« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.31

「嵐徳三郎の世界」

tirasi5 嵐徳三郎資料館の谷口先生より、「嵐徳三郎の世界」展のお知らせがありました。

 場所:高松市歴史資料館(高松市昭和町1-2-20サンクリスタル高松4F)

開催期間:2006年2月4日(土)~3月19日(日)
休 館 日:毎週月曜日
観 覧 料:一般300円 高・大生200円 小・中生100円

記念講演会:2月4日(土)午後1時30分~3時30分 
講    師:中川芳三氏(松竹株式会社顧問)
テーマ:嵐徳三郎丈を偲んで

う~ん、高松やからなぁ、ちょっと行けそうにはないのですが、お近くのかたやまた2月から3月にかけて高松に行く予定のある方、是非お立ち寄りくださいませ。

 「多くの遺品や資料(写真・印刷物・映像・衣装等)によって、不世出の役者・嵐徳三郎の名とその業績をたどること」ができるそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006.01.29

今週のマジレン&カブト(1月5週目)

 「マジレンジャー Stage.47」

 海岸の風景とマジパパの渋~いお声で始まったマジレンジャー。
ヒカル先生のセリフ「絶対神が立つのは世界が生まれて初めてのことです」。どういう意味かなぁ。今の人間の知識が蓄積されている「世界」のこと?それなら3000年くらいかな。
 でもマジパパは「言い伝えに寄れば」って言うてるやんか。今に続く文明の蓄積がある世界では今までにン・マが復活したことないねんから、言い伝えもなにも無いと思うんやけど。マジトピアの言い伝えならば、地上界の文明の蓄積とは無関係に、1万年前の言い伝えであったとしても成立するやろうけどね。ちと矛盾を感じたもんで、突っ込んでしまいました。

 「ン・マの中に秘密の力が生まれる」ってのが最後のクライマックスってことやね。しかしあと48・49回の2回で「秘密の力」云々ってのは、時間が足らんのんちゃうん。

 小津兄弟たちを観察し続けて、勇気・絆という冥府神にはないものを持ってることに興味を持ち、神罰執行を中止しようと提案するスフィンクス。でもン・マは冷酷やから、そういう意思を持ったスフィンクスに対して神罰執行を命じてまうんやな。ちょっとヤクザ映画みたい。
 
 絶対神ン・マの復活で天空聖界を守るため帰ろうとするヒカル先生。最後の思い出にデートに誘う麗。

 蒔人兄ちゃん、自分のことは棚に上げておいて人の恋路は歯がゆいのかよ。でもって仲の良すぎる兄弟も有難迷惑やな。誰かがデートしようとしたら常に誰かが付いて来よる(笑)。

 ピアノを弾きながら、歌う麗。あれぇ???ヒカル先生から魔法でピアノを弾けるようにする勉強を教わってた時、「毎日練習すれば、5年後には弾けるようになるでしょう」とかなんとか占いで言われてなかったっけ?

 動物園に行って、鷲が翼、フラミンゴが芳香、ゴリラがお兄ちゃんは判るけど、何故魁がペンギンなんやねん。翼・芳香・魁までが鳥で、お兄ちゃんだけが哺乳類ってのも変やしなぁ。

 噴水の前で老夫婦に写真を撮らせてほしいと言われて、断るヒカル先生。ヒカル先生は思い出を残したくないとかって言うてたけど、それってちゃうんちゃう。実は写真に撮られると、ヒカル先生の姿やなくて、マジシャインが写ってまうねんできっと。

 麗が告白して、ヒカル先生が断り、それに兄弟たちが詰め寄った所で、神罰執行神登場。でもちょっとカットされてる感じやったよね。

 決まりを守ることに関しては、右に出るものがいないスフィンクス。自分の意思と反して、マジレンジャーと闘わなければならなくなったから、めっちゃやけっぱちな感じがしてたよね。

 人間サイズになって「おまえたちその弱さでン・マに勝てるとおもっているのかっ」ってスフィンクスが言ってたから、これってウルザード時代の父さんと同じパターン?ひょっとして戦ってる振りして鍛えてる?って思ったりもしたんやけど、それほどのことも無く消えちゃったよね、スフィンクス。

 鍋磨きをする麗。普通鍋磨きって台所でするよね。
 その姿を見守る小津家の人々。書斎机のところに座ってるマジパパ、一番似合ってるよね。今まで麗が占いをするときに座ってたりしたけどさ。

 麗にプロポーズしちゃうヒカル先生。確か先週はヒビキが明日夢にプロポーズしてたよね、2週連続かいっ(笑)。

 翼の普通の顔して「着たじゃん、一回」っていう言い方、笑わせていただきました。

 誓いのキスのところで、村をんなはここでスフィンクスが現れるで絶対って思って見てたんよね。そしたらルナジェルやんか。

 粛清されるスフィンクス。あっけなかったなぁ。

 いよいよ大詰め、ン・マによって天空聖界が全滅したと告げるルナジェルのところで来週へ…。今週はヒカル先生と麗の恋話中心やったんで、あんまりアクションなかったけど、その分来週は凄そうやんか、楽しみ。

 今週は麗の渾身の演技やったけど、村をんなはあんまり感動せぇへんかったな、どっちかいうとスモーキーが煙となって消えかけた時の方が感動したんやけど。

 「仮面ライダーカブト 01」

 7年前に地球に惑星が衝突するシーンから。寂しげな女の子のナレーション。そのあとにスタイリッシュなオープニング。
 白倉Pの世界感、炸裂してるんちゃう、めっちゃいいやん。
 提供読みは、普通におねぇさんになってるのが、ちょっと寂しいけどね。

 ゼクトの最前線基地で指令を出す田所と岬の上にいるのが弓削君なのかな。
シルエットでしか映らへんし、声だけやったけど、そうよねぇ。

 今日は初回やし、カブトの世界を披露する回やから、細かく突っ込んでいくというよりも印象評になるけど、完全に特撮マニアを意識した作りになってるよね。小さなお友達の方は付いてこれる子だけ付いておいでってところかな。
 就学前の子供たちにはちょっと刺激が強すぎるかもね。

 仮面ライダー好きの嗜好がちゃんと計算されてるキャスティングやんか。
Vシネマ出身の渋い田所、お姉さまキャラの岬、萌え系妹キャラでセーラー服の樹花、ちょっと天然の加賀美、不思議少女のひより。そして主人公の天道総司は555の巧を思い出させるようなニヒル系とちゃう。

 なんといっても天道・加賀美の二人はちゃんとセリフしゃべれてるのが、良かったかな。

 天道、めっちゃ鍛えてるやん。ヒビキさんの大胸筋にも勝るとも劣らない美しい筋肉を初っ端からご披露するやなんて。

 最近の仮面ライダーとしては完璧なところから入るのって珍しいよね。割と今までは、本人の意志とは関係なく、仮面ライダーにさせられ迷いながら成長していくってのが多かったから。

 仮面ライダーのベルト、まるで意思を持つように青い電光を発してたけど、あれってワームが近いと反応するのかな。

 脱皮したワームになんの攻撃も効かないので、ライダーベルトの使用を願い出て、現場に駆けつける加賀美。思わず555の最初、真理が変身しようとして、吹き飛ばされたシーン思い出しちゃったよ。

 赤いカブトムシが空から飛んできて、加賀美の前を素通りして、天道がベルトに装着して変身。今回は天道が「変身」って言うだけやなくて、赤いカブトムシ(カブトゼクターって言うらしい)まで「ヘンシン」って言うんやもんなぁ。

 そして高岩さんですよ。クールな戦いぶり、美しいなぁ。もう何の遠慮もなく、カッコつけられるやんか。変身前もカッコつけた生き方してるキャラやから。

 来週の予告、あの椅子に座ってたボスっぽい人。声聞いて判ったで、本田博太郎やろ。

 555は人間に化けてるオルフェノクがスマートブレインという巨大企業を足がかりに世界をオルフェノクの物にしようとしているのに対して、ゲリラ的に戦いを挑んで人間を守ろうとしてたやんか。

 それに対して、カブトは惑星と共におっこってきたワームという地球外生命と闘う組織。立場をちょっと入れ替えて作り直した感じせんでもないな。

| | コメント (6) | トラックバック (4)

2006.01.28

 「第31回 燃えつきろ!地球!!」

 なんと今回のウルトラマンマックスの脚本は、劇団☆新感線の座付き作者・中島かずきさんやんか。すげーーーよ、円谷プロ。中島さんといえば、特撮マニアとしても有名で、デカレンジャーのプロットかてあったらしいやんか。時間が無くて、実現でけへんかったと聞いたときには、めっちゃ残念やったもんな。東映がボヤボヤしてる間に、円谷プロに押さえられてもうたんちゃうん。

 先週予告見たときは、今回がギャグドラマやとは判ってたけど、中島さんが書いたとなれば、中途半端になる訳ないもんな。めっちゃ面白かったし。

 最近怪獣の出現が減り、すっかり好々爺モードのトミオカ長官。剪定バサミを片手に盆栽いじりしたり、カレー道の雑誌を拡げたまま居眠りしたり。
 ダッシュバードが出動した途端、その振動で梅の枝を切り損なうところ、べたなギャグやけど笑うてもうたやんか。

 怪獣の造形、炎が燃えてる感じでカッコええのに、名前が「モエタランガ」やもんなぁ、この脱力系の命名がたまりません。でもって、人間の言葉でめっちゃおしゃべりなやつ。

 モエタランガのウィルスを浴びて、目から炎がめらめら、異常なハイテンション・興奮状態で怪獣にダッシュを始め町中の人間が立ち向かっていくんやけど、もうおかしいのなんの。

 ウルトラマンマックスの攻撃も早回しで、空回りやし。
 それというのもモエタランガのウイルスを浴びると体内時計が10倍の早さになり、生体エネルギーが一気に燃え上がり一気に燃えつきてしまうんやて。

 燃えつきて倒れているダッシュのメンバーを引き取りに現れるエリー。久々のアクティブモードやな。

 モエタランガが色々解説してたけど、さすが中島先生、特撮マニアの面目躍如なセリフの数々。難しすぎて、小さなお友達や文化系な大きなお友達にはさっぱり意味が判らんがな。簡単にいうと全地球の怒りのエネルギーを喰っとるってことか。

 ウィルスはヨシナガ教授やトミオカ長官にも感染してたんやけど、トミオカ長官は感染したことによって気合いが入り、一人でモエタランガに立ち向かっていくんよね。ダッシュのメンバーが発射したミサイルの時は、高速移動してミサイルの攻撃を避けていたモエタランガやったのに、トミオカ長官の発射したミサイルは命中するってどういうことやねん。

 医務室で横たわってるダッシュの面々、普段は制服で判らへんかったけど、ショーンって胸板厚いやんか。結構鍛えてるっぽいんちゃうん。

 ヨシナガ教授の研究を手伝うエリー。エリーも実験用眼鏡してたけど、本当なら必要ないよね。

 ウルトラマンマックス危機一髪のところで、ダテ博士がワクチンを発射し、復活するマックスとトミオカ長官。
 そしてマックス・トミオカ長官・ダテ博士の活躍によりモエタランガを倒したけど、マクシウムソードを右手に飛び降りて行くところを空撮っぽくマックスの背中から撮ってる絵が、格好良かったなぁ。

 やっぱりウルトラマン第1世代としては、自分の創作した怪獣は科学特捜隊のメンバーに倒してもらうのが夢の実現ってことになるんかな。

 さて来週は宇宙工作員ケサムの仲間、ケルスが登場するんやて。その宇宙工作員はひょっとしてリューキ星から来てませんか(笑)?

| | コメント (2) | トラックバック (2)

来週の土曜日から

 今まで、ほとんど見てなかった「セイザーX」やってんけど、今朝何気なく見てみたら、なんと松永博史さんが出てはるやんかっ!!

 実は、村をんなはこっそり松永博史好きやったりするんよねぇ。何年か前東海テレビ系昼ドラ「愛しき者へ」(馬渕英里何・国生さゆり主演の代理母の話)でホスト役で出てはったんよね。最後は馬渕英里何のよきパートナーになりましたみたいな役。あとはホリプロ所属やから片平なぎさとか船越英一郎のサスペンスドラマで熱血若手刑事みたいなお仕事が多いんよね。

 というわけで、来週から「セイザーX」見る気まんまんになってきました。う~ん、感想はどうしようかなぁ、もし書くとしたら、シャーク隊長・松永博史観察日記になってまうかも(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.24

「悪材料が出尽くした」ってねぇ

 今日、テレビのニュースでも新聞でも判を押したように「ライブドア社長の堀江貴文容疑者が逮捕されたことを受けて、悪材料が出尽くしたとの見方からほぼ全面高になった」って出てたやんか。

 ホリエモンが逮捕されて悪材料出尽くしやなんて、エライ言われ方やと思えへん?確かにライブドア・ショックは全世界の株式市場に影響を与えたけど、でも株式市場が上げ・下げするのは色んな要素があるからね。

 ライブドア・ショックの時に、ある評論家の人がこれが傷になって元に戻るのには2~3ヶ月かかるとかって言うてはったから、完全に悪材料出尽くしとも言い切れない気もするしなぁ。なんといっても信用取引でライブドアを売買してた人や担保にしてた人たちのかたがつくのに2~3ヶ月かかるってことやとは思うんやけどね。そう考えると、株の格言でいう「彼岸底」(彼岸のころが一番安値になる)の可能性もありそうな気がするんやけど、どうなんやろ?「彼岸底」とまでは行かなくても、上がるでもなく下がるでもなくダラダラするんかな?

 夕べ、村をんなが一番ショックやったんは、特別報道番組に変更になって毎週見てる番組とかが見られへんかったこと。「TVのチカラ」中止、たぶんハギーが出てるはずの「ゴミは殺しを知っている」中止、細川さんが出てる「火消し屋小町」(再)中止、めっちゃがっくりしてもうた。

 で、仕方なく特別報道番組見とったんやけど、ホリエモンって電話好きみたいやな。テレ朝と日テレでそれぞれ逮捕直前のホリエモンの電話ってことで、長々とやっとったやんか。テレ朝の方は、結構綺麗なお姉さんが電話してたけど、タメ口でしゃべってるの見てさぁ、ホリエモンの個人の携帯番号知ってるって、こんなときのために合コンへ潜入した"くの一"やったんやろかって思ってもうたで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.22

今週のマジレン&響鬼(1月4週目)

 「マジレンジャー Stage.46」

 ン・マを絶対神として転生させないための方法は、マルデヨーナ世界の永遠の樹海にある眠りの湖に身を沈めて永遠の眠りに付くことを思いつくティターン。そうかそれならティターンを殺すことなく封印することができるんか。なかなか考えてるやんか。

 支えあうっていう例えに、蒔人をつまづいて転ばせて、そこにあまりにも偶然に水溜りがあって…、思いっきり判りやすい解説やなぁ。これなら小さなお友達にも支えあうの意味が判ったんちゃう(笑)。

 スフィンクスもやっぱりインフェルシアの住人やから、質問に答えさせる方法が普通やないなぁ。4人を縛り上げて、生意気な口を聞いたり、ないがしろな答え方をしたら徐々に縛ってる包帯みたいなのを切り落としていくんやから。

 スフィンクスと対等に渡り合えるくらいの答えを翼なら言えるかなと思ってたのに、翼にはあんまりセリフなかったよね。

ワイバーンとの戦いのときにティターンがお兄ちゃんをかばってくれたことに、自分のかたくなだった心を反省する蒔人。そして今度はティターンを支えて眠りの湖まで送り届けることを決心する蒔人と芳香。

 ワイバーンの空中からの攻撃に逃げながら、芳香がティターンに化けて、ティターンを逃がすけど、あのときのマジレジェンドピンクってティターンを変身させてたんやろか。

 ワイバーンのキャラってめっちゃ可愛いよね。冥府十神のなかで一番好きやったかも。

 ワイバーンがマジレンジャーに怒りの一撃を加えたところに、父さん復活!!
赤いウルザード・ウルザードファイアーって、ちょっと装甲響鬼な感じやってんけど、そう思わへんかった?

それにしても今回のナパームは強力やなぁ。爆発しまくりやんか。これってウルザードファイアー登場への景気付けなんやろか。
 磯部さんが赤いマージフォン持って、変身やなんて…。すげーことさせるよな、東映は。

 必ず湖まで送っていくといいながら、最後までティターンのことを蒔人と芳香が見送らなかったから、後一歩のところでダゴンに命を奪われるティターン。

 そして絶対神ン・マが転生してしまう。第2部の終了の時に姿を現したときはまんまタコやったけど、さすがマジレンジャーのラスボスの風格あるやんか。

 そういえば母さんは全ての魔法力を注ぎ込んで、父さんを復活させたから、もう魔法は使えない普通の人間になってもうたんやろか?

 「イケメンな男たち」に1件追加した三上君は、ボウケンジャーのブルーです。役名が判るまではブルー君ということで。

 「仮面ライダー響鬼 最終之巻」

 とうとうこの日が来てもうたんやなぁ…。
 最終回はオープニングテーマが無いってのが、恒例になってるんやけど、先週の続きオロチを鎮めるために響鬼たちが無数の魔化魍と戦ってるときのバックに流れてたんは、前半のときのオープニング曲やったよね。

 CM明けは、1年後。イブキとトドロキ、二人揃って婿修行ですか?

 病院でアルバイト中の明日夢のところに現れるヒビキ、ラーメン食べに行こうって誘ってたけど、なんか折り入って話でもあったんやろか。ヒビキさんらしい照れ隠しって感じはあったけどね。明日夢相変わらず「あのー」って言いかけて「何でもないです」やもんなぁ、はっきりせぇよ、はっきり。

 うずくまってる少年を背負って土手の斜面を登る明日夢が屋久島でのことを思い出した最初のビデオがちらっと入ったやんか、明日夢君、ほんとに少年やったよね。いやぁ、あの頃のこと思うと、明日夢も人助けできるようになったんやなぁ。1年の成長って大きいよね。桐矢が土手の向こう側でヒビキさんと修行中だったことはこの際目をつぶるとして(笑)。

 モッチーが魔化魍にさらわれたのを目撃したあきら。この場合あきらはイブキに連絡したんやろか。

 みつぅとせいちゃんコンビ、さらってきたモッチーを自分たちの分身にすべく、水槽に付けてたけどさぁ、烏帽子童子・姫っていう自分たちの髪の毛を培養して作り出したクグツにさえ、意思を持たれて反抗されて制御できなくなってたちゅうのに、人間を分身にしたところで失敗するに違いないやん。

 キャーーー、桐矢変身しちゃったよ。先週の予告だと白く見えてたけど、銀色やったんやな。でもって変身したら身体の切れがめっちゃいいんですけど。
 桐矢が変身した所で流れたBGMが「始まりの君へ」やったよね、「始まりの君へ」って桐矢のテーマソングやったんかいな。

 桐矢が背負ってたでっかいリュックの中には桐矢の着替えが入ってたんやな。トドロキと違って、初めての変身であられもない姿になることもなかったから、何回か変身してそれなりの修行はできてるってことみたいやし。

 森の中をよろめきながら歩く、みつぅ・せいちゃんコンビの前に鹿鳴館スタイルの男女が…。そういうオチやったんですか。あの鹿鳴館コンビも餌もらってる感じやな。

 大ムカデと闘ってる装甲響鬼のもとに現れる明日夢。何しにきたんやろかって突っ込みはいけませんかね。

 いよいよオーラス。やっぱり「少年よ」やよなぁ。セリフの後ろに「まるで~透明になったみたい」って流れてきた時、胸が締め付けられちゃったもん。
「出合った頃からずっと、明日夢は自慢の弟子だったよ」泣かせるなぁ。

 ヒビキさんにとって、明日夢は自慢の弟子やったから、自分と同じ鬼の道を歩かせていいものかどうか、ずっと悩んでたんとちゃうかな。だから弟子は取らないて言ってみたり、弟子だって言ってみたりしてたような気がする。
 
 桐矢はヒビキが明日夢のことどう思ってるか、うすうす気づいていたのかもね。せやから明日夢に何かと突っかかっていってたのかも。
 「俺に付いて来い」って、ヒビキの掛かり付けのお医者様に決定やん。

 余韻の残るいい最終回でした。まとまってよかったよかった。
 
 1年間ハラハラさせられたりしたこともあったけどね、でも最終回を迎えることが寂しいっていう作品は、それだけ親身になって心配したり楽しませてもらったから出てくる感情やしね。

 キャスト・スタッフの皆様、どうもありがとうございました。

 スタッフ・スーツアクターさんは、次のシリーズがんばってください。そしてキャストの皆さんは響鬼とは違う新たな一面をまた次のステージで見せてくださることを楽しみにしています。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006.01.21

「第30回 勇気を胸に」

 あいたっ!!今日のマックスは第1回のマックスを見てなければ、意味がよう判らんっていう話やったんか。第1回見てへんかったからなぁ…。

 シリアスドラマモードのマックス。
 リュウゲンダケにグランゴンの死骸が発見されるんやけど、ラゴラスがグランゴンを食い殺したって想定されてたけど、そんな死闘に気がついてないUDFって…。

 いつも怪獣と闘うときにマックスに頼ってばっかりであることに、迷いを覚えるカイト。
 反対に怪獣を倒す武器が完成しなくても、きっとマックスが倒してくれるとマックスに頼る気持ちが芽生えるショーン。
 
 カイトの両親が地震災害で亡くなっていて、それを救うことが出来なかったことに対して、トラウマをカイトが持っていたなんて、マックスのドラマ展開ってあんまり隊員一人一人のキャラを掘り下げることがなかったから、30回にして初めてカイトの過去を知ったよね。
 ミズキは自分にその話をしてくれなかったってちょっと怒ってたけど、それって視聴者代表で怒ってくれてたんかな?

 ウルトラマンマックスの本来の目的は「文明の進んだ惑星が宇宙と調和できるかどうかを観察しに来ている」んやて。でも人間は地球環境を破壊してるんで怪獣が現れてるんやろ。ということは文明が進めば進むほど宇宙との調和が出来なくなってるってことなんちゃうん。
 「いつまでも我々は地球に留まれない。宇宙と調和するのは地球のするべきことだ」っていうセリフがでてきたってことは、この第30回が最終章の始まりってことになるんかな。

 マックスギャラクシーでの攻撃が失敗するの初めてやな。

 でもって、ショーンの完成させた武器とミズキ・コバの連係プレーでマックスでも倒せなかったラゴラスエヴォを退治。 
 DASHもやる時はやるのよね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

「第29回 怪獣は何故現れるのか」

  歌舞伎行ったり、「ライブドア・ショック」に気を取られてたら、あっという間に1週間(トホホ)。大慌てでUPします。

 ウルトラQ仕様のウルトラマンマックス。タイトルも29回だけのために作ってるなんて、芸が細かいやんか。子供の頃、白黒テレビで、ねじれた模様がウルトラQになるのが不思議やったなぁ。絶対見てたもんね。

 テレビ局で行われている「緊急特番 怪獣は何故現れるのか」という番組で、日本に深刻な影響を及ぼしている怪獣災害について討論してるんやけど、その中で怪獣は特に日本にだけたくさん現れるとか、もっともらしいこと並べてたけど、一言で言うと日本人は怪獣が好き、特撮が好きでそれが商売になるからやん(笑)。

 たぶん50歳以下の日本人なら、子供の頃から怪獣・特撮にかなり洗脳されてるはずやしね。

 アンティークなジャズ喫茶でデートしてるカイトとミズキ。時間が無いからコーヒーしか注文でけへんかったけど、こんな感じの喫茶店においてあるケーキやったら、ストロベリーショートとチーズケーキの2種類くらいしかなかったりして(笑)。

 あっ、そうそう、この喫茶店に来る前の歩道橋の近辺に怪獣が現れてたやんか、そうなるとこの喫茶店と怪獣の現れた場所って案外近いはずやのに、何事もなかったように、お茶してるほうが不思議やねんけど。

 40年前の撮影風景、監督さんとかスタッフさんとからしくてよかったなぁ。
 撮影の合間の監督・スタッフとキャストの話。
「テレビで毎週毎週怪獣が出るなんて凄いな。映画だって年に1本とか2本だってのに。」
「でもそんなに怪獣が出てきたら、視聴者にあきられないんですかぁ。」
「いや、子供は怪獣がたくさん見たいんだと思う。子供たちはみんな怪獣が大好きなんだ」
 今の特撮ブームにも言えるやんね。魔化魍に冥府神に怪獣に宇宙人に、いったい1週間にどれだけ出てくるねんっていうくらい、出てくるがな(笑)。はっきり言って、40年前の子供たちは大人になっても怪獣が大好きなんやなぁ。

 次のロケ場所・坑道跡で照明さんの手伝いをしているはずのセカンド・中丸さんが行方不明に。中丸さんを見つけるが、何か大きな物に襲われて骨折していることが判明。そこへ怪獣ゲロンガが出現。
 カメラさん折角本物の怪獣を撮影できたのに、ゲロンガの吐き出した炎でフィルム燃えちゃってたなぁ。昔のフィルムは可燃性やったらしいからね。
 ゲロンガが映ってたのが無くなったのは残念やったやろうけど、それまでに撮ってた分も焼けちゃったのは悔しいやろうな。

 ゲロンガ、牙を折られたことで戦意喪失。何で泣いてたんやろ???マックスによって、奥多摩山中の地下深くに運ばれたってことは、また出てくる可能性もあるってことやんね。元々地球生まれの怪獣やから、地球を破壊しようって意思はあまりなかったんかな?そう思うことにしといたろか(笑)。

 カイトとミズキも40年後には、最後のシーンの3人みたいに同窓会的に出演するんやろか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.18

みずほダイレクトのパスワードが

 みずほ銀行のインターネットバンキングサービス「みずほダイレクト」のパスワードが6桁から32桁に変更できるようになるんやて(1月22日から)。

 みずほ銀行のパスワード簡単すぎて、フィッシング詐欺の被害出てからは、6桁の数字を銀行の指定どおり、入れ替えて入力するなんて、原始的な方法使ってたもんな。

 で、パスワードって新しく考えるのめんどくさいやん、せやから「マジレンジャー」の呪文使たろかと思ってんねんけど。32桁やから、結構長い呪文でも使えそうやな(笑)。例えば「ウーザ・ドーザ・ウル・ザンガ」でもローマ字に直したら15文字やしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.17

「ミラーワールドに刑事はいらない」

ousiza8b  王蛇「ミラーワールドに刑事はいらない」 龍騎SPのセリフより

 背景:大阪某所〔仮面ライダー2号の時と一緒やんという突っ込みは不要です。だってテレビ本編だって・・・(笑)〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.16

今週のマジレン&響鬼(1月3週目)

 「マジレンジャー Stage.45」

 ン・マの魂を冥府神たちが眺めている所から。ン・マの魂って赤々と燃えてるところを見ると、悪者の魂に見えへんのんちゃう。青い炎がゆらゆらしてた方が、おどろおどろしかったかも。

 ワイバーン、喀血。ウルザードとの戦いによってダメージを受けてたんか。
 そして次の神罰執行神に選ばれたのがティターン。

 母さんが帰ってきて和やかな朝食シーン。子供の頃から食べなれてきた味、これ以上のご馳走はないよね。

 出たぁ~、麗とヒカルの新婚さんコント。いつからヒカル先生は麗の尻に敷かれてたんやろか。あの下から睨み上げる麗の顔の凄いこと。アイドル生命にダメージを与えるやろ(笑)。

 スモーキーが一人足りないって言って初めて、芳香がいないことに気がついたがな、それほど人数が多いってことやねんけどね。

 芳香は「先入観なく物を見る目」を持ってたんかぁ、それでこっちが首をひねりたくなるような男でもボーイフレンドにしてたってわけやね。

 無益な殺生は嫌いなティターン。
 芳香が手を差し伸べて握手しようとしているところへ、レジェンドマジグリーンのお兄ちゃんが到着して、戦おうとするのは当然よね。で、芳香が変身したのが、張り扇だもんなぁ。折角張り扇に変身したんやったら、チャンバラトリオのギャグみたいに、バッシコーーーーンと思いっきり引っぱたいてやったら良かったのにね。

 拠り代を探して動き出したン・マの魂。ひょっとしてインフェルシアに父さんを探しに来ている母さんに取り付くんちゃうかと思ってもうたがな。

 神罰執行を解除したあとに、赤い炎に燃やされるティターン。1回目に見たとき、神罰執行を取りやめたことに対しての罰が下されたのかと思わへんかった?うかうか見てたんで、村をんなはそう思っちゃったんよね。

 ところが、ン・マの魂がティターンに降臨してたってことで。スフィンクスの言葉によると「ティターンはその命を献上し、絶対神ン・マを転生させる」んか。ということはティターンが死ぬとン・マが現れることになるからマジレンジャーたちもティターンを倒すに倒せなくなるっていう足かせがはめられてもうたんちゃうん。

 ワイバーンもウルザードと闘ってから、1本線が切れちゃったみたいやね。

 ティターン絶体絶命というところで、芳香がトラベリオンを発進させて、一旦は逃げ出したと思ったところに、ワイバーンが現れて、客車の中でのアクションやったんやけど、狭い場所で長い槍振り回してのアクション、たいへんやったやろな。
 芳香への新しい魔法「ジー・ゴル・マジュナ」、穴抜けの呪文でワイバーンをトラベリオンの外に放り出し、ティターンが「絶対神ン・マを転生させない方法が一つだけある」って言うてたけど、それってティターンが死なへんことやろ、赤いウルザードに封印されるってこと?ってところで来週へ。

 気がついたらマジレンジャーも45回目やん、ということはマジレンジャーを引っ張ってきた芳香と蒔人二人がメインの話45・46で個別エピソードも最後ってことになるんかな?そう思うと寂しいよね。

 さて来週の予告、赤いウルザードがっ!!磯部さんがっ!!ますます、目が離されへんやんか。
 ボウケンジャーの番宣。男子も女子も見分けが微妙です、やばいです(笑)。 

 「仮面ライダー響鬼 四十七之巻」

 太鼓のお稽古中に、現れる蟻の魔化魍。威吹鬼に実践で戦わせてみるんやけど、でもやっぱり轟鬼のアシストがなければ、倒せなかったよね。っつうか蟻の魔化魍倒したメインは轟鬼君やったしなぁ。それを不安そうに見つめるヒビキさん。思いっきりこんなんじゃ大地を清めることなんかでけへんなぁって顔してたし。

 オープニング明けのヒビキさんのセリフ「調子よくないな、何か迷いでもあるのか。闘った後生きてなければ、負けだぞ。」先に書いてまうけど、これがあとの明日夢へのセリフに繋がってるんよね。

 変身せずに化け猫と戦うヒビキ。すげーーーーーっ、胸から腕にかけての筋肉。あの感じやとベンチプレス150キロは上げられるんちゃうやろか。このシーン、ヒビキさんの顔よりも筋肉の方に目が吸い寄せられてもうたがな。

 今週のヒビキさんの名言「鬼になるってことは変身することじゃないんだよね。怖いと思う気持ちと戦う、そういうことだと俺は思う。いつも怖いよ、だから一生懸命鍛えてる。また、生きるために」そうか、これは小さいお友達・大きいお友達関係なく、ヒビキさんからのメッセージやなぁ。怖いと思う気持ちなんて、人間として生きている限りいくつになってもあるからね。怖いと思う気持ちと戦ってるってことは、鬼ってことなんや。

 みつぅ・せいちゃんコンビと対峙する烏帽子童子・姫、「自分たちはなんなのかを知るためにお前たちを倒してやる」って言って攻撃しかけて逃げたけど、みつぅから餌をもらえなければ死んでまうんやったら、自分たちが何者かを考える前に、自分たちの餌をどうするかを考えなあかんかったんやんか(笑)。

 鬼の修行を休みたいと相談する明日夢。このシーン、ヒビキも明日夢もまじで寒そうやったよね。
 明日夢が迷ってる姿を見て、イブキが迷ってる姿がダブったんかもしれへんな。そして自分の道を見つけかけている明日夢の背中を押すために、わざとヒビキは冷たく突き放したんやろな。でないと明日夢、すぐ悩むから。

 今週のヒビキさんの名言・その2「人を助けることに一生懸命になれるから、俺は鬼になったんだ。人助けをして、また一生懸命生きて、人助けをして、また一生懸命生きて、俺はこれからもそうやって生きていきたいと思う。」いいねぇ、いいセリフだぁ、胸に沁みました。

 バイク2台と車が並んで走ってるシーン、最初で最後よね。
 魔化魍を見た気がしたから、探しにいってくれないかって、そのまき方は劇場版555の時にも似たようなやつやってたんですけど・・・。

 烏帽子童子・姫、あっけなく終了。

 響鬼が大地を清め始め、オロチとの最終決戦中に最終回へ続く…。やねんけど、先週の最後の魔化魍たちが大都会を襲い始めたシーン、いらんかったんちゃうん。全然今週に繋がりなかったんやけど。

 来週、なんか見たことの無い白い鬼がおったんやけど・・・。モッチーが最後の最後えらいことになってるし。オロチ現象は鎮まっても、魔化魍は相変わらず、ちょろちょろ出現してるみたいやしね。

 カブトの番宣。いかにもライダーっぽい青年と、山崎潤さんを思い出させるような兄ちゃんと、オールバックで眉間に皺が似合ってるお兄さんが映ってましたねぇ(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2006.01.14

平成18年度 浪花花形歌舞伎速報(かな?)

 今日、大阪松竹座に行ったら、今春の浪花花形歌舞伎のポスター飾ってありました。せやけど、チラシはまだ置かれてなかったから、配役表デジカメで撮ってきたんやけど、ちょっと見難いなぁ。とはいえ、一応速報ということで・・・。

poster  日程は平成18年4月4日(火)~11日(火)まで

 例年通り3部制で1部「伊勢音頭恋寝刃」・2部「土屋主税」「お染久松」3部「浪華騒榎記(なにわそうじょうき)」

 2部のお染久松は孝太郎さんが5役を勤めるんよね。3部の「浪華騒榎記」は新作歌舞伎で岡本さとるさんが作られた、大塩平八郎物みたいよ。

 村をんなが見たいのは、1部か2部やねんけど、悩むところやなぁ。1部と2部と通しでみるか、どうしよう・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.11

総集編見て、泣いてもうたがな(笑)

 土曜日、日本橋に行ったということは、目的としては日本橋道楽に寄って、ビデオの山と格闘することやったんやけど。道楽に辿り着く前にフィギュアショップに吸い込まれてもうたからなぁ(笑)。

 で、日本橋道楽やってんけど、場所柄足が速いって感じ。1ヶ月ですっかり内容が変わってたような…。ぱぁーっとだけ見て行こうかなって始めは思っててもついつい2時間近く掛かったなぁ。結局1本だけ。「首領への道」

 またかよぉ、でしょ(笑)。1・2・4巻のどれかを見つけたんか?って、残念ながらそれはなかったんやけど、第1作~第8作までの総集編。買い間違うて第7巻だけ見たときに全然意味判れへんかったからなぁ。それに元々「首領への道」の最初の頃の作品って結構古いから、レンタル落ちでもよっぽど運が良くないと手に入らへんようになってきてるんとちゃうかな。

 で、夕べ食事の後、「ブリーチ」が始まるまでの時間つぶしに見始めて、残りの約10分ほどを「ブリーチ」のあとに見たんやけど、最後の中野英雄(金沢組組長役)が死んでいくシーンで泣いてしまいました(笑)。

 元々兄弟と呼び合っていた堅い契りの桜井と金沢なんやけど、ある抗争で暴力団の事務所を二人で襲った時に、責任を被って金沢が刑務所に入ることになるんやんか。その間に桜井は島田組組長になって、1500人の組員を抱える大阪一の暴力団になっていくねん。で、桜井の影には越智という策士の舎弟がおって、桜井と金沢の絆を断ち切ってまうんよね。

 で、島田組から絶縁されて金沢組は解散。金沢は島田組のやっているドバに一人で乗り込んでいって桜井に自分の命をかけて勝負を挑むんやんか。この勝負が、よく時代劇でやってる丁か半かっていうサイコロ賭博やなくて、カブやねん。カブ札なんて、何が勝ちで何が負けか全然判らへんかったから、その辺りはちんぷんかんぷんやったけど、金沢が撃たれて息も絶え絶えのところに桜井が金沢の手を握って「兄弟」って声をかけるところの思いっきり浪花節な展開に泣いてまうねんからなぁ・・・。ちょっとトホホです。

 萩野君もちょろっと映ってました。カッコよかったよぉ。この映画って、なんかタバコとポマードと親父臭がぷんぷん臭ってくるような作品やねんけど、萩野君が出てくると、そこだけ爽やかやん。(越智の子分の役やねんけど、越智に問い詰められるところとか、敵対する組に乗り込んでいって討死するシーンとか)綺麗やし、おしゃれやし。

 日本橋道楽で買わへんかったけど、谷原章介が若かりし頃出演してたヤクザ物系Vシネマとか、劇団☆新感線の古田新太がまだ売れてなかった頃に出てたパチンコか何かのマニュアルビデオみたいなのとか、なかなかおもろいもんもあったで(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.09

「土蜘蛛童子だなっ!!」

hibituti15m 土蜘蛛シリーズ第2弾

背景は「賑町笑劇場写真素材分室」さんです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.01.08

今週のマジレン&響鬼(1月2週目)

 「マジレンジャー Stage.44」

 お正月を挟んで2週間ぶりのスーパーヒーロータイム。なんか前の話の続きを忘れかけ(汗)だったりしてるんやけど。

 トードのいる茨の園に辿り着き、オープニングテーマあけすぐにトード倒されてもうたから、えぇこんなにあっさり倒してまうかいなって思ってもうたやんか。

 お母さんが眠る茨の籠を取り上げて、生きている母さんの姿を見て、感慨にふけるマジレンジャー達。でもマジレンジャーってこういうほのぼのシーンの後に絶対危機に陥るよね。

 ありゃトード、やっつけられたんとちゃうかったんか、なんやかんや言うても冥府5武神の一人やもんな。マジレジェンドの手から母さんを奪い取って地上界へ、それを追うマジレジェンド。

 お母さんが絡むといつもの5倍は力がでるからなぁ、小津兄弟。

 海岸の岩場でトードとマジレジェンドの戦いをスフィンクスが見ながら解説してたけど、神罰執行中はほかの冥府神はあんまりうろうろしたらあかんかったんちゃうん。それとももう掟は破られてるからかめへんのかな。

 トードの手から離れた茨の籠、トードの舌が巻きついたから呑み込むのかと思ったがな。そしたら茨の籠に黒い液を吐きかけて爆発させてしまうトード。先週の予告で母さんが元気に出てきてたから、えぇーーーーどうなるねんって感じやったけどね。

 そのころインフェルシアの洞窟ではウルザードとワイバーンの華麗なるアクション。ワイバーンが本気モードになったところで、ダゴンが選手を交代させてティターンに。

 トラベリオンの釜に冥府蛙の卵を吸引し燃やす作戦を実行中のところに、トード出現。最近のトラベリオンってへたれやねぇ。

 マジーロ・マジカの呪文で感覚を研ぎ澄ませ、母さんの光探し出し、復活させた兄弟たち。翼が母さんを抱き起こした時、眠れる森の美女の王子様みたいにキスするんかいなと思ってしまったんですけど。
 でもさぁ、翼が母さんに最初にかけた言葉が「やっと会えたね」って、そのセリフ回し寒すぎ、遠距離恋愛の恋人同士って感じやん(笑)。

 菊地美香ちゃんの「ホリホリナイト」、めっちゃ盛り上げるなぁ。麗の涙を見てたらもらい泣きしてもうたやんか。

 冥府蛙が降り注ぎそうになったところに、母さんと小津兄弟が到着。冥府蛙を凍らせて爆破。久々にマジマザーも変身し、6人で力を合わせてトードを粉砕。6人のレジェンドマジスティックで六角形を表してたけど、六角形といえば雪の結晶をイメージさせるものやから、マジマザーは「きらめく氷のエレメント」なんか、1年がかりでネタバレって凄いね(笑)。

 ティターンとの死闘でよれよれになっているウルザードの背中に槍を衝きたてン・マの魂を引き抜くダゴン。ほんとダゴンって悪い奴やねぇ。ウルザードからブレイジェルに戻ったけど、地面の割れ目に落とされてしまい、せっかくお母さんが無事帰ってきたってのに・・・。ってところで来週へ。

 残りの冥府十神
 冥府五武神…ワイバーン・ティターン
 冥府三賢神…スフィンクス・ダゴン
 冥府二極神…スレイプニル

 「仮面ライダー響鬼 四十六之巻」

 初詣に餅つき、柴又の風情ってこういう日本らしい行事にぴったり合う町並みやん。

 たちばなのみんなとは離れて、一人魔化魍と戦う轟鬼、二刀流。斬鬼さんの愛機も一緒やと斬鬼さんと一緒に闘ってる感じになるんやろな。でも使いこなしてるとは言えんぞ。うっかりすると魔化魍に1本持ってかれてまうで。

 ヒビキの願いは「また1年、生きられますように」重いねぇ。もちろんヒビキさんは魔化魍を倒して人助けをするってのが使命やから、そう思うんやろうけど、ただ普通に暮らしてる我々も一寸先は闇やってこと普段忘れてるからね。

 烏帽子童子・姫の二人の隠れ家、とっても怪しくていい雰囲気の家やなぁ。

 パネルシアターで「金の斧・銀の斧」の話を読まされることになった明日夢。普段セリフがうまい子やから、かえって下手に文章を読むほうが難しいんとちゃうやろか。

 吉野の総本部からの決定を告げられるイブキ。「大地を清めてオロチを鎮める」儀式の最中に無数の魔化魍が襲い掛かってくる可能性があるってのが、響鬼というドラマの最後のクライマックスになるんか。仮面ライダーの最終回もぼちぼちこのパターンから脱却して欲しいと思うんやけど、これで3年連続やろ。

 明日夢の悩み「人を助けることってどういうことなのかな?死ぬってどういうことなのかな?よく生きるってどういうことなのかな?」明日夢母は明日夢にとことん考えろって言うてたけど、それをとことん考えようと思ったら出家せなならんやろ。

 海岸の岩場に現れたザリガニ系魔化魍と戦うために変身するヒビキとイブキ。なんかイブキ髪の毛が伸びてて、ちょっと男らしい顔つきに見えるんやけど。
 でも太鼓の練習も経験してる(二十四之巻参照)はずやのに、でっかい相手やと完全に腰が引けちゃって全然戦いにならない威吹鬼。

 そこへ現れる烏帽子童子・姫、みつぅ・せいちゃんコンビから鬼を守れと言われてるのに、攻撃してしまうってことは、これもオロチ現象から来てるんかもしれへんな。

 公園に香須実を呼び出して抱きしめ「死にたくない」といってしまうイブキ。弟子を育てる上げることも、裏切り者の朱鬼を倒すこともできなかった心の弱さを乗り切れることができるんやろか。

 いよいよラストの定番、今まで何ごとも無かった都会の真ん中にまで大量の魔化魍が現れて人間を襲うシーンの始まり。

 あと2回で、明日夢の悩みはどうなる。イブキの悩みはどうなる。視聴者の我々はどうなる(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2006.01.07

大阪人でよかったと思うとき

 今月も髪の毛を切りに難波へ出たついでに、日本橋行ってもうたし。

 で、ふらふらと惹きつけられて入ってもうたのが、ガシャポンとか食玩をばらで売ってる店。いやぁ、楽しかったなぁ。で、買ったのが下の写真。

gasya2  ちょっと見にくいけど、一番上が「仮面ライダー ~改造人間仮面ライダー1号編~」の仮面ライダー王蛇。(¥450)

 下の右は「仮面ライダーアクションポーズ2」の仮面ライダーシザース。(¥380)

下の左はデカレッド(¥200。これは最近すっかりマジレンジャーヲタクになってる鍼灸院の先生へのお年玉)

 出しそびれてあきらめてたフィギュアが手に入るんやから、日本橋へ電車賃310円でいけるところに住んでる大阪人でほんまによかったなぁと実感。

 おもしろかったのはそれぞれ価格設定。轟鬼と斬鬼って色違いなだけやのに、斬鬼の方が6倍(!)高かったり、変身前のヒビキ・イブキ・土蜘蛛が150円だったり。ガシャポンのシリーズが1袋パックで売られてて、物によっては2850円のがあったり、600円のがあったり。

 来月も行ってまうやろな・・・(笑)。

 龍騎で手に入れたのは、ベルデ・タイガ・王蛇・シザース・ファム このラインナップ片寄りすぎやなぁ(笑)。近々龍騎のメンバーでもジオラマしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第28回 邪悪襲来」

  銀河系のなかにある緑色の惑星に怪獣が現れるところから始まったウルトラマンマックス。地球は青やから、その星は地球やないねんけど、でもなにもかも地球そっくりな星。緑色の惑星やったら空も緑色のはずやのに、空は青かったし(笑)。
 ルガノーガの攻撃で全てが焼き尽くされ、爆発寸前の所、たった1機逃げ延びる宇宙船。たった1機だけかよって思ったんやけど。いったいあの星に何人の宇宙人が住んでたんやろ、10人くらい?それなら納得してあげるけどね。その宇宙船を追いかけるルガノーガ。

 場面は一転、今時珍しい正月ムード満々のDASH(笑)。書初めかいな。コバ隊員って男の子らしい字やね。でかく書きすぎて全体的に平べったくなったというか、なんというか。ウンチクを語らせると右に出るものが無いショーン。

 森の中を冒険してくるといったまま行方不明になった子供を透視能力で見つけ、怪我まで治してしまうリリカ。そこへ現れるカイト。カイト、子供に向かって山の怖さを教えるべきとちゃうんかなぁ。何事もないように手を引いて歩き出してたけど。

 地球にルガノーガが迫っていることを感知するリリカ。カイトは違う言うて慰めてたけど、でも絶対ルガノーガはリリカの超能力体質を狙って、追いかけて来たのに間違いないよね。でなければリリカのいるすぐそばに降りてけぇへんやん。

 すげぇ、ナパーム炸裂しまくりやん。今回はミニチュアにお金がかからへんぶん発破に予算回せたんやろか。
 バイクから弾き飛ばされて倒れたカイトに駆け寄り、傷を回復させるリリカ。いくら走ってる映像入れてたとしても瞬間移動としか思えんがな。

 リリカが宇宙人なので安心してウルトラマンマックスに変身するカイト。
軌道を外れて子供たちのほうに飛んでいきそうになったミサイルをつかんで、地面に突き刺すってマックスもすごいことするよなって思ってたら・・・。

 マックスがバク転・側転連発するの久しぶり。見たかったんよね。

 攻勢に出たマックスの腰にルガノーガが尻尾のぶっとい針を突き刺してエネルギーを吸い取り始めたんやけど、いくらマックスでもかなりの大怪我のはず。時間的に、ひょっとしたら新年最初やし2週連続かぁ???って思ったんやけど。倒れこんだマックスの目の前にさっき地面に突き刺したミサイルがあって、それをルガノーガの背中に投げつけ、ひるんだ隙にマックスギャラクシーで爆破。さっきのミサイルこんなところで役に立つなんてねぇ。
 最後は何事も無かったように、マックス宇宙に帰っていったけどさぁ、ちょっとご都合主義やったんちゃうかな。

 リリカやってた子、若き日の高橋由美子にちょっと似てたような気がしたなぁ。それからルガノーガは怪獣コンテスト優勝作品やったんやけど、さすが最近の子が考えた怪獣だけあって、どこやらの合体ロボみたいにいろんなものがあっちこっちくっ付いてたと思わへんかった?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.05

年末年始

 村をんなの年末年始なんて、あんまりおもしろい話は無いんやけどね。

【29日】部屋の掃除をしたついでに、あんまりにも掃除機がキーキーうるさかったんで、掃除機のフィルターを購入後初めて(1年半もほったらかしだっ!!)お手入れ。もうそれでエライ目に遭ったがな。フィルターにびっしり詰まった埃(アレルゲン)をまともに吸い込んで、花粉もまだ飛んでないちゅうのに約4日間鼻水攻めにあってました。
 
【年末年始特番】 年末年始の特番苦手やっていうのは、前にも書いたけど、ちゃんと見たのは「少年よ」が終わるまでと、10時半以降SMAPが歌い終わるまでの紅白。それと「相棒SP」。といってもねぇ、「相棒SP」も土蜘蛛ちゃん相手に奮闘してたから、流れてただけやねんけど(汗)。
 あとは「ウルトラマンマックス」の感想書いてたり、「ゴジラ ファイナルウォーズ」、「湘南爆走族」、「マジレンジャー 22~27、響鬼24~30(28は高校野球で抜けたんで別のビデオに入ってる)」、甥っ子が来てからは「劇場版龍騎のメイキングビデオ」とか「龍騎スペシャル」とかっての見てたんよね。
 こんなんばっかり見てたら、いったい今日は何日?状態やもんね。今だって、これ書きながら「小田和正のクリスマスの約束」のビデオ流してるし(笑)。
 さっき友達から昨日の古畑任三郎のドラマのことで質問メールが来てたけど、全然わかりません(笑)。

 「ゴジラ ファイナルウォーズ」もオンエアで見たときは、これは今までのゴジラを見慣れてる人には好き嫌いがあるやろうなぁって思ったんやけど、ビデオで2~3回も見ると(正月休の間にそんなに見たのかよって感じでしょ(笑))どんどんおもしろくなってくるんよね。ゲーム世代とか、世界市場を考えるとこういうストーリー展開になってまうんやろうな。

 「響鬼24~29」つまりは高寺響鬼の最終回辺りを見てたら、なんて猛士たちは幸せなんだろうってしみじみしちゃったなぁ。
 24が太鼓祭、25が水着祭、26がスイカ祭、27が花火、29がヒビキの人生論。思い出したぁ?
 DVDは4話で1本やんか、となると29だけはみだしてまうよね。う~ん、ちょっと問題ありやな。〔これを確認するために東映ビデオのサイト覗きに行ったんやけど、HERO CLUBで14~16話をまとめた「仮面ライダー響鬼 Vol.2 師匠と弟子 轟鬼誕生!」ってのがあるみたい。HERO CLUBのVol.1が1~2話をまとめてるってことは威吹鬼の扱いが弱いんじゃないですかっ!!と村をんなは声を大にして言いたい(笑)。〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.02

仮面ライダー~RETURN TO THE FIRST編~ その2

rider2p

 仮面ライダー2号(背景:村をんな採取、大阪某所。2号の背景はビルが似合うよね)

このガシャポンシリーズ、弾鬼とゾルダ狙いで回してたんやけどなぁ、欲しい物が取れない呪いは続いてるよなぁ。

 で、装甲響鬼×4、仮面ライダー2号×1 という結果となりました。

 ゆ~らんさん風に言うと、装甲響鬼に愛された証明。っつうことはオロチなのか村をんなは(笑)。

 で、装甲響鬼×4のうち、1つは村をんな用、1つはゆ~らんさんと物々交換、1つは芝居友達の甥っ子ちゃんにもらっていただいて、あと1つは保留中。

 ゆ~らんさんに物々交換してもらった土蜘蛛ちゃんは斬鬼さんと共演。

zantuti12  画像でかくなりすぎました、びっくりせんといてね(笑)。

背景は「賑町笑劇場写真素材分室」さんです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.01.01

丙戌歳 あけましておめでとうございます

 nenga06

 本年もなにとぞよろしくお願いいたします。

 〔今年の一句〕小林一茶作・つく羽を犬がくわへて参りけり

 大阪は麗らかな元旦を迎え、清々しい丙戌歳をあけることができました。とはいえ、村をんなは年末に録画した「ゴジラ ファイナル ウォーズ」のビデオを見たりしてます(笑)。

 もうテレビ朝日の響鬼の公式覗かれました?出演者の皆さんが一人ずつポラにお年賀サインしてるのがUPされてて、もうねぇ、こりゃ今のうちに見とかなあきませんよ、いつまでこれ載せてくれてるかわからへんからね。雰囲気からいって、響鬼打ち上げ会場で撮ったんかな。ちょっとピンぼけなのがご愛嬌やねんけど。

 村をんなの今年の抱負っていわれてもねぇ、最近あっという間に1年が過ぎちゃうから(笑)。強いて言えば、村をんなって結構あくの強い性格なんでね、日々の感謝を忘れないようにってことぐらいかな。でもこれは今年だけの抱負やないけどね。それと大阪の片隅に生きていて、あんまり情報に敏感なほうではないけれど、それでも関西ローカルな話題とか、お役に(どんなお役や(笑))立ちそうなことがあれば、お知らせできればなと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »