« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.30

一週遅れの怨み屋本舗

いよいよ大詰め、Vol.11「特権階級」

 権藤警視監役の寺田農さん。警察官僚の制服のときは威厳があるんやけど、黒づくめの私服姿の時は、まるでウルトラマンマックスに出てたメトロン星人やんか。でもって、女王様にかしずいてる時は、もう開き直ってるっていうか、はっちゃけてるっていうか今までの寺田さんの築いてきたイメージぶち壊してはるし。

 今までお気に入りだった女王様を口封じのために殺した権藤、次の女王様に現れたのが怨み屋。たぶん権藤に気絶させられるのも計算済みやったんやろうなと思いながら見てたんやけど、でもやっぱりはらはらさせられたかな。特に十二月田が寄木警部に向かって「警察を許さない」とかって迫ったところとか。十二月田って、単純やからね。

 寄木警部やってる"きたろう"って、いい味出してるよね。今後サスペンスの刑事・警部役どんどんやるようになるんちゃうかな。シティボーイズの3人のなかで一番芝居が上手いかも。

 話は変わるけど、今日送り主の無い怪しい郵便が届いたんやんか。うちのおかんに「また何か買うたんか?」って聞かれたんやけど、私も心当たりないし「いやぁ~???知らんけどなぁ?」言いながら、封を切ったらなんと

 「『マスター・オブ・サンダー』木下あゆ美サイン入りプレスシート」

プレゼントに当選しました。㈱ケイ・オプティコムさま、ありがとうございました。日本中の木下あゆ美さんのファンの皆様、ごめんなさいね。こんな素敵なプレゼントやってたこと黙って応募してました。

 で、出てきたサインを見ながら「木下あゆ美ちゃんのサイン当たった~」って大喜びしてる私の顔を、あほちゃうかとしらけた顔で見るうちのおかん。そりゃそうやな、うちのおかん、木下あゆ美ちゃんのこと全然知らんもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.28

第5回京都映画祭

 先週の土曜日、お彼岸やっちゅうことで、本山に行くのに京都をウロウロしてたら、あちこちの町内の掲示板に貼られてたのが「第5回京都映画祭」のポスター。

 その中でも普段仮面ライダーがどうした、ボウケンジャーがこうしたとブツブツ突っ込んでいる村をんなの足を止めたのがこの2つのイベント。

 ①昭和15年円谷英二監督作品「海軍爆撃隊」の上映

 ②「未来への提言-京都からのデジタル発進-」会場:東映京都撮影所試写室

 ①といえば、幻の特撮フィルム。これは気になるやんか。そして②は会場が東映京都撮影所の試写室。こんなとこめったに入られへんがな。やっぱりミーハーな村をんな。こんなミーハーだけでは記事として恥ずかしいので、ちゃんと公式サイトに行ってみたら、シンポジウムということで、「男たちの大和/YAMATO」の特撮映像の解説に佛田洋さんがいらっしゃるみたいよ。

 スーパーヒーロータイムを毎週見てる人間で佛田洋さんの名前を知らない人はおらへんよね。そしてシンポジウムの最後には「海軍爆撃隊」の上映もするらしい。

 こんな特撮ファンが見逃せないイベントの詳細はこちら。シンポジウムの前売は10月1日から、120名しか入れません。

 村をんなとしては、10月毎週のように芝居の予定が入ってるんで、このイベント行きたいのは山々なんやけど、ちと行きにくいんやなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.26

仮面ライダー チョコウェハース3

Card3  この間、コンビニを覗いたら仮面ライダーチョコウェハースの第3弾が出てたんで早速購入。

 今回は劇場版カブトのライダーも登場っていうことで、カブト以外でもG4・オーガ・グレイブ・凍鬼なんてのもラインアップされてるみたいやね。

 表のデザインはハイパーカブトが載ってたんやけど、裏のリストには載ってないやんか、ということはチェンジングカードでカブトがハイパーカブトに変わるってことになるんかな。

 ちなみにこの袋から出てきたんは、No,94のノーマルなブレイド。なんか懐かしかったよ。

 村をんなが、出て欲しいなと思うのは、斬鬼・タイガ・ワイルドカリス、あと凍鬼も珍しいかな。

 しかし、仮面ライダーチョコウェハースシリーズ、はっきりいってあんまり美味しくないっ!! スーパー戦隊アニバーサリーウェファーチョコの方が、チョコレートがいいんよ、やっぱり森永やもんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.24

今週のボウケン&カブト(9月4週目)

 「ボウケンジャー Task.30」

 チーフに付いてきちゃったズバーン。ちっちゃけりゃ邪魔にもならんやろうけど、チーフと背の高さも同じくらいやしなぁ、チーフの後ろを引っ付いてウロウロするし、たいへんな拾いもんや。傍で見てる分には、かわいいけどね。

 「あの剣がどうやったら、こうなるんだ」って目玉を動かしてる高丘の表情が可愛いがな。

 ガジャ様の研究室。というかどこかの工場の地下室やねんけど、ガジャ様、めっちゃ勉強熱心やな。クローニングって言葉知ってるやんか。レムリアの卵がある限り、次々とガジャ様のしもべ・ゴードム幻獣を作ることができるやなんて、めっちゃ素敵やん。これでガジャ様がラスボスに決定かって思ったんやけどなぁ…。

 チーフが牧野さんの部屋でミーティング中、ズバーンの処遇に付いて揉め出す他のメンバーたち。ボウケンジャーたちにはいつものことでもズバーンには初めての事やったから、そりゃぁびっくりもするよね。

 ズバーンってちょっと気が短いのかな。

 でもって、殴られて鼻血が出ちゃったさくらとか目の周りがアオタンになっちゃった蒼太や高丘。

 ボウケンジャーキャンペーンのお子様たち登場。抽選で選ばれたとはいえ、なかなか可愛い子達やんか。さすがに男子の方が多いけど。オープニングに名前も載ったし、アップにもしてもらえたし、セリフもあったし、ズバーンに触れたし、一生の思い出になるよね。

 ガジャ様が都会に登場。テレビ本編では初めてとちゃうかな。でもさぁ、いくら凄んでも目の周りにアオタン作ってたら、締まらんよな高丘。
 改造幻獣・ゴードラム、めちゃ強い。さすが幻獣+ゴードムエンジンだけのことはあるねぇ。

 ありゃ?先週はあんなでかい幻獣真っ二つに切り倒したのに、今日は全然あかんやんか。

 たまたま手にした黄金の剣を振り回して、何の効果も無いから「おや?」ってお茶目な顔をするガジャ様。これはファンを喜ばせてくださるガジャ様のお心遣いと見た。

 ズバーンがなぜ力を出せなくなったかを解析する蒼太と菜月。蒼太もやっぱりアオタンのままやから、全然説得力ないんやけど。

 ガジャ様、またまた凄い。零下200℃で冷却して、一気に押しつぶすなんて、粉々になっちゃうやんか。でもどこでそんな機械手に入れたんやろね。

 チーフったらズバーンに「もう二度と離さない」なんて言うたら、また引っ付いて離れへんようになるでぇ。

 ボウケンジャーの名乗りのところに、顔のアップが付くようになったんや。
でもって、ズバーンもちゃんと仲間に入ってるし。

 うわぁ、ズバーンにレムリアの卵取られてもうたんか。ガジャ様、ほんまに物欲が無いよな、折角ラスボスになれるチャンスやったのに。

 今日のスーパー戦隊は、アバレンジャー。なんかアバレンジャーのユニフォーム見るん久しぶり。レッドってあんなん着てたっけ???なんて疑問に思うってことは、アバレンジャー終わってから全然見てへんって証拠やな。
 アバレブラックとアバレキラーのコスチュームは無しか。さくらにマホロ(アスカの嫁だった敵の女剣士)の衣装着せてもよかったんちゃうん。

 「仮面ライダーカブト 34」

 キックホッパーと戦うカブトのシーンから。先週書かへんかったけど、このシーン撮った場所って響鬼で化け猫の巣になってたお堂やろ。去年見たときも結構荒れてたけど、今年は屋根の崩れ方だいぶすさまじくなってきたと思ったんやけど。 

 天道の家で飛び回るゼクターたち。例えばカブトとドレイクが戦う時ってゼクター同士も戦ってたやんか。せやからゼクター同士仲悪いんかと思ってたら、そうでもなかったんや。

 美味しそうなしゃけを焼いているそばで、干し飯で我慢する蓮華。目の下の隈はお腹が空いてるからやろなって思わへんかった?
 食事を取ることを拒否する言動から、三島の息が掛かっていること天道にはお見通しみたいやね。

 影山がシリアス側に移ったので、神代が当分コメディー担当ということのようで。

 ザビーを失った影山を簡単に捨ててしまう三島。影山が「なんで矢車なんかに、新たなライダーを」ってところで、「新たなライダー?」と反応する三島。先週「手は打ってある」って言ってたのは矢車のこととちゃうかったんか。やっぱり手は打ててなかったみたいやな。

 おっ、蓮華の肩に手を回す三島。これで全世界のゴローちゃんファンを敵に回しちゃったんちゃうん蓮華。

 でかい車に偉そうに乗ってる三島。この間、加賀美父を乗せてる車運転してた時、こんなでかい車やなかったやろ。いつの間に警視総監よりでかい車に乗るようになったんや。

 解説に現れる麗奈。捕らわれの天道とひよりは時空のかなたに飛ばされたんやて、そしてハイパーゼクターの暴走によってできた時空のひずみによって天道・加賀美・三島は海岸に吹き飛ばされたってことやそうで。

 天道の料理を食べて、人間性を取り戻した蓮華。蓮華の二重スパイもあっさり終了。まぁ、ゴローちゃんファンの皆さんは安心したやろうけどね。
 
 撃たれそうになる蓮華の前に立ちはだかるガタック。変身するカブト。
 隙を見て蓮華に襲い掛かる麗奈ワーム。その衝撃でビルの下に落ちていく蓮華たち。ハイパーゼクターの入ったアタッシュケースを取ろうとしてるように見せて、実は蓮華に救いの手を伸ばすカブト。なかなか上手い演出やんか、田崎監督。

 アタッシュケースを手にし、蓋を開ける麗奈ワーム。ハイパーゼクターと一緒に入っていた爆弾を爆発させる三島。麗奈、凄い悲鳴を上げてたけど、あれでやられちゃったんやろか?

 やっと天道のカブトがハイパーカブトにヴァージョンアップ。なんか1ヶ月近く引っ張ってたんちゃうん。で、このバックに流れてる曲が加賀美が歌ってるやつよね。

 ハイパーカブトのキックは、空を飛ぶんか。このときのためにカブトは今まで飛ぶキックをなるべく使わんようにしてきたってことになるんかな。

 解説する天道。堂々と「俺はいつかハイパーゼクターを使いこなし、未来と行き来できるようになる」と宣言してくれましたねぇ。
 ハイパーゼクターが現れ、空間にひよりの絵を映し出す。ハイパーゼクターはひよりの居場所を知ってるんやから、連れて行ってもらえるっちゅうことかいな。ということは、カブトが未来の地球に行くって展開もあるってことになるやろ。もしひよりがおばちゃんになってたらどうするんやろ。微妙にセイザーXの裏返し(笑)。

 来週の予告。矢車と影山は腐れ縁ってことやな。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006.09.23

一週遅れの怨み屋本舗

 一週遅れの怨み屋本舗やから、Vol10の話なんやけど、何が一番やったかて、竹財君が変身したのを見て、めっちゃ嬉しかったよな~。その場面だけ、何回見たことか。

 元刑事で前科者を脅しては、小遣いを稼いでいる男が、怨み屋に狙われたってことで、自殺した男の妻に、「お前が殺し屋を雇って俺を殺そうとしただろ」と暴行しようとしてるところで、元刑事の行動を監視していたシュウ(竹財君)が助けるってシーンやったんやけど、バイクにまたがり黒のジャンパーにジーンズ姿で、「あの野郎、俺は女性を乱暴する奴を絶対許せねぇ」って言いながら、黒の手袋を脱ぎ捨て、左手で額の右側の前髪を掻き上げるようにしたあと、斜めに腕を引きながら、低音で「変身」って言うんよね。

 めっちゃカッコええやんか。変身ポーズはちょっとカリス系やったかなって思ったんやけど。平成ライダーよねぇ。竹財君って、ライダーになりたかったのにライダーになられへんかったから、変身ポーズしてるの見て、「竹財君、よかったね、夢がかなったんちゃうん」と思ったもんね。

 ただし、変身したのは仮面ライダーやなくて、ガス修理のおにいさんやったけど。

 今週は木下あゆ美ちゃんの生アクションもあったし、怨み屋の過去も徐々に明かされてくるし、いよいよストーリーも大詰めな感じがしてきたよね。でもさ、必殺でも最終回は上手くメンバーが逃げられたから、怨み屋でも逃げられるんとちゃうかな。これだけ面白いからパート2も是非っ!!劇場版も是非是非っ!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.09.21

窓つき

Ticket1 日曜日に、松竹座にチケット引取りに行ってきたんよね、自動発券機で。その横にチケット入れる袋が置いてあったんやけど、なんと窓付きになってたやんか。嬉しいわ~。

 どうも芝居道楽な私のような生活を送っていると、見る予定のチケット袋がたまってまうやんか。せやから、どの芝居のチケットかすぐわかるように、袋の表に書いとったんやけど、これやったら、そんな手間いらんもんね。助かります。

 ということで、噂のBL歌舞伎を一緒に見に行くリアル友達の皆さん、来週送りますのでよろしくです。

Ticket2a  そして「マジヨ」のチケット届きましたよ。これで生じょーじ見れるがな、楽しみやなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.19

「カレーソーセージ」

 9月16日、NHKFMで放送されたラジオドラマ「カレーソーセージ」。なかなかおしゃれな物語やったよね。ラジオドラマでラブシーンなんて初めて聞いたやんか。
 まず最初に主な出演っていうことで、根岸季衣さんと並んで萩野崇って名前が紹介された時、もうそれだけで感動ものやったもんな。

 ドイツの屋台で今やどこにでも見かけることができるカレーソーセージ。それにまつわるちょっとロマンティックな物語。たぶん完全なフィクションなんやろうけど、さすがヨーロッパ。ドイツの作品とはいえ、垢抜けてる。
 日本やったら、戦争、敗戦、脱走兵なんて3つの単語が並んだら、絶対おしゃれにはならんもんなぁ。

 1945年4月29日(終戦8日前)ドイツ・ハンブルクに住むレーナ・ブリュッカー(根岸季衣)は仕事帰りに映画を見に行っていた。それはチャイコフスキーと愛人の物語。映画を見ながら絶対自分にこんなこと起こるはずはないと思っていたのだが、そこに空襲警報が鳴り響き、映画館から逃げる最中若いドイツ兵にぶつかってしまう。

 ドイツ兵は近くの防空壕に逃げようと言うのだか、若い男と一緒に防空壕に逃げ込んだら、後で何を言われるかわかったものじゃないと、自分のアパートに来ないかとレーナは誘う。雨も降り出し、なんとかレーナのアパートに辿り着くと、身体を温めるためにコーヒーとありあわせの材料でつくったスープ、そして梨の蒸留酒をレーナはドイツ兵にご馳走する。

 ドイツ兵のヘルマン・ブレーマーは海軍にいたのだが、戦況の悪化に伴い、陸軍の対戦車部隊に配属替えになり、前線に向かう為の集合地ハンブルクに来ていた。正式に対戦車部隊に配属されれば、そこには死だけが待ち受けている。
 レーナも旦那と息子は兵隊に取られ、娘は診療助手の職業訓練で家を離れ、アパートで一人暮らしをしていた。そんな彼女の前にヘルマンが現れ、ふとした浮気心が起き、男女の関係になってしまう。

 あと1時間のうちにハンブルク中央駅に辿り着かなければ脱走兵になってしまうと判りながら、死よりも脱走兵となってレーナのアパートで潜伏することを選んでしまうヘルマン。
 こうして、ヘルマンはレーナに匿われ、ゲシュタポに内通している地区の責任者の目を盗んで隠れ住むことになる。
 
 ある日レーナはヘルマンの身分証明書に挟んであった彼の奥さんと子供の写真を見てしまう。職場のラジオでヒットラーが自殺したことを知ったレーナは、戦争が終わるとヘルマンはきっと奥さんと子供の元に帰ってしまうと思い、イギリス軍がハンブルクに進駐し、戦争が終わっていても、そのことをヘルマンには黙っていた。結局二人は喧嘩別れになり、ヘルマンはレーナの部屋にあった旦那の背広を着て去ってしまう。

 カレーソーセージができたいきさつはもう最後のつけたしみたいなもんで、ヘルマンが出て行った後、旦那と息子は復員し、娘も父親のいない子供を連れて帰ってくるんやんか。背広が無くなり、ドイツ兵の軍服が残されてるのを見た旦那はレーナの浮気を知るんやけど、その旦那を追い出して、子供と孫を食べさせるために、屋台を始めたレーナがヘルマンとの会話を思い出して、カレー粉を手に入れカレーソーセージを作ることになったという。

 戦前の日本じゃ、女と対戦車部隊を天秤にかけて、女を取って脱走するなんて、絶対ありえへんかったやろうな。ドイツの作品とはいえ、なんとなくシャンソンの世界に近いもんがあるなぁって思ったんよね。18歳も年下の男と愛する女の話やしね。

 ハギーも55分の作品中、40分くらいは出てたんとちゃうかな。それもベテラン女優の根岸さんの相手役として、がっぷり四つに組んで遜色がなかったし、男と女の虚々実々の駆け引きの心の声のところとか、髭剃りを洗面所に置きっ放しにしてあるのがばれたんやないかとびくびくするところとか、なかなかテレビでは味わえないハギーの演技を楽しませてもらえました。

 ドイツの作品やから、ドイツ人の顔を思い浮かべて聞かなあかんねやろうけど、村をんなはほとんど洋画という物を見ないので、ドイツ人の俳優って全然知らへんのよね。なので根岸さんとハギーの顔しか浮かんでけぇへんかった(汗)。

 FMラジオシアターって他にも結構面白い作品取り上げてるみたい、詳しくはこちら

 (この感想書くために、再度「カレーソーセージ」のテープ聞いてたら、「BLEACH」見逃してもたぁ、あちゃーやな、今まで1回も欠かさずに見てきたのに…。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.18

今週のボウケン&カブト(9月3週目)

 「ボウケンジャー Task.29」

 山中を爆発し、洞窟の中に安置されていたレムリアの卵を見つけたリュウオーンとジャリュウ一族。あらっ、ジャリュウ一族、智恵の実を食べてからしゃべれるようになったみたいやね。確かその前はしゃべってなかったと思ったんやけど。
 爆発の報告を受けて調査に来るチーフと高丘。そこへ現れる五十嵐博士。
 やっぱり芝居の上手い人が絡んでくると、話も俄然面白くなってくるなぁ。

 五十嵐博士、サージェス嫌ってるのに明石の背中に負ぶさって「がんばれー、サージェス」とはなかなか厚かましい奴というかなんというか。

 そしてレムリア文明の説明、ほほーゴードム文明よりも古いってことは4万年以上前の文明ってことやね。牧野さんのセリフ「博士はそれをついに発見しようとしていた」っていうてたけど、この場合"ついに"やったら"発見した"ってなるのが正解ちゃうんかな。辞書検索したら、"ついに"というのは「結果が現れることを表す意」ってなってたから、"発見しようとしていた"はまだ結果が現れてないもんね。ちょっと日本語の使い方が変やと思うねんけど(ってそんなこと村をんなに突っ込まれたくないか、私も変な日本語書いてるから)。

 おぉ、明石はちゃんと五十嵐博士のレムリア文明の本読んどったんや。
そして五十嵐博士もちゃんと不滅の牙・明石暁の名前を知ってたし、それも凄いね。

 黄金の剣のことを口走っちゃった五十嵐博士、可愛かったりして。

 高橋君も、大先輩不破さんとほっぺたくっつけた状態で縛られて宙吊りになるとは思わんかったやろな(笑)。

 リュウオーンの200年の夢。ここで「Task.7 火竜の鱗」に話が繋がってきましたねぇ。まさかあのネタ振りが回収されるとは思わんかったから、感心。あの時が清水紘治さんで今回が不破万作さん、大物ゲストを使っちゃうリュウオーン。

 ボウケンシルバーと吊橋の上で遭遇し、リュウオーンの言い付けを破ってレムリアの幻獣を復活させてまうお馬鹿なジャリュウ。
 自分たちが復活させたからといって、自分たちの言うことを聞いてくれると思ってるところがお茶目やな。レムリアの幻獣に焼かれてもうたん、笑ったがな。

 リュウオーンが人間だった頃の名前無いんや。仮にリュウオーン人間体とでも呼ぼうか。リュウオーン人間体はレムリアを研究する学者やったんが、トレジャーハンターになって、レムリアの遺伝子を改造するする方法を知り、それで自分をリュウオーンにしたってことやったやんか。そしたらジャリュウ一族は遺伝子操作で爬虫類を人間に近い身体にして子分に使ってるってことなんかな?

 レムリアの幻獣を倒す方法を博士に聞いてくれとアクセルラーにTV電話してくるボウケンシルバー。TV電話やから、明石の顔がどうなってるか判ってるはずやのに「どうかしたのか」ってねぇ、間が抜けた質問やんか。

 黄金の剣を引き抜こうとして、電流にシビレ飛ばされるリュウオーン。人差し指で試してみて、シビレたからあきらめる五十嵐博士。シビレたけど我慢して引き抜く明石。なんかこのパターン、マジレンジャーでも見たような気がするんやけど(笑)。ヒカル先生がなんか引っ張ってなかったっけ???もううろ覚えになってるやんか、私。

 黄金の剣を引き抜いて、変身するチーフ。かっこいいやんか、地球を守る顔になってきたで。

 黄金の剣に爆破されるリュウオーン。まさかリュウオーン、今日で終了ってことないよね???でもそうなってもおかしくないくらいの展開やねんけど。

 一生かけて、レムリアの財宝を探してきたのに、黄金の剣は明石暁を選らんだってことで、「持ってけぇ」とやけっぱちになる五十嵐博士。こういう味は不破さんくらいにならんと、出ぇへんやろな。

 アルティメットダイボウケンでもサイレンビルダーでも太刀打ちできなかったレムリアの幻獣を、黄金の剣だけでやっつけてまうボウケンレッド。めっちゃ荒業。

 レムリアの卵を拾い上げ、「リュウオーン、また失敗しおって」と言うガジャ様。やっぱりリュウオーンのこと馬鹿にしてたんやな。レムリアの卵にはどんな使い道があるんやろか、楽しみやん。

 でもって最後に現れたズバーン。玩具のCMで「ズバーン(はーと)」ってのが…、ちょっと脱力(笑)。

 今日のスーパー戦隊はハリケンジャー。さくらと菜月の二人ともハリケンブルーの衣装か。そして風のシズカが忍者物ってことで特別出演。

 「仮面ライダーカブト 33」

 なんや三島、気絶してただけやったんか。前回、ハイパーゼクターに気絶させられただけあって、今回はゼクターに触ることもでけへん三島。

 ゼクトの他のチームに訓練生まで集めてワームを倒す作戦。いつの間にやら田所チームだけゼクトルーパー一人も配属されなくなってるんや。三島に睨まれてるからかな。そういえば、いつやったかゼクトの命令を聞かないって3人で誓いあってなかったっけ?

 倉庫の一番奥で待っていたのは、天道。カブトゼクターと共にゼクトに入り、司令官になってたって、田所さんたちの上ってことか。そりゃぁ、むくれるよね、みんな。

 食事をしない蓮華ちゃん。訓練生はみんな干し飯って、身体に悪いっちゅうねん。三島も食事はサプリメントだけやんかってことは、三島もゼクトルーパー上がりってことなんかな。

 三島の決まり文句「もう手は打ってある」って、この手がなかなかうまいこといかへんのよねぇ。

 樹花ちゃんが、お兄ちゃんを好きな理由に「お料理が上手だし」って無いのが不自然のような気がするんやけど。

 加賀美を訪ねて天道の家に来るじいや。一体誰に聞いたんやろ、加賀美の居場所。

 きゃぁぁぁー、矢車さんワイルドになって戻ってきた。
 すげぇ、仮面ライダーキックホッパー。どうも昆虫系は昔から苦手なんやけど、バッタってさなぎを脱ぎ捨てて成虫になるんやなくて、小さい時からバッタの形してたっけ?せやからキックホッパーはマスクドフォームがないんかな。

 矢車、すっかりひねくれ者になってもうたみたいやね。常に誰かに笑われてるっていう強迫観念があるみたいやし、天道に対する復讐心でキックホッパーになれるまで鍛え上げたみたいな気がする。
 影山に対しては「俺と一緒に地獄に落ちよう」やて。影山もたいへんやな、三島にも尻尾振らなあかんし、元上司は戻ってくるし。

 蓮華ちゃん、実は二重スパイやったんか。劇場版でいうと森下千里の役回りってところかな。ということはやっぱり"第2のめぐみ"っちゅうことで、引っ掻き回してくれそうやん。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006.09.16

ハギーのラジオ

 9月2日のブログに書いたハギーがゲスト出演する「FMアーバンソウルクラブ」の放送日が9月16日(土)だったこと、夕べ知りました(汗)。

 寝る前に、ぼーっと某巨大掲示板のハギースレを読んでて知りました。びっくりして目が覚めてしもうたがな。その後、どこのFM局か調べ始めたんやけど、FM滋賀だったことに、がっくり。もうよっぽど運が良ければ雑音だらけの音が聞こえるかもしれないくらいの確率やもんなぁ。

 ということで、取り急ぎ訂正のコメントとさせていただきます。次回からは、ファンクラブのお知らせを鵜呑みにせず、ちゃんと確認してから、ここに書くように気をつけますので、今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.14

小ネタ整理

 インターネットを始めた頃に登録したまま長~いことほおっておいたYahooID。最近MyYahoo利用し始めたんやんか、そのコンテンツの中の「マイ★ブーム~MyYahoo!編集部ブログ~」で取り上げられてた「玉ノ井部屋お相撲さんブログ」めちゃめちゃおもろかったんよね。ハンカチネタやけど。

 MyYahooを作ったのは作ったけど、Yahooメール使うわけやなく、ブログ作るわけでもなく、それだけやと寂しいからポートフォリオだけ登録して使ってます。それからアバターも試しに作ってみたんやけど、どこにも公表せんとひっそりMyYahooに存在してます。はぐくみペットとかいうアヒルをくっつけたら今成鳥2羽にひよこが1羽で足元アヒルだらけや(笑)。

 ハンカチネタでもう一つ。チケットWeb松竹の会員なんでちょこちょこ松竹からもメルマガが来るんやんか。で、今松竹映画のイチオシが市川海老蔵主演「出口の無い海」でしょ。その宣伝やったんやけど、前売特典がタオルハンカチ。この映画って主人公は、甲子園の優勝投手が戦争に行って・・・みたいな話なんでしょ。わざとタオルハンカチをプレゼントにしたんか、それとも初めから決まってて偶然なのか、気になる。まぁ、柄は全然王子のものとは違うんやけどね。

 アサヒ本生のプレゼント応募ハガキが欲しくて、アサヒビールのサイトに行ったら、いっぱいキャンペーンやってた。数打ちゃ当たるかもよ。銘柄にこだわれへん、お酒やったらなんでもええって人、どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.09.12

ちょっとすっきり

 まぁ、あんまり珍しくも無い話かもしれへんねんけど、まだ暑かった土曜日、「本を売るなら~」って宣伝してる店に、本売りに行ってきました。

 私の住んでるところの駅前はだだっ広いだけで何もないんやんか、でも電車で2駅、勤務先のある駅前にあるんよね。

 なんで本を売ろうかなと思ったかというと、最近本は増えへんねんけど、ビデオとCDが溢れてきて、ちょっと片付けたいよなぁって思ったからなんよね。(しかし今の世の中DVDとミュージックダウンロードが主流の時代にビデオとCDが増えるってどうよ)

 会社の人に、「売りに行ったことある?」って聞いたら、「1回だけあるよ、1冊10円くらいにしかなれへんよ」なんて教えてくれはったんで、まぁね片付くだけでもありがたいし、せめて片道分の交通費は出て欲しいよなと、20冊ヒーヒー言いながら抱えて行ったんよね。

 結局、20冊=1,390円で引き取ってくださった上に、「ありがとうございます」とまで言うてくれはって、こっちがありがとうございますやのに。

 せやかて一応綺麗やし、帯もついてるけど7~10年位前のトンデモ本が中心やったんやから。トンデモ本って例えばノストラダムスの大預言とか、そういう怪しいやつ。世紀末やから売れた本やもんね、今じゃすっかり賞味期限切れやちゅうねん(笑)。

 しかしたった20冊くらい売ったぐらいではまだまだビデオもCDも片付いてません。今まで隙間に突っ込んであった本が、ちゃんと立てられたくらい。ちょっと癖になりそうなので、来月もまたトンデモ本(まだあるんかよって、あるんよ五島勉ちゃんの本、隙間から出てきよるねん)売りに行ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.10

今週のボウケン&カブト(9月2週目)

 「ボウケンジャー Task.28」

 真墨のアクセルラー、OSが壊れてるっていうてたけど、アクセルラーってモバイルパソコンやったんやね。せやのに、手持ち無沙汰の時に、くるくる回したりとかあんまり丁寧な扱いしてなかったもんなぁ。複数余分に作ると、ネガティブに狙われる可能性があるから危険なんで、作ってないんかな。でもやっぱりこういうときのためにスペアはいるよね。

 クエスターガイ・レイもボウケンジャーの表舞台に登場せぇへんときはこつこつとロボ作ってるんやね。今回はクエスターロボエリート。毎回ちょっとずつ形容詞が変わっていくって感じかな。

 「試運転だ」ってことで起動するクエスターロボエリート。私はガンダムほとんど見たことないんやけど、でもこのロボの顔、ガンダム系のような気がする(笑)。

 「無い物を嘆いても仕方ない、今あるものを最大限に生かすことを考える」今週のポイント。

 クエスターロボエリートの攻撃方法は、両手に着いている大砲と肩の所からのロケット砲。「見た目は華奢だが、パワーも段違いだぜ」確かに、ダイボウケンよりかなりすっきり見えるよね。その分動き易そう。

 後ろからクエスターロボエリートに攻撃されダイボウケン危機一髪というところで、オーバーヒートで操縦不能になるクエスターロボエリート。どうも機械を作る能力はガジャ様のほうが上のようやな。

 そしてやーーーーっと駆けつけたボウケンシルバーとサイレンビルダー。こんだけ派手にクエスターロボ暴れ回ってたのに、全然気が付かへんって、どこで何しとったんやろ、高丘は。

 逃げるクエスターロボエリートにくっついていく真墨。

 クエスターロボエリートの修理をするのはレイ。その間に幻の鎧を探しに行くガイ。その様子を木陰から見つめている真墨。
 このとき真墨の取るべき道は二つ。レイの目を盗んでクエスターロボが動かなくなるように細工をするか、ガイの後をつけてプレシャスを確保するか。
 やっぱり真墨は子供の頃からのトレジャーハンター。ガイの後をつける方を選らんだよね。これが蒼太とかさくらやったら、ロボに細工するほうを選ぶんとちゃうかな。

 「またガイとレイを取り逃がしたのかよ」と怒ってる高丘。ガイとレイの担当は高丘やねんから、もっと早くに現場に到着しとかんとねぇ。

 地図を片手にプレシャスを探す真墨。別に地図が無くてもいいくらい判り易いポイントやったような。わざとらしく鍵穴には草かぶせてあるし。

 鍵穴に地図の巻物を突っ込むと、岩が爆発して中から鎧兜登場。さすが東映さん、年代物っぽいなかなかの鎧兜やったやんか。
 
 真墨危機一髪ってところで、ボウケンジャーたちが間に合ってよかったと思ったら、クエスターロボエリートの修理も間に合ってるやなんて。その上伝説の鎧持って行かれた上に、ロボに装着しちゃってるし。

 しかし、伝説の鎧を着ると、肩にあるロケット砲が使えなくなるんよね。守りは堅固になるけど、攻撃力が下がるなんて痛し痒しってところかな。
 まぁ、その欠点を補うためにやろうけど、日本刀が現れてたけどさ。

 クエスターロボのチャンバラアクション、めっちゃカッコええやんか。

 今週はロボ対決、珍しくたっぷりやったねぇ。うっかりすると3分しか登場しない時かてあるのに、ロボ好きの人にはたまらん展開やろうなぁ。

 きゃは、サイレンビルダー、クエスターロボにジャッキアップ攻撃のお株奪われてやんの。

 どんなに頑丈な鎧を着ても、オーバーヒートで本体があかんようになったら、どうしようもないわな。今回は修理が明暗を分けたってことで。

 さぁ、やっと「今日のスーパー戦隊」コーナーがわかるようになってきた。懐かしいねぇ、ガオレンジャー。村をんなはゴレンジャーのあとはガオレンジャーまで飛んじゃってるからね。
 みんなが着てるのは当時の衣装やと思うんやけど、ガオブラックの酒井君でかかったから、真墨が着るとぶかぶかやよね。それにガオイエローの堀江君の衣装も。ガオのポーズ、形決めるの難しいよね。

 「仮面ライダーカブト 32」

 どんどん明かされていくカブトの秘密。今からこんなんじゃ、最終回頃にはどんな秘密が待っているのやら…。
 剣・響鬼・カブトと3シリーズ連続、劇場版以降はそれだけでも成立するような展開ってことになってきてるよね。
 剣はてこ入れ、響鬼は突然の交代劇。でもカブトは最初からそういう展開にするってのが決まってたみたいやんか。
 先週の東映公式サイト(でも読んだのは32話オンエア前の土曜日やったんやけど)で、あそこまでネタバレされてるとねぇ。

 三島が持っていたアタッシュケースの中にはハイパーゼクターが。

 ひよりをライダーキックでやっつけたと見せかけて、実はひよりを助けてたのってハイパーカブトやろ。カブトとハイパーカブトの間には意思の疎通があるんかいな。

 とうとう天道とひよりが実の兄弟だったってことや渋谷隕石が落ちた時にひよりがなぜ「殺さないで」と言ったかが明らかに。
 天道はおばあちゃんに引き取られて育てられてたんか。

 折角カモフラージュしてひよりを連れ出したのに、加賀美や麗奈に気づかれてたなんて、甘いやんか天道も。

 うひゃー、エリアXで捕らわれていたトライアルB(やっと思い出した剣の時に出てきた人工アンデッドの名前)が誰かというところまで今回明らかにするとは、びっくりやったよね。
 先週、トライアルB見たとき、ひょっとして矢車さん?って思ってたんやけど。で、あの捕らわれの天道は何???

 そして天道と加賀美がエリアXに入った先は海岸にワープしてて、倒れてる三島を発見。たぶん三島はハイパーゼクター試してしもたんやで、きっと。三島がうっかりハイパーゼクター触ってもうて逃げられたから、天道の手に渡ったと見たほうがいいような。
 さすがにザンキさんみたいにあられもない姿では倒れてなかったけど(笑)弓削っちファンにとってそれが残念やったかな。

 来週の予告に三島の姿ちらっと映ってたみたいやから、弓削っちファンはホッとしてたやろうけどね。
 あの新しいライダーは新人女子が変身したんかな?ちょっとアクションが女子っぽかったような気がしたんやけど。第2のめぐみ?

 

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006.09.08

放映日変更やんか

 夕べ書いた上方歌舞伎会のお稽古の模様、放送日が変更になってたやんか。私は今日18:00からビデオのリモコンをにぎって、ドキドキしながらテレビの前に座ってたっちゅうのに。

 ということで、またまた突発的な大事件が起こらない限り、上方歌舞伎会のお稽古の模様は9月11日(月)NHK総合テレビ(大阪ローカル)「かんさいニュース一番」18:10~19:00の間のどこかで放映されるはずです。今日、予告ちらっと流してたし、間違いないはず。

 時間的な余裕ができたので、歌舞伎好き(特に松嶋屋ファン)の関西人のお友達がいらっしゃったらぜひ教えてあげてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.07

封印切

 仁左衛門丈が「封印切」の指導をされている模様がテレビで放送されるそうです。
 ただし大阪ローカルなんやけどね。日は9月8日(金)って明日やん。
 NHK総合TV「かんさいニュース一番」午後6:10~7:00の中で。

 色々なニュースに挟まっての放映になるから、時間がどれくらいもらえてるのか判らへんねんけどね。突発的な大事件が起こりませんように・・・。

 やっと上方歌舞伎会の感想できました。感想をお読みになりたい方はこちら

 それから上方歌舞伎会友の会の会報に「第1回若伎会」の配役が載ってました。ただし8月時点なので、変更あるかもしれないそうです。見難いけど、どうぞ。

Tirasi6_1 Tirasi7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.05

機関車トーマスの電車

Thomas1 Thomas2

Thomas3

Thomas4 Thomas5

Thomas6 日曜日、京阪電車で京都に行こうと思ってホームに下りたら、機関車トーマスの電車が止まってたんやんか。

 ちいさなお子様連れの皆さん、写真撮りまくってはったよ。お子様によってはトーマスのTシャツ着てる子もいてて、トーマスの人気も息が長いよねぇ。

 6枚目は走り出してるから、ちょっとボケてるんやけど、5枚目の機関車のドアが閉まったらどんなになってるのかを見てもらいたくて、載せたんよね。

 このトーマス電車、2007年1月中旬頃まで走ってるんやて。詳しくはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.04

今週のボウケン&カブト(9月1週目)

 「ボウケンジャー Task.27」

 うぉっ、この間までやってなかったスーパーヒーロータイムの扉(っていうのかな?)が後半用の新作に変わってるやんか。でもってなんかボウケンレッド金ぴかに光ってる新しい武器振り回してるし。

 遊園地の中を縦に並んで歩くボウケンジャーたち。目的は何でも当たる風水占い陣崇光が使っている風水羅盤がプレシャスなので、それを譲ってもらう為。すると突然扉が開いて逃げ出す陣、そして風水羅番を奪い取ったジャリュウ一族のターロンが現れる。

 ジャリュウ→龍→風水って連想してできたストーリーかな?でも風水や占いなんて全く興味のない小さなお友達に理解してもらおうと、結構解説が多かったと思わへんかった?せやからシンデレラとかかぐや姫を元にしたストーリーに比べれば消化不良やったような気がしたんやけど。
 占いなんて、小学校高学年くらいにならんと興味ないんちゃうやろか。でもそのころにはボウケンジャーには興味ないやろしね。

 ターロンの声は、ハリケンジャーでサタラクラをなさってた島田敏さん。お茶目やけど、悪いっていうキャラクター、ぴったりやね。ハリケンジャーを見てない人もいてはると思うけど、サタラクラの時はね、親父ギャグだらけのセリフで、もっと賑やかなしゃべり方やったよね。確かサタラクラって途中加入やったと思うから、ターロンの声で興味を持たれた方は、ハリケンジャーの後半の頃のビデオでもレンタルで見てください。

 話は戻って、プレシャスな風水羅番「竜眼」を使って自分は最高の運勢に、チーフを最低の運勢に固定してしまうターロン。

 占いを信じていないチーフに、次々と起こる災い。

 そこに現れる高丘。風水の解説してくれるのはいいんやけど、陰明道にも通じている高丘家って言うてるんやったら、どうすれば災いを避けることができるかちゃんと相談に乗ったったらええのに。不運に襲われるチーフを見てるだけってのもねぇ。

 どぶに足を突っ込んでまうチーフ、うゎっ臭そう。洗おうと思って公園の水道の蛇口を捻ったら取れちゃうしね。ラーメンの出前がレーメンで良かったよね。

 菜月と真墨が集めてきた開運グッズ。そうそうふさふさ尻尾昔はやりましたなぁ。車のキーホルダーにつけてるおっさん結構いたいた。開運麦わら帽子やけど、あんなオレンジの麦わら帽今時売ってるんやろか。開運の金ぴかの文字はどっかからはがしてきてくっつけたとは思うんやけど。

 七福神のハッピーはっぴ、ってどこがチーフの星座にちなんでるん???意味判らん。

 それより菜月と真墨が帰ってきたとき、リクライニングチェアーで寝てる高丘が気になったんやけど。

 風水って色にこだわるみたいなんやけど、そこから考えるとチーフが赤のジャケット脱いだらあんな事故に巻き込まれることなかったかもって思ったんよね。

 車に撥ね飛ばされて、壁に激突するボウケンレッド。後頭部さすってたやんか。あんだけ後頭部とんがってたら、そら思いっきりぶつけてまうよね。そのあとジャリュウ一族を見つけ追いかけようとして、黄色のポールに足をぶつけてまうボウケンレッドやったけど、ああいうのって日常生活にもありえるよね。

 ターロンたちの目的は、地脈の流れを変えて人工的に竜穴を作り、伝説の地竜を復活させようとしている。やっぱりこの辺は少々風水の知識のある人でないとよく判らへんよね。村をんなもこれを書くために東映やらテレビ朝日の公式サイト参考にしたもんね。

 運勢最悪に固定されてしまったチーフのために集めた開運グッズを見につける明石。こんな親父臭いカッコしてるレッド、見たことないし。開運グッズをいれてあった手提げ袋をさりげなく巻いてる高丘が実は見所やったりしてね。

 キャハーーー、ボウケンレッドに変身しても開運グッズをつけてるんや。締まらねぇよ。これがあるから変身ポーズはカットになったんやね。

 「風水羅番・竜眼返してもらうぞ」と言うチーフ。あのぉ、いつから風水羅番はサージェスのものになったんでしょうか。
 譲ってもらいに交渉には行ってたけど、もらうって話はまだ決まってなかったはず、相変わらずやねぇ。

 名乗りのところで「熱き冒険者」って言うんやけど、開運グッズを見につけてるレッド、ほんまに暑苦しい。
 
 ターロンと戦っているうちに「災い転じて福と成す」チーフ。そしてターロンから奪い取った竜眼でチーフの最悪の運勢を解除するさくら。そして巨大化したターロンに最悪の風水を固定するボウケンピンク。

 最悪な運勢のターロンが岩に足を取られてズッコケるオチまで付いてるのには感心したな。

 ターロンを倒して、サージェス本部でくつろぐボウケンジャーたち。チーフのズボンのポケットに開運財布。親父臭いぞ、でも親父臭いのが似合うんやから、困ったもんや。

 「仮面ライダーカブト 31」

 9月に入り、ラストに向けての初回となった今週。久々に原っぱに座って、絵を描くひよりのショットから始まったね。しかし1月と違うのはひよりの背中に羽が生えてたってことなんやけど。

 電話で話している三島「けしてやつらには気づかれるな」って言うの、村をんなは天道たちに内緒にしとけってことかと思ったら、麗奈たちに内緒にしとけってことやったんや。

 麗奈のセリフ「ハイパーカブトが現れたということは、ハイパーゼクターはカブトに奪われる」ってことは…(もう劇場版のロードショーも終了したから書いてもええって勝手に解釈するんやけど)あの木陰で立って見てるハイパーカブトは未来から来てるってことかな?

 麗奈に「してくださいだろ」と言われて、さすが三島メンチ切っとるがな、これが影山やったら、「してください」って苦い顔で言うところやけどな。

 神代が自分がワームだということを気づいていないという加賀美やけど、加賀美自身、マコトワームに刺されたってこと覚えてないんやろか???ってふと気になったんよね。

 これまた久しぶりにゼクトルーパーを指示する田所さん。そして「脱皮します」と継げる岬。なんか懐かしいねぇ。

 樹花ちゃんのお掃除、わざとらしいけど、まぁしゃーないと大目に見とこか。

 2枚の写真を見比べるひより、ひよりのお父さん2枚とも同じ顔で微笑んでるのが営業スマイルっぽくって、なんか抵抗あるなぁ。

 作業員のお兄ちゃんに向かってライダーキックをかますカブト。一瞬でワームに戻ってたけどね。ワームなら容赦なく倒すと決心した天道の気持ちをよく表してたけどさ。でもちょっとショッキングかも、小さなお友達には。

 牢屋に拘束されていたのってあれかぁ、ブレイドで広瀬父が作ってたナンチャラB(名前忘れた)かぁ(笑)。

 ゼクトって噂どおり悪魔の軍団やったんやね。

 ワームに襲われそうになったひよりがお母さんの遺品の渋谷隕石に祈ると、ワームに…、どうなるひより、どうするカブトってところで来週へ。

 エンディング、天道とチーフのコントになったけど、これって例えば来週は加賀美と高丘のコントとかって回っていくのか、それとも天道とチーフのコントが続くのかどうなるんやろね、楽しみ。時間が短いから早口やったんで、何言うてるかようわからへんかったんやけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006.09.02

9月4日~

 木曜日やったかな、ハギーのファンクラブからお知らせが来てました。

 ハギーが出演する昼ドラ「TBS愛の劇場 スイーツ ドリーム」、9月4日13:00~が始まるので、「我輩は主婦である」以降、休憩してた昼ドラ、月曜日から復活。

 いやぁ、私この昼ドラ10月から始まるのかとすっかり思いこんでたんやんか、めっちゃやばかった。ファンクラブからのお知らせがちゃんと役に立ったの初めてやったような(汗)。でもね、どんな役でいつから出てくるか全く判らないという。ヒントとしては、白ワイシャツにネクタイ姿で東幹久とのツーショットが前回の会報に載ってたから、東幹久が出てこないとハギーも出てこないのかな???

 まぁ、とにかく月曜日から録画予約です。

 あぁ、「スイーツ ドリーム」の主役は、”アバレイエロー樹らんる”やってたいとうあいこちゃんです。木下あゆ美ちゃんに引き続き、連ドラの主役ゲットおめでとうございます。

 それからハギーはあとラジオの仕事が2本。

 ①9月16日(土)22:00~22:50 NHKオーディオドラマ シリーズ・ドイツの現代文学「カレーソーセージ」で敗戦兵役。

 ②9月19日(火)訂正9月16日(土)24:00~24:55 JFN系ラジオ「FMアーバンソウルクラブ」。関西やとfmosaka訂正FM滋賀扱いみたいです。各地方はどこのFMラジオ局か調べてくださいね。(ただしFM宮崎だけは放送時間が26:00~やそうで)グッチ裕三とブラザートムが司会してる番組みたいなんやけど、どんな話するんやろね。

①の方は、最近目覚めはったラジオドラマで、こっちは時間的にも全然問題ないんやけど、②がねぇ、ラジオは予約録音できないんでねぇ、全部聞いてたら翌日の仕事に差し障るし。いくらのんびりさせてもらってる仕事とはいえ、居眠りでけへんやんか(笑)。とりあえず、120分のカセットテープ買ってきたけどさ。なんと大訂正です(汗)。のんびりしすぎよね、私。こんなボケボケな村をんなに救いの手を差し伸べてくださった方がありました。「SILVER MOON」ブログ様が正確な情報のTBをつけてくださいました。ぜひそちらを参照の上、ハギーのおしゃべりをお楽しみください。残念ながら村をんなの住む町はFM滋賀入らないかも、せやかて信貴山・生駒山がど~んと壁になってるからなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »