« 今月のケーキ | トップページ | 今週のシャーク隊長・第21話 »

2006.02.25

 「第35回 M32星雲のアダムとイブ」

  今回のウルトラマンマックスの村をんなにとっての見所は、マックスのアクションでもなければ、ストーリーでもなければ、もちろんカイトやミズキでもなかったんやなぁ。

 今回の見所は、唯一つ、小林翼君。翼君ってね、北大路欣也の「子連れ狼」で大五郎役をやってたんよ。東映京都で3歳から鍛えられてきただけに、表情が巧いねんなぁ。
 アバンタイトルで顔見たときは、ひょっとしたら~なんて思ってたんやけど、オープニングの時に名前確認して、おぉぉぉぉって感じやったもんね。。
 お姉ちゃん役の清水萌々子ちゃんよりも名前が上にあったってことは、年は若くても芸能界ではキャリアがあるってことになるんやろな。
 清水萌々子ちゃんかて、プロフィール確認したらあのカンヌ映画「誰も知らない」の末娘役で出てた子みたいやから、実力あるやんね。

 いやぁ、翼君もランドセルが似合う小学生かぁ・・・。
 あれくらいの子役にしては、実力あるからセリフかて多かったんちゃう。

 翼君が怪獣の食べ物について問い合わせしてたけど、DASHって怪獣退治が専門で飼ったことないから、カイトが答えられへんかったとしてもしゃーないよね。

 話は横にそれるけど、よくマックスのなかで「エリアはJT○○○」って出てくるけど、このJTってJAPAN・TOKYOってことやったんやろか。もう最終回に近いってのに今ごろ気が付いてるんやもんね(笑)。

 ホップホップの背後に回ろうとしていたカイトが子供たちを見つけ、ウルトラマンマックスに金星にホップホップとその子供たちを連れて行ってもらおうと提案するやんか。その時に「うん」って力強くうなずく翼君。いやぁ、なかなかこんな強い意志の表れた表情、ちょっとやそっとの新人ではできませんよ。

 今回のサブタイトル「アダムとイブ」ってなってたけど、どっちかいうたら先週のダークバルタンとタイニイバルタンの人間体のほうがアダムとイブやったんちゃうやろか。

|

« 今月のケーキ | トップページ | 今週のシャーク隊長・第21話 »

変身!!」カテゴリの記事

コメント

>ちょびさん、こんばんわ

 コメントとTBありがとうございました。

 うっかり間違えて、残さないといけない方のコメントまで消してしまい、申し訳ありません。お許しくださいませ。

 確かに「JT」って略すと、日本たばこって思っちゃいますよね。
 私も何故JTって頭のどこかでずーーっと引っかかってました。

 メビウスはどんな展開なるんでしょうね。マックスは、監督さんや脚本家さん、そしてゲストキャラに驚かされながら、楽しませてもらえて好きだったんですよね。
 夕方の放映なので、今までよりももうちょっとお子様向けになるんでしょうか?

投稿: 村をんな | 2006.02.27 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/8832642

この記事へのトラックバック一覧です:  「第35回 M32星雲のアダムとイブ」:

» ウルトラマンマックス~「M32星雲のアダムとイブ」 [ちょびず だいありー]
今回のマックスは,藤川桂介さんの本でした。 子供たちがマックスに「怪獣を殺さない [続きを読む]

受信: 2006.02.26 21:06

« 今月のケーキ | トップページ | 今週のシャーク隊長・第21話 »