« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005.09.30

2005年日本シリーズ入場券発売要項

 日本野球機構オフィシャルサイトに日本シリーズのチケット発売についてのページができてるんやんか、日本シリーズで阪神タイガースを応援するべしと思ってる皆々様、是非ご参考になさってください。

 日本野球機構オフィシャルサイト2005年日本シリーズ入場券発売要項

 日本シリーズのオフィシャルグッズも9月30日から売ってるみたいやな。結構グッズの数少ないんやけど、パリーグのファンの人でグッズ欲しい人って不利なんちゃうん、だってプレイオフ、これからやしねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.09.29

無敵の我等ぞ 阪神タイガース

 やったーーーーー、優勝!!!

 9回の表、守護神・久保田。きっちり3人で押さえへんから、もうドキドキしたがな。5点取ってたから、心配はしてへんかってんけど、8回裏まで獣王の戦いを大船に乗ったつもりで安心しながら見てたから、最後の最後に緊迫感が出て、それでもって金本兄貴がウィニングボールをキャッチして、優勝。凄いドラマでしたねぇ。

 さぁ、これから優勝セレモニーだぁ。ビールは5,000本用意されてるんやて。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.09.27

旧阪急梅田駅コンコースを残したい・・・

 「旧阪急梅田駅コンコースを残したい…」というブログが立ち上がったみたいなんよね。
 ということで今日はそのブログに協賛してます。

 ①住んでいる地域と旧阪急梅田駅コンコースとの接点

 住んでるのは昔は近鉄大阪線沿線で、今は地下鉄谷町線沿線なんやけど、梅田の阪急村で通算17年くらい勤務してたから、通勤とかお使いとかでしょっちゅうこの場所は通ってたんよね。

 ②解体の情報はいつ、何によって知ったか

 薄々は何ヶ月か前に報道で知ってたけど、やっぱりちゃんと知ったのは9月12日の新聞報道。それを読んで「道理でみんな写真撮ってたよなぁ」って思ったかな。

 ③この場所に対する思い入れや解体に対する意見

 私鉄経営の雄・小林一三翁が作られたものが失われていくことは、阪急から小林一三翁の精神が忘れられていくような気がするんよね。背に腹は替えられんっていうけど、小林一三翁が作られた阪急の起点、扇の要の阪急梅田コンコースを取り壊してしまうということは、阪急の阪急たる所以が消滅してしまうと思うんやけど。
 本当に取り壊してしもうてええんかな?阪急は電鉄会社やねんから、他の企業に比べても起点というものをもっと大事にせなあかんのとちゃうんやろか。
 100年後、この取り壊しが歴史の汚点やと言われへんかどうか、もう一度考えて欲しいと思うんやなぁ。
 梅田から中津に広がる阪急村のたった1ヶ所、あのスペースが残せなくて、どうやって阪急の理念を後世に伝えることができるんやろう???

 自分も阪急梅田コンコース取り壊しに意見を述べたいと思われる方は、「旧阪急梅田駅コンコースを残したい・・・」ブログさんへコメントまたはトラックバックを寄せてください。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.09.26

今週のマジレン&響鬼(9月4週目)

 「マジレンジャー Stage.30」

 ズィーに歯が立たないマジレンジャー達から、スタート。一応先週の復習しとこかな、ズィーが登場した時の触れ込みやと「俺は戦に興味は無い。俺より強い奴はいないからだ。ただ一人天空聖者ブレイジェルを除いては」やったよね。
 太刀打ちできないマジレンジャーに対して、ヒカル先生はスノウジェルの名前を出すやんか。マジトピア最長老の偉大なる天空聖者で、伝説の5人の魔法使いの弟子筋にあたる方。これがポイント。
 ン・マも機嫌がよさそうやけど、メーミィの機嫌のよさも最高ちゃう。ナイ・メアに対して「いい子ちゃんね」って思いっきり鼻から抜けたような声だしてるし(笑)。
 嘆きの海に着いた小津兄弟たち「なんかどんよりした海だなぁ」ってセリフやったけど、あんまりどんよりしてるようには見えへんかったんやけど。夏の日差しをいっぱいに受けてたからなぁ、もうちょっと暗くしたほうが良かったと思ったんやけど。
 芳香が海を泳ぐ魚を見つけ、スモーキーと釣ろうとしたら、ものすっごい巨大魚で反対に飲み込まれてまうんやけど、やっぱりマルデヨーナ世界やからなぁ。スノウジェルは全てお見通しってことやったんやろうな。
 ヒカル先生に最長老なんて言われて来たもんやから、小津兄弟はお年寄りを探しに来てたのに、実は魚の腹の中で泣いていたのが赤ん坊がスノウジェル。長い間生きていただけあって、力を持つものが辿る運命についても、一番まともなこと言うてたね。ヒカル先生は、いい澱んどったのに。っていうかいつも一言足りへんのよね、ヒカル先生。せやから小津兄弟たちが問題起こすんやんか(笑)。
 伝説の魔法使いの指輪が光るのを見て、身体の内なる力が目覚める魔法を掛けるスノウジェル。やっぱりスノウジェルは伝説の魔法使いの弟子筋やからなんやろうね。
 さぁ、いよいよレジェンドマジレンジャーのお披露目。8ヶ月間ヒーローやってきたから、名乗りのアフレコの力の入れ具合も完璧になってきたんちゃうん。
 マジボルト①ってのはそれぞれの持つ特性の魔法をパワーアップするってこと?
 先週、ネタバレ玩具CM見たときに、ダイヤル式の電話機を思い出して懐かしがってたけど、マジロッドは原始のマージフォンってヒカル先生言うてたやんか。やっぱりそこから来てたんやね。
 マジボルト②の攻撃で、氷山とともにズィーを粉砕してもうたけど、これってブレイジェルを超える力を得たってことになるんちゃうん。それにマジロッドを斜めに構えて「チェックメイト」って言った時のポーズのかっこよさはここ最近のスーパー戦隊でもなかなかお目にかかれへんかったような気がするな。
 ブルラテスはまだ引っ張りますか。まぁね、昔から逃げるが勝ちっていうからね。
 原始の魔法まで使えるようになってくると、ヒカル先生が教える物なくなってまうんちゃうん(笑)。

 「仮面ライダー響鬼 三十三之巻」

 アームドセイバーのお陰で、変身できなくなる鬼たち。でも良かったね、ダンキさんたちちゃんと鬼に戻れたんや。これでシフトもなんとか回せるよね。
 しかし1ヶ月だってさ、1週間とちゃうんかいな(笑)。
 みつぅとせいちゃんの研究室。吉野のテクノロジーを探るために、アームドセイバーを実験材料にしようとして、イガイガをアームドセイバーにからめてたけど、あれでアームドセイバーの波動は弱まったんかぁ?
 烏帽子童子・姫のキャラは相変わらず可愛いなぁ。ちょっと猿回しの猿っぽい感じもするよね。前はクグツやったから操り人形で、あまり意思はなさそうやったけど、猿回しの猿となると戦いという面に関しては意思がそれなりにあるってことになるやんね。
 ザンキさんに、甘えて愚痴るトドロキ。それを陰から伺ってたように現れる小暮さん。「お前の教育が悪いから、こんな半端な奴が育つんだっ」と怒られるザンキさん、自発的にお尻を向けるところがおかしいがな(笑)。昔、一度吉野でお目にかかったときに、こっぴどく怒られてお尻ぶたれたんやろうな。それが目に浮かぶようやん。
 怒るトドロキ。愛しのザンキさんまで巻き込んじゃったからなぁ。
 きゃーーーー、イブキ可愛いーー。のれんに腕押し、糠に釘(笑)。そのつかみ所のない笑顔がたまりませんねぇ…。
 小暮さんが「ヒビキとトドロキには一ヶ月も休みをやれないんだよ」って言ったときのヒビキの渋そうな顔とか「特訓」と聞かされたときのリアクションとか、ヒビキさんの見所ポイント盛りだくさん。
 小暮さんの美声だと、もうそれだけで音撃になっちゃうよね。これでアームドセイバーの玩具のCMの意味が判ったがな。
 宇宙の波動を取り入れ、腹の中で波動を練り直すことによって、アームドセイバーの波動に負けない力を得るってことですか。
 下校中の明日夢にちょっかいを出す京介。そこへランニング中のヒビキが現れる。また京介ったら、「足立君のことどう思ってるんですか。どこがよくて付き合ってるんですか」ってそんな核心をつく質問をしちゃってるやん。それってジェラシーとしか言えんよね。ヒビキの答えは「いずれ判るようになるさ。もうちょっと大人になったらな」ですか、意味深過ぎるねぇって妄想してたら、その先の答えは禅問答やんか(笑)、京介の答えになってないような気がする。
 音痴といわれて怒るトドロキ。そこでカラオケでデュエットする日菜佳とトドロキ。いや、本当に日菜佳って歌巧いねぇ。でもって、どこを押さえたらトドロキを自由にできるか判ってるのが凄い(笑)。
 石段を駆け下りながら、「トド」と声を掛けるヒビキ。「トド」は最初から台本に書かれてたのか、現場でそうなったのか気になるなぁ。ネットでは「トド」が通り名になってるけど、本編でそう呼ばれたら公式になっちゃうやんね。
 河原で遊ぶ家族連れを襲う魔化魍に戦うために変身する威吹鬼。かっこいいはずなのに変身した途端、魔化魍にぶっ飛ばされちゃって、ありゃりゃりゃりゃやな。
 待ってました、響鬼装甲。でも一瞬で魔化魍やっつけちゃうし。まぁ今日はお披露目だけって事で。
 最後は、そういう落ちですか。そりゃそうよね、トリを飾るのが「少年よ」じゃないと締まらないもんね。
 今週はかなり腐女子テイストなストーリー展開やったような気がするんやけど。純粋に特撮アクションを楽しみにしてた人には、不評かもね。 
 来週のサブタイトル「鰹の恋」ってサザエさんかよっと全国で突っ込んだ人多かったんとちゃうかな(笑)。久々にモッチーも出てくるみたいやけど、コクられてた?京介?それとも別の人?
 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.09.25

いよいよカウントダウン!!

05-09-23_12-43  友達から阪神百貨店にカウントダウンのモニュメントができてると、写メールいただきました。 ありがとさん。阪神沿線で勤務してるので、阪神優勝関連のおもろいもん見つけたら、写メしてくれるらしい。

 この友達、弱~い阪神タイガースが大好きで、阪神ファンにはうんざりしているという阪神ファンやねんな。仕事が忙しくて、残業が終了するのと阪神タイガースの試合終了が重なって、毎回偉い目に遭うてはるんねん、可愛そうでしょ。

 ということで着々と進んでるカウントダウンに合わせて、私も優勝記念番組を録画するためのビデオテープちゃんと確保。

tape  何を御大層なこと言うてるんやと思うでしょ。こういう永久保存版なものはベータに決めてるんでね。でも一般店頭ではもうほとんど見かけなくなったから、お取寄せっす。テープ1本のお値段が、お買い得VHS5本パックと同じくらいっす(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.09.24

 「第13回 ゼットンの娘」

 オープニングに隊長が解説していた監視衛星の解説。その中の重要ポイント「6・7・8・9が東アジアをカバーしている。エイリアン1匹入れる隙間は無い。宇宙からの侵入者を追尾することができる。」やったよね。これは覚えとかなあかんよ(笑)。
 まぁ、この間からすっかりダレダレモードのダッシュは監視衛星の堅い守りに緊張感ゼロ。久しぶりに隊長らしく怒ってたけど、当然やね。
 ナナミいやいや夏美ちゃん、綺麗になったよね。でも何故浴衣なんやろ???この間のヒビキといい、夏美といい、着物の必要性が無いのになぁって思うんやけど。
 今回のウルトラマンマックスのロケ地、すごい下町風情が残る場所やったよね。散髪屋さんにお風呂屋さん、長屋まで樋口一葉の世界みたいやん。
 おぉ、くの一夏美。表情が色っぽいぞ。こんな役をさせるんやったら、もう長澤奈央ちゃん以外にないやろうなぁ。くの一役やったから長澤奈央ちゃんやったのか、長澤奈央ちゃんやからくの一やったのか、特撮好きに食いつけといわんばかりの展開やん。で奈央ちゃんも悪っぽい表情もできるようになってるから、時代劇もいけるんちゃうん。
 最初の監視衛星の解説をどれくらい覚えてるか、早速記憶力のテストかいな。くの一夏美がエリーのパソコンから手をかざして監視衛星の情報をスキミングしたとかって隊長・コバ・ショーンで解説してたけど、かなり早口やったしなぁ、きっと小さいお友達には意味がよくわからへんかったんちゃうやろか。
 ゼットン星人が現れて、カイトがミズキに向かって「夏美さんを頼む」って言うてたけど、夏美だけやなくてこの土地にすむ住人を助けなあかんやろ。
 ウルトラマンマックスが危機一髪のところに、火の玉となって地上に落ちてくるウルトラマンゼノン。ありゃ?監視衛星はどうなったんよ、宇宙からの侵入者を1匹も入れないはずやったんちゃうん。6・7・8・9は破壊されても、3分後には5・10でカバーしたとか言うてたやん(笑)。
 ウルトラマンゼノンの中の人って、飛び技とかが得意みたいやね。ウルトラマンゼノンってゼットン星人だけを追跡してるウルトラマンなんかな?マックスに新たな武器をプレゼントしてゼットン倒して、「地球を頼む」って言うてまた火の玉になって帰っていったんやけど。
 来週の予告ではくの一夏美、デカロボにハリケンジャーっぽく飛び乗ってたんやけど(笑)。龍騎・ハリケンジャーから一人ずつでてきたやんか、この調子でポイントポイントにスーパーヒーロータイム出身者が出てくるんかな。ということは今度は555とアバレンジャーあたり?

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2005.09.22

平成18年1月、大阪松竹座 歌舞伎公演速報

 昨日、上方歌舞伎会9月のお知らせが来て、そのなかに平成18年大阪松竹座1月公演「壽初春大歌舞伎」の速報チラシのコピーが入ってたんやけど、なんと仁左衛門・玉三郎の2本柱やんかっ!!!

 年末の京都・顔見世から坂田藤十郎襲名披露が始まって、お正月は歌舞伎座での襲名披露興行やったもんやから、主な役者さんたちはほとんどそっちに取られてまうやろなぁって心配してたんよね。でも仁左衛門・玉三郎やったら絶対に見たいやんかぁ。

 一応、演目の柱は昼の部は「十六夜清心」、夜の部は「仮名手本忠臣蔵」の「道行旅路の花婿・五段目・六段目」が決まってるみたいで、あとの細かいところはこれから決めはるみたい。

 嬉しいのは嬉しいけど、チケット取れるかどうかが最大の問題やなぁ…。
というわけで、リアル友達の皆様へ伝言、今回はチケット争奪戦が予想されますので、いつものように松竹座までぷらっと買いに行って、お気に入りの2階の2等席を押さえることができなくなる気がするんで、イープラスか何かで取ることになるかもしれへんねんな、そうなると1等席になってまうと思うので、今から心積もりしといてね。一応、村をんなが見たいのは昼の「十六夜清心」の方ちゅうことで、よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.20

吉野ってこんなとこ

yosino  仮面ライダー響鬼を見ていたら、必ず1度は出てくる言葉、「吉野の本部」。 関西特に近鉄沿線に住んでたら、行ったことはなくてもなんとなく、こんな感じっていうイメージがあるんよね。「桜」「山」「寺」・・・。

 吉野といえば、やっぱり一番賑わうのは桜の頃、「一目千本」とか「上千本・中千本・下千本」とかって言われるように、全山桜に包まれてみえるらしい(なんで"らしい"かというと人出の凄さに恐れをなして、行ったことないんよね)。

 で、「Kintetsu News」9月号が吉野の特集っていうことで、吉野を空撮した写真が載ってたんですけど、響鬼ファンの皆さん、吉野ってどんなとこやと想像してました?

 吉野山って約1300年くらい前、役行者(えんのぎょうじゃ)によって開かれた修験道の聖地なんよね。せやから近鉄阿倍野駅なんかで、たまに山伏のかっこをしたおじさまがたを見かけたりすることもあるんよ。

 大河ドラマの「義経」でも11月ごろ頼朝の追跡を逃れて、吉野山に潜伏するシーンがあるんやて。吉野山の現地でロケしたかどうかは判らへんねんけど、吉野山ってどんな雰囲気のところかってのは、なんとなくわかるかもね。

 義経以外にも、権力闘争に破れた側が逃げ込む場所として吉野山は有名やったみたい。というか山深過ぎて、一旦逃げ込んだらなかなか見つからなかったんやろな。

 吉野ってこんな場所なんやけど、響鬼の初期設定で本部を吉野に置いた意味って、何やったんやろうなぁ。たぶん最終回まで1回も吉野の本部が出てくることはなさそうな気がするんやけど(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.19

今週のマジレン&響鬼(9月3週目)

 「マジレンジャー Stage.29」

 地獄の賢者・ブルラテスによって、知ってはならないものを知ってしまった芳香は1年間の記憶が無くなる魔法と1時間ごとに記憶がリセットされる魔法を二重にかけられてしまう。四低王が登場してから一筋縄ではいかない魔法が続くよね。しかしこれって最近公開された洋画でこんなストーリーあったんとちゃうかったっけ???それに記憶がどんどん失われていく病気で苦しんではる人も実際にいてはるんやから、扱いが難しいって気もせんでもないなぁ。
 まぁ、話はお気楽なマジレンジャーに戻るとして、危機一髪の場面で救出に現れたのはマジシャインやんか、それが男前のヒカル先生に戻った姿を見て驚かないのはおかしいよね。本当に記憶がないんかぁ?(笑)
 ヒカル先生にすがりつく目がハートの芳香やけど、ヒカル先生もずーっと芳香の肩に手を置いてたのが気になるやん(笑)。
 最初はここ1年の記憶を奪われただけと思ってた小津兄弟とヒカル先生。何とか魔法変身を教えて、どうにかインフェルシアと戦えると思った矢先、リセットされてしまう芳香。
 ヒカル先生の魔法も翼の薬も1時間が経過すれば、関係なくリセットされてまうんやね。しゃべる鉢植え君も猫ランプ君もえらい扱いうけてまうし。
 芳香の記憶を取り戻すために、現場に連れていく小津兄弟たち。でもそこに現れたのは、テツヤ(笑)。またこのテツヤの衣装ったら、かなり痛~い。派手なプリントのシャツって女物みたいな感じしたんやけど。芳香に記憶が無いと知って「もう一度やり直そう」ってメガネをはずしたやんか。かなり痛~い役をやってるけど、レギュラーで変身しててもおかしくないくらいいい男やんか。どこでどう間違ってテツヤっていう役が回って来たんやろうね。
 ブルラテスを追っていった場所には、最強の男ズィーまで現れて手も足も出ないマジレンジャー達。そのうえ、フラフラ現れた芳香を守ろうとして傷ついてしまうヒカル先生。絶体絶命のピンチに襲われても、この9ヶ月間に培われた勇気で見切り発進しちゃうマジレンジャー達。スカイホーキーにまたがって空を飛んでる状態で魔人変身するの、初お目見えやったけどかっこ良かったよね。
 ブルステッキが破壊されたことで記憶を取り戻す芳香。ブルラテスの後を追いかけていった先は、地下貯水場やんか。これってあの台風の大雨の前に撮ったんやろうか、後に撮ったんやろうか。オルフェノクの王だけやなくズィーの作り出した氷山も浮いてるし。
 さすが地獄の賢人と呼ばれることだけはあって、1週じゃ倒されへんねんな。芳香の危機一髪のストーリーって2週連続が多いような気がするんやけど。
 
 勤務先の経理のKさんとこの娘さん、小学1年生やねんけど、今年の運動会のダンス、マジレンジャーのエンドテーマやねんて。ぼちぼち運動会が始まるんやろうけど、あちこちの小学校や幼稚園でこの曲流れるんやろうね。
 来週から、マジレンジャーの新フォームなんや、なんか新鮮って思ったらマント無くなるんやね。 
 玩具のCM、出たっ!!ネタバレ(笑)。昔のダイヤル式電話思い出すよなぁ。あれ使わへんようになって何年くらいになるやろ?
 
 「仮面ライダー響鬼 三十二之巻」

 魔化魍の方が、みつぅ・せいちゃんコンビで次々と強い魔化魍を生み出し始めたので、吉野の本部から関東事務局に喝を入れにくる小暮耕之助。
 たとえ相手が警官であろうとも年下のものならばため口を叩くことを許さないやて、なかなか今の世の中、そうきっちり主張しにくくなってるのに、偉いがな。というより、年下の警官に生意気な口を利かれてむかついた井上先生の願望が入ってたりして(笑)。でも、気をつけへんと公務執行妨害になってまうよね。
 小暮耕之助の名前を聞いて恐れをなす立花親子にミドリさん。ヒビキは全く無反応やってんけど、今まで一度も会ったことがないみたいやな、長いこと鬼やってるのに(笑)。
 BGMが入ってたから、小暮さんが何を口ずさんでいるのか判らへんかったのが、残念。
 研究室で誕生した烏帽子童子・姫(公式ではスーパー童子・姫になってるけど、スタイルとネーミングに違和感があるので、村をんなが今勝手に命名してしまいました)。可愛いやん(笑)。今まで響鬼たちは童子・姫・魔化魍と闘ってきたけど、クグツと直接闘ったことが無かったから、クグツがどれくらい強いのかは判らへんけど、かなりのものって感じなんかな。烏帽子童子・姫と闘い始めたところに、隙を伺う小暮さん。ありゃ、いつのまに、こんなところへ(笑)。たちばなに行こうとしたら、猛士専用車を見つけたんで付けて来たって解釈でいいのかな。
 変な攻撃で逆さ釣りにされたトドロキと竹やら豆腐やら投げつけられたヒビキ。烏帽子童子・姫を追いかけることなく、たちばなの大掃除かいっ!!
 そこへ現れる明日夢と京介。明日夢よりは役に立つと思い込んでる京介は猛士組織の部外者なので追い出されてまうんやけど、道端に包帯投げ捨てるやなんて、プライド傷つけられたってことなんやろうけど、子供番組としてはどうよ。それに学校にいる時より包帯の巻き方雑になってるし。
 きゃーーーー、今日はダンキさんだけじゃなくて、ショウキさんまで顔出しでご登場じゃないですか。ファンコレ龍騎引っ張り出して、お顔見比べちゃいましたよ。押川さんって、ハスキーなお声なんやねぇ。
 ひょっとしてショウキさんって変身したら髭もじゃやったりして(笑)。ショウキさんの名前って、笑福亭松鶴なんてことはないよねぇ(笑)。なんて下らんことばっかり。
 ザンキさんの出番はあれだけかぁ、うーん、モッチーとあきらちゃんは全然無かったから、それに比べたら…ってことですかねぇ。
 小暮さんの歓迎会に着物で座ってるヒビキ、何故(笑)。
 あきらからの協力要請の電話でそそくさと立ち上がるヒビキ、チラッと見せる生足が今週のサービスショットかな?あっという間にさっきまで着ていた洋服に着替えてるヒビキ。やっぱり何故着物やったんやろ?
 威吹鬼が苦戦しているところに駆けつけた響鬼と轟鬼。烏帽子童子・姫も強いけど、地中から現れた魔化魍もかなりの強敵みたい。そこでアームドセイバーを持ち出した轟鬼。使いこなせずに変身解除。うっかり拾ってしもうた響鬼までも変身解除になっちゃったうえに、童子にアームドセイバー奪われてるし。
 新武器が初っ端から相手に奪われる展開もなかなか珍しかったりして。

 来週は響鬼のほうもマジレンジャー同様、新フォームテレビでの初お目見えか。いよいよクリスマス商戦に向かって、パワーアップということで。
 アームドセイバーの玩具にはそれ専用のDAがあるってことは、DAだけ集めてる大きなお友達にもアームドセイバー買わせようっていう戦略?(笑)
 マジレンジャーの映画の広告は舞台挨拶の模様がチラッとついてたから、ひょっとして響鬼も?って思ったら、いつもと同じか、しょーもなー。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.09.17

 「第12回 超音速の追撃」

ダッシュバードベータを試験飛行するコバ隊員。しか~し、お気楽なダッシュ隊員達は、ミズキ隊員の聞いているロックに浮かれてるんよね。仕事をしている大人である村をんなとしては、こういう職場を見ると締まりが無くてきらいなんよね。隊長も仕事中にロックを聞いていることに怒るんやなくて、ロックは音楽じゃないと怒ってるし、困ったもんや。
 今週の見所は雲海の上をマッハで飛行するダッシュバードベータとヘイレンかな。
 ウルトラマンマックスって、音速系の怪獣多いと思わへん? 
 海の上でゴムボートに乗って、救援を待つコバ隊員。ってことは今週もダッシュバード1機潰したんやね。でも音速で飛んでたダッシュバードベータが墜落したんやったら、ゴムボートを広げてる暇なく海の中に突っ込んでると思うんやけど。
 ヘイレンって、ヴァン・ヘイレンかよ。でもロック嫌いなんやろ、怪獣のヘイレンのほうは(笑)。
 バッドスキャナーズのコンサート会場に現れる隊長とカイトとミズキの3人、ガードマン相手に小芝居やってたけど、あのシーンはちょっと空回りやったんちゃうかな。意味ないような気がしたんやけど。
 演奏を止めさせて避難を呼びかける隊長。バッドスキャナーズに避難を呼びかける前にコンサート会場に集まってるファンを避難させるほうが大切なんちゃうん。なんか最後までほったらかしやったような。
 怪獣の顔より怖い金髪のベースのにいちゃん(笑)。小さなお友達、びっくりしたんちゃう。小さいお友達の中には、ヘビメタバンドを見たの初めてって子供たち多かったやろな。
 ボーカルの兄ちゃん、大阪弁やん。
 今週はウルトラマンマックスの美しい側転とバク転を堪能。やっぱりこれがなくっちゃね。足を首に絡めて投げ飛ばすってのも、かっこよかったし。
 撃ち落されたダッシュバードに乗ってたコバ隊員は地上からウルトラマンマックス応援してたけど、ショーンはいったいどこ行ったんやろう(笑)。
 ヘビメタバンドと協力して怪獣を倒したウルトラマンマックス。ボーカルと手を取り合って喜ぶ隊長。ミズキ隊員はマネージャーさんと抱き合ってたけど、村をんなとしてはあの眉毛の無い怖いベースの兄ちゃんと抱き合って喜んでくれたらおもしろかったと思ったんやけど、駄目?(笑)

 来週はハリケンブルーのななみちゃんがナツミという役でご出演やそうで、浴衣着てたがな。楽しみやん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日本シリーズの日程

nittei

 今日、"阪神タイガース オフィシャルファンクラブ マガジン2005 No.4」が届いたんやけど、表紙をパッと開けた目次の下に日本シリーズの日程表が載ってたんやんか。こういうの見ると、もう誰も疑ってなくて、ファンの気持ちの10分の1くらいは日本シリーズに向かってるって感じるよね(笑)。

 ファンクラブマガジンの前回号から4コマ漫画が始まっててね、登場する選手がなかなかよく似てるし、ちょっとひねりの効いたオチがおもしろくて好きなんやけど、作者の名前が入ってないから、誰が書いてはるか判らへんねんな。

 来年度のファンクラブの更新も15日に済ませたし、後は優勝が決まる試合とか優勝特番用のビデオテープを買うだけや。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.09.13

阪急百貨店コンコースのシャンデリア

hankyu1 宝塚歌劇の帰りに、阪急百貨店コンコースのシャンデリアのところまで来たら、携帯やカメラで写真を撮ってる人たちがいっぱいいてはったんやんか。私もちょうどカメラ持ってたし、記念に撮ることにしたんよね。とはいえ、手に荷物も持ってたり(催事場で買ってきたカニ寿司とか)したので、ちょっとぶれたりしてるけどね(笑)。

hankyu2  そしたら、今日の新聞に13日の深夜から完全にこの場所も覆われてしまうって載ってたやんか(今、阪急百貨店は世紀の改装中)。

 一応シャンデリアもモザイクも阪急では残すらしいけど、でももうこの形で見られなくなるっていうことで、惜別の思いをこめて、下手くそな写真ですが大阪がまだまだ輝いていた時代の記憶のために、載せておきますね。

hankyu3

この記事を書き込んだことでトラバしてくださった「ナナシ的エンタメすたいるNet」さんところや「デジカメ散歩日記」さんところにとってもきれいな阪急梅田コンコースの写真が載せてありましたので、ぜひぜひそちらでじっくり"消え行く昭和の文化遺産"を御覧くださいませ。やっぱり村をんなの写真は下手すぎる(汗)。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.09.12

"和食くすのき"のお食事

mai  宝塚大劇場(兵庫県) 2F 「和食 くすのき」 のお食事

 松家堂弁当とか色々種類があるのですが、昨日幕間にいただいたのが「舞」という名前のお料理。お値段は1,200円(05年9月11日現在) お味はまぁまぁということで(笑)。 

takaraduka

 せっかく宝塚大劇場に行ったので、1階ロビーも撮影。華やかさがあるんよね。そこはかとなく甘い香りが漂ってるし、階段の向こう側には自動演奏のピアノが置いてあって、その時公演しているレビューのテーマ曲が流れてるんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.11

今週のマジレン&響鬼(9月2週目)

 「マジレンジャー Stage.28」

 スーパー戦隊年に一度のじっくり見せる悲恋物語。
確か学生時代に習った「ローレライ」って言う歌って、美女の歌声に気を取られて座礁するって言うストーリーやったよね。それ系の伝説がベース。結構宝塚歌劇のショーってこういうストーリー多いんよ(笑)。
 翼とレイの出会いのシーンとか突っ込む隙が無くて、じっくり見てまうがな。しかしレイの座ってる東屋、中華系なのはなぜ?(笑)
 レイに心奪われてボーっとしてる翼の表情、なかなか気が入ってます。いい感じやねぇ。芳香ちゃんのモデルのお仕事って、グルメ情報の空きスペースを埋める写真かぁ。あんまりギャラは望めんのんちゃうん。でもサンマ餃子とかサンママンってあんまり食べたいとは思わんなぁ。
 ウルザードが“虐殺の歌姫 セイレーン・ネリエス”の秘密を暴露。ネリエスは暗黒谷の決戦で喉を潰されていたために、レイを虜にして「人間どもを惑わしおびき寄せる魔性の歌」を歌わせていたのか。
 レイをやっていた岡田茉奈さんって今回が初演技らしいんやけど、涙を流しながら歌ってる表情とかよかったんちゃうん。
 先週に引き続き、今週も一人欠けた状態での魔法大変身やったけど、一回りこういうパターンが続くんかな。でも一人欠けたままだと力を発揮できないマジレンジャーの4人。トラベリオンも一緒やのに、ちょっと情けないんちゃうん。
 ネリエスをちゃんと倒さないうちに変身解除して、翼の元に現れるヒカル先生と小津兄弟。ヒカル先生が今ならレイの魂を本来の行くべきところに送ることができると言うんやけど、レイを手放したくない翼。その葛藤の隙を突いて、再びネリエスにレイはさらわれてまうんやからなぁ…、困ったもんや。
 あきらめずにレイを助け出そうとした勇気に"スペシャル"な魔法が答えたんやね。"スペシャル"って結構手垢のついてる言葉やから、ちと苦笑しちゃったがな。
 エリネスから解き放たれたレイを連れてその場を逃れた翼を援護射撃するマジシャインとマジレンジャー達、なんやねん、イエローがいてへんかったってちゃんとエリネス倒せるんやんか(笑)。
 翼の浅黒くてごっつい手とレイの白くて華奢な手が握り合ってるのって、とってもお似合いやったよな。レイとの別れのシーン、めっちゃ感動的やったやんか、松本寛也君って大人の芝居ができることを認識(笑)。
 
 「仮面ライダー響鬼 三十一之巻」

 桐矢が「父さん」と口走ったのは、消防士だったお父さんを思い出していたというネタバレからスタート。これって井上先生の策略かな、「父さん」なんて思わせぶりなセリフを撒いといたら、慌て者の我々が色々騒ぐの楽しんでるんちゃうん(笑)。
 魔化魍・カシャを見て固まる京介。でも半年の場数を踏んでる明日夢は響鬼を余裕でサポート。きっと京介はプライドを傷つけられたんやろうな、「君とはきっと長い付き合いになりそうだ」と宣戦布告。長い付き合いってことは最終回まで我々も京介に付き合うってことなのかぁ?(笑)
 今週の見所は、明日夢の演技とちゃう。巧いっ!!マジレンに引き続きこっちも見入っちゃうなぁ。
 まだまだ店番が続くヒビキ。風邪ひきで咳してる病人のそばで、吉備団子の箱詰めはまづいやろ(笑)。
 明日夢の父は、モーレツな仕事人間で部長という役職にいながら、現場に出たら力仕事まで手伝って倒れてしまうような人。明日夢の母と別れたことを反省したのか、医者の止めるのも聞かずに無理矢理退院して家族サービスもしちゃうんよねぇ、大丈夫かなぁ、過労死しちゃうよ。
 片岡部長の部下に直接レストランの場所を聞く明日夢。多分部下の二人、明日夢の顔見て、片岡部長の息子さんやってピンときてるやろうな。
 父親が再婚相手と妹の3人で食事をしている姿を遠目で見てるだけの明日夢。忙しい父が作りかけの隣の家の犬小屋を建ててる姿がめっちゃいじらしかったよね。こんなにちっちゃいことでもお父さんのお手伝いしたかったんやなってね。
 京介の最後のセリフ「ヒビキか、お前はいずれ俺の物になる 必ず」って完璧にストーカーよね。可愛さ余って憎さ百倍ってことで、みつぅ・せいちゃんコンビに近づくって展開もありえるかもね?ってなことを書き込んだりしてるのが井上先生の策略(笑)?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

「第11回 バグーシの預言」

 砂場で遊ぶ子供たち、ゴジラとガメラを対戦させてたんやけど、いいのかなぁ(笑)。まぁ、ゴジラ対ガメラの決着がつく前に、大嵐に巻き込まれた船に乗っているかのように、地面が揺れ始めたけどね。
 まぁそこからは、これでもかこれでもかと続く特撮の連続。逃げ惑うエキストラの大群。町のセットもミニカーもちょっとチープやったけど、かえってそこが味があるんよね。ミニカーが砂に押し流されたところに、画面を横切るように倒れるトランスつき電柱の模型、凝ってるがな。
 磁気嵐に巻き込まれて墜落する飛行機。あれってどこに所属してたんやろう。磁気嵐のせいでダッシュ基地も機器の調子が狂い始め、エリーもフリーズ寸前やっちゅうのに、勝手に磁気嵐のなかに飛び込んでいくカイト隊員。
 で、またまたダッシュバードを1機破損。
 今回のライター・尾崎将也さんって結構ノリツッコミがお好きなのかな。突っ込みは視聴者にさせてぇなぁ。
 ダッシュバード墜落させといて、どうやってダッシュ基地まで帰れたんやろう、カイト・ミズキ両隊員(笑)。
 敵を知らんのに、兵器を開発するショーン。いかんやろう(笑)。
 今週もまた自然を破壊する文明を襲う怪獣が出現、地球は完全に狙われてるがな。
 市民を避難誘導する警察とダッシュ。でもさぁ、地下にもぐって神出鬼没のアントラーから逃げるって、どこへ???
 ダッシュデリンジャーって、どっかで見たことあるよなぁ(笑)。
 おぉ、アントラーの語源の意味までちゃんと説明してくれてるで。英語の蟻地獄・アントライオンですか、へぇーーーーー。
 隊長の「二手に分かれて両面から攻撃するぞ」って言う命令で、3対1に分かれるのって変やろ、普通。
 ありゃまぁ、瓦礫に埋もれてるカイト隊員。あんなに凄い瓦礫やったら骨折ぐらいしてそうなもんやのに。
 今週は、アントラーとウルトラマンマックスしか出てないのに、スーツアクターさんの名前4人出てたよね。バトルシーンに合わせて、何人かで交代してるんかな。
 アントラーが地下にもぐる時に、土ぼこりを払うウルトラマンマックスがお茶目(笑)。
 ぶっ倒れたアントラーをほったらかして、宇宙に戻ったウルトラマンマックス。あんな都会の真ん中に置いて行ったら、どうやって処理すればええんよ(笑)。
 村をんなは、ウルトラマンをずーーーーーっと見てきたわけではないので、わからへんねんけど、ウルトラマンノアっていてたん?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.09

劇場版 火の鳥 セル画

hinotori  なかなかレア物でしょ。 これは、劇場版火の鳥の舞台挨拶つき上映会(試写会だったかどうだか記憶が無いんよね)に行った時に、もらったもの。ただし保存状態はあんまり良くないんやけどね(笑)。

 20年前、漫画ヲタクの友人に誘われて、付いて行ったんやんか。舞台挨拶はもちろん手塚治虫先生。どんなお話をされたかはすっかり忘れてもうたんやけど、お話の後に会場の中から3人にリクエストで手塚キャラクターを描いてサインして渡しはったんやんか。模造紙(?)に黒のマジックでサラサラッとブラックジャックとかを描かはるのを見て、もうめっちゃ感動したのだけは覚えてるで。

 遠く離れた舞台とはいえ、生で手塚治虫先生を拝めただけでも、日本に生まれてよかったと思うなぁ。

 映画が終わって、劇場の出口のところで中学生か小学校高学年くらいの男の子に呼び止められたんやんか、「セル画見せて」って。どうも彼らは可愛い女の子のキャラクターのセル画を探してたみたい。まぁね、私のは上のようなものやったから、チラッと見ただけで帰してもらえたけど、今ごろその男の子たち立派なヲタクになってるやろな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.07

劇場版 響鬼にブツブツ(笑)

 たいがい火・木・土・日に「村をんなの日常」を更新するように心がけてるんやけど、昨日はちょっと書き込む時間が無くなってもうたんよね。

 というのも「劇場版 仮面ライダーヒビキと7人の戦鬼」に対する村をんなの思いを書いとったから。芝居の感想でもそうなんやけど、ものすっごーーくおもしろいとか、ものすっごーーくしょーもなかったりしたら、ガツガツ書けちゃうなぁ。

 一応土曜日はウルトラマンマックスのレビュー書くことにしてるから、我慢して書いてたけど、実は頭の中は響鬼のことでいっぱいやったんよね。初日に見に行った私以外の人たちもたぶんウルトラマンマックスまで気がまわらへんかったんとちゃうやろか。そんな気がするんやけど。

 さて、肝心の「劇場版 仮面ライダーヒビキへの村をんなの思い」は別サイト(村をんなの本音)に移してありますので、ご興味のある方はどうぞ。ただし、劇場版を一度でも見た人でないと意味がわからないと思います(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.09.04

今週のマジレン&響鬼(9月1週目)

 「マジレンジャー Stage.27」

 今まで結構大人しかったン・マ様もぼちぼちイライラしてきたみたいやね。で、メーミィは冥獣人四低王を呼び出すことにする。今週一番巻き戻したのがこのシーン。っていうのも四低王の名前とキャッチコピーを書き取らなあかんかったからね。
 またこの冥獣人四低王のキャッチフレーズの御大層なこと。冥府三大決戦の一つ暗黒谷の決戦で熾烈に闘って、ブレイジェルを追い詰めたって、前振りだけは凄いねぇ。
 ウルザード「ついにあの4人、決戦の時も近いぞ。5人の魔法使いたちよ」ってか、でも4人ってことは9月のラインアップが冥府三大決戦の暗黒谷の決戦で封印された冥獣人が出てきて、10月のラインアップには別の冥府三大決戦の一つで封印された冥獣人が出てくるっていう展開もおもしろいんちゃうん。それなら11月までの流れが作れるよね。
 で、今週登場するのが「呪いの血刀・冥獣人四低王サムライのシチジュウロウ」。
 「9月4日は串の日だ~」兄ちゃんの歌声を聞いていると、この人は本当に趣味でロックを歌ってるんやろうかと思ったりして。
 食い物の恨みは深いからなぁ(笑)。去年の2月9日の肉の日にお肉を食べさせてもらえなかったこと、未だに根に持っとるがな。
 地上界に現れたシチジュウロウ。冥府流真空斬りって、それはハリケンジャーですか?(笑)
 呪いの血刀で絆を断ち切られた小津兄弟。翼・芳香・麗の三人は別々に部屋を借りて引っ越していくんやけど、あんなに汚くてごちゃごちゃやった芳香の部屋もすっかりもぬけの殻。片付けられへん性格の芳香ちゃん、他人様に荷物を箱詰めしてもらうのが恥ずかしいというよりも、お兄ちゃんの顔を見たくないってほうが勝ったみたいやな。
 翼はアパートでそれなりらしかったけど、芳香のマンションとか、麗の外車とかどんどん高額になってるがな。だいたい麗ったら、小津家ではお母さん代わりの専業主婦のはずなんやから、お兄ちゃんの保証人とか付けへんかったらローンおりへんやろ。
 蒔人兄ちゃんが、10年前のアルバムを見せて、みんなに絆を思い出させようとしているところに冥獣人シチジュウロウの魔人体が現れて、兄弟ばらばらながら、なんとかお兄ちゃんの活躍でやっつけるやんか。
 でもみんなの呪いが解けてなくて、実は刀そのものが冥獣人シチジュウロウであり、その刀を持ったものの身体に取り付くというひねりの効いた展開。さすが普通の冥獣人とは一味も二味も違うがな。それでさっきまで熱弁を振るっていた蒔人兄ちゃんが、反対に兄弟たちに切りかかるやなんて。
 呪いの血刀を振り回していた蒔人兄ちゃん、形が決まっててかっこよかったよね。
 きずなアルバムを切り刻まれ、10年前の串の日の写真が燃えているのを見て、お兄ちゃんの言葉を思い出し、呪いから覚める小津兄弟。そしてマジシャインのスモーキーシャイニングアタックでばらばらに壊れる呪いの血刀シチジュウロウ。シチジュウロウから紫の煙が立ち昇ったんで、もう一度魔人対決するんかなと思ったら、その煙を吸い込んで集めるブルラティス。なかなか一筋縄では終わらへんみたいやね。
 無事、兄弟も元に戻って、バーベキューのやり直し。マンちゃんったら、「タンとハツ」ってねぇ、一番高いもん食べてるんちゃうん。それに肉食植物かよ(笑)。

 「仮面ライダー響鬼 三十之巻」
 
 ありゃ、いつもとオープニングが違うやん。ドラマが始まってるやん。
どこの誰だかわからない男の子に、自転車競走を挑まれて、わざと無視しようとしてる明日夢の怪訝な表情がええがな(笑)。
 今週の脚本が井上先生だってことは、もう先週からあちらこちらで書き込まれてたから、それほどの衝撃も無かったけどさぁ、プロデューサーが白倉Pになってるがな!!そっかー、白倉Pが仮面ライダーに戻ってきたんか。ということは、今週からの仮面ライダー響鬼は先週までとは別物と割り切って考えた方がええかもしれんな。
 提供のところかて、今週のダイジェストになってるし、そこに気を取られてたから、提供読んでるのザンキさんやって気が付いたの終わりの提供の時やってんから(笑)。
 編入生・桐矢京介って草加Jr.だねぇ。井上先生こういうキャラ好きやよなぁ。何でもできる嫌味な奴。
 新しい魔化魍は、人間を食っちゃうんじゃなくて、火で燃やして灰にするんか、おいおいオルフェノクみたいやんか。
  お得意様のお嬢様たちと雑談するヒビキさん、でもねぇ、そんな説明してるとあの年代のお嬢様たちは黒澤明監督の「七人の侍」のリバイバルでもやってるんかと勘違いするでぇ(笑)。あっ「七人の侍」って禁句やったかな。                                   せっかくイブキから怪しい魔化魍の連絡がきているのに、出動要請じゃなくて引き続き店番を頼まれたヒビキのすねた顔ったら、こんな顔するん初めてちゃうん(笑)。
 白倉響鬼、ちょっと様子見って感じかな。
 白倉P様、小林靖子先生の登板はあるのでしょうか。是非是非お願いしたいんですけど。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.09.03

「第10回 少年DASH」

 数ヶ月に一度、社会見学に少年たちをベースタイタンに招待するっていう設定で、視聴者の我々にも基地を詳しく紹介。
 少年DASHのマサユキ君って、カイト隊員に顔が似てたと思わへんかった?似てたよねぇ。
 社会見学の少年たちの前に遅刻して現れるコバ隊員。その上、今月に入って3回目ということまでばらされて、初っ端からこんなんじゃ信用無いのも当然やね。それも非番明けで寝過ごすなんてね、夜勤明けで寝過ごしたんやったら同情するけどさぁ。まぁ、DASHのTシャツが似合ってるから許したるかな(笑)。
 「対策が無いならまた失敗しちゃうじゃないか」とマサユキ君に叱責されるコバ隊員。こらこら生意気盛りの少年よ、ヒジカタ隊長だってそんなに厳しく怒ったことないでぇ(笑)。
 コバ隊員のことを小馬鹿にしていたマサユキ君も、怪獣メタシサスが壊した携帯電話の中継アンテナが自分の方に転がってきたところを助けてくれたコバ隊員に、どうすれば怪獣の現れるところが判るのかを教え、それによってウルトラマンマックスと協力してメタシサスを倒す。
 メタシサスってさぁ、足がない形やったからバトルアクションがあんまりおもしろくなかったよね。毎回楽しみにしているプロレス技無かったし(笑)。
 まぁ、今回はコバ隊員のキャラクター紹介がメインやったからなぁ、しゃーないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じゃぁ、いってきます

 いよいよ仮面ライダー響鬼+マジレンジャー映画版封切り

 なんか皆さん、いってきますコールしてはるんで、私もこれを書き込んでから出かけます。

 テレビブロスで簡単にあらすじも予習したしね。

 しかし、自分でお金払うて映画見に行くの何年ぶりやろ。去年は試写会でブレイド見たしな。5年ぶりくらいかな?藤山直美ちゃんの「顔」以来や。ここ最近は5年に1回くらいしか映画って見てへんねんけど、今年は10月に萩野君の出てる「一生の?お願い」もあるし、11月には「仮面ライダー THE FIRST」もあるし、久々に映画館通いの秋になりそうやな。

 じゃぁ、行ってきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »