« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.29

 「今週のシャーク隊長 第30話」

 先週、異空間からの脱出やネオデスカルとの死闘でそれぞれの搭乗艦が傷ついてしまったため、シャーク隊長から特別任務を命じられる拓人たちってのがメインストーリー。
 特別任務って旅館の手伝いやったんやけど、さすが温泉巡り番組のオーソリティ・テレビ東京。めっちゃええ旅館。

 ①シャークリーガーやビートバイザーなどの損傷が酷いので、それらが無くても先回りしてネオデスカルをぶっ潰してやろうぜと拓人・アド・ケイン・レミーが相談中に現れ、別の任務を与えるシャーク隊長。画面からはみだすくらいのアップになるやんか、キャッホー。でもそのすぐその後に拓人の顔に切り替わるのはちょっとね…。

 ②司令室で先週の甲冑凶獣との戦闘ビデオを見ながら、ネオデスカルの企みについて思考するシャーク隊長。どうも月が怪しいのではないかと、画面を睨むアップ。

 ③物陰からサイクリードと手下たちの行動を見張るシャーク隊長。さすが刑事ドラマの張り込みシーンで鍛えてるだけのことはあってなかなかのもんやんか(笑)。
 そこへ現れる怪人相手に変身するシャーク隊長。

 ④「これが数千年間人間が食べていた米か」と飯ごうの蓋に盛られたご飯を見つめるシャーク隊長。(レミーの思い出のシーン)今の制服より、昔の黒いコートの方が似合うなぁ。

 ⑤「地球の素晴らしさを肌で感じて欲しかった…。今のうちにな」と拓人のおじいちゃんと語り合うシャーク隊長。その遠くを見る目が優しそうでいいねぇ。

 ⑥司令室に戻ってきた拓人たちに、ネオデスカルが月の裏側で何かを企んでいると今後の展開を解説するシャーク隊長。もちろん冷静な表情に戻ってたよ。

 海岸近くの温泉でのロケ。拓人の中の人、普段よりも楽しそうに、はじけて見えてんけど(笑)。怪人を追って、ライオセイザーたちの戦ってる海岸線まで助っ人に来た変身後のシャーク隊長やったんやけど、一仕事終えてみんなが旅館で夕食食べてるシーンにシャーク隊長おらへんかったんやんか。
 なんか可愛そう…。まぁね、そこまでロケに付いて来てへんかったから、しゃーないやんって言えばそうなんやけど。
 レミー、着物なかなか似合ってたよね。

 シャーク隊長役の松永博史さん、「京都地検の女」では船越英一郎の部下の役レギュラーで出てはるんやけど、若い子を引っ張っていくお役目を無事終え、若手に戻ってキャピキャピお芝居してはるのが可愛くてねぇ。でもちょっと貫禄出てきたかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.27

瑠璃子様ったら

 「偽りの花園」で早瀬川家の娘の一人、瑠璃子様。どっかで見たことあるんやけど~~~って、引っかかってたんやけど、やっと思い出したんやんか。

 「超光戦士 シャンゼリオン・第21話モーレツに片思い」で速水が片思いしていた女の子やってたんよね。

 この女の子、速水のことを振ろうとして、涼村の事務所に現れ、偽の恋人になって欲しいと依頼するんよね。それで涼村がチンピラとか初老の親父に化けて速水の前に現れるんやけど、相変わらずのずっこけぶりで、速水の思いは深まるばかり。そうこうしてるうちにこの女の子が実はダークザイドの怪人で男の生気を吸って生きてる奴だったことが判り、シャンゼリオンがやっつけるっていうストーリー。

 シャンゼリオンに出てた頃と比べると、ちょっとお太りになってるけど、つかみ所の無い雰囲気はそのままやねぇ。

 「偽りの花園」、栄子増々ヒートアップ。面白くなってきたやんか。義理の弟の寛治郎と妖しげな展開になってたみたいやけど、美禰子ってどうして次から次から旦那を寝取られてしまうんやろ?ってか、どうして寝取られるシチュエーションに話を持っていくんやろ?そして昼ドラの定番ヒロイン妊娠やねんけど、またまたこれも定番の流産になっちゃうんかな?

 そして執事の磯崎。留置場でアキヒコから衝撃の告白を聞いたときの表情の細かさ、巧いねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.26

検索ワード比較

 主に書いてるブログがこの「村をんなの日常」なんやけど、それ以外に芝居の感想とかを書いてるブログ「村をんなの独白」。

 両方とも木戸番付けてるんやけど、最近独白の方につけてる木戸番がちゃんと機能していることに気が付き(笑)っていうのも、付けたばかりのころ全然動いてなかったんやんか。

 まぁ、日常と独白は全く同じ人間とは思えんくらい違う話題やからねぇ、どれくらい違うか検索ワードを比較してみようかなと思って。

比較するのは4月1日~25日まで

村をんなの日常
1.村をんな 33
2.シネマ歌舞伎 28
3.ボウケンジャー 19
4.カブト 18
5.偽りの花園 16

 1番の"村をんな"ってのは毎月トップを走ってるんよね。たぶん職場なんかでお気に入りに入れられないから、仕事する振りして「村をんなの日常」読みに来てくれてはる人いてはるんやろなって思ってるんやけど。
 あとボウケンジャーとカブトも定番やね。"シネマ歌舞伎"と"偽りの花園"はタイムリーな話題ってところかな。

村をんなの独白
1.タイタスアンドロニカス 9
2.スリー・デイズ・オブ・レイン 9
3.和宮様御留 5
4.浪花花形歌舞伎 4
5.水下きよし 3
5.片岡千志郎 3

 ほんまに全然違うでしょ。たぶん特撮ブロガーの皆さんには何がなにやら全然判らへんと思うけど。
"タイタスアンドロニカス"は蜷川幸雄氏演出の舞台が現在再演中やからでしょう。
"スリー・デイズ・オブ・レイン"この芝居、出てた役者も地味やったし、なんで突然現れたんやろうと思ってググってみたら、どうもジュリア・ロバーツがブロードウェイでこの芝居で舞台に立つってことらしかったんやけど。
"和宮様御留"は有吉佐和子原作の小説を舞台化したもの。
"浪花花形歌舞伎"は4月の初めころに大阪松竹座で上演中やったお芝居やったんやけど、この感想書き上げたんが先週の土曜日やったから、折角アクセスしてきはった人も去年の公演の感想読まされてたと思うねんなぁ。来ていただいたのに申し訳ないっす。
"水下きよし"は花組芝居の役者。"片岡千志郎"は歌舞伎役者。この辺の地味な役者は他に書いてる人あんまりおらへんからとちゃうかな。

 独白を書いてる関西ブログにはどのブログの記事が読まれてるかっていうアクセスランキングがあるんやけど、それやと(独白ブログを作った最初からのランキング)

1.壽初春歌舞伎 昼の部 45
2.曲がり角のむこうには 41
3.第十五回上方歌舞伎会 40
4.「草迷宮」花組芝居 39
5.タイタスアンドロニカス 38

 これまた微妙な…(笑)。
 「曲がり角のむこうには」はここで紹介させてもらったからやろうけど。「壽初春歌舞伎」は玉三郎さん関連かな。「タイタスアンドロニカス」は上記と同じ理由だと思うんやけど、3と4は何故???(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.24

今週のボウケン&カブト(4月4週目)

 「ボウケンジャー Task.10」

 先週の波右衛門の人形を巡る話の続き。
 波右衛門の人形が悪人の手に渡ることによって、サージェスが崩壊しかねないために、焼却処分を命令するボイス。今週初めて波右衛門の人形がアップになったけど、なかなか上品な顔した人形やったよね。

 カズコおばあちゃんから、人形を大事にしてと頼まれていたため、人形を燃やすことに抵抗する菜月。
 燃やす前に詳しく調べてみたいと提案する蒼太。このとき蒼太とさくらの後ろに青色のギター
が映ってたところがミソやったりして。

 ジャリュウ一族ってちゃんと秘密基地があったんや。そこでダイジャリュウ・ザルドを製作中のリュウオーンとジャリュウ一族。そこへ現れる大神官・ガジャ様。まぁ調子の良いことったら、リュウオーンのこと「陛下」って呼んでるし。でも心の中では絶対「このトカゲ野郎」って思ってるはず。

 雛人形の着物の内側に地図が隠されていたのを見つけるチーフ。同じ頃ガジャ様も地図を取り出し、もう一つの人形を取り戻すための罠を考えるリュウオーンとガジャ様。

 チーフは菜月から人形を奪って燃やしてたけど、なんか同じような人形をどこかから持ってきて、代わりに焼いちゃったんとちゃうかなって思うんやけど。昔から言うやんか「敵を欺くためにはまず味方から」って。

 ダークシャドーと接触したビジネスマンが出てくるのを待つ真墨。ベンチで雑誌を読みながらくつろいでるのがらしいよね。刑事の張り込みみたいにしてるって柄やないもんな。

 菜月ちゃん用のカップ、ウサギ柄ので可愛いなぁ。

 カズコおばぁちゃんから、菜月の腕輪の秘密は、波右衛門の人形に関係することなので持って来いという電話が菜月のアクセルラーにかかるんやけど、菜月やったら、親しくなった人にアクセルラーの携帯番号教えてまうんやろな。普通やったら、変身に使ったりする道具やから、あんまり気軽に教えたらあかんような気がするんやけど。

 おばぁちゃんがガジャ様の催眠術によって操られていたことが判った所で、現れるガジャ様とリュウオーンたち。倒れてるおばぁちゃんをひょいっとお姫様抱っこするボウケンイエロー(笑)。

 ボウケンジャー4人が戦ってるところに、現れるボウケンレッド。なんか初めてガジャ様が攻撃らしい攻撃したよね。腕をぐーーーーんと伸ばして、レッドの首つかんで振り回すやなんて。

 ゴーゴービークルが発進して、ダイボウケンに合体するシーン。都会ヴァージョンも作った方がええんちゃうん。確か今回はサージェス本部の近くの都会のど真ん中で戦ってるんやから。

 ダイジャリュウ・ザルド、強い!ドリルとミキサーで武装しても歯が立たへんねんから。ちょっと押し戻したと思ったら、ダイジャリュウ・ギランまで現れて、絶体絶命やん。

 いやぁ、今週こんなハードな展開が待ってたなんて。

 一旦退却を進言したさくら、でも「絶対あの地図を取り戻さなければならん!!」と攻撃を続けるチーフ。しかしザルドから発された鎖に巻きつかれ動けなくなるダイボウケン。
 ここで総員退避を命じるチーフ。チーフに反発する蒼太。操縦室で喧嘩してるスーパー戦隊って珍しくない?あんまりそんなん見た記憶ないような気がするんやけど。

 ダイボウケンまで奪うことが出来て、大喜びのガジャ様とリュウオーン。今まで、敵役とはいえ、一人ずつやとどことなくあんまり強そうでも怖そうでもなかったけど、この二人が並んだら無敵な感じがするよね。

 やっとのことで退避した4人のボウケンジャー。チーフがいないことに気がついて…。

 まさか3週目にまで、またぐようなストーリーやったなんて、思いもせぇへんかったな。第1クールの締めってことなんやろうか。で、来週の予告見てたら、ダイボウケンに金色の水牛の角みたいなの付いとったんやけど、いったい何を合体させたんやろ。

 過去のスーパー戦隊紹介のミニコントやけど、真墨は落ちパート担当なん?(笑)

 JAPANカウントダウンなんやけど、先週40位やったんで、もう今週は圏外かなと思ったら、なんと33位に再浮上。どうなってんねん????
 仮面ライダーカブトの方はオープニング・エンディングの両方とも40位圏外やちゅうのに。

 「仮面ライダーカブト 13」

 カブトとドレイクが戦ってるシーンから。
 そこへゴンが現れて、「大介は悔しいだけなんだ。あんたの方がかっこいいもんだからさ」って本当のことを言われ、戦意喪失で変身解除する風間。
 戦いの終わらせ方としては、なかなかおしゃれやん。

 しかし「エデンの園を荒らす毒蛇」ねぇ。アダムとイブが平和に暮らしていたエデンの園に現れて、アダムにりんごを食えとそそのかした蛇やろ?
 神の命令に背くという原罪を人間に背負わせた蛇。それがどうして風間の目から見た天道の印象になるんやろ???
 で、それに対する天道の答えが「毒があるから美しい」ってこれまた禅問答。薔薇の花はとげがあるから美しいって言われるけど、ちょっと違うような気がするなぁ。井上先生の脚本はここまで?

 さぁ、3週ぶりに本筋に戻りましたよ。
 ピザの宅配便のお兄ちゃんがワームに襲われるんやけど、元シャドウ隊員やった割にはびびってたよね。ってここではまだそんなネタバレの目で見たらあかんのかな。
 で、死体の前でたたずむもの思わしげな矢車。

 樹花ちゃんの朝ご飯のシーンで渋谷隕石の話が出て、天道の顔にも暗い影が、ここでやっと病院でライダーベルトを見られたところに話が戻ったね。

 田所チームの新メンバーとして紹介される影山。矢車の部下だった頃とは態度が一変してもうてるもんなぁ。

 お皿を割ったことで渋谷隕石の被害にあったことを連想してしまうひより。天道とひよりにとってあの惨事が全ての発端であるという伏線が巧くドラマの中に織り込まれてるなぁって感心してまうよ。

 オリーブオイルを取りに言ってくれとひよりに頼む店長。ここんところの店長と天道の間合いがいい感じやったよね。

 ワームにやられた元シャドウ隊員を調査中の岬と加賀美ところにワームが現れ、それに対して発砲する矢車。

 管轄外地域なのに現れた矢車に対して、一言文句をいう岬。ってことは矢車はシャドウがなくなってもまだ一応ゼクトのメンバーって認識されてるのかな。

 加賀美が駆け寄り、次のシーンで影山が現れてたから、矢車に頼まれて加賀美が呼んだんかな。矢車の前では相変わらず従順やなぁ影山。ついさっきパーフェクトハーモニーを否定していたのにね。
その影山に対して元シャドウ隊員の居場所を教えてくれという矢車。もうここでてっきり矢車擬態されてるのかと思ってもうたがな。

 輸入雑貨の店に入るひより。店は無人でちらかっており、怪しい雰囲気。そのときひよりの肩をたたいて現れる天道。やっぱり来たんか。

 ちょっと話は変わるけど、ここで入ったCMのなかに「仮面ライダー響鬼と七人の戦鬼」があったやんか。一番最初にトウキが映って、その後に戦ってるヒビキが映ってたけど、ヒビキ印象薄かったと思わへんかった?そのあとのカブキなんか声も入ってたし、ヒトツミもちゃんと印象に残るような編集やのにね。これじゃ誰がメインの映画か知らん人が見たら分からへんと思うんやけど、どうよ。

 新兵器をカブトに渡せと命令する田所。あれぇ、田所ったらまだ天道がカブトやってこと誰からも報告されてへんの?カブト捕獲作戦とかやってたから、もうすっかりゼクト共通の認識やと思ってたのに。
 それに対して、すっとぼける加賀美。珍しいやんか。

 輸入雑貨の店が借りてる倉庫を見つけ、店長にオリーブオイルを分けてくれるように交渉しているところへワームが現れ、ひよりを別の倉庫に避難させる天道。でもさぁ、ひよりは渋谷隕石のとき瓦礫の下に閉じ込められてたから、ああいう場所やとトラウマが出てくるんちゃうん。せやからあんまり良いとは思えへんかったんやけど。

 そこへラーメンを投げつけるワーム。そんな攻撃するワーム初めてやろ(笑)。
 ここでおばぁちゃんのお言葉。「男がやってはいけないことが二つある。それは女の子を泣かせることと、食べ物を粗末にすることだ」
 このセリフ、きっと小さいお友達には効果抜群の言葉やろな。親に言われるより仮面ライダーに言われたほうが守るやん、みんな。

 倉庫で苦戦する矢車・影山・元シャドウ隊員の元に飛んでくるザビーゼクター。自分の所に戻ってきたと自信を見せる矢車を通り越して、影山を選ぶザビーゼクター。そのとき影山がザビーの紋章を見せるけど、加賀美の時と違って光ってたよね。やっぱりそれくらいでないとありがたみないよな。

 加賀美と違って的確にシャドウ隊員に指示を出す影山。ザビーはそうでなくっちゃね。

 そして正統派ボクシングスタイル。めっちゃかっこいいし、美しいし。ボクシングスタイルって上手い下手すぐ判るから誤魔化しきかへんもんなぁ。
 伊藤さん素敵です。
 で、ひょっとして影山の状態でアクションする時、ボクシングスタイルきっちり決めることできるんやろか、影山の中の人。それがちょっと問題やったりして(笑)。

 カブトの新兵器。きゃぁぁ、可愛いい。ちっちゃいカブトゼクターが一杯出てくるんや。でもカブトムシっていうより赤い蛍って感じもするけど。

 とうとう影山にまで「あなたがいると不協和音なんです」と拒絶される矢車。もうゼクトにいる場所ないやん。

 オリーブオイルの落下する中で、クロックアップして戦うカブト。説明のナレーションが突然入ったんで、ちょっとびっくり。入れるべきやったものか、そこまでせんでも良かったものか、微妙に判断しかねるなぁ。
 ただ1本カブトの手に落ちたのは、面白かったけどね。 

 ひよりに両親を殺したと指差されるカブト。この窮地どう切り抜けるんやろ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.22

「今週のシャーク隊長 第29話」

  異空間に紛れ込んでしまったアドを助ける話と、ネオデスカルとの戦いがメインストーリー。
 最終章に入って、人間味が増してきたなぁシャーク隊長。

 ①「焦るなアド、自分ひとりでは限界がある」そして「仲間たちを信じろ」とアドに命令するシャーク隊長。

 ②たっくんの家に来たシャーク隊長。「たっくんがF1レーサーになったら自分はたっくんのためにエンジニアになって助けようかな」と言うケインには「その優しい心をいつまでも忘れるな~辛抱して戦ってくれ」と言うシャーク隊長。目がとっても優しい。

 ③茶の間で、お母さんの淹れてくれたお茶を飲むシャーク隊長。シャーク隊長にちゃぶ台は似合わねぇよ。「地球のお茶はどうですか」と聞かれて、思いっきりためて渋~い声で「うまい」って、お酒のCMやあるまいし(笑)。
 
 そこへ洗濯物を干しに来たブレアードの側に行き、縁側に正座して座るシャーク隊長。シャーク隊長に縁側の正座は似合わねぇよ。ブレアードに「おまえはどう思おうと俺たちの仲間だ」というシャーク隊長。

 ④みんなには優しかったのにたっくんが「俺にも何かアドバイスを下さい」って言うたら、いつもの冷徹なシャーク隊長に戻って「おまえには何も無い」やて、ちゃんと落ちになってるんやね。

 ⑤シャーク隊長のワームホール論理を勉強中のレミーが居眠りしそうになったとき、肩を叩いて「もう眠れ」と言うシャーク隊長。なんかレミーには一番優しいんちゃうん。

 ⑥アドたちを救出するために出動した仲間の中に混じっていたバトラに向かって「おまえは戦闘員じゃない。だからたくと達の命令に従うんだ」というシャーク隊長。

 ⑦コスモブースターの使い方を説明するレミーに「よし、やってみろ」と命じるシャーク隊長。

 ⑧アド救出作戦中に、攻撃を始めたネオデスカルのUFOに対して、「たくとはアドの救出に専念するんだ。UFOはこっちに任せろ」と命じるシャーク隊長。

 ⑨CM明け。「こいつは俺とケインに任せろ。ブレードはたくと達を援護しろ」と命じるシャーク隊長。

 ⑩助けられたアドが「ありがとう」といったことに、アイコンタクトしてうなづくシャーク隊長。

 だんだんシャーク隊長もみんなと同じくらい出番が増えてきたよぉ。それに表情も優しくなってきたし。
 今回は一緒に戦う仲間たちみんなに声をかけ続けたシャーク隊長やったのに、バトラには声をかけても、ゴルドには一言も無かったのは何故??? 

 今週出てきたネオデスカル側の悪ロボットさぁ、なんか日本の鎧兜をイメージした形してたよね、カブトを意識したんかな???(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.21

村をんな的「偽りの花園」鑑賞のツボ

  村をんな的鑑賞やからね。最初に断っておきます。
ザンちゃんのキスの方が川口君より巧いなぁとかってのは、ザンちゃんファンの皆様のブログで読んでよね。

 まず、なんといっても早瀬川伯爵家の家令・磯崎さんですよ。俳優座の堀越大史さん、こういう執事の役をやらせると今や堀越さんの右に出る人はおらへんのとちゃうかな。
 特に今日第15回は出演シーン、今までで一番多かったんで、村をんなは結構喜んで見てたんよね。
 アキヒコのお部屋の中に危険文書が無いかどうか調べてた時に、「続けさせていただきます」って小首をかしげる所なんか、なかなかなもんですよ。
その後にアキヒコが帽子を叩きつけた時、ちょっとびくっとして、そして仕方ないなぁみたいにため息つくところなんか、いい芝居するなぁって感心してみてました。
 堀越さんて今はすっかりおじさまやけど、若い頃は可愛かったんやから(笑)。

 それとアキヒコの姉・栄子の鮎ゆうきさん。父親に家督は誰が継ぐのかと問い詰めるシーン、宝塚出身やないとこんなセリフ言えませんよ。こういう気の強い貴族のお嬢様のセリフ回しは、宝塚歌劇娘役の定番やからね。

 美禰子が伯爵家に引き取られたら、美禰子vs栄子のバトルが始まるんやね。
 もし美琶子が伯爵家に引き取られてたら、美琶子って小ずるいから栄子とのバトルも面白かったやろな、たぶん美琶子のことやから、伯爵家の男全員を手玉にとって自分の味方にしたかも、父親・アキヒコそれに磯崎から書生まで全員。

 堀越さんと鮎さんをキャスティングしてるってだけでも、村をんなには見所たっぷりやわぁ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.04.20

住宅用火災警報器

Keihouki2  住宅用火災警報器買いました。ってか、新築住宅は平成18年6月1日から、既存住宅は市町村条例で定める日から、一般住宅に火災警報器を付けることが義務化されるの知ってた?

 マンションとか集合住宅やと法律で決まってるから、火災警報器付いてるんやけど、普通の家は今までつけんでもよかったからねぇ。

 村をんなが住んでる市では既存住宅は平成18年6月1日~平成23年5月31日までの間につけることになってるみたいなんよね。

 で、私が働いてる会社はホーチキさんとかと取引があるんで、たまたま会社にあったチラシ見たんよね。で、住宅用火災警報器はネジ1本で取り付けられるって書いてあったし、おかんは最近ちょくちょく鍋を焦がすし、おとんはタバコ吸うしね。

 というわけで、火災警報器買うことにしたんやけど、火災警報器には煙式と熱式ってのがあるんよ。煙式は煙に反応するタイプで、熱式は火災時に発生する熱に反応するタイプなんやて。

 で、会社の人に煙式と熱式のどっちがいい?って聞いたら熱式って言いはったから、そっちにしたんやけど。

 それにこの警報器、リチウム電池で10年くらい使えるらしい。

 あと設置場所は市条例によって違うので、最寄の消防署のホームページ見てください。

 これから火災警報器の訪問販売増えてくると思うんやけど、悪質な業者にはくれぐれも気をつけてくださいね。

 リアル友達の皆さんは、村をんながご相談に乗りまっせ(笑)。リアル友達だけじゃなくて、ネット友達の皆さんのご相談にも乗りますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.18

今月のお買い物

Kongetu0604  今月のお買い物は充実してるよなぁ。なんといったって裁鬼さん・鋭鬼さんが手に入ってんから。
 それに平成ガメラだよ。まさかあのん万本B・C級映画のビデオてんこ盛りの中からこんなプレシャスが発見できるなんて…。
 
 えぇっと、値段の高い順から言うとね、

1、「少年よ」693円(今でも普通に普通の値段でCDショップで売ってるよね)
2、裁鬼さん 550円
3、仮面ライダー555 The people with no name 399円
4、ガメラⅢ 邪神覚醒 300円
5、鋭鬼さん 250円
 という結果です。

 いつも行くカプセルトイ専門のフィギュア屋、いままで1階がアニメ系で、2階が特撮とガンダムと萌え系やったんやけど、この間行ったら特撮が3階のフロアに移動になってたんよね。エスカレータは2階までしかないから、元々3階って事務所にでも使ってた場所やったんちゃうかな。照明とか暗かったし。3階でお買い物した後、2階も覗きに行ったら萌え系のフィギュアが増えてたような気がしたんやけど。

 鋭鬼さんがラインアップされてるのは「HGシリーズ 仮面ライダー インセクトウォーズ編」なんやけど、その中に仮面ライダーアマゾンとサンショウウオ獣人ってのがあって、サンショウウオ獣人には偽アマゾン改造パーツ付きって書いてあったんやけど、いったい何をどう組み合わせたら、どんな偽アマゾンになるんやろう???全然イメージ湧かへんねんけど。かといってアマゾンとサンショウウオ獣人を手に入れようって気にもならへんしなぁ・・・。

 日本橋を歩いてたら、「女性専用 大阪初 乙女カフェ」っていう看板見つけたんやけど、乙女カフェってどんなん???家に帰ってきてから、ググってみたら、どうも腐女子好みの男子のスタイルをした女子がウェイターしてるらしいんやけど、それも池袋の話やからなぁ。
 結構、一人で食事したりするの平気な村をんなですが(っていうか日本橋へ女一人で買い物に行くのに抵抗がないってのもかなりなものですけど)乙女カフェに興味はあるものの、腐女子ではないし、そんな空間に私が入っていっていいものやらと、躊躇するんよね、誰かいっぺんそのお店偵察に行ってくれへんやろか(笑)。それなら村をんなが行けって突っ込みが入りそうやけど。

 日本橋のガンダム館の堺筋を挟んだ向かい側、歩道橋のところにヤマギワのビルがあって、この間まで空きビルになってたんやんか。そこがフィギュア屋になってたみたい。今はオタク文化がもてはやされて、それ系の店もどんどん増殖していってるけど、この流行が廃れた時日本橋ってどんな街になってしまうんやろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供たちの夢

 私の勤めてる会社に、スーパー戦隊大好きな3歳男児をもつAさん(女性)って人がいるんやんか。で、4月15日に大阪で上演されたマジレンジャーのファイナルツアーのチケット取ってあげたんよね。

 今日会社で、その報告がありました。行ったのはAさんと息子のT君そしてAさんの妹さんの3人。Aさんの妹さんなんか一度もマジレンジャー見たことなかったのに連れて行かれちゃったんやもんね。

 Aさん「オタクとか一人で来てはった人いてたよ」(ってオタクを見られたことが嬉しそうやった)
 Aさん「ヒカル先生~って叫んでた人もいてたんやんか」
 村をんな「そうそう若い子でファンの子も行ってるもんね」
 Aさん「それがおばさんやってん」
 村をんな「へぇ~~~」(私は叫べへんけど他人のこと言われへんもんな)
 Aさん「特別出演で月のレイ???って子も出てきたんやけど」
 村をんな「あぁ、ルナジェルの山内明日ちゃんでしょ」(ヤバッ、即答してもうた)
 Aさん「それそれ、詳しいねぇ」
 村をんな「・・・」(笑ってごまかす)
 Aさん「T君にマジレッドの下敷き当たってん」
 村をんな「嘘っ!!すごーい、T君めっちゃ運強いな。厚生年金会館って何千人も入るからなかなか当たらへんでぇ」
 村をんな「T君、がんばれ、マジレンジャーってのやった?」
 Aさん「やったやった、握りこぶしまで作ってた」(それを聞いて、ちょっぴり感動してしまった村をんな)
 Aさん「またボウケンジャーとかあるかな?」
 村をんな「あると思うよ。来年1月頃にチケットどうする~って聞いてあげる」
 Aさん「今度はもっと前の方がええねんけど」
 村をんな「でもインターネットで取るから、向こうで席決めるんよね」
 Aさん「そうやろ、妹が前の方の席値段高いんかな?って。もしそうやったら高くても前の方で見せてあげたいって言うねやんか」(確か席前から13列目やったと思う)
 村をんな「でも1階はみんな同じ値段やよ」
 Aさん「そうやんなぁ、私の席からでもめがねかけてやっと顔見えるくらいやから、2階・3階の人はあんまり見えへんかったんちゃうかな。変身する時は大きいスクリーンに映ってたけど」
 村をんな「たぶんそうやろな」
 Aさん「芳香ちゃん、今度さんま御殿に出る言うてたよ」

みたいな話でした。席、あんまり前やなかったけど、でもデカレッドの下敷きが当たった席やってんから、ええ席やったってことやんね。

 妹さんはマジレンジャーよりも甥っ子ちゃんがものすごく嬉しそうにしてたのが嬉しかったらしい。

 やっぱりヒーローって子供たちの夢なんやなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.04.17

今週のボウケン&カブト(4月3週目)

 「ボウケンジャー Task.9」

 ダークシャドーって闇取引で生活してたんや。今回はホテルの喫茶室に現れるビジネスウーマン・風のシズカ。ハンドバッグ振り回して、めっちゃうっとおしいよね。

 今回のプレシャスは波右衛門の人形。「唐物屋波右衛門は国禁を犯して海外と貿易した冒険商人」だって、ちょっと良い風に言いすぎやん。結局は密貿易やねんから。

 ボウケンジャーたちが波右衛門の人形を受け取りに行くと、そこには風のシズカが偽サージェスの制服を着て座ってたんやけど、どうしてサージェスの動向が判ったんやろか。これは内部にスパイがおると考えてもおかしないんちゃうん(笑)。

 オープニングテーマが始まる前にナレーションが入るやんか「命がけの冒険に~」っての、どうも村をんなの耳には「色仕掛けの冒険に~」って聞こえるんやけど、いやぁ耳が汚れてるのか?それとも花粉症のせいなのか?(笑)

 闇のヤイバを見て、動揺する真墨。そして人形をどちらの物にするか1対1の勝負を受ける真墨。真墨にとって闇のヤイバはトレジャーハンター時代の昔の仲間を殺した仇やったやなんて、面白い伏線があったんやね。

 菜月のブレスレッドを見て反応するカズコおばぁちゃんっていってもなぁ、松金よね子さんがおばぁちゃんってのも、ちょっと抵抗あるよなぁ。

 久々に菜月のブレスレッドが話に絡んできたよね。みんなすっかり忘れてたと思うけど。

 大人たちを盾にして自分だけが生き残った真墨、その真墨の中にある闇を抉り出そうとする闇のヤイバ。心理作戦やな。

 菜月の身の上話を聞いたあとで、波右衛門の人形をどれだけ大事に思っているか話すカズコおばぁちゃん。女子にとって、人形は思い入れが深いからなぁ。とくにお雛様はね。

 「俺は欲望のまま、自分が強くなるためだけに生きてきた、それが俺だ。俺に必要だったのは闇の力だ」とうそぶく真墨。それに対して「お前が本当に探しているのは自分の光じゃないのか」というチーフ。聞きようによったら光ってレッドのこと言うてるみたいやんか。

 闇のヤイバって顔が開くようになってるんや。なかなかいい感じやん。この顔見て、生き残った人間はおらへんとかっていうてたから、もっと邪悪なんかと思ったらそうでもなかったし。これならハリケンジャーのマンマルバの方が邪悪な顔してたような気がする。で、影忍法・千羽鶴闇吹雪。

 真墨はボウケンブラックに変身して、闇のヤイバと戦ったけど、こんなにハンマーが活躍したのって初めてちゃうん。

 巨大化したツクモガミが蔵ごと飲み込んだのに対抗して、クレーン発進。ツクモガミが飲み込んだ蔵にクレーンを引っ掛けて、まるで釣った魚のように振り回してたけど、あんなに荒っぽかったら、カズコおばぁちゃんが無事な姿でいる方が不思議やん。蔵をツクモガミの口から引っ張り出したときなんか、蔵ぐるぐる回転してたんやから。

 ツクモガミを粉砕して、一安心と思ったらカズコおばぁちゃんの後ろに闇のヤイバが。で、結局闇のヤイバが男雛をボウケンジャーが女雛を手にしたんやけど、浪右衛門の人形を注文したビジネスマンは風のシズカに人形は1つしか手に入らなかったからと報酬を1割しか渡さず。それも現金やなくて、小切手やもんなぁ。きっと銀行持っていっても現金にならへんかったりして。

 人形を手にしたビジネスマンが向かった先に…。うわっ、大神官ガジャ様だぁ。
先週予告見たとき、ガジャ様のお姿全然映ってなかったし、一番最初にビデオで見たときオープニングのところ早送りで出演者ちゃんとチェックしてへんかったから、油断
してたんよね。そしたらガジャ様出てきはるし、びっくりしてもうたんやんか。

 ガジャ様これからこの手でいくらでも正体を現さずに、ボウケンジャー相手にできるやんか、ということは見てる村をんなも今週は出てきはらへんやろと思って気ぃ抜いたらあかんちゅうことかな。

 最後ににたぁっと笑って、すぐ不気味な顔になるとこ、グッジョブよ、ガジャ様。それにしてもこのストーリーが前後編やとは思わへんかったよね。

 毎週、カウントダウンJAPANって書いてたけど、夕べJAPANカウントダウンっていう番組やったということに気がつきました(笑)。謹んで訂正いたします。
 なんとボウケンジャーのテーマソング、今週は40位の崖っぷちになんとかすがり付いてましたよ。粘り腰っ!!

 「仮面ライダーカブト 12」

 新聞ラテ欄の仮サブタイトル「化粧千人斬」やて。どう見たって子供向けの番組とは思えんよなぁ。ほんまにどこが発信してるんかしらんけど、無防備すぎるやろ、もうちょっとどうにかせなあかんで。

 いよいよ姿を現した仮面ライダードレイク・マスクドフォームってとこから。

 「しかし合コン相手が全てワームだったとはなぁ。いったいどういう趣味してるんだお前は」 ほんまやで(笑)。

 樹花ちゃん、いつも加賀美の名前だすけど、加賀美に惚れてるんやろか?

 「象の墓場」かよ、加賀美父の例え話は。さすがに三島今週は「えぇ?」って口走らへんかったけど。

 ゼクトに風間を勧誘する加賀美。ドレイクは元々ゼクトが開発したものやのに、ゼクトの思惑通りに動かへんってことは、開発ミスなんちゃうん。
 風間もドレイクの力に迷惑してるって言うんやったら、ドレイクゼクターの台座部分をゼクトに返還したら、ええがな。

 あぁ~、やっぱり今週もギャグ展開かぁ。

 アルティメットメイクアップを施されてしまった加賀美。あんな頬のシャドー入れた男なんて、ものまね歌合戦の時くらいしか見ぃひんやろ(笑)。

 三島の出てくるシーン、今週は長かったよね。田所の名前をかたって、三島に会いに来た岬。で、途中で三島の腕時計がなって、大量の錠剤を飲んでたから、てっきり加賀美父にいつも哲学問答をしかけられてストレスたまって、胃でも壊してるのかと思ったがな。
 そしたら味覚が無いから、食事はサプリメントで済ましてるやて。天道とは真逆な生きかたをしてるんやな。

 地下駐車場で鈴をりんりん鳴らしながら歩いてくる擬態された女の子。なかなか怪しくてよかったよね。

 立ち食いそば屋で後から来たおにぃさんが"コロッケそば"頼んでたやんか。あれって大阪には無いねんで。この間上沼恵美子の番組で"コロッケそば"の話が出て、三田村邦彦が「コロッケ崩して食べるのがおいしい」とか言うてたもんやから、東京にはそんなもんがあるんかと上沼恵美子共々テレビ見てる村をんなもびっくりしたんやから。でもなぁ、もしうどん屋にそんなメニューあっても、コロッケそば食べたいと思わへんなぁ。

 ビストロ・ド・サルの無駄な争いのシーン見て、桐矢京介の対抗心を思い出してもうたがな。こういうの好きなんか?井上先生は。
 女子短大に現れて、化粧の得意技で女の子を集める風間。麗泥洲(レディース)ってまだいるの?
 この辺のギャグシーンはスルーやな。

 今週のおばぁちゃんの言葉「全ての女は等しく美しい」って、また含蓄ないぞ、井上先生。

 ワームに襲われそうになった加賀美が天道に救いを求めようとして「友情を言い訳にして俺に頼るな」ってのがカッコよかったよね。常に天道を頼ってたら啓太郎と一緒やもんな。

 天道に指摘されて、加賀美が何のためにワームに入ったのかを思いだしたのは良かったんやけど、加賀美に襲い掛かってたワームどうなったんやろ。

 キャストオフした仮面ライダードレイク。風間が風に吹かれて花から花へ移っていく生きかたしてるからか、ドレイクの戦い方もするりするりとすり抜けながら銃撃するって感じみたいやね。

 成虫ワームが擬態したゆかりの幻影を出して惑わせる所や、桜の花びらが舞う中でのクロックアップの戦いは、加賀美の弟のエピソードを発展させた形ってところかな。

 ゆかりに擬態したワームを退治したカブトに向かって、殴りかかるドレイク。風間の本性が出てくるんやろか、来週。

 JAPANカウントダウン、ありゃ?カブトのオープニングテーマないんですけど、「Full Force」の方は初回登場32位。
 今までオープニングとエンディングってカップリングで出してたのに、今回から分けたやんか。それって良かったんやろかエイベックス。
 これから考えるとボウケンジャーは健闘してるよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.04.15

 「今週のシャーク隊長 第28話」

 なんと今週はサブタイトルのバックもシャーク隊長やんか。いいねぇ、シャーク隊長がメインやなんて。
 Xデーの壮絶な戦いが一段落し、嵐の前の静けさの地球。最終章の新たな登場人物の紹介も兼ねたストーリー。

 ①ゴルドの妻・パトラが現れて驚くシャーク隊長。こんなシャーク隊長の顔初めて見るんやけど。よっぽど苦手なんやろな。
 異空間で漂流してしまったアドと交信するシャーク隊長。パトラが横から口を出してちょっと渋い顔(笑)。

 ②レミーを鍛えるシャーク隊長。ワイヤーアクション付きだっ!!男子諸君はレミーの白タンクに釘付けやろうけど、村をんなはシャーク隊長の厚い胸板に釘付けやん(笑)。上から取ってる時は吹き替えなんかな?シャーク隊長もレミーも。でもなんでもいいや、こんなにいっぱいシャーク隊長見れる回なんかそうそうないんやから。

 ③ブレアードがサイクリードとアクアルを宇宙に帰すように説得してやるとシャーク隊長に会いに来る場面。
 シャーク隊長の役目の中に、セイザーXの展開を解説するシーンってのがあるんやけど、まさしくそのシーンで冷徹なシャーク隊長。

 ④アクアルに人質にされるレミー。レミーを返して欲しければコスモカプセルを渡せというアクアルの言葉をスルーして、シャーク隊長とアクアルの分身が戦っているときに、レミーが訓練中のシャーク隊長の言葉を思い出すんやけど、シャーク隊長の顔がアップになるんよね、定番な処理やけど1シーンでも多く見たい村をんなとしては、ありがたかったがな。
 変身体のシャーク隊長がアクアルの首に剣を突きつけて「ネオデスカルに言っておけ、俺は俺自身の全生命をかけてお前たちを消滅させてやるからな」って言うてたけど、ここでアクアルやっつけんでどうするねん。

 ⑤またまたレミーを鍛えるシャーク隊長。レミーの姿が一瞬小さな女の子になるんやけど、未来の地球に置いてきた娘のことでも思い出したんやろか?

 いつもは苦虫潰したような渋い顔のシャーク隊長がほとんどやのに、今週は色んなシャーク隊長が見れてよかったな。
 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.04.13

仮面ライダーカブト

Kabuto4  HGシリーズ 「誕生!仮面ライダーカブト編」より

 背景:京都某所(村をんな撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.11

ウルトラマンメビウスはどうするねん

 4月8日から始まったウルトラマンメビウスなんやけど、このシリーズは書きたいときに書くっていう形にさせてもらいます。

 いよいよ「セイザーX」も佳境に入ってきたし、昼ドラやら、時代劇やら追っかけなあかんのがあるもんで。

 で、第1回目のメビウスなんやけど、メビウス側転めっちゃ形悪いのが悲しかったな。メビウスのSAさんって何系なんやろ?格闘技系なんやろか?

マックス見てたときの楽しみの一つに、美しい側転・バク転ってのがあったんよね。

 メビウスはガイズメンバーそれぞれの人生が浮き彫りにされるストーリー展開になりそうな感じがするんで、その辺は面白いんやろうけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「今週のシャーク隊長 27話」

 いよいよXデーとなり、未来の歴史が変わりつつあることに焦りを感じたネオデスカルが大船団を現代の地球に送り込もうとしていた。またガレイドもセイザーXと最後の戦いを挑もうとしていたってのがメインのストーリー。

 ①現代の地球に来るにはワームホールを通らんとあかんのやけど、そのワームホールを消滅させるかどうか悩む副隊長の報告を、苦渋の表情で聞くシャーク隊長。セリフは無かったけど、覚悟が決まったって顔がよかったなぁ。
 ワームホールが閉じてしまうと、もう二度と現代と未来の間を行き来でけへんってことなんやろうか?

 ②冬眠するジャッカルのカプセルの上に自分の認識表を置いて立ち去るシャーク隊長。これは昔の記憶っていう映像、いつものシャーク隊長の衣装やなくて、黒のロングコートで、ジャッカルの方を振り返るんやけど、ジャッカルを置いて行くことへの思いが感じられてめっちゃかっこええやんか。

 ③ワームホールを消滅させた時に、ネオデスカル艦1隻だけワームホールのチューブに突入してしもうたんやけど、それが現代の地球に現れるかもしれないと告げるシャーク隊長。

 ④ガレイド艦が暴れ出したため、発進を命じるシャーク隊長。
 シャーク隊長が出動すると、やっぱりジャッカルも現れるんよね。でも先週の戦いで瀕死の重傷をジャッカルは負っていたもんやから、戦いの最中に変身解除してしもうて、ブレアードが後を引き受けて戦ってる最中に、ジャッカルは息を引き取っていくねんやんか。

 純愛ってのは、成就せぇへんからなぁ。ちょっと悲しかったよね。できればジャッカルがシャーク隊長の気持ちが判って、シャーク隊長とともに戦うって形になって欲しかった気もしてたんやけど。

 ⑤最後、ジャッカルが死んだことを感じ椅子の背にもたれかかるシャーク隊長。
 そのシーンのすぐ後に、ジャッカルの葬られている場所にたたずむブレアードの姿があるんやんか。そしてブレアードのセリフ「死ぬまで戦って、いったい何が残ったんだ。ジャッカル」ってねぇ。愛が深ければ、裏切られたと思ったときの憎しみも深くなるんやろうな。戦う形でしか、シャーク隊長への思いをぶつけられへんかったなんて。
 ジャッカルが使ってた剣が交差して立てられてて、そこにシャークとジャッカルの認識票が2枚風に揺れてたんやんか。いい終わり方やったよね。

 さて、いよいよラストに向かって、新たなる敵が登場。あのちょっと変なめがねの女の子はいったい何?
 来週の予告見てたら、シャーク隊長女の子とトレーニングしてる姿が映ってたんやけど、それって何?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.09

今週のボウケン&カブト(4月2週目)

 「ボウケンジャー Task.8」

 今週はちゃんと冒頭のスーパーヒーロータイムやったね。先週はうっかり出し忘れただけやったんかな。まさか大阪だけ出なかったってことはないよね。

 今日は朝一から大神官ガジャ様登場じゃないですか。大神官ガジャ様も学習してるよね、ボウケンジャーの現れる所に行けば、プレシャスを横取りできること。

 ガジャ様の真ん前でナパーム爆発させてたけど、あん時のガジャ様大高さんやったんやろか?JAEさんやったんやろか?

 ガジャ様はボウケンジャー達がオリハルコンやと思ってるものの中身がヴリルって知ってたけど、どこにどんなプレシャスが眠ってるんかガジャ様は全部知ってるんやな。でもガジャ様ヴリルを何に使うつもりやったんやろ。

 菜月のおやつボックスに遠慮の塊のお菓子が1個だけしか残ってなかったの見て、思わず真墨が食べてもうたに違いないと思ったのは村をんなだけではないはず。 

 牧野先生の調査が終わるまで、自由行動を許すチーフ。
 蒼太は自分から留守番をかってでて、もう一人を決めるのに普通はジャンケンでしょ。"しりとり"がボウケンジャーの定番になっちゃったんやね。そうなると菜月がしりとりで負けて、貧乏くじ引く確率高くなったりして。

 そしてしりとりのもう一つの定番はさくらの口走る自衛隊装備(笑)。他のメンバーはお子様向けに簡単な単語口走ってるのに、バルカン砲ってどんな武器(笑)。

 蒼太の用事って、メンバーのデータ整理やったみたいやな。

 甘味処で思いっきり甘い物を注文して幸せそうなさくら。サージェスの部屋で菜月のお菓子を「食べてませんっ」って言ってたから、てっきりダイエットしてるのか甘い物が嫌いなのかと思ってたのに、和菓子党やったみたいやね。

 ヴリルが擬態した蒼太と本物の蒼太。定番物の本物vs偽物やったけど、面白かったなぁ。やっぱりボウケンブルーのSAさんが蒼太の偽物の吹き替えやってたんかなぁ?蒼太自身のアクションも見応えあったし。
 8話までやって今回が一番面白い回やったと思うんやけど。

 サージェスって、非常階段ないんかよ。

 本物の蹴りが偽物の顔に入ったの見て、うぉっ本物が蹴られてもうたって思っちゃったよ。

 工場で闘う二人のボウケンブルー。どちらが本物か見分けるために、菜月に銃を向けるボウケンブラック。おいおい、それやったら落語の「大岡政談」やんか。 

 攻撃を受けるとデータを複製して分裂するって、先週のジャリュウ一族に引き続き、あるったけのボウケンブルーの衣装が登場。ここまで出ると壮観やな。

 無数に分裂したヴリルが合体してダイボウケンもどきに巨大化したやんか。それをショベルとミキサーを装備したダイボウケンで粉砕してやっつけたけど、結局プレシャス破壊しちゃったからなぁ。ミッションとしては失敗やね。手に負えんプレシャスはこれからもバンバン壊しちゃうんやろな。

 一仕事終えて、さくらの買ってきた和菓子で一息入れるボウケンジャー達。菜月が真墨にわざと銃を向けた時に「本物の蒼太さんなら必ず庇うと判ってた?それって男の友情ってやつ?」って聞いてたよね。でもまだ蒼太と真墨ってそこまで友情築けてないよね。

 たぶん誰とでもべたべたしてるのは菜月でしょ。それを自分と一番仲がいいって思ってるのは真墨だけやろうしね。

 カウントダウンJAPAN、今週のボウケンジャーの順位は30位。粘ってますねぇ。

 「仮面ライダーカブト 11」

 渋谷の廃墟に瀕死の女性を見つけて、近寄る女の子。この渋谷の廃墟って治外法権になってもうてるん?まるで西部劇やんか。
 そこにギターケースを提げた男が現れて、ギターケースを開けると化粧品がぎっしり。そして「女は花。せめてあと少しは花でいろ」と化粧を始める男。こんな脚本、井上先生じゃないと書けないよな(笑)。

 タイトル、高岩さんの名前の下にオッシーの名前が。判りやすくて嬉しいです。

 加賀美のことは許さないとか言ってたのに、何も無かったようにサルでバイトしている加賀美とひより。

 ザビーになって男っぽくなったと思ってたのに、またもとの加賀美君に戻っちゃったよね。村をんなとしては、そのほうが好きやったからよかったんやけど。

 ゴンちゃんって、「ペーパームーン」のテイタム・オニールって感じなんかな?(なんて書きながら、この映画見たことないんで雰囲気で書いてるんやけど)

 強盗に人質にされたゲームショップの女店員を助けて、メークアップをし、女店員を幸せにしてしまう風間。大昔の少女コミックを髣髴とさせるような薔薇の花々がバックに現れる、田崎監督も、井上先生の脚本めっちゃ困ったらしいんやけど、でも初っ端に風間のイメージをこんな風に作ってまうと、後を引き継ぐ監督さんたちも困るやろう(笑)。どうすんねん。

 最後の決めセリフが思い浮かばない風間。それぐらいのキズがなくっちゃね、キザ過ぎるわな。

 次は合コンかよ。でもって新しい言葉が「太陽とすっぽん」。ぐはぁ、もう思いっきり筆が走ってますなぁ。屋形船で合コンか。女の子たちは全員俺様好き。ってよりイケメンだったら俺様でもOKってことでしょ。

 今週のおばぁちゃん語録「食事は一期一会。毎回毎回を大事にしろってな」
う~ん、井上先生、言葉に含蓄が足らへんぞ。

 どうやって、屋形船の合コンに通りすがれるねん(笑)。
あらゆる合コンに参加する主義の風間。そうやって顧客を増やす営業活動ですか。
 でもね、食事の席で香水撒かれるのはねぇ、エチケットに反するよね。

 さっきまでおいしい料理で、女子の人気を独り占めにしてたはずやのに、メークアップアーチストの登場で無視されてまう天道。
 こんな可愛そうな天道初めてかも。

 で、合コン相手の女子4人ともがワームだったことが判明し(って完全に加賀美はワームのターゲットとして狙われてるよな)、カブトとワームの戦いになるんやけど、田崎監督もクロックアップの時は、背景を照明で飛ばす形を選んだんやね。それが一番手っ取り早いかもしれんな。

 で、ドレイクゼクターによって仮面ライダードレイクに変身する風間ってところで終了。

 いやぁ、思いっきり井上敏鬼テイストやったよな。(響鬼の時に使ってたから、いまでも"としき"を変換したら敏鬼になりよる)来週はどういう展開にするんやろか、ちゃんとビシッと締められるんやろか。それともギャグバージョンのまま?

 カウントダウンJAPAN、カブトのオープニングテーマは21位。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.08

桜沢先生

 「新・いのちの現場から2」で春風診療所の医師役でハギーが出てたんやけど、おもしろかったなぁ。1週だけで終了なのがめっちゃ寂しい。

 桜沢先生、前回では、大学病院で外科医をしながら週に何日か高間病院に来てるって役やったんやんか。

 で、今回は高間病院の院長に頼まれて、院長の友達が急死したために医師がいなくなってしまった春風診療所に来たんやけど、急遽念願だったアメリカ留学が決まってしまって…。

 もうね、ハギーったらツッコミどころ満載やったんやから。

 第1回。目玉焼きをお皿に移しながらだよ、ハギーが「よしできた」って言ったらカメラが引きになって、ベッドが映るんやんか。そのベッドには誰かが寝てるみたいでさ。
 おいっ、桜沢先生って優秀でイケメンでさわやかな医者の役やったんちゃうかったっけ?同棲してるんかいな、やっぱり昼ドラやなぁって思いながら見てたんやんか。
 
 で、ハギーがベッドの掛け布団をめくると、男だよ、男!!!
もうね、えぇぇぇぇぇーーーーどんな展開やねんってびっくりしちゃったよ。それはそれで、喜んで見てる人も多かったかもしれへんけど(笑)。

 第2回。自分の部屋に帰ってきた桜沢先生。なんか嬉しそうやねん。普通仕事終わって帰ってきたら、くたびれてるはずやのに、元気なんよね。
 で、ドアを開けようとしたら、チェーンがかかってて、やっと開けてもらえて入ったら、白いヒールが玄関にあったから、秘密の宝物を見つけた悪戯っ子ように、それを手につかんで、ニッタり笑うハギー。めっちゃかわいい~~~。

 その後、リビングで誕生日に飲もうと思ってた(って一人でか?)ドンペリと口紅べったりのバカラを見つけたときのリアクション。ちょっと涼村入ってる?(シャンゼリオン全部見たわけじゃないんで確信はないんやけど)
 そのすぐ後かかってきた電話を取った時、思いっきりポーズ付けてるんやけど、おかしすぎる(笑)。やっぱり涼村入ってるよね。

 で、山田純大としゃべるシーンがあるんやけど、タバコ止めたハギーの顔の前でタバコの煙山田純大バカバカ吹き出しよんねん、ハギーどんな気持ちやったんやろうって思ってもうたよな。

 第4回。診療所にヤクザ系の金融屋が借金の取立てに来るんやんか。で凄まれるんやけど、思わずそんな凄味かたじゃ、びびらへんやろな桜沢先生、どっちかというと桜沢先生が凄んだ方が怖かったりしてって思ったんやけど。

 もちろんこんなお茶目なシーンばっかりやなく、玉緒さんと在宅看護について真面目に語り合うシーンもいっぱいあったんよね。
 ハギーといえば、どうしてもやんちゃな役(ヤクザとかチンピラとか脱獄犯とかホストとか)が多くて普通の役をこんなにじっくり見たの珍しいんやなぁ(鬼嫁日記でも普通の人の役やってたけど、ほとんど見てませんでした(汗)、すみません)。

 で、村をんなは夕食後、まず「新・いのちの現場2」を一通り見て、ストーリーと桜沢先生の出てるところをチェック。そして、巻き戻して、萩野セレクション(と名づけてハギーが出てる場面ばかり集めてあるビデオ)にハギーの出演場面をダビングしてたんやけど、1週間5回分で約30分も(!)ハギーの姿を納めることができ、めっちゃ嬉しかったがな。 (4月8日の土曜日に、「新・いのちの現場から2」1週間分まとめて見せますSPっていう番宣番組やっててね、玉緒さんがセリフとちってハギーが馬鹿笑いしてるNGシーンもあってね、もちろんこれも萩野セレクションに残すこと決定。)

 その作業後に「偽りの花園」のビデオ見てたんやけど、やっぱり愛の深さが違うみたいで、火曜日と木曜日の分録画予約ミスって見逃してもうた(笑)。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.07

柳生十兵衛七番勝負 島原の乱

  いよいよ始まりました、柳生十兵衛七番勝負の第2弾。
高野八誠君、初っ端忍者の黒装束やんか。八誠君の目の鋭さが強調されて、素敵なんよねぇ。NHK様、八誠君の黒装束姿をありがとうございました(笑)。

 でもって、前回十兵衛の周りをうろうろしてた小沢真珠が今回出てけぇへん分、八誠君のセリフもカットも役回りも増えたみたいで、めっちゃ嬉しいんですけど。

 それで喜んでたら、十兵衛が頼りにしてた籐四郎役の本宮泰風さんが、十兵衛を裏切る荒木又衛門との板ばさみで、十兵衛と闘って討死するんよね。残念!! 十兵衛との立ち回りシーンめっちゃ迫力あってよかったのにな。

 幕府転覆を図る公家・円条寺業平の役を杉本哲太がやってるんやけど、変な公家言葉。京ことば、しゃべられへんねやったら、もう開き直って標準語でやりゃーええのに、標準語の語尾にとってつけたような公家言葉付けてあるんやもんなぁ、そんなん止めて欲しいんやけど。

 この円条寺にそそのかされて片棒担ぐ酒井阿波守の役が布施明。木暮さんと違って優柔不断みたいな感じやったかな。

 あっ、そうそう。前回佐々木蔵之介がやってた由比富士太郎の役、和泉元彌に替わってた。狂言の役者だけのことはあって、時代劇せりふばっちりやねやんか。どっちかいうと円条寺の役やってもろたほうがよかったんとちゃうやろか。そのほうが公家言葉に違和感持つことは無いはず。

 島原の乱が今回のメインテーマになるんやけど、島原の乱といえば、去年はまりまくってもうたミュージカル「SHIROH」のイメージが意識の中に完全に刷り込まれてもうてるから、その世界との相違点にひっかかれへんかどうかがちょっと心配やねんけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.04

「今週のシャーク隊長 第26話」

 宇宙海賊が全てのコスモカプセルを奪って、地球を制圧したXデイの一日前という緊迫した状態の中で、ガレイドの策略でG2っていうロボットがウィルスにやられてしまい…ってのがメインのストーリー。

 ①そのロボットのG2は実はシャーク隊長をモデルにして作ってて、「顔も似てるでしょ」って言うレミー。G2のアップの後、シャーク隊長の顔に切り替わったんやけど、似てると意識付けされてみると似てるかもって思ってまうよね、人間って。でもどう見たって全く似てへんねんけど。
 シャーク隊長、Xデイ前日やねんけど、宇宙船修理の最終チェックにまだあと24時間かかるっていうんでちょっと困ったって顔が、可愛かったりしてね。

 ②コスモカプセル反応があったので、自分の宇宙船を発進させるシャーク隊長。それと同時にジャッカルも発進させてたなぁ。

 ③ガレイドと闘うたっくん達の助っ人に変身しようとするシャーク隊長。するとそこにに現れるジャッカル。
 
 ④お互いの攻撃を浴びて、変身解除し地面に倒れこむシャーク隊長とジャッカル。ブレアードに「どうしてネオデスカルを出るとき、冬眠してるこいつも一緒に連れて行かなかったんだよ」って指摘された時のシャーク隊長の顔、一番痛い所を付かれたって表情がいいやんか。
 その後、結局「俺にはこれしかないんだ」ってジャッカルが斬りかかってくるんで仕方なく、シャーク隊長も討って出るんやけど、この二人ってほんまに純愛そのものやねぇ。この純愛の行方はどうなるんやろ。

 ⑤傷ついたジャッカルを背負って歩くブレアード。ジャッカルの手からシャークの紋章がついたプレートが滑り落ち…。
 司令室の窓から夕陽を見つめるシャーク隊長。
 確かにかっこいいのだが、シャーク隊長側のストーリーはいつもはしょられてて、一騎打ちの後、どうやってシャーク隊長は自分の司令室に戻ってきたかがわからへんのよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.03

今週のボウケン&カブト(4月1週目)

 「ボウケンジャー Task.7」

 先週まで確か「スーパーヒーロータイム」っていう冒頭の映像やってたはずやのに、今週は突然ドラマに突入してたんやけど、何故??? また新しいの作ってるんやろか。

 さて本編。渋~い大御所風の作家が執筆してるシーンから。
原稿を書いてるシーンは清水さんの声。本になって印刷された物を読んでいるシーンは明石の声。このつながり方、いい感じ。

 で、一段落読んで寝っころがったところに、真墨と菜月の顔。びっくりした明石のリアクションが可愛かったりして。
 真墨「漫画じゃないのか」菜月「水着グラビアもないねぇ」もういかにも言いそうなセリフをありがとうございます(笑)。この二人先週の「禍福はあざなえる縄の如し」って意味絶対判らへんかったやろな。

 ジャリュウ一族の反応があった場所に立つボウケンジャーの5人。そこにはジャリュウたちの死骸がごろごろ。あれってCGやなくて全部着ぐるみやったとしたら、全国のキャラクターショーで使うやつ全部集めてきたんちゃうやろか。それにしたって凄い数やったよね。

 崖の上で戦う3匹のジャリュウ。で、そのうちの1匹が勝ち残こり、リュウオーンが剣でその勝ち残ったジャリュウを貫いてエネルギーを注入し、ボウケンジャーの光線銃で撃たれたら脱皮して、なんかマジレンジャーでも見たことのあるやつ(確かドレイクとか言うてたやつに似てたような…)ドライケンに変身したやんか。

 作家先生の名前、"香川"やて(笑)。

 「最新号にサインをしてあげるから持って帰りなさい」と言われて、嬉しそうな顔をする明石。本当にファンの顔になってたがな。

 香川先生がネタにしていた古~い本。ほんといい味出てたよね。ああいうのって、神田の古書店街とかで見つけて来るんかな。

 デュアルクラッシャーのテストをするボウケンイエロー。背中に下着の型がくっきり。いやぁ、中の人が男子やと思うから、そこまでやってるんかと思っちゃうのよね。 

 それにしても新しい武器の試験に一番非力そうなイエローを選ぶってのもねぇ。ぼちぼちブラックにもその試練を与えんといかんのんちゃう。常にうまいこと逃げてるような気がする(笑)。

 アクセルテクターを完成させるために、サージェスヨーロッパからサラマンダーのうろこを取り寄せる牧野先生。そんな大事なもんやったら、運送屋さんにだけ頼らんと、ヨーロッパ支部のボウケンジャーをガードマンに付けてこなあかんやんか。

 あまりにも香川の小説どおりにリュウオーンが行動するので、香川の元に尋ねにいく明石と真墨。すると書斎の方から音がするので行ってみると、そこには今回の小説の元となった100年前の手記を持って立っているリュウオーンが。「手記は返してもらうぞ」やて。

 香川先生によるとその手記は100年前にドラゴンになりたかった男が書いたものって言うてたけど、そうなるとリュウオーンも元は人間やったってことになるよね。何故人間がリュウオーンになってしまったのかってストーリーもありえるってことやんね。

 ボウケンジャーたちが闘ってる場所に現れ「私が望んだから、世界は滅びる」とつぶやく香川先生。っていうか香川先生はただ単に昔リュウオーンが書いた手記をそのまま自分の小説にパクッただけちゃうんか。

 ボウケンブラックって、なんか自分の思い通りにならへんかったら、いっつもハンドル両手で叩いてへん?

 ドライケンと闘うボウケンレッド。ありゃ、アクセルテクターとデュアルクラッシャー転送してやんの。(この転送の意味が判るのセイザーX見てる人だけやと思うねんけど)

 サラマンダーのうろこっていうプレシャスは世界に1個しかないんかな?となるとアクセルテクターは1個しかないってことになるよね。そうなるとほぼレッド専用になってまうと思うんやけど。

 今回は元々サージェスのものだったサラマンダーのうろこを取り返しただけの話やからミッション完了っていうことにはならへんよね。

 最後、手記を火にくべてしまうリュウオーンで終了。なんか人間であったことを捨て去るためにやったってことかな。

 来週は、順番でいくと風のシズカかなと思ったら、大神官ガジャ様やんか。それに定番・偽物入れ替わりストーリー。

 カウントダウンJAPAN、今週のボウケンジャーテーマソングの順位は30位でした。

 「仮面ライダーカブト 10」

 ザビーに変身した加賀美から。「俺は変身したんだーーーーー」っていうポーズの伊藤さん、可愛い~~~。

 バイクもキャストオフして、ワームを追いかけてたけど、ビルぶっ壊しまくってたなぁ。そこまでやるんかいなって気がしたんやけど。

 で、カブトになってから初めてちゃうん、ジャンプしてライダーキックしたん。ひねりも加わってたしね。

 加賀美版ザビーは、もう腕力一本やもんなぁ。矢車版ザビーの華麗さにくらくらしていた村をんなとしては、ちょっと悲しいかも。

 ビストロ・ド・サルで麻婆豆腐を作る矢車。何故天道はサルの鍵を持ってるんや?

 ザビーの紋章が胸に現れる加賀美。ってことは天道の胸にもカブトの紋章があるってこと?ザビーゼクターとかカブトゼクター自体は機械やけど、その機械がカブトとかザビーの意思を感じて動いてるんかなぁ?
 それと紋章やけど人間の胸に現れるんやから、あんなに印刷したみたいにはっきりしたんやなくて、もうちょっとアザっぽく浮き出たみたいな感じにでけへんかったんやろか。

 サルで食事する加賀美の父。そこへ現れる天道。
 加賀美の父が「今後とも息子をよろしく」って言った時の天道の「あぁ」ってのを真似する本田さん、めっちゃ面白い。

 きゃっほー、弓削君、やっとお出ましだ。でもあの物腰を見ると弓削君は加賀美父の秘書に間違いなしやな。加賀美父も息子がカブトをやっつけられるとは、思ってないみたいやし。

 カブト抹殺指令を受けて悩む加賀美の前に現れる天道。
この場面の加賀美の顔見てたら、初めの頃からするとしもぶくれやった顔、とくにあご周りがシャープになってきたように思ったんやけど、ちょっと痩せてきたかな。

 ワームと闘うシャドー部隊の元に駆けつける加賀美。でも全然仮面ライダーとして鍛えてなかったからワームにぼこぼこにされてまう。
 そこへカブトが現れて、ザビーの代わりにワームを退治してしまう。

 ザビーに戦いを挑むカブト。でも加賀美はザビーであることを捨てる選択をする。ザビーに選択されたことをあっさり捨てることができるやなんて、男前やなぁ加賀美って。

 今週は、聖書からの引用ですよ。ヨハネ伝ですよ。「ヨハネ伝第12章24節だったよね?」って突然言われたってねぇ、クリスチャンでもない限りすぐには判らへんがな。弓削君が「はぁ」って言うのも無理ないさ。たいへんやねぇ、哲学好きな上司を持つと。

 とんぼに選択されているのは、子連れのミュージシャン?

 ザビーって、もう出てけぇへんねやろか?村をんなはクールでスタイリッシュなザビー(やってる伊藤さん)が見たいぞ。徳山さんのブログだと矢車シャドウ隊員募集してるみたいやん。もう100名越えてるみたいなんで、ひょっとすると矢車ザビー復活するかもしれへんしなぁ。テレ朝公式のインタビュー見てたら、終了っぽい書き方されてたけど、その辺の柔軟性高いから、仮面ライダーは(笑)。
 
 今週のコント。煮付けにされてるカブトのフィギュア。笑かしていただきました。

 カウントダウンJAPAN、カブトのテーマソング19位。やっぱり定位置。ブリーチのエンディングテーマに負けてたよ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.02

「総集編 スペシャルフィナーレ ウルトラの未来へ」

  最初、先週の最後のシーンから始まったから、てっきりビデオテープ巻き戻しすぎたんかと思ったがな(笑)。
 その後、第1回目のシーンのダイジェストが流れて、カイトがマックスになったところとか見せてくれたんやんか。

 村をんなは1回目だけ見ぃひんかったから、皆勤賞は取られへんかったんよね。

 オープニングに主な出演者の名前(ゲストも含めて)が並んでるのを見たとき、あぁそうそうこんな人も出てたよなぁって、振り返ることもできたな。

 ちゃんと涼平君とお兄ちゃんの名前も並んで出てきたし(笑)。

 番組的には総集編なんで、これって言うことはないんやけど、おもろかったんは、コバ・ショーン・エリーのトリオ漫才「墜落シーン」やったかな。コバ隊員が昆布を首からかけてずぶぬれになって立ってるのが無かったのがちと残念やったりして。

 カイトとミズキのラブラブコメントは、「新婚さん、いらっしゃい」じゃあるまいしって感じやったけどね。

 で、結局村をんなの手元に残ることになったウルトラマンマックスのビデオやねんけど。

 テープA:
5話「出現怪獣島」(ピグモン・レッドキングの前編)
15話「第三惑星の奇跡」(三池崇史監督作品 イフと少女の物語)
16話「わたしはだあれ」(三池崇史監督作品 タマ・ミケ・クロ)
17話「氷の美女」(コバ隊員が氷の美女に憑り付かれる話)
18話「アカルイセカイ」(シャマー星人PART1)
19話「扉より来るもの」(セブンの森次さんがゲスト)
34話「ようこそ地球へ さよならバルタン星人」(バルタン星人の後編)
38話「地上壊滅の序曲」(最終エピソード前編)

 テープB:
22話「胡蝶の夢」(実相寺監督作品 石橋蓮司さんがマックスに変身)
23話「甦れ青春」(ウルトラマン組の3人が最初に共演)
24話「狙われない街」(実相寺監督作品 「狙われた街」のパロディー)
26話「クリスマスのエリー」(犬塚弘さんがゲスト)
28話「邪悪襲来」(マックスと怪獣のバトルが面白かった記憶が…)
29話「怪獣は何故現れるのか」(ウルトラQっぽく、40年前を再現)
30話「勇気を胸に」(カイトの両親が災害で亡くなっていたことが発覚)

 テープC:
25話「遥かなる友人」(河合我聞がゲスト)
27話「奪われたマックススパーク」(エレキング再登場)
31話「燃えつきろ!地球!!」(中島かずき脚本作品)
32話「エリー破壊指令」(涼平君がゲスト)
33話「ようこそ地球へ バルタン星人の科学」(バルタン星人前編)
39話「つかみとれ未来」(最終回)
40話「スペシャルフィナーレ ウルトラの未来へ」(総集編)

 このラインアップ、なんとなく繋がってるのはね、面白くないの消したろと思ってたら、おもろいのがぽつぽつ間に挟まってしもうて消されへんようになってもうたってのが本音のところなんよね。特に15話以降後半が結構残ってるってのは、それだけ前半が村をんなにはたるかったって証拠かな(笑)。

 第2話からずーっと見てたくせに、怪獣マニアでなはいので、総集編で出てきた怪獣の中には、あれっこんなんいつ出てきたっけみたいなんいっぱいおったがな(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.01

「新・いのちの現場から 2」4月3日の放映時間

 関西ローカルだけやと思うんやけど、4月3日は甲子園球場で春の選抜高校野球の決勝戦が予定されてるんやんか。そうなると「新・いのちの現場から2」の放映時間が、17:15からになるみたい。

 でもさぁ、この時期天気がねぇ・・・。4月2日もどうなるかわからへんし。えらいこっちゃ。

 月曜日は念のために、13:30と17:15の2通り、録画予約しなあかんのやろか・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »