« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005.10.30

今週のマジレン&響鬼(10月5週目)

 「マジレンジャー Stage.35」

 いよいよ最終章の開幕やったからか、いつもなら年末恒例の1年回顧の回が2ヶ月早めになったみたいやね。

 オープニングテーマの時に9ヶ月見続けてきたウルザードがいなくなってたから、やっぱりなんか寂しかったよなぁ。

 ナイ・メアが見つけたインフェルシア預言の書によって、今までのマジレンジャーの復習になったけど、久々にナイ・メアのシーンとセリフたっぷりあったよね。

 魔法部屋、何日もお母さんの居所を占うのに、何の手がかりを見つけることができない麗。思いっきりキレてたけど、初めのころの麗やったら落ち込んでたはずやのに、いつのまにやらキレキャラになってもうたんかいな。

 みんなの記憶の中からお母さんの居場所を探ろうとするヒカル先生。まず魁とおでこを引っ付けて記憶を辿る魔法を掛け、次は翼。おいおい、このシチュエーションは特定の視聴者を喜ばせてるんちゃうん(笑)。
 
 ナイ・メアが先週までに倒された冥獣や冥獣人たちを読み上げ、これからのことを読もうとしたところで、預言の書が飛んでいってまうんやけど、なんでバンキュリアになって追いかけへんねんって思ったよね。

 お母さんがウルザードにやっつけられた場所で記憶を辿るために麗とおでこをくっつけるヒカル先生。芳香とは京都でやってたから、これで蒔人にいちゃんだけはおでこくっつけてもらってないがな(笑)。

 ウルザードの腰から下が馬になってる姿、めっちゃ懐かしいなぁ。ウルザードとマジマザーの戦いのときにマジマザーが投げつけた氷の矢がウルザードの腰に刺さったことにどんな意味があるんやろうと思ってたら、こんなところに生きてくるやなんて、こんなにつじつまがあってるスーパー戦隊って素晴らしいねぇ。

 預言の書を追いかけていって、崖から落ちたところにあったものは、「ものすごく広いけど、ン・マ様謁見の間にそっくり」だって(笑)。

 いよいよ最終章を飾る冥府十神の顔見世かいな。みんな素晴らしい造型やねぇ。冥府十神を見て、相変わらず猪突猛進の小津兄弟はマジレジェンドで対抗しようとするけど、一発で吹っ飛び、ヒカル先生には「戦ってはいけない」って言われるし、どうなるマジレンジャーってところで終了。
 
 ブレイジェルでさえ、ン・マ一人を倒すのに命がけやったのに、まだ人間体の小津兄弟と冥府十神の戦いって、冬の蚊と人間くらいの差があるんちゃうん。

 「仮面ライダー響鬼 三十八之巻」

 部活に燃えようと思ったところに、部長から補欠を合宿に連れて行く予算がないと言われて、ますます落ち込む明日夢。
 でもねぇ、「たちばなへお汁粉食べに行こう」ってモッチーと手を繋いでたけど、なんかぎこちなかったよね。まだカップルでもない高校生が手を繋ぐって、どうなんかなぁ?

 ありゃ?今週の脚本・敏鬼じゃないんや(笑)。米村正二さんってググって見たらアンパンマンとかの脚本書いてはった人なんやね。監督もテレ朝の田村監督やし。

 脚本の米村さんと田村監督。今までの響鬼をちゃんと読み込んで作ってるって気がしたなぁ。明日夢が部活で干されたのと、響鬼たち鬼の音撃が魔化魍に通じないってのがちゃんとリンクしてるしさ。
 ギャグの振り方が、またちょっと肌合いが違うかなって感じはしたけどね。

 ゴジラかぁ? あぁ、とかげか(笑)。
 ヒビキさんも久しぶりに、森の精気を浴びてりフレッシュってところかなと思ったら、音撃が効かない魔化魍が現れるしなぁ。

 響鬼・威吹鬼・轟鬼の3人がかりで音撃しかけてたけど、響鬼が火焔鼓を捻じ込むのとか、威吹鬼が烈風を吹くの見るの、めっちゃ懐かしい気がするのは何故(笑)。

 8拍数えて、手をあげないかんちゅうのに、部長や桐矢の言葉を思い出して、気もそぞろな明日夢。部外者のモッチーと桐矢が手を上げてるのが可愛いな。

 今回の明日夢の質問には、ちゃんと判るように答えてくれてたよね、ヒビキさん。

 ウィンドに飾ってあるウェディングドレスを見て、日菜佳のことを思い浮かべてすぐに、ザンキとイブキが同じ車に乗ってるところを見て、ジェラシーを起こすトドロキ。この二人が一緒にいるってことは、あきらの相談やっていうことわかってるはずやろうにねぇ。

 とうとうあきらの揺れてる気持ちが、イブキにも移っちゃったみたいやね。
ザンキさん、かっこよすぎ(笑)。宗家の跡取だろうが、なんだろうが叱りつけることができる男って、そう世の中にはいないんやなぁ。「師匠をする資格がない」なんて言ってる人間は、宗家として鬼たちを引っ張っていく資格もないもんなぁ。そりゃぁ、ザンキさんに叱られてもしかたないさ。

 ザンキさん、かっこよすぎPart2。やっぱりトドロキの前では、胸の古傷が痛んでも「疲れただけだ」って言うし、「いつまで俺に甘えるつもりだ」って叱りつけるし。
 車のウィンド開けて、「今のお前は殴る価値もない」って冷酷にウィンドを閉めて、車を発進させるところとか、思いっきりザンキさんを見せてくれてるがな。

 トドロキはザンキがイブキと組んで魔化魍退治する鬼に復活すると思って嫉妬してたんかなぁ?

 アームドセイバーの音撃が効かないことをミドリに相談にくるヒビキ。ヒビキとミドリが相談しているところに現れる魔化魍と烏帽子童子・姫。
 明日夢が烏帽子童子・姫に襲われそうになったところで、烏帽子姫に殴りかかるミドリ。さすが猛士だけのことはあるよな、めっちゃ形がきれいやったやん(笑)。でも結局、足持って引きずられてたけど。

 そういえば、烏帽子童子・姫も昔どおり、魔化魍の餌探ししてたやんか(笑)。基本に忠実な脚本やったよね。米村さんはあと何回響鬼の脚本書いてくれはるんやろう。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2005.10.29

 「第18回 アカルイセカイ」

  今週のウルトラマンマックスのストーリーおもしろかったがな。
でもってWAHAHA本舗座長の佐藤正宏(ネットで調べたら、村をんなと5日しか誕生日が違わないんやけど…)の怪演の賜物やろうな。

 エリーの分析の結果、巨大な反射板によって太陽の光を反射させることによって、日本に二つの太陽が出現してしまう。

 ダッシュ基地に勝手に入り込んできた"営業マン"のようなシャマー星人、これが佐藤正宏。高らかに笑い声をあげるんやけど、目が笑ってないから怖いんよね。隊長が捕まえようと飛び掛るんやけど、実体が無くてすり抜けてまうねん。

 UFOから送り込まれてきた巨大シャマー星人やりたい放題。「お礼のプー」攻撃までしてくるし(って「お礼のプー」の意味が判る人っているんかなぁ?先日亡くなられた岡八朗さんが吉本新喜劇でやってたギャグなんやけど)。

 おっ、久しぶりにダッシュバード墜落&ミズキ気絶(笑)

 巨大シャマー星人の動きって、吉本新喜劇っぽかったと思わへんかった?
 動きはおとぼけなんやけど、実体が無いから、攻撃が全然通じへんで、疲労困憊するウルトラマンマックス。エリーの言葉を思い出して反射板に向かおうとするところを、攻撃されて地上に落ちてカイトに戻ってまうなんて、ウルトラマンマックスとしては最悪の結果とちゃうん。

 3日も占拠されてるのにやっと現れる長官。いかにも日本的な対応やなぁ。
 
 シャマー星人の一言に気がついて照明を消すと、ねずみくらいの大きさのシャマー星人の実体になってまうんやけど、なんでその時に捕まえへんかったんやろうね。

 今週の特撮の見せ場は、大気圏を突き抜けて反射板を攻撃してまうミズキと爆発した反射板やったかな、きれいやったやん。

 今週はウルトラマンマックスの見せ場ないんかよーーーと思ってたら、シャマー星人のUFO爆発して終了。あんまりかっこよくなかったよな、バク転も側転もなかったし(笑)。

 来週は、偉大なるOBがご登場のようで、胸からメガネ取り出す懐かしのポーズ付きやったがな。こうなると団次朗さんにもご出演願いたいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.27

久しぶりの大阪城

この間の日曜日(05年10月23日)、松下IMPホールに芝居を見に行くのに、ちょっと早めに家を出て、天満橋で地下鉄を降りて、大阪城のネキ(大阪弁で"そば"のこと)を通ってみようかなって思ったんやんか。

 松下IMPホールって、地下鉄の駅で言うと大阪ビジネスパーク駅(長堀鶴見緑地線)を降りてすぐなんやけど、谷町線からやと、乗り換えがうっとうしいってところもあるんよね。で、歩くことにしたんやけど。

osakajo 久しぶりに近くで見た大阪城に感嘆!!

まだまだ23日って暑くてね、全然紅葉してないのが、残念やってんけど。観光バスもいっぱい止まってたし、インターナショナルでしたな。中国語・韓国語・ロシア語?が飛び交ってたがな。

 私の見に行った芝居は

h-ticket 花組芝居の草迷宮。

花組芝居ってね、このチラシの片割れ見てもらってもわかると思うんやけど、役者は全部男ばっかり。ってことは女役は女形がやるんよね、だからマジレンジャーに出てたメーミィみたいなしゃべり方の人いっぱい出てくるわけよ。芝居の後、友達と1時間くらいミスドでおしゃべり&情報交換。

そのあと、梅田ブルク7に「仮面ライダー THE FIRST」のチケット買いに、イーマに行ったんやけど、おしゃれなファッションビルでおしゃれなカポーがうろうろしてたがな。

 チケット買ったら、前売プレゼント(仮面ライダーフィギュア・スタンプ)の引換券もらえたんやけど、楽しみやな。これから手紙の封緘、仮面ライダーのスタンプにしようかな。

tirasi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.25

"noteブック"サービスがなくなるそうで

 ニフティの@homepegeの中にあった"noteブック"のサービスが06年5月31日で終了するんやて。それでココログに移行をお奨めしてはったんやけど、ココログは、もう「村をんなの日常」として動きだしてるしなぁ。かといって2つ目からは別料金やろぉ。

 "noteブック"サービスは「独白」って名前で芝居の感想書いとったんよね。新劇通信簿にリンクさせてあったから、あんまり人が来なくて、好きに書けとったのにな。

 「独白」どこへ移そうかなぁ。どこかに移すにしても移す作業が始まるんかぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.23

今週のマジレン&響鬼(10月4週目)

「マジレンジャー Stage.34」

 いよいよこの回で第2部終了でしたよね。マジレンジャーって本当に計画通り粛々と進んでるって感じやなぁ。

 スモーキーに呑み込まれたことで助かったヒカル先生とルナジェル。めっちゃ都合のいい裏技持ってんねんなぁ、スモーキー(笑)。
 先週までの復習にナレーターが入ってるで、これって初めてのことちゃう。さすが第2部終了だけのことはあるがな。

 なぜブレイジェルがウルザードにならなければならなかったのかという解説。磯部さんの渋いお声で聞かされると納得しちゃうよね。
 ン・マって蛸やったんかよっ!!えらいあっさりとネタバレさせてるし(笑)。

 ウルザードからブレイジェルになるきっかけは、メーミィが作ったハイボールドの影響やったんか。そうなんかなぁ?確かに「五色の魔法使いよ、強くなれ」って言ってウルカイザーは戦いを止めて去っていったけどさぁ。

 母さん子の魁は、母さんへの敵討ちの気持ちで今までウルザードと戦ってきたし、力も強くなってきたから、いくら他の兄弟が父さんと呼んだって、父としての実感ないから、あれだけ強く父のことを拒否できるんやな。
 私としてはもうちょっと魁の気持ちの中に葛藤とかあるんちゃうんかなって思ってたんやけど。

 メーミィが天空聖者同士の果し合い「デュエルボンド」をヒカル先生に提案するけど、天空聖界で果し合いするんかいな。

 地上に戻ってきた魁が巨大化したキマイラと戦うために、さっき初めて紹介されたユニゴロンと合体してセイントカイザーに変身しちゃってたけど(笑)。もう劇場版でお目見え済んでるから、当たり前のように出してくるがな。
 
 ありゃ、キマイラ撃沈!! 早っ!!

 最近、マジシャインのアクションが少ないって、各ブログでぶちぶち文句が出てたけど、今日は飛び技もあったし、見せ場たっぷりやったね。

 「デュエルボンド」で追い詰めたられたライジェル、メーミィの姿に戻って魔法で逃れようとするやん。サンジェルもヒカル先生の姿になってメーミィを討ち果たしてたけどさぁ。ヒカル先生の姿って地上に現れるときの仮の姿やんか、せやからマジレンジャーがやられて小津兄弟の姿に戻るのと、ちょっと意味が違うはずやのに、いつのまにかサンジェル・マジシャインがやられたらヒカル先生に戻るのも普通に見てまうように、我々も馴らされてるような気がせぇへん?

 魁のセリフ「父さんとの思い出がウルザードとの戦いの記憶なんて…」、めっちゃ切ないよぉ。芳香と麗、マジ泣きしてたよね。

 ン・マ蛸、えらいあっさり封印されてもうたがな。マジレンジャーが始まって34回ずーーーーっと穴の中に籠もってて、やっと出かけたと思ったら…。ブランケンと同じやん(笑)。

 封印したけど、やられたかどうかはあやふややったから、また最終回近辺に復活してくるかなブレイジェル&磯部父さん。

 来週からは、いよいよ最終章でインフェルシアの神々が10体でるらしいやんか。ほんと粛々と物語が進んでいくなぁ。

 「仮面ライダー響鬼 三十七之巻」

 あきらを探す鬼たちから始まった響鬼。音錠取られたっちゅうのに、顔だけ変身解除でうろうろしてるけど、いいんかいなトドロキ。

 今日の響鬼でしょっちゅう出てきたBGMの出だし(ヴァイオリンの)ってさぁ、ファイズのときのBGMに似てたよね。
 
 烏帽子童子、とうとう覚醒しちゃったよ、あのおとぼけなのがよかったのに、残念。

 揺れるあきら、イブキにとっても初めての弟子やと思うし、まして女の子やし、宗家のいいところのお育ちで元々優しいし、イブキなりに気を使ってるんよね。
 ところがあきらは、今までのようにイブキ一筋に信じていいのかどうか迷いが出てるところに、同じように親を魔化魍に殺されて、何人も鬼を育てた女性の鬼が目の前に現れたんやもんなぁ。その上、大事そうな会議では、席を外してくれって言われたら、あきらの居場所がどんどん無くなってくる様な気持ちにさせられてしもうてもしゃぁないよな。その辺のところの感情表現、なかなかがんばってるんちゃう。

 イブキも初めての鬼祓いを命じられて、自信の無さからヒビキに頼ろうとしてるし。そのままサポーターでヒビキが入ったら、結局止めをさすのはヒビキになっちゃうやろうなぁって見てるこっちにも伝わってきたよね。イブキに自信がないからあきらも揺れてるってところがあるんやろうなぁ。

 朱鬼は呪術的な才能があるってザンキが言うてたよね。男鬼が力技なら、女鬼は力が弱い分呪術的な才能が必要になってくるんやろな。トドロキのばぁちゃんより年上ってことは80歳以上ってことかな。
 
 鬼祓いに現れるイブキ。イブキの命令に初めて抵抗するあきら。仲良く太極拳で気を練っていたこともあったんやもんなぁ、弟子を育てるっていうのは、優しいだけではあかんし、イブキにとってもあきらにとってもここを乗り越えんことには本当の師弟にはなられへんのやろな。

 シュキに烈風を向ける前に、出現するノツゴ。
ノツゴの餌食になりかけたあきらを助けるために、斬鬼に変身するザンキ。
あきらを助け出すことはできたけれど、代わりに餌食になった朱鬼は自らの身体を貫いて音撃をしかけ、ノツゴに致命傷を与え、斬鬼が止めを刺す。

 朱鬼にとっても、斬鬼にとってもノツゴは決着を付けなあかん相手やったからなぁ、先週のセリフ「死に行く花も生かすように」というのが朱鬼の覚悟の言葉やったんよね。ノツゴを倒すためだけに生きてきたんやろうな、朱鬼は。
 
 朱鬼の最後の願いを聞き、花々で埋め尽くすザンキ。自分を殺しそうになった朱鬼とはいえ、師弟愛がこの二人の間にもあったんやなぁ。ザンキさんも基本的には優しい男やよね。せやからいつまでたってもトドロキがザンキを頼ってまうねん。

 今週はザンキ・あきらファンにはもうよだれ物の展開がずーーーっと続いたよね。でも残念なことにABC管内は気象情報入っちゃったんやんか。永久保存版で録画してた皆さん、悔しがってるんとちゃうやろか(笑)。

 来週もまだまだイブキとあきらの関係は修復でけへんみたいやな。ミドリさんははじけてはったけど。イブキとあきらが暗い分、ミドリさんがギャグの部分でフォローですか。ザンキファンにとっては胸を押さえてるザンキさんも気に掛かるところやし。

 
 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.10.22

「第17回 氷の美女」

 ウルトラマンマックスも定食メニューに戻っちゃったんやなぁってのが、まず見始めた感想ってとこかな。ちょっと解説的なセリフ多かったよね。

 10万年前の氷の層から見つかった美女ニーナ。でもあの状態やと一旦氷を溶かして運んできたことになるやんか。だのにあの箱の中はマイナス50度に設定してあるって、いったん解凍して再び凍らせるのってあんまりよくないんちゃうんやろか(って冷凍食品と同じかいっ!)。少し引っかかるよね。
 
 ニーナに一目惚れしてしまうコバ隊員。というより憑依されちゃったって方が近いのかな。

 今までどう見ても、ダッシュが向かうべき場所でないところでも、しゃしゃり出てたダッシュやけど、今度はちゃんとオーストラリア支部が出撃してるやんか。でも日本のUDFに比べて、かなり重厚目(笑)。

 今週の特撮の見せ場はやっぱり海中のエラーガかな。

 ニーナの鬘、めっちゃ不自然(笑)。コバ隊員の遺伝子から人類の記憶を読み取ったら運転できちゃうんやね。ちゃんとシートベルトしてるのがおかしいっちゅうねん。

 おぉ、ウルトラマンマックスにもバイクが…。オープニングにもこっそりダッシュドゥガの映像入れ込んであったし。でも何故コバ隊員私服でダッシュドゥガに乗ってるんやろ?私服やのにダッシュライザー握ってるし。

 今回のマックスで一番腑に落ちなかったのが、屋上で怪獣フィギュアを戦わせてた子供。出撃中のカイト隊員がウルトラマンマックスに変身するために一人にさせなければならない状況を作るために無理から入れたシーンやと思うけど、不自然すぎるやん。
 普通に逃げ遅れたので、よかったんちゃうん。

 コバ隊員、ニーナの真横からダッシュライザー打ったのに、ニーナの打たれて倒れるアクション、それじゃぁおかしいやろ。いかにも定番な崩れ落ち方やんか(笑)。

 今日は、ウルトラマンマックスの感想、軽めでしょ、だってこれから今日買ってきたヒロヴィ読まなあかんから(笑)。ザンキさんが表紙で、渋江君の名前が載ってたら、買わなあかんがな、ヒロヴィvol.20 商品券やら図書カードやら掻き集めて買うてきたで(笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.10.20

10月19日のテレビ

  「相棒・殺人講義」
 夕べの「相棒」に溝呂木賢君、出てたやん。髪の毛茶色にしてたし、細くなってたから、ぱっと見たとき気が付かへんかったがな。どっかで聞いた声って思って、画面に近づいてやっと「あぁ~、溝呂木だぁ」ってな感じ(笑)。
 啓太郎のときより垢抜けてたというか、仮面ライダーに出てたからって無理してないかぁ。
 でも管理人の息子に「おじさん」って指差されてるし、「CD返してもらえないから殺したんじゃないのかぁ」なんて理不尽な取調べ受けてるし、役者としては美味しい役やったよね。こういう無理無体なこと押し付けられるの似合うから(笑)。
 今、どうしてるんかなぁ。芝居巧いんやから、もっとテレビに出て欲しいよね。

 さて、「相棒・黒衣の花嫁」に文学座の浅野雅博さんがご出演されます。というてもチョイ役らしいんやけど。
 浅野さんは文学座の舞台を中心に仕事をされているので、たま~にしかテレビに出てきはらへんので、めっちゃ貴重(笑)。
 「村をんな立寄所」のところにリンクしてある「産直あさの通信」が浅野さんのブログです。ここで顔をチェックしてから、「相棒」見てね。

 もう一つ、大阪毎日放送で放映された「ジャイケルマクソン」。「デザイナー」の番宣込みで松本莉緒ちゃんと天野君が出演してたんやけど、なんといっても関西ローカルなんで、おすそ分けに一枚。
 陣内とほしのあきが司会でゲームしたんやけど、普通こういう時ってゲストが優勝するような段取りになってるやん。ところがそこは大阪、しっかりレギュラーのフットボールアワーが優勝して、北新地の美味しいお寿司屋さんのにぎり寿司食べとったがな(笑)。

makuson

 「デザイナー」で思い出したけど、結城朱鷺とマサキってどういう関係なん?亜美に向かって「若を傷つけたらお前を殺す」とか言うてるし、ソファーでうたた寝している朱鷺をお姫様抱っこして寝室まで連れて行ってるし(笑)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.10.19

日曜日からアクセス増えてるんやけど

 普通、「村をんなの日常」のアクセス数が多いのは日曜日、だいたい120~130くらいあって、それが平日に徐々に減っていくんやんか。ところが、火曜日やというのに200もあって、何でやろうと思ったら、くの一部隊の報告によると「日本シリーズ」をワード検索して来られてる皆さんが多いみたい。

 でも、今ごろ情報を探してるってことは、千葉ロッテファンの方が多いんかな。テンプレートのデザインが思いっきり虎やからなぁ(笑)、それに大阪弁やし。たくさん来ていただいてるのに誰一人足跡を残して行かはれへんのは、ロッテファンなんやろうと思ってます。

 10月19日からは甲子園の一般前売が、20日からは千葉マリンスタジアムの一般発売が始まるんやけど、日本一の戦いの前に壮絶なファン同士のチケット争奪戦がいよいよ開幕やん。9月30日の記事に「2005年日本シリーズ入場券応募要綱」リンクさせてますので、ご参考にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.16

今週のマジレン&響鬼(10月3週目)

 「マジレンジャー Stage.33」

 1989年 魁1歳 なんか1989年なんてついこの間のことのような気がするけど。「ブレイジェルは常に誰かのために戦っていた」んか、やっぱりね(笑)。
 
 いよいよ天空聖者ブレイジェル・サンジェル・ルナジェルの登場で、話がでかくなってきたなぁ。でもこの3人の造型、いいよね。ヒカル先生とリンが語るブレイジェルの思い出のところで、ブレイジェルのセリフだけはリンが言うてたやんか、やっぱりここではブレイジェルの生声は聞かせられへんよなぁって思って見てたんよね。

 天空聖者4人がゾビルと戦ってるところにちゃんと登場していた最強の冥獣人ズィー。ということはこれは暗黒谷の決戦のシーンってことなんかな。

 メーミィが呼び出したマルデヨーナ世界で、メーミィと戦うときにルナジェルが天空聖者の姿に変身したから、ヒカル先生もそうするのかと思ったら、普通にマジシャインやったやんか。ルナジェルって気は強いけど、ほとんど戦えないみたいやな。

 メーミィのセリフ「ブレイジェルは自滅し、我は生き残った」、ブレイジェルはどう自滅したんやろう???

 メーミィの策略にはまって、トラベリオンのエネルギーを全て吸い取られてしまい、合体冥獣人キマイラが生まれるやんか。キマイラも結構いい造型やんか。何週がんばるんか判らへんけど、なるべく長く出続けてほしいなぁ。

 インフェルシアに連れいていかれ、鎖で天井から吊り下げられる小津兄弟。
この中で一人父の言葉「可能性がなきゃ、自分で作るまでだ」とつぶやく魁。完全にレッドとしての存在感が確立されたがな。マジレッドに変身した後のアフレコもン・マの穴からの攻撃にあげる悲鳴もすっごい気合が入ってて、よかったんちゃう。

 薄れていた記憶が徐々に明らかになっていき、魁の前に立ってン・マからの攻撃から魁を守り、ン・マの穴に切りつけるウルザード。爆発で白くなった画面が元に戻ると、そこに立っていたのはブレイジェル!!!
 きょへーーー、今日はそこまで種明かしさせるんかいって思ったら、もっとびっくりの展開が。
 うぉーーーーーー、磯部さんだぁーーーーー!!!!

romeo  村をんなの持ち物の中から、特別にお披露目してしまいます。
24年前の父さんの写真。シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」でロミオを演じてる磯部さんです。本当は15年前の写真載せたかったんやけど、いいのがなかったんよね。

 

  「仮面ライダー響鬼 三十六之巻」

 ストーカー京介、あきらがイブキの弟子と知って、オロナミンCの早飲みをふっかけるけど、そこは明日夢よりも冷静なあきらだけあって、ばっさり切り捨ててましたねぇ。

 あきらちゃんの制服姿、可愛いねぇ。悔しそうなあきらの顔もなかなかやけど、やっぱり微笑んでたほうがいいよね。

 イブキとあきらが話し合ってるシーン。おっ、困った顔つきでセリフ言ってるイブキ見るの初めてかも、良いやんかぁ。これからストーリーもシビアになってくるから、いつまでも春風ふんわりみたいなイブキばっかりではいてられへんよな。

 車の中でノツゴについて語る(というより解説)ザンキとトドロキ。ちゃんと視聴者の突っ込みを予想してるようなセリフをトドロキにいわせてるやんか。ノツゴが出てくるのは10年ぶりで、ザンキが師匠と最後に戦った魔化魍で、師匠が唯一倒せなかった。その時のザンキの師匠が朱鬼やったんか。で朱鬼が鬼を辞めさせられた後、先代の斬鬼のところで修行してたってことになるんかな。

 いけばな教室で、「切花一本一本にもっと念を込めなさい。死に行く花を生かすように」っていうセリフ。なかなか深いっすねぇ、この意味がはっきりするのも来週かな。
 いけばなの先生、式神飛ばしてるし。

 だいたいザンキの師匠・朱鬼でも倒せないくらい強いノツゴに轟鬼一人じゃ、無理やろ。あっという間に振り飛ばされてるし、音錠ははずれちゃってるし。ひょっとしてザンキの胸の古傷っていうのもノツゴとの戦いのときにできたんちゃうん。

 変身忍者・嵐に音錠を横取りされたときに、ザンキが岩陰から出てきてDAを投げるやんか、ザンキの気合の入った投げ方めっちゃかっこええやん。今までこんなにシャープにDAを投げつけた鬼・弟子・サポーターっておらへんかったんちゃうん。

 DAによって、あっさり壊される鎧。その下から現れたのはいけばなの先生・シュキ。シュキはノツゴにリベンジするために現れるのを待ってたんかな。
 朱鬼が現れたところで、久しぶりに筆文字出してきたよね。女性の鬼やから、あまり角が強調されてないのかな。印を切ってハープを出現させるなんて、なかなかやん。

 今回は、ザンキとあきらの魅力満載やったよね。ストーリーも本筋らしくなってきたし、高寺響鬼をようやく消化してきたって感じかな、散々視聴者に文句言われて(笑)。

 

| | コメント (4) | トラックバック (2)

 「第16回 わたしはだあれ?」

  首都圏の団地に住む人たちの記憶が失われていくという珍事件が勃発。人間だけじゃなく、犬がお手や待てを忘れたり、九官鳥(笑)が言葉を忘れたり。

 もう出だしなんか、完全にお子様無視のドラマ作り。

 三池崇史監督だから許されるのか。というか三池監督にしか作れないよね。先週のべた褒めの評判を聞いて、今週初めてウルトラマンマックス見た人たち、ひっくり返ったやろうな(笑)。

 もうあきれながら、笑うしかないがな。

 初めは町の人々だけが記憶を失っているのかと思ってたら、ダッシュのメンバーまで肝心のところの記憶を失って、ダッシュバードの操縦は忘れてるし、操縦できたと思ったら、ただただ回転するばかり。
 コバ隊員は、ダッシュバードを発進させようとして、ミサイルを発射し基地を破壊してまうしね。
 先週といい今週といい、ダッシュは完全に機能してへんがな。

 カイトは変身の仕方忘れてるし、やっとぶっ倒れた偶然でマックスに変身し、宇宙化猫と戦おうとして折角いつものテーマソングとともにかっこよくポーズを取ろうとしたのに、マクシウムカノンの出し方忘れてもうて、くねくね体操してるところが可愛いちゅうねん。それに合わせて、目が点になってまう化猫(爆)。

 とうとうぶち切れて頭から湯気を出し怒るエリーの「やかましい!!ええ加減にせんかい!!」のセリフ回し、めっちゃナイス(笑)。

 「平和のため・仲間たちをを守るために戦うことを思って」新しい必殺技で宇宙化猫ミケ・タマ・クロを退治。ウルトラマンマックスとしての最後の一線だけは守って終了(笑)。

 来週はコバ隊員が氷の美女に迫られるらしいけど、あのバイクに乗っていた男の人って、コバ隊員?それともサプライズゲスト?
 

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2005.10.13

ゲキ×シネ「SHIROH」大阪上映の件

 11月5日から始まる「仮面ライダー THE FIRST」の情報でも無いかなと思って、梅田ブルク7のサイトに行ったんやんか。そしたら仮面ライダーの情報は無かったんやけど、ゲキ×シネ「SHIROH」上映するって書いてあったんやんか。

 上映期間:2005年11月12日(土)~11月23日(祝・水)

 「うぉっ、行きた~い」って思ったんやけど、どうもレイトショーの19:10~の上映しかなさそうやねん。「SHIROH」ってさぁ、上映時間210分やねん。3時間半やからなぁ。終わったら10時半過ぎるから、行きにくいというか、行かれへんというか(涙)。

 詳しくは梅田ブルク7のサイトへどうぞ。お芝居の方見逃した、レイトショーで帰りが少々遅くなっても大丈夫って方、お奨めです。笑えます!!泣けます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.12

モーツァルトのチョコレート

choco 昨日、友達に会った時に、もらったのがこのチョコレート。なんかいつのまにかオーストリアに遊びに行ってたみたい。モーツァルトが大好きな子やったので、きっと一度は行ってみたかったんやろうな。チョコレートと一緒に旅行レポももらったんやけど、文章ばっかりで、すっごい綺麗なお城とかいろいろ書いてあったんやけど、どっちかというと写真が見たかったぞ(笑)。

 さてこのチョコレート1個食べてみたんやけど、なかなか不思議な味がして、でも何の味かって、ぴんとけぇへんねん。それで箱の裏を見たんやけど、日本語で説明ないし(韓国とか中国のお土産やと変な日本語が載ってることあるよね)。

 marzipan(39%) and paline creme(32%)らしいんやけど????(笑)

marzipanはアーモンドペーストで、palineはクルミ入り砂糖菓子だそうで、不思議な味と思ったのは言われてみればクルミだったような気がする・・・。

 まぁね、あんまり日本ではこんな味のチョコレート食べられへんから、お土産らしくてよかったかも。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.10

今週のマジレン&響鬼(10月2週目)

 「マジレンジャー Stage.32」

 あんまり使いこなしたとは言えない間に、ウルザードに取り上げられちゃったウーザフォン。こらこらウルザード「魔法は必要ない」と言い放してまだそんなに経ってないんちゃうん。魔法を使わずに活躍した覚えがあんまり無いんやけど(笑)。

 サッカーボールを指の上で回転させてた翼。これって、結構巧いんちゃうん。
 
 試合の途中で交代させられてブーたれている魁にお父さんの思い出話をする蒔人にいちゃん。蒔人兄ちゃんの子供時代のシーンでお父さんが登場したやんか、顔は隠してあったけど、体型の感じといい、アップになった口元といい、磯部さんご本人のような気がするんやけど。声はもちろん磯部さんそのものやったから、いよいよウルザード=父の正体が現されるのも時間の問題ってストーリー展開に入っていくんやろうな。
 ガオレンジャーの時、狼牙の姿の時は声優さんが声当ててて、大神月麿のときは玉山君が本人の声でやってたから、ひょっとしたらそのパターンでウルザードの時は磯部さんで、お父さんになったら別人になるかもって思ってたんやけど、そうでもなさそうかな。

 ルナジェル、先週から小津家に住みついてるん?
 
 レジェンドフォームでも5人揃っていないため力の出ないマジレンジャーたちの姿を見て、お父さんとの事を思い出した蒔人。冥菌獣モールドの菌を浴びて、身体中がカビに覆われているのに、戦闘の場所まで駆けつけ、マジレッドの危機一髪を救ったのはいいんやけど、でっかい緑色の旗が現れたのには、そう来るんかいって脱力してもうたがな。確かにお兄ちゃんのセリフはかっこよかったけど。
 まぁね、運動会の季節だからということで、大目に見るかなぁ。
 でもね、あれほど巨大な旗だと、相当の体力がないと振り回されへんで。

 マジレジェンドに合体した後、新しい魔法が天空から降りてきて、みんなでマジロッドを見つめるけど、みんなは向かって右側に杖を倒してたのに、どうしてマジブルーだけ左側に倒してたんやろう、長いから結構目に付いたんやけど。

 ウルカイザを追い込んで、あと一息というところにメーミィが現れて、マジレジェンドにカビ菌を打ち込んだやんか。その時のメーミィの身体の大きさが判りにくかったような気がするな。メーミィは巨大化してるのか?でも岩の上にいるって事は人間サイズなんか?あぁ、やっぱり人間サイズやったんかって、シーンが動いて始めて、つかめたよね。これってカメラワークが難しいってことなんかな。

 今度はマジレジェンドがカビによって攻撃不能になったときに、カビを吸い取って「五色の魔法使いよ、強くなれ」といって戦いを中断して消えるウルカイザ。お父さんの言葉とダブったことで衝撃を受ける兄弟たち。
 ウルザードにも天空から(?)ショックが…。マジレジェンドと闘ったことで、徐々にブレイジェルだった記憶がよみがえってくるのかな?
来週はいよいよ新展開みたいやん。

 「仮面ライダー響鬼 三十五之巻」

 先週からの続き、蝉の幼虫魔化魍との戦いで、響鬼がアームドセイバーを使った新攻撃のとき「キシンカクセイ」って言うてたみたいやけど、これってどういう字をあててるんやろうねぇ。「鬼神覚醒」????白倉響鬼になった途端、こういうところが不親切になっちゃってるよね。

 「イブキさんみたいな人がいいのかなぁ」っていうシーンの日菜佳ちゃん、綺麗に撮れてましたねぇ。
 ヒビキは日菜佳に「無神経なんだから」ってため息つかれて、それが一番引っかかってしもうたみたいやな。

 今夜も明日夢の家に食事を作りに行くヒビキ。前回のリベンジでまたまたシチュー。でも今回はヒビキのほうからちゃんと味見してるし、まぁまぁやったみたいやんなぁんて思ってたら、ヒビキお泊りかよっ!!
 明日夢が元気が無いんで、泊り込みで悩みの相談してやろうとヒビキは思ったんやろうけど、ヒビキのセリフを聞いてるとヒビキの高校生時代が見えてくるみたいやんね。青春真っ盛りの頃はきっと身体鍛えることにしか興味が無かったんちゃう?っていうか、それがずーーーーっと今まで継続してるっていうか(笑)。

 ザンキさんとトドロキのコントなんやけど、ザンキさんも渋いだけじゃなくて、お茶目なところもあるということで、スルーしときましょか(笑)。
 トドロキは真剣に落ち込んでるんやけど、それがあまりにもおかしくて、からかいたくなっちゃったんかな、ザンキさん。
 車の中で「夕焼け小焼け」を口ずさんでたトドロキ、冥菌獣モールドのカビ菌被ったんちゃうんって突っ込んでもうたがな(笑)。

 威吹鬼も香須実のことが気になって、烈風がまるで豆腐屋のラッパになっちゃってたよ(笑)。
 烏帽子姫が烏帽子童子に吐いたセリフ「いつまでも子供ではいられない、お前も早く成長しろ」が三十四之巻・三十五之巻のテーマをまとめて語ってるんかな、ほんとにこのエピソードは男どもがよれよれやったもんね。

 ちゃんとトドロキの相談に乗ってあげたヒビキ。きっと指輪もヒビキと一緒に見に行ったんやろな。
 日菜佳がお使いから帰ってきたとき、トドロキが日菜佳のために打ったうどんですって見せた時、ざるひっくり返してまえへんか、ちょっと心配してもうたんやけど、そこまではおとぼけでもなかったみたいやな。

 あきらちゃんも顔つきがきりっとしてきたねぇ。

 来週からはストーリー本筋に戻るみたいやな。いよいよ残り15話。朱鬼も登場して(ブレイドの虎ねぇさんを彷彿とさせるんやけど)、話が締まってくることを願いたいもんです。吉野の神社から盗まれた鎧兜って、まさか義経伝説が絡んでたりしないよね(笑)。

 前日のウルトラマンマックスであんなに壮大な叙事詩を見せられ、心揺さぶられたりしたもんやから、緩くて痛~い響鬼に「ド性根、入れ直さんかいっ」と河内弁(もちろん巻き舌)が飛び出してしまいそうな日曜日になっちゃいました。

 
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2005.10.08

 「第15回 第三番惑星の奇跡」

  もうこんな凄い作品をウルトラマンマックスで見られるなんて、思わへんかったな。1回目、泣きました。2回目なんか、アッコちゃんが出てきただけで涙腺が反応してもうたで。

 メッセージ性の高さといい、怪獣の造型といい、アッコ役の佐々木麻緒ちゃんの演技の巧さといい、さすが三池崇史監督。 

 最初から、重いっ!!ストレッチャーに乗って手術室に向かう少女の儚げな表情と伸ばした手、もうここから凄すぎ。
 今回の怪獣は「完全生命体 イフ」。イフと入力して変換を押したら、私のパソコンはまず"畏怖"と出てきたんやけど、畏怖そのものの怪獣やったよね。怪獣とは人間の欲望を具現化したもの。イフを攻撃すれば、その攻撃をそのまま取り込んで成長してしまう。
 ウルトラマンマックスの攻撃で一旦は爆破されたように見えたんやけど、それも束の間再び爆破される前よりも強大になってウルトラマンマックスに攻撃し始めてまうんよね。
 イフに何の攻撃もできなくなり、時間切れで宇宙に退避せざるを得なくなるウルトラマンマックス。地球はイフによって完全に破壊され尽くしてまうねん。

 その荒廃した町へさ迷い出る盲目のアッコ。彼女には両親がおらず、施設で育てられてたんやけど、目の病気で手術したにもかかわらず、既に手遅れやったために失明し、それでもけなげにピッコロの練習をして、コンサートに出るのを心待ちにしてたんよね。でも怪獣イフの出現で、コンサート会場の公会堂は破壊し尽くされてしまっていて…。

 アッコの吹くピッコロ、こんな凄い音撃なかったんちゃうん。もう涙なくして、見られへんかったで。よくもまぁ、30分でこんなに深く重いテーマの物語を凝縮して作れたもんやと、感服いたしました。
 
 1回こっきりではもったいない、珠玉の作品やったよね。これが1時間半くらいの劇場作品やったとしたら、映画館で大号泣してたやろな。
 
 

| | トラックバック (5)

2005.10.07

「芸能人おたく」

 野村総研の「マニア消費者層の実態とビジネス的価値に関する調査研究」が発表されたのを見た人も多いと思うんやけど、これを読んで村をんなは「芸能人おたく」カテゴリーに入ってるってことに、今更ながら気がついたがな(笑)。

 パターンで言うと「タイプ3:情報高感度マルチオタク」に完全に属してる(笑)。複数のこだわり分野を有してるのは、ここに書いてるコメント読んでもらってる人には判るやんねぇ、特撮と阪神と芝居。というかこだわりのある分野やと、必ずファンクラブに首突っ込んでるし(笑)。

 特撮ヒーロー系がお気に入りってことはどうも「萌芽期の商品は、入手が困難、高価格、商品情報が少ないなどの制約があるため、一部のオタク層にのみ利用されています。」にあたるんやろうなぁ(笑)。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キーホルダー

 萩野君のファンクラブ更新記念品、今年はキーホルダーいただきました。で、早速家にあった紫の鈴をつけてみたんやけど。そしてどこに付けるかさんざん迷った挙句、肌身離さず持っている小銭入れにつけることにしました。

keyholder2

キーホルダーの下にあるのは、萩野君の「real LOVE」のPV。1番の間、めっちゃ思わせぶりというか、じらしてるというか、顔をなかなか映せへんねん、PV短いねんから、そんなにもったいぶらんでもええやんかぁと思いつつ、でも口元のホクロが色っぽいぞとかって思ったりしてたんやけどね(笑)。

 「一生の?お願い」東京の分のチケットは売り出し始まってるけど、大阪はいつからなんや、ファンクラブでチケット扱ってくれるんかなぁ、どうやねん。一応、大阪の公開日は芝居の予定入ってないから、ちゃんと予定空けて、チケット情報待ってるでぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.04

歌舞伎学会 オープン研究会

 歌舞伎学会からオープン研究会の案内が来たので、掲載しときますね。会員でなくても参加できるみたいです。

 日時:2005年10月23日(日) 13時半 (終了予定:16時半)

 場所:国立能楽堂大講義室(JR千駄ヶ谷駅下車・徒歩5分)

 パネリスト:大笹吉雄(大阪芸術大学教授)・神山彰(明治大学教授)

 司会:上村以和於(演劇評論家)

 テーマ:「歌舞伎における明治~散切狂言の可能性」

 会費: 1000円(会員・非会員とも)

 だそうです。散切狂言って、たま~にやったりしてるけど、でもどっちか言うと埋もれかけてるかなって感じやよね。だから今研究しておかないと、忘れ去られてまう危険性もあるってことなんかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.03

今週のマジレン&響鬼(10月1週目)

 「マジレンジャー Stage.31」

 レジェンドマジレンジャーに変身できる強大な力を得たために、人間に戻ってもレジェンドの力が制御できなくなってしまった小津兄弟。蒔人にいちゃん、「イオンパワーでまくりのすがすがしい男だな」って、こんなところに美味しいギャグのセリフやん(笑)。
 去年の犬のおまわりさんに引き続き、今年は白ヤギの郵便屋さん。現代の白ヤギさんは黒ヤギさんとお腹の中が魔法空間と繋がっていてFAXになってるんか、すっごい郵政改革やん(笑)。でも大きなお友達にはギャグと判るけど、小さいお友達は錯覚するかもね。で、白ヤギさんの被ってる郵便局員の制帽、懐かしいなぁ。今はほとんどバイクやからヘルメットやもんね、今でもこの制帽使ってるんかなぁ?
 メーミィから若さと強さをプレゼントされたブルラテス。「がんばってね、ブルちゃま~」って、メーミィ可愛いやん(笑)。
 若さと強さを取り戻して動きは俊敏で力強くなったけど、外見がそんなに変わってへんから、見た目ちょっと損かなって思えへんかった?
 地上を破壊するブルラテスの元に駆けつけた小津兄弟は、早速レジェンドマジレンジャーに変身して、視聴者は先週の復習。ブルラテス、地上に出てきた途端、やっつけられちゃって、それで見た目を若作りにせぇへんかったんかと納得。予算の都合があるもんね。せっかく4週にわたって逃げ回り生き延びてきたのにね。
 ブルラテスをやっつけて、祝杯・ご馳走を目の前にますます勢いがつきすぎてしまうレジェンドパワー。それを心配して、小津家にやってきたルナジェル。映画で見たし、テレビ本編の合間合間にやってた映画のCMでもちょくちょく見てたから、あんまり久しぶりって感じは無かったなぁ。
 ルナジェルによって、レジェンドパワーを使いすぎると天空聖者になってしまうと注意される。天空聖者になれば兄弟の絆も断ち切られると聞いて、悩む兄弟たち。もうそんな終了直前みたいな仕掛けを振ってくるんかいな。
 またまた御大層な解説付きやなぁ、「一度動き出したら全てを破滅し尽くすまで止まる事が無いという破壊王」やて。翼の作る魔法の薬のネーミングといい、冥獣の謂れといい、毎回考えるの大変やろな。
 冥機ゴーレムってちょっとガウディっぽくてシュールな感じがいいよね。顔のところが太陽の塔みたいやったし。マジキングと
戦ってる時に、バンキュリアの「マジキングじゃ駄目よ」ってセリフがあったけど、ちょっと声が小さかったんちゃうん。
 地球の平和と兄弟の絆を天秤にかけて、レジェンドパワーを選ぶ小津兄弟。
今週は蒔人兄ちゃんの話じゃないのに、蒔人兄ちゃんが真ん中で変身するなんて、珍しいやん。
 マジライオンとマジファイアーバード。マジライオンのポーズ、かっこいいけど懐かしいよね。確かビルに囲まれた場所で戦ってたはずやのに、荒地になってるんですけど、それは突っ込んではいけないお約束(笑)。
 さすが初登場のマジレジェンドシーンだけのことはあって、思いっきりかっこいいやんか。マジキングが霞んでまうでぇ。ゴーレムも1回切りか、もったいないなぁ。
 変身が解けて、天空聖者になりかけな小津兄弟たち。まだまだあと4ヶ月がんばらなあかんから、レジェンドパワーを調整する魔法が都合よく与えられたしね(笑)。
 最後、もう完全にヒカル先生と腕を組んで歩くのが自然になっちゃった芳香。まだまだ芳香ちゃんには、どたばた恋話期待してるのになぁ。

 マジレジェンドのCM、とうとう自動合体変形する玩具ができたんですか、かっこいいけど高そうやなぁ、クリスマス大変やで、これはおじいちゃん・おばあちゃんに買ってもらわなあかんな(笑)。それとウルトラマン・ワンダーカプセルのCM、エリーちゃんが歌ってた。ウルトラマンマックスの中で一番CMのお仕事が回ってきてるのエリーとちゃうん(笑)。

 「仮面ライダー響鬼 三十四之巻」

 こちらも響鬼装甲の復習から。
 たちばなの茶の間でトドロキの話を聞くシーン。全部で3パターン撮影したんかな?編集が凝ってるやん。
 オープニングが変わって、関東支部11人の鬼が並んでポーズしてたのがかっこいいなぁ。11人の鬼が全員揃って魔化魍相手に闘うことってあるのかな?オープニングの最後のシーン、ヒビキさんが歩んでゆく後姿を見つめる明日夢の顔、ちょっと大人になってるよね、うーーんこれくらいの歳の子はどんどん顔が変わるよなぁ。
 超高級ホテルで日菜佳の誕生日を祝ってお食事デートをするシーン。なかなかこのシーンは大切ですよ、ライダーを卒業した後、どんなお仕事ができるかの試金石になるからねぇ。思いっきりいい男を演じているトドロキやけど、残念ながらこの雰囲気には合わんなぁ。日菜佳は月9でヒロインのお友達のお仕事が回ってきてもいけそうやん。
 隣の席で迷惑そうな顔するおばさんが巧いっ!!(笑)
 折角の誕生日デートがわやくちゃになって、落ち込む日菜佳。日菜佳っておちょけてるように見えて、繊細やからなぁ。「正直イブキさんみたいな人がいいのかなぁ」って、イブキも「のれんに腕押し、糠に釘」やでぇ(笑)。
 10月のそれも夜だというのに、うるさいくらい鳴く蝉。もうそっから怪しいよね。
 城南高校も冬服、でも前のシーンに合わせて、ツクツクボウシがうるさいくらい鳴いてるし。
 京介に手紙を渡しているモッチーを見かける明日夢。京介がラブレターなんていうから、今までなんにも気にしてなかった明日夢もちょっとは意識するようになってるみたいやん。
 今回の響鬼はあっちもこっちも悩みを抱えてる人だらけやな。
 久しぶりに登場のあきらは鬼になることに焦って悩んでるし。
 いつのまにか烏帽子姫めっちゃ強くなってるがな。烏帽子童子はとうとうお笑い専門になってもうたみたいやし。
 みどりさんに、「変なところで鈍いよねぇ」って指摘されたヒビキ、ということはヒビキもイブキもトドロキも女心がよく判らん野郎ばっかりってことやんか(笑)。
 先週の予告で、モッチー告ってるのかって思わせてたのは、明日夢の妄想シーンやったんか。
 明日夢、前と同じ機種の携帯買ったんやね。でもって着メロも同じの使ってるやなんて、なかなか律儀。
 蝉の幼虫魔化魍が河原に現れて、轟鬼・威吹鬼・響鬼が攻撃するけどなかなか強くて太刀打ちできず、響鬼装甲になったけどさぁ、蝉の幼虫魔化魍って、夏の魔化魍やから響鬼紅で攻撃すべきなんちゃうん。轟鬼の烈雷の弦が切れたんだってそうでしょ。響鬼装甲強化月間やいうのは判ってるけど。
 エンドテーマがなくなった分、尺が取れるってことかな。今週のヒビキ、ちょっとドラマに現実感が出てきた気がするんやけど、だから小さなお友達には退屈なストーリー展開やったかもなぁ。

 来週、ザンキさん怪しい(笑)。「こう見えても俺は数々の女を愛してきた男だ」だそうです(笑)。東京駅の前で女子に抱きつかれていた後姿の男子はザンキさん???
 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.10.01

 「第14回 恋するキングジョー」

  最初に言うときます、「さぁウルトラマンマックス見ようかな」と思ってビデオ再生したら、画面ざらざら(涙)。夕べ大阪毎日放送で「全部見せます、阪神タイガースの軌跡(みたいな題名やったと思う)」を深夜オンエアしてて、ちょっとだけベータで録画しながら見て、そのままアンテナ切り替えせんと録画させながら寝てもうたんよねぇ。
 せっかく長澤奈央ちゃん渾身の後編もざらざら・ぼんやりなんで、細かいチェックできません。大雑把な感想だけということでお許しください。ミズキもめっちゃおしゃれしてたのに、それもよく見えへんかったし。

 さて、気を取り直して本編。監視衛星が4台やられてるのに、カイトは休暇、それを聞いて「許せん奴じゃ」というミズキ、ちょっと笑ってたよね、その表情でええんかなぁ?
 保育園の先生をしている夏美がハリケンブルーやったってこと、この一緒に撮影してる子供たちは知ってるんかなぁって思ってもうたな。
 夏美たちがいる下町って昭和のノスタルジーが溢れてたんやね。昭和30年代くらいかな。ミズキのスタイルは大阪万博のころの感じやけど。
ベッタン(関西ではメンコのことをベッタンと呼ぶ)なんか子供たちに教えんと、いまどきの子供たちは知らんもんなぁ。公園でも遊戯王デュエルモンスターズかなんかのカードゲームしてるの見かけるくらいやもんなぁ。ベッタンのほうが力勝負って感じがせぇへん?
 4機の戦闘機が合体してキングジョーになったところ、かっこよかったやん。くの一夏美がキングジョーに飛び乗ってコックピットに座ってたけど、ちょっとデカレンジャーの悪役ロボのコックピットに似てたような気がする(笑)。ウルトラマンマックス始まって初めてのパターンやもんな、合体ロボットと対決するの。操縦してるのもスーパーヒーロー出身やし…、なかなか意味深ちゃうん。
 キングジョーがウルトラマンマックスに破壊されて、地上に戻ってきたけど、くの一姿のままの夏美。と突然異世界に。そこで最後にゼットン星人対決するカイトと夏美。あれは夏美の意識の中でのことやったってことかな。
 来週もなかなか大掛かりな特撮のような・・・、来週こそ綺麗な画面で見るぞーーーー(涙)。

 ウルトラマンマックスが始まる前に東映太秦映画村のCMやってたんやけど、響鬼・マジレンジャー・プリキュアが映ってて、「うぉっ放送局違うんやけど」って突っ込んでもうたがな。今年秋の映画村のヒーローショーは「ヒビキvs桃太郎」なんやけど、相変わらず太秦村のイベント担当者のギャグセンス素敵やんか(笑)。桃太郎な魔化魍ってどんなんやろう?吉備団子食べるんかな?
 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »