« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006.10.31

おりんと桜

 ○逃亡者おりん
 舞台のお仕事でボウケンジャーからガジャ様が遠ざかっておられるので、ガジャ様成分補充のため、ゲスト悪役の大高さん見ました。

 テレビ東京系初の連続ドラマらしいよね。だいたい村をんなはNHKの金曜時代劇ファンやったんやんか、なのに木曜日に引っ越してしまってさ、でもやっぱり金曜日は時代劇やなぁ。必殺のころからの決まりやね。

 さて、「逃亡者おりん」。箱根の関所を通りたくても、手形を持っていないおりんは獣道を村人になりすまして通ろうとする。そこへおりんの追っ手が現れ、傷ついてしまう。傷を癒すために山小屋へ逃れるおりん。そこに雨宿りで現れた侍二人。月代が伸びてたから、先週の予告見たとき浪人者かなって思ってたんやけど、上意討ちの旅をしているうちに路銀が尽きてきて、床屋に行くお金もなくなったんか。
 この侍二人も悲惨やったよね。殿が気に入ったのが藩士の妻、その妻を連れて逃げた侍の後を追うのに、友達やった侍を追っ手に使わすんやからなぁ。

 大高さんの侍は金で、連れの方は女に目がないっていう設定やったのかな。

 おりんを匿ってくれた木地師の夫婦が脱藩した侍。おりんと藩士の追っ手が合流してまうんよね、で最後、大高さんたち追っ手側も追われてた夫婦の方も亡くなってまうという実も蓋もない展開。しゃーないかそういうドラマなんやから。

 ○桜2号
 載寧君、待望の主演ドラマ。ブルーの林君、イエローの木下あゆ美ちゃんが既に主演張ったから、やっぱり気合も入ってるんちゃうかな。

 大阪朝日放送制作のドラマで、大阪が舞台やから載寧君、大阪弁がんばってます。せやけど、ちょっと背中が痒くなるイントネーションの時あるけどね。

 ヒロイン桜役は劇場版仮面ライダー剣でラルクやってた三津谷葉子ちゃん。

 父親が町工場をやってる息子・テツヤは人型ロボットを作る天才。1年前に亡くなった恋人・さくらとそっくりのロボット桜2号を作って…。というようなストーリー。8回連続。
 
 亡くなった恋人そっくりなロボットを作ったってところで、もうラストが切ないというのが決定してるような気がするんやけど。

 「逃亡者おりん」にしても「桜2号」にしても全国平等に見られるドラマではないんやけど、「桜2号」を関西以外で見られるのが今のところ、山形テレビ〔11月13日(月)深夜0:45~〕・青森朝日放送〔11月15日(水)深夜0:45~〕・秋田朝日放送〔11月20日(月)1:15~〕みたいよ。微妙やなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.29

今週のボウケン&カブト(10月5週目)

 「ボウケンジャー Task.35」

 ボウケンジャーにしては知能派な仕事。今まではチーフの性格上体育会系な仕事が多かったからなぁ。

 真墨と菜月が加入する前に、さくらの蒼太が確保できなかったプレシャス・神の頭を取り戻すんか。ちょくちょくあるよねリベンジ物、私の記憶にあるのは、ガオイエローがガオレンジャーになり立てで、ちゃんと倒せずに封印しただけだったのが再び現れたどころか強力になってしまってたのとか。

 ダークシャドーが手に入れていた神の頭のお値段が、3億円。ほほー、でかい仕事やがな。今回もカースがお手伝いねぇ。

 潜入捜査で、運搬の仕事をしてる菜月・真墨・高丘。高丘、作業服の方が若く見えるんやけど。耳にささってるイヤホン、刑事物みたいやん。

 工場に潜入したさくらと蒼太。警備員の制服、どっから調達してきたんやろ。それに本物の警備員縛られて転がされてるし。ちゃんと理由を言えば、協力してもらえるんちゃうん。さくらって自分の都合の悪いことは、よく忘れてるような気がするんやけど。

 高丘たちのいる場所には、妖しげなアラブ系の衣装の面々が。さくらたちがいる工場には風のシズカが。風のシズカ曰く、「この神の頭で研究開発すれば、どんな武器もどんどこできちゃいますよ」って、このご時世、こっそり作った武器は、某将軍様の国に密貿易でもするみたいやんか。

 シズカのいた場所はセントラルコントロールルームなんやろ、研究室でもないのに、なんでその部屋のおじ様たちは白衣やねん。普通こういう部屋にいる人は建物全館のコントロールするんやから、作業服着てると思うんやけどなぁ。

 まぁ、あとでネタバレはするけど、この研究者のおじさん「それは本物なんだろうな、偽物には金は払えんぞ」なんて言ってたから、ここにもシズカ売込みに来てたんかな、でもここは3億円までのお金は出なかったから、偽物持ってきたんかもしれへんな。

 休憩室にいる女の子を気にする蒼太に向けたさくらの視線、めっちゃグッジョブ。

 神の頭に邪魔者をやっつけるように指示するシズカ。するとLANケーブルが勝手に延びていって、モジュラーに繋がり、ドアは勝手に閉まるし、監視カメラは光線銃に早替わり。蒼太が撃たれた場所、足の甲のようにも見えたんやけど、それやのに膝近辺に布巻いてたよね。

 鏡を見て顔を押さえるチーフ。ひょっとして、そういうことかなぁって、一応は思ってたんやけどね。

 休憩室に、何かのコントロールパネルを見つける蒼太。モバイルコンピューターを接続してシステムに侵入し、ドアや監視カメラの制御を狂わそうとする蒼太。モバイルコンピューターを操作している速さ見てると、こんな調子で脳トレやったら脳年齢何歳になるんやろうってくらい速かったよね。

 工場に到着する真墨・菜月・高丘。そこへ合流するチーフ。これもネタバレ判ってて書くけどさぁ、チーフ、牧野さんっぽい口ぶりになりきれてへんねんから、ちょくちょく牧野さんがやってる仕種も入れてみたらよかったんちゃうかな。例えば、指をぱらぱら動かすのとか、頬に指をあてるとか。
 せやかて、牧野さんの方はチーフっぽく、指鳴らしたりしてたんやから。

 闇のヤイバが本当の取引相手に神の頭を渡したと思ったら、昔土曜ワイド劇場で天知茂がやってた明智小五郎みたいに牧野先生に変身してたチーフ。そして工場にいたのはチーフに変身してた牧野さん。そうかそれで真墨が「探偵は逮捕できないんだよ」って言ってたのは、明智小五郎に引っ掛けてたんやな。

 工場の屋上で牧野さんまでアクセルラー回転させるから、変身できるのかと思ったら、カッコだけかよ。ならなんで一緒にポーズつけるねん。ただやって見たかっただけ?

 デュアルクラッシャーを見て、「なんだその尖った奴は」っていうマモリガミ。PCとお守りでできたカミの割には分析力が全くないやん。

 ボウケンシルバー、「俺様良いとこ無し決定かよ」。しゃぁないなぁ、ゴーゴーボイジャー販促月間ですから。1ヶ月は良いとこ無しやと思うな。

 なんて思ってたら、登場3回目にして、操縦席で火花が散るゴーゴーボイジャー。ボイジャーフォーメイションって、クラクション鳴らすみたいにするんや。良いとこ無しになりかけていたブラックとイエロー、目立つためには少々の無理でもやらなあかんということかな。

 結局、神の頭ってどんなに凄いプレシャスか判らずじまいでミッション完了。

 来週は、日本昔話の王道・桃太郎。これは外せんやろ。

 「仮面ライダーカブト 39」

 東映公式に拠ると田崎監督がカブトを担当するのは40回で終了とか。そう考えるとあと担当監督4人くらいでカブト撮了やもんなぁ。早いなぁ。

 ひよりがいた皆既月食の世界を思い出す天道。ただハイパーカブトを使ったとしてもあの世界に行けないっていう縛りがあるんか。

 麗奈の手下みたいな女。あの猫背な雰囲気がなかなか不気味やねぇ、いい味出してるというか。

 もうザビーゼクターはパーフェクトゼクターのためだけに存在するんかなぁ、仮面ライダーザビーはもう登場せぇへんかもしれへんと思うと寂しい気がする。

 パーフェクトゼクターによって頭部を攻撃され、一時的にワームの記憶を無くしてしまう麗奈。

 大介の衣装、どっから見つけて来たんやろ。トレードマークのハンチング帽&ベストと合ってないし。

 麗奈って、普通のアパートに住んでるんやね。カレンダーが7月・8月になってたし、扇風機もまだ部屋にあったやんか、カブトに出てきたのは7月4週目からやったから、そこから時間が止まってるってことか。
 腕に渋谷隕石のブレスレッドしてたけど、ネィティブなんやろか。

 紅会の稽古に戻ってきた麗奈のセリフ「忘れよう、何もなかったんだ」ってワームの記憶がないはずやのに、何を忘れようとしてるんやろ?

 東映公式で昼帯みたいって書いてあったけど、ほんまに昼ドラやし。三輪さん、悲しげな表情してるから昼ドラのヒロインいけるやん。声楽の先生といい、ライバルのおねぇちゃんといい、まんまやんか。

 ひよりの部屋、これはアパートとちゃうやろ、マンションやで。たまにしか行ってないサルのバイトでこんな部屋は住まれへんよなぁ。

 出たぁぁああ、兄弟ラーメン。兄醤油に弟味噌。美術さんグッジョブっすねぇ。また矢車の食べ方が、それじゃぁごんぶとのCMやんか。たぶん一口で終了やな。今のところ地獄兄弟も売りやから、一応顔出させたという感ありありのような。

 岬と加賀美の偽恋人って、龍騎の劇場版とパターンが一緒よねぇ。

 ガタック、飛び上がってワームの頭を足で挟んで倒すっての、プロレス技やけど、めっちゃカッコいいっすねぇ。というか今日のガタックのアクション、足技が多かったような。

 やっぱり皆既日食の世界にいたのは、捕らわれの天道やったんか。それに黒カブト、子供向けっていうより、マニア向けなんちゃうん。めちゃ素敵。ちと555な気もするけど。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2006.10.26

小ネタ3題

○グーグルのマップ検索って使ったことあります?

 普通の地図検索やとただ地図の上に丸印がつくだけやんか。
グーグルのマップ検索やと、地図・航空写真・地図+航空写真のなかから自分の見たいものが選べるんよね。ちょっと試しに自分の家の住所検索して見てよ、自分の家の屋根が見えると感激するよ。
 ただし、航空写真ちょっと古いから、つい最近できたばっかりのマンションとかは映ってなかったりするんやけどね。

○ハイチュウの疑問

 最近、ポケット菓子にちょこちょこハイチュウ買うんやんか。堂本剛君がCMやってる<グリーンアップル味>とか<蜜入りりんご味>とか。
 で裏の原材料名のところやねんけど、<グリーンアップル味>には濃縮アップル果汁とアップルジャムが使われてて、<蜜入りりんご味>には濃縮りんご果汁とりんごジャムが使われてるんやて。アップルとりんごは別物なんやろか??なんでやねんっ!!って感じ。それが疑問。

○FC2 MySearch付けてみたんやけど。

 2週間くらい前から、MySearch付けてみたんよね。何個か単語が並んでて、特定の文字だけ大きくなってるでしょ、あれってあの文字をクリックして検索した人が多いってことやねん。ということで今は「萩野崇」を検索してはる人が多いみたいやね。

 この間、小ネタ整理した時に、Aビールさんのこと書いたら、何日か後にその会社からTBいただいてしまいました。凄いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.24

生じょーじ 生かんべ 初TEAM発砲B-ZIN

 TEAM発砲B-ZINの「マジヨ」見てきました。詳しいあらすじ・感想は後日「村をんなの独白」で。

 その前に、印象など取り留めなくってところで。

 初めて拝見させてもらった「TEAM発砲B-ZIN」さん、村をんなの印象から言うと、ファンの皆さんには申し訳ないんやけど、なんか劇団☆新感線のスケールをちっちゃくした感じやったかな。お芝居が始まる前にロックを流し続けてたところとか、擬音の入れ方、映像の使い方、なんか似た感じがしたんよね。

 でもまぁ、TEAM発砲B-ZINさんはこじんまりしてる分、家族的な暖かさは伝わってきたけどね。

 小劇場系のお芝居前の諸注意見るの好きでね、この間やっぱり初めて見たキャラメルボックスさんは新人さんが黒子で出てきて、諸注意やらグッズのお知らせしてたし、花組芝居は館内放送で、芝居の初っ端に出てこないメンバー2~3人がだらだらと漫才のように話をするんやけど、これって芝居が始まる前に客席を暖める効果もあって楽しいし、その劇団の雰囲気も伝わってくるやんか。
 TEAM発砲B-ZINさんところは、女の子の声で一応注意の放送があっただけであっさり芝居が始まったもんやから、なんか拍子抜けしちゃった。

 カーテンコールの挨拶の時に、きださんが土・日2回の大阪公演で両日とも後ろの席までいっぱいなのに、感激しはって「アンケートには、関西は大阪と書いてください」とかって言うてはったんやけど、それ聞いて前回の新神戸オリエンタル劇場は入りが厳しかったんやろかと思ってもうた。

 同じくカーテンコールで次回公演のお知らせがあって、その時に渋江君には威吹鬼変身の、かんべちゃんにはセーラームーンの音が用意されてたんやんか、威吹鬼変身ポーズのとき結構拍手喝采やったから、生じょーじを見に来た人多いんやって思ったんやけど。

 さて、今回の目玉、渋江譲二君なんですが、演劇界に紛れ込んだ異邦人って感じやったなぁ。渋江君、なんと板付きやったのには「おぉー」って思ったんやけど、メイドさんたちと王子が喧嘩してるのを物陰からまごまごしながら見てるっていうところなんか、そのまま初舞台で右も左もって感じの姿とダブっちゃったかな。
 それからテレビ映像中心の仕事してる役者さんの癖として、カメラのフレームにはまる範囲で芝居しちゃうんよね、だから芝居の広がりが小さいねん。渋江君も思いっきりそういう芝居してたな。それとなんだか2~3歩小走りになる芝居が目に付いたんやけど、それもテレビ役者やってるといつの間にかそういう癖が身に付いてまうんかもしれへんな。
 あとは、まんまイブキ。これもまだまだ芸の引き出しが無いから、これからの精進しだいやろうな。

 神戸みゆきちゃんは、さすが上手かったよ。自分の見せ方もちゃんとわきまえてるし、初めての悪役だったらしいんやけど、コケティッシュでよかったなぁ。かんべちゃんは、テレビの枠からはみでる役者さん(もちろん賛辞です)、今後の成長が楽しみな女優さんやなぁと目から鱗が落ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.22

今週のボウケン&カブト(10月4週目)

 「ボウケンジャー Task.34」

 菜月がレムリア人だったことが判明した後編。さすが肝心なストーリーなだけあって、アバンタイトルが先週の復習やったね。

 邪機竜グランドもレムリアの太陽エネルギーが切れたけど、ゴーゴーボイジャーも未整備での出撃。ボウケンジャーって忙しいから、新兵器は実践で使用しながら覚えていくという相変わらず無茶なことやってるやんか。

 クエスターの地下秘密倉庫に潜り込む真墨。真墨の姿を監視カメラで見つけて、戦いに向かうリュウオーン。リュウオーンが撃った弾丸でアクセルラーを回転させて変身するやなんて、ちょっとカッコええやんか。
 身体を捻りながらジャンプしてサバイバスターを発射させるって、素敵やん、今井さん。

 リュウオーンによって赤い手錠をはめられ、動きを制限されてしまうブラック。でもさぁ、折角の手錠やったのに、リュウオーン自分の剣で切ってまうし。でました、久々のボウケンブラックの持ち道具・ボウケンハンマー。めっちゃ久しぶりのような…。

 ガイとの戦いに苦労するレッド・ピンク・ブルー・シルバー。そこへ牧野先生からゴーゴーボイジャー整備完了の連絡が。ゴーゴーボイジャーって、陸海両用なんや。まだ邪機竜グランド、出現してへんのに出動させて、ガイを跳ね飛ばしてまうって、レッドは相変わらず荒っぽいよな。

 レムリアの太陽に、自分のエネルギーを注ぎ込む菜月。これ見て思ったんやけど、もし菜月が自分のエネルギーを全部注ぎ込んでしもうたんやったら、浦島太郎みたいに皺々の老人になっとったんやろか、それとも赤ちゃんに戻ってもうたんやろか、どっちやと思う?朱鬼みたいに白骨化してまうのはあまりにも可哀想やから、赤ちゃんになってまうのが絵的にはいいやろなって思ったんやけど。

 ボウケンブラックの前に立ちはだかるレイを排除するために、レイを4人で取り囲んで地上へと連れ去るボウケンジャーたち。ブラックだけやなくブルーまで持ち道具のお出ましかいな。

 真墨の愛の力で、レイの催眠術が解ける菜月。「菜月はイエローでいていいの?」ってボウケンジャーの最初のころのシーンが流れたけど、チーフと真墨の顔、可愛かったよね。真墨は髪の毛めっちゃ短かったし。

 完全に正気に戻って倒れそうになった所を真墨に抱きかかえられる菜月。その時「真墨?」って口走ってるのに、「俺が誰だか判るか?」って聞くかなぁ。

 ダイボイジャーの活躍により、邪機竜グランド撃破。

 レムリア時代の菜月の名前がリリーナですか。お父さんもお母さんもめっちゃ優しそう。東映公式にお父さん・お母さんの二人が地球の平和のために戦ってるときの決めポーズの写真載ってたけど、活躍しているのを知ってる人にとってはめっちゃ嬉しいやろな。

 レムリアの太陽も無事確保されて、菜月の謎もめでたく回収。

 「仮面ライダーカブト 38」

 樹下の通う学校の怪談、後編。

 地区の大会で優勝しちゃった野球部。おいおいアストロ球団かよ、超人野球かよって突っ込みたくなるぐらいの球投げるんやな。
 そのピッチャー相手に「ワームかどうか勝負して確かめてやる」って、そんなんで判るんかよ。だいたいワームかどうか識別できる機械がゼクトにはあったはずやねんけど、すっかり忘却のかなたに置き忘れられてるよな。

 とはいえ、さすが野球少年だった加賀美。バッティングの形、めっちゃ綺麗やんか。振り切ったあとも流れずに、ちゃんと力が入った状態で止まってるし。

 焼きそばパン屋の前でミーティングするチーム天道。加賀美の持ってるノートの表紙に、でっかくまる秘って書いてあるのが可愛い。あんなに書いてあったら、かえって見たくなるんやけど。

 呪いの鏡に祈っちゃう樹花ちゃん。なんやねん、怖がってたんとちゃうんかよ。

 天道による謎解き。
 生徒をワームに売った理事長。この理事長自身がワームでなかったのが変なような気がせぇへんかった?私はしたんやけど。岬さん、理事長のこと逮捕してたけど、ゼクトに逮捕権ってあったんかいな。

 ハイパーキャストオフして、空中から現れたハイパーゼクターを構えるとサソードゼクターは勝手に変身解除しちゃうし、ドレイクゼクター・ザビーゼクターはどこからともなく現れるし、ありゃぁ装甲???って思ってたら、ボタンを押したら「カブトパワー」とか「ドレイクパワー」とかって言うやんか、こうなるとブレイドのキングフォームみたいやし。ネタ切れ?(笑)

 神代が、学校の怪談に何のためにうろうろ現れてるんやろって思ってたら、このパーフェクトゼクターでサソードゼクターが必要やったからなんか、なんかこじつけみたいよね。

 ハイパーゼクターの力で皆既日食の世界を垣間見てしまう天道。あれが未来なん?

 先週の予告で、ウィンナーが入ったお料理とか、神代がジャガイモの三個こがし(かも?)を食べさせられてる所があったけど、カットされてましたねぇ。

 来週は久々に風間大介が登場やけど、衣装が益々パワーアップしてますなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2006.10.21

大高洋夫さんがっ!!

 10月27日(金)20:00~テレ東系で放映されている連続時代劇「逃亡者おりん」に、大高洋夫さんがゲスト悪役でご出演です。

 公式サイトで動画の予告が見られるんやけど、主人公のおりんを襲う浪人者の役みたいよ。ガジャ様でも山奥でのロケ多いんやけど、ゲスト悪役でもやっぱり山奥ロケかよと突っ込んでもうたがな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.19

Colors

 日曜日の話の続き。

 松竹座を出たら自然に足はアルシヨンへ。相変わらず満席やったなぁ。だいたいゆっくりケーキや料理を味わう人が多いから、回転率がよくないんよ。その分、席があくまで15分以上は待たなあかんのは、覚悟して行くんやけどね。

 いただいたのは、イチジクのミルフィーユ。デジカメ持っていくの忘れてたから、画像でご紹介でけへんのが残念やったけど、美味しかったよ。紅茶も名前忘れたけど、普段なかなか飲まれへんような、味わい深さで、テーブルの前に座っちゃったら、待ってる人のことはすっかり忘れて、お尻に根が生えてもうたがな。

 歌舞伎が終わったのが、2時25分くらいやったかな、普通のに比べると30分くらいは短かったから、ケーキを食べても時間的に余裕があったので、その後一緒に行った友人と別れて、日本橋道楽覗きに行ったんやんか。

 1時間半粘ったお陰で、見つけたのが松田悟志の「Colors」。これレンタル落ちちゃうかってん、新品よ新品。在庫処分でどっかからでてきたんちゃうかな、たった1本だけ残ってました。新品やったので特典のオリジナルポストカードももちろん封入してありました。実は絵葉書好きな村をんな、コレクションが増えて、めちゃ嬉しかったがな。

 02年12月4日の日付になってたから、4年前のまっすん、ちょっと可愛い。35分間、まっすんの魅力凝縮。釣りのシーンももちろんあったし、バスケの巧いところにも感心。「松田ラボ」で昔部屋が狭い狭いってよく書いてはったけど、ほんまに狭かった(笑)。たぶん撮影があるから部屋中に吊ってあった服を片付けて窓も開けてたんやなと思いながら見てたんやけどね。

 でもねぇ、真摯に語ってるまっすんを見てると、こっちが恥ずかしくなってくるって感は残ったな。「DISTANCE」の録音風景なんかも映ってたけど、せっかくやからPVも収録してくれてたら良かったのにと、ふと思ったんやけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.17

BL歌舞伎

 15日の日曜日、松竹座でやってるBL歌舞伎見てきました。ちゃんとした感想は「村をんなの独白」のほうにUPしたんやけど、こちらにもざくっとした感想を。

 友達と松竹座の前で待ち合わせしたんよね、10時から10時半の間適当にってことで、それで劇場の前におったんやけど、開場15分前になっても、劇場の前ガラーーーンとしてるんやんか。普通やったらこれくらいの時間やったら、まぁまぁ人が集まってきてるはずやのに。そしたら友人が「もう楽屋口の前、凄い人やったで。人が通られへんくらい」の入り待ち。お陰で、劇場の前で幕間のお食事の予約取ってる皆さん、めっちゃ手持ち無沙汰にしてはった。
こんな時間に楽屋入って間に合うん?って疑問に思ってたら、主役の染五郎さんも愛之助さんも芝居に出てくるの1部の後半やったもんね。

 歌舞伎を見にくる人って、一般の人よりはBLに寛容やとは思うんやけど(っていうのも衣装・化粧は女やけど、中身は男が男とラブシーンなんか普通にやってるし、あぁこの人は女より男の方が好きなんやろうなって思わせる人が一般よりは多めに存在してる社会やからね)、それでも今回の芝居のラブシーンは、ちと露骨めで劇場中から失笑が起きてたな(露骨というても花組芝居ほどではないけど)。

 現代調の邦楽(猿之助さんのスーパー歌舞伎なんかでよく使われてる)にあわせて男声の歌が始まるんよね、それで愛之助さん演じる数馬が染五郎さん演じる友右衛門の手を引っ張って、奥の部屋に入る。友右衛門が帯を解かれながらチラッと現れ、引っ込むと二人の姿がシルエットになってキスをするっぽいのが浮かび上がるんやけど、チョンマゲ頭二つがくっつくってのは、やっぱりどうもなぁ・・・・失笑しかないがな。

 腐女子じゃないんで、間違ってるかもしれへんけど、数馬×友右衛門ってカップルだったような気がする。(数馬は前髪立ちのお小姓姿ですよ)

 今の所、東京での上演は決まってないらしいけど、10月の松竹座ってこういう実験的な芝居が多いみたいやなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.15

今週のボウケン&カブト(10月3週目)

 「ボウケンジャー Task.33」

 唐物屋さんへ大掃除の手伝いに行っている菜月。菜月のブレスレットを見て、あることを思い出す唐物屋のおばぁちゃん。でもあれってネガティブに言わされてたセリフやとばっかり思ってたんやけど、あながちそうでも無かったんか。

 邪機竜グランド、ゴードムエンジン搭載なんや。ガジャ様の作ったものをけなしてるくせに、やっぱりガジャ様が作ったゴードムエンジン使わんとあかんねんなぁ。しかし上手く起動せず。レムリアの太陽があれば動くと言うリュウオーン。

 レムリア人のことを知らないリュウオーンを小馬鹿にするガイとレイ。そのセリフの間がいい感じやんか。

 クエスターが街を破壊していることを告げる高丘の顔、やけに嬉しそうやったよね。やっぱりクエスターあっての高丘やもんな。

 ガイ・レイの立っている場所の前に、炎が見えその中から現れるリュウオーン。リュウオーンがこんな現れ方するの初めてちゃう。
 でもって、ガイ・レイが「ゴードムエンジン始動」なんて言うのも初めて聞いたような気がする。

 菜月を見つけた場所にはちゃんとお月様と菜の花があったんやね。

 菜月の様子が変だったことから、唐物屋さんから貰ってきた箱の中身を見るボウケンジャーたち。ちょっと江戸時代のマリア像みたいな感じやったよね。
 

 菜月はレムリア人だったことがガイ・レイによって明かされる。
えぇぇぇぇ、今日のボウケンジャーってめっちゃ重要なポイントの日やったんや。最初、唐物屋の蔵の中で相変わらずずっこけてる菜月からは想像もでけへんかったよね。
 
 何者かに導かれるように自分が眠っていた部屋へ案内する菜月。菜月は5千年に1歳のペースで成長するように設定され眠らされていたやなんて。で、目覚めたら普通に1年で1歳ずつ年取るんやろか。

 東映公式によると、菜月のお父さんとお母さん役の人もかつてイエローをやってはったそうやね。言われてみれば、過去にレッドやってはった人よりも優しそうな顔つきのような気がするんやけど。(過去にレッドやってはった人ってやっぱりどこか自分が中心みたいな感じがするでしょ)

 またまたガイ・レイによって催眠術に掛かってまう菜月。確か偽妹が出てきたときも、催眠術に掛かってもうてたやんか。

 レムリアの太陽に影響されてアルティメットダイボウケン・サイレンビルダーを攻撃し始めるズバーン。ズバーンによって倒されてしまうサイレンビルダーと邪機竜グランドに倒されるアルティメットダイボウケン。

 戦艦?これがクリスマス商戦向け商品なん?今日はお披露目だけやったけど、これもロボに変形するんやろな。ゴーゴーボイジャーってでかそうやったから、お値段もなかなか立派やったりして。

 今までズバーンはチーフの言うこと聞いてきたけど、これからは菜月のしもべになるんかな。
 ということで、レムリアの姫・菜月の運命やいかに…ってところで来週へ。

 今日のスーパー戦隊は、ボウケンジャーってボウケンジャーまで紹介するんかいな。

 「仮面ライダーカブト 37」

 今週来週は、樹花ちゃんの学校で起きた不思議な事件をめぐるカブトのサブストーリー。

 潜入捜査のため、焼きそばパンの屋台を学校の屋上に準備し始める天道。
その側で試験勉強をする女の子。彼女が言った「呪いの鏡」が「のろいの、加賀美」に聞こえてまう蓮華。蓮華は一度耳鼻咽喉科に行ったほうが良さそうやな。この間から「カレイの煮付け」→「カレーに漬物」とか「芋の煮っ転がし」→「芋の二個焦がし」とか。

 おぉ、樹花ちゃんすごーーい、1番だって。
 
 ワームに襲われる女の子を見て、即座にパンチホッパーに変身する影山。ダークになったときのほうが素直みたいやな。ゼクトにいる時は、ゼクトでの立場が良くなるか悪くなるかで、ザビーに変身するかどうか決めてたみたいやったけど。

 粉々に砕けた陶器製のふくろうのお守りを、修繕した影山。まだそこに人間らしさが残ってるってことを表してるんやろうか。その姿を見て「少しでも光をつかもうとしたらしっぺ返しを食らうぜ」と注意する矢車。この二人の衣装、これからどんどん寒くなるやろな。

 ラグビー部のコーチになる加賀美。しかしこの部員たちどう見ても中学生には見えないんやけど。

 歌声と共に消えたはずの野球部員が現れる、がその場所からワームが出現しカブトとガタックが戦い始める。
 おっ、カブトも新兵器=クリスマス商戦用玩具か。ズバーンの剣に似てるから、かぶってるみたいで、ちょっと残念かも。

 小林恵子やってた女の子、この声、このあご、どっかで見た子やったんやけど………と思ったら、アバレンジャーでリジェやってたかすみちゃんやんか。大きくなったなぁ。でも声とあごは変わってなかったけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.10.14

「スイーツドリーム」もいよいよ大詰め

 ハギーが出てるっていうので、毎日引きずられるように見ている「スイーツドリーム」。いよいよあと10回ってことで大詰めになってくるんやけどね。

 元々マルコシデパートに勤めていたときの彼氏・西島君が、史織にプロポーズしようと思って、彼女の住んでるマンションの入り口に向かおうとしていると、そこには一之瀬の姿が。

 西島君が「あれっ」と思って見ていると、マンションから史織が現れて、一之瀬が抱きしめてる。西島君は手に持っていたエンゲージリングを落として、ボーゼンという所で来週へ。

 史織と一之瀬はあんことシュウっていう仮名で、メールのやりとりをしてて、お互いにそのメールによって勇気付けられ、次第に惹かれあうようになったっていうストーリーやねんけど、西島君は元カレの癖に、史織のメルアド知らんかったんかよっ!!

 一之瀬って、レストランチェーンの社長なのに、いつもスイーツハートの3人がたむろしてる自然食レストランで食事してるのって、変やろ。それともあの「アクア」って店はインペリアルの関連店なんかぁ?

 そして史織と待ち合わせるの「アクア」が多いねんけど、あそこで待ち合わせしたら「スイーツハート」の涼子さんや桃ちゃんと鉢合わせする可能性高いやろ。ひょっとしたら西島君が現れるかもしれへんやんか。内緒にしたいはずやのに、変やよね。

 それからTBSの「スイーツドリーム」のキャストのページやねんけど、ほとんどドラマに出てないマルコシデパートの部長とか腰巾着の顔写真はあるのに、毎日出てるハギーの写真載ってないって、どういうことよっ!!これも変よね。

 西島君の役をやってる川岡大次郎さんなんやけど、お菓子作りが趣味なんやて、公式サイト見たらかなり本格的に勉強してはるみたい。実は西島君が一番「スイーツハート」の経営したかったりして(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.10.12

新 影の軍団 1

 前回の「ガメラ」といい、今回の「新 影の軍団」といい、なんでこんな記事が続いているかというと、先週の土曜日、家の近くのレンタルビデオ屋が旧作ビデオレンタル1本100円dayやったんよね。 それで仮面ライダー龍騎4・5、ガメラ1、新影の軍団1を借りて見てたという訳。

 10月9日(月)、昼食後(うちの家は昼食が11時)、仮面ライダー龍騎見てて、さぁぼちぼち「芋たこなんきん」始まるがなとミラーワールドから現実の世界に戻ってきたら、核実験のニュースで大騒ぎになってて、びっくりしてもうた。

 さて「新 影の軍団1」。

 元々伊賀の下忍生まれの疾風(山口祥行)、妖騎(高野八誠)、金剛丸(船木誠勝)の3人は、子供の頃織田信長の伊賀攻めの時に逃げ出し、3人で食べるものを盗んで生き延びていた。毎日のこんな生活に飽き飽きした疾風は、紫苑城を盗もうと2人を誘い、城の金蔵に忍び込んだ所を、服部半蔵に見つかり、散り散りになっている伊賀者を集めていると声を掛けられる。

 服部半蔵に教えられた山寺に行くと、伊賀者たちが集まっていた。そこには紫苑城の姫が匿われているので、その姫を守るようにと服部半蔵に命ぜられるのだが、風魔一族の襲撃にあい、まんまと姫を奪われてしまう。

 そこで姫を奪還するために、集まった伊賀者が力をあわせて風魔の陣地を襲う。

というのが大雑把なストーリー。はっきり言って突っ込みたくなる箇所満載なストーリーで、時代劇というよりも忍者ゲームを映画化したって感じかな。

 1の主役は山口祥行さんやろな。アクションが凄いです。立ち回りしながら、斬りつけた相手の忍者を足で蹴り飛ばすなんて荒業、やってのけてるもんね。今まで人を斬ったことがなかった疾風たちが、風魔との戦いの中で忍者として一人前になっていくところなんかもすごかったよ。

 仮面ライダーカブトの田所さんにちょっと物足りなさを感じてる人に一度見て欲しい作品です。最近田所さんコメディーパート担当させられてるからねぇ。カブトでしか山口さんを知らない人は目から鱗が落ちるかも。(でもVシネマなんで、かなり血なまぐさいから、いくらお芝居とはいえそういうの苦手な人には、お奨めできないんですが。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.10

ガメラ 大怪獣空中決戦

 やっと「ガメラ 大怪獣空中決戦」レンタルで借りて見ました。通称"平成ガメラ1"って言うた方が判りやすいかな。

 まず平成ガメラを見たのが、「邪神(イリス)覚醒」(平成ガメラ3)をレンタル落ちで買ってきたのがきっかけやったでしょ、なので見ててもちょこちょこ判らへんところがあって、痒い所に手が届けへん感じがずーっとしてたんよね。
 なんかサスペンスの種明かしをやっと見れたって感じかな。

 海上保安庁巡視船「のじま」に守られながら、プルトニウム輸送船がフィリピン海沖を航行中、海図に載っていない環礁に座礁する。しかしこの環礁は自ら船を離れていくという不思議な動きをしていた。
 
 また一方五島列島の姫神島に珍しい大きな雛鳥がいるという報告を受けて、調査に行った平田先生を始め、6世帯17人の島民全員が襲われたということで警察官たちと捜索に入った鳥類学者・長峰真弓は巨大な鳥が飛んでいるのを目撃する。

 八島海上保険の社員・草薙は環礁を調査することになり、海上保安庁から長期休暇をとった米森とともに太平洋に向かう。謎の環礁を見つけた草薙・米森たちは、調査を始める。すると多量の勾玉と古代文字の石碑を発見する。
 石碑を発掘中、突然石碑は崩壊し、それと共にガメラが目覚める。

 こんな感じで、ガメラの物語が始まるんやけど、面白かったがな。
ガメラと通信できる少女・浅黄が草薙(小野寺昭)の娘やったことを初めて知ったんよね。2・3ではお父さん出てけぇへんかったから。

 本田博太郎さんが演じていた役人が、環境庁の斉藤審議官でギャオスのことを初めは希少生物として保護するため生きたまま捕獲するという閣議決定に従おうとしていたから、ギャオスが巨大化する時間を与えてしまった人間やったってこと。3の時には会議の場面に出てきて「すっかり怪獣専門ですよ」なんて、自嘲気味に言ってたんで、いったいどういう人なんやろうって疑問に思ってたんよね。

 3の時に出てきた山咲千里が八島海上保険に勾玉を見せてもらいに行くシーンで、「仙台でガメラがやられたときに総て割れてしまいました」と保険会社の社員が言うシーンがあったのも、初めて見たときは「????」やったんやけど、やっと1でガメラの背中から拾ってきた勾玉が、2でレギオンと戦ってガメラが一度息絶えたときに、粉々に割れたってことで氷解。

 1でガメラと対戦した経験を買われて自衛隊のえらいさん(長谷川初範)が、2でも東京に向かう前にガメラとレギオンを食い止めるために出て来ることになったんやろうなと、細かい設定にも感心したり。

 3でイリスを倒した後、傷だらけになりながら、ガメラが世界中から日本に集結しようとしているギャオスに立ち向かおうとしているところで映画は終わるんやけど、なんでギャオスが大量発生したのかと思ってたら、ギャオスは完全無欠の一対の遺伝子を持っていて、一羽だけでも繁殖可能。そして渡りをして世界中に卵を産み付けていたってこととかね。

 平成ガメラはほんま癖になるなぁ。何回見ても、壮大なスケールと細心の設定に見入ってまうし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.09

今週のボウケン&カブト(10月2週目)

 「ボウケンジャー Task.32」

 冒険スクールに受験しに来るチーフ・蒼太・菜月。先週の予告見たとき、てっきり蒼太もブレザー系学生服かと思ってたんやけど、スーツやったんやな。
 チーフは一応アキバ系のつもりなんやろか。

 「素人相手の試験だ、問題ない」と言い切ったチーフが入学試験に落ちて、完全に凹んでるんやけど、そんな姿一番見せたらあかん二人に見られちゃったんやもんなぁ。もうずーーーーっと一生言われ続けるんちゃうん。

 遅刻してきた島田コウスケ。めっちゃ濃い顔やね、これは一度見たら忘れられへんなぁ。役者として得なんちゃうん。

 冒険学校講師・シルベガミの授業。めっちゃレベル高いよね。星空の写真見て、ぱっと方角が判るんやったら、わざわざ学校に来んでもええちゅうねん。それにこの写真見て判ってるの、蒼太と菜月だけちゃうん、答えがわかった後みんな感心して拍手してるしね。

 体力づくり中の生徒の皆さん。跳び箱とかめっちゃ綺麗に飛んではるよね。やっぱりJAEの皆さんなんやろか。

 またまたチーフの気持ちを逆なでする高丘。めっちゃ楽しそう。

 島田が冒険学校を受験しようと思ったのは、子供の頃に見た「インディージョーンズ」にあこがれたからなんか。体力と度胸には問題ありやけど、根本のところは明石と同じ気持ちなんやろな。

 たった数時間の授業で、優秀な冒険者を決めてまうやなんて、こんなお手軽なセミナー怪しいことこの上なし。
 闇のヤイバは島田のことを「おまえは人質として残しただけだ、おまえなど最初から落第だ」とかっていうてたけど、人質にしてはえらいあっさり釈放してたやんか、なんか意味判らへんねんけど。

 島田が合格したのは間違いで、本当は57番の明石だったことが判明し、すっかり元に戻ったチーフ。

 海岸を歩かされる優秀な冒険者たち。蒼太と菜月がセリフをしゃべってる時、後ろを歩いてる女の人と風のシズカが小芝居してたけど、なんとなく仲よさげに見えたのは、あの後ろの人ひょっとして風のシズカの吹き替えやってる人なんやろか?

 実は光の船というプレシャスを浮上させるための人身御供に優秀な冒険者を集めていたダークシャドーたち。

 巨大化したシルベガミに対するのはダイボウケンとサイレンビルダー。
ブルーにしてはサイレンビルダーの肩を借りちゃうなんて、大胆な攻撃やね。でも本当ならダイボウケンの重量で、サイレンビルダー壊れててもおかしくないんちゃうん。

 まぁとにもかくにもシルベガミを粉砕して終了…すっかりみんな和んでたけど、光の船のプレシャスはどうしたん???

 最後、チーフから冒険を取ったら何も残らないって後に、逃げ出したみんなを追いかけようとしたチーフが島田にぶつかってずっこけたやんか、あれって偶然やったんかな、あまりにもタイミングが良すぎてそう見えたんやけど。

 今日のスーパー戦隊は、最後のマジレンジャー。グリーン蒼太とイエロー真墨、似合ってないよね。ちょっと無理かなって思ってたチーフがそうでもなかったのが意外やったりして。

 来週の予告、やっぱり菜月ちゃんの過去は唐船屋のおばぁちゃんが絡んでるんか。レムリアの設定もリュウオーンもまだ生きてたがな。

 「仮面ライダーカブト 36」

 今日のアバンタイトル、めっちゃ短かったよね。30秒くらい?

 お米の研ぎ方を習ってる蓮華。爪折れたとか言うてたよね。どんな折れ方したんやろ、それにはがれたマニキュアが絶対ご飯に混じってるような気がするんやけど。

 倒れた立川を神代の家に連れて行く加賀美。加賀美と神代ってどういう関係???って思っちゃうよね。立川と握手したことで、神代がさそりワームやってことが立川に判ってまうねんけど、立川は異常に恐れてたってことは、さそりワームって、凄い強いワームってことの証明なんやろか。

 これだけ加賀美と神代が仲良くなってしまってたら、最後にさそりワームと戦うときに加賀美がまた苦悩するんやろか。

 今週のコメディー担当は蓮華ちゃん。お疲れ様でした。何回もズッコケルのさせられたんやろうな。

 立川ワームは日下部夫婦を襲ったワームと同じという天道。あのシーン見たときは、いつものワームと違って角が付いてることまであんまり気にも留めんと見てたなぁ。

 加賀美父の元に訪れる天道、加賀美父が「カブトもガタックも自分の意思に関係なく全てのワームを倒すまで踊り続けるんだ」って言うやんか。加賀美父にあんなことを耳元で言われたら、それが潜在意識に刷り込まれて、勝手に動き出してしまいそうやな。

 「戦いの神ガタックに選ばれし 加賀美新」これは前に天道と加賀美がエリアXで見つけた書類に書かれてた言葉よね。書類はその後すぐ焼けちゃったけど「光を支配せし太陽の神カブトに選ばれし 日下部総司」っていうのも書かれてたってことか。

 あの時点ではなぜ未来のことが書かれているのか判らへんかったけど、今から考えればハイパーゼクターが過去と未来をうろうろしてるんやから、書くことができるってことになるよね。

 「光を支配せし・・・」という言葉と近づいてきた立川によって、暴走スイッチが入ってしまう天道。エリアXで拘束されていた天道も実はワームを倒すために踊り続けるというスイッチが切れなくなってたからなんやろか?

 加賀美父「君の壮大な計画は我々の息子たちが完成してくれるだろう」と言いながら、ファイルのあるページを引き裂く。またまた謎の言葉。

 日下部父って何をしてた人なんやろうね?

 影山もとうとうあんな目つきに…。この1週間で何があったんやろ。

 今週はカブト・ガタックのダブル変身だけやなくて、ホッパー×2の変身もあったし。なにより高岩さん、伊藤さんたいへんやったよね。普通のアクションはもちろん、暴走スイッチが入ったカブトとそれを阻止しようとするガタックっていうシーンもあったし、兄弟にもボコボコにされるし。アクション好きにはめっちゃ堪能させてもらえた週やったよね。

 立川ワームって、ドレイクやサソードに変身もできたはずやのに、麗奈ワームたちに囲まれた時には完全に無抵抗でやられてもうてたやんか、強かったのやら弱かったのやら。

 「皆既日食を探せ、ひよりさんはそこにいる」、皆既日食って月が太陽を完全に隠す状態でしょ。どういう謎解きが用意されてるんやろ、楽しみやな。

 うわぁ、今週はこの二人ですか、加賀美父と三島。

 結局、天道は集めたゼクターをみんなに返すことに。なんやねん、それ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2006.10.07

一週遅れの怨み屋本舗

 最終回 怨み屋の正体

 先週の特権階級の続きから 

 警察署長に怒鳴りつけられて、野田が寄木警部を殺そうとするやんか。いくらなんでも自分が警察から支給されている拳銃で狙うやなんて、絶対警察組織の中で生き残られへんの、見てる我々でさえ気が付いてるのに、なんなんだかって感じやったよね。その上、寄木警部が手にした張子の人形で頭殴られて、突き飛ばされた柱に頭打って死ぬやなんて、あまりにもあっけなさ過ぎて呆然。

 それに一応事故みたいなもんやとはいえ、刑事一人亡くなってるんやったら、事情聴取とかで、あんなに自由に怨み屋探しに行かれへんやろうって思ったよね。

 突っ込みたくなったのはここぐらいで、後は面白かったなぁ。

 結局、怨み屋の正体も新城聖美かと思われたけど、これも謎のままやったし。

 最後、野田の母親が怨み屋に寄木警部を殺すように依頼してたやんか、余韻のある終わり方やったよね。

 情報屋が「怨み屋にはまた逢えるかもしれねぇし、逢えないかもしれねぇな」って言うてたけど、これは怨み屋を楽しみにしてた視聴者への答えってことやね。

 また怨み屋に逢いたいよね、できれば映画館で。でもそうなるともうちょっと大人向けになってまうかな?
 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006.10.05

学習機能付リモートコマンダー

 今使ってるテレビデオは11年物。ということはそれに付属してるリモコンも11年使ってるんやんか。さすがに一番使うチャンネルの部分はかなり前にいかれてもうてたから、テレビ用のリモコン買って使ってて、ビデオ部分だけは元々のリモコンを誤魔化し誤魔化ししながら使ってたんやけど、とうとうそれもかなり危なくなってきたんよね。

 そりゃそうやわな、週に一度は、再生・停止・巻き戻しを頻繁に使うしねぇ。反応が悪くなってきたら、余計力いっぱいボタン押すやんか。悪循環もええとこでしょ。で完全につぶれる前に、新しいリモコンを買ったんやけど、それが学習機能付リモートコマンダー。

 つうか、リモコンの正式名称がリモートコマンダーっていうの初めて知ったし。

 まぁ、元々テレビデオもソニーやったし、新しく買ったリモコンもソニーやから基本的にはなんの問題もなかったんやけど、それでも2~3の機能を追加して学習させなあかんかったんよ。

 Rimocon2a          で、どうするかというとリモコンを向かい合わせに置いて、白い方のリモコンのSETボタンを押す→ビデオの機能を覚えさせたかったらビデオボタンを押す→覚えさせたいボタンを押す→黒い方のリモコンのボタンを押す→ピーっと音がすると学習完了。

 なんか、「えぇぇ、世の中こうなってきたのかよっ」みたいな感じ。定価3,308円 ソニー以外の主要メーカーのリモコン信号も覚えさせてあるらしいよ。AV製品以外にもエアコンとか照明のリモコン信号も覚えさせることができるらしいし。 

                                                                                                                                  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.03

ちょっとすっきり 2

 先月、汗だくだくになりながら、「本を売るなら~」に店頭持込で本を売ったんやけど、今回は「宅本便」というサービスを使うことにしたんやんか。

 というのも今度売ろうと思ってピックアップした20冊が結構な重さで、いくら涼しくなったからといって、ちょっとたいへんやろうと思ったから。

 「宅本便」サービスはブックオフのホームページに行けば、でっかく載ってます。

 申し込みの時に、本を売ったお金を振り込む銀行の口座番号とか書きこまなあかんのがちょっと引っ掛かるけど、大手なのでまぁ信用して。

 そしてみかん箱ぐらいのダンボールは自分で用意せなあかんねんけど、これは私の行ってる会社にゴロゴロしてるんで、適当なのをもらってきたらええしってことで。

 申し込みしたのが木曜日の夜で、宅本便セット(ガイド+配送便着払い伝票+買取申込書+封筒)が届いたのが月曜日。

 一応原則50冊以上で送らなあかんねんけど、みかん箱1箱って小さそうで結構入るんよね。私も最初にピックアップしてた20冊入れてみたら、ガサガサやったんやんか。で、追加して送る本も急遽選びながら、46冊までなんとか箱に入れることができたんやけど、でもこれで一杯、もう箱に本は入りません状態。というのも幅2cm以上あるハードカバー5冊くらい入れてもうたからね。

 ブックオフはCDも引き取ってくれるやんか、で本とCD両方で50点でもいけるんやて。せやから本は入らんかっても、CDならなんとかいれられるやんか。買ったけどあんまり聞いてなくて、もういらんやつ(10年位前のダンスミュージック。10年前やから今聞いたらかなりたるいねんな)を4枚入れて封しました。

 お陰で本棚に隙間ができたので、ビデオを移動。主に昼ドラを録画したやつ。そしてラベルの貼ってないビデオの整理をちょっとしてたんよね。

 そしたら、2003年夏、18年ぶりに阪神に優勝マジックが出て、熱気で溢れかえる大阪の街が映ってた。そうそうあれからまだ3年しか経ってないのに、最近のファンは阪神が優勝争いをするのが当たり前みたいな気になってるもんな。
 「情熱大陸」矢野輝弘やったんやけど、なんか若かったなぁ。

 同じテープに松雪泰子・三宅健主演の「保健室のおばさん」の再放送が入ってたんよね。これは第8回ハギーが殺人犯役で出てた分。剣で橘やってた天野浩成君が学生服着て出てたのが、ちょっとツボ。三宅健君に嫌味を言うちょっと嫌なやつって感じかな。このドラマ97年1月~3月までやってたみたいよね。19歳の天野君、珍しかったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.02

今週のボウケン&カブト(10月1週目)

 「ボウケンジャー Task.31」

 今週のスーパーヒーロータイムは玩具のプレゼントの告知から。さすが真墨はお子様向けのライダーベルトが巻けるんや。細ーい。

 さて、ボウケンジャー本編。
 報告書を書くように命ずるさくらと拒否する高丘。さくらに面と向かって文句を言うなんて、どんなネガティブが出てきても平気な面々でも固まるちゅうもんやね。

 高丘は子供の頃から、お父さんとアシュ退治であんまり学校にも行ってへんやろし、そういうの苦手なのってのは、やっぱりアシュの血を引いているからやったりして。

 パフェをやけ食いするさくら。

 今週はガイ・レイがメインの話やし、ゲストもおれへんから、シルバーの後○○の声ってところまで、キャストの名前が出てけぇへんのって、ちょっと寂しいよね。

 山中の丘の上に立って、「ヤッホー」って叫んでみるガイ。今週のガイはちょっとはじけてるやんか。

 百鬼無限封鎖の陣を作って、ボウケンジャーたちに邪魔されないような結界を作るレイ。久々に初期設定が生かしてもらえたやんか。

 今回のプレシャスは亡国の炎。かつては国一つを焼き尽くしてしまったこともあるという凶悪なもの。そのプレシャスを探すのに、探知機みたいな機械使ってたけど、ガイ・レイって鬼やねんから、本能で判れへんのかいな。

 山中を捜索中、アシュの結界に気が付く高丘。気が付くのはいいけど、真墨を実験台にするって、ちょっと乱暴やね。
 跳ね返された真墨、チーフに抱きついてるし、菜月が投げた石は跳ね返されて真墨のおでこに当たるし、今週のコメディーパートは真墨かいな。

 さくらに結界を越えたことで傷だらけになっていることを見られてしまう高丘。そこに現れるガイ、「バァーーーーカ」って、思いっきり可愛いやんか。 

 さくらの子供の頃役の子、似てたよね。うまいこと見つけてくるなぁ。

 さくらが西堀財閥の跡取として厳しく育てられたため、自分の心を隠してしまう性格になってしまったことが、明らかにされる。
 菜月は仕方ないとして、さくらと真墨は子供の頃のこと語られるけど、チーフと蒼太ってトレジャーハンター時代のエピソードしか出てこないよね。この二人の生い立ちが語られることって最後までなかったりして。

 百鬼無限封鎖の陣に辿り着き、ガイの攻撃を受けるさくらと高丘。さくらに結界を破らせるため自分が盾になったため、倒される高丘。
 盛り上げるためには、さくらと高丘で戦うしかないんやろうけど、普通は変身して戦うべきやわな。

 倒れそうになる高丘に向かって「高丘さん」と叫ぶさくら。あれ?今までさくらって「高丘さん」って呼んでたんやと初めて気が付いたなぁ。

 さくらの怒りがマックスに。今週はゲストとか大物キャスト(ガジャ様のことね)が出てないから、思いっきりナパームに経費かけてるやんか。炸裂しまくってるし。
 
 亡国の炎を噴射させるクエスターロボに真正面から突っ込むアルティメットダイボウケン。ガイ・レイに「おかしいんじゃねぇか」って言わせるなんて、凄いよね。でも、炎関係は本来ならサイレンビルダーが処理せなあかんかったんちゃうんと思ったんよね。
 さくらがサイレンビルダー操縦して、クエスターロボに立ち向かうってのも面白かったかもって気がしたんやけど。

 高丘のお見舞いに果物籠を持って現れるボウケンジャーたち。いやはやお見舞いに果物籠って、何十年前の風習って感じやねんけど(笑)。

 今日のスーパー戦隊は、デカレンジャー。デカレンジャーにしてもマジレンジャーにしてもレッドって弟キャラやったやんか。せやからチーフがレッドの衣装着たらなんか雰囲気違うんよね。もしチーフみたいなキャラの人がデカレッドやってたとしたら、どんなデカレンジャーになってたことやら。
 それと折角やからさくらがポニーテールで、菜月がワンレグのヘアースタイルにしてもよかったんちゃうかな。

 来週は戦隊恒例学生服のコスプレやねんけど、これっていつから恒例になってるんやろ???私が記憶してるのでは、ハリケンジャー以降は確実にやってるんよね。ガオレンジャーは途中から見始めたからよく判らへんねんけど、ガオホワイトの過去の記憶で学生服姿やったのがあったと思うんやけど。
 そうそうハリケンジャーでウェンディーヌが塾の先生(?)やってたのもあったよね。

 「仮面ライダーカブト 35」

 今週からは新たな展開。なぜか全てを知っている男登場。カブトゼクターが自然に手に乗っかるんやから、天道もびっくりやわな。

 前々回からシリアス担当になったと思ったら、まだまだコメディー担当の影山。ひょっとすると今週のカブトのメインは影山やったかも。

 ディスカリバーを振り回す神代。このシーンを撮るためにお城みたいな場所ロケ地に借りてるのに、やたらめったらディスカリバーを振り回して、どっか傷つけへんかと、冷や冷やしながら見てもうたがな。せやかてどう見ても神代の剣さばき、頂点を行く者には見えへんかったもんなぁ。

 「もし俺が加賀美とやるときは誰も邪魔させない」「あぁそのときは1対1でやってやる」このシチュエーションは真司と蓮ではないのか。加賀美が天道とは友達ではないって怒鳴ってたけど、まさか最終回で「友達だろっ」って涙ながらに叫んだりしないよね。

 カレイの煮付け対決、愛のエプロンかよっ!!
 蓮華の作ったカレーに手をつけなかった天道。見た目だけでまずいというのが判ったのか?それで手が震えてたんかぁ?

 影山がずるをして取寄せした「割烹秀」の秀って徳山秀典の秀なん?

 立川が変身した角のあるワーム。他のワームと戦ってるとき角がぐにゅうって曲がってたのを見逃さなかった視聴者は多いはず。

 天道が回収したはずのドレイクゼクターを使ってドレイクになっちゃう立川ワーム。加賀美ならずとも「なんでやねん」よね。

 おばあちゃんの言葉を初めて解説する天道。蓮華には深~~~い意味なんか全く判らへんもんなぁ。

 矢車「俺の弟になれ」、うわぁっヤバイ、ストレート過ぎ。

 来週は、加賀美父がはじけるみたいやね。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »