父さんがメロメロやねんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.24

カーテンコールで・・・

 夕べ、仕事が終わってから京都までわざわざ労演の例会に参加するために行ってきましたがな。
 だいたい、大阪労演が金曜日の夜と土曜の昼、そのあと京都労演が日曜の昼と月曜の夜っていうパターンで回ってくるんやけど、今回は日曜日に京都会館が空いていなかったのか、月・火平日の夜公演やったんよ。
 慌てて職場から飛び出したいときに限って、売上一覧表の見直し作業(20日過ぎてたからね)が入って、冷や冷やもんや。
 地下鉄一本乗り遅れたから、京阪特急も一本乗り遅れてるはず。
 で、劇場の近くのコンビニへ弁当買いに入って、さぁ~レジへと思ったら、頼りなさそうなバイトの女の子と何かの支払いに来たおばあちゃまが手数料の支払いについて、もめてんねん。315円也。
 そのおばあちゃまもブランド物のご立派なかばん下げてて、お支払い金額も10万円超えてそうな感じやったんよ。
もう後ろに並んでる私なんか「はよして~!!」と口から出そうになるのをぐっと抑えて待ってたがな。
 劇場について、10分で弁当食べて(それもロビーで立ったまま)、すれすれで席に座って・・・。
 (中略:芝居の中身については、母屋の方に今週中にはアップいたします)

 芝居が終わって、最後に役者さんたちが並んで、お辞儀をしたんやけどその顔見てたら、なんかもう一つ達成感がなさそうな感じやったな。私自身「この芝居やったら不完全燃焼でもしゃーないな。」って思いましたもん。
 カーテンコールで素に戻ったときの役者さんたちの顔って、結構本当のことを語ってるって思いません?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.22

今週のデカレン&剣(2月4週目)

 デカレン、初回に比べたらちょっと落ち着いて来た感じかな?
 最初にSPDってマークが大写しになってナレーターが「スペシャル ポリス デカレンジャー」って言うところ、もう脱力してしまうがな。
 ドギーがデカレッドのバンちゃんを紹介していたときに、デカグリーンの仙ちゃんがあごを触っていたけど、これってやっぱり星野前監督がよく試合中にあごを触ってたところからきてるんかな?
 当分はレッドとブルーがライバルとして小競り合いしながら、戦っていくみたいやな。そしてレッドが女の子に惚れっぽいってのは判るけど、ブルーも同じく女の子に惚れっぽいキャラとはねぇ。
 前作のハリケンやアバレンに比べると、デカマシーンが出動するシーンはおもちゃっぽくて、ちょっとチープな感じがしてどこでCG使うのかと思ったら、合体したあとのロボのアクションがCGやったんやね。その辺が今までと比べて動きが軽快になったみたい。

 仮面ライダーブレイド、先週の終わりに烏丸所長が燃えていたんで、どうなるかと思ったら、橘の種明しがありましたねぇ。燃えていたのはマグネシウムで烏丸所長はバーチャルだったとか。来週の予告で烏丸所長チラッと映ってたし。
 橘が自分の身体が弱っていくのを遅らせるために、アンデッドを封印して自分の力にしようと考えてるところなんかは龍騎のモンスターがやっつけたモンスターを餌にしてしまうところに似てるかも。
 カリスが人間ではないということは烏丸所長たちはカリスをモデルにして、ブレイドやギャレンを作ったってこと?
 来週の予告じゃ、剣崎君拘束服着せられてたけど、なんでつかまるのんやろか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.21

在庫処分

 今日、友人と食事をするため大阪天満橋にある某百貨店に行ったんやけど、時間つぶしに文具売り場をうろうろしてたら、在庫処分で今年のカレンダー一杯箱に詰めて立ててあったがな。
 つい2ヶ月前までは定価2000円で売ってたカレンダーが200円!!
 数字だけのカレンダーだけやないでぇ、アイドル・歌姫・アニメ・スーパー戦隊物まで200円やったがな。

 私はカレンダーは買わへんかったけど、小ぶりの便箋定価350円だったやつが150円だったので2冊買ってきました。最近メールがほとんどやし、手紙もパソコンが多くて、手書きは一筆箋で済ませてたからちょうどいいのがあって、お買い得やったわ。
 あとはねぇ、絵手紙用サインペンセットが500円とかねぇ、ディ○ニーの鉛筆セットが500円とかねぇ、なかなか面白い掘り出し物があったがな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.20

戦わなければ、生き残れない...その1

 このタイトルの文章は仮面ライダー龍騎のキャッチコピーでした。
 本当に龍騎のシリーズはよく戦ってましたね。

 では、簡単なストーリーを・・・(って龍騎のストーリーを簡単に語ることができるんやろか?)
 突然人が消えうせてしまう事件が続発し、それを追っていたオレジャーナル記者の桃井令子と見習いの城戸真司。この消えた人々は実はモンスターによってミラーワールドへ連れ込まれていたのでした。一度ミラーワールドへ引き込まれてしまった人間は二度とこの世界には戻って来られず、モンスターの餌食となっていたのでした。
 ふとしたことからカードデッキを拾ってしまい、ドラゴンのモンスターと契約して仮面ライダー龍騎となった真司は自分の近くにあるガラスや鏡の中にモンスターが現れると発する音によって、モンスターの出現を知り、襲われそうになっている人間を助けていました。
 モンスターと戦っているうちに今度は自分に襲い掛かってくる仮面ライダーに遭遇した龍騎。
 実は神崎士郎は何らかの宿命を負った人間にカードデッキを与え、モンスターと契約させて仮面ライダーとしてお互いに戦わせ、最後まで生き残ったものの願いをかなえてやろうというゲームをさせていたのでした。

 龍騎のシリーズは、モンスターとの戦いと仮面ライダー同士の戦いが展開されていたので、アギト・ファイズのときよりも戦っている量が多かったんやな。だから、ファイズが始まったころ、龍騎に一年間ですっかり慣らされていた私は戦いが少なくてなんか物足りへんかった感じがしました。ストーリーより戦いのシーンが好きやったボケボケボーイズ(甥っ子)もファイズは「おもろな~い」ってよう言うてたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.18

役者にはまったのは・・・

 役者にはまったのが仮面ライダー龍騎でした。
ストーリーにズッポリはまっていた仮面ライダーアギトが終わりに近づき、幼年誌の表紙に仮面ライダー龍騎の写真を見たときに「これが仮面ライダー?!」って思いが強くて、アギトの最後から引き続き、龍騎の最初5回くらいも見てなかったんやなぁ。だから主人公の城戸真司がどうして仮面ライダー龍騎になったのか知らないんです。

 私が龍騎を見始めたときは、どうも刑事なのに怪しそうとか、悪徳弁護士みたいなのが出てるし、仮面ライダーとモンスターの関係も良くわからへんし、だいたい仮面ライダーがゾロゾロ出てきてお互いに戦ってるなんて子供番組にあるまじき設定やん。

 初めは抵抗があったとしても一度見始めたら、病み付きになるのが村をんなの性格やねんなぁ。やっぱり好きなんよ、特撮が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.16

還付金!!

 夕方のニュースで、税金申告キャンペーンのタレントさんたちが、税務署に訪れるパフォーマンスやってましたね。
私は2月3日に書き上げた確定申告書、翌日配達記録をつけて税務署に送っておいたので、土曜日に還付金支払いの葉書が税務署から届きました。
 ちょっとホッとしたがな。下書きではちゃんと書いてたのに、申告書に書くときに損害保険控除の金額、桁間違いするし、振込み銀行の口座番号左詰やのに、そこまでちゃんと読んでへんかったから、右詰に書いてまうし、訂正印は会社に置きっぱなしにしてたから、三文判で訂正印代わりに使ってたし、きっと機械では読み取れへんやろぉなと思いつつ、まぁなんかあったら税務署から言うて来るでと思って、郵送しちゃいました。
 前にも書いたとおり、私の住んでる市の税務署辺鄙なところにあるんよね。
 
 今日の夕刊によると2月22日と29日の日曜日も大阪の税務署では確定申告を受け付けてくれるんやて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.15

今週のデカレン&剣(2月3週目)

 デカレンジャー、アバレンジャーよりアバレッぷりが凄かったですよね。
 スーパー戦隊シリーズの初回をちゃんと見るのは2回目(汗)なんやけど、顔見世ってことで毎回力入ってて去年は地球最後の日かと思われるくらい爆竜に東京が破壊されてたやんか、それに比べると脳天気爆発で日曜の朝っぱらから目が覚めるような賑やかさやったんちゃうかな?
 ボーっと見ていた私が一番目が覚めたのが、最初のテーマソングが流れてて登場人物見てたときやってんな。コートの男・・・菊池??あれって一瞬やからね。動体視力と記憶力の勝負やないですか。ひょっとしてひょっとしたらと思ってたら、やっぱりアナザーアギトの菊池さんでした。相変わらず渋いっ。菊池さんが映っているとデカレンがなんとなく締まって見えたのは私だけなんでしょうか?
 それと岡元次郎さん、たぶんあれが次郎さんとちゃうかなってくらいロングで撮られてたような、もうちょっとアップ欲しかったよう。
 毎週突っ込みどころが多そうなデカレン、これも1年経つと泣いちゃうくらい良い話になるんやろうか。

 仮面ライダーブレイドのほうはやっと剣崎と橘の二人のギクシャクしたものが解消されそうになったところで、今度は栞の父親が謎のキーマンとして登場してきたやんか。これでもう烏丸所長は出てけぇへんのかな?
 今日のアンデッド、銀の粉を撒き散らして相川始君の部屋の写真を燃やしてたけど、森の中で親子を襲ってるときは別に何も燃えてへんかったやんか。あの燃えたことと銀粉攻撃の間に何の意味があったんやろう。
それってこれからの展開の中で判ってくることなんやろうか。たまに仮面ライダーって謎が解決されないままうやむやでストーリーが展開してしまうって時があったんよね。でも今は脚本家が変わってるから大丈夫かな?
 来週の予告見てたら、栞のお父さんはカリスのことについて知ってるみたいやったよね。カリスもアンデッド語をしゃべってるのは初めて出てきたときだけだったような気もするし、どうなることやら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.14

PROJECT G4…その2

ではストーリーを簡単に…
自衛隊では未来の武器を開発するために、事故等で奇跡的に助かった子供たちを集めて超能力開発の訓練を秘密裏に行っていました(この辺がファイズの流星塾にちょっと似てる)。
 そんなある日、子供たちの使う超能力に反応してアンノウンの群れがその研究施設を襲い、G3が出動したにもかかわらず多くの犠牲者を出してしまいます。そのことから自衛隊もアンノウンに対抗するためG4システムを開発しようとするのです。
 研修と称して警視庁G3ユニットにやってきた深海は歓迎会の夜、尾室を酔わせて、G3ユニットのコンピュータからG3に関する情報を盗み出し、G3よりも完璧なG4システムを作り上げました。
 しかし完璧であるということはそれを着用する人間にとって多大な負担を与え、最終的には死に至らしめる装置だったのです。
 後半は仮面ライダーアギト・ギルス対アンノウン、G3対G4の戦いが繰り広げられ、またテレビ本編にも引き続くようにアギト・ギルスの新たなるフォームのお披露目や謎の青年の登場もあったりします。

 子供向け映画の常套手段として、必ず子供が重要な役目を負うというのは判るんやけど、この映画では研究所から逃げ出した二人の子供の立場が何度見ても悲しすぎるような気がするんよねぇ。
 とはいえ劇場版は予算が多い。だからアンノウンは蜂の集団で、いやというほどうじゃうじゃ出てくるがな。そして女王蜂のアンノウンがなかなか細かい造型やし、アギトのバーニングフォームとかは思いっきり演出されてるし、アギトのエキスが凝縮されてるから、アギトの入門編としては最適かもしれへんな。これ見て面白いと思ったら、テレビ本編51本分をレンタルしてみてもええんとちゃうやろか。
 ちなみにG4のスーツアクターが岡元次郎さんです、これも見所。
 
 問題があるとすれば、せっかくアギトの世界を楽しんだ後で、最後にガックリするのがエンドロールのときに流れる音楽、ウルフルズの「事件だッ!」なんよ、いくらなんでも映画の雰囲気と合わへんのんとちゃうん。どういう経緯でこの曲が選ばれたんやろう???アギトのテレビ本編の中でよく流れていたクラシックの曲(題名わかりません、汗)使ったらよかったかもって思ってるんやけど。それやと子供には怖すぎるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.13

PROJECT G4…その1

 ヲタク的ビデオ録画の方法とは1放映につき1本のビデオテープを使うことであると昔友人に教えてもらったことがあるんやけど、その説に従うと私はまるで外道(つまりヲタクではないということを言外に主張しているんやけど)で、スーパー戦隊と仮面ライダーをセットで1本のビデオテープに3倍速で6回分繰り返し録画して、テープの画質が悪くなったところで次のテープを使用するという形です。
 で、1シリーズに付き2本分の画質の悪いビデオが残るんですな(汗)。その罪滅ぼしというわけではないんやけど、記念に仮面ライダーに関しては劇場版のディレクターズカットを買うことに自分の中で決めてるんです。

 劇場版の仮面ライダーだから映画館で見たほうが良いに決まってるんやろうけど、どうも映画館というのが苦手でそれに子供が一杯というのも苦手でしてディレクターズカットが出るまでじーっと我慢してるんです。映画が上映されてから約1年待つわけで、それもテレビ本編の全ての流れを把握した後に見るんやから、やっぱり邪道かもしれへんねぇ。

 「劇場版仮面ライダーアギト PROJECT G4」は2001年の9月に劇場公開されました。子供向け映画としては9月公開ってめっちゃ不利やん。現在は堂々と夏休み公開の目玉企画になってるけど、その頃はまだポケモンに押し出されていたというところなんよね。でもアギトの映画がヒットしたことにより、夏休み映画の定番になったんやから、功績大やねぇ。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.11

村井さ~ん!!

 叫んできましたよ、カーテンコールのときに。「タイタス アンドロニカス」の千秋楽(大阪公演の)だったんで、スタンディングオーベィションで何回もアンコールがあって、結構「ターコ!!」とか「○○さ~ん!!」って叫んでる人も多かったんで、私も大向こうしてしまいました(汗)。

 仮面ライダーファイズで花形社長を演じていた村井克行さん、ファイズのときは兄貴分って感じやったけど、今回の舞台ではまだペーペーの若造やん。ヘアースタイルは花形社長のときとそんなに変わらんかったんやけど、茶髪に染めてたし(一応ローマ人の役やからかな?)、一番違ってたのはヒゲです。"口ひげ"だけでもなく"あごひげ"だけでもなく、全部つながっている髭です。だから野性的な感じやったんよ。ただ、セリフが無かったのであのお声が聞かれへんかったんやなぁ、残念残念! 
 
村井さんもやっぱり生のほうがテレビより断然

男前っ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.10

国立文楽劇場友の会会報第113号

 開場20周年記念号やて。
そうか国立文楽劇場できて、20年になるんやね。ということで今年は4月に「義経千本桜」の通し狂言、6月に「菅原伝授手習鑑」の寺入り・寺子屋の段、11月に「仮名手本忠臣蔵」の通し狂言をやるみたい。

 そして友の会会員だけが参加できる観劇スタンプラリーですかぁ。
そんな企画があったら行ってみようかなって思って、4月の「義経千本桜」の配役表をじっくり見てたら、文楽人形遣いのイケメン玉翔君が第1部で“娘 お安 実は安徳天皇”の役で名前が載ってるやん。ひょっとしてこれって文楽劇場本公演で初めてかな???で、問題は実際の舞台では顔を出して人形を遣うのか、頭巾を被って遣うのかやんねぇ。それともう一つの問題はダブルキャストやから丸々一ヶ月遣えへんねんな。前半(3~13日)だけなんよ。
 私の都合から考えると4月25日に松竹座の「浪花花形歌舞伎・女殺油地獄 Bプロ」に行きたいんよねぇ。だからその昼に文楽行くのが一番ええんやけど、そうすると玉翔君見られへんしなぁ。どうしょう。

 話は変わるけど、この「女殺油地獄」に「白い巨塔」で佃先生やってる片岡孝太郎が久しぶりに女形で出演するんよ。なかなかええ女形なんよ、情があって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.09

今週のアバレン&剣(2月2週目)

 とうとうアバレンの最終回でした。最終回は泣かなかったですよ(笑)。
 それにしてもデズモゾーリャの怨念、図太かったやんねぇ。倒されても倒されても生き返ってくるし。
一体デズモゾーリャだけで何週持たせたんやろぉ。
 凌駕君と幸人君の安否を見せる前に、半年後の恐竜やから始まるなんて、なかなか憎い構成やったんとちゃう?
 介さんと横さんが恐竜やで、「寂しくなりましたねぇ」なんて言ってるから、ちょっとどきどきしてしもうたやないの。
 凌駕君、髪の毛切ってさっぱりして良くなったんとちゃう?なんか凄く似合ってたと思いました。この1年間髪の毛ちょっと重たかったもんね。でも、撮影中はヘアースタイル変えられへんのよねぇ。

 アスカとマホロが最終的にダイノアースのアダムとイブになるんちゃうかなというのは、この二人が夫婦であったという種明かしの頃から薄々感じてました。
 そして最後は主なキャスト全員が集まっての同窓会。なんか素に仲良さそうな感じがあって、見ながら1年間お疲れ様でした、これからもいい仲間でいてねと思うてました。

 そして仮面ライダーブレイド。
 雪の中のアクション、それも被り物してるし、雪の坂を転げ落ちるし、足は取られるやろうし、大変やったろうなぁと思いつつ見てました。ブレイドのシリーズになってから、ロケ場所が今までとちょっと違うところが多いので、楽しませてもらってます。
 アギト・龍騎・ファイズ・ガオ・ハリ・アバレと見てたら、ロケ現場重なってるところが多くて苦労してはんなぁって思ってたからね。カモシカのアンデッドだから、雪山ですかぁ。一年間そういう趣向にするのなら、それはそれで大変やろうなぁ。
 
 この3回、アンデッドが出たからというて、剣崎とか橘に退治しにいかせてたのに、なんで今回だけ栞が「私たちも行こう!!」になるんよ、アンデッドは剣崎に任せといて烏丸所長探す方が先決なんちゃうんと突っ込みながら見てしまいました。
 
 相川始=カリスは何を知っているのか?ますます謎が深まってきました、来週や如何に?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.08

阪神タイガース公式ファンクラブ会報 vol.1

 毎日どこかから会報が来るような・・・(汗)。

 春ですねぇ。タイトル通り阪神タイガース公式ファンクラブ会報 vol.1 ハンドブックが来ました。
まずは一通り目を通したんやけど、やっぱり一番熟読してしまったのは巨人戦先行抽選販売の申し込み方かな。
 1試合あたり3000席やねんて、今まで巨人戦なんていっぺんも行ったこと無いので、せめて1試合くらいは当たりたいがな。
 その後はぺらぺらっとページをめくっていったら、公式戦日程表って言うカレンダーも載ってるんやな。
日付・試合・イベントカレンダー・選手の誕生日が印刷されてて、結果とスコアが書き込める欄もあるんよ。
今年も白星が一杯並びますように。  
それにしても10月のページには日本シリーズの予定まで書いてあるねんでぇ、これ見て「ほんまに大丈夫かぁ、こんな日程まで印刷して~」って突っ込んだ人いっぱいおるんとちゃう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.07

上方歌舞伎会友の会通信2月号

 上方歌舞伎会友の会通信の2月号が来ました。
結局、先月の新年会お役者衆が29名・友の会会員とその連れが40名という参加人数だったそうです。
 約70人の人間がいたんだから、そりゃごちゃごちゃしてたはずやん。

 さて、なんか春先から初夏にかけて勉強会が結構あるねぇ。
片岡秀太郎一門の「みまつ会」・・・2月20日(金)夜7時・21日(土)昼12時半/4時 
大阪国立文楽劇場 小ホールにて
 一、梅川雪夜話・・・梅川:片岡秀太郎
 二、道行恋苧環・・・求女:片岡千志郎 お三輪:片岡千壽郎 橘姫:片岡りき弥

坂東竹三郎一門の「竹登会」・・・4月4日(日)昼1時
大阪国立文楽劇場 小ホールにて
 一、政子と頼朝・・・頼朝:坂東竹志郎 牧子:坂東竹朗 政子:坂東竹雪
 二、舞踊 春夏秋冬・・・坂東竹志郎/坂東竹雪/坂東竹朗/坂東竹三郎(特別出演)

片岡我當一門の「ときわ会」・・・6月26日(土)昼4時
ワッハ上方演芸ホールにて
 これは舞踊の勉強会みたいなので演目省略、出演:片岡當十郎/片岡比奈三/片岡千次郎/片岡祐次郎
片岡當史弥/片岡當吉朗    上村吉弥/上村純弥/上村吉昇

 それから南座恒例歌舞伎鑑賞教室は4月19日~25日まで
 落語家の桂九雀のご案内で仮名手本忠臣蔵の「道行旅路の花婿」の舞踊 早野勘平:片岡進之介 お軽:上村吉弥
 
 それと上方歌舞伎会以前まだ「若鮎の会」って言ってた頃のメンバーだった市川延夫さんの歌舞伎講座が大阪リーガロイヤルホテルで3月14日(日)にあるそうです。
 トークショーと舞踊の「藤娘」 こっちはお食事がフルコースだからお値段もなかなかなもんですなぁ。
  以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.06

見逃せません!!

 さっきジャパンアクションエンタープライズのサイトを覗きに行ってました。
するとスーパー戦隊の新番組デカレンジャーの第1回目に警官Cの役で岡元次郎さんが出演されると書かれているではありませんかっ!!岡元次郎さんは普段スーツアクターとして仮面ライダー王蛇とか怪人の役を演じておられるので、なかなか普通の役の姿を拝見することができないんです。
 去年の暮くらいには、あの広末涼子が主演していた舞台にも出演されていたそうやねんけど、私はそのお芝居見に行ってへんかったしね。仮面ライダー龍騎の時には、内トラ(内部エキストラのことをこういうらしいです)でフェリーの乗組員の役で顔出してはったらしいんやけど、それを知ったのは龍騎が終わりかけてて記憶の片隅にそういえば・・・・ってくらいしか残ってへんかったし。
 ニューフェースのイケメンにばっかり気ぃ取られてはいられません。
 岡元さんどれくらい画面に映りはるんやろうか、見逃せません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.04

ヘキサゴン、見たぁ?

 今日のクイズヘキサゴンに、ファイズの半田健人君とガオレッドの金子昇君が出てましたね。
それにしても半田君て冷静な子やねぇ。70年代の歌謡曲が好きなのは薄々知ってたけど、題名と作詞家と作曲家をセットで覚えてるやなんて、それってマニアやし。でも、優勝できてよかったよかった。
 一年間茶髪の半田君を見てたから、黒髪になって雰囲気が益々落ち着いて見えたような気がする。
 ノボちゃんは相変わらずやったけどね。

 夕べ確定申告書、書き上げました。なんと所得税=0でした。ということで私は税金と呼ばれるものは消費税と府・市民税しか払ってません。こう世の中不景気やと、私みたいな人も増えてるんやろうなぁ。そうなると間接税の消費税率UP論議も盛り上がるってことか。消費税も還付されへんのやろかとふと思ってしまいました。(無理やけどね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.03

確定申告だ!!

 友達から「特撮にどっぷりはまってるなぁ」とメールがきました。
ほんまやねぇ、2日に一度はだらだらと特撮の話書いてたら、そう見えるやろうねぇ。
でも、楽しいやん特撮の話。
 
 今回はちょっと特撮話がお休みです。楽しみにして来てくださった方申し訳ありません。

 今日は節分、夕ご飯に巻寿司家族で食べたんやけど、一緒に食べてた両親、巻寿司食べてる間はしゃべったらあかんのに、よう我慢でけへんでなんかしゃべってましたなぁ。笑うな言うたら笑いたくになるし、しゃべるな言われたらしゃべりたくなるのが人間なのかもしれません。

 そしてこれから確定申告に取り掛かりますので、短めで失礼いたします。
国税局のホームページからでも確定申告できるようなので、覗きに行って見たんやけど、カラープリンターがある人やとそこで作った確定申告書も正式なものとして、税務署に申告できるんやて。
 ところが残念ながら、私はプリンターに黒のインクしか入れてないんやな、でもってあきらめて税務署から用紙もらってきました。あと2~3年もしたらインターネットで申告できるんやろうな。なんかICチップ付きの住基カードを持ってる人が利用できるような試験が始まるとかって聞いたし。
 なんと言うても私の住んでる市は税務署が辺鄙なところにあるんよ、不便でっせ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.01

今週のアバレン&剣(2月1週目)

 今週のアバレンは泣かせていただきました。
 ダイノアースがエヴォリアンに襲われて、壊滅の危機に陥ったときアスカが禁断の暗黒のよろいの封印を破ってエヴォリアンに立ち向かったってのは知っていたけれど、なぜジャンヌ(マホロ)が暗黒のよろいを身に着けるようになったかという話は見た記憶がありませんでした。これって見逃してたんやろか?それとも49話になってやっとその話をすることができるようになったんやろか?暗黒のよろいを着た者を倒した人間が次に暗黒のよろいを着る運命にあるというのは判っていたので、マホロがアスカを倒したのかとずーっと思っていたら、実はマホロのお兄さんがアスカを倒してたんやんか。アスカは致命傷を受けるほどではなく、たしか記憶喪失になってアナザーアースへ辿りついたんやったよねぇ。
 デズモゾーリャの怨念が暗黒のよろい(でもデズモゾーリャだから緑色なんだけど)の形をとって、アスカとマホロを串刺しにしたとき、ほんまに涙がこぼれてしまいました。うーん、ええ話やったなぁ。
 アバレンにしてもハリケンにしてもスーパー戦隊の方が現実世界とかけ離れているから、最終回も盛り上がったまま終われるんとちゃうかな。そうするとやっぱり仮面ライダーの終わり方のほうが難しいような気がする。

 そして、仮面ライダーブレイドのほうは、カリスめっちゃかっこいいやん。
自分が変身することに対する恐れとか苦しみとかを負って生きているところが、仮面ライダーらしくてええんとちゃう。なんかアンデッド語もしゃべれるみたいやし。まだまだ謎は深まっていく・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »