« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005.04.30

柳生十兵衛七番勝負・第5回

 さすが千葉真一!!
 若き日の宮本武蔵やる人はたくさんいてはるけど、剣聖と呼ばれた老年の宮本武蔵できる俳優って、千葉ちゃんしかおらへんやろ。
 迷いのある柳生十兵衛に剣客として生きる道を教えるために、斬りかかっていくやんか、あの眼差し、あの気合、あの説得力、いまどきのテレビ時代劇ではなかなかお目にかかれへんのんちゃうん。堪能させていただきました。

 柳生但馬守・十兵衛・宮本武蔵とかが出てくると、どうも山田風太郎の「魔界転生」を連想してまうんよね。面白かったもんな、奇想天外すぎて。
 あぁもちろん、私的には窪塚洋介やなくて、ジュリーの天草四郎やねんけど(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.04.29

坂東薪車 その2

 前回、坂東薪車さんのことを、上方歌舞伎会への今後のご出演はあるんやろうかって書いたんやけど、その後上方歌舞伎会友の会から会報が来て、薪車を襲名し竹三郎さんの芸養子になられたということで、上方歌舞伎会から卒業ということにならはったそうです。
 芸養子というのは、芸道上の養子ということで、今までは師匠と弟子という関係やったのが、父と子という関係になるってことやねんな。だからお弟子さんたちの勉強会である上方歌舞伎会からは卒業っていうことになるんよね。
 私も若鮎の会から上方歌舞伎会と長いこと見てるから、上村吉弥さん、片岡愛之助さん、中村亀鶴さんに続いて、四人目の卒業生。嬉しいけど寂しいなぁ。上方歌舞伎って、味のある役者さんがバタバタと亡くなられて、ちょっと寂しい思いをしてたんやけど、気が付いたらこうやって若い後継者もぞくぞくと鍛えられているんよね。ただ役者の味は勉強しただけではねぇ…。難しいよね。

 浪花花形歌舞伎が薪車としてのお披露目やったんやけど、第1部の「菅原伝授手習鑑の車引」で杉王丸の役やったもんやから、私は第3部しかチケット取ってなくってねぇ、まだ見てへんのですわ。いつ見れんねやろか。ひょっとしたら来年の1月ってことも…。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.26

アクセス数にびっくり

 日曜日の"村をんなの日常"のアクセス数が250超えたんやんか。もうびっくり。だいたい平日は70~100位、日曜日は120~150位なんよね。
 だからいつもより100も多かったんやんか。イベントのレポ載せてもそんなに増えへんのに。

 で、潜伏させてる"くのいち部隊"をチェックしたら、検索ワードで「仮面ライダー弾鬼」でのアクセス数が100位あったんよね。
 そうよねぇ、"弾鬼"突然現れたから、みんな情報が欲しかったんやろね。でも私だって情報がある訳は無く、十二之巻の番組内でチラッと映った関東鬼リストについて書いてただけやのに。そんなへたれな情報でもたくさんの方が来て下さったみたいで、めっちゃ恐縮です。

 なんか斬鬼さんもレギュラーで出るらしいですよね。
響鬼ファンにはお馴染みメリーさんの替え歌で
 「斬鬼さんの名前、名前、名前、斬鬼さんの名前、楽しみだ~~~」(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.24

今週のマジレン&響鬼(4月4週目)

 「マジレンジャー Stage.11」

  芳香ちゃんの彼、タカアキですか。ドタキャンすると言うことは芳香のわがままさに、ええ加減辟易しちゃったのかもね。 
ナイ・メアの二人、歌巧いねぇ。ナイ・メアはオーディションのとき、歌も選考基準にあったのかな(笑)?
 会議の途中に戻ってきたときには、フラフラやったのに、ウルザードに呼び出されて、ゾルビたちと闘うときには急にハイテンションになってしまった芳香ちゃん。"
スーパースペシャル芳香ちゃん"は投げキッス攻撃って、さすが恋愛のエキスパートやねぇ。ゾルビたちは胸がどきどきになって溶けちゃうんかい(笑)。ウルザードに褒められるなんて、なかなか無いことやで。
 太陽の光を浴びて、急に動けなくなる芳香ちゃん。変身も解除されたとき、木々の間から他の兄弟たちが、顔を寄せ合って覗き込む形になるとは思わへんかったから、ちょっと可愛いかったよね。
 CM明け、マンドラ坊や寝言で「もう飲めない」とかっていうてたけど、何を飲んでる夢見てんねやろうね。普段マジレンジャーたちの行動を魔法の鏡に写して見てるんとちゃうんかいな、マンドラ坊や。今回の芳香が吸血鬼になったことには何のアドバイスも無いんやなぁ。
 翼と芳香でライブハウスに出かけて行くやんかぁ。ここでナイ・メアコンビの歌1番まるまるで聞けるとは思わへんかったな、それもちゃんとハモってるし。ここで吸血冥獣が正体を現すけど、食虫植物が触手を伸ばして蛭みたいに吸い付いて血を吸うなんて、めっちゃ色気ないがな。ドラキュラはやっぱりイケメンやないとあかんのんちゃうん。
 今日は珍しくメアがナイと違うセリフ言うたねぇ。
 翼って本当に「やるべきときにやる」って割り切ってるねぇ。その言葉と態度につられたんやろ、芳香ちゃんは。
 こんなシビアなシーンなのに、相変わらずマイペースな芳香ちゃんやから、"やるべきときはやるって決意のポーズ"いまどきこんなポーズするアイドルおらへんやろ。そのおおぼけなところが憎めないんやけどね。
 マジキングが冥獣を倒して、ナイ・メアの催眠術に掛けられて吸血鬼にされてしまった人たちは元に戻ったのに、芳香ちゃんだけは吸血鬼のまま。どうなる芳香!?
 マジレンジャーの小津兄弟ってなんやかんやいうても、芳香ちゃんが中心になって回ってると思わへん?トラブルメーカーの役回りっていうだけじゃなくて、キャリアがあるからみんなを引っ張っていってる気がするんやけど。

 「仮面ライダー響鬼 十三之巻」
 

 今週の仮面ライダー響鬼は「おぉ」の連続やったよね。今までのまったりペースを一挙にてこ入れしたって感じかな。
 初っ端から親玉の住処の怪しげなこと、オペラ座の怪人みたいなテーマソング付きでさぁ。いよいよ新展開か。
 ヒビキは特別遊撃班ですか。ということはこれから威吹鬼とか弾鬼とかとダブルで戦うシーンが増えてくるてことやね。
 新型・音撃鼓爆裂火焔鼓ってこれも玩具になるんかな?(笑)
 明日夢君、ちゃんと盲腸のところ押さえてるってのが今週のツボかな。
校門の前でヒビキを見つけて、目がきらきら輝くモッチー。そっかー、モッチーは年上の男の方が好みなのか。しかし年齢的に言うと倍やで倍(笑)。
 またヒビキもモッチーの前で明日夢にあきらのこと頼むの気が引けたんかなぁ、それは暗に明日夢とモッチーとあきらが三角関係やって思ってること認めたことになるやん、でもモッチーの本命はヒビキやで、どう見ても。
 香須実ちゃんの風邪引いてる姿、いつもの気が強そうなところが引っ込んで可愛かったよね。ちゃんと鼻声やしっ!!って本当に風邪引いてるのかも。
 日菜佳のセリフは「鬼の霍乱」ってことを言いたいのかな。
 ウブメの童子と姫って二人揃って親玉からイガイガ飲まされてたのに、どうして一人だけが乱れ童子に変化したんやろうなぁ。おぉ、なかなか強烈なキャラやんか。
 変身してる威吹鬼は安心としても、横で見てるあきらが危なくないか?
 おぉ、弾鬼だぁーーーー。弾鬼ってとってもワイルドな戦い方をするんやねぇ。でも弾鬼の持ち道具が出てくる前に乱れ童子が出てきちゃったから、当分弾鬼の武器を拝めるのはお預けですか。腰には響鬼と同じ音撃棒刺さってたね。
 先週・先々週とイブキの出番が少なかった分、今週は2回も変身はあるし、大奮闘やな。
 吊橋でのアクションも凄かったけど、今まで威吹鬼って冷静に音撃管で銃撃したり、音撃したりしてたやんか、それが廃工場でのアクションのすさまじさったら…。さすがJAEの社長さんが監督しはっただけのことはあって、スーツアクターさんの気合の入り方が尋常やないがな。
 今週の仮面ライダーは久々に30分の枠とは思えないほどの、濃密な展開やったし、最高ーーーーー!!
 乱れ童子にかまれた威吹鬼、やばいぞっ!!

 今週は、マジレンジャーも仮面ライダー響鬼も怒涛の展開のまま、来週に持ち越しってか。今週見逃した人は今年1年悔やむことになるで。
  

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.04.23

柳生十兵衛七番勝負・第4回

 今週のサプライズは、"まな・かな"まで出すんかいっ!!って、ことかな。
NHKって、ドラマで大ヒットを出した時のメンバーは、結構厚遇が続くと思わへん?第2回の河合美智子といい"まな・かな"まで出してくるとは思わへんかったがな。伊吹吾郎の娘の役やってんけど、双子の必要性なんか全くない役やったのに。
 伊吹吾郎と村上弘明の立ち回りを見てたら、ふと必殺を思い出したりしちゃった。この二人、必殺で共演したことはないけど。
 伊吹吾郎って貫禄がでてきたから、必殺で元締やってた山村聡にだんだん似てきたなぁって思ったんやけど。昔から時代劇で鍛えられてきた人は、姿勢も形もきれいやねぇ。
 

 八誠君満足度、今回は高かったぞ。 

さぁ、来週いよいよ真打千葉真一登場!!待ってましたっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.21

『あなただけ見えない』再放送中(ただし関西ローカル)

 昨日(4月20日水)会社で、Kさんが「夕べ深夜に三上博史と小泉今日子のドラマやってたんやけど、題名知ってる?」って聞いてきはったんやんか。
 もうね、即答してしまいましたよ「それ、『あなただけ見えない』でしょ」ってね。
 うちの会社では、村をんなが特撮好きということはもう知られてるんやけど、でもイベント行ったり、ブログ書いてたりっていうのは内緒にしてるんやんか。もちろん萩野君のファンやということも(笑)。

 萩野ファンにとって、『あなただけ見えない』は一度は見てみたいドラマの一つやもんね。最近萩野情報仕入れるのさぼってたから、関西テレビで火曜日の深夜に再放送してるのしらんかったがな(汗)。

 私は、ちょうど仮面ライダー龍騎が終了して、萩野君の映像に飢えていたときに、KBS京都で再放送してるのを知って、毎週見てました。
 このドラマ、はっきり言って三上さんの一人芝居みたいな感じやったな。自分はこれだけ芝居ができるんやみたいなのを見せられてるって感じ。三上さんが演じているのは多重人格の男で、冷酷な弁護士、純朴な青年、マゾな男、水商売風の女を演じ分けるねん。

 萩野君の役は、精神科医のもっくんの弟の友達。毎回は出てこないんよね、出てきても5分くらいかな。セリフもあんまりないしね。どこかで『あなただけ見えない』準主役みたいに書いてるところもあったけど、とても準主役と言えるような役やないよ(笑)。でもデビューしたてとはいえ、眼光の鋭さにはやっぱり引きつけられるもんね。見たことない人は一度ビデオに録画してみてくださいませ。ただ野球中継があったりすると時間が大幅に狂う可能性はあると思うけど。

 深夜に見るには『あなただけ見えない』はぴったりかも。でもあんまり後味のいいドラマとは言われへんけど。今やったら、放送倫理に引っかかって制作でけへんかもね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.04.19

第2部トークショーの追記

 16日にレポを書き上げた後、お風呂に入りながら『なんでMCさんが、バンに質問したこと覚えてへんねやろう』って、もう一度順に思い出しとったんやんか。そしたら、MCさんが質問したことを私が覚えてなかったんやなくて、MCさんがバンに質問するのを忘れてたことに気が付いたんやんか。

 仙ちゃんとテツがユニフォームを交換して着たのを見たバンが「撮影所でみんなの制服を着たことがあるんですよ」って言い始めたんやんか。
 
 ホージー「イエローのを着たときおかまっぽかったよな」
 ジャスミン「そうそうおかまっぽかった」
〔ちょっとおかまっぽくするバン〕
 バン「みんなの制服の中でボスのが一番似合った。そのとき髪の毛もツンツンで氣士團みたいでかっこよかったんです。」
 〔そのとき、仙ちゃん舞台の端っこで一人、氣士團みたいな踊り(でもどうみても阿波踊り)で手を頭の上で振ってたよ(笑)。〕
 MCさん「ウメコの衣装も入ったんですか?」
 バン「ウメコの衣装は着なかったな」
 MCさん「ボスの衣装がよく似合ったって、顔はそのままですよね」
 バン「?????」〔何が言いたいねんみたいな顔してたかな〕
 バン「頭は被ってないですよ」
ってな感じで話がバンのところで膨らんでしもうたもんやから、MCさんすっかりバンへ質問が終わったような気になったのか、ジャスミンに質問を振っちゃったんよね。
 
 いやはやMCさん、初回やったから緊張してたやろうし、客入れから押してたから、そっちが気になったりしてたんやろうけど、抽選会のときも当たった座席番号のDとBを聞き間違えたりとか、色々細かいミスがあったなぁ。
 
 そうそうプレゼントにデカレンジャーのメンバーがサインしたりしてたんやけど、バンは後ろ向いて音が入らないようにくしゃみしてたんやけど、仙ちゃんグリーンのデカスーツにサインしてる途中にくしゃみが出て、思いっきり会場中に響き渡ってたがな。めっちゃ「すいません」って言うてたけどね(笑)。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.18

今週のマジレン&響鬼(4月3週目)

「マジレンジャー Stage.10」
 乾布摩擦のシーン、よく見ると息が白かったよね、こんなに早くから脱がされたマジレンボーイズ、風邪とかひかんかったんやろか(笑)。先週と言い、今週と言い、東映の仕事はキツイよね。
 おぉ、翼の腹筋割れてるがな。まさかこの日のために腹筋鍛えまくってたなんてことはないでしょうね。
 もうしょっぱなから笑わせてくれるがな、蒔人の激しい思い込み。全然他人の言うこと聞こえてないし。
 芳香はまたまた人の恋路に首を突っ込めるのが嬉しそうやし、魁のものまねなかなか上手いやんか。
 蒔人にいちゃんとエリコの言動にいちいち突っ込みをいれる小津兄弟。セリフの割り振りのどんぴしゃ具合がたまりませんなぁ。
 蒔人兄ちゃんがメインの回やけど、なかなか翼がおいしいポジションやったんとちゃう。
 マンドラ坊や、珍しくえらい目にあってまうね。汚いバケツに入れられるは、サボテンに花が咲いた途端、床におっことされるは。
 エリコって嫌な女やね、自分が嘘ついてたくせに、蒔人に嘘ついてるっていうし。まぁ、蒔人のような土臭い男が嫌いなんやから、しゃーないか。
 麗ちゃんの怒った目つき、最高ーー。あの大人しい麗ちゃんに「一発殴ってくる」っていうセリフを言わせるとは、思わへんかったなぁ。
 エリコ役の人、セリフがちょっと棒読みっぽかったのが、残念。
 アクションはマジグリーンの一人舞台で、1/5じゃなくストレートに見せてもらえたのがよかったんちゃう。でもさ、いくら憑依しているとはいえ、植物好きの蒔人がサボテンを倒すのかよって思わないこともなかったんやけど、どうなんでしょうね。
 で、今日の変身後のマジレンジャーの演技が10回目にして、完全に変身前とリンクしたような気がしたんやけど。特にマジピンクの首のかしげ方なんか、芳香を研究した成果が出てるなぁと感心。
 今回は蒔人コメディーが中心やったんで、魔人対決は軽めにチェックメイト。
 さて蒔人とエリコの恋は長続きするのか?魁・蒔人ときたから、翼にも彼女を登場させるのか。芳香の恋人も気になるところやなぁ。
 来週は、ナイ・メアちゃんが化粧を普通にして出てくるやん。ナイの方、全然別人なんやけど・・・女って怖い(笑)。
 話は変わるけど、麗ちゃん役の甲斐麻美ちゃんが書いてるブログもう読んだ?
若い女の子の熊本弁、可愛いねぇ。一緒に載せてる写真も、素のままみたいやし。これじゃぁ、麗ファンが増えるのも無理ないんちゃうん。

 「仮面ライダー響鬼 十二之巻」
 春の新作DAってカメラ搭載なんですか、すごいねぇ。ヒビキを心配して集まってくるDAたちの群れも可愛いし、これだからみんなDA欲しくなっちゃうんやろな。
 先週から現れた水道メーターの杖を持った童子の親玉、目を見てると女ではなさそうな気がすると思わへん?某ブログで噂を読んだんやけど(どこのブログかは、覚えてないんやけどね)その噂もあながち全くのデマでもなさそうな気がしてきたなぁ。
 甘味処たちばなはかなり年代物の造りやけど、研究室はモダンなインテリアやんか。ミドリさんも猛士の仲間だから、たまに言うことが古臭くなるのかな。
 ヒビキは機械オンチだったことが発覚!!
 魔化魍、年間100匹!!!3日に1匹退治せんとあかんなんて。
 関東の鬼リスト、うーーんなかなかおいしい情報満載やったよね。1番目の人はあまりよく判らへんかったけど、2番目の人はスーツアクターの伊藤慎さんでしょ。現住所大泉(!)になってたよね。弾鬼って一本角の写真まで見せてくれてたけど、顔出しで出てくるのかなぁ?かなぁ?やないよね、絶対見たいぞ、中も外も一人で仮面ライダー弾鬼やってください、お願いします!!
 えっ、ヒビキって本名ちゃうかったんや、でもって出身が岐阜県なんや。
イブキの本名が和泉伊織ってさすが本流なだけあって、古風やよね。で、現住所が渋谷区広尾、行ったことないからどんなところか判らへんねんけど、ちょっとおしゃれっぽいんちゃうん。
 このリストのところだけは、私のぼろビデオを何回も巻き戻して見てもうたがな。こういうときHDD使ってる人がうらやましくなるんよね。
 まぁそれにしても、ヒビキやから日高仁志、弾鬼は段田大輔、裁鬼は佐伯栄、イブキは和泉伊織ってねぇ。安易なのか、凝ってるのか(笑)。斬鬼の本名は、どうなるんやぁ???
 今日の仮面ライダー響鬼のツボは、イブキの作務衣の裾がつんつるてんやったこと、お茶目だなぁ。
 「式神降臨!!」って番組がちゃうよね(笑)。吉野が本部とかっていう設定やったから、役行者とか陰陽道とかに関係してるかなとは思ってたんやけど、陰陽道の方でしたか。昔の御札から変形した鳥さんもなかなかオツなもんやったけど、壊れ易そう。
 ヒビキが中学生だった頃、明日夢と同じように優しい男の子だったことが判明して安心した明日夢。良かったよね。あれっ、上の法則でいくとして足立明日夢が鬼になったら、あ○鬼って名乗ることになるんよね。○の中の文字、思い浮かべへんねんけど。荒鬼って性格でもなさそうやもんな、明日夢。
 ひゃーーーー、あの魔化魍、塗り壁ってか。先週の「呑み込む壁」ってタイトル、ただ単に明日夢が壁に呑み込まれただけやなくて、塗り壁のことも暗示してたなんて、深~い。

| | コメント (6) | トラックバック (5)

2005.04.16

特捜戦隊デカレンジャー ファイナルライブ2005

 行ってきましたよー、「特捜戦隊デカレンジャー ファイナルライブ2005」in OSAKA。
 村をんなは10時30分開演のチケットを押さえていたんやけど、私が厚生年金ホールの前についた9時半ごろにはすでに長蛇の列。そしてホールの前の公園には大勢の親子連れ。天気良くて、よかったよなぁ。これで雨やったら悲惨なことになってたかも。
 凄い列なんで、並んだ方がいいのか、それとも普通の芝居のように開場したら自由に入れるのか判断しかねて、会場整理の男の子に聞いたら「並ばなくても、列が終了したら自由に入ってもらえると思います」って言うもんやから、並ばずに列の切れるのを待つことにしたんやけど、10時オープンになっても全然列切れへんやんか。全席指定やから並ぼうが並ぶまいが関係ないはずやねんけど(もうその頃には握手券なんかとっくに売り切れてるはずやし)、途中で列に紛れ込んだら、横入りしたとかって後ろ指刺されそうやし、10時5分ごろあきらめて、列に並びにいったがな(トホホ)。
 厚生年金大ホール満杯のお客様の客入れは、はっきり言って30分では無理です。これまで東は歌舞伎座、帝国劇場、西は宝塚大劇場、松竹座、南座とでっかい劇場に数々いったけど、こんなに手間取った客入れは初めてやったで。
 ちっちゃいお子様がうろうろすれば、迷子も当然でるやんか。私が並ぼうか並ぶまいか迷ってたとき、お手製SPDウメコスーツを着せた1歳くらいの女児を抱いて子供を捜してるお母さんがおったんやんか。「たくっ!たくっ!たくみ~」って。私は心の中で「巧やったら、どこに行ってまうかわからんやろうなぁ」と思うてもうたがな(笑)。巧君が見つかったかどうか、確認できないまま、並びに行きました。
 結局私が劇場に入れたのは、開演予定の10時30分。客入れが押してるから、開演も当然のごとく押しまくり。一体何時に始まったのやら???
 鍼灸院の先生に木下あゆ美の生写真お土産に買おうと思っても、すんごい人だかりで、開演前に買うのはあきらめちゃいました。(こうなると座ってた席が通路側という利点で、幕間の休憩時間にダッシュして無事買えたんやけどね)
 

 デカレンジャーのファイナルライブ、まず最初の感想はデカレンボーイズ細いっ!!テレビの画面って太って見えるってよく聞くけど、生で見たら細かったなぁ。私の席は1階B列54番。上手側の端やったんやけど、ちょうど仙ちゃんが真正面。めっちゃおいしゅうございました。しか~し、1部のショーも2部のトークもデカレンジャーのメンバー立ち位置同じやねん。それってちょっと構成ミスなんちゃうん。1部と2部では左右の二人ずつを入れ替えて立たすべきやろうな。せやからホージーとジャスミンを間近に見られたのは、最後の最後に全員で舞台の端まで手を振りに来たときだけやったんやんか。私は仙ちゃん目当てで来たから別に構わへんかったんやけど、ちょっと問題有りかも。
 

 1部の内容は、もう皆さんもご存知かとは思うんやけど、最初にマジレンジャーが出てきて名乗り&決めポーズするねやんか。その時は声優さんのアフレコやねんけど、上手かったなぁ。5人の性格付けがちゃんと表現されてたよ。
現在テレビで放映中の本人たちより上手かったんちゃうん。それとウルザードがマジレンジャーの敵として、友情出演してたんやけど、めっちゃかっこよかった。
 

 2部のトーク。すいませんが覚えてるところだけです。
 まずは仙ちゃんから、「一番印象的だったことは?」ってMCさんから聞かれて「昔のことはよく忘れるので、一番最近のスカイシアターでの最終回」だったそうです。
 ウメコは「お誕生日が12月であゆ美ちゃんと近いので、二人一緒にいっぱい祝ってもらったこと」だったそうです。3回もケーキが出てきたとか。そうしたらデカレンボーイズが、女の子二人へのほうが全然扱いがよかったって、妬いてたな。バンなんか「俺なんかアフレコルームでだぜぇ。スタッフさんしかいなかったし」とかって、すねてた顔が可愛かったなぁ。
 テツには、「もし次デカレンジャーがあるとして他の役ができるとしたら、どの役がやりたいですか?」と聞かれて、テツは元々デカレンジャーのオーディション、グリーン狙いで受けてたんやて。それで演技チェックのときに「赤と青がもめてる間に仲裁に入る」というシチュエーションの演技をさせられたんやけど、「駄目だな、こりゃ」とかって言われたらしい(笑)。確かにテツは赤と青の間に割って入られへんよな。そこでホージーの仕切りで、テツと仙の上着をチェンジすることになったんやんか。そしたら仙ちゃん、なかなかデカブレイクの衣装似合っててね。会場からも「似合ってる~」って声がかかってました。仙ちゃん、デカブレイクの決めポーズやってたし。
 そこでテツはグリーンの上着ぶかぶかやねんけど、仙には白の上着がぴっちりなことが判明。なんとテツは仕立て屋さんに頼んで、上着を体にぴったりするように詰めてもらったって言ったら、仙ちゃんびっくりしてた。
 ジャスミンは「今後どんな役をやりたいですか」とかって聞かれたとき、「主役。自分が中心になって動くドラマ。レッドがやりたかった。月9の主役を狙ってる。」とかって言うてたな。みんなから「強気~」とかって言われるし、バンなんか「おれはドラマの中心じゃなかったし」なんて言ってたよ。
 ホージーも「どんな役をやりたいか」って聞かれて、「おかま」とかって口走ってたよ(笑)。たぶんこれはギャグやとは思ったんやけど。周りからは「コンビニの店員」とかって言われてたな。でもホージーがやってるコンビニのCM、関東ローカルなんやて、せやからホージーも「関西でも流して欲しい」って、希望は言うたらしいんやけど、駄目みたいだそうです。結局ホージーが言いたかったことは「思いっきり自分から離れた役か、自分に近い役のどちらか」なんやそうですけどね。で、「地元なので緊張してる。2部にはおかんが来る」って言うてたな。
 バンファンの皆さん、ごめんなさい。バンが何を聞かれて何を答えたか思い出せない・・・。
 最後にみんなへのコメントのときに、バンは「地元の広島公演のときはすっごい緊張して何を言ったかも全然覚えてない」って言ったとき、テツとウメコと仙の三人が腕を目に当てるポーズしてたから、きっと感極まって泣いちゃったんだろうなって思ったんやけど。
 泣いても笑っても17日の日曜日がデカレンジャーとして最後のお仕事。みんなお疲れ様でした。そして本当に私たちを楽しませてくれてありがとうございました。

 追記があります。 

 余談:このライブの後、いつも私が覗くガシャポンコーナーで、マジレンジャースイングを見かけたので(ガシャポンは今まで仮面ライダーしか回したことがなかったんやけど)、やってみました。一発でウルカイザーが出てきて、めっちゃ嬉しかったがな。やっぱりデカレンジャーを見た帰りやったから、回したくなったんよね、村をんなとしては。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

柳生十兵衛七番勝負・第3回

 全6回シリーズやから、第3回ともなると大分佳境に入ってきたなぁ。
八誠君のセリフもいっぱいあったし、剣術の稽古のシーンもあったし。苦悩する大次郎、凛々しいがな。
 で、今週のサプライズは本宮泰風。大和の柳生屋敷の高弟の役で出てるやんか。本宮さん出てると思って喜んでたら、柳生但馬守の部下役で出てた村井さんが討ち死に。あちゃーーーーですなぁ。
 でもさすがオルフェノクだけのことはあって、目にもとまらぬ早業で四人切り(笑)。
 最初のシーンでかえでが「柳生と伊賀は山一つ越えたら」とかって簡単そうに言うてたけど、そんなにいえるほどの山とちゃうでぇ、結構険しい山並みを越えていかなあかんねんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.13

05年 対巨人 第1戦

 4月12日(火)、雨の甲子園に阪神を応援しに行ってきました。
 大阪は朝から結構な量の雨が降ってて、仕事する振りしながら、何回阪神タイガースの公式サイトへ確認にいったことか。でもいつ行っても「4月12日(火)の当日販売いたします」のお知らせが出てたから、もうこれは雨でもやるんやなと腹をくくって甲子園に向かったがな。

 阪神梅田駅で、阪神タイガース70周年記念のらくやんカードを購入。甲子園駅に着いても、小降りながらしっかり雨は降ってるやん。普通なら阪神のデパ地下かダイエーでお弁当買って入るところやけど、雨に濡れながら食べるのいややんかぁ。それでダイエーの地下のオムレツ屋さんで食事。おいしかったし、ボリュームもあったし、お値段もリーズナブルやったし、よかったよ。
 
 で、腹ごしらえも済んで、いざ甲子園球場へ。スタンドに入る前に、通路のところでレインコートを羽織ったりして準備してたら、1回の表があっという間に終了して、阪神の1点目が入ったところまで見逃してもうた。

 席は外野の3塁側上段、関西ペイントの看板の下あたり。試合展開はあんまりよく見えへんかったんやけど、金本・赤星の後姿を堪能(笑)。
 で巨人のキャプラー、阪神ファンの応援がよっぽど珍しかったみたいで、しょっちゅう後ろ見とったなぁ。そうそうキャプラーがすべりこんでボール取り損ねたところもよう見えたで。

 下柳、途中からよれよれになってめっちゃどきどきしたけど、しっかり1点で踏ん張ってくれて、その後5回裏の怒涛の攻撃からは、もうお祭騒ぎで楽しかったなぁ。
 私たちの前に座ってたおばさん二人連れ、3回くらいからどこかに出かけて行って、5回の怒涛の攻撃の途中から戻ってきはったんやけど、あれって絶対損してるやんなぁ。どんなに雨が降ろうとも、我慢して座ってるから、おいしい場面も逃さずに見られるってなもんやもんね。

 最後はもちろん「六甲颪」絶叫してきたんやけど、何年ぶりやろ(涙)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.10

今週のマジレン&響鬼(4月2週目)

 「マジレンジャー Stage.9」
 インフェルシアって、現代の人間社会を映す鏡とちゃうん。この隙あらば足をすくってやろうとお互いに狙ってるところなんか、まさにそのままやんか。
 ちょっとからかってやろうと、マジキングになる力をウルザードが持っていることをブランケンにしゃべっちゃったナイとメア。かえってブランケンに火を付けてもうたがな(笑)。 
 魁もいっちょかみやねぇ。間に蒔人が入ったから、軽~いチョップで済んだけどね。
 冥獣トロルって何匹もおるみたいやな。
 先週がたった2分で、魔人対決終了した分、今週はたっぷり見せてくれましたね。
 せっかくマンドラ坊やがバリキオンを「荒ぶる駿馬」とか「恐ろしい生き物」とかこてこて解説したのに、時空の歪みで違う世界に飛ばされた魁の前にいたお馬さんは馬の割には小さめでとっても大人しくていい子やったんちゃうん。東映公式サイトによると本名玉菊って芸者さんみたいな名前やん、牝馬かな。
 ブランケンとウルザードが争いだすとン・マが割り込んでくるのが、今のところお決まりなのが残念やなぁ。当分このパターンが続くんやろうけど。
 マジキングのパワーをもらって、ストーントロルに巨大化する冥獣トロル、ストーントロルの中の人って、普段はマジキングに入ってはる人なんやろうか(笑)。
 傷ついたバリキオンに向かって何度も「ジルマ・マジーロ」と魔法をかける魁。それってこの間石像化した麗ちゃんを元に戻そうとしたときと同じやんか。
 魁、マージフォンをあんなに砂に押し付けたら故障の原因になるで、一応精密機械やねんし、砂浜の砂やから塩分もきついやろし。
 バリキオンにかっこよく乗馬している赤い服きたお兄さんって、高岩さんやったんやろか、それとも別のJAEさんとかアニマルプロダクションの調教師さんやったんやろか、めっちゃうまかったよね。
 ファイヤーカイザーの剣、あれちょっと燃えすぎやったんちゃうん。その後は、燃える連獅子攻撃かいっ(笑)。でバリキオンのパワーのおかげで一発でストーントロル粉砕。バリキオンは借りを返してくれて、マジキングのパワーを取り戻したマジレンジャーたち。だってこのままマジキングになられへんかったら、おもちゃの売上にかかわるもんね(笑)。
 当分ファイヤーカイザーは見られへんかもしれへんけど、またどこかできっと登場してくること間違いなしっていうことで。
 どうも蒔人兄ちゃん、いじられキャラに定着しそうやね。来週はまたまた激しい思い込みが炸裂しそうやし。

 「仮面ライダー響鬼 十一之巻」
 大阪では今ちょうど桜が満開、そしてドラマでもぴったし桜が満開。なかなかこう上手くはいきませんが、どことなく合成っぽくもあり…。
 そして明日夢は遅刻常習犯キャラに決定!!高校の制服になるとちょっと大人びて見えたやん。
 水道メーターを手に現れた怪しげな魔女?この人オープニングにも名前載せてなかったよね。当分シークレットのままでいくのかな。それともJAEさんなんやろか。
 石切り場で新しいDAの力を試している威吹鬼とあきら、今日の出番はこれだけかぁ。
 モッチー、可愛そう、だって勇気を奮ってたちばなへ行こうって誘ったのに、断られてもうたし、まだまだ明日夢はガキンチョやから、しゃーないか。
 それにしてもモッチーの足長くてきれいやよね。思わずきれいな足に目がいってまうがな(笑)。
 ヒビキさん、バイクに乗りたいん?それともこの間のお詫びにイブキに新しいバイク買ってあげようと思ってんの?「安全運転~」って歌う前に教習所へ行ってよね。
 出たっ、シンデレラ・梅宮演ずるミドリさん。メモラブの時のキャラとあんまり変われへんかったような気がするな。
 今日の童子と姫やねんけど、アップ数姫の方が多かったと思わへんかった?なんか童子1:姫3くらいの割やったような。それって監督の趣味?それとも視聴者の要望?(笑)
 ミドリと明日夢がまったり話してるところに、モッチー現る。怒って当然。自分の誘いを断っといて、年上のおねぇさまと仲良くお茶飲んでるんやから。
 子供が「お兄ちゃん」って言うたのに答えて、「おじさんでいいんだよ」ってヒビキが言うたやんか。そのとき香須実とか夫婦の笑ってる顔がアップになってたけど、どういう意味かな?(笑)
 さてさて魔女のおかげで童子・姫も強くなり、アクションに見ごたえが出てきましたねぇ。やっぱりこうでなくっちゃ。響鬼の飾りが途中で外れてたけど、あれってアクシデントなんやろうね。
 来週はモッチーとあきらがご対面みたいやんか。どうして二人に「明日夢く~ん」って呼ばれなあかんかったんやろね。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2005.04.09

柳生十兵衛七番勝負・第2回

 4月8日(金)の夜、サンテレビで阪神戦の中継はやってるは、関テレでは「大奥」のスペシャルはあるはでめっちゃ困りましたが、「柳生十兵衛七番勝負」忘れんと見たでぇ。
 阪神vs横浜、福原ががんばって投げてたから、こりゃぁ9時前に試合終わるやろうとたかをくくってたら、9回に横浜に追いつかれて同点になってもうたやんか。もうあちゃーーーやったよね、ゆっくり「柳生十兵衛」見られると思っとったのに。
 私の使ってるテレビデオ、不器用物でビデオを録画してる最中は他のチャンネルに切り替えられへんねやんか。だから画面は「柳生~」で消音にして、ラジオで阪神戦聞いてたという、どっちつかずの状態やったんやんか。

 さて、話を「柳生~」に。
 第2回のメインゲストは、ぐっさんやと判ってたんやけど、サプライズゲストは福本清三さん!!
 最近、福本さんあちこちの時代劇でお見かけするようになったと思わへん?去年秋にやってたマツケンの「忠臣蔵」なんか、地元京都東映で撮影してたからかもしれへんけど、第1回目には赤穂藩の藩士で城内評定の席に座ってて、最終回には吉良上野介の家来で立ち回り(笑)してはったもんね。
 福本さんってまず立ち姿がきりっとしてて(姿勢がいいのはもちろんやけど)、自分がカメラに映り込む計算ができてはるから、画面での体の角度がかっこよくて、もちろん刀さばきは完璧やんか(差してはる刀って自分のんやろか?)、そして斬られた最後はちゃんとお決まりの海老反りで顔をカメラに映して倒れ込んでいくという職人技を見せてくれはるんやもんなぁ。たいへんおいしゅうございました。
 高野八誠君、いっぱい映ってたけど、前回同様セリフは一言。
しかし、忍者の黒装束から覗く鋭い目が、めっちゃかっこよかったし。
 現時点で忍者スタイルが世界で一番似合うイケメンとちゃうん(笑)。
 第2回は家光と大納言、十兵衛と又十郎、半左衛門と采女という3組の兄弟の葛藤が絡んでて、家を残すために兄弟同士で切り結ばなければならないという苦悩の話、なかなか見ごたえがありました。
 それにしても、家光と大納言をやってる役者、どう見ても将軍家の子息という貫禄がないのが、ちょっと玉に瑕やね。あと小沢真珠ちゃん、たまに思いっきり現代語口調で浮いてるんやけど。
 
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.07

マイニフティ、ご利用の皆様へ

 マイニフティのサービスも新年度ということでちょこちょこ追加があったんやけど、ココログをマイニフティのブログクリップに簡単に登録できる「このブログをマイニフティで読む」を左サイドバーのココログマークの下に張りましたので、ご利用ください。

 村をんなは会社の昼休みにマイニフティのブログクリップをチェックして更新されてるお気に入りブログめぐりしてるんやけど、便利やよ。

 でもこのサービス始まったばっかりやから、まだ竹に虎デザインに合わせた筆文字とちゃうのがねぇ・・・。
はよ、筆文字にしてほしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.06

陽佑君が浦原を

 Z*Lさんのブログを読んでたら、現在テレ東系で放映中の人気アニメ「ブリーチ」がロックミュージカルになって、伊藤陽佑君が浦原の役をやるらしいやんか。

 いやぁ、村をんなは毎週「ブリーチ」見てます。はっきり言ってマジレンジャーや響鬼よりもはまってます。だから陽佑君が浦原をやると知って、まず最初の感想は「えぇぇぇぇぇーーー」ってところやったかな。
 アニメで見てる限り、浦原ってちょっと渋めのおじさまになりかけのお兄様ってところかなと思ってたもんやから。
 
 浦原って重要な脇役で、最初の頃はホロウ(恨みを持ったまま死んだため成仏できない死霊)との闘いで黒崎イチゴや朽木ルキアが苦境に立つと、戦いに有利になるものを売りつけに来るという着流しの怪しげなオッサンやってん。
 それが朽木ルキアがソウルソサエティーの掟を破って幽閉され死刑を待つ身になって、それを助けに行こうとするイチゴに死神たちと闘えるように特訓するねん。

 で今、テレビの方では黒崎イチゴたちがソウルソサエティーに突入して、死神たちと闘い始めたところ。その闘いの中で、イチゴが浦原の名前を出した途端、相手の死神が本気モードで闘いだして・・・。ということでどうやら浦原は以前ソウルソサエティーで隊長格の使い手やったらしいというのが明かされたところやねんな。

 だから結構いい役ではあるんやけど、どのあたりのエピソードを舞台化するかによって陽佑君の見せ場も随分違ってくるとは思うんやけど、どうなるんやろうね。
 どことなく捕らえどころの無い感じから浦原の役にキャスティングされたんやろうか(笑)。あと心配なのはミュージカルって言うくらいやからダンスもあると思うんやけど、陽佑君踊るんやろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片岡愛之助の歌舞伎入門

 土曜日の昼下がり、NHK教育でやってる古典芸能入門。この間たまたまチャンネルを替えてるときにチラッと片岡愛之助君の名前が目に入ってきたもんやから、そのまま見てもうたがな。

 片岡愛之助君は昭和47年生まれの33歳。この年齢にしてこの番組の講師役って若いんちゃうん。いつもやと大学教授のおじ様・おば様とか古典芸能界の中堅クラスがやってるからなぁ。

 で、第1回目やったので東京の国立劇場の愛之助君の楽屋を進行役のアナウンサーさんが訪ねるところから、始まったんやんか。愛之助君は楽屋着姿(浴衣の上に着物を着てる)、そこでアナウンサーさんの質問に答える形でお話をしてたんやけど、誠実な感じで真剣に答えてる姿が好感度アップやったんちゃうかな。それにしても楽屋には高そうな蘭とか、豪華なお花がいっぱい並んでて、どうもついついそっちの方に目が行ってしもうたし。

 アナウンサーさんが衣裳部屋とか床山部屋を訪ねたり、愛之助君と一緒にお客様が入ってない(当たり前か)国立劇場の舞台に立ってみたり、愛之助君がお化粧してるところ映したり、なかなか面白かったな。普段国立劇場の楽屋裏なんかなかなか入られへんもんね。国立劇場って平日は昼公演しかやってないから、こういう撮影できたんやろうけどね。
 
 第2回は4月9日(土)12時半~、歌舞伎の戯曲について、愛之助君が語るらしいです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.03

今週のマジレン&響鬼(4月1週目)

 「マジレンジャー Stege.8」
 久しぶり~~、えみポンやんか。しかしえみポンと聞いても、知らない人もいるかもしれへんなぁ。(アバレピンクのえみポンです。)オープニングには女優っていうのしか出てへんかったけど、ちゃんとえみちゃんって名前ついてたんやね。相変わらず東映の仕事はきついよね(笑)、ちょっとだけのゲストやっちゅうのに、息が真っ白になるくらい寒い時期にノースリーブでチアガールの特訓のシーンやねんからなぁ。
 芳香ちゃんって片付けられない性格みたいやね、めっちゃ部屋汚~い(って他人のことは言われへんねんけど)。しかしこの汚い部屋が伏線やったんか、巧いなぁ。オーディションの時に、特技が整理整頓ってねぇ。
 オーディションの映画のタイトルが「冬のチアガール」って最近はなんでも「冬」ってタイトルの頭につけるのがはやってるってのかい(笑)。
 麗ちゃんが芳香にマージハットを飛ばされて、姿を現したときの監督さんの演技、たぶんこんなリアクションでくるやろうなって思ったとおりやったから、それがおかしくて笑うてもうたがな。
 オーディションについっていった方が、スカウトされるっていうのよく聞く話よね。前向きな芳香ちゃん、自分が落ちたってうじうじせずにすぐ気持ちを切り替えちゃうのが、いいなぁ。
 麗ちゃんも今まで自分は地味で真面目な仕事が向いていると思ってたところに、突然降って湧いたように映画のヒロイン話が来たら、気持ちが揺れ動くのは若い女の子としては当然やんな。
 大雑把でわがままだけど、相談相手としてちゃんと締めるところは締めている芳香ちゃん、せやからこの兄弟はまとまってるんでしょうね。
 でた、ピンクの車。今回もマジピンクは経費がかかってるよね(笑)。
 「のれんに腕押し」も魁から意味が違うって突っ込まれてたけど、「これが本当の踊り食いだわね」って、これが判るのは大きいお友達だけやんか(笑)。
 麗ちゃんの分までがんばるって、がんばれたのは最初だけかいっ!!
五人で変身したのに、冥獣やっつけたのはマジカルシスターズの二人だけやんか。さすがスーツアクターさんのダンスはメリハリと切れがあるよね。ダンスの途中で顔出しのマジピンク・マジブルーが踊るところあったけど、差がありすぎるんちゃうん。
 おぉ、先週心配したけどマジドラゴンは復活したんやね。でもたったの2分。
 麗ちゃんに秘密をばらされてしまった小津兄弟。まぁ可愛い秘密やったけど。

 「仮面ライダー響鬼 十之巻」
 先週からの続き、不良少年に殴られそうになったところを立花のおやっさんに助けられた明日夢君。男としての自尊心がぼこぼこになっちゃったんやもんなぁ、凹むのもしゃーないか。初めの方のシーン見てて、明日夢君は暇なんやし、立花のおやっさんや日菜佳ちゃんたち魔化魍のことで忙しそうやから、たちばなでバイトでもすればええのになぁって思ってみてたんよね。まぁ、そういうわけにはいかんのやろうけどね。
 立花のおやっさんの言葉、含蓄があるよね。万引きをしようとした少年を頭から否定するわけではなく、そういう悪意は誰の心にもあるから難しいよね
とすべてを包み込んでしまうんやけど、下條さんのセリフ回しやから説得力があるのかな。
 ヒビキが乗せてもらってる車も奈良ナンバーでしたねぇ。前どこかのブログでイブキのバイクは29-02で"吹く鬼"って読んでた人いてたけど、ヒビキの車は88-02やんかこれって何か読み方あるんやろか。イブキにしてもヒビキにしても、こういう車両経費みたいなお金のかかるものは吉野の本部からの支給品みたいやね。
 響鬼と威吹鬼が二人並んでの決めポーズ、美しいとしかいいようがないじゃないですか。
 ガメラオトロシを追いかけて、バイクに二人乗りの響鬼と威吹鬼。どうして響鬼の方が運転することになったのかと思ったら、飛び道具を持ってるのは威吹鬼の方やったからやねんな。巧く背中の真ん中にある目は攻撃できたけど…。
 やっぱり響鬼は無免許なはず(笑)、車よりはましってことかな、前には進むんやから。
 今日の響鬼の型は「豪火連舞」の型とかって呼んでたけど、叩き方によって名前が付けられてるのか。先週は「一鬼火勢」やったよね。これって今気がついたんやけど、気がつくのが遅かったのかな?
 百年に一度くらいしか出てこない魔化魍って言う触れ込みやったから、もうちょっと粘りがあってもよかったんちゃうん。
 ガメラオトロシをやっつけて、無事一仕事終えてよかったねという顔のヒビキを無視して、自分のバイクに一目散に駆け寄ったイブキの表情がお茶目(笑)。
 最後、モッチー可愛かったなぁ、映画館で寝ちゃって見てないなんて嘘ついてさ、絶対明日夢どうしたんやろうって気になってストーリー上の空やったとは思うんやけどね。
 来週からハギーファンやメモラブ毎日見てた人やったらもうお馴染みシンデレラ・梅宮が登場するやんか。ディスクアニマルを手堅く作ってるミドリさんってのがシンデレラ・梅宮の役名かな?
 

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2005.04.01

柳生十兵衛七番勝負

 結構金曜時代劇好きなんよね。だいたい毎週見てるんやんか。今春のシリーズは硬派やねぇ、「柳生十兵衛七番勝負」。早速鑑賞。もちろん一番のメインは高野八誠君を見ることやってんけど。柳生道場の師範代で村井克行さん出てはるし、たぶん忍者の吹き替えとか切られ役のその他大勢はJAEさんみたいやし、紅一点には小沢真珠さんが出てるしね。なかなかおいしいがな。

 八誠君って、目がいいよねぇ。寡黙な伊賀者なんやろうけど、それにしてもセリフ少ないぞ。
「新・影の軍団」とは違って、きっちりとした身なりやねんけど、それも似合ってるやんか。
 
 来週、十兵衛と闘う手練の者はぐっさんやで。七番勝負といいながら、6回シリーズとはこれいかに(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »