« 今週の電王(7月1週目) | トップページ | 仮面ライダー電王(ロッドフォーム) »

2007.07.03

田崎ガメラ

 今日、テレビ大阪で田崎監督の「小さき勇者たち~ガメラ~」見ました。

 なんかずーーーっと切ない雰囲気が漂ってたなぁ。お母さんを交通事故で亡くし、お父さんと二人暮しになった透君。隣の真珠屋のまいちゃんは心臓病で手術する予定、元気そうに見えても死と隣り合わせなんよね。

 そんな中、透君は沖の小島でピカピカ光るのを、何やろうと思って見にいったら卵があったんよね。その卵を手にとると孵化して子亀がでてくるんやんか。それを家に持って帰って、お父さんに内緒でこっそり飼いだすねん。

 でもどんどん大きくなるもんやから、友達と作ってる秘密基地に連れて行くんやけど・・・。

 お父さんに内緒で亀を飼うってところは、初代ガメラもそうやったんよね。ただし、初代の時男の子が飼ってた亀はガメラにはならへんかったけどね。そういう初代ガメラのエッセンスも取り入れつつ、親と子の繋がりとか、死を乗り越える力とか、ガメラを助けるために子供たちが赤い石をリレーしていく姿とか感動的な作品でした。

 きっと映画館で見てたら、感涙に及んでいたと思うんやけど、緊張感のあるシーンでCMが入るもんやから、その大胆な編集にびっくりやがな。

 最後に自衛官姿の弓削っちに驚きました。弓削っちが制服着てるの初めて見たし。

 エンドロールが全部カットされてたから、ガメラと敵の怪獣のSAさんが誰か判らず、ひょっとしたら名前知らん人やったかもしれへんけど。(これ書いてたとき、かなり眠かったのでガメラとゴジラ書き間違えてもうてたがな、めっちゃ恥ずかしい)

 

|

« 今週の電王(7月1週目) | トップページ | 仮面ライダー電王(ロッドフォーム) »

変身!!」カテゴリの記事

コメント

私は劇場で観ました。
ホントに良かったですね。
感想は下のURLで公開中です。
よろしければご覧になってください。
http://toshi-sugar.moe-nifty.com/tyobi2/2006/05/post_2d8f.html

投稿: ちょび | 2007.07.04 00:21

 ちょびさん、こんばんわ。

 拝見しました。親子でそれも父子で見に行く映画ですよね。
 いつもは仕事に追われてるお父さんが、いざとなったら子供のために戦ってくれる姿が頼もしかったですもんね。

 映画館にたった10人だったんですか。それは静かで集中できてよかったんじゃないですか。
 仮面ライダーはいつも子供の泣き声をBGMに見てますから、たまに静かな映画館へ行くとライダーも大人だけで見られたらなぁって思ってしまいます。

投稿: 村をんな | 2007.07.04 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/15642467

この記事へのトラックバック一覧です: 田崎ガメラ:

» 『小さき勇者たち/GAMERA』(2006) [【徒然なるままに・・・】]
通算12作目、角川映画になってからは初めての「ガメラ」です。 劇中では1973年に満身創痍のガメラがギャオスを道連れに自爆した、という前史が語られますが、これまでの作品とは一切関連性を持たない独自の世界観に基づいています。 あまり良い評判は聞きませんし、興行的にもかなりの苦戦を強いられているようですが、なかなかどうしてジュブナイルとして充分楽しめる作品に仕上がっていると思います。確かに、あの金子修介監督による平成版3部作を見せられた後ではギャップも大きいでしょうが、目指す方向性がそもそも違うよう... [続きを読む]

受信: 2007.07.14 07:41

« 今週の電王(7月1週目) | トップページ | 仮面ライダー電王(ロッドフォーム) »