« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004.10.31

今週のデカレン&剣(10月5週目)

今週もいいストーリーでしたね。
 もうすっかり刑事ドラマ。デカレンジャーとアリエナイザーが出てこなかったら充分普通のドラマと成立してるやんか。今週は小さいお友達には悪いけどホージーファンのお姉さま方のためのストーリーということで、まぁ50回の内1回くらいは大人向けのストーリーがあっても許されるよね。  

アリエナイザーが人間を襲ったときも、白い花が青くなったけど、これは今回がホージーの回やったから青くするってことにしたんやろうなぁ。  

相変わらずお子ちゃまキャラのバンとウメコがドギーにどんな彼女か知りたくて「捜査しましょう」って言ったときの、ドギーの表情とため息・「バカ」の間がなんとも言えずに、いい感じやったよね。  

ホージーの持ってたグラスについであったお酒。あんなにたくさん入ってたらお酒に見えへんやんか。  
せっかくいいムードやのにドギーから緊急呼び出しの連絡がって、一応お子様番組やから、夜ドラマみたいな訳にはいかへんか。  

このドラマが成立するためには、マイク星人兄弟の芝居にかかってるんやけど、この二人の芝居がうまかったから、安心してストーリーを見ることができたよね。  

30分ドラマやから、クロードが犯人やという種明かしもあっという間やったけど、姉弟の悲しい生き様が凝縮されてるし、バックに流れるテレサの歌がストーリーだけじゃなくてテレサの心情まで表現してて、戦隊の歴史に残る一作になったんとちゃうやろか。  

ホージーがクロードの罪状をジャッジメントするシーンもいつもどおりや無くて信号を使ってたり、デリート許可が出てホージーが撃ったところも火が出ただけやったから、見てた小さなお友達はあんまり意味が判らへんかったやろうな。というのも私自身一回目を通しで見てたとき、メール開けたりとかゴソゴソしてて真剣でなかったもんやから、あれれっいつの間にデリートされてしもうたんやろうなんて間の抜けたことを思ったりしたもんやから。  

自分の感情を抑えて職務を遂行し、テレサと訣別せざるを得なかったホージー。土砂降りの中で良い絵やったよね。   

尼さんになったテレサとホージーがすれ違うラストなんか子供番組やないで、ほんまに。でも、余韻があったよね。  

渋いストーリーやったんで、突っ込みどころも少なかったけど、その分ラストのデカレンジャー3人娘の笑顔で、明るく終了ということで。そうかぁ、スワンさんはオリンピックの年にしか変身せぇへんのか。オーラス一回前ぐらいにもう一度くらい拝見できるかなって思ってたのに。

 「仮面ライダーブレイド」  

天王路のいう"神"って、どういうものなんやろう。ボードを支配する人間のことなんかそれとも1万年前に万物の創造神というかアンデッドを作った創造神のことなんかな。  

橘さんと剣崎が窓辺で話してるシーン見て、やっとこの二人で芝居できるようになったんやなぁと感慨(笑)。初めの段階からこれくらいできてたら、ブレイドは違ったものになってたかもしれへんかったんちゃうん。  

レンゲルとの立ち回りのシーン、うぉっ、さすが春田さん、動きがシャープやねぇ。東映の公式読んでたら、春田さん「(トライアルBの)中に入りましょうか」って言いはったんやて。画面の中でレンゲルの腕をつかんで、場所が入れ替わったときに、広瀬父からトライアルBに替わったところなんて、全然違和感なかったよね。さすがJAC出身。その辺の形の合わせ方なんてぴったりやったし。  

なんか睦月の細胞を使って、また別のトライアル?ができたみたいやし、ますます風雲急やっていうのに、来週はまた大学駅伝ですかぁ。ちょっと気が抜けるなぁ。    

話は替わるけど、夕べのジャパンカウントダウンで「エレメンツ」34位やったよ。まだまだがんばってるやん。  それから今日新たなブログ見つけました。"放蕩の殿下"鈴村監督の関係者かな?村をんな立寄所にリンクはっておきましたので、ご利用ください。裏話がチラチラ読めるかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.10.29

猶予は2年

 なんか今日、うちの母親が「ありがとう、浜村淳」で聞いた話やいうてたけど、今度の月曜日から新札に切り替わるけど、今使ってる旧札って2年間しか使えへんらしいよ。ただし今の2千円札は永遠に使えるらしいけどね。
 なんでも偽札対策らしいんやけど、そこで困ってるのが大金持ちらしい。
 ただの大金持ちじゃなくて、税金ごまかして、畳の下とか天井裏に現金隠してる大金持ち。
 2年経ったら、ただの紙切れになってまうとしたら、いったんは表に出さなあかんやんか。
 「マルサの女」の映画を思い出すなぁ(爆)。
 あっ、そうそうたんす株券も今年の12月以降は、駄目とかいうてたよねぇ。とにかく税収不足を補うために、たんすに隠されてる現金とか株券とかあぶりだそうって魂胆か、国税庁や大蔵省は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.27

今度はカイザvsデルタかいっ

 昨日の産経新聞大阪版朝刊に載ってたんやけど、次のTBS系昼ドラのメンバーが発表になってました。
 題名は「メモリー・オブ・ラブ」。略して「メモラブ」。 
ヒロインは国分佐智子、世界的デザイナー役がかとうかずこ、その娘が菅原禄弥、ヒロインの恋人役が村上幸平君。
 神戸のファッション業界を舞台に三角関係・四角関係もあるらしいよ。せやけど純愛がコンセプトやねんて。なんか「冬ソナ」以来、純愛はやってるよね。でも単純な純愛ドラマってあんまり無いような気せぇへん。このドロドロのどこに純愛があるねんって突っ込みたくなったりして。

 で、「虹かな」のときにナイトvsゾルダで楽しませてもらったけど、今度はカイザvsデルタですよ。
 原田篤君のサイト「とびだせ365」のアツシの日記にそれとなく書いてはるので、参考に読んでみてください。
 国分佐智子をはさんで村上君と原田君が三角関係?そこに菅原禄弥が割り込んでくるんかな?まさかそこにかとうかずこが絡んでくることは無いよね(笑)。そこまで行くと「愛ソレ」と変われへんようになってまうもんね。

 撮影はUSJの中にあるMBSスタジオと神戸ロケで撮影してるらしいよ。NHKの「わかば」も神戸が舞台やんか。ロケ先ダブったりして(笑)。

 12月6日午後1時半~、39回シリーズ。途中でお正月が挟まるからね。
 「愛ソレ」と1週間くらいダブルのかな?
 ということで、村をんなの昼ドラ鑑賞はまだまだ続きそうやなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.26

あっ!今日やったんや!!

 実は今、大阪朝日放送で午後3時から「はぐれ刑事純情派シリーズ12」の再放送やってるんやんか。
 それも毎日ちゃんとやってるわけではなく、先週のように台風とか今週のように地震とかあると放送延期になって3時55分からのニュースワイド番組が前倒しで始まるねん。
 で、先週の月曜日が第6回だったようだ、台風×3回だと思う、金曜日が第7回だったと思う。今週の月曜日は地震だったから、ひょっとして今日は第8回かもと思って、お試しに15分だけ予約録画したら、なんとショック~~~(涙)、今日が第9回の「イタズラ電話がアリバイ!?愛を買う女」やってん。全部録画でけへんかったことがめっちゃ、痛~~~い!!

 出張ホスト役の萩野崇君。まず死体。きゃー奇麗っ!!その次がホストの指名写真、これがまた素敵やし。萩野君の指すようなまなざし、最高。で、その後が回想シーン、どこかの駅前で待ち合わせして初めて逢ったときの「あぁ君か」みたいな顔。ヨダレものでございました。それだけにショックが深すぎるやん(涙)。
 5年前の萩野君、 だからまだ髪の毛が長いねんなぁ。スーツもシャツも黒。もうこんなきざな衣装が似合うのは萩野君だけやろうなぁ・・・。15分だけしか撮れてないねんけど、15分だけでも撮れてよかったって思わなしゃーないよね、う~ん、でも哀しい・・・。
 本当は別のネタを書こうと思っててんけど、あんまりにもショックすぎて止めました。別ネタはまた明日ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.24

今週のデカレン&剣(10月4週目)

 平成16年新潟県中越地震・台風23号に被災されているたくさんの方々に、スーパーヒーロータイムをのんびり楽しめる日が一日も早く戻ってくることをお祈りしております。

 さて今週のデカレン&剣。

テツは相変わらず、金色のSPDに敏感なんやね。なんかひさしぶりにテツがいっぱいしゃべるの聞いたような気がするなぁ。アップもいっぱいあるし。ギリギリのところで手紙もちゃんと拾えたし。  

ブンターってスワンの前やと、紳士なんやね。ブンターは「ハイマルが宇宙警察を辞めたのはしばらく前」とかって言うてたやんか、その後に「今回もスワンが賞をもらうことになった」のが理由って説明してたけど、その辺の時系列がどうもあいまいなのが引っかかるねんなぁ。  

パソコンのキーボードが宇宙語になってるのが、結構芸が細かいよね。これって、初めて見る気がするんやけど。三角で何種類もマーク作るのって大変やろな。スワンさんに来た封筒の表に書いてあったのも宇宙語やったしね。それを見るにつけ、思い出すのは日本語で書いてあったマッスルギアの使い方マニュアル(笑)。  

変身のときの"6分割"止めたんかと思ってたら、今日また使ってましたね。デカブレイクだけパターンが違うから、違和感があるので撮り直したらいいのに。  

スワンさん危機一髪と思ったら変身!!スワンさんの場合は力強さとか切れの良さとかじゃなくて、華麗であることがポイントのポーズが続くんやな。でスーツもフェイスも新しいから白さが光ってるやん。  

アブレラの放った光がスワンに届こうとしたところに、デカマスターが現れて阻止するんやから、めっちゃ憎い演出やねぇ。スワンさんにはドギーとテツがボディーガードしてくれるから、羨ましいなぁ、最強やんか。  

またもや時限装置登場(笑)。本当に時限爆弾好きやねぇ。今回は3分ですか。  

そろばん登場、すっごいねぇ、コンピュータより計算が速いなんて。確かにわれわれの時代は小学校の授業でもそろばんあったけどさ、今の子供たちはそろばん見たことあるとか触ったことあるって子少ないんちゃうん。そろばん見て喜んでるのはきっと大きいお友達世代だけやと思うんやけど。  

今までスワンさんが白衣の下にどんな衣装着てるのか全然判らへんかったんやけど、今日海の風に吹かれてるのみて、初めて見れたような気がするな。結構ボディコン(死語?)やったんや。  

ドギーとスワンさんはどんな関係なんやろね、ドギーが地球署にいる限りスワンさんも宇宙警察科捜研所長にはならへんねやろな。それを知ってるからヌマ長官も表彰式で「聞くだけ無駄」っていうんやろうし。  

武闘派のブンターがスワンさんの代わりにスピーチっていうてもねぇ、マイクがハレーション起こしてたし。今回はラストもちょっといつもとは趣向が違ってて面白かったよね。  

来週は、おぉーーー悩ましいホージーのアップ満載みたいやんか、ホージーファンの皆さん、1週間が待ち遠しいやろな(爆)。

 「仮面ライダーブレイド」  

久々にギャレン登場したけど、ギャレンも目が緑やから、ちょっとワイルドカリスと似てると思わへん?始さん久しぶりの笑顔、何週間見てなかったんやろう。

狭い研究室の中にぎっしり詰まったアンデッド。なかなか壮観やなぁ。アンデッドって造形が大袈裟やから、凄いよね。東映大船のアンデッドを仕舞ってある倉庫ってこんな感じなんやろか。夜中とか気持ち悪かったりして。  

出ました、天王路。もう画面に出てくるだけで雰囲気があるというか威厳があるというか。恐れ入りましたっていうしかないよね。  

剣崎の秘密ってもう一つのジョーカーやったんか。確か映画にも・・・。(かなり記憶があいまいやねんけど)  
橘が広瀬の部屋に行ったときに、引き出しが空になってたけど、無くなっていたあともう一枚のカードが次の秘密になるねんな。  

広瀬父が"トライアルB"、サイボーグか。サイボーグの哀しみっていうか、人造人間の哀しみがちゃんとストーリーに盛り込まれてるところが仮面ライダーの本質になるんよね。いよいよ春田さんの実力が今週来週と発揮されるみたいで楽しみやなぁ。「相棒」で総理補佐官やってはるの見て、ブレイドでもこれくらいの演技見せてくれはったらええのにって思ってたから。  

"トライアルB"が広瀬父なら、"トライアルA"は天王路?サングラスが機械的になくなったやん。それとも烏丸所長?烏丸所長も死んだって思われてたし。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.10.23

人格豹変

 やっぱり「愛のソレア」の美保、人格が豹変しましたね。
 
 ドラマの途中で、美保のグラビア撮影のシーンがあってんけど、なんかその媚を売る作り笑いに「いいねぇ」を連発するカメラマンに「ほんまにええんかぁ」ってしらけてもうたけどね。

 堀江慶君、がんばって高校生してますねぇ。確かにちょっときつい。でも高校生を演ずるという形では成立してるんちゃうかな。

 青春編のころに比べると、安心してドラマを見られるよね。青春編のときは、セリフ回しが引っかかってドラマに集中でけへんかったやん(笑)。

 凛子は花園しのぶのことを美保やと気がついてるみたい。そして恭一は自分の生い立ちについて、何も知らん感じとちゃう?青春編の凛子と違って、現凛子は落ち着いてて常識ある感じやんか。
 その平和な家庭の前にまたもや美保が現れて、今は旦那と浮気してる設定になってるけど、恭一ともどうにかなるかもしれへんし。ほんまに疫病神な美保。

 凛子の旦那役の人、どっかで見た役者さんやなぁって、引っかかってたんやけど、やっとさっき思い出しました。中村玉緒主演のサスペンス「ゴミは殺しを知っている」で刑事の役で出てはった人やんか。そのときは眼鏡かけてはったけど。
 この時の「ゴミ殺」はフィットネスクラブに集まる人たちが次々に殺されていくっていう話。実は萩野君、「ゴミ殺」に刑事の役でレギュラーで出てて(といっても毎回役名が違うんやけど)、ちょうど仮面ライダー王蛇の撮影の合間を縫って出演してたときの分です。だから刑事役なのに髪の毛がかなり茶色、そしてどことなくワイルドなムードが漂ってるんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.21

凄いぞ、肘井!!

 いよいよ今日で「愛のソレア」も前半が終了やねんなぁ。

 美保ちゃんと凛子ちゃんのキーキーうるさいバトルが終了するのはホッとするけど、半田君が見られなくなるのはちょっと寂しいな。
 前半の最後を締めたのはやっぱり洋一の奥さん役知子をやってた、QUEEN・肘井。彼女に尽きるがな。
 巧かったよね、結婚した旦那には実は心中までした女がいて、それが突然現れるやろ。で、旦那はもうその女しか見えなくなってまうやんか、旦那は彼女と別れるっていうけどでも、こっそり逢うてるみたいやし。自分とは別れたがってるみたいやし。その上子供が大変な病気で入院したっていうのに、どこにおるか判れへんし、そばで義妹は美保と浮気してるいうてがなりたてるし。子供の手術は成功して、ホッとして旦那は自分と子供と一緒に生きていこうって言うた舌の根も乾かんうちに、次にできた子供を下ろせ言うてくるし。で、流産したショックの上に、義妹が洋一の元婚約者やったことも判って、自分を追い出して洋一の妻になる言い出すし・・・。
 そういうゴタゴタを全部飲み込んでしまって、精神的に異常をきたしていく姿を演じてたんやけど、迫力あったなぁ。
 だんだん目が異様に光だす集中力、すばらしかったです。
 ブレイドでの最後の出演のとき、私はせっかく可愛いのに、可愛い路線を捨てるのはもったいないってコメントしてたような気がするんやけど、これだけ実力があるんやから、怖いものなしとちゃうかな。次にどんなドラマにどんな役で出はるかわからへんけど、楽しみやわぁ。
 洋一は美保ちゃんとしかラブシーンせぇへんもんやと思って、無防備な状態で見てたもんやから、知子とのラブシーンにはちょっと引いてしもうたけどなぁ(笑)。ついこの間までお子様向けのドラマに出てた二人やったからさ。

 明日からは荻野目さん、17年後ってことらしいけど、予告編の短い時間でもかなり強烈。濃過ぎて、胸焼けせぇへんやろか(笑)。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.20

クロス・クローバー スペシャルライブ‘04 大阪公演レポ

 昨日の続きです。

 10月19日台風直撃にならなくてほんまに良かったがな、でも台風に刺激された秋雨前線のおかげで、かなりの量の雨が降ってたけどね。
 夜の部、アリーナは満席やったけど、スタンド席は5割くらいやったよ。
コンサートの途中で紹介されてたけど、四国からバスで来てた団体さんもいてはったみたい。
 昼の部でも団体さん来てたみたいで、大阪城ホールの川向かいの駐車場に観光バス止まってたで(バス会社は農協観光とかって書いてたのもあったなぁ)。

 観客はぱっと見た感じ、70%が氷川きよしファン。20%がファナティック◇クライシスのファン。残りの5%が萩野君のファンで5%がビリケンのファンって感じやったかな?
 どちらにしても氷川きよしの動員力は凄いよね。で、いよいよショーが始まるチャイムがなったら、おばちゃまたち、ハートの形とか星の形とかのライトをかばんから出してきはるんやんか。なんかほほえましかったよ。
 私の座ってたのが、スタンドEブロックの2列目やってんけど、一番左端が20歳台氷川ファン、私の左隣が50歳台の氷川ファン、それで私、右隣が10歳台後半か20歳台前半のファナティックファン、そのお隣が60歳台の氷川ファンって感じで、ファナティックファンの女の子、コンサートが始まるまでサッカー雑誌読んどったな。

 さすが70%を動員してるだけあって、コンサートの1部は氷川きよし歌謡ショー50分。最初が赤い衣装、途中で白い着物に紫の袴に衣装替えして出てきたよ。司会も氷川きよし専属のお兄さんでした。だから進行も手馴れたもの。ファナティックファンの女の子氷川きよしの時は全くやる気なしって感じったんやんか。それに引き換えお隣のおばちゃまたちは、楽しげにライト振ってたし。氷川きよしファンの皆様って大人しげに応援しはるんやねぇ。「きよし~」って叫んでる人もちらちらいたけど、大多数は氷川きよしにうっとり見とれてるんちゃうかなぁって思うほど、大人しかったもんね、意外でした。
 
 やっとお待ちかねの2部。司会もセイン・カミュに交代。まずファナティック◇クライシスから、氷川きよしのときに全くやる気なし状態やった隣の女の子、突然立ち上がって、メンバーの名前絶叫し始めたがな。全員がファナティックのファンやったら、それほどでもないかもしれへんけど、なんといっても私の座ってた席の列は彼女一人やってんから、その勇気にびっくりしたよ。ファナティックのファンはアリーナ上手の前列中心に固まってたから、ファンクラブであの辺の席抑えてたんかもしれへんな。ファナティックファンが席から立って応援し始めたもんやから、だいたい20%くらいがファンやねんなと確認。20分くらい歌ったかな。最後の曲が「新・いのちの現場から」のオープニングテーマやったから、この曲だけ知ってました。
 
 で、2番目が萩野君やってんけど、それは昨日書いたとおりです。ちょっと書き足すとすれば、1曲目が終わったあと「楽しいと時間の経つのがあっと言う間ですね。残念ながら次の曲でお別れです」(正確じゃありません、だいたいそういう意味のこと)って言って、にっこり笑ってました。たぶんこのギャグ自分でもお気に入りやったんちゃうかな。
 そうそう萩野君が出てくる前、セイン・カミュが「仮面ライダーは大好きですかーーー」とかって言うてたなぁ。
 
 3番目がビリケン。ビリケンのボーカルの男の子、完全に舞い上がってたなぁ。大阪の出身で、初めて見たコンサートが大阪城ホールだったんやて。デヴューして1年半で大阪城ホールに立てたのが嬉しくて、ちょっと感極まってたみたいやったし。で、ビリケンは3曲。ビリケンも萩野君のまねをして、同じようなセリフ言うて笑いをとってましたねぇ。
 その後、KIYOSHIが登場して2曲。全員が出てきて「上を向いてあるこう」それとクロス・クローバーの曲(すいません、題名覚えてません)。クロス・クローバーの曲のときは、サビのとこだけ萩野君一緒に歌ってはりましたよ。
 もう最後のこの2曲のときはオペラにしがみついてたし、だって舞台の横にでっかいモニター2面ついてたけど、萩野君の顔がずーっとUPになる訳ないしね、周りが盛り上がろうがなんだろうが無視して萩野君だけ見てました。
 
 セイン・カミュも苦労したやろうなぁ、ロックのコンサートになってから急に氷川ファンのおばさまたち引いちゃったみたいやし。で、「大阪のおばちゃんは元気ですか~」って何回も連呼したもんやから、客席のおばちゃんから「おばちゃん、おばちゃん言うなぁ」って言われてたで、でも席が離れすぎてたから、カミュには聞こえてなかったみたいやけど。確かにちょっとしつこすぎたかもしれへんな、おばちゃんをいじるのが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.19

やっぱり可愛かったなぁ~

 大阪城ホールでやった「クロス・クローバー スペシャルライブ ‘04」から今帰ってきました。

 萩野崇君の生歌、初めて聞かせていただきました。CD出してる「real LOVE/true LOVE」の2曲だけやってんけど、可愛かったしうまかったし、今でも顔がにたにたです。
 お洋服はね、黒っぽいジャケットに、サンドベージュのパンツ、ジャケットの下は白のシャツ(たぶん首周りをみたらタンクトップっぽいかな?)、黒の革紐みたいなのに銀のペンダントトップのチョーカーっぽいアクセサリーだったような。
 私の席、舞台からはほぼ正面のスタンド席やったんやけど、長い楕円形の反対側やったんで、オペラで見てたけど、細かいところまではよくわかりませんでした。
 CDで聞いたときは、ちょっと軽めに歌ってる感じで、あんまり~って感想やってんけど、今日はもうしっかり気合入りまくりで歌ってはったんで、大満足させていただきました。歌手の人たちとやっぱり雰囲気が違うんよね。俳優オーラが出てるっていうか。
 最後に出演者全員が出てきたとき、頭一つ抜け出てました。やっぱりでかいです(笑)。なんかビリケンのラップ担当の男の子と仲良さそうにしゃべってたな。続きは、またあした・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「花のいろは」

 「花のいろは」は関西テレビが芸術祭参加作品として制作したドキュメンタリーで、先週の10月11日に関西ローカルだけで放映してた番組やってんやんか。ちょうどそのとき、私は芝居やったもんで、ビデオに撮っておいたのをやっと今日見終わりました。

 十五代片岡仁左衛門を中心に、楽屋や私生活や舞台での姿を淡々と綴ってあって、ナレーションは一切無いねん。仁左衛門・我當・秀太郎・孝太郎・愛之助、そしてお姉さん・妹さん・奥さんの語りで仁左衛門の人生が語られるねんやんか。親類縁者以外では、孝・玉時代を作り上げた相手役、玉三郎のインタビューとか舞台稽古風景なんかも映ってたよ。

 今の仁左衛門を語る上で、絶対に欠かせないのが先代の十三代仁左衛門やねんけど、なんか段々似てきはったなぁって感じ。京都・嵯峨野に先代が住んではったのは有名で、京都といえば年中行事が多い土地柄やねんけど、ちょうど今回もお盆の様子を撮ってはったんやんか、それが先代さんのドキュメンタリーの時にもあってね、仁左衛門さんは「お父さんと同じようにお経を上げたい」とかって言うてはるのを見て、芸だけやなくて、松嶋屋一族の中心にこうやって受け継がれていく風習があるんやなぁとしみじみ見てしもうたな。

 先代の大松嶋は、エッセイとか芸談とか文章をお書きになるのがお好きやったみたいで、御家にも膨大な資料があるらしいんやけど、著書もかなり出してはるねやんか。、私も一時芸談集めに凝ったときがあって、特に大松嶋の本が好きやから5~6冊持ってるかな。役者でこれだけたくさん本を出されてるのは大松嶋くらいなもんよね。それだけ、後々までも形にして残していかなあかんっていう意識もお持ちやったやろうし、一人でも多くの歌舞伎ファンに楽しんでもらいたいっていうお考えでもあったんとちゃうやろか。

 話を元に戻して、「花のいろは」とってもいい作品やねんけど、後半になるにしたがって、作品の内容に集中しようとするとCMが入ってくるのには、参ってもうたがな。いくら民放とはいえ、ちょっと多すぎるんちゃうん。
 たぶん今回は関西ローカルでしか放映せぇへんかったと思うねんけど、もしDVDとかで発売されるようなことがあったら、仁左衛門ファン必見の作品やと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.17

今週のデカレン&剣(10月3週目)

 ちょっとサスペンスドラマ風のオープニングやったね。というかやっと刑事物らしくなったというか。でもどうしてこんなに大雨の中での捜査から初めたんやろう。最後のジャスミンのセリフに合わせるために、雨降りにしたんやろうけど、それにしても土砂降りすぎへんかなぁ。デカレンジャーのメンバーがずぶ濡れやし。  

いかりや長介さんへのデカレン的オマージュってとこなんやろうな。チョーさんの造形もアフレコもどことなくいかりやさん風やったよね。  

「ナイトスポット美香」ってマッチ、かなりベタやなぁ。どうみたってあの手のマッチは、スナックか居酒屋って感じちゃうん。マッチと一緒においてあったタバコもセブンスター(?)そういうところもおっさん臭くて細か~いところまで気配り利いてるやん。  

