« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007.05.31

百合は咲いたんやけど

 

 なんかまだ寒いよね、うちの家の前に植えてある百合の花咲いたんやけど、隣でまだパンジーも咲いてるし。

 明日くらいから大阪は平年並みになっていくらしいんやけど。大阪の暑さは格別やからねぇ、涼しかった分、暑さが辛かったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.29

年金加入記録照会

 毎朝聞いてる大阪MBSラジオ「はやみみラジオ」の今日の話題は「年金あなたは大丈夫?」っていうのやったんやんか。

 今、大騒ぎしてる年金記録紛失問題に関してファイナンシャルアドバイザーさんがゲストでお話してはったんよね。それで知ったんやけど、社会保険庁サイトでインターネットで自分の年金がちゃんと登録されているかどうか調べることができるんやて。

 それで私も社会保険庁のサイトへ行ってみました。学校卒業してから、ずーーーっと同じ会社に勤めてるとかって言う人やったら、大丈夫なんやけど、私は、厚生年金と国民年金を出たり入ったりしてるもんやから。ちょくちょく仕事替わってる人は調べといた方がいいらしいよ。

 用意するものは、自分の年金番号。

 社会保険庁サイトへいったら、左サイドバーの中に「年金加入記録照会」っていうボタンがあります。それをクリックしたら次は「④国民年金・厚生年金 被保険者の方の年金個人情報サービス」をクリック。詳しい説明もありますから、よく読んでくださいね。

 ここで年金番号と氏名・住所・電話番号・自分で考えたパスワードなんかを登録すると2週間ぐらいでユーザーIDとパスワードが郵送で送られてくるので、それから年金加入記録照会にアクセスできるみたい。

 共済組合等に現在加入中の人は、本サービス対象外だそうです。一応念のため。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.05.27

今週のゲキレン&電王(5月3週目)

 「ゲキレンジャー 修行その14 ネツネツ!技を捨てろ」

 レツ、京劇修行の後編。
 バット・リーの踊りのバックに流れてる曲とゲキレンジャーのオープニングのドラの音がリンクするのがシャレてたよね。

 ラスカの造型って、なんか東大寺戒壇院の四天王のイメージがあるよね。
で、手傷を負わせたところを集中的に攻撃するっていうずるさが烏っぽい感じ。

 ランに「しつこい男はもてないわよっ」なんて言われて、ラスカ怒ってたけど、いつもルーツとつるんでたら女子系リンリンシーに嫌がられるかも。
でも、今んところ女子系リンリンシーってメレしかおらへんしなぁ。

 ラスカにゴミの山に落とされるレッドとイエロー。烏よけの黄色いゴミ袋じゃないんや(笑)。

 事務所に戻って傷の手当てをしてもらうラン。あんな凄い攻撃受けた割には傷浅くないかなぁ?

 バット・リーの踊りを真似て、ひたすら踊り続けるレツ。お陰でなんと湖の上でも踊れちゃってます。で、ジャンに声を掛けられ我に帰って、湖にドボン!雪が積もってたり、消えてたり。いやぁ、それほど長い間踊り続けてたんやなぁと好意的に解釈しといてあげよ。
 でもバックの山に雪が残ってるのが、壮大できれいやったな。

 バット・リーの教えは「忘我の中に修行あり」やったけど、レツは絵を描いてるんやから、忘我って感覚持ってるんとちゃうん。

 美希の開発したゲキファンを持って、ラスカ・ルーツと戦うブルー。今までゲキレンジャーの3人色々修行してきたけど、今回ほど修行の成果が現れたことなかったんちゃうかな。さすがファンタスティック・テクニック。

 どんどん新合体が登場しますなぁ、ゲキバットージャ。ゲキエレハントージャに比べれば随分スタイリッシュやん。

 理央、修行が進んでます。リンシー相手に練習してた時、足が結構高く上がってるのに、感心したりして。でもスローモーションでのパンチは、JAEのお兄さんたちに比べれば、弱々しいけどね。

 「仮面ライダー電王 第17話 あの人は今!も過去?」

 ゲストヒロインは、ウルトラマンマックスでアンドロイドのエリーやってた満島さん。マックス大好きだった私から言わせると「エリーちゃんどうしてるんやろ」って気になってたから、サブタイトルの「あの人は今」ってピッタリのような気がしたんよね。

 デンライナーの中で仲良く(?)遊ぶイマジンたち。ここでもなんかJAEさんの中の上下関係をみるような・・・。リュウタ、えらいかっこさせられてるし、落とされてるし。
そういえば、モモ、リュウタのことをいつか締めてやるとかって言ってたくせに仲良く遊んでたなぁ。

 ハナが良太郎のことを心配して、イマジンの誰かをリストラすると宣言。
キンが「一番ドベはもう決まっとるからな」って言うてたやんか、大阪では普通に「ドベ」って言葉通用してるけど、関西ローカルでもなかなか「ドベ」って言葉聞けへんのに、全国放送で「ドベ」が出てくるなんて、めっちゃ貴重やで。

 イマジンって憑いた人のイメージに合わせて、形が決まるっていう設定やったけど、エリーちゃんの前に現れたイマジン、めっちゃ凶悪。

 デンライナーの中でデコピンされるモモ・ウラ・キン。モモが防御しようとした手をキンが払いのけとったのが、おかしいったら。

 良太郎、高校卒業前に学校辞めてたんや、びっくりの展開がこんなところに。

 狼イマジンの声やってる人って、BLEACHで斑目一角の声の人なんやてね、そりゃぁ、凶悪やわ。

 とうとう金田一耕介風のお兄さんと遭遇してまう良太郎。桜井さんって名前なんや。

 久々にエリー見たんで、涼平君がゲストやったウルトラマンマックス見たくなってきたなぁ。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.05.24

今週のゲキレン&電王(5月2週目)

 「ゲキレンジャー 修行その13 シンシン!精霊の舞い」

 自分の絶望を食ってパワーアップした理央に対して、さらなる修行を提案するカタから。さらなる高みを目指すのに必要なのは憎しみ。
 「己の弱さを知ることは、考えるほど簡単なことではない。」確かにそうやな。人間は常に自分の弱さに対しては目をつぶってるってところあるよね。
 だけど、なんでそれが憎しみに繋がるのかが、よう判らん理屈やねんけど。

 カタの親衛隊、ルーツとラスカが現れたけど、カタが捕らわれていた時この2羽どこにおったんやろね。

 クラシックバレー鑑賞に来たゲキレンジャーご一行様。興味がないと退屈やろな、文楽見に行ったら高校生の団体が来てて、むかついた経験がありましたなぁ。高校生しゃべってても、その学校の先生注意しよらへんねん、めっちゃむかついたんよね、文楽鑑賞教室に行ったんやったら、初めから覚悟してるから、そうも思わへんねんけど、一般公演で、一番楽しみにしてた演目でざわつかれたりしたからね。

 とうとういびきをかいて寝始めたジャン。おるおる芝居の最中にいびきかいて寝てるおっさんとか。チケット誰かにもらってお義理で来てるような奴、たまにおんねん。芝居やってるのに、競馬新聞読んでるおっさんとかもおったりするんやで。

 ジャンったらよりによって、「ゾワゾワだ」とかって立ち上がるし。マナー最悪やんか。

 さすが空の拳魔カタの親衛隊だけのことはあって、今まで出てきたリンリンシーの連中とは、格が違うやん。造型もおしゃれやし、ちゃんとコンビってことで、羽のデザインが右と左に付いてるところとかね。

 ゲキエレハントージャに変身合体したけど、飛べないから全然太刀打ちできないやん。ゲキトージャのとき、なんかぐるぐる上半身回転させて飛んでたように記憶してるんやが…。

 リンリンシーの連中って、自分より弱い連中と戦うことにすぐ飽きるっていう傾向があるみたいやね。

 空を飛ぶための修行としてマスターシャーフーが選んだのは、京劇の舞踊。で、本物の京劇の役者さんが踊っておられるってことで、さすが型がピシッと決まってますねぇ。

 バット・リーは「私は誰にも修行を授けようとは思っていない」ってまるで禅宗の坊さんのようなこと言うやんか。
 「拳法の中に美しさを追及し続け、秘伝として練り上げた」って、レツのモットーと同じやんか。そりゃぁ、レツもこの師匠の技を盗みたいと思うのも当然やわな。

 バット・リーの教えは唯一つ「技を捨てろ」って、またまたひよっこには理解不能なこと言うて。

 村をんなが見たことある京劇といえば、定番「西遊記」なんやけど、今度ゲキレンジャーで京劇を使うときは、大旗をブンブン振り回すやつやってほしいな。あれ、なかなか凄いよ。

 「仮面ライダー電王 第16話 幸福の星、降伏の犯人」

 銭湯ジャック後編。 
 紫電王が鉄工所の社長相手に、ぶっ放すシーンから。

 デンライナーで暴れるモモ。「俺をバカにしやがって」ってちっちゃくなるモモの可愛いこと、この上なしやんか。

 愛理ねぇちゃんの作った"にんにくわさびおにぎり"。そういやぁ、去年も"芋の煮焦がし"とか変な料理ばっかり作るおねぇちゃんが出てましたなぁ。愛理ねぇさんは健康食オタクだったはずなのに。"にんにくわさびおにぎり"って何に効くんやろ?

 良太郎に頼まれて、R良太郎に入ろうとするモモ。でも何回も跳ね返されるやなんて、どんな凄いプロテクトかけてるんやろ。リュウタロス本人はちっちゃくてそんな強そうに見えへんのにね。

 右手だけモモになって、おねぇちゃんにメールをするR良太郎。あの着声入れようって提案したの、おねぇちゃんの方かなぁ?
 ともかくも愛理ねぇちゃんの「や・め・て」でリュウタロスの暴走を抑えることに成功。このおねぇちゃん「変ねぇ」なんて言いながら、普通の顔してるのがいい味やね。

 くたびれきって倒れこむモモの下に入り込んで、クッション代わりになるキンちゃん、見方によれば、かなり怪しい(笑)。

 鉄工所の社長が金を盗まれたと言ってる日が3月31日。おぉ、世間では年度末やんか。あんな黒の手提げカバンにお金入れてるってことは、得意先に集金にいった売掛金を投げてもうたんやな。やっぱりそういうことは経理で専務のかぁちゃんにやってもらわんと。この社長やったら、集金に行ったお金で一杯飲んでるかもしれへんし。

 桜爛漫の下で、赤電王とイマジンのバトル。またまた赤電王、戦い楽しんでやんの。でも今日はちゃんと粉砕できてよかったね。

 実は、強盗が立てこもっていたのは隣の質屋だったというオチですか。
助けられたのがデカ長のガールフレンド・まゆみちゃんとその恋人の男らしいの、それと犯人が出て来てたけど、質屋のおやじはどうなってるねん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.22

仮復旧

 よんどころない事情の方が、ちと峠を越えたようで、時間的にも気持ち的にもブログを更新できるようになってきました。

 というわけで、スパヒーを追いかけつつ、というてももうだいぶ追いついてるんやけど、またぼちぼち目についた話題を拾いつつ、更新していきますので、よろしくお願いします。

 でも仮復旧ですから、その辺も悪しからずご了承くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.20

今週のゲキレン&電王(5月1週目)

 「ゲキレンジャー 修行その12 ゾワンゾワン!臨獣拳、修行開始」

 空の拳魔・カタを甦らせた所から。
 カタを甦らせた途端、カタの力を試してみる理央。図々しい若造やんか。

 銭湯の脇に立ててあるこいのぼりを見ているなつめ。なつめちゃん、レギュラー決定なんや。最初登場してきたときの、生意気ぶりはすっかり姿を消してますなぁ。

 ジャンに近寄ろうとしたなつめが何かに滑って、車に轢かれそうに。
ナギウの臨技で粘液を街中に広げてるってことやったんやけど、あのニュルニュルとした粘液ってうなぎよりもナメクジって感じがしたんやけど。
 ナメクジの通ったあとのテカーって光ってるん、見ただけでも気色悪いやんか、そんな感じ。

 12回目ってサブタイトルにもあるとおり、どっちかというと理央がメインの回やんか。ゲキレンジャーたちの修行に比べると理央の修行は完全に段階が違うよね。
 まだまだゲキレンジャーたちの修行はひよっこ。

 「死闘の中に修行あり」ってのが空の拳魔のキャッチフレーズってことかな、ひょっとすると残りの二人の拳魔もそれぞれ違うキャッチフレーズがあるんやろか。

 へぇー、理央ってマスターシャーフーに激獣拳を習ってたんやて。
「だが奴は力を与えてくれなかった」ってそれは考え違いやんかねぇ。力は与えてもらうもんやなくて、自分で身に付けるもんやねんから。

 カタ曰く「師弟は互いに憎みあい殺しあう。そして相手の力を食い尽くす」凄い弱肉強食。

 カタは相手の心の中の絶望を食い尽くすという臨技で、理央のトラウマをえぐり出そうとしてるんや。
 ありゃりゃ、理央やられてもうたがな。理央って血も黒いんかいな、まるでイカやんか(あれっ、イカって血黒かったっけ???)。
 
で、そのシーンの次に銭湯のオヤジに教えてもらったタオルヌンチャクを応用して、こいのぼりヌンチャクでナギウをジャンがやっつけるやんか。
 そして、倒れてた理央が目を覚まして、カタが驚いた所で、巨大ナギウvsゲキトージャの戦いに移ったんやけど、尺の都合かなぁ、突然切り替わっちゃったから、なんか無理矢理って気がしたんやけど。

 自らの絶望を食っちゃった理央。それにも驚いたけど、理央の口のでかさにも驚いたなぁ。理央、自分のげんこつ口の中に入れることできるんちゃう(笑)。

 自分の絶望によってパワーアップしたブラック。めちゃめちゃ強くなってたやんか。こんなに強いブラックって珍しくない?私の記憶にあるスーパー戦隊のブラック(ガオブラック・アバレブラック・ボウケンブラック)のなかで一番強いような気がするんやけど。

 えぇ、カタもう終了かよって思ったやんか。それも全部カタが見せていた幻影やったなんて。

 カタと並んでた理央、ちっちゃかったんやけど、これってカタがでかいのかぁ?それとも理央がチミっ子なのか?どっちなんやろ。

 ということで臨獣殿側がおもしろくなってきたゲキレンジャー、ラストカットは、目をむいた理央で終わっちゃった。

 「仮面ライダー電王 第15話 銭湯ジャック・パニック」

 たまたまなんやろうけど、ゲキレンも電王も銭湯が舞台やなんて、こんな偶然滅多にないよね。

 自転車を盗まれて追いかける良太郎。どうしてこういうときにイマジンが良太郎に入ってけぇへんねやろね。
 やっと自転車泥棒に追いついた所にパトカーがやってきて、驚いた自転車泥棒に銭湯へ引っ張り込まれる良太郎。

 銀行強盗の男に頼んで、愛理ねぇさんに電話をかけてもらう良太郎。
良太郎のために差し入れを作らなくっちゃという愛理ねぇさんの言葉にズッコケるミルクディッパーの常連客。その中でも尾崎君、さすが吉本興業なだけあって、なかなかいい間合いやんか。

 イマジンの臭いをかぎつけて、ようやく良太郎に入ることができたモモ。今回のイマジン、今までのと違ってワンテンポ遅いやんか。めっちゃ可愛いねんけど。鯨のイマジンらしいんやけど、大酒飲むこと、鯨飲っていうやんか、せやから鯨になったんかな?

 せっかく良太郎に入ったのに、負けるを泣けるに聞き間違えたキンちゃんに横取りされて、デンライナーに飛ばされて帰ってくるモモ。あの"気をつけ"ポーズで横っ飛びやなんて、こんな大昔のギャグっぽい動き見るの、すんごい久しぶりのような。

 キンタロスの演歌調テーマと共に完全にお相撲さんキャラになってしまった金電王。もうこれからはギャグパート専門になってまうんとちゃうやろね。

 あんなに強いハナちゃんが、椅子に縛り付けられてたのが不思議なんやけど。銀行強盗のほうを縄で縛って一件落着と思ったら、もう一人の男も警察に追われてる身やなんて、ありえへん展開が仮面ライダーらしいところというべきか。

 「モモタロスなら、ねぇさんにばれちゃうよ」って言った時にモモが倒れた時のポーズって、オーナーがお子様ランチ食べてて旗が倒れた時のお決まりのポーズやんか。

 鯨イマジンに襲われた二人目の釣り人やってた男の人って、カブトで一番最初にワームになった記念すべきにぃちゃんやったよね。

 袴田さんが元働いていた鉄工所に調べに行ったのはいいけど、リュウタロスがしゃしゃり出てきて、火口相手に銃をぶっ放す紫電王ってところで、来週へ。

 この感想、2週遅れで書いてるやんか、なのでこの間の銃器を持った犯人がろう城した事件の直後やったもんやから、なんか複雑な気持ちなんよね。
 もしあの事件の後に放映予定やったとしたら、この電王のストーリー放送できたんやろか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月のお買い物

 今月のお買い物、といっても4月分と5月分なんやけどね。

 まず4月分、なんと「仮面ライダーアギト オリジナル・サウンドトラック」を見つけたこと、嬉しかったなぁ。これでアギト~カブトまで、とにかく1枚は手に入れることができたんやから。

 そしてアギトの挿入曲といえば謎の青年が出てくるときなんかに必ずかかっていた「オーヴァロード」。この曲も佐橋俊彦さんの作曲やったんやねぇ。私はてっきりクラシックの曲を使ってるんやとばっかり思ってたんやんか。フルで聞いたとき、ちょっと鳥肌ものやったし。というわけで、ミニSDにダビングして、いつでも聞けるようにしてます。それくらいお気に入り。

 5月分は「新影の軍団 第二章」を入手することができたんよね。まだ見れてへんねんけど、見つけることができただけでも、めっちゃラッキー。

 話は変わるけど、今日電王のカードダス見つけたんで、回してきました。カードリストの中で気になったんは、D-047「車中のイマジン」かな。それにD-005「憑依良太郎&モモタロス」とかね。しかし、今日回した機械、詰りやがんねん。係りのお兄ちゃんに出してもらったんやんか。毎回詰まってその度に係りのお兄ちゃんにお願いせなあかんのやったら恥ずかしいしなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.17

第十七回上方歌舞伎会チラシ

Tirasi10_1 平成19年8月18日(土)・19日(日)に開催される上方歌舞伎会のチラシ、もう届きました。

 一般前売は7月13日(金)からやのにね。演目と配役はチラシ見てね。クリックすれば、大きくなります。

Tirasi9_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.15

今週のゲキレン&電王(4月5週目)

 「ゲキレンジャー 修行その11 ウキャウキャ!獣拳武装」

 エロハンキンポーやない、エレハンキンポーにゲキハンマーの修行をしてもらうことになったランは大丈夫かってところから。

 エレハンキンポーのモットーは「遊びの中に修行あり」か、そりゃぁマスターシャーフーとは修行の考え方が違うわなぁ。
 エレハンキンポーが教え始めたのは、ルアーフィッシング。

 最初にランが振った竿の釣り針がエレハンキンポーの耳を引っ掛けたのは、お約束ですなぁ。

 わぉ、今週も水中から現れるジャン。っていうかランが釣竿振ってるところにもぐってたら、釣り針引っ掛けるやろ。

 ゲキハンマーを習得するため必死で修行するランは肩に力が入って、思うように釣竿を操れない、その肩に入った力をほぐそうと、ランを笑かそうとするエレハンキンポー。最後におならがプーですか、まぁゲキレンジャー対象視聴者の小さいお友達には一番判りやすいギャグやから、しゃーないか。
 チビっ子ってほんとおならとか好きやもんなぁ。

 エレハンキンポーの教え「どんな時も余裕を失わないようにする心構え」

 ラン「釣れました」って、全然ピチピチしてないし、その魚。

 ゲキレンジャー初、女子対決、ランvsメレ。ゲキハンマーで構えて微笑むラン、思いっきりアイドル笑いやねぇ。

 ムザンコセの掘った穴に向かって、ゲキハンマーを投げ込むゲキイエロー。さっき習ってたルアーフィッシングの投げ方と全然違うんやけど。

 ゲキトージャにエレファンとが合体して、ゲキエレファントージャ。しかしこのゲキエレファントどっから来たんやろ。ひょっとしてガオアニマルが住んでたあの島かな(名前忘れてもうた)。

 たぶんこの合体見てた人皆思ったやろうけど、絶対あの肩にくっついてる象の足、邪魔やんねぇ。何回か振り回してた象の鼻ひっかかてたし。

 空の拳魔の封印、あっさり破られてたがな。臨獣ホーク拳・カタが甦った所で来週へ…。

 「仮面ライダー電王 第14話 ダンス・ウィズ・ドラゴン

 リュウタロス、デンライナーに登場。声は可愛いけど、色は紫でも濃い目、細おもてでちょっと出っ歯なんや。

 リュウタロスって、ウラタロスが憑く前に良太郎の中に入ってたんやて、確かにあの時、「あれっ」て、ちらっとは思ったけど、そんな伏線が張ってあったやなんて、ここ最近の仮面ライダーにしては素敵やんか。

 イマジンは頭の中にやることが勝手に入ってくるんやて、だれがそんな指令を発してるんやろ。しかしモモ・ウラ・キンは、イマジンの法則を勝手に無視してるやんか、それも本当は指令されてるってことになるんかな。

 リュウタロスを良太郎から追い出すために、タッグを組むモモ・ウラ・キン。お互いがどう思ってたかってのに、めっちゃ笑たがな。でも脱いだ靴下って、何?よれよれで臭いってこと?モモは汗臭そうやし、ウラは魚臭そうやもんな。

 封鎖された公園で子犬に気を取られたR良太郎の隙を狙って、リュウタロスを追い出し、赤電王に変身。

 そうそう今日の金田一の時計は2時44分やったね。

 赤電王が外でバイク乗るのって、ちょっと珍しいんちゃうん。でも空中戦は苦手やから、リュウタロスの取って代わられてやんの、めっちゃ可愛そう。

 紫電王って、リュウタロスの性格からかもしれへんけど、狙いすまして一発を狙うスナイパーっていうよりは、数撃ちゃ当たるっていうタイプなんやな。
 バカスカ、ビルに撃ちこんでたけど、そこがイマジンちゅうことになるんか。

 紫電王、お披露目なので、イマジンも巨大化。今回は2匹かよ。
紫電王の操縦するデンライナー、思いっきりジェットコースターやし。

 星空を見上げる愛理ねぇさん。記憶は戻らなかったようで、望遠鏡の下に隠してあったのは、あの時計やったんか。
 
 良太郎が死んだら、愛理ねぇさんが泣くと知って、やっつけるのを止めようかな?って言ってみたり、まだまだデンライナーの乗客を振り回しそうやなリュウタロス。
 ハナの腕を引っ張って、「あいつ危ねぇよ、絶対」っていうモモ、なんか男っぽくていいねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.05.13

今週のゲキレン&電王(4月4週目)

 「ゲキレンジャー 修行その10 ジャラジャラ襲撃!はじめてのおつかい」

 マスターシャーフーから荷物を運ぶように頼まれたジャン・レツ・ラン3人組。久しぶりの森の中ってことで、大はしゃぎのジャンなんやけど、水の中で暴れるってのは、まだまだ辛かったやろうな、裸では。

 荷物の入ってるのが、「つづら」ってのが時代錯誤的でんなぁ。

 時間が戻って、おつかいに行くきっかけになったムザンコセとの戦いの場面になるやんか。ムザンコセに追いかけられてるゲキレンジャーたちの走り方が可愛いったら(笑)。

 マスターシャーフーが持って出てきたつづらの臭いをかいで「なんかフグフグした臭いが~」ってくしゃみをするジャン。それって埃っぽいってことなのか、象臭いてことなのか?

 大人しく荷物を背負ってるレツやけど、レツってランのお手伝いは無条件にやってるって感じとちゃう?

 ジャン・レツ・ランたちを鉄球が襲い、逆さ吊りにされちゃうジャン。顔が赤かったから、かなり長いこと吊り下げられとったんやろか。ゲキレンジャーに変身した途端、あっという間に鎖引きちぎっちゃったねぇ。

 ゲキレンジャーたちと組み手対決するモサモサの物の怪。なんか昔の香港映画っぽいやんか。なんて思ってたら、モサモサの物の怪の名前が、エレハンキンポーやったもんな。サモ・ハン・キンポーっていう香港映画のスターをパロってるんかな。

 しかしゲキレンジャーの3人、自分たちの技の未熟さが露見すると、ゲキゲキ砲ぶっ放すんやから、まだまだ修行が足らんがな。

 山小屋に辿り着くんやが、どうみても貸し別荘やな。そしてその中にいたのはさっきまで戦っていたモサモサの物の怪。まぁ、お決まりの展開ちゅうことで。
 エレハンキンポーって、象やんか。中華風な音楽やし衣装やけど、でも象といえばインドな感じよねぇ。

 エレハンキンポーが選んだ修行相手は、ランちゃん。
 このセクハラ象の修行は大丈夫なのか…ってところで来週へ。

 「仮面ライダー電王 第13話 いい?答えは聞いてない」

 良太郎に乗り込まないと現実世界で動くことができないモモ・ウラ・キンの3人。その3人に乗っ取られてる良太郎を演じるのも大変やなぁ。例えばウラに乗っ取られてる所だけをまとめて撮って、モモ・キンに乗っ取られてる所もそれぞれ撮って、それで繋げてあるんよねぇ。

 3人に次々乗り込まれてるところを見てしまった飼育係のおじさん。良太郎に「君、芸人さん?」なんて聞いてたけど、そういやぁ大昔街角で演劇の練習の一環で変なことしてる人見たことあったよな。

 二人掛けの椅子に、モモ・ウラ・キンの3人詰め込まれてたけど、この3人がバラバラに座ってるとほんとにデンライナー狭く見えるよね。

 良太郎に催眠治療を施しているうちに、尾崎や愛理ねぇさんの方が掛かっちゃうんやもんねぇ、その掛かってしまった愛理さんの目つきがなかなかのもんやったりして。
 
 で、良太郎の心の奥底にはリュウタロスが隠れてたやなんて。

 小動物が戯れる公園でブレイクダンスの練習をする若者たち。芝生の上でやってたよね。芝生めくれるやんか。
 飼育係のおじさんが若者の一人の子供時代を知ってるっていう設定やったけど、なんか似てたよね。名前見たら全然他人やったけど。

 R良太郎覚醒。ブレイクダンスを踊りまくる良太郎。芝居もできるし、ダンスもできるし。確か東映公式に「ブレイクダンスしかできませんよ」って答えてたらしいんやけど、もし良太郎の中の人、「クラシックバレーしかできませんよ」って答えてたらクラシックバレーになっとったんやろか(笑)。

 R良太郎って、どっかいっちゃってるやんか。だから演じやすいんやろな。
今回のモモ(砂)って、なんだかハナちゃんに優しいね。

 リュウタロスが銃を乱射して、瓦礫の山ができてたけど、あの瓦礫も東映が大道具として倉庫に保管してあるんやろか。

 良太郎を倒すために、良太郎に付いているって、のっけから凄い宣誓布告やんか。

 愛理ねぇさんの記憶の中にいた彼氏って、ひょっとして電王が過去に戻った時に、ちょくちょく現れる金田一耕介風のお兄さんと同一人物なんやろか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.06

今週のゲキレン&電王(4月3週目)

 「ゲキレンジャー 修行その9 ケナケナの女」

 はっきり言って、ゲキレンジャーを見だして、初めておもしろいなと思った回やったんよね。五毒拳ブラコと戦うために修行するメレの話。

 メレが何故理央に従い、守ろうとするのかという発端の紹介から始まったしね。
 真毒はブラコの6本の指の爪って、なんだか中途半端とちゃうかなぁ。真毒とは「死者に死を与えることで、命を裏返し、逆に生を生み出す毒」ですか。

 確かにリンシーは一度死んでるって設定やったよね。リンシーの中から戦いに勝ったものがリンリンシーになれるんやから、臨獣殿の中で本当に生きているのは、理央だけってことか。

 真毒によって、甦るカデムとモリヤ。1回だけで消えるのはもったいないなぁって思ってたんやけど、でも理央をやっつけるためと聞いて、めっちゃ恐れてたってことは、理央の強さは並やないってことなんかな。確かに死者よりは生きている者の方が強いんやろうけど。

 ブラコの大蛇砲に対抗するため、ゲキレンジャーたちがゲキゲキ砲を練習している所に現れて、修行するメレ。

 ゲキゲキ砲を2度受けても、吹き飛ばされるだけで倒れないメレ。メレってどんだけ強いねんっ!!というか3回目の登場でゲキゲキ砲って駄目駄目なんかよ。
 とうとう3回目の攻撃でゲキゲキ砲を跳ね返しちゃうメレ。

 瞑想中の理央は目を覚まさないと、攻撃を開始するブラコ・モリヤ・カデム。しかし危機一髪のところで、メレ登場。そして理央も目を覚まし戦い始めるって、おもろいやんか。

 モリヤ、人々の恐怖の声をエネルギーにするために町にやってくるけど、あっさり地上に立ってるんですが(笑)。結局モリヤとカデムって真毒を無駄遣いするために生き返ったって言ってもいいんちゃうん。

 ブラコと戦うメレ。大蛇砲を受け止め、反対にブラコに向かって撃ち返してるし、凄いねぇ。

 ブラコに本当の命が欲しくないのかと誘われても、理央のそばにいることがメレにとって生きると言うことと言い放ち、真毒の爪を奪い、ブラコを倒すメレ。
 理央に爪を献上したシーン、小雪がまってたぞ、がんばったねメレ。
 いやぁ、メレの中の人、セリフ回しもなかなかのもんやんか。

そして、重要な展開やったので、巨大ロボ戦はお休みということで。

 「仮面ライダー電王 第12話 走れタロス」

 電王のサブタイトルって、どこかで聞いたことがあるタイトルをパロってるやんか、背中痒くなるよね。

 カスミちゃんとお父さんの話、後編。

 池田さんの演技って、やっぱり舞台っぽくない?割りに動きが大きいような気がするんやけど。

 カスミがパリコレに向かう途中の車を襲うイマジン。K良太郎はカスミの父親がカスミにとって悪いことをするはずがないと、カスミをパリコレに行かせないように乗っていた車を海に投げ込む。1回目見たとき、なんでK良太郎が海に車投げ込んでるんか、判らんかったんよね。車の中に航空券とかパスポートとか入ったカバンが乗ってたってことやったんかな、それでパリコレに行けなかったとか。

 お父さんがカスミちゃんの夢をかなえるため、わざと娘と縁を切ったことを告白するんやけど、古~い人情話やなぁ。時代劇にでもありそうやんか。

 金田一耕介風の男が持っていた時計、今回は5時20分。

 イマジンが町を破壊しているのに、カスミちゃんにお父さんの本心を伝えるため、バスを追いかけるK良太郎。オーナーに乗車拒否を宣言されても、それを受け入れてまうキンタロス。

 最後、デンライナーを降りようとするキンタロスに対して、時の運行を変え、カスミちゃんとお父さんを仲直りさせ、キンタロスの暴走をなかったことにしてしまうオーナー。見てる我々までなんだか煙に巻かれてもうた様な…。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.05.05

今週のゲキレン&電王(4月2週目)

  「ゲキレンジャー 修行その8 コトコト…ひたすらコトコト」

 先週の続き、ゲキレンジャーを後一歩のところまで追い込んで、「俺の全てはソリサのためにあるからなぁ」ととどめを刺さずにソリサと帰っちゃうマガ。あきれ顔のメレやったんやけど、メレの衣装って風が強いと大変みたいやな。チャイニーズ衣装の裾、ひらひらしとったやんか。

 ナツメちゃんの得意料理、豚の角煮って年若いのに渋い好みやねぇ。

 ゲキワザ・ゲキゲキ砲のゲキバズーカ。○○バズーカってスーパー戦隊の必須アイテムやもんな。

 今のゲキレンジャーの実力だとゲキゲキ砲に激気を込めるのに2分掛かるため、その間攻撃から守る役目を任されるジャン。

 習うより慣れろで一回の練習もなしにゲキゲキ砲を試そうとするのも、スーパー戦隊の得意技やね。で、一人で守備をさせられるジャンは途中で嫌になって、攻撃始めるしね。こういう場合、あらかじめ蓄電池みたいに激気を溜めておくっていう装置も一緒に作らなあかんかったよな。

 折角追い詰めたのに、またまたゲキレンジャーそっちのけで、ラブラブムードのマガとソリサ。マガにお姫様抱っこされるソリサやったけど、さすが身体能力が高いから、自分で飛びついてたもんね。普通やったらあんなにはいかへんわなぁ。

 激気を込めるための繊細な指使いを学ぶために「猫ふんじゃった」を練習することになるレツとラン。いやぁ、「猫ふんじゃった」をネタにするなんて大胆やんか。

 美味しい豚の角煮を食べるためには、我慢することを覚えるジャン。

 ゲキゲキ砲とゲキトージャでマガとソリサを3分で倒しちゃったゲキレンジャー。ソリサも最初から切り札でいっちゃうんやもん(笑)。

 理央の弱点を見つけたブラコってところで、来週へ。

 「仮面ライダー電王 第11話 暴走・妄想・カスミ草」

 ジュニアモデルのかすみちゃんとお父さんの間にキンタロスがしゃしゃり出ちゃう話の前編。

 キンタロス、普段は寝てるくせに「ないた」という単語を聞くと突然目を覚まして良太郎に入るもんやから、良太郎も迷惑この上なしってところやな。しかし、関西人というのは関西に暮らしているとそう感じへんのやけど、どうも他の地方の人から見ると、土足で人の心の中に入り込んでいるらしいので、キンタロスの行動はある意味関西人を象徴しているともいえんことはないような気がするんよね。

 カスミちゃんが衣装に着替えようとして洋服箪笥を開けると衣装がずたずたって、私が子供の頃に読んでた少女漫画によくある展開やと思ったんやけど、ちと古すぎやしませんかねぇ。 

 ファッションショー、大人のモデルに混じって、カスミちゃんが最後に出てくるやんか、一体客層をどう設定してるんよ。こんなん変やねんから、いっそどっかのジュニア向けのアパレルメーカーとコラボして、全員ジュニアモデルの方が違和感なかったんちゃうかなって思ったんやけどさぁ。

 お父さん役は池田成志さん。私池田さんって劇団☆新感線でしか見たことなくって、普通の顔見るの今回が初めてかも(笑)。新感線のときは、なんだかめっちゃ毛深いオッサンの役とかなんよね、眉毛繋がってたりして。

 久々に「俺、参上!!」赤電王の暴れっぷりが戦いを楽しんでる風で可愛いよね。でも赤電王自分が楽しんでるときは、少しでも長く戦いたいから、全然決着付けようとせんところがあるやんか。それで窮地に陥ったり、今回はキンタロスに入れ替わられたりしちゃうんやもんねぇ。

 イマジンの契約者が、カスミの父らしいと知って、止めを刺すのをためらう金電王というところで来週へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.03

釜滝薬師(めの祈願所)

 このお寺は古くから「目の薬師さん」として有名やったらしく、和歌山では釜滝さんの愛称で呼ばれてるみたい。和歌山の親戚の家にいる間に、ドライブで連れてもらったんよね。ほとんど人がいなくて、ひっそりしてたけどこじんまりして素敵なお寺さんでした。

 住所:和歌山県海草郡紀美野町釜滝120

 高野山真言宗 龍光山 釜滝薬師 金剛寺 

和歌山市内から車で約1時間くらい。眼病平癒に霊験あらたからしく、ご祈祷申し込みの台帳にも、いろんな眼病の名前が並んでたんよね、結構知る人ぞ知るのようです。

 帰りの道端に「祝・国道昇格」っていうでっかい看板を見つけたんやけど、もうぼこぼこで車2台がやっとすれ違えるくらいの狭い道。どう見ても国道やないなぁ。村道やで、あれは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.01

八州廻り桑山十兵衛 第1回

 今夜から始まった「桑山十兵衛」、寺島進さんがレギュラーってことで見てたんやけど、なんだか第1回ってことで配役が素敵やったなぁ。

 地元の岡引役に神保悟志さん(龍騎の香川教授)・ヤクザの親分役不破万作さん(ボウケンジャーで五十嵐教授やってたよね)・対抗するヤクザ役菊池隆則さん(アギトの木野さん)・神保さんの女房役山口香緒里さん(ブレイドで天音ちゃんのお母さんやってた)

 あっそうそうナレーションはデンライナーオーナーの石丸謙二郎さん。

 いやぁ、スーパーヒーロータイムで存在感を見せ付けてくださった渋い面々をこんなに揃えてくださって楽しませてもらいました。菊池さんなんか、吼えてはったし、お茶目やったよね。

 主役もメインゲストのことも語らない感想ってどうよって気はするけど(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »