« 週刊トマト 6月4週目 | トップページ | メタルマクベス・トートバッグ »

2006.06.30

最終回(06年春ドラマ)

 先週と今週はドラマの最終回ラッシュ。とはいうてもまぁまぁちゃんと見てた夜ドラは「プリマダム」と「医龍」。しっかり見てたのは昼ドラの「偽りの花園」。

 「プリマダム」はこれといった事件も無く、黒木瞳の良妻賢母ぶりを見せ付けられて、ちょっとうんざりしつつ、ネットしながら目の前で流れてたって感じかな。初めの内は視聴率が悪くても、村をんな自身が面白ければいいかと思ってたんやけど、だんだんどうでもよくなってきて、最後まで見続けられたのは古田新太とタクミ先生の助手をやってた斉藤レイさんが出てたから。

 「プリマダム」の売りは最終回にバレエ公演の生中継っていうのやったんやけど、黒木瞳の幼なじみ・プリマドンナの蘭子が心臓病の緊急手術をして、その側を離れられへんっていう設定で、40分ぐらいまで引っ張りよるねん。でさんざん引っ張った挙句、「えぇぇぇぇ」っていう出来栄えでさ。その中で高岡早紀が上手くてびっくり。神田うのと加藤雅也と3人で踊ってたんやけど、こんなに高岡早紀が踊れたなんて・・・と見入ってしもうたな。

 「医龍」の最終回。まさか霧島先生が転落事故で瀕死の状態のまま、バチスタ手術やってる隣のオペ室に担ぎこまれることになるやなんて、びっくり。確かに1㎜に満たない乳児の冠動脈のバイパス手術してるのをモニターで見てるところから、もう朝田は自分の手の届かないところに到達してもうてるっていう悔しさが滲む表情してたけどさ。

 チームを組んで闘う朝田への敗北感からの自殺未遂って初めは思ったけど、見てる途中から霧島のことやからバチスタを失敗させるために自分の命まで投げ出してもうたんかもしれんなと思ったりしちゃったよな。

 で、最終回の主役は野田教授、これしかないよね。走ってたし、怒鳴ってたし、蛙みたいにガラスにくっ付いてたし。岸部一徳の演技としては珍しいパターンをいっぱい見せてもらったようで。ドラマの黒幕の定番って、津川雅彦やよね。ちょこっと出てきて、さらっていきはる(笑)。

 「偽りの花園」13週65回のうち63回見ましたねぇ。途中中だるみで65回長いよなぁって思ったこともあったけど、最終回が終了した時、テレビに向かって拍手してお疲れ様でしたって言うてもうたよ。村をんなが最終回を見た東海テレビ系昼ドラは「愛しき者へ」「愛のソレア」「偽りの花園」の3本なんやけど、エンドロールの所はヒロインとその配偶者が寄り添って歩いていくっていうシーンで終わるんよね。これってお決まりなんかな。

 それにしても最終回ぎりぎりまで着地点が見えへんというのも凄かったね。露子がアキヒコに対して好意を持っていると勘違いして、露子にアキヒコのことを託して警察に出頭する美禰子。警察に出頭して罪を償うっていうのは絶対見せないといけない展開やったとは思うけど、別に露ちゃんまで巻き込まんでもよかったんちゃうんとは思ったけどね。

 回想の場面で、美琶子との思い出が出てくるんやけど、川口君の顔がチラッと流れた時は、最終回なんやなぁってしみじみしちゃったな。

 今日「我輩は主婦である」「偽りの花園」「医龍」をビデオで見てたから、巨×神戦の一番おもろいところ見逃してもうた・・・。

|

« 週刊トマト 6月4週目 | トップページ | メタルマクベス・トートバッグ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ん?斉藤レイさん?
ガオレンジャーでツエツエ役をやってた人ですか?

投稿: くまぞう | 2007.08.17 16:57

 くまぞうさん、はじめまして。
 
 そうです、ツエツエやっておられた斉藤レイさんです。
 ツエツエとは全然イメージが違ってて、言われてみないと判らない感じでした。
 実は私も特撮友達の方のブログで知ったんですけどね(汗)。
 

投稿: 村をんな | 2007.08.17 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/10738383

この記事へのトラックバック一覧です: 最終回(06年春ドラマ):

« 週刊トマト 6月4週目 | トップページ | メタルマクベス・トートバッグ »