凶器に使われた拳銃が13年前に使われたものと同じということでドギーが凶器は証拠品として押収されたはずって言うた時にホージーが「本署に問い合わせてみましょう」っていうてたけど、地球においては地球署が本署やんか。せやから宇宙警察本部とか宇宙警察本庁とかやったら判るけど、本署っていうのは変なんちゃうん。  

2時間物のサスペンスを30分にまとめてるから、種明かしもめっちゃ早い、でもえぇ話やなぁ。せやからいつもと違ってじっくり見てしまうがな。  

おっ、久しぶりにデカブレイクと思ったら、竜巻剣攻撃あっさりかわされてもうたし。デカレンジャーもその後変身したんやけど、いくらスワットモード強化月間とはいえ、あんなちょろいアリエナイザー相手にスワットモードはちょっと安売り過ぎるんちゃうんと思ってたら、アリエナイザーもそれに合わせるように、マッスルギアで登場するしなぁ。  

ジャスが「おまえだけは絶対許さないっ!」って叫んだとき、あれっこのセリフってどっかで聞いた気がするねんけど~。「虹のかなた」のちひろの決めゼリフやん。「復讐は絶対にだめ」とか言うた舌の根も乾かんうちに、「成敗」とか言いながらディーリボルバーぶっぱなしてるし、あのポーズ見たとき「カ・イ・カ・ン」って言いそうやなと思ったら、やっぱり言うてしもてるし(笑)。  

ストーリーが良かった分、その落差の激しさったら、そこがデカレンジャーのお茶目なところやねんけど。  ラストはディーリボルバーの紹介をテツがやってたけど、これはテツファンへのサービスやな。このシーン、仙ちゃんほとんど動かへんかってんけど、相変わらずおもろい子やな。  

さぁ、来週はスワンさんが変身するやんか。予告見た瞬間、きゃーって叫んだのは私だけではないはず。女性で変身した最高齢?いや、スワンさんに年齢はないよね(爆)。

 「仮面ライダーブレイド」  

なんか久しぶりに聞いたなぁ「融合係数」。  
剣崎に対するジェラシーって橘より睦月のほうが強いねんな。睦月は剣崎へのジェラシーで動いてるんやろうか。  

ポーカーの役に合わせて、新しい武器が出てくるって、最後に大盤振る舞いやな。 ここでジョーカー封印したら後3ヶ月どうするねんってチラッと思ったでしょ、ストーリー的には始の記憶に邪魔されて封印でけへんかったけど。  

「トラの惑星」に思わず爆。トラやのに豹柄の衣装。  
山の中をさすらうジョーカー、哀しいよね。でもあんな山奥に普段着のカップルは、ちょっと変。

 きゃー、ワイルドカリス、カッコええや~~ん。待ってましたっ!!  

来週のスーパーヒーロータイムは40歳以上を照準にしてるんやろか(笑)。 仮面ライダーに森次さんが出るってことはウルトラマンに藤岡弘が出るのと同じくらい凄いことやもんなぁ、40歳以上には。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.10.16

おっ、堀江慶君も出るんや

 今日、美容院へ髪の毛を切りに行って、ぼーっと女性誌を眺めてたら、「愛のソレア」の記者発表の写真がちっちゃく載ってたのを見つけたんやんか。そしたらその中に堀江慶君も一緒に並んでたやん。これで私は「愛ソレ」の後半も見続けること決定!!!(単純やなぁ)

 ガオレンジャーでシルバーが出てくるまで、ガオイエローがお気に入りやった私。
ガオレンジャーが終了してからは、堀江君、監督業を中心にお仕事してはったみたいで、あんまりテレビでお目にかかれへんかったから(1回だけサスペンスで刑事役を見たのと、さんま御殿でゲストに出てはったときと)めっちゃ楽しみやなぁ。

 家に帰ってきてから、「愛ソレ」の公式サイトで記者発表の記事を読んだら、17歳の役だそうで、どういう演技をみせてくれるんやろう。

 話は替わるけど、私女性誌は美容院でしか読まへんねやんか。今行ってるところは、一つのフロアを半分に区切ってあって右が美容室、左が理容室やねん。で、何年か前に改装するまでは、受付の前にある待合席が理美容兼用で、男性誌と女性誌と両方おいてあったから、たいがい私はフラッシュとかフライデーとか読むことできたんよ。それが改装後は待合席が別になってもうて、おっちゃん向けの雑誌無くなってしもうたんやんか。フライデー取りに理容室の待合席に行くの気が引けるから、担当のお姉さんが渡してくれるやつ読んでるけど、女性誌って読むとこ無いねん。皇室も韓流も氷川きよしも興味ないもんやから。たまにクロワッサンとか渡してくれるんやけど、ど近眼やから読もうと思って顔に近づけると、重たくて手ぇだるいし(笑)。
 最近読む雑誌っていうたら、テレビブロスぐらいやなぁ。昔は「演劇界」毎月読んどったのに。でもどちらの雑誌もあんまりアンケートの項目に含まれてへんよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.14

今日のテレビ

 昨日の「愛のソレア」で美保と洋一が心中し、洋一の死体だけが上がって来ないっていう設定だったので、これはきっと記憶喪失になった洋一がそのうち出てくるとは思ってたんやんか。荻野目慶子になってから、半田君じゃない別の人が出てくるとばっかり思っとってん。
 半田君が出てこなくなったら、ちょっと興味半減やもんなぁ、今日からどうしようかなぁって。 
 ところが今日早速、洋一の四十九日の法要を済ませたシーンのところで帰ってきてるやんか。よかったよかった。でも美保とはすれ違いやってんけどね。
 明日の予告見てたら、洋一は別の人と一緒になって、美保と再び巡り会うみたいやねんけど、その結婚した相手役がどうもブレイドで男どもを手玉に取っていたQUEEN・肘井さんみたいやねんなぁ。「愛ソレ」でもドラマをかき回す役になるんやろうか。
 そうそう小夜子さんやってた栗田麗さんも肘井さんも最近CMでちょくちょくお見かけするよね。

 それと夕べの「相棒」スペシャル。殺されたのが広瀬父やってる春田純一さん、見応えのある役やってはったよね。広瀬父と違ってめっちゃ行動的で嫌みで凄みのある総理補佐官。本田博太郎がやってた官房長官がそれらしくておもしろかったなぁ。

 で、今やってたテレビ朝日系列「黒革の手帖」。萩野崇君、レギュラーって聞いてたけど、米倉涼子がやってるクラブカルネのマネージャーさんみたいやね。「愛ソレ」とは違う女同士の闘い、こっちのほうが面白くて好きやな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.10.12

須賀貴匡君と

 昨日、京都へ行くのに大阪梅田の阪急三番街を通ったら、でっかい須賀っちのポスターが貼ってあったんやんか。
あれ、何かなって近づいていったら、須賀っちが2005年阪急三番街冬バーゲンのCMに出るらしいんやけど、その時に一緒に共演する女性を募集してるっていう告知やってんやんか。
 大阪ローカルのバーゲンセールのCMに有名人使うっていうのなかなか珍しいんよ。
 きっとこの情報、阪急沿線に住んでるか仕事で梅田に来る人しか、なかなか目に触れることもないやろうと思って、思わず「おいしいネタ」やんかと拾ってきました(笑)。

 勇気のある人、どうぞ応募してください。詳しくは、こちら
 もしこのブログ見て、応募して当選した人があったら、報告したってな。楽しみにしてまっせ。
 阪急関連やから、やっぱり芦屋セレブ系とか神戸お嬢系、宝塚娘役系ってところが、傾向と対策なんやろか?
 どんな女の子が選ばれるか、ちょっと楽しみ。

 発表は、11月28日(日)須賀貴匡君のトークショーの後にあるんやて、たぶん阪急三番街でやると思うんやけど、応募はあかんけどトークショー見たいって人は28日空けといたいいかもね。
 残念ながら、私はその日、京都でお芝居ですなぁ、残念。生須賀っち見られへん(涙)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.10

今週のデカレン&剣(10月2週目)

 今日はよく"必殺"とかであったストーリーを思い出させるよね、旗本の不良息子に殺された貧しい娘の敵を取る仕事人っていうやつ。  

話をデカレンジャーに戻して、初っ端から3体の怪重機相手。今までなら、デカベースロボとかテツの操縦するデカマシーンもお出ましになるはずやねんけど、ストーリー展開上そういうわけにもいかへんか。  

刑事コロンボ風の仙ちゃん。仙ちゃんやないと、こういうしつこい聞き込みでけへんよね。でないと角が立つやん。ギネーカ坊ちゃんが父親の七光りで仙ちゃんやウメコを首にするぐらい簡単って言った時の、作り笑顔が消えて怒りの表情への変わり目が仙ちゃんいいよね。  

ハクタクさんとあのお店ぴったり。ギンのここぞって時のウルウル瞳攻撃、ハクタクさんは引っかかれへんなぁ。もしあのときハクタクさんが宝玉もらってたらハクタクさんが狙われてたんや。  

仙ちゃん、ハクタクさんが生きている限り、他の人とは結婚でけへんのか、かわいそうに(爆)。  

宇宙政府のお役人の息子やのに、アブレラと繋がりがあったんや。アブレラもそういうところを馬鹿にしてたから、案外商売っ気だけやなくて男っぽいとこもあるんやな。  

もんじゃ焼き、宇宙警察地球署の安月給が目に見えるようやん。  

仙ちゃんって切れると一番怖い男やからなぁ、変身後の声が全く変わるのが結構好きなんよね。  

さぁ、スワットモード対応パトウィングのお披露目。だいたい戦隊のパターンとしてお披露目の時はお金かけるからなぁ。デカロボ対決も見応えたっぷり。満足満足。ウルトラマンが始まった途端、デカレンジャーも空中戦対応ができるようになったんちゃうんって思うのは、考えすぎかな?なんかウルトラ警備隊が持ってた銃とスワットモードの銃の形も似てるような気がするしなぁ。どっちもおもちゃ化の権利はバンダイが持ってるやんか。グランセイザーみたいにコナミやとあんまり情報も流れたりせぇへんと思うねんけど、疑い出したら切りがないねんけどね。今度おもちゃ売り場に行ったら、観察してこようかな。  

無事コンプリートしてデカベースに戻ってきたら、ギンはすっかりスワンさんになついてるし、もんじゃ焼きのコテのお陰で命拾いしたとはいえ、勝手に持って帰ってるし、仙ちゃんが怒るのも無理ないよね。仙ちゃんってこういう煮ても焼いても食えない奴らに好かれるって、どうよ(爆)。  

この3週間ほどテツの影薄いよね。テツファン辛いやろうなぁ。

 「仮面ライダーブレイド」

 あれぇ、いつ始さんヒューマンアンデッドのカードを取り戻したんやろう。  
城光アンデッドの声って宝塚男役調やね、凛々しいぞ。そこが女々しい睦月との比較になってるんかな。睦月は今自分の力より、カードを数多く集めることに執着してるみたいやしなぁ。  

うみちゃんの存在は徹底的にヒーローを否定させることで、剣崎のヒーローに対する考えをもう一度視聴者に示すってことやったんか。最初の頃は仕事で仮面ライダーをやってたからなぁ、それから10ヶ月でどこまで成長したかを見せたかったんやな。後2ヶ月、剣崎はこの信念を持ち続けられるかどうかで、ブレイドが終了した後に良い作品やったと伝説になれるかどうかがかってるんやけど、大丈夫か剣崎。  

ブレイドにも影の薄い存在が・・・ギャレンファンも辛いやろうなぁ(笑)。  

土曜の深夜にやってる"ジャパンカウントダウン"の10位に「エレメンツ」が初登場してて、ひょっとしてブレイドの動かない写真だけかなって思ったら、HMVでのお披露目イベントの模様みたいなのが30秒くらい(?)映ってたんやんか。リッキーの歌ってる姿めっちゃカッコよかったよ。全コーラス見せて欲しいぞ~~~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.10.09

今日の午後

 今日は台風ということで、どこへも出かける予定入れてへんかったので、台風情報を見たり、ビデオを見たりしてたんやんか。
 大阪は昨日の方が、雨と風で寒かったりしてたけど、今日は2時頃から薄日が差してました。
 NHKって同じビデオ映像、ずーっと使うやんか、たまたまNHKのカメラに撮られてしもうたら、もう全国ネットで10回近く流されてまうこともあるやんなぁ、今日は駅で運休のお知らせを聞いて、ムッとした表情をしてしまったお姉さんが被害者やったかもしれへんな。折角テレビで全国放送になったんやから、素敵に映されたかったやろうに。

 同じ映像にも飽きてきたので、昨日の「愛のソレア」と今朝の「ウルトラマンネクサス」のビデオを見とってん。

 「愛のソレア」弟君が走ってくる自動車に飛び込んで自殺してまうんやけど、警察の霊安室で対面した美保ちゃんを見てて、思わず落涙。ストーリーはよかってんけど、美保ちゃんの絶叫を聞き続けるとくたびれます(爆)。

 「ウルトラマンネクサス」第2回の今日は、地球防衛軍にスカウトされた孤門君の訓練が主なストーリーやったよね。孤門君の顔を見て、やっぱりウルトラマンの伝統を引き継いでるなぁと思ったし。高野八誠君、高槻純君、杉浦太陽君につながってるよね。ウルトラマンに比べると、仮面ライダーの主役の子たちって、野性的ってのが伝統かもしれへんな。

 地球防衛軍の基地のセットが凄い、メンバーが乗り込むマシンが凄い、ダムから発進するところなんか大昔見ていたサンダーバードを彷彿とさせられたけど、こういうところに力を入れてるのもウルトラマンの伝統やなぁ。ウルトラマンネクサス見ると、デカレンジャーは予算をどこにかけてるんやと思うがな。
 怪獣はナメクジみたいな軟体動物系で3mくらいの大きさの時はCG、でっかくなると着ぐるみ。
 でっかいナメクジが触覚で2人の人間を人質に取ってまうねやんか、そしたら地球防衛軍のメンバーは攻撃をためらってまうっていうストーリー展開も、東映特撮とはちゃうなぁと思いつつ見てたし。
 このシリーズ、怪獣は一回使いきりやなくて、3回とか4回でストーリー性を持たせて使うんかな?それともスタートやから、たまたまそうなんかな?

 まぁ、どっちにしてもこの「ウルトラマンネクサス」って子供にはちょっと退屈かも、大人向けかな。
オープンのテーマ歌ってたdoaって最遊記リロードガンロックのテーマ歌ってたお兄ちゃんたちやろ。
 毎週見てもええけど、見れば見るほどデカレンジャーと比べてまいそうな気もするんやなぁ。
 両方とも男3人と女2人やし。リアルで暗くて変身できないデカレンジャーってか(笑)。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.08

Mステにデカレンが!!

 後浦なつみ(もうご存知・ゴマキ・アヤヤ・なっちの三人ユニット)の「恋愛戦隊シツレンジャー」の歌のバックに先輩レンジャーとしてデカレンジャーが出てきたがな。といってもスーツアクターさんやったんですけどね。「デカレンジャーが登場です」っていうたとき、ひょっとしてって思ってドッキリしたのは私だけでは無いと思うんやけど(笑)。

 歌の前に、デカレンジャー5人の名乗りにあわせて、デカレンジャー達がポーズをとって、その後に歌が始まって、ショッカーみたいなのが2体とアリエナイザーが2体(でもなんのアリエナイザーか判りませんでした。涙)絡んでアクションしてたやんか。

 デカレンジャーが登場って紹介された時、タモリの後ろで結構手をたたいて喜んでる人いたのに、「へぇ~結構タレントさんたちも知ってるんや」って、そのことに驚いたがな。一番喜んでいたのは安室奈美恵ちゃんやったように思う。1児の母やしね。それと堂本光一君がSPDの意味を知っていたのにも、感心したんやけど。

 仮面ライダーブレイドの新テーマソング・オリコン初登場6位だったやんか。Mステ出ぇへんかなぁ。生で歌ってるとこ見たいやんねぇ~。よっちゃん、20年ぶりのトップ10入りやったらしいし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.10.06

美保ちゃん、パワー全開中(爆)

 月曜日から見始めた「愛のソレア」。
 もうねぇ、美保ちゃんパワーにクラクラですわ(笑)。
 石田太郎が渋い芝居してようが、奈良富士子が色っぽかろうが、半田君が恋する男の子の気持ちを熱っぽく語ろうが、長谷川初範が優しく包み込もうが、もう美保ちゃんが同じ画面に出ていたら、美保ちゃんの"ど素人な演技と棒読みセリフ"に目が釘付けになってまうでぇ(笑)。
 
 棒読みセリフといえば、剣崎君とどっちが凄いかなぁ。たぶん同じくらいかも。でも活舌は美保ちゃんの方がましかな。 
 
 困ったことに美保ちゃんは、結構オーラを発してる子やねん。せやから周りでどんないい芝居してても食ってまうねんな。こんなオーラの強い子やから、ひょっとしたら20年後くらいには大女優に大化けしてるかもしれへんけどね。

 で、美保ちゃんの恋敵・半田君の義理の妹をやってる子が深田恭子とクルメ瞳(クルメの漢字が判らない)を足して2で割ったような顔してて、自分の部屋に呼び出しては、半田君に手を出すなとか別れろとか叫んでるねんけど、この二人のバトルがまた見物やねん。バトルが始まると、「おぉ今日もやるんかい」って思ってまうもんね(笑)。

 月曜日の夜に初めてビデオで見たときは、「なんやこれ~~」って思うてもうたけど、なんか3回目にして今日美保ちゃんは何をやらかしてくれるんやろうって思うようになってきたし。

 半田君は乾巧より、よくしゃべってるし、がんばってんねんけど、なんといってもたいがい美保ちゃんか義理の妹のどちらかと一緒に出てるもんやから、この二人に少々食われてる節が無きにしもあらずって言うところが残念かな。

 美保ちゃんが荻野目慶子に替わっても、見続けられるんやろうか。自信ないなぁ。オープニングの時に大木の前に立ってポーズをつけている荻野目慶子、顔が怖いぞっ!!
 
 ちなみにこの「愛のソレア」の今週の監督は、佐藤健光さんです。
 セーラームーンに引き続き、ご苦労様です(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.04

楽天からのメール

 金曜日やったかな、楽天から来たメール「中日ドラゴンズ優勝セール」見て、もうプチンって来たがな。そらもう内容も見やんと即消去やしっ!!

 だいたいやなぁ、来年からプロ野球の球団を持つかもしれへんいうてる会社が、中日ドラゴンズの優勝セールやるっていう節操の無さが許されへんがな。私が阪神ファンっていうこともあるかもしれへんけど、でもこれが松坂屋からのメールやったら別に「あぁそうやなぁ、中日優勝したしなぁ」くらいにしか思えへんけど。
 
 楽天なんか中日も名古屋も関係あらへんのとちゃうのん!!
 
 ヴィッセル神戸のオーナーのくせにベガルタ仙台のお膝元でプロ野球のオーナーになろうとしたり、そういう節操のないことばっかりしてたら嫌がられるちゅうねん!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.03

今週のデカレン&剣(10月1週目)

 デカレンジャーの5人、スワット訓練用の迷彩服着ると顔がグッとしまって見えると思えへん。なかなか大人っぽく見えたと思うんやけど。

  ギュータニュームって、ハロウィーンのカボチャの顔に隠されてたんやね。私、ギュータニューム→ギュータン→仙台っていうくだら~ん思いつきが、先週からずっと頭の中でうろうろしてたんやけど(笑)。  

ウメコのサポートは仙ちゃんやねんなぁ。そしてホージーはリーダーとしての自覚があるから、チーム全体のことを考えてるみたいやし。  

ブンターがバンに「宇宙一のスペシャルポリスとは何だ?」って質問するけど、確かに抽象的やよね。"宇宙一の検挙率を誇る"とか"宇宙一の射撃の名手"とかっていうんやったら目標として明確やけど。それを答えられへんかったバンも仕方ないというか、そういう抽象的なものを目標にしてしまうのがバンらしいというか。  

そういえば、訓練で走らされていた砂浜の空に、でっかい月みたいなのが浮かんでいたのが、素敵やったと思わへんかった?  

テントの中で5人雑魚寝やったけど、確かこの星って夜は零下30度とかなんとか先週の回の時に言うてへんかったやろか?どう見てもそんな温度の様には見えへんかったぞ。でもってウメコに上に乗っかられて、苦しそうな仙ちゃん(笑)。くたくたなのにあんなんじゃ熟睡でけへんがなっ!!  

久しぶりの地獄の番犬やったのに、歯が立たないなんて・・・。  

バンって凄い懸垂力やん。普通映画とかアニメだと、あんなにぐいって上がって来られへんのに。で、上がってきてから皆の元に向かって走り出したけど、あの亀裂はどうなってんっ!!!音も無くふさがったんかいっ!!  

二回目のブンターの質問に「宇宙一のスペシャルポリスとは宇宙一のチームの一員になることですっ」てとこバンかっこ良かったよねぇ。なんか第1回目に登場してきたころのバンと比べると男になった感じがせぇへん?成長したねぇ。  

ブンターって本当はええ人やったんや。どてらい奴で藤岡重慶がやってた意地悪軍曹ではなかったってことや。  

スワットモードの紹介、盛りだくさん過ぎて、何が何やらどうなってるのやら?それよりバックに流れてたサイキクラバーの曲がカッコ良かった方に、ひきつけられたし。  

今週は珍しくデカロボ対決なかったねぇ。  
どこかのブログで先週ドギーとブンターが犬猿の仲って言うのを読んでたから、今日せりふの中でブンターが「おれとおまえは犬猿の仲…」とかって言うのを聞いて笑うてもうたがな。そして弟キャラテツ君の羨ましそうな顔(笑)。  

さぁ来週はやっと仙ちゃんや、いつまで待たせたら気が済むねん、ほんまに。ブレイド前のCMの中でデカレンジャーロボ・ウィングとかっていうおもちゃが映ってたけど、何が引っ付いてウィングになるんやろ?

 「仮面ライダーブレイド」

 ブレイドがキングフォームに進化したのに呼応して、ジョーカーが目覚めたんかな?始のセリフあんまりよく聞き取れへんかってんけど。  

ここ何回かブレイドとかカリスとか自分のカードを誰かに取られてしまうっていうパターンが続くんやな。  うみちゃんって名前懐かしいし、昔「前略、おふくろ様」で桃井かおりがやってたのがうみちゃんって名前やったなぁ。  

剣崎君の赤と黒のストライプのロンT、うみちゃんとペアルックになってるんや。そのへんにうみちゃんの気持ちを表してるんかな。  

出た!!悪女アンデッドキャラ。かっこよすぎるやん。ゲストだけじゃ、もったいないなぁ。スーパー戦隊あたりでレギュラーとかにならへんかなぁ。  

ジョーカー対カリス、カリス=ギルスのポーズって突っ込んでみたりして(笑)。  

フライングCM、なんか赤いカリスが出てたんやけど、あれっていつからテレビ本編に出てくるんかなぁ?(笑)。今日は2本もフライングCMが拝めたね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.10.02

今週の「虹のかなた」(最終週)

 とうとう最終回、長かったようで短かったなぁ。
どうしてナカノ社長は小川一家をとことん追い詰めようとしたんかという説明があったやんか。自分の運命が思うようにならないから、運命を呪うことが幸せな小川一家への憎しみにすりかわったんやて。父親を倒産による自殺に追い込むことだけで満足せず、つつましく暮らしている母親や、夢を信じてお芝居を続けようとするちひろの夢を潰そうとすることで、ナカノ社長は自分が運命に打ち勝ってるのを目の当たりにしてたってことなんや。
 もうジェラシーそのものやなぁ、歪んでるよねぇ。こういう歪んだ人間に魅入られてしもうたんやから、災難としかいいようがないよね。
 こういうジェラシーの持ち主って、テレビドラマの中だけやなくて実際におるねんなぁ。実は以前勤めてた会社の社長がこういうジェラシーを向き出しにする男でねぇ、ライバル会社にジェラシーの矛先を向けたらええねんけど、そこまで根性が無くて、自分とこの会社の売上のええ優秀な部下に向けてきよるねん。でもって、このジェラシーの持つ力って凄いねんから、めっちゃ苦労したがな。
 
 おっと、話がそれてしまいました。結局このドラマは家族の絆がメインテーマやったんや。けむり屋の情けないお父さんも、ナカノの冷徹で歪んだジェラシーがエネルギーだった社長も家族の絆を再構築していくドラマってことか。
ちひろはお母さんがずーっと見守ってくれてたしね。

 ナカノ社長、あれ本当に死ぬ気なかったんちゃう。それともちひろの目の前に落ちていくところ見せ付けるつもりやったんやろか。 
 ちひろがナカノ社長に、「愛するものがいたら自殺なんてできない」って言うてたよね。今や交通事故死する人よりも自殺する人の数の方が、多いやんか。自殺しようと思う前に自分の周りにどれだけ自分を愛してくれる人がいるかもう一度振り返って欲しいなって思うなぁ。
 死ぬって凄いエネルギーがいることやから、残された人間がそのことによってどれほど傷つくかってことまで、気ぃつかへんかもしれへんねんけど。

 「いのちの現場から」のハギーで評判良かったから、「虹かな」でまっすんと涼平が出演することになったんやろうなって思ってんねんけど、この路線ずーっと続けて欲しいよね。まだまだ龍騎からは弓削ッちとか高槻純君とか高野八誠君とか映画ばっかりであんまりテレビに出てけぇへん人たちもいるし、そのあたりの芝居上手な子たちも見たいやんかぁ、お願いします大阪毎日放送様。 
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »