« PROJECT G4…その1 | トップページ | 今週のデカレン&剣(2月3週目) »

2004.02.14

PROJECT G4…その2

ではストーリーを簡単に…
自衛隊では未来の武器を開発するために、事故等で奇跡的に助かった子供たちを集めて超能力開発の訓練を秘密裏に行っていました(この辺がファイズの流星塾にちょっと似てる)。
 そんなある日、子供たちの使う超能力に反応してアンノウンの群れがその研究施設を襲い、G3が出動したにもかかわらず多くの犠牲者を出してしまいます。そのことから自衛隊もアンノウンに対抗するためG4システムを開発しようとするのです。
 研修と称して警視庁G3ユニットにやってきた深海は歓迎会の夜、尾室を酔わせて、G3ユニットのコンピュータからG3に関する情報を盗み出し、G3よりも完璧なG4システムを作り上げました。
 しかし完璧であるということはそれを着用する人間にとって多大な負担を与え、最終的には死に至らしめる装置だったのです。
 後半は仮面ライダーアギト・ギルス対アンノウン、G3対G4の戦いが繰り広げられ、またテレビ本編にも引き続くようにアギト・ギルスの新たなるフォームのお披露目や謎の青年の登場もあったりします。

 子供向け映画の常套手段として、必ず子供が重要な役目を負うというのは判るんやけど、この映画では研究所から逃げ出した二人の子供の立場が何度見ても悲しすぎるような気がするんよねぇ。
 とはいえ劇場版は予算が多い。だからアンノウンは蜂の集団で、いやというほどうじゃうじゃ出てくるがな。そして女王蜂のアンノウンがなかなか細かい造型やし、アギトのバーニングフォームとかは思いっきり演出されてるし、アギトのエキスが凝縮されてるから、アギトの入門編としては最適かもしれへんな。これ見て面白いと思ったら、テレビ本編51本分をレンタルしてみてもええんとちゃうやろか。
 ちなみにG4のスーツアクターが岡元次郎さんです、これも見所。
 
 問題があるとすれば、せっかくアギトの世界を楽しんだ後で、最後にガックリするのがエンドロールのときに流れる音楽、ウルフルズの「事件だッ!」なんよ、いくらなんでも映画の雰囲気と合わへんのんとちゃうん。どういう経緯でこの曲が選ばれたんやろう???アギトのテレビ本編の中でよく流れていたクラシックの曲(題名わかりません、汗)使ったらよかったかもって思ってるんやけど。それやと子供には怖すぎるかな?

|

« PROJECT G4…その1 | トップページ | 今週のデカレン&剣(2月3週目) »

変身!!」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/196509

この記事へのトラックバック一覧です: PROJECT G4…その2:

« PROJECT G4…その1 | トップページ | 今週のデカレン&剣(2月3週目) »