« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.29

尾崎尚子染色作品展

尾崎尚子染色作品展 

 日時・・・2005年 7月9日(土)13時~19時/10日(日)11時~17時

 場所・・・大阪・OAPタワー地下1階 暮らしを彩る文化教室

 出品作品・・・伝統的な友禅の技法に、現代的なセンスを加味した、タペストリー・額・帯・着物・小物など

 友達(というてもここ十何年年賀状だけの付き合いなんやけど)から、染色作品展の展覧会のハガキが来たんやんか。

 彼女は学生の頃からの友達で、京都労演の同じサークルの創設者の一人なんよね。学校を卒業したあと、いったん一般企業に就職したんやけど、染色の道に進む夢をあきらめずに、再度染色専門の学校(京都にはそういう学校があるんよね)に入りなおして勉強したという努力家です。

 労演の方は、結婚を機に止めやったから、それ以後会ってなかったんよね。ちょくちょく展覧会のハガキとかもらってたんやけど、こっちの都合と合わなかったりしたんで行かれへんかったんよ、でも今年は行けます。ということでリアル友達の皆さんで7月9日空いてる人は、メールください(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.27

7月3日

 7月3日に長嶋茂雄さんが東京ドームでの巨人戦を観戦するというニュースが載ってたやんか。

 広島戦ですかぁ。なんかねぇ、長嶋さんが観戦するっていうだけで巨人にとっては負けられへん試合っていうプレッシャーがかかるんちゃうん。長嶋ファンやけど、最近の巨人の試合は見ないっていうファンの人たちかってテレビ見るやろうし。そんな大事な試合やったら普通は阪神戦やろって思うんやけど。

 広島相手やったら、まず負けへんと思ってるのかな。哀しいよね、最下位決戦やなんて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.26

今週の響鬼(6月4週目)

 「仮面ライダー響鬼 二十一之巻」

 謎の男の周りで渦巻く煙、なんかその辺の雑草でも燃やしてるんかなぁ、めっちゃ煙たそうとちゃう?撮影やから我慢してるとは思うんやけど、焚き過ぎなような気がするよなぁ(笑)。
 事務局で資料をかき集めてミーティング中の4人のところに、ダンキからの電話。おー、伊藤さんの生声だぁーーーー。セリフ回し巧いなぁ、さすが子役のころから芝居してるだけのことはあるがな。せっかちな性格とかがよく出てたよね。たちばなにアルバイトがいることにめっちゃ不審なダンキさん。
 ヒビキが明日夢の声まねで電話に出ても、スルーしちゃったのはいっつもヒビキとダンキが電話でどんな会話をしているかってのが伺えるよね。でもなんでダンキは公衆電話なんだ?猛士の間では普段携帯で連絡取り合ってるやんか。ダンキのパソが故障しててメールが読めないっていうセリフを生かすために公衆電話にしたってことかな。携帯持ってたら、パソに送信せずに携帯にメール送信すればって突っ込まれること間違いないし。
ヒビキはパソ関係は全く駄目ってことがこれで決定やね、そしてダンキは携帯持たない主義ということで。
 ダンキって香須実や日菜佳よりもたちばなのおやっさんにそっくりなんやけど(笑)。
 山奥の強烈な寒さの中を薄~い衣装でがんばってきた童子・姫コンビ、やっといい季節になってきたと思ったら、水に浸かってるし。まだまだ厳しい撮影が続くんやねぇ、がんばれ童子・姫。
 と思ったら、イブキとあきらも水の中に…。
 川の中で轟鬼と闘う姫。姫もいよいよ本格的なアクションさせられるんか。
 今週から童子・姫コンビ、急に強くなったんちゃうん。鎧童子でも乱れ童子でもないのに。
 ヒビキに対して、もっと猛士のことを知っておきたいという明日夢。
そりゃそうやよね、どうも店への電話も事務局への電話もごっちゃやねんから。店と事務局の電話番号変えとかなあかんがな。1番に掛かってくるのは店用で2番に掛かってくるのは事務局用とかさ。
 ありゃ、ヒビキさん普段着の時もちゃんとDA腰に下げてるやん。イブキもトドロキも腰に下げてたし。響鬼ベルトの販促やとは思うんやけど、はてさて一般ではどれだけ普及することやら(笑)。でもちょっと武士が腰に刀下げてるみたいな感じで男らしいんやけど、それはドラマの中だけって気もしないでもないか。
 視聴者の代わりに明日夢にモッチーとあきらについて聞いてくれるヒビキ。
やっぱりモッチーの気持ちなんか全然気がついてないよな、明日夢は。それに引き換えチアに微妙に反応して見せたりするヒビキ(笑)。
 
 早っ、もう響鬼映画版のCM入るんかい。狐面みたいなのをつけた手下相手に戦ってたねぇ。前売り券についてくるヒビコロって昔のショッカーに見えるんやけど(笑)。どちらかというとマジコロの方が可愛いんちゃうかなぁ。番組の提供を告知するテロップも「映画版 仮面ライダー響鬼」って出てたやん。テレビ本編に提供打つ予算付いたなんて、凄いやん。

 茶道教室の看板が掛かった黒塀。龍騎のときに島田が見合いした料亭、真司が黒塀よじ登ってたでしょ。確かブレイドのときも親分の家のロケで使ってなかったかなぁ?映画版の撮影が始まるとどういう訳かこの家がロケ場所に選ばれるという偶然(笑)。
 苦しんでる大師匠。モッチーは救急車を呼びましょうかって言ってたけど、絶対その方が確かよね、かかりつけのお医者様呼びにいくより。
 浅間山に集結する魔化魍と童子・姫たち。あの場所っていわゆる鬼押し出しってところとちゃうん?響鬼の撮影するのはぴったりよね。
 今週のアクションの見せ場といったら、トドロキと童子・姫がもつれながら階段状の岩場を飛び降りていくシーンやったよね。それにしてもトドロキの吹き替えの人思いっきり顔にぼかしはいってたやん(笑)。あんなにはっきりぼかしと判るもの入れられてるの見たの初めてやな。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2005.06.25

虎&龍

 「タイガー&ドラゴン」最終回まで面白かったよねぇ。今シーズンのドラマは柳生十兵衛と龍虎の2本だけが毎週楽しみやったなぁ。面白かったドラマが終わってまうともう気が抜けちゃうよね。
 春ドラマが終了したから、これからは阪神タイガースに集中できるかな。
 金曜の夜の巨人戦は大阪毎日放送での中継で、特別ゲスト解説に星野SDが来てたんやんか、それとTBS専属の田淵。この二人の掛け合い漫才面白かったよね。途中から田淵ったら、星野SDのことを監督、監督って言うてるし(笑)。思いっきり阪神サイドの放送やったんやけど、東京でもこのまま流してたんやろうか?
 で、今日(6月25日)の関西テレビでやってる「ぶったま!」の特別ゲストが星野SDやってんけど、1時間たっぷり阪神の話題。スポーツ担当の野球解説・広沢が緊張しまくってて、めっちゃ無口(笑)。
 星野SD、阪神の優勝について聞かれたときに「チラッと見えてきた」っていうてはったよ。それから「阪神と中日がマッチレースでいく」って、だから野球も「タイガー&ドラゴン」やな。
 読売テレビでは関西各局の中で一番早く「首位快走・好調タイガース前半戦名場面&MVP発表」とかやってたし。

 いよいよ関西ローカルでは"ワッショイ阪神"ムードが高まってきてまっせ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.06.23

伊勢音頭恋寝刃

 この話は、伊勢に住む医師が伊勢古市の茶屋(遊郭のこと)のお紺という女郎さんに入れあげとったんやんか。ある日、他の客にお紺を取られて頭にきた医師は、酒乱の気があったこともあって、7人斬り(あるいは9人斬りとも)したという実話を元にしてできたお芝居。
 夏芝居として結構よく舞台に掛かるよね「伊勢音頭恋寝刃」。
伊勢御師(伊勢神宮の身分の低い神官)の福岡貢は元主家の今田万次郎のために、お家の重宝の刀・青江下坂(刀の名前が青江下坂って変やよね)とその刀の折紙(鑑定書のこと)を探すために、苦労するんやんか。
 やっとの思いで刀を手に入れて今田万次郎に渡そうと、万次郎の行方を捜しているうちに油屋(遊郭の名前)に現れるんやんか。
 で、万次郎が来るまで茶屋の店先で待っていようとすると、いじわるな仲居万野が現れて、客でないなら帰れって言うねん。じゃぁ、なじみのお紺を呼びたいっていうたら、他にお客があるからあかんって言うんよね。その代わりに別の女の子を呼ぶんやったら、店におってもいいっていうんで、そしたら万野に任せるんで、誰でもいいから呼べっていうたら、はっきりいうて"おへちゃなお鹿"が来るんやんか。お鹿が貢に惚れてるのを利用して万野はお鹿からお金を巻き上げとったんよね。
 そんなこんなでいらついてるところにお気に入りのお紺からも、縁切りを切り出されて満座で恥をかかされたもんやから、とうとう貢はぶち切れて、手当たり次第に人を殺し始めたってストーリー。

 村をんな的見所・・・この福岡貢という役は、今なら片岡仁左衛門がすっきり演じてかっこいいんやけど、その主役を松次郎君がやるなんて、なんかもうびっくりというか、もう感慨いっぱいって感じ。たぶん愛之助君だってまだやったことないんちゃうかな貢の役、それを勉強会とはいえ松次郎君が先にやっちゃうんやもんねぇ。
 それと料理人喜助の役をやるのが佑次郎君で、これもぴったりとちゃうかなぁ。佑次郎君って、上方歌舞伎会友の会のお茶会で一度お話させてもらったことがあるんやけど、ちょっと天然な男の子でおもしろい子でね、お気に入りです。
 この芝居の要・万野の役は大ベテラン松之丞さん、怖いでぇ(笑)。

 というわけで、今回の上方歌舞伎会で一番村をんなが見たいのが「伊勢音頭恋寝刃」なのです。

<<参考文献 十三代片岡仁左衛門著「夏祭と伊勢音頭」>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.22

芦屋道満大内鑑

 このお芝居の中で一番有名なのが「安倍野機屋の場・安倍野奥座敷の場」になるんやけど、それの通称が「葛の葉の子別れ」になるんかな。
 平安時代の陰陽師で有名な安倍清明の伝説を元に作られた義太夫狂言。
 清明の父・安倍保名は恋人の榊の前が自殺したことで、半狂乱になるんやけど、榊の前にそっくりな妹・葛の葉姫に出会って、正気を取り戻して将来を誓いあうねん。そこへ信田の森の白狐の命を助けて上げたことで、白狐が葛の葉に化けて保名と所帯を持つんやんか。子供までできて幸せに暮らしていたところに、本物の葛の葉姫が現れたので、白狐は我子との別れを惜しみつつ、森へ帰っていくって話。
 やっぱり安倍清明の呪術力が凄かったんで、母親は白狐やったという伝説が生まれたんかもしれへんな。
 この芝居、何が大変かというと葛の葉の早替わりはあるし、子供を抱きながら障子に「恋しくは尋ねきてみよ和泉なる信太の森のうらみ葛の葉」という歌を書く時に、狐手で書いたり、左手で書いたり、口に筆をくわえて書いたりとそれぞれ家の型によってちょっとずつ違うらしいんやけど、"曲書き"をせなあかんのよね。演技以外に気を使わなあかんことがいっぱいあって、めっちゃ大変やからか、最近はあんまり舞台にかからへんという作品。
 今回この芝居を演じるのは結構芸暦の長いメンバーで、普通なら安心してみれる一幕なはずなんやけど、これが安心して見られるかどうか、ちょっと心配なのが、見所かも(笑)。

<<参考文献 演劇界増刊 歌舞伎名作案内1>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.19

今年はパスワードがいるんかいな

 仮面ライダーがお休みのとき恒例の"壁紙プレゼントbyテレビ朝日"なんやけど、オールフリーやった年もあれば、タイムサービスやった年もあったり、毎回ちょっとずつサービスの方法が違うんやけど、今年はパスワードがいるってメルマガに書いてあって、ちょっとあせってもうたがな。

 せやかて仮面ライダーのメルマガ登録したんアギトの時なんやもん。パスワード一覧表見ても書いてへんし、今までパスワード求められるようなサービスなかったし、覚えてへんちゅうねん!

 結局パスワード再発行してもらって、壁紙いただいてきたんやけど。響鬼だけかいっ!!響鬼・威吹鬼・轟鬼・斬鬼・弾鬼揃い踏みみたいなのは秋かなぁ~~~。できれば次回はアギトの時みたいにアイコンもほしいなぁ~、今でもアギトアイコンご愛用なんよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.17

車引の場

 「菅原伝授手習鑑」は「仮名手本忠臣蔵」「義経千本桜」と並ぶ三大名作義太夫狂言の一つです。
 菅原道真が藤原一族に陥れられて、大宰府に流され憤死し、祟りを恐れた朝廷が菅原道真を天神として祭り上げた話を元にして、竹田出雲・並木千柳・三次松洛・竹田小出雲の合作で、延享3年8月に初演されています。

 で、「車引の場」なんやけどこれは菅原伝授手習鑑の三段目の口のお芝居なんよね。三段目は白太夫の一家の話。白太夫は道真の領地佐太村の百姓なんやけど、三つ子の息子がおるねん。で、今でも三つ子といえば、かなり珍しいでしょ。昔ならなおさらやん。それで三つ子が元気で育ったのはめでたいと、三人とも朝廷の牛飼いに雇われるねん。昔貴族が乗ってた御所車は牛で引いてたから、牛飼いが絶対にいるやんか。
 親王家に仕えたのが桜丸、菅丞相(菅原道真のこと)家に仕えたのが梅王丸、藤原時平家に仕えたのが松王丸。桜丸は親王と丞相の娘苅屋姫を密会させるねん。それを藤原時平にかぎつけられ、苅屋姫を親王と結婚させて皇后の位につける野心があると讒言され、菅丞相は筑紫に遠島とされてしもうたんよね。
 で、やっと三段目の口「車引の場」になるんやけど、ストーリー的には菅丞相の奥方の行方を尋ねる梅王に行き合った桜丸は丞相が流罪になったのは自分が恋の取持ちをしたからだと二人で嘆いているところに、藤原時平が吉田神社参詣から戻ってくるねん。これぞ敵と阻もうとしたところに、松王丸が現れて争うという、たったそれだけなんやけどね。
 そこがそれ歌舞伎の様式美があふれて、華やかな一幕 所要時間約40分。
 
 村をんな的見所…悪役藤原時平役は芸暦?十年の當十郎さんがなさるんやけど、それ以外は上方歌舞伎塾出身の若手揃いなんよね。
 梅王丸の千次郎君は真面目でこつこつがんばってて、見てて安心かな。桜丸やる扇一朗君は去年から上方歌舞伎会に出演してて三番叟を踊ったんやけどめっちゃがんばってたんでびっくりしたなぁ、ちょっとお茶目な感じの子です。松王丸の千志郎君は体格ががっしりしてるし、なかなかいい男の子です。

 <<参考文献 演劇界増刊 歌舞伎名作案内2 演劇出版社・十三代片岡仁左衛門著「菅原と忠臣蔵」>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.14

第15回上方歌舞伎会

 平成17年度 第15回上方歌舞伎会の詳細がわかりましたので、ご案内させていただきます。

 1、菅原伝授手習鑑より 車引の場

梅王丸・・・千次郎、松王丸・・・千志郎、桜丸・・・扇一朗、金棒引藤内・・・松之、杉王丸・・・松之、藤原時平・・・當十郎

 2、芦屋道満大内鑑より 安倍野機屋の場 安倍野奥座敷の場(通称葛の葉の子別れ)

葛の葉・・・鴈乃助、信田の庄司・・・松之助、庄司妻柵・・・比奈三、安倍保名・・・松三郎

 3、伊勢音頭恋寝刃より 油屋の場 奥庭の場

福岡貢・・・松次郎、油屋お紺・・・當史弥、油屋お鹿・・・竹朗、万次郎・・鴈秀、徳島岩次・・・鴈祥、藍玉屋北六・・・當吉郎、千野・・・千壽郎、お岸・・・純弥、喜助・・・佑次郎、万野・・・松之丞

 4、春霞歌舞伎草紙

阿国・・・和之介、阿梅・・・扇乃丞、阿松・・・りき弥、阿竹・・・千壽郎、阿秀・・・鴈秀、華麻呂・・・鴈大、栄之丞・・・千蔵、艶之助・・・吉昇、春之丞・・・松四朗、山三・・・鴈京

日時 平成17年8月20日(土)・21日(日) 11時・4時開演

場所 国立文楽劇場

電話予約開始7月11日~、窓口販売開始7月12日~

国立劇場チケットセンター、電子チケぴあ、ローソンチケット

 すっごい盛りだくさんな内容やねんけど、ちゃんと時間内に収まるんやろうか、めっちゃ心配。次回から演目の簡単な解説でもしようかな。

 一応一般前売りは上記のように7月11日からやけど、村をんなは21日(昼)に見に行く予定で手配してます。リアル友達の皆さんの中で上方歌舞伎会に行きたい方は直メールください。リアル友達でなくても、興味のある方、メールくださったらご相談承ります(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.12

今週のマジレン&響鬼(6月2週目)

 「マジレンジャー Stage.18」

 今日で第1部終了って感じやったよね。
 冥府門を無理矢理こじ開けて、ブランケンが出てきた途端大暴れ。マジレンジャー、最大の攻撃・天空魔法斬りでも太刀打ちできないほど、ブランケンありったけの攻撃仕掛けてきたやんか。今まではずーっとインフェルシアに閉じ込められて、たまーにウルザードと闘いかけてもン・マに止められとったしね。頭の角のところから白い煙噴出したりとか、必殺へルファング(?)地獄斬りって攻撃しかけてきたり。
 蒔人兄ちゃん以外の小津兄弟たちが立ち上がれなかったのは、地獄斬りの衝撃によってエネルギーが吸い取られたりしたからなのかと思ってたら、ブランケンの強大な闇の力に怖気づいてしもうとったんか。
 でもそこは蒔人兄ちゃんの一喝。初めて長男らしい態度を取ったんちゃうん(笑)。それにしてもこんなときに魁と山崎さんの結婚式の話なんて、芳香ちゃんのなかでは魁と山崎さんはラブラブってことになってるんか。
 ここで兄ちゃんと姉ちゃんたちはマジドラゴンとなって戦うことを決意。道理でオープニング明け1番最初のCM・マジドラゴンとマジキングの玩具やったよなぁ。
 マジドラゴン、結構強いやん。ガーゴイル一発でやっつけてまうし。とはいえ、ブランケンには歯が立たず。番組の最初でマジキングから合体が解けたときは人間になって放り出されたのに、マジドラゴンの合体が解けたときは魔人のままなんかいっ、こらこら都合が良すぎるで。

 リンの命の最後の光の中に飛び込む魁。そういう異次元に飛び込むのに人間体のままやったら危ないんちゃうん。ウルザードは騎士やから、変身するまで待っててくれたけど。
 ウルザードが空間転移魔法をかけてスタジオからナパーム場へ、「ここなら思う存分ナパーム炸裂できる」(笑)。
 マジレッドとウルザードのアクションもナパームの炸裂具合もめっちゃ見応えたっぷり。
 マジレッドっていつの間にこんなに強くなったんやろ?
 ルナジェル、マジトピアへ帰還し、冥府門から締め出されてまうブランケン。ブランケンとの最後の決戦でマジキングに合体し直したのはいいけど、バリキオンはいずこへ???
 最後はお母さん魔人まで助っ人に現れて、ブランケン、チェックメイト。
なんかマジレンジャー、能書きが多ければ多いほど弱いってパターンにばっちりはまってたみたいやね。
 ブランケンの持ってた剣って、ン・マの牙やったんか、へーーー、それでその名前がヘルファング。ということはこのヘルファングが残ったってことは必殺ヘルファング地獄斬りはまたどこかで出てくるかもしれへんな。
 今書店に並んでる幼児誌の表紙、マジシャインの顔が大アップやったよ。なんか羽飾りみたいな角が一本付いてたんやけど…。

 「仮面ライダー響鬼 二十之巻」

 かに爪に挟まれてた轟鬼やったけど、かに爪を破壊して無事音撃弦をつかんでバケガニの腹に差したのはいいけど、まさか持ち上げるとは思わへんかったな(笑)。そこまで轟鬼が鍛えてたとは…。
 明日夢のバイト、水曜と土日全部ってね、それじゃぁチアと一緒に野球部の試合の応援とか行かれへんのんちゃうん。たちばなの一員になれたってことで、ブラバンへの情熱が一気に失せてもうた感じやな。
 トドロキに持っていく差し入れを買いにお土産物屋さんみたいなところへ入るヒビキと香須実。ヒビキは質より量やと思ってるし、香須実は量より質やと思ってるところがいいよね。でも結局ヒビキは自分が食べたいの捜してるって気がせんでもないんやけど。
 ここでザンキさんの名前が財津原と判明。なんかやっと考えたこじつけって感じよね(笑)。
 トドロキがサポーターをつける前に弟子を取りますって「事務局が許さないでしょっ」て香須実は言ってたけど、事務局ってたちばなのおやっさんのこと?
 お運びに失敗して凹む明日夢、そんなところに「下に来てくれないかな」と意味ありげに言うたちばなのおやっさん。ほんまに若い子をからかうの好きやねぇ。
 童子・姫に襲われてたダイバーさん、めっちゃ濃い顔。こんなに印象に残る顔珍しいぞ、結構年若かったりして(笑)。
 関東事務局に案内して、明日夢を椅子に座らせた後、書類を手にしたりするもんやから、なんか手続きでもさせるんかと思ったがな。
 トドロキってDAを起動させるとき音錠を鳴らすだけやから、BOXにぐちゃぐちゃに入れてても平気なんやろうな。ヒビキみたいに音叉で起動させるのなら、きっちり並べとかなどうしようもないもんね。
 私もギターの弾き方って全然判れへんねんけど、きっと弾ける人が見たらトドロキの弾き方絶対許されへんのんちゃう。低い音出てるのにネックの押さえる場所違ってるみたいやし。この際蒔人にいちゃんかナイちゃんに撮影所で教えてもらった方がええんちゃうん。
 魔化魍を退治した後にソロプレイするのはなぜかを聞きに来たザンキ。
 今までザンキに対して、何にも書いてないなぁ。でもザンキファンの皆様、私はザンキの演技に対して、目線の動かし方とか車を降りてくるところとかトドロキの話を聞いてるときの表情とか、ちゃんと計算されてるのでに安心して見させてもらってるんよ。(話は横道にそれるけど大阪出身の松田って男前やなぁ、悟志にしても賢二にしても)
 トドロキは魔化魍を退治した場所の邪気を払うためにソロプレイをしていると答える。そうか、魔化魍を退治した自分に酔ってるって訳ではなかったんか。
 DAの仕分けをする香須実。なんや一応トドロキのDAも種類別にBOX違うかったんやね。一人黙々と差し入れを食べるヒビキ。前回(イブキのところへきゅうりの差し入れを持って行ったとき)といい、今回といい…(笑)。
 魔化魍退治に行くために気合を入れるトドロキ、顔をパンパン叩くのって高見盛かいっ!!
 轟鬼がアミキリが飛び去ろうとしているのを尻尾を引っ張って押さえてるところへ響鬼が到着。久しぶりに音撃鼓攻撃を見られるのかと思ってたら、さりげなく新武器披露。
 響鬼、海の中から頭に海藻のっけて出てきたところお茶目やったよね。
 おぉ、ザンキさん、トレーナーからサポーターへ変更、これでトドロキとのラブラブペアで見られるんか、収まるところに収まったってところやな。
 オンエアで見てたときトドロキの不器用やけど、一生懸命なところにちょっと胸が熱くなったなぁ。等身大でいっぱいいっぱいのヒーロー、最後にはどんな鬼に成長してるんやろうね。
 さて、来週は休みみたいやんかぁ~~~。威吹鬼チームと轟鬼チームという新しい組み合わせやっちゅうのに~~~。
 

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2005.06.09

大黒様

 今や、大黒様といえば日本代表の大黒君のことなんですけど、以前新聞で大黒天のことを読んでびっくりしたことがあるんやんか。

 というのは天というのが後ろについてる神様は元々インドの神様なんやけど、日本で大黒天というと大きな袋を肩に担いで米俵の上に座ってる農業の神様ってイメージやんか。でも本家本元のインドでは闘いの神様やったってこと。その新聞の切り抜きとかとっておけへんかったから、本名とか判らへんねんけど。

 闘いの神やと知ったとき、これは大黒君にぴったり、まさに守護神やなぁと新聞読みながら、「へぇ~~~」を連発してもうたで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.08

久しぶりにハリケンジャー 

 東映公式に蒔人にいちゃんが、ハリケンジャーにエキストラで出演していたことがあったって書いてあったやんか。ひょっとしてうちの家に残ってるビデオの中にその20回の分が無いかなぁって思ったんやけどね、残念ながら29回以降でした。
 
 せやけど、久しぶりにハリケンジャー見て、懐かしかったがな。このときやってた仮面ライダーが龍騎やったもんで、龍騎のほうは何回も見とったんやけど、ハリケンジャーの方は早送りばっかりしっとたから、ほんまに久しぶり。

 29回はハリケンイエローの吼太がカレー鍋奉行を手際よく務めたのを見たハムスター館長がリーダーに吼太を指名したもんやから、ハリケンレッドの鷹介がすねちゃう話。
 ガオとハリケンはドラマの部分でもレッドがリーダーやったよね。
 イエローが主役の回ということで、イエローといえばカレー好きという昔からのイメージを利用して、カレーを作らせてしまうという、後でひねりが効いていたことに気がつく作品。

 ついでに30回も見たんやけど、こちらは七海とフラビージョがビジョッコセブンというアイドルユニットを組むことになってレッスンに励むんやんか。初めは疑ってた七海もフラビージョのがんばる姿を見て、徐々にフラビージョのことを信用するようになったんやけど、でもそれがフラビージョの作戦やったことを知って怒り心頭に発した七海は振袖に匕首を逆手に持って、バッタバッタと敵をやっつけるまるで必殺のようなストーリー。
 ビジョッコセブンに、デカレンのツインカムエンジェルやマジレンシスターズの萌芽があったんちゃうかな。セリフも棒読みやけど、歌もかなり・・・だった山本梓ちゃん。何回も流れてたのにはちょっと閉口してもうたけど。

 29回とか30回って8月の後半~9月にかけて放映された作品なので、画面からも暑さがあふれてるんやけど、それにしてもハリケンジャーの衣装は暑そうやったなぁ(笑)。ゴウライジャーの衣装なんて、サウナスーツ並みなんちゃうん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.06

今週のマジレン&響鬼(6月1週目)

 「マジレンジャー Stage.17」

 マジレンジャーも3分の1を経過したということで、一気に中盤戦の幕明けっちゅう感じやねぇ。天空聖者ルナジェルが出現したと同時にウルザードのバッテリーチャージも完了。
 小津兄弟の父の名前判明、天空聖者ブレージェル。ルナジェルは月のルナから名前がついたんやなぁってのはすぐに判ったけど、ブレーって何???
 ウルザードはやっと五色の魔法使いたちとの戦いに終止符を打つ気になったんか(笑)。私は今まで鍵を使って冥府の門を開けるとばかり思ってたんやんか、せやから先週の予告のときに門の鍵を永遠に葬り去ってもええんかいって思ったんやけど、やっとここで門の鍵を消し去ることで門が開くっていう仕組みになってたことに気がついたんよね。
 ルナジェルによって15年前に起こったマジトピアとインフェルシアの冥府の門を巡る戦いの様子が説明され、ン・マの存在やブレージェルの勇敢さを知る小津兄弟たち。
 15年前のことやったら、魁以外の4人はお父さんのこと多少なりとも覚えてるはずやのになぁ。きっと天空聖者として外で戦っているときと、家にいるときとでは全然違う顔を見せてたんかもしれへんってことなんかな。
 裏切り者の天空聖者ライジェル。ライジェルのライは英語の嘘からきてるんかな?ライジェルの裏切りでマジトピアに帰れなくなって、記憶喪失のまま街を15年間さまよい続けていたルナジェル。天空聖者って年とらへんみたいやね。

 おぉー、ウルザードが立ってる場所は、ナパーム場やん!!ということは、ナパーム炸裂、アクションばりばりってことなんや。待ってましたっ!!
 足手まといと、厳しさを試す空間に閉じ込められる小津兄弟。この空間から出るためのヒントを最初から教えてくれるルナジェル。
 魁が見つけた扉を開ける取っ手、但し取っ手から手を離すと扉が閉まるから、誰か一人が犠牲になって取っ手を抑えていなければならないらしいんやけど、一人が取っ手を押さえるとして、残りの4人が扉まで行って、閉まらないように扉を押さえてて、そして最後の一人が出るってすればええんちゃうんなんて思いながらみてたんやけど、そこは脚本の方がうわてやったよね。急に触ると燃え上がってしまうバリアが現れるんやから。
 ウルザードが巨大化したルナジェルを見て、それが「天空聖者としての姿か」って言うてたけど、地上のサイズとマジトピアやインフェルシアのサイズが違うってことみたいやね。
 冥府門に飛び込んで、インフェルシア軍を押さえた父の勇気を思い出して、バリアの中に飛び込んで、身体が燃えるのもいとわず、取っ手を回して扉を開ける魁。
 ウルザードの刃の下で危機一髪のルナジェルの元に、ようやく駆けつけるマジレンジャーの4人。えーーー、マジレッドはどうなったんやって、ちょっとハラッとしてもうたがな。でもマジレッドもちゃんと出てきたし、マジパンチでウルザードをぶっとばしたのはいいけど、魁の姿に戻ってからの話が長すぎるんちゃうん。だってウルザードぶっ飛んだだけで、チェックメイトした訳ではないからね。ルナジェルは小津兄弟のこと甘いって叱ってたけど、ルナジェルも甘いんがな、せやから隙を狙われて腕の鈴が破壊されてしまうんやん。
 前にはガーゴイル、後ろには門をこじ開けようとするブランケン。ウルザードに連れ去られたルナジェル。どうするマジレンジャー!!!!ってことで。
 今週は見ごたえたっぷりで楽しませてもらいました、来週もハードな展開が続きそうやね。

 「仮面ライダー響鬼 十九之巻」

 バケガニvs轟鬼、3連発。初っ端から派手な展開。カメラ付きDA猿君、めっちゃ可愛いやん。これで売上倍増、服部半蔵やな(笑)。
 明日夢母、いくら自分の仕事がタクシーの運転手さんで敵に勝つ勢いで営業せなあかんからって、明日夢にまで喝入れてもねぇ。あっ、そうか母は甘味処たちばなにいったことがないから、まったりした仕事場やってこと知らんからしゃーないか。高校生くらいやったら朝っぱらから、ステーキととんかつ食べても平気かもしれへんけど、母自分も同じだけ食べたら、コレステロール高すぎるんちゃうん、身体に悪いで(笑)。
 明日夢の口から「朴全」の名前が出てくるなんて、思わへんかったなぁ。これは40歳以上の視聴者のためへのサービス?左朴全さん亡くなって何年になるのかなぁ???ってふと考えてもうたがな。ちょっと仙人みたいな不思議な雰囲気の役者さんやったよね。
 先週予告の時、このモトクロスのシーン見て、来週は轟鬼ががんばる回やから、てっきりバイク乗ってるのもトドロキかなぁって、勝手に思い込んどったんやんか。そうしたら、ヒビキかいっ!!!いくら鍛えてるっていっても、機械オンチのヒビキがこんなにすっごいテクニックでバイク乗りまわすなんて、やりすぎやろっ!
 今日から明日夢がバイトに来てくれる事になって、安心してヒビキのバイクの練習についてくる香須実。やっぱりヒビキと漫才してる方が似合ってるんちゃうん。
 ヒビキって、気配りができるなぁ。明日夢のバイト初日にがんばれ電話もちゃんと入れてくるしねぇ。
 トドロキと日菜佳って、きっと日菜佳がトドロキのこと振り回してるんやろうなぁって気がするよね。二人で食事しに行っても絶対日菜佳一人でしゃべってるような気がするんやけど。たぶんそれが判ってて、いじめるたちばなのオッサン(笑)。
 車に乗り込んだトドロキ、心得を暗唱してたけど、まだ身についてないみたいやな。DAの扱いも手荒みたいやし、今のところ魔化魍やっつけるのが楽しくて、自分に酔ってるみたいやし。
 トドロキの次に現れたザンキ。もう次から次から訳ありそうないい男が来るなんて、こんな甘味処のお店ないよね。
 明日夢はいつまでモッチーにたちばなの秘密を隠し通せるのか、目が泳いどったからなぁ、際どいがな。
 祝、ザンキさんトレーナー就任。引退したっきり、もうお目にかかれないのかって心配したからさ。これで響鬼見る楽しみも倍増やん。
 響鬼のメルマガ、6月4日分は蒲生さんが書いてはったんやけど、蒲生さんって花粉症みたいよ。だのに山奥での撮影が多かったから、辛かったやろうなぁ。風邪引いてたシーンでの鼻声リアルやったんも、花粉症やから?(笑)
 東映公式に映画版響鬼のエキストラ募集のお知らせが載ってましたねぇ。6月18日といえば、ハギーファンクラブのイベントと日程ダブってるし(笑)。太秦行きの京都市バスとか嵐電とかで怪しい扮装の人間がうじゃうじゃ来るんやろうなぁ、凄い事になりそうな…。
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (7)

2005.06.04

悪い予感は当たる

 本当に悪い予感は当たるよねぇ。

 実は村をんなは萩野君のファンクラブに入ってるんやんか。でこの間萩野君の誕生日サプライズパーティーの案内葉書が来てて、もちろん東京まで出ていかれへんかったから、すっきりあきらめたんやけど、その葉書の下の方に、某日の土曜か日曜のいずれかに関西でファンクラブ会員限定のイベントがあるって書いてあったんよね。実は某土曜日は京都で公演される「時には父のない子のように」のチケット押さえてあったんやんか。もうイベント、日曜日になれーーーーーーと祈ってたのになぁ。

 残念ながら、芝居とイベントダブってしまいましたっ(涙)。

 佐々木蔵之介と佐藤隆太の二人芝居です。前から3列目のかぶりつきです。岡山の友達と合流しての観劇です。

 だいたいファンクラブに入ってるのも、こういう会員限定の地方イベントとかに出席したいからやったのに、もう涙・涙やんか。 次に関西でイベやるときまで、じーっと我慢いたします、大人ですから。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.06.02

迂闊なり~

 阪神はソフトバンクにぼこぼこにされるし、見たいテレビもなかったから響鬼のビデオ見返しとったんやんか。
 「十四之巻」、河原でヒビキと日菜佳とイブキとあきらの4人がDAに探索する地点を記憶させながらミーティングしてるシーン。
 伏線がばっちりはられてたのに、全然気がつかなかった村をんな。迂闊やったなぁ。というか十八之巻まで見たから、やっと気がついたというべきか。

 ①イブキとあきらが息ぴったりなのに、日菜佳がめっちゃ反応して「師匠と弟子っていうのは(中略)、美しいもんですよね~」って語るところ。このとき日菜佳の心の中にはザンキとトミゾーの姿が浮かんでいたに違いないよね、でないとあんなに気持ちが入るわけないやん(笑)。

 ②日菜佳がヒビキの弟子に明日夢を薦めたときに、ヒビキが噴出しそうになってたのオロナミンCやったやんか。それもしっかりラベルが見えるように持っとったし(笑)。
 ザンキが自動販売機でオロナミンCを買ったときには見逃せへんかったのに、いったい私は何を見とったんやろう(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »