«  「第31回 燃えつきろ!地球!!」 | トップページ | 「嵐徳三郎の世界」 »

2006.01.29

今週のマジレン&カブト(1月5週目)

 「マジレンジャー Stage.47」

 海岸の風景とマジパパの渋~いお声で始まったマジレンジャー。
ヒカル先生のセリフ「絶対神が立つのは世界が生まれて初めてのことです」。どういう意味かなぁ。今の人間の知識が蓄積されている「世界」のこと?それなら3000年くらいかな。
 でもマジパパは「言い伝えに寄れば」って言うてるやんか。今に続く文明の蓄積がある世界では今までにン・マが復活したことないねんから、言い伝えもなにも無いと思うんやけど。マジトピアの言い伝えならば、地上界の文明の蓄積とは無関係に、1万年前の言い伝えであったとしても成立するやろうけどね。ちと矛盾を感じたもんで、突っ込んでしまいました。

 「ン・マの中に秘密の力が生まれる」ってのが最後のクライマックスってことやね。しかしあと48・49回の2回で「秘密の力」云々ってのは、時間が足らんのんちゃうん。

 小津兄弟たちを観察し続けて、勇気・絆という冥府神にはないものを持ってることに興味を持ち、神罰執行を中止しようと提案するスフィンクス。でもン・マは冷酷やから、そういう意思を持ったスフィンクスに対して神罰執行を命じてまうんやな。ちょっとヤクザ映画みたい。
 
 絶対神ン・マの復活で天空聖界を守るため帰ろうとするヒカル先生。最後の思い出にデートに誘う麗。

 蒔人兄ちゃん、自分のことは棚に上げておいて人の恋路は歯がゆいのかよ。でもって仲の良すぎる兄弟も有難迷惑やな。誰かがデートしようとしたら常に誰かが付いて来よる(笑)。

 ピアノを弾きながら、歌う麗。あれぇ???ヒカル先生から魔法でピアノを弾けるようにする勉強を教わってた時、「毎日練習すれば、5年後には弾けるようになるでしょう」とかなんとか占いで言われてなかったっけ?

 動物園に行って、鷲が翼、フラミンゴが芳香、ゴリラがお兄ちゃんは判るけど、何故魁がペンギンなんやねん。翼・芳香・魁までが鳥で、お兄ちゃんだけが哺乳類ってのも変やしなぁ。

 噴水の前で老夫婦に写真を撮らせてほしいと言われて、断るヒカル先生。ヒカル先生は思い出を残したくないとかって言うてたけど、それってちゃうんちゃう。実は写真に撮られると、ヒカル先生の姿やなくて、マジシャインが写ってまうねんできっと。

 麗が告白して、ヒカル先生が断り、それに兄弟たちが詰め寄った所で、神罰執行神登場。でもちょっとカットされてる感じやったよね。

 決まりを守ることに関しては、右に出るものがいないスフィンクス。自分の意思と反して、マジレンジャーと闘わなければならなくなったから、めっちゃやけっぱちな感じがしてたよね。

 人間サイズになって「おまえたちその弱さでン・マに勝てるとおもっているのかっ」ってスフィンクスが言ってたから、これってウルザード時代の父さんと同じパターン?ひょっとして戦ってる振りして鍛えてる?って思ったりもしたんやけど、それほどのことも無く消えちゃったよね、スフィンクス。

 鍋磨きをする麗。普通鍋磨きって台所でするよね。
 その姿を見守る小津家の人々。書斎机のところに座ってるマジパパ、一番似合ってるよね。今まで麗が占いをするときに座ってたりしたけどさ。

 麗にプロポーズしちゃうヒカル先生。確か先週はヒビキが明日夢にプロポーズしてたよね、2週連続かいっ(笑)。

 翼の普通の顔して「着たじゃん、一回」っていう言い方、笑わせていただきました。

 誓いのキスのところで、村をんなはここでスフィンクスが現れるで絶対って思って見てたんよね。そしたらルナジェルやんか。

 粛清されるスフィンクス。あっけなかったなぁ。

 いよいよ大詰め、ン・マによって天空聖界が全滅したと告げるルナジェルのところで来週へ…。今週はヒカル先生と麗の恋話中心やったんで、あんまりアクションなかったけど、その分来週は凄そうやんか、楽しみ。

 今週は麗の渾身の演技やったけど、村をんなはあんまり感動せぇへんかったな、どっちかいうとスモーキーが煙となって消えかけた時の方が感動したんやけど。

 「仮面ライダーカブト 01」

 7年前に地球に惑星が衝突するシーンから。寂しげな女の子のナレーション。そのあとにスタイリッシュなオープニング。
 白倉Pの世界感、炸裂してるんちゃう、めっちゃいいやん。
 提供読みは、普通におねぇさんになってるのが、ちょっと寂しいけどね。

 ゼクトの最前線基地で指令を出す田所と岬の上にいるのが弓削君なのかな。
シルエットでしか映らへんし、声だけやったけど、そうよねぇ。

 今日は初回やし、カブトの世界を披露する回やから、細かく突っ込んでいくというよりも印象評になるけど、完全に特撮マニアを意識した作りになってるよね。小さなお友達の方は付いてこれる子だけ付いておいでってところかな。
 就学前の子供たちにはちょっと刺激が強すぎるかもね。

 仮面ライダー好きの嗜好がちゃんと計算されてるキャスティングやんか。
Vシネマ出身の渋い田所、お姉さまキャラの岬、萌え系妹キャラでセーラー服の樹花、ちょっと天然の加賀美、不思議少女のひより。そして主人公の天道総司は555の巧を思い出させるようなニヒル系とちゃう。

 なんといっても天道・加賀美の二人はちゃんとセリフしゃべれてるのが、良かったかな。

 天道、めっちゃ鍛えてるやん。ヒビキさんの大胸筋にも勝るとも劣らない美しい筋肉を初っ端からご披露するやなんて。

 最近の仮面ライダーとしては完璧なところから入るのって珍しいよね。割と今までは、本人の意志とは関係なく、仮面ライダーにさせられ迷いながら成長していくってのが多かったから。

 仮面ライダーのベルト、まるで意思を持つように青い電光を発してたけど、あれってワームが近いと反応するのかな。

 脱皮したワームになんの攻撃も効かないので、ライダーベルトの使用を願い出て、現場に駆けつける加賀美。思わず555の最初、真理が変身しようとして、吹き飛ばされたシーン思い出しちゃったよ。

 赤いカブトムシが空から飛んできて、加賀美の前を素通りして、天道がベルトに装着して変身。今回は天道が「変身」って言うだけやなくて、赤いカブトムシ(カブトゼクターって言うらしい)まで「ヘンシン」って言うんやもんなぁ。

 そして高岩さんですよ。クールな戦いぶり、美しいなぁ。もう何の遠慮もなく、カッコつけられるやんか。変身前もカッコつけた生き方してるキャラやから。

 来週の予告、あの椅子に座ってたボスっぽい人。声聞いて判ったで、本田博太郎やろ。

 555は人間に化けてるオルフェノクがスマートブレインという巨大企業を足がかりに世界をオルフェノクの物にしようとしているのに対して、ゲリラ的に戦いを挑んで人間を守ろうとしてたやんか。

 それに対して、カブトは惑星と共におっこってきたワームという地球外生命と闘う組織。立場をちょっと入れ替えて作り直した感じせんでもないな。

|

«  「第31回 燃えつきろ!地球!!」 | トップページ | 「嵐徳三郎の世界」 »

スーパーヒーロータイム06」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。始まりましたね、カブト。
まずは順調に、シリーズが存続している事を喜びましょう。
響鬼の、悪い人がいないかのような、居心地のいい世界観とは打って変わって、初回から人の死が強調されるハードな設定は、響鬼の終了を再認識させられるようで、寂しい気がします。

反面、男子も女子も、少年漫画のキャラクターのようなメリハリのある設定は、今後の展開を期待させてくれます。

アクションは、機動隊(ゼクト)?みたいな人たちのヤラレっぷりが半端じゃない。転がるわ吹っ飛ぶわ、挙句の果てに非常階段から落下していくわ、とてもリスキーなもので、スタッフの本気を感じさせてくれました。

投稿: bros | 2006.01.30 21:52

 >brosさん、こんばんわ

 やっぱり初回ということで力入ってましたね。おもしろかったです。

 世界観がガラっと替わったので、踏ん切りが付けやすかったような、「そうやろなぁ、白倉Pはこういうのが得意やねんから、響鬼の後半はしんどかったやろうなぁ」って思えたり。

 特撮好きのブログを回ってると、土・日の響鬼卒業式のレポが花盛りだったので、それを読んでるとちょっと感慨があったりするんですけど、でも日曜の朝8時は「カブト」と村をんなは完全に切り替えられました。

 で、今日会社で3歳児を持つ人としゃべってたんですけど、小さなお友達にはかなり不評だったみたいですよ。どうもさっぱり判らなかったみたいです。こうなると玩具の売れ行きに影響するので、そっちの方がちょっと心配になるかもしれませんよね。
 どうも特撮は視聴率だけじゃなくて、グッズ等の関連販売にも左右されるみたいですから。

投稿: 村をんな | 2006.01.30 23:41

弓削くんは何処にいるのかわかりませんでしたよー。
もう一回、見直します。
TBさせてもらいました。

投稿: あわはぎ | 2006.01.31 20:58

 >あわはぎさん、こんばんわ

 弓削君、すっかり大人になってましたからねぇ。
 カブトでは渋い路線で行くのかな?

2シーン出てましたけど、私は2シーン目の時に声で気が付きました。
 早く薄暗がりから出てきて欲しいですよね。

投稿: 村をんな | 2006.01.31 22:06

カブト見ました~!

予想以上に面白かったです(^^
OPで低く構える高岩さんとか凄まじいカッコよさでしたね。

ニートやら電波やら、妙なキャラも多いですけど
次週も楽しみな限りです(^^

玩具展開も楽しみですね~♪

投稿: 矢上ヒカル | 2006.02.01 00:42

 >矢上さん、こんばんわ

 「カブト」見れてよかったですねぇ~。ブログ拝見して、不慮の事故で録画できなかったのを知って、村をんなまで胸が痛みました。(私にも同じようなトラウマがありますからね)
 持つべきものは特撮友達ですよね。こんなに早く感想がUPできたんですから。

 さて、本編。
1回目見たときは、ゼクトとワームの戦いのテンポが速すぎて、何がなんだか~みたいだったんですが、何回か見て、ぼちぼち慣れてきました。それにしてもワーム強すぎです。

 そして、高岩さん、真打登場って感じがしましたよね。マジとカブト、並行して撮影されてたんでしょうかね?

 玩具関係というより、ガシャポン関係ですけど、ワームは結構早くに出そうな気がしませんか?村をんなとしては脱皮しかけのワームがいいなぁって思うんですけど。

投稿: 村をんな | 2006.02.01 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/8406081

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のマジレン&カブト(1月5週目):

» マジレンジャーstage47〜君にかける魔法〜 [MAGI☆の日記(戦隊感想中心のはず…)]
以下あらすじです。↓↓↓ン・マの影響は地上界や天空界にも出ているようで、あと3日もすれば完全復活らしいです。ヒカルは天空聖界が気になる為にマジエルの元に戻る事にします。朝食の席に付いている小津家一同。「皆に言っておきたい事がある。今、我々に残された時間...... [続きを読む]

受信: 2006.01.30 13:05

» カブト・1 [あわはぎ]
菊池秀行の魔界都市新宿みたいななぁ。 今度はゼクトだって?ふーん。 で、やっぱり [続きを読む]

受信: 2006.01.31 20:53

» カブト・1 [あわはぎ]
菊池秀行の魔界都市新宿みたいななぁ。 今度はゼクトだって?ふーん。 で、やっぱり [続きを読む]

受信: 2006.01.31 21:23

» Stage47 君にかける魔法 〜ルルド・ゴルディーロ〜 [無理なもんは無理Ver0.2]
母・深雪さんに、父・勇さん、 この2人が戻って来て家族の結束がさらに深まった小津家。 「家族の絆」 マジレンジャーの根底に流れるテーマのひとつなんですが ヒカル先生だけが基本的には蚊帳の外だったわけですね。 小津家の人じゃなかったわけですし。 でも...... [続きを読む]

受信: 2006.02.02 23:18

«  「第31回 燃えつきろ!地球!!」 | トップページ | 「嵐徳三郎の世界」 »