« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006.08.31

8月のお買い物

Cd1 上方歌舞伎会を見たあと、難波まで出たんやんか。難波に行ったら必ず寄るのがツタヤのB1F。3ヶ月ぶりくらいやったかな。

 出ましたねぇ、掘り出し物。宝塚の字を見た途端、しっかり手につかんでもうたがな。そして他にもないかと探してたら、「ELEMENTS」まで出てきたし。2枚で609円でした。

 「’89宝塚歌劇全主題歌集」、家に帰って聞いたら、杜けあき(カリンチョさん)が歌う「愛あればこそ」(かの有名な「ベルサイユのばら」の主題歌)しか知らんかったんやけど(汗)。その話を友達にしたら、「そらそうやん、私らが宝塚に通いだしたの、次の年からやんか」と軽く言われてしまいました。カリンチョさん以外には、涼風真世とか一路真輝とか紫苑ゆうとか錚々たるメンバーが歌ってるから、まぁええねんけどね。

 「ELEMENTS」ちょうど2年前になるよね、仮面ライダー剣の2番目のオープニングテーマ。クールでかっこよくて大ヒットしたやんか。2年遅れやけど、特撮のテーマソングは永遠やからね。覚えておけば、カラオケに行った時にも安心。

 龍騎の「Alive A life」、555の「Justiφ’s」「The people with no name」、剣の「ELEMENTS」、響鬼の「少年よ」と微妙なラインアップやけど、揃ってくるとなかなかなもんやなっ思うんやけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.30

8月26日のテレビ

 8月26日は甲子園に行って、愚痴を言いまくってたので、夕方からの見たい番組はビデオに録画して、さっき見終わりました。

 ①「ウルトラマンメビウス 虚空の呼び声」 
 メビウスは一応見てるくらいなんやけど、今回は話に締まりがあったなぁ。宇宙空間の歪みからできるウルトラゾーン。そこから火星から地球に向かった貨物宇宙船の救難信号がもれてきているので、救助に向かうクルーガイズジャパンのメンバー。
 
 ガイズのメンバーが遭難船を捜索中に、ウルトラゾーンの穴がちっちゃくなっていって、全員が遭難しかけるやなんて。そういえばマックスの時にも(森次さんが出てはったとき)、異次元との扉が閉じそうになってみんなで必死に逃げたのがあったよね。

 サコミズ隊長がやっつけた仲間の肉を喰らって巨大化する怪獣。巨大化にもほどがあるやろって突っ込んでもうた。

 メビウスが怪獣をやっつけ、ガイズメンバーも何とかウルトラゾーンを抜け出し。でも「ミライが…」ってリュウが凹んでるときに、「僕がどうかしたんですか」ってとぼけた声で応答してるシーンで、デカレンジャーの「メテオ・カタストロフ」を思い出したのは私だけとちゃうはず。

 ②劇場版仮面ライダー龍騎 
 KBS京都でやってたんよね。ディレクターズカットはビデオで持ってるんやけど、劇場公開バージョン見てないんで、どんな感じなんやろうと思ってたら、テレビ放映用にカットしまくってあったような。

 最初の怪談話のところで、おばさんのノッペラボウのシーンもなかったし、ゲストもほとんどカットされてた。かろうじて出てたゲストは蛭子さんと尾室君だけやったという。賀集君も要君・藤田さん・山崎君も、浅倉に殴られる友井君もカット。
 そうそう浅倉が霧島美穂のおねぇさんを襲うところなんか全然なかったがな。せやからなんで北岡と美穂が知り合いなんかも語られず。
という凄いカットテクを駆使されてしまったので、比較にならなかったかもしれない。でもね、バトルをメインにして余計な枝葉を削ぎ落とした分、すっきり楽しめたってこともいえるかな(はっきり言うと井上色が薄くなってるってことなんやけど)。

 劇場版浅倉威のハギーって本当に極悪。
 ちなみにエンドロールは全てカットされてました。

 ③劇場版ハリケンジャー 
 龍騎がこんな感じになってたので、それより短いハリケンジャーは、ダイジェスト版の長いくらいの仕上がりやったかな。
 スーパー戦隊の劇場版は基本はゲストヒロインのお姫様を救うレッドの活躍やと思うんやんか。
 ハリケンジャーのお姫様はめっちゃわがまま。
 レギュラー悪役のジャカンジャもちょろちょろ活躍してたけど、基本は劇場版オリジナル悪役。猿とゴリラの宇宙忍者。

 映画をテレビで放映する時って、最初はCM少ないけど、終わりごろになると頻繁に入るようになるやんか。そのパターンでハリケンジャーの方は、バトルのいいシーンで、焼肉のCMが入ったりして、ちと困りもんの編集やったなぁ。

 だいたいの流れは判ったから、今度はちゃんとレンタルで借りてきて見たほうがいいような気がする。

 でもね、ハリケンジャーはエンドロールを完全にやってくれたんやんか。なので、全員で「シュシュッと参上~、シュシュッと忍者じゃ~ん」と歌い踊るの見れました。これだけ見れただけでも、よかったってことかな。

 ④「アストロ球団」第4球・後編と第5球・前編。ハギー出てることは出てたけど、第5球・後編の予告編だけでしたね。たいへん失礼いたしました(笑)。

 この回は球四郎役の金児憲史が大活躍。下北サンデーズのジョーさんより球四郎の髪型の方が村をんなは好みなんやけど。

 今後の「アストロ球団」の放送予定(大阪朝日放送)
 9月2日28:00~29:00 第5球・後編、第6球・前編
 9月9日28:19~28:49 第6球・前編
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.27

今週のボウケン&カブト(8月4週目)

 「ボウケンジャー Task.26」

 シンデレラの話を菜月が朗読しているところから始まるボウケンジャー。継母と意地悪な2人の姉にボウケンボーイズが扮してるんやけど、チーフと蒼太が着れるドレスあったんやなぁ。ブラックやからガングロ娘にされちゃった真墨、ガングロでなかったらなかなかの美人やったんとちゃう。蒼太は結構女性メイクしても可愛かったよね。デカブレイクのテツに負けへんと思うねんけど。
 
 王子様がさくら。12時の鐘が鳴ったので逃げ出す菜月シンデレラ。「よっこらしょ」ってなんかおばちゃんなんやから。
 
 蒼太、やっぱり足でけぇー。

 真夜中に一人で踊り、急に倒れこんで眠り続ける女性が続出するという不思議な事件が起こる。まるでマジレンジャーのようなストーリー(笑)。

 たまたま倒れた女性の足からガラスの靴を奪い逃げる女を見た高丘。ここから今回の事件はシンデレラ物語に関係していると推測し捜査を始めるボウケンジャーたち。

 昼間の野外劇場で、ガラスの靴を履き、踊り続ける女性を見つけるさくらと高丘。靴を脱がせたところにカースとガジャ様登場。

 ますますお茶目な表情に磨きが掛かるガジャ様。最近のガジャ様って、プレシャスの解説にチラッと登場すること多いよね。それでもいいから、こつこつご出演していただきたいよなぁ。

 ガラスの靴を確保し、作戦司令室に戻ってくるボウケンジャー。ガジャ様もあっさり手放したくらいやし、ドラマの中でもハザードレベルがいくつなのか報告もなかったくらいやから、このガラスの靴はシンデレラの呪いが掛かってるだけで、プレシャスっていうことでもないみたいやね。

 今夜は徹夜で調べてみますといいながら、居眠りしてしまい、クロリンダにガラスの靴を持っていかれてしまう牧野先生。以前もオリハルコンを調べている最中にヴリルに逃げられたことあるもんなぁ(偽蒼太が出てきたとき)。ちょっと学習能力がないというか、のんきというか。

 クロリンダに靴を履かされてしまい、舞踏会の会場に連れてこられるさくら。金色の仮面をつけた王子が現れる。王子というよりホストやんか。

 さくらの過去が少し明らかにされる。名門西堀家のお嬢様だったさくら。
 さくらも自分の宝を探すためにボウケンジャーに入ったんやね。っていうかチーフの勧誘はいつもそのセリフやったりして。

 さくらが囮になって、シンデレラの義理の姉・クロリンダを呼び出す。クロリンダは王子の気持ちを繋ぎとめるために、次々に可愛い女の子を王子のところに連れて行っていたやなんて、今問題になってる某宗教団体みたいやんか。
 
 「私も女です、素敵な王子様にはあこがれます。でもあなたはタイプじゃない」って首根っこ締め上げるさくら。めっちゃ男前。

 さくらが危機一髪のところにクロリンダが現れる。クロリンダはさくらの言葉によってマインドコントロールが解けてるんよね。そして地上から持ち込んだサバイバスターをさくらに渡し、王子の仮面を狙うように教える。
 さくらが王子の仮面を破壊すると、本性が現れる。
 でもこの怪人、耳がガラスの靴ってのが、なんか脱力やったよなぁ。

 ボウケンピンクが「幸せも夢も宝も幻ではありません」っていうとき、ボウケンピンクとしては珍しく小首傾げたりしてたよね。

 それにデュアルクラッシャーぶっ放す時、5人でフォーメーション作らへんかったし。

 なんと、ロボ同士でキスですか。菜月が「止めて~、変態」って叫んでたけど、ほんま気色悪かったがな。真墨の巨大化といい、ロボ同士のキスシーンといい、ボウケンジャーのロボ対決はなにが出てくるか判らへんなぁ。

 最後にサイレンビルダーから水を発射させて、その水に乗ってゴーゴーマリンでガラスの巨人に突撃して粉砕しちゃうピンク。ボウケンジャーの今までの攻撃の中で一番男らしかったんちゃうかな。

 王子様は自分で捕まえるっていって、みんなに怖がられるさくら。怖がってる振りをして菜月に抱きつく真墨と高丘。目立たんところで何してるねん。

 王子の人って「牡丹と薔薇」でヒロインの弟役やってた人やったんやて、私「ボタバラ」見てなかったからなぁ。見てたらもっと楽しめたかもしれへんかったのにな。

 CMで「超忍者隊イナズマ!」やってたね、なんかやっとCM入れてもらえたって気がする、リリースしてもうかなり経ってるんやけど。

 「仮面ライダーカブト 30」

 料理対決後編。
 4日前(大阪やからね)にええ加減あきれて見てたから、後編何が来てももうびくともせぇへんで。

 豪華な料理やのれん・看板、蕎麦屋やパーティーの客等、ふんだんに経費かけてるの見ると、去年の30回目とは雲泥の差やなぁとしみじみしちゃうんですけど。

 田所さんの弟、あんな髭面の親父の作る蕎麦屋には行きたくないよな。でもあんないかつい顔で「僕」とか「お兄ちゃん」とか言うのが可愛かったということにしとこか(笑)。Vシネマニアの人が見たら、腹がよじれるほどおかしかったんちゃう、このシーン一番喜んで見てるのは竹内力かもしれへんで。

 じいやの双子の弟が暮らす田舎の家。ここで料理を教えているって言うてたけど、あんな汚いところで料理やなんて、嫌やんねぇ。

 料理の真髄を会得し、白包丁を許される天道。料理人の世界においても頂点に立つ男ってそれは人が違うやろ。

 生簀の本性は蝿のワーム。やっぱりなって感じよね。

 ガタックと共にワームと戦っていたサソード=神代がサソリのワームになってしまったところに現れるカブト。カブトからサソリワームを守ろうとして戦うガタック。拳と拳が火花を散らすのを見て「明日のジョー」を思い出すのは敏樹と同世代ってことで。

 さぁ、来週からはいよいよ米村さんが登板して本筋に戻ります。安心して見られるよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

金本と

Kousien  金本とキャッチボールする赤星。

 巨人の応援団、今年は珍しく多かったなぁ。一緒に行った友達と、「去年は監督堀内やったからなぁ」と納得(笑)。

 やけっぱちで阪神の応援して帰ってきました。どんどん愚痴っぽくなってきて、最後の頃には「智弁和歌山の爪の垢でも飲めぇ」とかってぼやきまくってました。

 後ろに座っていたご夫婦の会話、聞くともなく聞こえてきたんやけど、旦那さんが阪神ファンで奥様が巨人ファンみたい。奥様は関東弁やったしな。なんと7回が終わった所で、むかいついている旦那さんに連れられて帰っていかれました、なんか可哀想。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.26

冥王星

 冥王星が太陽系の惑星でなくなるって、さんざん騒がれて初めて、ちゃんとした星でなかったことを知った村をんなです。

 村をんなもご多分に漏れず、占星術に一時はまってたことがあったんやけど、その時読んでた本の中に、「冥王星は前世の太陽で、今生のカルマを表す」って解釈をしてはる先生がいてはって、この考え方村をんなは結構気に入ってたんやけどなぁ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.08.25

1週遅れの怨み屋本舗

 「Vol.6 女郎蜘蛛」

 今回の怨み屋は悪女対決。面白かったがな。色っぽいのを楽しみにしているお兄さんたちにはちょっと不満やったかもしれへんけどね。

 年間80億円を稼ぐ不動産会社の社長が殺される。ちょうど妻はタイに旅行中。葬式に怨み屋が現れ、受付に怨み屋の名刺を置いてくる。その名刺を見て怨み屋にコンタクトしてくる妻。妻は怨み屋に旦那を殺したのは、以前自分と付き合っていた男で、自分と社長が結婚したことを恨んでの犯行なので、その男を殺してくれと頼む。
 この辺まで見ると、ははぁ~ん、これは邪魔になった男を消したいんやなって判るよね。

 社長夫人役が鈴木砂羽さん、元彼・田之島役が浅野和之さん。お二人とも手練やからねぇ。

 鈴木砂羽さんといえば、「相棒」の亀ちゃんの彼女で正義感の強い新聞記者の役をやってはるやんか。でも悪女の役もいいよなぁ。社長夫人の後をつけていた怨み屋が社長夫人と田之島の会話を聞いて、社長夫人の魂胆を知るんやんか、それでバーで話し合ってるシーンやねんけど、さすが砂羽さん、木下あゆ美ちゃんとは年季が違うもんね。砂羽さんの前ではさすがの怨み屋も小娘に見えちゃったもん。

 田之島は会社をリストラされて、公営住宅に住んでいるんやけど、エアコンもなくて暑苦しいし、部屋にはゴミが溜まってるわ、布団は引きっぱなしやわ、無精ひげやわ、なんか凄いこだわった役作りしてはったよ、浅野さん。
 着てるTシャツも、首周りがよれよれやったりとかして、生活感出してるしね。

 木下あゆ美ちゃん、やっぱりあの黒髪のロングヘアは鬘やったんや。素顔になると、影がなくなって可愛くなっちゃうよね。

 いよいよ寄木刑事に「怨み屋」の存在が知られるってところで、終了。

 この間の日曜日の「情熱大陸」、寺島進さんの密着で怨み屋の撮影場面なんかもやってたけど、初めて寺島さんが42歳やったと知って、ちょっとびっくり、いやぁもうちょっとお年が上かと思ってたもんやから(汗)。よく見たら、お肌つやつややったもんな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.23

今週のカブト(8月3週目の2)

 「仮面ライダーカブト 29」

 高校野球で遅れてた分の調整。
アバンタイトルが全然仮面ライダーやなかったので、録画し間違えたんちゃうかと思ったやんか。
 
 う~ん、この料理対決前後編の最後のオチが誰かの夢やったってことないよねぇ(笑)。

 夜の道路で車の走ってるのも無視して横断しようとする男。車は上手くすり抜けていったけど、道路の真ん中に倒れこんだ男に気が付いて、駆け寄る天道。「これを正当な継承者に」と黒い布に包んだ物を渡すのを見て、龍騎スペシャルの時の、偶然カードデッキを受け取った城戸君を思い出してもうたがな。

 田所さんが蕎麦のまずさにスイッチが入ったのも面白かったなぁ。最近ちょっと丸くなりかけてたから、久々に眉間にごっつい皺つくってたし(笑)。人相の悪い蕎麦屋の親父と田所さんの間に挟まって、ちっちゃくなってる岬と加賀美が可愛かったというか、なんというか。

 麻婆豆腐を食べたあとで、椅子にもたれて寝てる加賀美のいびき、結構マジっぽかったよね。あれって誰かが寝てるときのを録音して使ったんやろか。

 サソードがワームと戦っているところにガタックが参戦するやんか。で、天道もカブトに変身してワームと戦い始めるけど、あれは別の場所ってことなんかな?カブトの戦いをハイパーカブトが見つめてたでしょ。
 で、ワンシーン挟んで、次にガタックとサソードがワームをやっつけたところで、ハイパーカブトの腰が映ってハイパークロックアップして残りのワームを全滅させてたやんか。
 位置関係とか時系列とか、どう解釈したらいいんやろ。ハイパーやから瞬時にカブトのいた場所からガタックたちのいた場所に移動したってことになるん?
 

 ハイパーカブトが現れたことに影響されて、ガタックの前でワームの本性を表してしまう神代。結局今週のカブトでおぉっと思ったのはここだけやったんやけど、ちゃんと繋がるのかねぇ。

 次回も料理対決が続くみたいやね、なんか人相の悪そうなお兄さんたちもたくさん出てくるみたいやし、ますます混迷の度を深める敏樹カブト、ちゃんとオチがあるのか、心配(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006.08.22

新・桃太郎侍

 第5回「オランダ屋敷の謎!?騙された人買い女!」

 ハギーが出るっていうので、初めて見た「新・桃太郎侍」。
やっぱり山内明日ちゃんは、時代劇メイク映えるよねぇって、明日ちゃん出てたの、見てて思い出したという(汗)。明日ちゃん、いい時代劇女優になりそうな気がするな。

 さて、本題。ハギーが「新・桃太郎侍」に出るってのは、「ナオスケ。」ブログさんで見たのが一番最初。見た途端、「ハギー大丈夫か、時代劇」ってもう心配で心配で。せやかて背が高いうえに鬘乗るしねぇ、堅苦しいセリフしゃべってるの聞いたことないし、歩き方もひょいひょいしてるしなぁ…。なんてファンとは思えんような(笑)。

 いや、しかしなかなか良かったですよ。あたり矢のおねぇちゃんたちを除けば、ハギー久々に一番年下だったんじゃないのかな。悪いお侍さんが「相棒」で捜査一課・三浦係長役の大谷亮介さん。悪い商人が石立鉄男さん。ハギーのお姉さんが川上麻衣子さん。

 飾り職人竜次の役って聞いてたんやけど、必殺好きだった村をんなとしては飾り職人と聞くだけで殺し屋かと思ってまうんよね。でもそうじゃなく、飾り職人というのはあたり矢の女の子に付いていた嘘で、本当は泥棒で島帰りの男。島帰りということで堅気になれず、辰巳屋で世話になって長崎のオランダ屋敷に売る女の子を集めてたんよね。

 で、あと一人というところで連れ出したのがあたり矢のおなつ。ところがこのおなつが逃げ出して殺されまうんやけど、それが世間にばれた責任を取って、もう一人連れてきたら許してやるって辰巳屋たちに言われるんよね。それで、このままだと自分の命も危ないっていうんで、お姉ちゃんに嘘をついて、あたり矢の別の女の子を引き抜いてもらうんやけど、お姉ちゃんにその嘘がばれたところで、辰巳屋に雇われていた浪人者にお姉ちゃん諸共殺されてまうという役。

 一言でいうと小心者の小悪党。最近ではちょっと珍しい役やったかな。ドラマ見てる途中で、こりゃ時代劇のお約束としてハギー殺されるよなと思ったら、やっぱりやったやんか。

 飾り職人に化けてるときは、真面目そうな顔してたし、自分の命乞いを必死でしてる顔もあったし、着流しの裾を乱して走ってるところもあったし、浪人者に切られて虫の息での述懐もあったし、見所いっぱいやったなぁ。

 ファンクラブ通信で、ハギーのチョンマゲ姿の写真載ってて、鬘乗せてもらってる写真もあったんやけど、ハギー楽屋でシャツにジーパンやったんよね。
 鬘乗せてるのに、どうやってシャツ脱いだんやろ(笑)。やっぱり時代劇の時は浴衣もっていかないとねぇ、結髪さんにいやがられるやろ。

 最後に言いたい、サブタイトルとドラマの内容、全然違うんやけど。
 オランダ屋敷に売り飛ばす女の子集めてたのは、辰巳屋の寮であって、オランダ屋敷やないし。人買い女ってのも出てけぇへんかったんやけど(笑)。

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.08.20

今週のボウケン&カブト(8月3週目)

 「ボウケンジャー Task.25」

 幻のゲッコウが新たなるツクモガミを作ろうとしたところへ、燃えないゴミを持って現れる風のシズカ。敷物に足を滑らせ、ゲッコウが呪文をかけた場所に燃えないゴミを撒き散らし、それでできたのがアクタガミ。でもさぁ、元々幻のゲッコウが呪文をかけようとした場所に置いてあったんって、ぼろぼろのうちわやったやんか。せやから燃えないゴミで作ったアクタガミとあんまり変わらへんかったりして。

 高丘が智恵の果実を見つけ、そこに現れるアクタガミ。可愛いねぇ。

 「シズカちゃん、ちょっとどいて」っていつからちゃん付けで呼ぶようになったんよ、ボウケンブルー。それに智恵の果実がなっている樹を確保するのに、デュエルクラッシャー使ってたけど、そんな機能あったんやねぇ。

 ボウケンシルバーに言われたまま、戦いを放棄して帰ってしまうアクタガミはご飯抜き。お腹が空いてこけてしまうアクタガミの前に、転がり出る果実。この果実が実はボウケンジャーやダークシャドーが探していた智恵の果実やったという、こういうスムーズな筋の流れ、好きなんよね。

 風のシズカって寝るときはパジャマなんや。それにしてもなぜピンクなんやろ???

 ダークシャドーに組することを拒否し、街を散策するアクタガミの前に現れるジャリュウ一族。ジャリュウの手下に智恵の果実を食わせ、賢くなったジャリュウにリュウオーンを批判させる所が面白かったよね。でも智恵の果実の効力が切れた後、あのジャリュウ達、ボコボコにされてまうやろな。

 天才になった頭脳を人類のために役立てようと申し出るアクタガミに対して、智恵の果実を渡すように要求するボウケンジャー。そしてアクタガミを信じようとしないことに腹をたて、「人類とはそんなに偉いのか。拙者は化け物かもしれない、しかし人類より勝っている。だからボウケンジャーには従えない」と出て行くアクタガミ。

 そして地球を汚す人間に、影忍法ゴミ地獄の呪文をかけて、ゴミを街中に降らせるアクタガミ。なんかガオレンジャーの風太を思い出させるんやけど。

 発電所を消滅させてしまうアクタガミ。この間、東京で大停電があったところやから、偶然やろうけど、めっちゃタイムリーな話になったよね。特に停電の被害にあった地区に住んでる視聴者には見につまされる話やったんちゃうかな。話はそれるけど、電流をバックアップする電線も同じ高圧鉄塔を通ってるなんて、初めて知ったんやけど、あれじゃぁ、ゴジラやウルトラマンが暴れたら(笑)一発で電気が来んようになるやんね。関西でもそうなんやろか???

 智恵の果実をボウケンジャーに渡せなかったのは全部自分が食べてもうてたからやったなんて。

 でもその時、ダークシャドーに操られてしまう可能性があることもちゃんと予知した上で、たった一人自分が信頼する高丘にお札を預けておくなんて、ちょっといい話やったよね。

 サイレンビルダーとの戦いでお札の効力で巨大化したアクタガミが爆破されて消えちゃったとき、うおっ切ない展開やなって思ったんやけど。

 全て元に戻ったアクタガミ。高丘は誰にも見つからない森の中で暮らすんだって言ってたけど、アクタガミはその言われたこともすぐに忘れそうな気がするんやな。果たして森の奥に逃がしたことがアクタガミにとって幸せなことやったかどうかちょっと疑問の残る最後やったんやけど。

 来週の予告、ガジャ様の「この靴をはいた女はシンデレ~ラに呪われ~る」って、そのセリフ回しデュエルモンスターズの教頭(?)にそっくりなんやけど(笑)。

 「仮面ライダーカブト 28」 

 高校野球中継のため、1週遅れとなっておりますので、悪しからず。

 今週のカブト、一言で言うと「仮面ライダー剣」の43話と44話を思い出してもうたんは私だけではないと思うんやけど。

 あの話は仮面ライダーブレイド・ギャレン・カリス・レンゲルが仲良くなるのを阻止しようと、擬態するアンデッドが現れて、仲間割れさせようとする話やったやんか。あの時は始が擬態されてる天音を見抜くっていうオチがついてたけど、今回はゴンが本物の風間を見抜いてたしね。

 ブレイドやなくて、カブトのこと書かなあかんよね。死体だった風間が生き返った時、目が黒くなったのが、ワームらしくてよかったんちゃう。

 加賀美・影山・神代・天道の4人が揃って変身したけど、影山の前で天道変身してもよかったっけ????いつ天道=カブトってネタバレしたか、記憶がないんやけど、これはただ村をんなが忘れてるだけなんやろか。

 ライダー同士の戦いで、海に落ちるドレイク。この時、回転しながら落ちていくのが、めっちゃかっこいいぞ、ドレイク。

 ドレイクグリップを渡すゴン。このときゴンは本物は見れば判るって言うたけど、見れば判るやなくて、手を触れば判るの方が、感動係数が上がったような気がするんやけどね。

 警察に追われていたはずの風間がまったりとサルでお茶してたけど、それって加賀美が手を回して、風間の冤罪をはらしたってことかな。

 なんだかハイパーカブトが現れたところで終わったんやけど、本来のカブトは大阪朝日放送館内では23日午前10時からの放映になりますので、23日夜に突っ込みコメントアップ予定です。

 JAPANカウントダウンで、劇場版カブトのテーマソング、24位やったよ。特撮の指定席は35位前後やから、健闘してるんちゃう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ハギーウィーク(でも関西ローカルで)

 なぜか関西ローカルはハギーウィーク。

 8月22日の「新・桃太郎侍」に飾り職人竜次の役で出るのはもうご存知やと思うのですが、他にも2本あります。

 8月26日19:00~KBS京都で「劇場版仮面ライダー龍騎」あります。関西ローカルとはいえ、KBS京都見られるのって、京都近辺とケーブルテレビ引いてるところくらいやねんけどね。もしまだ見たことない方がありましたら、一度ぜひ。ハギーの極悪な顔を見てやってください。

 それと同じく8月26日っていうより8月27日の早朝っていうた方がいいかな、大阪朝日放送で「アストロ球団」ボツボツやってるんやけど、やっとハギー演じるダイナマイト拳が出てくる第5球やります。
 時間は3:57~4:57、第4球の後半と第5球の前半やるみたいよ。

 話は変わるけど、ガジャ様やっておられる大高洋夫さん10月6日~29日まで「ジェイルブレイカーズ」っていう芝居に出はります。
 10月6日~23日までが東京グローブ座。28日・29日が大阪でシアターBRAVA!。
 土・日は昼夜2公演やけど、平日は1日1公演で、水曜日が休演日やから、ガジャ様のお役とダブってても撮影でけへんってことはないやろうけど、どうなるんやろ、ちょっと心配。
 ちなみに主役は、ジャニーズの松岡昌宏君です。なのでチケット取れるかどうか???ということで、大高ファンの友達に業務連絡、今のところ村をんなは「ジェイルブレイカーズ」パスの方向ということで。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.08.18

1週遅れの怨み屋本舗

 1週遅れの怨み屋本舗 Vol.3~5まとめて

 1、怨み屋と情報屋のコンビがいいよね、木下あゆ美ちゃんと寺島進さん。
普通街中で、これくらいの雰囲気の男女が歩いてたら、やくざと情婦?なんて感じで、思わず遠くから様子を伺っちゃう感じよね。だいたい親子ほど歳離れてるから、どうみたって怪しいし。あゆ美ちゃんが怨み屋をクールな感じで演じてるのを、寺島さんが柔軟に受けて演じてるから、素敵に見えるんかな。この二人を見てるだけで楽しいんやんか。

 2、Vol.2に竹財君が出てたのは書いたけど、Vol.3にはなんと山崎潤君、Vol.4にはまっすん、Vol.5には劇場版仮面ライダー剣でグレイブやってた黒田勇樹君。

 山崎君が出てたのには、びっくりしたなぁ。マンションの副理事長の部屋の隣に越してきた新婚の旦那さん役。初めねぇ、どっかで見たことある人なんやけど、でも確か廃業したはずやから、似た人???って、疑ってみてたんやんか、でもエンドロールで名前確認したら間違いなかったんよね。山崎君復帰の件に関して、ご存知の方があったら教えてください。山崎潤でググっても、何も出てけぇへんねやんか。昔から「3日やったら辞められない」っていうからねぇ、役者って商売は。

 Vol.4のまっすんは、18歳の鬼畜な餓鬼に、新婚の奥さんを殺されて、復讐を依頼する役。久しぶりにまっすんが叫んでるとこ見ましたよ。
 
 Vol.5の黒田君の役は、電脳探偵Kというヒーローをやってる役者で、ストーカー女に付きまとわれてるって役。
 この回には竹財君も出てて、ストーカー女に振られて、「どうせ俺は熟女専門ですよ」ってすねてる所がめちゃ可愛い(笑)。

 毎週、特撮系の男子も出てるんやんか、これも楽しみなんよね。

 3、情報屋の隣に住んでるAboy十二月田(しわすだ)やねんけど、スタイルは絵に書いたようなAboy、でもこれも一応特撮を意識させてるみたいで、変身ベルトしてるんよね、その上体格の割りに身のこなしがシャープ(笑)。

 折角特撮系男子続いてるし、テレ東やから、死神ホストで童子のみつぅでないかな。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.16

書店にて

 お盆休み最終日、雑用を片付けに梅田に行ったんやんか。梅田に行けば、必ず寄るのがA書店本店。そこでテレビ絵本コーナーで色々眺めたり(テレビ絵本も劇場版のキャラクターが載ってるのも出てました。でもメインに見てたのは、ガジャ様のいい写真のがないかなってのが目的やってんけど、どの絵本もほぼ同じスチール写真しかなかったなぁ。つまり初期設定の分だけ)、映画・特撮コーナーをちょっと覗いたり。

 で、1階まで降りてきて、目に付いたのが"大人のぬりえコーナー"。なんで目に付いたかといえば、fubuki日記の記事を読んでたからなんやけどね。「ベルサイユの薔薇」の塗り絵、めっちゃ難しそう、それに色鉛筆を使うとしたら、何色いるかわからへんしなぁ、「ベルばら」一応一通りは読んだけど、ガチガチにはまったわけではないしなぁ、なんて思いながら、ぺらぺらって見たあと、同じ所においてある「奥の細道」に目が止まったわけ。それでちょっとめくってみるかと思って手を伸ばしたら、女の人に声をかけられちゃったんやんか。

 「某関西ローカル系早朝の情報番組なんですけど、奥の細道の特集をするのでインタビューさせてもらえませんか」って、テレビカメラを持った結構美人な20歳代の女子。

 速攻お断りしてしまったのですが、せやかて私がめくろうと思ったきっかけは、表紙に「行書も草書も」って書いてあって、どんな風なんかなって思ったから。「奥の細道」に興味があったわけではなく、行書と草書に興味があったくらいで、インタビューにお答えできるわけないやんか。

 たった一人でテレビカメラ持たされて、全然見知らぬ人に声をかけてインタビューのお願いするやなんて、たいへんな仕事やねぇ、テレビ制作も。そのおねぇさんにとっては、仕事にならんかったけど、わたしにとってはブログのネタになってもうた。

 このブログ書くためにググったら「えんぴつで書く奥の細道」って、大ベストセラーやねんてね、全然知らんかったがな。私がウンチクを語れるインタビューやったら、お手伝いしてあげたかったんやけどね。 たぶんいかにも私が「えんぴつで書く奥の細道」を買いそうな雰囲気やったんで声をかけてくれはったんやろうけど。

 というわけで、毎朝「おはよう○日です」を見ている関西の皆さん、「奥の細道」に関する取材が流れたら、女の子が一人でがんばってたってことで、朝の忙しい時間やとは思うけど、じっくり見てあげてね。ちなみに村をんなの家は朝はラジオ派(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.14

今週のボウケン(8月2週目)

 「ボウケンジャー Task.24」

 カース相手に、初音の鼓を奪い合うボウケンジャー達。最初のレッドだけが銃を使ってカースを倒してたけど、残りの4人は鼓をラグビーのボールみたいにパスして回してたやんか。せっかくのラグビー仕立てやってんから、チーフの凄い技を見せてもらいたかったよなぁ。

 カースから渡された鼓を手に持つガジャ様。ガジャ様って手に持つだけでプレシャスのハザードレベルが判るやなんて、凄い特殊能力の持ち主やんか。
 「もはやこの世にジョルダーニャの秘法にに匹敵するプレシャスは無いのだぁ」なんて言ってたけど、この時期でその発言はちょっと気が早いんちゃうん。

 今週は菜月の特殊能力に関わるストーリーか。

 オープニング、ガジャ様のお顔のところにちゃんと大高さんの名前が入るようになりましたね、よかったよかった。

 初音の鼓について簡単なレクチャー。そうそう確かに源義経が恋人静御前に形見として授けたもの。いろいろな伝説はあっても一番有名なのは「義経千本桜」という歌舞伎や文楽で上演される狂言。となると俄然村をんなのウンチクも長くなるでぇ(笑)。

 菜月が鼓を試しに打ったときに出現した少年が、菜月に「僕の宝を見つけて」と頼みに現れる。少年が教えたヒントは「北野町の三本松にある」。

 菜月リュックにあれこれ荷物を詰めてたけど、あんまり重たい荷物持ってうろうろするとそれだけで疲れるよね。
 反対する真墨に「俺が行く」と後をつけることにするチーフ。責任感というよりも、冒険スピリットに火が付いた感じかな。

 菜月は地図が読めない女やったんや。これがさくらなら前もってパソコンとかで検索してから、出かけたんやろうけどね。
 そこへナンパ男が二人、菜月を車に乗せようとするところに、チーフが現れ、危機脱出。夏休みの小さなお友達への教訓よね「知らない人に付いて行かない」ってのは。

 初音の鼓ミッションのチーフは菜月に決定。菜月チーフの後ろを歩く明石の見せる表情が面白かったよね。菜月の自主性を尊重するのはいいけど、せめて地図で三本松を探すの手伝ってあげたらよかったのに。

 さくらと蒼太が元のお稲荷さんに奉納したのに、勝手に飛び出してしまう初音の鼓。

 菜月の失敗の尻拭いに着ぐるみの熊さんの中に入って、風船を配ることになってまう明石。その上たまたま通りかかってしまい風船配りに引きずり込まれる高丘。グッジョブ、小林先生。

 鼓を追いかけて森の中にやってくるさくら、蒼太、真墨。枝に乗っかった鼓がポンと高らかになるとカースが現れるだけやなく、ジャリュウや倒されたはずのツクモガミまで現れる。これを見たときは私もすっかりこれはガジャ様の新たなる作戦やと思ったがな。

 でもカース達がやられると木の葉になることに気が付くブルー。そして「まるで狐か狸だね」と言わせるなんて、憎い展開やなぁ。

 着ぐるみのお手伝いが終了した時、シルバージャケット着た上にパンダの着ぐるみ着てたんかよっ、見てるだけでも暑っ!!

 やっと北野町の北のはずれに三本松という地名を見つけた菜月。あんなでっかい字で書いてあったのに。電車にも一人で乗れない菜月、どうやってあそこまで行けたんだか???

 三本松造成地、菜月メインの回らしく、黄色のパワーショベルが動いてましたねぇ、細かい気配りが効いてるやん。

 ダイボウケンを発進させてしまう菜月。初音の鼓ミッションのチーフは菜月ですから、発進させる権利あるもんね。

 久々に土建ロボの本領発揮。負荷が掛かりすぎてイエローから菜月に戻ってたけど、生身でダイボウケンの運転ってきついやろ。

 そして源九郎狐の碑を見つけるダイボウケン。加勢に来るのはいいけど、ダイボウケンのままちっちゃい人間サイズのカースやジャリュウ達に攻撃を始めるは、調子に乗ってアルティメットダイボウケンにまで合体させちゃうは、このド派手な展開ができるのは菜月だけやな。

 それとバランスを崩して倒れるアルティメットダイボウケンなんか、菜月がインラインスケート履いたままココアを運んできてずっこけたことを下敷きにしてるみたいやんか。

 最後、源九郎狐の名を聞いて、初音の鼓と源九郎狐の所縁を菜月たちに教えるチーフ。
 狐の化粧に着物の姿の子供になった源九郎狐の化身が鼓を嬉しそうに抱きかかえているところや金色の狐の親子のアニメーションを見て、軽く感動してしまった村をんなでした。

 「義経千本桜」といえば、市川猿之助さんの代表演目。特に「四の切」という場面で、子狐に扮した猿之助さんが早替わりやケレンを見せてくれ、最後に初音の鼓を口にくわえて宙乗りで嬉しそうに天に駆け上っていく姿は、今でも目に焼きついてます(現在猿之助さんは病気療養中なので、舞台のお姿を見ることがでけへんのよね)

 源九郎稲荷神社というのは奈良県に実在してます、詳しくレポされているサイトさんがありますので、ご参考までに、こちらを御覧下さい。源九郎稲荷神社は実在するけど、初音の鼓は実在せぇへんのとちゃうやろか?

 「仮面ライダーカブト」は高校野球のため、お休みでした。悪しからずご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006.08.12

比叡山に行ってきました

 いつも忘年会で集まるメンバーで夏の小旅行してきました。行き先は比叡山。幹事役の友人から、「ロテル・ド・比叡11:30で予約しといたから」言うメールはもらってたんやけど、どこでいつどうやって比叡山まで行くかって話は、10日ぐらいから始まって、結局ちゃんと決まったのが前日11日の夜中やったという・・・(汗)。

 メンバーのうち2人は兵庫県民なので、JRで京都駅に向かい、そこからバスで「ロテル・ド・比叡」へ。私ともう1人は大阪府民なので、京阪天満橋駅から、残りの1人は京都府民なんやけど、奈良に近いところに住んでいるということで、京阪くずは駅から。ということで京阪組は「比叡山1dayチケット」を購入することに。

 「比叡山1dayチケット」を利用すると、京阪乗車駅→出町柳→叡山鉄道八瀬比叡山口→ケーブル八瀬→ロープウェイ比叡→比叡山頂の往復と比叡山シャトルバスが乗り降りフリーの上にクーポン券が付いて、延暦寺の入山券が優待価格とか色々特典つき。めっちゃ使いでがありました。

Hiei1a_1

Hiei2_1

Hiei3_1

Hiei4_1 Hiei5_1

写真の説明 ①は叡山鉄道 

 ②~⑤は「ロテル・ド・比叡」で私が食べたお料理。②はオードブル③は魚料理なんやけど、帆立貝のを選びました。④は肉料理では、豚を。他には子羊と子牛の料理やったかな⑤は本日のシャーベットとアイスクリーム(オードブル以外は3種類の中から選ぶんやけど、カタカナがズラーーーーっと並んでるのって、空きっ腹を抱えた頭には、全く理解不能(笑)。頼んで出てきたものを見て、あぁ、「こういう料理やったんかぁ」ってことで)

Hiei6_1 Hiei7_1

⑥は延暦寺の「大講堂」⑦は「根本中堂」を向かいの文殊楼に登る階段の途中から。この写真やと空が明るく写ってるんやけど、実はかなり薄暗くなってて、雷がドカン、ドカンとなってました。根本中堂から比叡バスセンターに向かう坂を登ってる所で、ごっつい雷がドーーーーンと鳴って、人間ってそういう恐怖にあうと緊張で筋肉が硬直するやんか。まさしくその瞬間村をんなは左足を上げてたもんやから、左の太ももの筋肉に凄い力が入ってしもうて、ちょっと痛かったです。たぶんその雷比叡山のどっかに落ちたみたいよ。火災報知器が鳴ってたし、比叡山頂バス停に向かうバスに乗ってたら、消防自動車とすれ違うし、山頂バス停から黒い雲に混じって煙がたなびくの見えてたから。なんといっても山の上やし、杉木立やし、なかなかの恐怖やったなぁ。お陰でガーデンミュージアム比叡とか行かれへんかったもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.10

仮面ライダー龍騎

Ryukistars5  龍騎のライダー、こうやって並べるとめっちゃ柄悪い(笑)。

左から、仮面ライダーベルデ…仮面ライダーアクションポーズ2
 仮面ライダーガイ…仮面ライダーアクションポーズ2
 仮面ライダー王蛇…HGシリーズ仮面ライダー~改造人間仮面ライダー1号編~
 仮面ライダーシザース…仮面ライダーアクションポーズ2
 仮面ライダーライア…HGシリーズ仮面ライダーファイズ登場編
 仮面ライダータイガ…仮面ライダーアクションポーズ2

背景:京都某所(やったと思う、友人より無理矢理提供してもらいました)

 ガシャポンフィギュアのなかでも、アクションポーズシリーズは確かに色々ポーズ付けられるからええねんけど、すぐにぽろぽろ取れるのがたいへん。特に古くなってきたり、寒くなってくるとね。この写真を撮るために並べるのにどんだけ時間が掛かったか、特に左の2人、すぐ倒れるし、倒れたらばらばらになるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.08

第一回「若伎会」 チラシ

Tirasi8  上方歌舞伎会友の会からチラシが届いたんよね。

 第一回「若伎会」 上方歌舞伎塾卒塾生をメインに、「義士銘々伝」の通し公演みたいです。8月5日からチケットも発売開始してるみたいです。チケットホン松竹(関西)や大阪松竹座・京都南座の窓口でも発売中。

 まだ仮チラシなのかな?配役は載ってないんやけど。「義士銘々伝」って、忠臣蔵の外伝みたいな話よね。

 ただ村をんなはこの日、神戸に花組芝居を見に行く予定が入ってて、行かれへんのよねぇ、残念残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.06

今週のボウケン&カブト(8月1週目)

 「ボウケンジャー Task.23」

 蒼太と連絡が取れなくなり、行方を捜すボウケンジャーたち。
倉庫では女の子たちと連絡をとる鳥羽さん。そして仲良さげに話をしている蒼太。でも蒼太は手錠をかけられ、その上足を縛ってる縄で手錠と繋げてあるやなんて、ちょっと念入れすぎやな。

 鳥羽が蒼太を拘束してるのは、クライアントの国が欲しがっている戦車の設計図が帝国の真珠に隠されていたため。そして蒼太の口を割らせるために、クエスターレイ・ガイと手を組んだんか。

 菜月と真墨の聞き込みで、川沿いの場所に蒼太と鳥羽がいたことは確かみたいやったけど、かすかにでも気配が残ってるってことは、クエスターレイ・ガイもここまで来てたってことなんかな。

 クエスターレイの相手の記憶を引き出す能力を機械化してたけど、長~いこと百鬼界にいてたのに、いつの間にそんなテクニカルな能力見につけたんやろ???(笑)

 その機械って凄いよな、嘘発見器以上やろ。心の中に浮かんだものを映像にして見せるんやから。でもさぁ、レイがチーフのトラウマを利用したあの出来事、チーフのセリフと映像、ちょっと時系列的に合ってなかったよね。

 蒼太ってスパイとしてもめっちゃ優秀やったんやな。なかなか自分の心の中をコントロールでけへんで。蒼太、ミスサージェスのちかちゃんとちゃっかりプールへ遊びに行ってたことがばれるちゅうねん(笑)。
 
 ボウケンボーイズの水着姿は劇場版でじっくりお楽しみくださいってことやな。

 さすが鳥羽さん。落としの名人刑事ばりやんか。スパイとして一緒に行動していたから、蒼太の落としどころもちゃんと判ってるもんな。

 おぉぉぉっ、いつの間にクエスターロボ作ったんや。ゴードムエンジンはそのまま流用したんかな。「ガジャのとは違うぜ」って、ガジャ様は今時の機械苦手やねんから、しゃーないやん。

 いつの間にか鳥羽から鍵を奪い、手錠を外し足の縄も解いていた蒼太。イリュージョンやんか。まぁね、クエスターたちもロボ見せたりとかして、油断しとったからな。

 ボウケンシルバーのいるところにクエスターガイ・レイがいて、そこには蒼太も絶対いると思ってるボウケンジャーたち。その辺は時間の都合上仕方ないかもしれへんけど、ちと甘いかも。

 鳥羽さんにピストルを向けられた所で、クエスターたちと戦いながら乱入してくるボウケンシルバー。そしてシルバーに「過去にはきっちり決着をつけないといけないんだ」と言われる蒼太。
 この後の蒼太と鳥羽さんのアクション。なかなかいい切れ味やったよね。後姿のときはJAEさんの吹き替えとしても。

 さすが小林先生。いいセリフ書きますなぁ。

 クエスターたちにまで、逃げられた後のボウケンシルバーの動き、お茶目やったよね。

 ボウケンシルバーは「俺だけ馬鹿みたいじゃないかよ」って言ってたけど、クエスターもサイボーグになっちゃってるから、割り切ってしもてるわな。

 ダイボウケンとサイレンビルダー2体が攻撃しても太刀打ちでけへんかったのに、鳥羽さんがこっそり仕掛けた爆薬で隙ができてしまうクエスターロボ。
 それを見逃さず、アルティメットダイボウケンに合体して、サイレンビルダーと共にクエスターロボを破壊する。
 
 クエスターロボ1回きりなんかよっ!!次回クエスター登場する時には新しいのまた作ってくるんかぁ???あの爆発具合やと、ゴードムエンジンも絶対駄目になってるやろし。

 それに今回は最初からアルティメットダイボウケンじゃなくて、普通のダイボウケン出してきたもんやから、てっきり映画とリンクさせてるんかと思ったがな。

 鳥羽さんとの別れのシーン。クライアントの注文帝国の真珠を奪い損ねた鳥羽さん、ほとぼりが冷めるまで身を隠すなんて言うてたけど、あぁ女の子と連絡取り続けてたら、すぐに見つかってまうで。女の子の中にかてスパイおるやろうしな。(007でもそうやんか)

 チーフ、高丘にボディー一発喰らったこと、すっかり忘れてるみたいやけど、ええんかいな(笑)。

 鳥羽さん役の窪寺君、めっちゃ適役やったよね。こういう芝居を見たら、刑事物も絶対よさそうやと思えへん?

 「仮面ライダーカブト 27」

 最初に謝まっとこ、前もそうやったけど井上先生の回は、コメントが減ります。

 相変わらず長い物に巻かれろ主義の影山。三島の命令で麗奈を迎えに来るけど、思いっきりあごであしらわれてるし。

 ゴンが大介に連絡をとろうとしていた携帯の電話番号って、あの女マネージャーの携帯やったんやろか。それなら今後の仕事、完全に無くなってまうやんなぁ。ゴンちゃんが使ってた携帯に大介の携帯番号が入ってたのもちょっと辻褄合わんような気がするんやけど。

 樹花ちゃん、なんで夏休みやのに制服着て、鮎ご飯食べてるんやろうと思ってたら、部活で登校やったんか。

 先週たぶん大介が擬態されるんやなとは思ってたけど、相変わらず狙いは樹花ちゃんなんや。

 ビストロ・ド・サルに逃げ込んできた時に、ゴンの名前を聞いて、目玉が動いてたけど、大介が駄目になったら今度はゴンを利用しようと思ったんかな?

 ガタックゼクタ-のCMが真ん中に移動したなと思ったら、本編終了後はハイパーゼクタ-のCMに変わってたよね。来週の予告見ても、なんかカブトの角でかくなってたみたいやから、テレビ本編でもお披露目するんかな。

 番組が始まった当初のライダーベルトにはハイパーゼクタ-装着できるようになってるの?それともハイパーゼクタ-装着しようと思ったら、もう1本ライダーベルト買わなあかんの?親御さんの財布には、厳しいよね。こうなったらお盆の帰省でおじいちゃん・おばあちゃんに買ってもらわんと(笑)。

 さぁ、大阪朝日放送管内は、天気がいいとカブト1週飛びます。なんか台風来てるよね、土曜の深夜から日曜の午前中にかけて、関西に最接近せぇへんやろか。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2006.08.05

劇場版カブト 初日

 面白かった~~、劇場版仮面ライダーカブト&ボウケンジャー

 行こうかどうしようか、お悩みの方、騙されたと思って行ってみてください。劇場版カブトの感想はこちら

 私が行ったのはちょうど親子連れに一番いい時間帯。劇場の中は8割以上が、親子連れ。映画が始まるまでは、館内の飲食店のCMの映像がエンドレスで流れてて、BGMはテレビ本編のボウケンジャーとカブトのテーマソングがエンドレス。それに合わせて、私もちっちゃい声で口ずさんだりしてたけど(汗)、小さなお友達もいっしょに歌ってる子が多くて、可愛かったんよね。

 で、お隣はお孫さんとおじいちゃんの二人連れ。孫っちはなかなか賢いお子で、泣いたりぐずったりすることなく、見てました。例年どおり、ボウケンジャーの映画のときは元気いっぱいに見ていた小さなお友達。ボウケンジャーの映画が終わった途端、あちらこちらで「もう、終わり~~」なんて不平の声が。

 そして「仮面ライダーカブト」が始まって、1/3位は小さなお友達のしゃべり声が結構耳ざわりやったんやけど、ドラマ部分のクライマックスのシーンになると、水を打ったような静けさで、映画に集中できてよかったがな。

 小さいお友達も真剣に見てたから静かやったんかって、まさかそんなわけないがな。もうね、小さいお友達はほぼ全員お昼寝してたと思うよ。隣のお坊ちゃんかて、熟睡しとった。で、おじいちゃんが「寝たらあかん、仮面ライダー見に来たんやろ」言うて、一生懸命起しはるんやけど、全然駄目。私は心の中で「下手に起さんといて、そのまま寝かしといたって、どうせ起きたところで、意味判らへんやろし」とつぶやいたもんね。後ろの席からも気持ち良さそうな寝息聞こえとったしな。

 お坊ちゃまが目を覚ましたのが、終了5分くらい前やたような(笑)。

 パンフレットは相変わらず買いませんでした。そして去年同様買ったのはクリアファイル。今年は2種類パックで600円。グッズなのに良心的価格。

Mgojila1

写真は映画を見たあとに、ウロウロして見つけたガチャガチャのジグソーパズル(45ピース)。珍しくてついつい買ってもうた。何か判る?メカゴジラです。

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2006.08.04

亀は亀でも・・・

 8月2日の夜、日本のテレビの約半分は亀田のボクシングを流してたみたいやよね。でも村をんなは亀は亀でも巨亀を見てました。

 KBS京都では水曜の夜7時から、中島貞夫監督の解説で古~い邦画やってるんやけど、今週は1965年大映制作「ガメラ」。

 初代ガメラ、たぶんぬるいんやろうなと思って、ある程度心構えはしてたんやけど、ぬるいを通り越して痛かったです。

 主演は、サスペンスドラマの帝王・船越英一郎さんのお父上・船越英二さんで動物学者の役。それに教授の助手の女の子と新聞社の記者、この3人が中心になるんよね。そこにちょろちょろ現れる男の子がねぇ、めっちゃ痛いねん。

 この男の子、ガメラが初めて日本に上陸するときに壊した灯台の所長の息子で、ちっちゃい亀にチビって名前を付けて偏愛してるねん。学校にまで連れて行ったり、自分のおかずを分けてやるぐらい可愛がってたんやけど、度が過ぎて、父親にしかられて亀を捨てに行くんやんか。で、捨てた後で「チビ、絶対明日迎えに行くからね」って崖から家に帰ろうとして、振り返ったらそこにガメラの顔があるねん。

 この子は、チビがガメラになったって思いよるんやなぁ。ガメラの側に行きたいからって、灯台に登っていくんやけど、もちろん背の高い建物があれば、壊すのがガメラや怪獣のお約束やんか。それで男の子は、壊された灯台の手すりにつかまってて、もう力の限界ってことで、手を離した所をガメラが救ってくれて、地上に下ろしてもらうんよね。

 それで一気に男の子はガメラ萌え。周りの大人がガメラ退治に奔走する中、ただ一人「本当はガメラは優しいんだよ」って主張して、立ち入り禁止の場所にふらふら迷い込んで行ったり、大迷惑。

 ガメラは炎が好物やというのが判って、街に向かわせないために、港の石油コンビナートを大炎上させるんやんか。そして伊豆大島にZ計画というアメリカとソ連の国情の違いを乗り越えて協力し建設している凄いものがあるから、そこへガメラを追い込めばなんとかなるってことで、石油コンビナートから伊豆大島まで石油の入ったドラム缶を数珠繋ぎにして火を付けるんやんか、そしたらガメラもそれにつられて、炎を食いながら伊豆大島に向かうんよね。

 もうすぐガメラが伊豆大島に到着しそうというところで、突然向きをかえた台風が伊豆大島に近づいてるっていうので、風で火が消えそうになるねん。でもねぇ、登場人物みんな冬服着てるんよ、もう絶対台風が来そうな季節とちゃうんよね。

 男の子も大島向けの荷物に紛れて、こっそり渡航してくるんよね。で、大島に近づいてきたガメラに向かって「来ちゃ、駄目だ」とかって叫んでるのに、Z計画が建設されている建物に入った途端、「僕、Z計画大好きだ」とかって手のひらを返したようなこと言うてるし。

 ガメラも大島に上陸したら何の抵抗もすることなく、Z計画の基地に現れて、大人しく拘束されちゃうんよね。
 Z計画って何かっていうと、ガメラが拘束されたところが実はロケットの先端で火星にガメラを捨てに行っちゃったってところで映画は終了。

 ビデオ録画せんで、正解やったなと思ったもんね。

 「ガメラ」見終わったあと、阪神も負けてたし、亀田ボクシングもあんまり見たくないしってことで、平成「ガメラ3」のビデオ見たんやけど、「ガメラ3」って原点の「ガメラ」を踏まえて作ってあることが判って、ちょっと勉強になりました。ガメラとイリスが京都駅で戦ってるとき、なんで台風のさなかやったんかとかね。

 2015年はガメラ生誕50周年。たぶん記念映画作られると思うんやけど、そのときには船越英一郎さんにぜひ動物学者として「ガメラ」に主演してもらいたいもんやなと思ったな。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006.08.02

鬼三郎、配置転換

 ココログベーシックも8月2日から、アクセス解析が標準装備になったんやんか。なので今まで木戸番としてがんばってもらってた鬼三郎を「村をんなの本音」に配置転換しました。

 各社、ブログでできるサービス競いあってるやんか、一応アクセス解析も無料で付いてるのあるけど、なんか中途半端やなぁって感じよね。高性能のアクセス解析したかったら別料金払ってねみたいなんもあるし。

 今までは、ココログでアクセス解析したかったら、ニフティに追加料金払うか、ブログペットみたいな無料のサービスを借りてくるかしかなかったんよね。

 でも今度標準装備されたアクセス解析、なかなか高性能みたいやよ。とはいえ、いままでの木戸番・鬼三郎で集めてたデータとちょっと誤差が出てくるんやろな。

 一応これまで3ヶ月分の鬼三郎が収集したワード検索の上位5位を発表しとこかな。

 5月・・・1、偽りの花園(8%・109) 2、ボウケンジャー(3%・43) 3、感想(3%・41)4、村をんな(2%・24) 5、カブト(2%・23)

 6月・・・1、ゴーゴージェット(5%・62) 2、アルティメットダイボウケン(4%・53) 3、秋山莉奈(3%・40) 4、ボウケンジャー(3%・38) 5、偽りの花園(3%・36)

 7月・・・1、メタルマクベス(5%・66) 2、ボウケンジャー(3%・41) 3、村をんな(3%・32) 4、カブト(3%・32) 5、壁紙(2%・27)

 その月らしい特徴がでてるよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼休みに

 いよいよ今週末より始まる劇場版「ボウケンジャー」「仮面ライダーカブト」。最初の予定では、ガジャ様・大高さんファンの友達と6日(日)に梅田へ見に行くつもりやったんやけど、友達の都合が悪くなり(お盆前のお墓掃除に動員されてもうたんやけどね)、一人で行くことになったんやんか。

 そうなるとわざわざ梅田にまで行かへんでも、天王寺で充分やんか。初日の土曜日に行こうと思ったわけ。なんと今年も天王寺アポロでは舞台挨拶があるんよね。ボウケンジャーの6人が来るのは11:10~の分。で、アポロでは火曜日からその週の土曜日から翌週金曜日までの前売が始まるんよね。それに全席指定(なんかいつのまにか去年とやり方変わってるんやけど・・・)

 ということで舞台挨拶の回の前売も今日から始まったんやんか。店頭での前売開始は7:50、インターネット・電話予約(会員のみ)は10:00からの予約ってなってたから、もうあっという間に売り切れてまうやろなって思ってたんよね。

 で、今日昼休みに会社のパソでアポロの残席情報見たら、舞台挨拶の回、僅かながら残席アリになってたもんやから、もうクレジットカード持って来なかったこと、めっちゃ悔やんでもうた。がっくり・・・。

 当然のことながら、帰宅したときには売り切れてましたから、もう安心して14:35~見に行きます。舞台挨拶の回、当日券もあるらしいけどね、そこまではがんばりません。ガジャ様が一緒に来はるんやったら、がんばってたかもしれへんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »