« アサヒビール様ありがとうございました | トップページ | 行ってきます〜 »

2007.08.02

まずは「北見志穂12」から

 ハギーのファンクラブから連絡がきまして、テレビ朝日系サスペンス・刑事ドラマに萩野崇君、連続出演。ここ最近バラエティーが多かったからなぁ、なんかハギー、仕事の種類が片寄ってるような気がするよね。

1、 まず8月4日(土)の土曜ワイド劇場「おとり捜査官・北見志穂12」にご出演。もうあらすじアップされとったんやけど、どうも怪しげなサイトの管理人役です。さっき「女刑事みずき」見てたら、番宣チラッと流れてたんやけど、ひょっとして金髪の背の高い兄ちゃんが刑事に追いかけられてたんやけど、あれがハギーやったんやろか???

 若手刑事の役で半田君出てるなぁ、半田君見るのも久しぶりのような気がする。

2、「女刑事みずき 京都洛西署物語」 これはオンエア日未定。浅野ゆう子が主演のやつ。黄川田君が若手刑事で出てるよね。オンエア日未定なので、毎週要チェックやなぁ。まぁ面白いから見てるんやけど。

 あっ、今度のには一條俊君と、三輪ひとみさんでるやんか。

3、「法医学教室の事件ファイルXXⅤ」 名取裕子が主演のやつ。

 これもオンエア日未定。「女刑事みずき」みたいな連ドラやとそのクールだけ注意していれば、見逃すことないんやけど、2時間サスペンスは下手すると1年くらい待たされることあるし、なんかの都合で早くなったり飛ばされたりってこともあるから、気が抜けません。

4、松本清張「点と線」 ビートたけし主演

 これは秋の目玉やから、番宣もバシバシ流れるし見逃すことはないやろな。原作、大昔読んで、覚えてるのは電車のトリックやったこと。たぶん生まれて始めて読んだ電車物の推理小説やったからかな。あのころ「砂の器」(加藤剛が主演の映画の方ね)にずっぽりはまってて、その延長で松本清張の推理小説何冊か読んでたときかな。

 ひょっとして全部犯人役かな?

|

« アサヒビール様ありがとうございました | トップページ | 行ってきます〜 »

どきどき・ハギー」カテゴリの記事

コメント

うん、あれはハギーですね。
っていうか、たっくんだけでなく、ベルデも出たりしてライダー率高かったですね。

投稿: nationwise | 2007.08.05 17:07

 nationwiseさん、こんばんわ。

 初めの方には石丸オーナーもご出演でしたよね。
ほんと、ライダー率がめっちゃ高かったです。
 それも容疑者ばっかり(笑)。

 たっくん、大人の顔になってきたなぁって思いながら見てました。

 そしてハギーは取調室でブーたれてる姿、右に出る者ないですよね。
 取り調べる方も取り調べられてる方も両方満遍なくやってる役者って、そうそういなかったりして。

投稿: 村をんな | 2007.08.05 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/15986803

この記事へのトラックバック一覧です: まずは「北見志穂12」から:

» 土曜ワイド劇場 『おとり捜査官 北見志穂・12』 [文才がなくても描けるドラマ脚本術]
ある2時間サスペンスを特集した本で、漫画家のやくみつる氏曰く「2時間サスペンスはオリンピック生まれの人を視聴者層として創っている」と語っておりました。 その本の発行が2000年だから、もちょっと上な気がします。 Shu 的には団塊の世代かと。 さて、どうして前置きがこんなに長いか。 それは2時間ドラマ独特の「副題」にあるんです。 今回の『おとり捜査官 北見志穂』の場合。 「ニセ人妻・連続殺人 金髪の男の�... [続きを読む]

受信: 2007.08.06 20:09

« アサヒビール様ありがとうございました | トップページ | 行ってきます〜 »