« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006.03.31

シネマ歌舞伎「鷺娘」

  この間、チケットWeb松竹のメルマガが来たんやけど、坂東玉三郎の歌舞伎舞踊「鷺娘」をシネマ歌舞伎として映画館でやるんやて。

 で、大阪は5月6日(土)~5月19日(金)、梅田ブルク7にて。
上映回数も平日・土日の差がなく、1日5回(ゲキ×シネで「SHIROH」やったときはレイトショーしかなかったから、涙をのんであきらめたから、こんなにたくさんやってくれるのめっちゃ嬉しいやんか)。上映時間は1時間やねんけどね。ということで、お値段・千円だよっ!! いやぁ、玉三郎さんの舞台、舞踊だけだって最低7,000円は下らないはず、それが1,000円で見られるんやから、行かない手はないやんか。

 「鷺娘」だけやと短いので「日高川入相花王」も同時上映なんやけど、こっちは共演が尾上菊之助君(ご存知寺島しのぶさんの弟)と坂東薪車さん。イケメン揃えてるやんか(笑)。

 リアル友人に業務連絡です。村をんなはこの期間中、土・日ともに空いてるから、梅田で食事して、玉様一緒に見に行けへん?特に今新学期が始まってふらふらになってる方のリアル友人、連絡ちょうだいね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.28

「今週のシャーク隊長 第25話」

  雷将軍サンダーラのエピソード後編。セイザーXヴァージョンの大魔神が出てきて、懐かしかったっがな。

 ①雷神ゴードの出現を司令室で見つめるシャーク隊長。眉間に皺を寄せてたけどセリフ無し。

 ②ゴードの体内にコスモカプセルがあるのを知り、現場に出撃命令を下すシャーク隊長。操縦席に座ったまま変身するパターン見るの初めてやなぁ。

 ③ネオディスカルに異変が起きていることへの解説をするシャーク隊長。
 結構、長セリフ。

  雷将軍サンダーラが火将軍ブレアードと巡り会い、最後のコスモカプセルを手に入れた3将軍が地球を制圧したはずやったのに、サンダーラが巡り会い一目惚れをした相手がたっくんで、でもサンダーラはたっくんと暮らすことを諦め地下の世界に戻っていくことにしたから雷将軍の血を引くものが未来の世界から消滅していってるってことやったんやんか。
 雷将軍のことが未来の世界の歴史に残ってなかったんは、戦いが続く地上に嫌気がさして雷将軍が地下の世界に戻ったからとも解説してたけど、火将軍と雷将軍の子供たちは地上に残していったってことを言うてなかったから、ちょっと判りにくかったんとちゃうかな。

 ④最後の最後、「来たな、決戦の時が」と振り返るシャーク隊長。素敵だよ~、うっとり。

 グローザっていう敵の女幹部が消滅して退場になってもうたんやけど、ちょっと寂しいかも。

 
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.27

今週のボウケン&カブト(3月4週目)

 「ボウケンジャー Task.6」

 吊橋を渡ってるカップル。雪積もってるのに、女子の方春のスタイルやし、寒そうやなぁ。

 でもって、この場所響鬼の時にも使ってたよね、ちょっと懐かしかったりして。「この数日、首谷での行方不明者が相次いでいるのだ」って、それ魔化魍の仕業やろと思った人多かったりして(笑)。

 首谷の呪いに反応して、嫌がってみせる真墨。

 首谷にプレシャス探しに現れる5人。一番後ろを歩いていた菜月の首に水滴が落とされると、白い霧に包まれて一人はぐれてしまう菜月。
 で、そこにボウケンジャーヴァージョン大魔神が!!ってねぇ、たまたま偶然なんやろうけど、先週のドリルといい今週の大魔神といい、どうしてこう重なるかなぁ、土曜日にセイザーXヴァージョンの大魔神出てきたばっかりやのにぃ。

 ピンクがさらわれた場所に落ちていたボウケンチップ。光を照射したら「mask」と[water」の文字が浮かびあがってたけど英語で書くより、水って漢字で書いたほうが早いんちゃうん。大魔神・モガリに首捕まれてるって緊急時なんやから。

 キャーーーー、久しぶりの大神官ガジャ様。久しぶりなだけのことはあって、セリフいっぱいあるやん。

 ガジャ様にとって必要の無いプレシャスやからって、首と呼ばれた壺の中の薬をボウケンジャー男子組にかけた後、壺ほったらかして消えてたやんか。その壺大魔神に返したら、大人しくなったんちゃうん。でもそれやったらボウケンジャーとしては面白くないか(笑)。

 大魔神・モガリはブラック・ブルーに任せて、女子組を助けに行くボウケンレッド。

 女子組の方は、喧嘩しているお芝居をうってアクセルラーを地面に落とし、それをボウケンチップで跳ね上げると言う絶対ありえない技でアクセルラーを手にしてピンクが変身。

 人間サイズのモガリを倒してしまったためにスイッチが入り(ガジャ様ったらスイッチって言葉しってはったんや)巨大サイズのモガリ出現。

 その前に「プレシャスの呪いを受けて滅びよ、それがお前たちの末路だ」ってポーズを決めて消えたガジャ様、かっこいいぞ(笑)。ガジャ様の定番セリフになったらいいのにな。

 ゴーゴー剣(まだ6回目だというのに、既に使い物になってないがな)の歯が立たないからって、ゴーゴードリルとゴーゴーショベル発進させてたけど、どうせ負荷が4倍とか何とかって言ったって、全然平気で操縦しちゃうんやから、もうそんな余計なセリフいらんのんちゃうん。

 ゴーゴーショベルでモガリの胴体を掴んで振り回して、天に向かって放り投げ、落ちてきた所をドリルで突き刺し粉砕して、終了。

 明石が女の友情が生まれたことを喜んで「禍福はあざなえる縄の如し」って言ってみんなから親父くさいって笑われてたけど、デカイエローみたいにこれも開き直って言い続けるのかな?

 来週のゲスト、清水紘治さん。渋いところ出してきますねぇ。スーパーヒーロータイムはアギトの小沢澄子の先生役以来やもんね。

 「仮面ライダーカブト 09」

 カブトとザビーの対決シーンから。
 倒れこんでいる天道に対して、カブトの抹殺指令を受けているザビーはベルトを破壊するために天道の腹に一発パンチを食らわせて立ち去る。

 生身やのに、ザビーのパンチを受けて、平気な顔をしてみせる天道ってどんだけ強がりやねんってとこやね。

 家で豆腐パーティーするからって、お誕生会かクリスマス並の飾りつけやったやんか(笑)。でも樹花ちゃんの衣装可愛いねぇ。亀のクッションも可愛かったし。

 心配して病院に現れる樹花ちゃんたちやったのに、診察していた女医のカウンセリングをしている天道。今週の俺様はここかぁ(笑)。

 カシミールカレーって、どんなん???また料理に関してはマニアックな設定が多いなぁ。マニアックすぎてよう判らんがな。村をんなが判るのはこくまろカレーとかハウスバーモントカレーとかなんやけど。

 加賀美がそわそわしてたのって影山の入院してる部屋と天道の部屋が近かったのと、天道が料理を作ってお給仕することが判ってたからやったんか。
 たぶん加賀美も手伝えって言われてたんやろな。
 でも岬さん、なんで天道が入院してるの知ってたんやろ?

 矢車って影山の前では、完璧な男を演じてるみたいやな。やっぱり矢車と影山の関係って…ねぇ。

 ライダーベルトを見つけてしまって、渋谷隕石が落ちた時の記憶が甦るひより。瓦礫に埋もれて、人影を見たら普通「助けて」っていうやんか。せやのに「殺さないで、やめて」って言ったってことはどういう意味が隠されてるんやろ。

 それにライダーベルト、壊れてなかったし。何本か持ってるん?それも疑問やな。

 ザビーがワーム退治をしている現場に現れる影山。そして銃をワームに向かって乱射し始めるけど、それって完全調和から外れてるやろ。

 「おまえ部下を見殺しにするつもりか」って言った時の高岩さんのポーズ、最高やね。

 ザビーゼクターって、ザビーゼクターそれ自身の意思があったみたいやな。
矢車から離脱してしもうたやんか。

 そして矢車と影山、シャドーの傷ついたメンバーをワームから守るために、頑張ってる加賀美をザビーゼクターが選択して2代目仮面ライダーザビー襲名。白倉Pもライダーファンの裏かいてきますなぁ。

 そうか、それでザビーゼクターのCMってわざとカブトゼクターの後にくっ付いてたって訳か。来週から加賀美がザビーゼクターのCMに登場するんやろか。

 でもって、矢車とはまた違った加賀美ヴァージョンのザビーを見せてくれはるんやろうな、伊藤さん。どんな感じになるんやろ。

 今週の仮面ライダーカブト、面白かったよね。来週から加賀美の悩みがまた増えるんやろうけど。
 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.03.26

「最終回 つかみとれ未来」

 いよいよ最終回となったウルトラマンマックス。スーパーヒーロータイムのライダーと戦隊は、オープニングテーマソングをカットして、即ドラマに入るのが恒例やけど、マックスはちゃんとオープニングもやったよね。とはいえ、いつもだらだら長かったりするアバンタイトル(下手すると5分くらいやってたりする)も2分と短めやったけどね。

 殉職してしまったミズキから。
 でもって、先週のシリアスモードから一変してラブロマンスモードだよ、ウルトラマンマックス(笑)。

 カイトの必死の救命措置で息を吹き返したミズキ。救命のために心臓マッサージと人工呼吸を施すカイトやったんやけど、子供番組やから愛の表現もこういう形になったんかなと思ったりしてね。

 オートマトンから発せられるデロスのメッセージによりウルトラマンマックスの能力は全て解析されいて、100%の確率でマックスが倒されるとデロスから宣戦布告されてたけど、デロスは地上で行われていたマックスと宇宙怪獣との戦いを全て知ってたってことになるやんね。ということはやっぱりデロスは宇宙人の末裔で宇宙人とコンタクトを取ってたってことになるんちゃうん。

 デロスの言葉を聞いて、ミズキを抱きしめたままマックスに変身するカイト。めっちゃロマンティックな展開やねんけど、確か先週マックスは文明の異なる地球人同士の戦いには介入しないっていうてたんとちゃうかったっけ?

 人間サイズのウルトラマンマックスにお姫様抱っこをされて、地球に戻っていくミズキ。第1回目の映像が思い出として流れてたけど、顔つきが現在よりも柔らかかった感じがしたな。長~いことヒーロー物やってると女子も顔つきがヒーロー顔になっちゃうんやろか。

 で、地上に戻るとき海から飛び出してくるんやけど、ウルトラマンマックスの周りにはバリアでも張られてたとでも脳内補完しとかなあかんかな、でないと仮死状態で身体が弱ってるミズキ溺死してまうやんか。

 その頃、地上にはギガバーサークが現れてるんやんか。その現場に着いたウルトラマンマックスは巨大サイズになってたんやけど、どこまで人間サイズでどこから巨大サイズになったんやろ????

 巨大サイズになったとはいえ、ギガバーサークとマックスの大きさはビル1棟と人間くらい違うから、手も足も出ないマックス。そしてギガバーサークの顔面(?)に磔にされてしまうマックス。

 マックスは最後の力を振り絞ってカイトを分離して命を守り、エネルギーが枯渇して化石化してしまう。

 さぁ、最後の見せ場。マックス救出作戦やねんけど、横文字多かったしなぁ、それをショーンが言うもんやから、小さなお友達には何言うてるのかよう判らへんかったかもしれへんな。デバイスなんて言葉、普段はあんまり使えへんやん、パソコンいらってる時ぐらいしか。

 宇宙衛星ガーディアンを日本上空に集合させ太陽エネルギーを集めてマックスギャラクシーに送電しようとするとエネルギーの方が凄すぎて、ヒューズ飛んじゃうやて、古典的やけど冷や冷やさせるやん。

 それを「We Never Give Up」っていうて直そうとするショーンやけど、結局修理したんエリーやし。

 折角エネルギーがマックスギャラクシーに充填されたっちゅうのに、ギガバーサークの攻撃によって、ダッシュバードから引っ張ってる綱が切れちゃうんやんか、で「俺だってマックスなんだぁ~~」と言いながらマックスギャラクシーに向かって飛び降り(!)融合しちゃうカイト。

 このときの表情見ながら、コバ隊員の「くそっ」っていう悔しそうな顔とかって男らしくて良い感じやねんけど、カイトはこういう表情、苦手なんちゃうかな、あんまり普通の時と変わってるようには見えへんかったんやけど。

 復活したウルトラマンマックス。ギガバーサークに対抗できるだけの大きさになって、一刀両断攻撃とマクシウムソードを分割させる「散れ千本桜」攻撃でギガバーサークを粉砕して終了。

 そのときデロスが「地球が元の姿を取り戻すまで再び眠りにつく」っていうてたけど、いつからいつまで眠りについてて、いつ目が覚めてたんだか???

 無事マックスも任務終了して、地球から離任。

 で、70年後ですよ。ミズキもカイトと一緒に生きてたしね。よかったよかったっていうことで。

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 ウルトラマンマックス総括

 もうね、一言で言うと面白かった。初めの頃はしまりのない組織で、大丈夫かなんて思ったりしてたけど。鞭が入ったのはやっぱり三池崇史監督の「第3惑星の奇跡」の号泣メルヘンものと「わたしはだあれ?」のありえないギャグもので、大評判をとったことかなって感じたんやけど。
 あれでマックスの路線が明確になったんちゃうやろか。
 そして実相寺監督の完全に子供無視(笑)な「胡蝶の夢」「狙われない街」も見応えあったしなぁ。
 中島かずき脚本の「燃えつきろ!地球!!」も笑いが止まらへんかったがな。
 でもって東映系特撮ファンも引っ張り込もうっていうキャスティング。東映で映画だ新番組だっていうとそれにぶつけるように強力な作品もってきてたよね。

 村をんなもこんな面白い作品が続くとは思ってへんかったし、まさかビデオに録画して残すことになるとも思ってへんかったから、あっちに入れたりこっちに入れたりしてて滅茶苦茶(笑)。特に「ようこそ地球へ・バルタン星人前編」の後に「最終回・つかみとれ未来」が入ってて、「ようこそ地球へ・バルタン星人後編」の後に「地上壊滅の序曲」が入ってるんやな(汗)。
 1シリーズ39話中21話が残ることになったって、仮面ライダーより多いやんか(笑)。

 キャストのなかではエリーがアンドロイドってことで、あんまりまばたきでけへんかったんがたいへんやったやろうなぁって毎回見るたびに思ってたんよね。
 マックスの方針上、一人一人の役を掘り下げるようなストーリー展開が無かったのは残念で、特にショーンが一番割りを食ったかも。カイトとミズキはメインやからそれなりに過去が語られることもあったけどね。
 コバ隊員なんか、ダッシュに入隊する前はどんな経歴があるのか全然わからへんかったし。でもマックスが最終に向かうに連れてどんどん存在感が出てきてたのがよかったかな。それに反比例するようにカイトがどんどんおっさん臭くなってきてたような気がしてたんやけど(笑)。

 ウルトラマンマックスのスタッフ・キャストの皆様お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

 さて、来週はマックスの名場面集なん?DVD化するのに4話で1本やからちゃんと数合わせてあるやんか。その辺の計画性が東映とは違うなぁ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.23

ライダーの敵は・・・

raivel5  ベルデ「ライダーの敵はライダーということを忘れるな」 龍騎SPのセリフより

 背景:京都某所(撮影・村をんな)

 やっと、先月買ったライアのお披露目できたがな。先々週の土曜日もここ最近の傾向通り、フィギュア屋へ寄ってきたんやけど、お目当ての裁鬼さん、もう店頭になかったんやんか(涙)。そうとなったら開き直って、龍騎シリーズ揃えることに。で、やーーーーっと龍騎(笑)とガイ購入。っていうかメインキャストのナイトとゾルダもまだ持ってないちゅうねん。

 裁鬼さんの方は、いつも利用してるガシャポンコーナーで運を天に任せんとあかんねんなぁ。日曜日に回してきたけど、まだお出まし下さらず・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.21

今月のケーキ

今月のケーキは春らしく「桜のシフォンケーキ」cake0603a2

 ケーキの上に乗ってるのは桜の葉です。ケーキはほんのり桜餅の味がして、おいしかったっす。

これは「フルーツのシフォンケーキ」

cake0603b2 一応断っておきますけど、2個食べたわけとちゃうからね。

友達が頼んだほうです。

 

お店は「SECONDHOUSE 出町店」(京都市上京区河原町今出川下ル東側 清和ビル 1F」。

cakeshop0603

 ケーキもおいしいけど、スパゲッティもおいしいんよね。京都労演の例会が京都府立文化芸術会館であるときは、京阪出町柳駅で降りて、この店でお昼を食べ、芝居のあと、この店でケーキを食べて帰るのが、恒例になってるんよね。

 場所柄、学生とか若いお客さんが多い(京大とか京都府立医大とか)店でね、スパゲッティとか頼むときは、時間的に余裕があるときに行ったほうがいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.20

今週のボウケン&カブト(3月3週目)

 「ボウケンジャー Task.5」
 
 今週のボウケンジャーはプレシャスを取引する場面から。
 ミニスカのスーツに身を包み現れた女。声聞くまで、それが風のシズカやなんて、全然気ぃつかへんかったよね。帝国の真珠って名前やったけど、真珠っていうよりパチンコ玉のでっかいのって感じ。あんまりありがたみ無かったし。

 風のシズカちゃん、足細いんだか太いんだか(笑)。

 ここでマジピンクの秘密が一つ明らかに「オリンピック候補になるくらいの銃の腕前」やったんか。

 匠神ってキャラ面白いよね。設計図入力したら、ちゃんとその武器を生産するんやから。

 帝国の真珠を拾ってしまう男の子。それを返してもらおうとするボウケンピンクやったけど、風のしずかも後を追ってきて、子供に「逃げて」というピンク。今回はこれがポイントやったんやね。

 さくらは男の子を見つけるけど、ボウケンピンクやなかったから帝国の真珠返してもらわれへんってのが、定番の展開(マジレッドと山崎さんの話とか)やけど、見てるこっち側としては、あぁそうやったって今更ながらに気がついたりするんよね。
 「これじゃぁボウケンピンクじゃなくて、ボケピンクだ」っていう自虐ギャグ言うてたけど、なんかボウケンジャーのドラマの中でボケたことしたメンバーは、ボケ○○○ってけなされたりするのが定番になってまうんちゃう。

 自転車で逃げる男の子をさくらに戻って追いかけてると、男の子が「渡すもんか、頼まれたんだ、ヒーローに」って言うてたけど、またこの男の子も思い込みが激しいっていうかなんというか(笑)。ボウケンピンクは「逃げて」とは言うてたけど、「持って逃げて」とか「守って」とかは頼んでへんやん、その時点では。

 偉いねぇ、お菓子をあげるからとか言われても付いていかない様にとかって学校で習ってるんやな。「お礼が欲しくてやったんじゃないよ」って顔が可愛いがな。
 でも今の子って鯛焼き喜ぶんかなぁ?袋の感じからいうと、鯛焼き1個じゃなさそうやし(笑)。一応他のメンバーの分と牧野先生の分も入れて、7個は買ってるかも。

 「目が笑ってない、作り笑いじゃだまされないよ」って、ますます偉い。大きいお友達の中には作り笑いに騙されて大金払ってる人おおいからねぇ(笑)。

 笑い顔が苦手なこと指摘されて凹むさくら。
 真面目すぎることを指摘されてまたまた凹むさくら。

 操車場で、帝国の真珠を巡って争うさくらとシズカ。この二人でもめてる時はどうみても二人ともどん臭くてもそもそしてるのにね。吹き替えとの差がけっこう激しいやん。シズカの吹き替えは完全に男性やったよね。

 ゴーゴーシャベル登場。

 ゴーゴーシャベル、色が水色やったから、先週の予告見たところまでやと、てっきりボウケンブルーが操作するもんやと思ってたんよね。6号以降のゴーゴービークルは搭乗者がフリーなんかな。
 でもって、普通に操縦してるし(笑)、1週間でビリビリの訓練も全員終了してるってことで。

 ゴーゴーシャベルにやっつけられて、帝国の真珠を吐き出した途端、ビオパンツァーから元の匠神に戻ってまうんやけど、でも紙に書かれてあった大砲はちゃんと左肩に残ってるんやな。ちょっと矛盾(笑)。

 匠神も撃破し、帝国の真珠を探すボウケンジャー。
 そこへ帝国の真珠を持った少年が現れて、無事回収、ミッション終了。
さくらも男の子と気持ちが通じて、自然な笑顔になれ、よかったよかったってことで。

 男の子、芝居巧かったよねぇ。そのうち、天才子役で有名になるんとちゃうかな。

 来週は2週間お休みやった大神官ガジャ様、やっとお出ましやん。

 話は変わるけど、土曜の夜にやってる「カウントダウンJAPAN」でボウケンジャーのテーマ19位、「CDTV」では15位やったよね。
 だいたいスーパーヒーロータイムのテーマソングって発売週はこれくらいの順位取るよね。

 それからマジレンジャーを歌った岩崎貴文君が第20回日本ゴールドディスク大賞で「ニューアーティスト オブ ザ イヤー」の一人として選ばれたみたいやね。その授賞式の模様は3月22日深夜0:15~1:25までNHK総合でやるみたいやねんけど、マジレンジャーやからなぁ、カットになったりして(授賞式の模様を載せたサイト見てたら、岩崎君歌ってる姿の写真アップされてたけどさぁ、なんといってもNHKやから…どうなることやら)

 それともう一つ、いつも私が行ってるフィットネスクラブの隣のショッピングセンターで春休み客寄せキャラクターショーやってるんやんか。今日はマジレンジャーやったんやけど、なんと13:00~の回に、芳香ちゃんこと別府あゆみちゃんがトークショーに来てたみたい。営業がんばってるんやね、お疲れ様です。

 「仮面ライダーカブキ 08」

 復習を兼ねて、ザビーがかっこよくバイクの降りるシーンから。

 ゼクトへの協力を拒否して、ザビーと戦うことになるカブト。階段を下りながら闘うアクションを見せてくれるけど、あれってちょっと足踏み外したら捻挫とかしかねんから、難しいんとちゃうん。それを軽々とこなしていくんやから凄いよな(って自分が階段からずり落ちたから、よく判るんやけどね(笑))。

 カブトとザビーが戦ってる所に、花婿の衣装で現れる加賀美。白いヘルメット(笑)。いつも被ってるものやったけど、わざと衣装に合わせたように見えたんやけど。

 影山がやられたのを見た途端、戦いを放棄して影山に駆け寄り、病院への搬送を命じる矢車。一応、シャドーは完全調和がモットーやから、一人でも欠けると調和が乱れるので、隊員を大事にするんやと思っといたろ(笑)。
 田所班みたいに使い捨てやないってことで。

 変身解除したら、きちんとしたスーツ姿の矢車。つい2ヶ月前まで変身したら、あられもない姿になる響鬼を1年間見続けてたもんやから、未だに違和感があるという、汚れた大人でございます(笑)。

 「三島さん」と言われて「その名前はなるべく使わないでもらいたい」って言う弓削君。じゃぁ、普段はなんて呼ばれてるんよ。「ミッション中は名前を呼ばないで下さい」ってか、さくらじゃあるまいし(笑)。

 田所の元に、当分矢車の下で学びたいと異動願いをする加賀美。ゼクトって上の命令は絶対なはずやのにね。田所は加賀美の親のことを知ってるから、少々のことは許してるんかな。中間管理職は辛いぜってところやったりして。
加賀美ばっかり甘やかしてたら、他のメンバーに示しがつかへんしなぁ。

 矢車とともに、影山の見舞いに向かう加賀美。

 ひよりの「なんで僕が」は、決まり文句に決定してるみたいやな。

 矢車と影山の関係って、どうよ。狙ってへんか、ある特定の視聴者を。
 加賀美の顔見て、思いっきり嫌そうな顔する影山、ジェラシー入ってたりして。

 中華料理屋の調理師から白い服着てる人間辿っていってどうやって花嫁までいくんや、ワームの擬態。結構それって難しやろ。

 教会の牧師になりすまして、結婚式まで司っちゃってる天道。何でもお見通しやな、ここまでご都合主義が貫かれると、かえって納得しちゃったりして。

 今回は動いている電車と操車場を組み合わせてのクロックアップ。
 ワームを撃退したあとカブトの真横を電車が走ってたはずやのに、ポーズ取ってる時は電車映ってなかったなぁ(笑)。まぁ、その辺は目をつぶるとしましょうか。

 いよいよ矢車の本性が現れてきたねぇ。穏やかそうに見えて実はめちゃめちゃ切れやすいってのは、白倉Pが好きなキャラかも。

 7時に家に来いと言う天道。食べ物屋商売にとって、7時っていうたら普通はめちゃめちゃ忙しい時間やろ。加賀美がどっち付かずで、おるかおれへんか判らへん状態やのに、ひよりまで抜けられたら困るんちゃうん。

 ひよりもひよりで、オーナーにも相談せぇへんみたいやし。それに東京タワーの件はすっかり忘れたみたいやし。

 さぁ、完全に切れちゃったよ、矢車。普段は完全調和とか言うてるけど、本音の所では自分が太陽やって言うてるんやからなぁ。天道とかわらへんやんか。

 本日のメインイベント。カブトVSザビーなんやけど、この二人が戦う前に、カブトゼクターとザビーゼクターが現れて、前座試合やってたやんか。この昆虫たちの指令系統ってどうなってるんやろ。遣い手の意思を察知して動くんやろか。

 カブトとザビーのバトル見てたら、カブトはパンチで、ザビーはキック中心やったような気がしたんやけど。カブトのパンチ結構ボディに入ってたから、効いてるのはカブトの方かなと思ったんよね。

 ザビーの蹴りが頭に当たって、カブト倒れたやんか。それで「ライダースティング」って左腕を構えたところがかっこいいよね。あれがザビーの決めポーズになるんかな。

 来週の予告、なんか思わせぶりなシーン満載やってんけど、動体視力付いていけへんかった(涙)。

 ラストコントのひより、本編と違ってかっこよかったなぁ。じつは悪女系?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.03.19

「今週のシャーク隊長 第24話」

 今週のメインストーリーは雷将軍サンダーラの初登場。 

 シャーク隊長の出番は3シーン。
 
 ①シャーク隊長、何事も無かったようにご登場でしたねぇ。「いつでも出撃準備が出来るように整えておけ」と命令。
 
 ②ケインとレミーの後をつけて、いつの間にかサンダーラの先祖が暮らしていた場所に立っているシャーク隊長。めっちゃ突然なんやけど。で、その場所に現れるジャッカル。どんだけラブラブやねん(笑)。

 ③たっくんの意志とコスモカプセルの有りか、そしてXデー間近に現れた雷将軍サンダーラの意味について思考するシャーク隊長。

今週のシャーク隊長はちょい渋ってとこかやったな。

 来週のセイザーXになんか大魔神みたいなの出てきましたねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 「第38回 地上壊滅の序曲」

  ウルトラマンマックス最終章。
 うぉーーーー、めっちゃシリアス。今まで、のほほんおとぼけだったDASHの雰囲気が好きやったのにぃ、やっぱり最終章前半やからなぁ。

 世界中のUDF基地が全滅するところから始まったんよね。
で、時間を1週間前に戻すんやけど、怪獣に襲われている街を助けるためにウルトラマンマックスに変身しようとしてるカイトに「M87星雲に帰るときが近づいている」って告げるマックス。

 マックスの相手となる怪獣やねんけど、抽象絵画から抜け出たような顔してたよね。正体不明の機械獣・スカウトパーサーク。

 エリーの予測で地球が50年後に平和になっている可能性は62%って言うたやんか、そのあとにミズキに聞かれもせぇへんのにミズキが50年後に行きてる可能性が28%って言うてまうエリー。今までエリーって聞かれもせんこと先に自分から言うてたっけ???

 その後が凄かったよね、エリー「ミズキ隊員が1年以内に死ぬ確率が48%です」やなんて、淡々と答えるんやから。
 もし自分が1年以内に死ぬ確率が48%って言われたらどうしようって思ってもうたやんか。普通人間ってさぁ、世界中が全て死滅しても自分が一番最後まで生きてるって思ってるとこあるんちゃう?私は思ってるんやけど。

 オートマトンが警告を発する声と、番宣で流れてるウルトラマンメビウスに「いまからお前がウルトラマンメビウスだ」って宣言してる角のあるウルトラマン族の親父の声が似ててさぁ、それってちょっと良くないような気がしたなぁ。

 地球の地下深くに人類の知らない空間があってそこにデロスという文明があると断定して、ダッシュにドリルユニットを付けてデロスにカイトとミズキを交渉に行かせる隊長。人類の命運がかかってる交渉って、普通はトップ自ら行くべきなんちゃうん。

 地底を進むドリル付きダッシュバード。何か先週から今週にかけてあちこちの特撮でドリルばっかり見てたような(笑)。

 まったりした会話をしてるうちに、岩盤を突き抜けて落下してしまうダッシュバード。以前カイトとミズキの二人で行動したときの危険度をエリーが分析してたけど(何%やったかは忘れてもうたけどね)、最後の最後までこの二人は失敗してくれるなぁ。今までは不死身のミズキやったけど、最後の墜落で…ねぇ。

 交渉しようとしているカイトの叫びを無視して、攻撃を始めるデロス。
 変身しようとしているカイトに、「これは同じ地球の異なる文明同士の諍いなので加担することは出来ない」と拒絶するマックス。
 
 カイト、絶体絶命。そこに現れたサテライトパーサークがデロスが地球を攻撃する意図を説明。
 地球環境を破壊することを止めようとしていたんは同じ地球に住むデロスやったんか。ひょっとしたらデロスが宇宙の各惑星に連絡して、地上の開発を止めさせるために宇宙人やら怪獣を送り込んでもらっとったんかもしれんな。

 ミズキが最後の力を振り絞って、デロスの攻撃を阻止しようとするんやけど、パーサークに拒絶され、未来に希望をもてなくなって気力が尽き、ミズキ殉職。
 もうね、えぇぇぇぇぇぇぇーーーーって感じ。龍騎で最終回の1回前に真司君が絶命したのと同じくらいの衝撃やったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.16

 「今週のシャーク隊長 第23話」

 今週のセイザーXはたっくん達おとぼけ3人組がガレイドに捕まってしまったのを、レミー達クルーの活躍によって助けられ、コスモカプセルも奪還できるというストーリーやったから、シャーク隊長の出番も2シーンだけ。

 まぁね、先週ジャガーとの戦いで傷ついちゃったからね。で、最初は堅そうな台に横たわって点滴を受けてるシャーク隊長。無理して起き上がろうとして、レミーに「駄目です」って押さえつけられ、「だんだん性格がきつくなってるよな」ってつい口走ってしまったあとの苦笑。この笑顔がセイザーXを見続けられるエネルギーなんよね。

 次は戦いが全て終了した後、レミーに内緒で司令室でみんなの活躍を見ているシャーク隊長。シャーク隊長が司令室にあるロボットに「レミーには内緒だぞ」っていうところが可愛いやん(笑)。 このちっちゃいロボット、微妙にチープな感じがするんよね。ちっちゃいロボットで言うとマックスに出てくるほうが可愛いかな。

 シャーク隊長とジャッカルの戦いがないとやっぱり寂しいよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第37回 星座泥棒」

 梅や雪やと浮かれてたら、マックスの感想書くの忘れそうやったんやんか、やばぁ(笑)。

 さてウルトラマンマックスのメルヘン物最後の作品。何回か見たけど、どうも中途半端になってもうたような気がしたなぁ。せやから感想書くの忘れかかってたんかもしれへん。

 ミズキとカイトが天文望遠鏡を覗いて星空を見ながら話をしてるんやんか。その中でミズキが「人間が星空に魅入られるのは人間が異星人の末裔で…」と話すと、ちょっとカイトがフリーズしてまうところがミソやったりして。

 人間の作り出した文明が夜空を見えなくしていることに怒ったサトン星人がケプルスを地球に送り込み、星空を取り戻すために地球の悪しき光を消し去ろうとしているってことで、地球がねらわれたんやけど、ちょっと優しすぎるんちゃうかな怪獣出現の意味付けとしては。

 一応ケプルスとマックス闘うけどさぁ、ミズキが地球の光も星空の光も守るべきものって説得したら、ケプルスと成宮っていう自分は宇宙人の末裔だと思い込んでるイタ~イおじさん宇宙に帰ってまうし、ウルトラマンって言う番組やから、怪獣と闘う場面つけとかなあかんしって感じのアリバイみたいな戦いやったなぁ。

 結局ミズキが見た夢の話やったんかいっ!!って気がしたな。

 最後に流れ星が流れて、エリーがお願いするんやんか。それをコバがどんなお願いをしたのかって聞いたら、「いつまでも、いつまでもみんなと一緒にいられますように」って言うたやんか、それが私には「いつまでもみんなの記憶の中にウルトラマンマックスが残りますように」って思えたで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.14

雪の朝

yuki2  今朝起きて、雨戸を開けたら雪景色。で、記念写真撮りました。

 北国の皆さんには申し訳ないですけど、これくらいの雪でもめっちゃびっくり。大阪でも北摂以北やと割りに雪降るらしいねんけど、私が住んでる所はあんまり雪降らへんのよね。このまま家出るころまで雪が降り続いたら、いややなぁって思ってたんやけど、ご飯食べてる間に雪は止み、家出る頃にはすっかり解けてました。助かったがな。慣れてへんから、これくらいの雪でも歩くのたいへんやしね。

 実は、日曜日の夕方、家の階段からずり落ちて、お尻と腰の間のとこ横一文字にぶち当てて今でもまだ痛いねやんか。これくらいの階段落ち、JAEさんたちのお仕事に比べたら痛いうちに入らへんっ!!と自分に気合を入れてます。っていうか比べる相手が凄すぎ?(笑)

 腰の打撲痛いのに、雪で滑ってこけたら、目も当てられへんからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.12

今週のボウケン&カブト(3月2週目)

 「ボウケンジャー Task.4」

 ゴーゴードリルの運転席でびりびりしびれてるボウケンレッド。ボウケンジャーのアクセルスーツはゴーゴービークルのパラレルエンジンからエネルギーを得てるんやね。でもさぁ、ゴーゴービークルから得たエネルギーってアクセルスーツのどこに蓄積されるんやろ?って疑問に思ったらあかん設定かな(笑)。

 6台目以降のゴーゴービークルはパワーが強いので、今までと違うってことは判ったけど、でもまだボウケンジャー始まって4回目やしなぁ。今使ってるゴーゴービークルの性能もあんまり紹介されてないような気がするんやけど。

 オープニング見てたら、大神官ガジャ様今週はお休みか、ちょっと力抜けてもうた。

 新たなゴーゴービークルにチャレンジしてくたびれお昼寝中の明石に壜ゾコメガネをかけさせて写メ撮ったり、みんなでしゃべってる時に携帯をくるくる回してるところなんか、まだまだ学生って感じの真墨。しかし我々が高校生やった頃くるくる回してたんはシャーペンやったけど、そこが携帯ってのが今時やったりして。

 昔の仲間を見殺しにしてもうた過去があったことが真墨と菜月に知られてしまう明石。

 そこに何者かがマッドネスウェザーを操作して、地球の気候を狂わせているという事件が発生。現場へ向かうボウケンジャー。

 リュウオーンが現れるんやけど、谷底へ落ちてもあんなに簡単に傷が治っちゃうやて、ほとんど不死身やんか。

 リュウオーンの命令によりジャリュウ一族に最適な世界にするため、マッドネスウェザーで気温を上昇させようとしたら、反対に低下させてまう赤トカゲたち。あんまり賢くないキャラなんや。それに変温動物みたいやしね。

 突然の吹雪と雪崩で谷底へゴーゴービークル5台とも落下。レッドだけが脱出できるんやけど、トレジャーハンター時代に仲間を失った時の思い出と現在の雪の中でのアクションをオーバーラップさせてある所がよかったんちゃう。

 リュウオーンとボウケンレッドの雪の中での戦いで、Xに斬られたあと空中で一回転しながら銃を撃ってリュウオーンをやっつけるところのレッドのアクションがきれいやったし。

 明石の元仲間・マサキとキョウコっていい感じやんか。たった1回ではもったいないくらいちゃうん。それにしても明石の過去って壮絶すぎるやん。助けを呼びに行くったって、あんな洞窟で火が燃えてたら酸素がなくなってまうし、砂をかけて人間が通れるくらいのスペースは確保でけへんかったんかなとか明石やったらキョウコ背負って逃げることできたやろとか見ながら思っちゃったよね。それにそもそも冒険すんのにあんな薄着ってこと自体が間違ってるし。

 で、爆発した時プレシャス持って倒れこんだ形って、やっぱりラガーマンやなぁ、明石は。

 マッドネスウェザーのせいで、日本の半分以上が雪と氷に覆われてたはずやのに、ゴーゴードリルが表れた地上は普通に土の地面なんですけど…(笑)。

 プレシャスそのものが"怪獣"になっちゃうパターンもありってことで。

 ゴーゴードリルは右腕にセットされるんやね。実はセイザーXでもドリルが出てきてるんやけど、あっちは胸に付いてるんやんか。胸に付いてるよりは、腕に付いてるほうが使い勝手がええよね。

 ゴーゴードリルの威力によって、あっさりプレシャス破壊、ミッション完了。

 ゴーゴードリルに乗せられて次にびりびりきてるのが蒼太。まぁね、来週の新たなゴーゴービークルは青色やったしね。

 ボウケンジャーの5人もだいぶ表情がやわらかくなってきたやんか。ええ感じになってきたよね。

 「仮面ライダーカブト 07」

 番組公式にはサブタイトルないけど、新聞には載ってるんやんか。先週が確か「おれ様の花」で今週が「仮面ライダーカブト2号登場」ってなっててんけどさぁ、これってテレビ朝日で考えてるんかなぁ、もうちょっとどうにかなれへんかなって思うんやけど。

 今週はまたまたワームにやられてまうゼクトルーパーちゃんたちのシーンから。17人くらいは倒れてたんやけどさ、バイクでかっこよくザビーが現れたときには倒れてたはずのゼクトルーパーちゃんたち一人もいなくなってましたね(笑)。

 キャーーーーー、ザビー=伊藤さんかっこいい!!バイクを降りるただそれだけの動作でも、美しいねぇ。
 高岩さんが無敵で豪快なら、伊藤さんは野生でしなやかって感じがするんよね。オッシーは端正だけどお茶目かな。

 ザビーに一目惚れしてまう加賀美。

 矢車のモットーは完全調和。確かにミツバチは群れで行動するもんな。それに比べればカブトムシが群れてるのって見たこと無いような。

 弓削君、先週は顔映ってたのに、今週は横顔のシルエットだけかぁ。なんかこれ見てたら昔の「アップダウンクイズ」でやってた「シルエットクイズ」思い出してもうたがな(笑)。
 相変わらずゼクトって秘密主義やな。質問は受け付けずか。でもあの口ぶりやと、カブト捕獲作戦はまだまだ続行中ってとこやね。

 料理対決中の天道と矢車。矢車、結局はマーボー豆腐作ってたやんか、せやのに調理の途中、豆腐切らんとでっかいままフライパンに入れてたけど、いくらなんでもそりゃあかんやろ。それに一応マーボー豆腐作るときは豆腐の水気を切らなあかんのんちゃうん。でっかい豆腐から水滴落ちてたから、水気切ってるとは思われへんかったし。

 結婚式で新郎が誓いのキスの時に花嫁のベールをあげたら、自分と同じ顔が出てきたらそれだけでコントやな。

 ワームの現れた教会を調査する田所班。ハンディカム回しながら内緒話したら、内緒話まで録音してまえへんか?

 料理対決でひよりがマーボー豆腐に軍配あげたやんか、でマーボー豆腐の味見をしにきた天道、当たり前のようにひよりの使ってたレンゲで食べとったけど、天道ってひよりのことどう思ってるんやろうね。

 ひよりは天道が使った後のレンゲ、ちゃんと拭いてたぞ(笑)。天道がマーボー豆腐食べてる時にひよりが腕組みしてむすっとしてたのは、きっとそのままレンゲを使ってまう天道の無神経さに対してやろな。
 たぶんまだひよりは東京タワーに一人置いてけぼりにされたこと許してないはずやし。

 肝心の豆腐、赤い座布団の上に乗せてあったんか、まるで招き猫やん。

 ひよりがマーボー豆腐を選んだのは「あったかいのが好きだから」って、可愛いぞひより。

 一旦バイトに現れたのに、岬の電話ですぐに戻ってまう加賀美。いやぁ、そんなことしてたら本当にバイトの首危ないし。二兎追う者は一兎を得ずってこのことやん。

 ザビーが変身して、キャストオフした時に後ろで木の枝が揺れてたから、心配してたらクロックアップの時には木を映さへんようにしてたやんか。ちゃんと意識してるなぁ、うるさいライダーファンのこと。

 ザビーの決まり手はライダースティングって蜂の針で刺すんやね。で、カブトみたいな決めポーズは無しかな。

 ザビーゼクターのCMってカブトゼクターに付属してたけど、そんな扱いなんや。ザビー単独のCMが流れ出すのはもうちょっとあとなんかな?

 カブトのメンバーも、こなれてきましたねぇ。天道役の水嶋君も地が出てきて可愛くなってきたんちゃう。ラストのコント、樹花ちゃんから加賀美に代わったけど、色気がねぇよなぁ。
 

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2006.03.11

大阪城公園梅林

 松下IMPホールは大阪城の近くにあるんやんか。

 今日はそこで高田聖子さん(「ハリケンジャー」の日向おぼろ役)のお芝居があってね、その帰りに大阪城の梅林でも見て帰るかって思って行ったんやけど、すんごい人・人・人。

 梅の木の数が半端や無いから、梅が香がこんなに甘くていい香りやったんかってこと、初めて知りました。

 でもねぇ、それが大阪人からなのか。ちっちゃな柵しかないからか、梅林の中まで平気で柵またいで入っていって、写真は撮るは、シート広げて花見しながら弁当食ってるは、ええんかいな、そんなんでと思ってもうたんやけどね。

 すごい人並みをよけて、梅の花撮ってきました。

ume1 ume2

ume3

ume4 ume5

ume6

 最後の1枚は白梅の中に一枝紅梅が咲いてるんやけど、判るかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.10

「相棒Ⅳ・第20話」

 いやぁ、楽しかったよなぁ「相棒」。もうここに来てはる人ならご存知やと思いますが「相棒」の第20話は東映の撮影所が舞台で、普段見る事がでけへん場所がいっぱい見れたんよね。小道具倉庫とか編集室とか社食とか。

 村をんなは仮面ライダー龍騎のメイキングビデオでしか撮影所見たことなかったんやんか。メイキングビデオやから、もちろん龍騎撮ってる"ステージ"の近辺しか映らへんしね。

 話は「時効間近」というテレビドラマを撮ってる第10ステージに爆弾が仕掛けられたという脅迫電話が入るんやけど、それでなくても脚本の仕上がりがギリギリ、監督が凝り性で細かい所にまでこだわるから、テレビ局への納品もギリギリ。そんなところに脅迫電話で撮影ストップ。そんな人間関係に緊迫感漂う撮影所で制作本部長が小道具倉庫から死体となって発見されるねん。で、犯人は誰か?っていうことやねんけどね。

 プロデューサーってたいへんな仕事なんやなぁって、しみじみ思っちゃったな。心の中でゴルフクラブ握り締めたプロデューサーさん数知れずってところちゃうって思ったり。つい最近もね、いやいやこれ以上は…(笑)。

 村をんなが「相棒」見てて、小道具係のサキちゃんやってた人、なんかどっかで見た顔やねんけど、最後のテロップで、どっかで見た名前やねんけどって、めっちゃ引っかかってたんよね。で、一晩明けて今日駅へ向かう道々、やっと思い出したんやけど、「ハリケンジャー」で御前様やってた人。あの巫女さんみたいなかっこしてた人、あの人やったんやんか。ジャンバーなんか着てたから、すぐに思い出されへんかったんよね。

 スタッフジャンバーも背中に「時効間近」ってロゴ入ってたよね。

 東映名物・マンモス君もなぜか目をパチクリしながら移動してたり、戦隊ヒーローの名前がデキルンジャーってのには、「相棒」好きな特撮ファンへのサービスかな。

 でもどんなんやろ地味な戦隊ヒーロー。グレイ・ブラウンがいるデキルンジャーって、普段は地味~な駄目サラリーマンなんやけど、世界の平和を守るため変身して仕事がデキルンジャーって感じかな?
 グレイとかブラウンとかは駄目サラリーマンのときのスーツの色で、あとは紺・黒・カーキとか。10年位前に戦隊やってたメンバーに再集合かけて作ったりしたら、おもしろいんちゃうやろか。

 あっ、そうそう06年3月20日深夜12時締め切りで、「相棒」のサイン入りポスター10名様にプレゼント、テレビ朝日の「相棒」公式サイトでやってます。
 ただし、500文字以内でこんな「相棒」が見たいっていうアンケートに答えなあかんねんけどね。
 それからものすごい数の応募が来てるらしいから、当たる可能性は低いけど、「相棒」ファンなら必須ちゃうん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.03.07

永遠の嵐徳三郎

 3月2日の産経新聞・朝刊・文化面(たぶん大阪版だけやと思う)に「永遠の嵐徳三郎」という記事が載ったんやんか。
 なんの前触れも無く、新聞をめくって徳三郎さんの名前を見るとまだ「ドキッ」とするんやなぁ。朝っぱらからそういう自分にびっくりしてもうたりしたんやけど。

 記事の中身は、徳三郎さんの経歴が中心。歌舞伎マニアなら、だいたい知ってるもの。一般紙やから、徳三郎さんのことを知らない人がほとんどという読者対象やから仕方ないんやけどね。

 それでもこうやって紹介してもらえるのってのは、ありがたいよなぁ。でも折角興味を持ってもらえたとしても、ビデオとかDVDが簡単に手に入るとか見る事が出来るって言うわけでもないのが残念なんやけどね。

 夕べネットをウロウロして、徳三郎さんの最後の弟子・嵐徳江さんのエッセイ見つけました。今ごろなんやねんって感じなんやけどね。徳江さんが見た徳三郎さんの姿が中心みたいなんやけど、徳三郎さんを知っておられる方、知りたい方に是非読んでいただきたいと思います。 嵐徳江さんのエッセイ「三橘」はこちら

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.03.05

今週のボウケン&カブト(3月1週目)

 「ボウケンジャー Task.3」

 今回のプレシャスは三国志で有名な諸葛亮孔明に関わる3本の三国覇剣。
そのうちの1本を見に神社に現れる蒼太・真墨・さくら。箱の中身は木簡の巻物。お茶を運んできた巫女さんが実は風のシズカだったってのが、アバンタイトル。

 オープニングで大神官ガジャ様・ジャリュウ族・ダークシャドー3つが並んでたから、当分この3グループが入れ替わり立ち代りボウケンジャーの前に立ちふさがるんかな。

 風のシズカに甘ちゃんと言われたボウケンブルー。お前には言われたくないわいって感じよね。

 チーフに「相変わらず女に弱いな」って言われてまう蒼太ってことは、女がらみの冒険は蒼太にお任せ?なんやろか。

 風のシズカの上司は闇のヤイバか。その二人の元に現れる大神官ガジャ様。良かった今日も出番あったんやね。ダークシャドーのかしらは幻のゲッコウという鳥の置物。幻のゲッコウの後ろにあったの東映の三角マークによう似てるんちゃうん(笑)。

 大神官ガジャ様、若い女の子に剣を突きつけられて嬉しそうに見えたんやけど。

 諸葛孔明の巻物を披露するパーティーに潜入するボウケンジャーの5人。ソフトメーカーの社長が挨拶したあと現れた会長に自分と同じ香水の匂いをかぎつけ、風のシズカと見破る蒼太やねんけど、相手に移るくらいの香水って、真墨が言うてたけどやっぱり臭いよね。たまにおるよなぁ、周りが迷惑するくらい香水付けててそれに気が付いてない人。

 サージェスの名刺、おしゃれやなぁ。

 蒼太の素性が元国際エージェント=スパイだったことが、暴かれる。暁と真墨がトレジャーハンター=泥棒やってんから、すねに傷持つ正義の味方か(笑)。
 
 蒼太がキーボード叩いて「動く物を感知して攻撃するシステムになってるんですね」って言うてたけど、ディスプレーも見やんとキーボード叩いてるだけでそんなこと判らへんやろ、普通。そんでもって、ソフト会社の社長も蒼太もシステムの解除まではでけへんかったみたいやし。(解除できとったらその後のかっこええところは見せられへんけどね)

 ダークシャドーは影忍法オオガミの術で巨大化するツクモガミかぁ。

 ダイボウケン相手に、真の三国覇剣を復活させようとしていたのに、風のシズカが奪ったのは社長の写真が張ってあった偽物。本物はダイボウケンの手に。

 そこで斉木シゲルが出てきて「こちらもプレシャスの力を使いましょう」って言うてたけど、セリフが早口なので活舌ついていけてないしっ!!若いのは活舌がひどいってのはもうあきらめてるけど、おっさん何年役者やってんねん、なに言うてるか判れへんかったやんか。ダイボウケンのパラエンジン?

 3本目は敵の力を封印する力を持っていたってことで、ジョウガミ爆破、ミッション終了。

 「仮面ライダーカブト 06」

 タイトルのSAさんの中に伊藤さんの名前があったってことは、ザビーが伊藤さんなんか、ヤッタ!!

 加賀美の庇い立てもむなしく、ライダーベルトをゼクトに渡し、捕らわれる天道。

 東京タワーを見上げて、天道の言葉を思い出したときの加賀美の顔がお茶目。いい奴やなぁ。

 天道、徹夜で取り調べ受け取ったってことやな、あの空とか電車とかを映したってことは。

 天道が捕らわれてるビルの屋上に現れたワーム。う~ん、小川さんにピッタリかも(笑)。

 凄いねぇ、天道。「岬、電話を取れ」って思いっきり命令してやんの。岬も面食らって怒るわなぁ。あんな言葉づかい許せるのは上司の田所くらいやもん。

 今日の殺し文句「俺はそばにいる、そして世界に一つだけのチューリップをお前だけにプレゼントする」

 天道はいいこと聞いてくれるなぁ「横のつながりはないのか?」って。

 田所って顔は怖いけど、優しいんやな。

 門番やってるゼクトルーパーを襲って、制服を奪い潜入する加賀美。やるときはやるやんか。

 ワームの進入に騒然となるゼクトの隙を狙って、ゼクトルーパーに化けて逃げようとする天道。
 非常階段で、加賀美に「鯖と鰹どちらが好きか?」って聞いてたけど、やっぱり響鬼の「恋する鰹」に引っ掛けてるよな(笑)。

 ここで東たちがワームに擬態されていることを知る天道と加賀美。ゼクトの本部を狙うために岬に案内させようとしていたことが判るんやけど、ゼクトの本部やったらこの間加賀美が携帯していた人間とワームを見分ける機械があるんやから、それで人間かどうかチェックされて、簡単には入られへんのとちゃうんかな。

 カブトがクロックアップで闘う時は、強めにライティングして光らせてしまってバックを見えにくくする方(これって露出を上げてるってこと???)が、田村監督の時みたいに葉っぱが風に揺れてるとかって突っ込まれなくていいみたいやな。

 ふくろう探しの次に象の愛情の話をされちゃう弓削君。顔がしっかり映る所まできましたか。

 ザビー登場。それに知らん顔のおにぃちゃんが二人増えてるねんけど。
 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

 「今週のシャーク隊長・第22話」

  今週はコスモカプセルを餌にシャーク隊長をおびき出そうとしたジャッカルって話やったから、シャーク隊長側のストーリーがメイン。

 たっくんが単独行動をしたことを問いただすシャーク隊長。「ジャッカルが何か言ってたか」というシャークの質問に「何も」と答えたたっくん。それ以上聞かなかったシャーク隊長って、みんなのことを信頼してるんかな。

 「お前の仕事は傷を治すことだ」というシャーク隊長の言葉を無視して、飛び出していってしまったたっくんって判りやすい奴やなぁ。で、それに何かを感じるシャーク隊長。

 ジャッカルとたっくんが戦っている所に現れるシャーク隊長。工場のパイプの上みたいな所に立ってたんやけど、えらいところに立たされてるなぁ。でもあそこに立ってた人が松永さんやったかどうかは私のボロテレビでは確認できず(笑)。

 ジャッカルとの戦いでダメージを受け倒れこむシャーク隊長。
シャーク隊長も生身の人間やったんやね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.04

「第36回 イジゲンセカイ」

  今回のウルトラマンマックスは「第5回 出現怪獣島!」「第6回 爆発5秒前!」「第18回 アカルイセカイ」を取り込んだ作品。

 次々と襲ってくる怪獣に対して新しい防衛システム・ディメンションフォースを開発しようとするUFD。異次元に怪獣を直接送り込むことができたら、ウルトラマンマックスいらんもんね。でもベースタイタンごと異次元バリアを張って消えてもうたら、どうやって怪獣と戦うんかその理屈がよう判らへんかったんやけど。

 その研究者として現れたのが天才物理学者四谷博士。隊長と名刺交換するところで、コバとミズキがシャマー星人の話をして、視聴者にひょっとしたらって臭わすのはよかったんやけど、オープニングの怪獣の名前紹介のところで、しっかりシャマー星人って書いてあったのはあとで考えるとネタバレになってもうてたよなぁ。

 ハイテンションな天才四谷博士を演じたのは渡来敏之さん。渡来さんのブログはこちら

 四谷博士がディメンションフォースを起こして、ピグモンとレッドキングがエリアJSの現れてしまう。「ここどこやぁ?」って首掻いてたレッドキングが可愛かったりして。

 今回の一番の見所は、ピグモンの生体エネルギーが入り込んだエリーやったんか。エリーのびっくりした目がパチクリした時にピグモンの目になってたのが、キモカワやったよね。

 隊長が部屋の照明を落としたことで、ちいちゃくなってシャマー星人とばれてしまう四谷博士。縮んでいく四谷博士とともに異次元生体エネルギー転送光線銃(名前が長くなるので以下異次元転送光線銃に短縮)までちいちゃくなってしまうのは・・・(笑)。仕方ないですけどね。

 左手の薬指にリボンをしたピグモン・エリー。可愛いよね。
ちょっとジェラシーな気分になるショーン。コバがジェラシーを起こすのならわかるけどね。まぁ、そこがウルトラマンマックス的展開ということで。

 レッドキングが再び現れ、街を破壊し始める。ウルトラマンマックスがレッドキングをやっつけるために戦いだし、そこへシャマー星人が異次元転送光線を発射するんやけど、肝心のウルトラマンマックスとレッドキングによけられて、ビルを消してもうたんはいかがなんでしょうか。ビルは生体エネルギー無いねんけどねぇ。

 ウルトラマンマックスに狙いをつけたシャマー星人の前に立ちはだかり、異次元転送光線を一身に浴びるピグモン・エリー。ピグモンのカイトへの愛は深いよねぇ。

 ショーンの発明した太陽光線遮断バリアのためにちっちゃくなってまうシャマー星人。

 シャマー星人が残していった異次元転送光線銃をレッドキングに発射しようとしてエネルギー切れでプッスンとしかでなかったんは、視聴者の予想した展開をちょっとはずしてくれて面白かったんちゃう。

 マックスギャラクシーでレッドキングの周りにバリアを張って、レッドキングの爆発を最小限に食い止める。マックスギャラクシーにそんな技があったやなんて、知らんかったな。

 なんかバリア対決って感じもしたんやけど。

 そしてピグモンがカイトを好きだった感情が記憶されてしまったエリー。
いやぁ、最終回になったときにエリーがどうなってるか気になるなぁ。

 ウルトラマンメビウスの番宣がCMに混じり始めましたねぇ。なんか科学特捜隊の人数増えてるし、どうも平均年齢もさがってるみたいやし(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.03

渋江君のCM

 全部見てへんねんよ。ただ、最後の清涼飲料水を飲んでる所をチラッと動体視力で見てね、それで早速ググって見ました。

 渋江君のCM、詳しくはこちら。動いてるのも見れます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.02

久世光彦さん死去

 昭和のテレビ史を飾る演出家・久世光彦さんが亡くなられたそうです。

 久世さんといえば「時間ですよ」。みんな見てましたよね、このドラマ。天地真理や浅田美代子だけやなく、樹木キリンさんみたいな個性派女優までブレイクしちゃいましたからね。

 実は村をんなの中学生時代からのニックネームはこの「時間ですよ」が由来なんよね。「時間ですよ」が大ヒットしてクラスの男子が私のことをその名前で呼び出してから、気に入ってずーーーっと学年最初の自己紹介のときに自分から、その名前で呼んでくれって言うてました。私のリアル友達もきっとこれで村をんなのニックネームの歴史を知ったんちゃうやろか(笑)。

 特撮的な話題にふれるとなると、555の半田君の所属が久世さんが作られたカノックスやよね。半田君、久世さんの演劇塾で勉強してたいうのをなんかで読んだ記憶があります。

 先日の佐々木守さんといい、久世さんといい、昭和は遠くなりにけりやなぁ。合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »