« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.29

今週のゲキレン&電王〈10月4週目〉

 「ゲキレンジャー 修行その35 ギュオンギュオン!獣力開花」

 ゲキ魂を浴びて、臨獣殿に戻ってきた理央とメレ。立ち止まっている理央にぶつかっちゃったメレ。よくあるパターンやけど、ちょっと笑えたな。

 ゲキリンの大乱のけりをつけるというマクの後姿を見る理央。この馬鹿にしたような表情、なかなかの面構えやんか。ほぼ1年間こういう表情毎週のように作ってきたから、上手くなってきたというか、表情にバリエーションが出てきたというか。

 スクラッチ本部で作戦会議中のゲキレンジャーたち、なんか5人揃って顔色がちょっと焼けてる感じがするなぁ。夏の屋外ロケの名残のような。美希と比べたら判るよね。

 ラゲクの臨技により、過去の獣源郷に飛ぶ理央・メレ・ラゲク。そんなことできるんやったら理央が何故子供の頃雨に打たれて睨みつけながら立ってたのか、その謎を教えて欲しかったよね。

 マクとシャーフーの関係が語られるシーンがあったけど、ブルーサ・イーが初め後継者にシャーフーを指名して、シャーフーがそれを断ったから話がマクに来たって言ってたよね。それがそんなに怒り狂うほどの侮辱やとは思えないんやけど。
 もうそっからマクの思考回路は狂ってたんかもしれへんよね。
 で、ラゲクはシャーフーへの愛を受け入れてもらえなかったから、マクに組したんでしょ。

 最強のゾワンゴゾワンゴの気配を感知してジャンが向かった先には理央が。ここんところのゲキレッドと黒獅子対決、見応えあったね。

 ゲキレッドにマクを倒せと言う理央。そして「俺と戦いたければ、俺と同じ場所に上がって来い」と言ってその場を立ち去る理央。
 何様って感じよね。ゲキ魂を浴びて、やっとマクと同列の力を得たくらいやのに、口だけはマクより数段強いみたいやんか。

 マクを相手に手も足も出ない4人のゲキレンジャー。危機一髪のところで獣力開花したゲキレッドが戻ってくる。
 ゲキチョッパーのサイブレードを借りてゲキクローと合体させ、過激気研鑚してたけど、てっきりゲキチョッパーだけの得意技やとばかり思ってた、どうもこの雰囲気じゃ、完全にゲキレッドの攻撃アイテムになってまいそうやんか。

 うわっ、マクやられてやんの。マクとゲキレッドが戦ってる時はロックやったのに、マクが一瞬倒れた時ピアノの曲に替わって、でまたロックに戻る時に二つの曲がダブってたやんか。なんでピアノ曲、間に入れたんやろ。変やったと思もえへん?曲調もリズムも全然違ってたし、曲の選択おかしかったよね。

 ラゲクの後ろに現れたロン。ロンの正体は竜邪の総帥(ってラゲク言うてた?、苦しげな声やったからはっきり聞きとれへんかったんやけど)。ラスボスですか。私はてっきりロンはラスボスの手下やと思ってたんやけど。

 ロンって竜の中国語から来てたみたいやね。今までのパターンとちゃうかったから、気が付かへんかった。

 「未踏の頂き」って獣源郷以上のどこかがあるってこと?

 巨大化したマクと戦うのに、サイダイオーじゃなく、サイダイン+ゲキファイアー=サイダイゲキファイヤーってのが、今週の販促(笑)。

 マクが倒されたことで、元に戻った七拳聖。元に戻った途端、身体鍛えてるちゅうのも凄いよね。命の雫搾り取られてたんやから、もうちょっと弱ってても不思議やないのに。

 ラゲクの形見を持って現れるロン。いままでメレさんって言うてたのに、ここから「メレ」って呼び捨てやし。

 ほほぉー、幻獣拳ですか。秋になって熊の毛皮も戻ってきたし。理央の肋骨もなかなか魅力的やったからなぁ、それが見られへんようになるのはちょっと残念。

 そしてゲキレンジャーの定番、理央のアップで来週へ。

 「仮面ライダー電王 第39話 そしてライダーもいなくなる」

 何回かに1回は必ずウサギちゃんイマジンが出て来るんかぁ???
黒ウサギで、一応肩にふわふわがついてたりして可愛いスタイルやのに、声はおっさんやし、足は筋肉かなんかでむちむちやし。

 赤電王、良太郎に剣さばきを教えるといいながら、武器振り回して。それじゃぁ、安物のチャンバラショーやんな。
 良太郎に突っ込まれて、やり直しかよ。

 そして懐かしの俺の必殺技パート2。もうほんまにめっちゃ懐かしい。この前いつやったかも、覚えてないし。

 イマジンはやっつけたけど、イマジンが飛ぶ時間に何か意味はあるのか探るために、過去にやってくる良太郎。

 就職説明会に来た依頼者やけど、そんな伸びっぱなしのロン毛じゃ就職活動失敗するよな、それも銀行やねんし。

 桜井さんを探すためにきょろきょろしてる良太郎の後ろで、階段を踏み外して友達に支えられてる人いてたけど、あれってわざと?どっかの小劇場の役者がバイトでエキストラとかやっとったんやろかって思っちゃうよね。

 デンライナーでトレーニング中の、モモ・ウラ・キンって、いつもJAE部屋でやってるトレーニングをそのままやってるんちゃうん。
 モモのテーブルに身体乗っけてやる腕立て伏せって、きついんやろか。
 デンライナーの外を走るオーナー。おぉ、パントマイムの小技が効いてますねぇ。

 前に、望遠鏡を人に上げようかと相談して良太郎に怒られたこと、愛理ねぇさんずーっと考えてたんやろな。だから思い出そうとしてたんよね。

 侑斗が見つめてたカードの裏、赤でMZみたいなマーク入ってたよね。今までのカードって、裏は黄色でマーク入ってたと思ってたんやけど。ちゃうかったっけ?

 土手から良太郎と侑斗が二人揃って落ちていくやんか。田村監督、やってみたかったんやろか。アキノキリンソウがウジャウジャ生えてたから、花粉まみれになったやろな。白い服に、草の緑色の汁まで付きそうやし。

 波止場でカイに出会う良太郎。
 砂ウラたちにコンクリートブロック投げちゃうんやもんなぁ、カイ。そんときのM良太郎の目の動きとか、こういう小芝居が好きなんよね。

 カイが仕掛けたのは、デネブと契約する前の高校生の侑斗が、クラブ活動で天体観測にやってきた時間。黒い髪の毛の侑斗というか中村君見るの初めてよね。響鬼のときもちょっと茶色っぽかったでしょ。

 侑斗が大事にしていた望遠鏡が燃えそうになってるのを見て、どうして良太郎は火を消そうとしなかったんかな、それがちょっと疑問やったんよね。

 高校生の侑斗が倒れて、現在の侑斗がどんどん消えていく。「俺のことは気にするな、デネブをよろしく」って言うてたけど、自分でどうにか復活するっていう意味も含めての「俺のことは気にするな」っていうセリフかなという気もしたんやけど。

 怒りが頂点に達しライナーフォームに変身して戦う電王。良太郎としてはリュウタバージョンが一番戦いやすそうやな。
 
 イマジンとの戦いのシーンで、ちょっと心象風景風にグレイっぽい画面で撮ってたけど、あれってどうかな。なんか重たくなかった?

 イマジンを倒したお陰で時間は元に戻ったけど、侑斗だけは戻らない。
 ミルクディッパーも花時計って名前に替わってるし。望遠鏡が置いてあった場所には、お花だけでどれぐらいお金掛けてんねんっていうくらいでっかい生け花飾ってあったし。すっかり落ち込んでしまった良太郎ってところで、来週へ。   

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.27

封切り

封切り

 携帯のカメラ、あんまり近いとピント合わへんなぁ~。ぼけぼけですが、「仮面ライダー THE NEXT」封切り早々見てきました。

地元の映画館でやったんやけど、結構空いてました。親子連れ:マニア=6:4くらいの割合やったかな。親子連れいうてもお子様結構小さい子が多かったんよね。ひょっとすると生まれて始めてのホラー映画やったかもしれへん。

 血しぶきとか血溜まりとかのインパクトを弱めるために、セピア調の色目にしてる分画面暗いしねぇ。

 ほとんど子供に受けるようなギャグパートはないしね。途中で泣かれるってことはなかったけど、たぶんあっけに取られたまま終わっちゃったのかもしれへんな、小さいお友達にとっては。

 まぁ、大人的には面白かったと書いておきましょう。詳しくは後日別ブログで。

 でも今週のネタは全部東映発やったやんか。どんだけ東映好きやねん(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.10.25

相棒 シーズン6 スタートスペシャル

 いよいよ始まりました、「相棒 シーズン6」。

 スタートスペシャル「複眼の法廷」

  めっちゃ骨太なストーリーやったよね、裁判員制度と自白の強要による冤罪事件を絡めてあって。裁判員制度のドラマっていうと、なんか面白くなさそうって気がするのに、引き込まれてしもうたし。

 これからもドンドン裁判員を取り上げたドラマ作られていくやろうけど、ここまで面白いものができるかどうかって気がするんよね。

 裁判員たちの意見をまとめる熟練の裁判官の役が石橋凌さんやったんやけど、語り口の重厚さや迫力に圧倒されて見てたなぁ。こんな裁判官さんやったら、間違ったことなんか、絶対言いそうにないよね。

 最後、記者に裁判員のことをメールで教えたんちゃうかと、右京さんと薫ちゃんが裁判官のこと引っ掛けようとするんやけど、「のれんに腕押し」。

 右京さんの言葉を受け流せるのは 一徳さんだけかと思ってたのにね。

 大谷さんの出番少なくなかった?舞台と被ってたんかなぁ。大河内監察官も顔見せ程度やったよね。

 そしてテレビ本編終了後、劇場版のCMコントやってたけど、来年のGWやて。なんかめっちゃお預け食ってる感じ。ひょっとしてシーズン6の最終回スペシャルが劇場版にリンクしてたりして〈それって電王と同じ手やんかっ(笑)〉。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.10.23

今週のゲキレン&電王(10月3週目)

 「ゲキレンジャー 修行その34 ゴワンゴワンのダインダイン!獣拳巨神、見参」

 だんだんゲキレンジャーのサブタイトル長くなってくるがな。そのうち、2時間サスペンス並の長さになってまうんとちゃうやろな。

 元禄時代から戻ってきたら、獣源郷が燃え落ちたというところから。

 サイダインがどうなったか確かめに行くケン・理央・メレ。
 ゲキレンジャーもその後を追おうとするが、カタに阻まれてしまう。

 七拳聖を岩にしてまうやなんて、今まで敵方にやっつけられて岩にされるとかってのはちょくちょくあったけど、7人が一つの岩に固められるなんて初めてのパターンやね。1つの大きな球体に7人の特徴が掘られてたけど、うまいこと作ってあったなぁ。

 うわぁ、あの岩に固められてる拳聖ってまだ生きてるって設定なんや。それを高速回転させて命の雫を絞るやなんて。それをマクが浴びて天下無敵になるって、なかなかえぐいやんか。
 また、それも後1時間で絞り尽くされるって時間も区切られてるし。

 燃えつきた獣源郷の石仏の前にはラゲクが。そこに現れるケン。
 「ギャルとメンチカツには目の無い俺だが、お前は絶対許さねぇ」って、ラゲク倒すのに「ギャルとメンチカツには目の無い俺」は無関係やろ。
 それにもう「ギャル」って死語というか40歳以上のオヤジしか言わんような気がするな。

 カタ1人でゲキレンジャーたちの攻撃を受け止めてたけど、カタめっちゃかっこいいやんか。
 「人々を苦しめ、自分たちだけが強くなろうとする臨獣拳のどこが正しい」と問うゲキバイオレットに「すべて」と言い放つカタ。すごい自信やなぁ。

 カタの臨技で幻の世界に閉じ込められるゲキレンジャー。
 自分の横に立ってるカタをやっつけたと思ったらゲキブルーやゲキイエローだったというお互いがお互いをカタだと思い込んで戦う臨技。
 疑心暗鬼を利用するって、憎しみに繋がるからカタの臨技としては奥義中の奥義になるよね。これって本物vs偽物の応用ともいえるし。

 ラゲクと戦うゲキチョッパー、こっちも苦戦やね。クラゲ相手やったら、どんな攻撃もかわしてまうわなぁ。それに身体にまとわり付かれるちゅうのも、なかなか怖いやんか。

 ケンの思い出。修行に飽き飽きしたケンの耳に「考えるな、感じろ」というサイダインの声が聞こえてきて、その声に「感じたままに言ってやるよ。そして誓うぜ、強くなって帰ってきてやる」と答えるケン。

 獣源郷みたいな雑念無く修行できる場所でさえ飽きちゃうんやから、下界に下りたら自分のしたいことばっかりで修行に身が入らんやろ、ケンの性格やと。

 猫たちを助けると言って、マスターシャーフーの言葉を思い出す「考えるな、感じろ」。師匠から弟子に代々伝えられてきた教えの一つか。
 こんな感じで、ブルーサ・イーの教えが一つずつ出て来たりしてね。

 こうしてカタの居場所を感じて攻撃するゲキレッド。かっこ良かったよね。あんな攻撃なかなか思いつかへんで。普通自分の背後にいる人には、振り向き様に斬りかかったりするやんか、じゃなくて飛び上がって1回転しながら下から上に引っかくやなんて。不意打ちやし。

 でもゲキチョッパーが感じたのは、相手の本当の姿やなくて、ブルーサ・イーの魂。同じ感じるでも、感じる対象が違ってる。

 そしてラゲクに一撃を食らわしたけど、後ろ向きやもんな、これも不意打ちやんか。

 理央が手にしていた操獣刀が勝手にゲキチョッパーの方へ飛んでいき、ゲキチョッパーが掴むと、それに反応するようにサイダインが姿を現す。
 なかなか豪華な登場の仕方やね。

 巨大化したカタと戦うために、ゲキレンジャーたちの元に向かうサイダイン。そしてマスターブルーサのゲキ魂を降り注ぐ。理央とメレもこのゲキ魂を浴びたちゅうことは、味方の側にどんどん近づいてくるんかな。

 ここでロンが現れて「獣力開花完了ですね」って言ってたけど、誰に指図されて動いてるんやろ。ラスボスの手先なん?

 サイダインの最初の生贄がカタかぁ。ド派手な登場にふさわしい敵やったなぁ。

 マクを倒して、マスターたちを助けようと団結するゲキレンジャーたち、でもさぁ、なんでジャンあんなに強く首をたてに振ったんやろね。

 マスターたちの命の雫を飲んじゃったマク。そんなことしたら獅子身中の虫になってまうんちゃうん。

 本編の後でやってたサイダイオーのCM、今まで発売されたゲキレンジャーのフィギュア乗せて動いてたよね。どんだけでかいねん。

 「仮面ライダー電王 第38話 電車の中の電車王」

 ストーリーが佳境に入ってきたからか、アバンタイトルの先週のおさらいナレーションをオーナーがやってたよね。

 ターミナルでレオイマジンの手下たちと戦うモモ・ウラ・キン。手に持ってる武器、テレビ初お目見えやよね。モモの持ってる鬼の金棒、結構でかいやん。

 モモとウラが話してるところを後ろから頭を押さえられてゴッツンコさせられてやんの。

 R良太郎を脅すカイ。人間の顔を引っくり返して映すと、それだけ狂気が演出できて印象的になるなぁ。

 カイに操られて動かされているダンサーズとも戦わなくてはならないR良太郎。すごい捻り技、それに逆立ちしてるからシャツの隙間から見える腹筋の凄いこと。

 暴走するデンライナーとゼロライナーの撮影、大変やったんやろなぁ。ナオミ天井にぶつかったり壁にぶつかったりしてたやんか。どうやって撮影したんやろって考えながら見てたもんね。

 オーナーと駅長のチャーハン対決。モモがジーっとチャーハン見つめてたってことは、食べたかったってことかな。ウラはちゃんと分岐点とかのついて考えてたみたいやったけど。キンは完全に居眠り状態やったよね。

 傷つきながらも、愛理ねぇさんの所へ来るR良太郎。ねぇさんから直接良太郎じゃないと言われて、現実を知ってまうってねぇ。
 侑斗が言った「しょうがないだろ」って、短い言葉やのに奥が深いよね。「愛理さんは良太郎のねぇさんで、リュウタのねぇさんではないんだから、しょうがないだろ」ってことなんかな。
 
 リュウタがこれほどねぇさんに執着するってのは、魂の記憶のどこかに生き別れになったねぇさんがいるってことなんかな。

 デンライナーが岩山に衝突しそうになる所を、危機一髪で救うキングライナー。山肌、これってケンザン(お花を生けるときに使う道具)ですかってくらいトゲトゲやんか。

 カイに向かって「二度とリュウタロスに近づかないで」って言うた時の良太郎って、普通に芝居してるときの佐藤健君の顔なんかな。良太郎以外の佐藤君の芝居知らないもんやから。

 ほほぉ~、カイって持ってる本の日付の所で呪文を書くと、イマジンが過去に飛べるようになってるんか。

 ライナーフォームで戦う電王。今日はリュウタロスを一番TOPにして、突き刺す形でレオイマジン倒したけど、この必殺技に名前は無いみたいやな。
 戦い終わった後で、ぶっ倒れてまうのが良太郎らしいやんか。

 モモが大工さんスタイルになるとは、想像つきませんでしたねぇ。それもちゃんと腰に道具袋つけてるし。電動ドリルも使えるみたいやし。

 リュウタが最後に自分で書いたねぇさんの絵をなでてたけど、あの絵の中のねぇさんだけはリュウタのものやと思うと、なんかめっちゃ切なかったなぁ。

 来週、学生服姿の侑斗が出て来るみたいやん、めっちゃ可愛いし。
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.10.20

せやねん!に

 土曜日の朝は、関テレの「ぷったま」でスポーツコーナー(という名前の阪神タイガース情報コーナー)が終わったら、毎日放送の「せやねん!」に替えるんやんか。

 なんかうまいこと「せやねん!」ではまだスポーツコーナーが続いててね、元阪神タイガーズの八木さんがしゃべってはったりするんよね。

 で、「せやねん!」見てたら、途中でスタジオに入ってきたのが愛理ねぇさんやってる松本若菜さん。どうもレギュラーらしいよ。いよいよ、「仮面ライダー電王」明けの仕事で動き始めてる人が出てきてるんよね。

 「せやねん!」のコメンテイターは、2列に座ってて、2列目は1段高くなってるんやんか。1列目の左端がメインコメンテイターのトミーズ雅でその隣が八木さん。で、若菜さんは2列目やねんけど、ちょうど雅と八木さんの間に座ってて、雅と八木さんがしゃべってる時に、よう映ってたよ。

 で、若菜さんの隣が、チュートリアルの徳井でね。若菜さんが座ってから、なんか顔が緊張してる風に見えたんやけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.10.18

官公庁オークション

 最近、Yahooの官公庁オークション見たんやんか。

 なんかめっちゃおもろいねん。官公庁オークションで売れたもんはその物を出品した地区の税務署に税金の一部として納金されるみたいやねんけど、なんかゆる~い物が出ててさ。

 山○邦子のサインとか、オリンピックのマスコット人形とか見てるだけで笑けてきたんやけど、オークションに出されるってことは差し押さえられたってことでしょ。

 こんなんまで差し押さえられるんかと、そういうことにへぇ~~って思ったりしてね。

 残念ながら、オークション参加者の申し込みは締め切られてもうたからなぁ、ちょっと気になる額とかあったんやけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.15

今週のゲキレン&電王(10月2週目)

 「ゲキレンジャー 修行その33 フレフレガッチリ!カンフー忠臣蔵」

 ラゲクによって異空間に吹き飛ばされたゲキレンジャー+理央・メレから。

 彼らが飛ばされたのは元禄15年師走の江戸。

 街なかで浪人者を切りつける吉良上野介。でもこの吉良はムコウアに憑依されてるって、いくら電王が人気であちこちでパロディーが作られてるとはいえ、ゲキレンジャーまでまねせんでもえぇやんねぇ。

 でも吉良の役、石井さんでよかったかも。お茶目やったし。だいたいこの頃の吉良っていつ赤穂浪士に襲われるかびくびくしながら屋敷の奥で息をひそめてたから、こんな街中歩き回ってるわけないしね。

 毛利小平太役は、ブラック担当今井さん。電王で吊り下げられたり、毛利小平太役やったり、今井さんも毎年ちょろちょろ顔出しで出てはるよね。
 ゲキバイオレットが「まだ息がある、運ぶぞ」って言うてたけど、どこへ運んで行ったんやろ?

 遥泉院と聞いて、浅野匠頭の正室と判っちゃうラン。ランって実は時代劇ファンやったんやろか。
 忠臣蔵と聞いて「中心が揺れるのか」と言っちゃうジャン、めっちゃ可笑しい。今までそんなギャグ言うた人聞いたこと無かったもんね。

 血判状、めっちゃご立派やったけど、どっかの忠臣蔵の撮影で使ったことのある小道具やったんやろか。
 普通このシーンには、吉良側から送り込まれた女中が出て来るんやけど、やっぱ時間の都合で無しにしたんやろね。私としてはちょっと物足りんかったけど。

 大石内蔵助は自分と決め付けてるラン。凄い自信やなぁ。
 
 江戸の町中を歩くために、着物に着替えたゲキレンジャー男子。ゴウ・レツなかなかヅラにあってるよね。ゴウが若旦那でレツがそのお付の手代って感じかな。

 ジャンの着物って、K良太郎が着てるやつの色違いかよって思わへんかった?

 ゲキレン男子の前に、長屋の1軒から突き飛ばされて出て来たのはメレ。おぉ、なかなか日本髪に着物姿似合うやんか。これで来春太秦村で撮影のDVD出演は堅いとみたな。

 太秦のセットにゲキレン男子は背が高すぎるよな。どんだけ大男揃いやねんってくらい。

 赤穂浪士討ち入りスタイルで江戸の町を走るゲキレンジャーたち。さすが太秦には達筆な筆耕係さんもいてはるんやな。羽織の襟「獣拳戦隊」の文字とかめっちゃ綺麗やし。

 出たっ!!福本清三さん。清水一角やて。

 ゲキレンジャーの面々、チャンチャンバラバラは苦手なので、いつも通りのやり方でって、ほんとに殺陣苦手っぽかったなぁ。

 なかなか吉良上野介が見つからないので「根性で捜すのよ」っていうラン。あれぇ、時代劇詳しいはずなのに炭小屋のことは言わへんのかいな。

 そのころ長屋では、寝てる理央にメレがキスしようとしてるところに現れるロン。記憶喪失になった理央を元に戻すため息を吹きかけるロンやねんけど、その前に自分のくちびるを舌なめずりしてたやんか。
 そんな腐女子に媚びたような演出しても、そうそう腐女子の皆様も乗ってくるとは限らへんで。ちょっと見え透いてる気がせんでもないんやが。

 吉良屋敷に、操獣刀を取り戻しに現れる理央とメレ。臨機を辿ってムコウアの居所を尋ね当てたけど、そういう手が有ったんよね。いつもならジャンがゾワゾワだって気が付くはずやのに。
 
 ムコウアがやっつけられて巨大化し、ゲキレンと理央・メレがタッグを組んで、ゲキリントージャ。バエも久々の登場

 ゲキリントージャとムコウアで松の廊下の寸劇付き。

 テレビ本編でゲキリントージャ出て来るの、これが最初で最後なんやろうか?

 操獣刀を取り戻して、元の世界に戻ってきたら、獣源郷が燃えて崩れ落ちてたけど、まさかこんな展開になっていようとは・・・。えらいこっちゃ。
 でもやっぱり最後の顔アップは理央でしたなぁ。

 電王の前の東映太秦村のCMが入ってたんやけど「きだ版仮面ライダー絵巻 オリジナル仮面ライダーショー 激突!電王vs信長」って相変わらず凄いショーみたいやんか。仮面ライダー響鬼前半書いてはった"きだつよし"さんの脚本って、相変わらず太秦村スタッフの男気に感心しちゃうなぁ。

 「仮面ライダー電王 第37話 俺、そういう顔してるだろ?」

 先週私が指摘したのと同じ事、良太郎言うてたよね「俺の必殺技パートなんとかよりは良いと思うけど」って。
 この間は、キンちゃんの特訓で空手の練習やったけど、今週はモモによる電車斬りをかっこよく決める特訓。そのうちウラによる女子を釣る特訓もあるかな?そんなん無いわなここまで来たら(笑)。

 モモもそれとなく良太郎と自分たちの未来は違っていくってこと、教えてるみたいやな。砂モモもちょっと寂しそうやったしね。
 それにしても良太郎ったら、必殺技の練習やってるっていうより、バッティングの練習してるみたいやんか。

 食堂車の営業時間が終わろうとしているのにお絵かきをやめないリュウタ。そこにキンがお風呂の底を踏み抜いて、ウラが流されたとご注進に現れるコハナ。

 ということはキンがお風呂の底を踏み抜いたときに、ウラも一緒にお風呂入ってたってことよね。

 リュウタの頭の中に入ってきてうるさく命令する男・カイ登場。

 レオイマジンが吼えたら、なんか頭が金色の手下(ちょっとカブトのときにでてたゼクトルーパーを再利用してる気がせんでもないんやけど)が現れたけど、こういうのがウジャウジャ出だすと終盤戦になってきたなと思うよね。

 ミルクディッパーで侑斗のために考えたコーヒーを披露する愛理ねぇさん。
ソフトクリームをかたどったカップのふたを開け中を見て侑斗笑ってたけど、何が入ってたんやろ。カップの形が面白くて笑うんやったら、ふたを開ける前から笑うやんか。

 侑斗と仲良く笑ってる愛理ねぇさんを見て、嫉妬するR良太郎。上手くストーリーが回るように、段取りされてるよね。

 オーナー曰く「ハナは単に子供に戻ったわけではない。姿が変わったのは未来の揺らぎともいえる。新しい路線がハナやゼロライナーのいた時間に繋がるかどうかという」って。
 なんか意味深やなぁ、こりゃぁ最後の最後までコハナで行くぞという伏線みたいなセリフにも取れると思わへん?

 ストレス解消にクラブへ踊りに来ているR良太郎。ダンスバトル、凄いねぇ。
撮影も大変やろうに、その間にあのダンスの振り付けの練習してたんやろな、そりゃぁ全身筋肉痛になるよね。

 入荷をチェックするナオミ。葡萄とグレープフルーツとサツマイモを同じ箱に入れるんかよっ!!と思わず突っ込んでしまいましたねぇ。
 
 侑斗とデネブがターミナルを見てる隙にゼロライナーに乗り込んで、暴走カードをバイクに仕込むR良太郎。そこに侑斗が現れたけど、R良太郎を追いかけずに、バイクに突っ込んだ暴走カードを抜こうとするのが普通とちゃうんって思ったんやけど。

 侑斗を突き飛ばして外に逃げ出したR良太郎に襲い掛かるレオイマジン。キャーーーッ、待ってました山路さん。めっちゃ渋くてぞくぞくするお声だよ。今回の電王が始まって24分も待たされるやなんて。

 暴走カードと共にパスをゼロライナーのバイクにセットしてしまったために、変身出来ない良太郎。
 そう来ましたか。こないだまでがカードが無くなって変身できない侑斗やったやんか、それに対して今度は良太郎が変身できなくなるって、見せますなぁ靖子にゃんの脚本は。

 そこへ走って助けに来る侑斗。ゼロノスに変身して戦ってたけど、くるくるって回転しながら、頭上の鉄筋に飛び乗るところなんて、めっちゃ美しい。

 カイに「お前もう消すよ」と指差されるR良太郎。そして暴走し続けるデンライナー+ゼロライナーってところで、来週へ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.14

法医学教室の事件ファイル25

 ハギーが出てるから、一応カテゴリー的には「どきどきハギー」にしたけどさ。でも衝撃でしたよね、アバンタイトルで既に死体やんか。それも箱詰めにされて、宅配便で送られて来てたって。

 今までも、刑事やら犯人やらやーさんやらチンピラやら色々なの見てきたし、死体も何回も見てきたけど、初っ端からやからねぇ、ことここに極まれりやったよね。あと司法解剖シーンもあったけど、最近はSPAレンジャーで締まったボディーを余す所無く披露してくださってるから、それほどおいしいとは思わなかったなぁ。

 ルポライターとしてゆすってるシーン、ねちっこく悪そうだったのが、チラッとしか映らなかったけど、ちゃんと性格付けとか役作りとかできてたなと贔屓目で見てしまいましたねぇ。

 同棲してた彼女と仲良くしてるシーンがなかったのが残念やったかな。

 彼女の幼なじみ役で半田君出てたけど、まさか半田君も殺されるとは思わへんかったなぁ。確かに、最初犯人と疑われた人は、1時間後に殺されてるっていう2時間サスペンスの常套手段やけど。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.11

早速舞台ですか

今日、上方歌舞伎会友の会から、07年秋巡業松竹大歌舞伎のチラシ来ました。

 「風林火山」で1年間、武田晴信やってはった亀治郎さん、早速舞台復帰して全国巡業ですか、舞台に立ちたくてうずうずしてはったんやろか。

Poster2 関西では、チラシの京都・神戸・奈良以外に、岸和田でもやるんやけど、全部平日やんかっ!!行かれへんちゅうねん。

もう一つ、歌舞伎やなくて、私ンちの近くであるイベントです。戦隊好きなら、こちら好きなかたもいるかもと思って(笑)。

Poster  イベント開始するの、状況開始っていうんや、へぇ~~~。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.10.08

今週のゲキレン&電王(10月1週目)

 「ゲキレンジャー 修行その32 ゾワンギゾワンゴ!集結獣源郷」

 獣源郷に向かおうとする理央とメレを阻止しようとするシャーフーから。

 七拳聖登場。7人揃っての名乗りってなかなか豪勢ですなぁ。
でも「○○の中に修行有り」ってキャッチフレーズあるの4人だけってのもね。
 残りの3人も作っておけばよかったのに。
 シャッキーの「シャッキーンの中に修行有り」ってのが、脱力ものやったけど。
 「暮らしの中に修行有り。激獣拳とは日々よく生きることと見つけたり」これが正式なモットーなんや。

 マスターシャーフーたちを追って、ゲキバットファイアーで獣源郷に向かうゲキレンジャーたち。そうそうそれそれ。今までの戦隊ってあれ使えばいいやんって思うもの使わんとわざと遠回りしてたことあったもんね。
 
 ありゃま、三拳魔の方もちゃんと名乗りしてるやんか。

 三拳魔・五ゲキレンジャー・七拳聖ってちゃんと、七五三っていう日本人の好きな数字に揃えてあるね。でもって理央とメレは二の偶数やから、どこにもはじかれてまうって感じかな。

 獣拳創始者ブルーサー・イー、ジャッキーとかサモハンとかって名前のもじりが出てきてブルース・リーの名前のもじりが出てこないはずは無いと思ってたら、神様ですからねぇ。やっぱ、別格ですな。

 理央がシャーフーの元弟子で、力を追い求めて臨獣殿に入ったように、マクはブルーサー・イーの後継者と目されていたのに、反旗を翻したって、似たような境遇やったんや。

 そしてブルーサー・イーを手に掛けた時、すでにマク・カタ・ラゲクは全身変してたんや。

 「ブルーサー・イーの魂を宿すために、シャーフーたちが操獣刀を使って作った石像サイダイン。サイダインには獣拳を学ぶ者の秘められた能力を開花させる力がある。
 ブルーサー・イーの教えに逆らい獣獣全身変を使った拳聖や拳魔には、その恩恵は与えられない。」

 めっちゃポイントやなぁ。ゲキレンジャー検定があったとしたら絶対外せないな、ここは。

 えぇ、ジャンが美希と出会ったの獣源郷の森やったんや。こんな所で発端とつながるやなんて。美希、ケンにでも会いに来てたんやろか。

 獣源郷に入ろうとして、結界にさえぎられる理央。
でも操獣刀かざしただけで、あっさり結界は解けるし、扉は開くし。

 サイダインのある泉の前で、リンリンシーのメレは清らか過ぎて気分が悪くなるって言って、ジャンたちは反対に清々しくて元気が出て来るって言うてたやんか。そしたら臨気に近い紫激気を持ってるゴウは、サイダインのパワーには本来適合せぇへんのとちゃうん。

 元々理央とゴウがライバルやったはずやねんから、まず理央と決着つけなあかんのゴウやんか。

 ジャンと理央は戦うとお互いに力が湧いてくるって、やっぱりゲキレンジャーが始まった頃の噂は本物なんやろか。

 ありゃ、確かシャッキーとエレハンの激気の布で巻かれて、身動きできなかったはずのラゲクがこんなところに現れてるやんか。やっぱシャッキーとエレハンやな、女に弱い。

 ラゲクによって、「永遠にさまよいつづけるがよい」と時空のかなたに吸い込まれていくゲキレンジャーたちってところで来週へ。
 
 はぁ~?今週こんなに緊迫したストーリーやったってのに、来週は忠臣蔵の討ち入り。めっちゃ唐突。それに季節的に2ヶ月早いしなぁ、時代劇大好きで育ってきた人間には、違和感あるよね。時空を旅する電王だって、劇場版でしかそんな展開せぇへんかったのにね。
 なんか、吉良邸の侍の一人に福本清三さんのお顔が映ってたような気がしたんやけど。

 「仮面ライダー電王 第36話憑かず、離れず、電車斬り!」

 ゼロノスの秘密を良太郎が知るところから。
 桜井がデネブと契約して、デネブが過去の侑斗にカードを渡したって、どうして桜井は自分でゼロノスになることを選択せぇへんかったんやろ?

 自分を犠牲にしてでも、未来をなくすことを阻止して、愛理ねぇさんや人類を守ろうとしたんやとは思うねんけどね。

 キンが使ってたバーベル用の椅子、JAE部屋から持って来たんとちゃうん(笑)。バーベルうまいこと作ってあったよね。

 関西人以外はあほって言われたら、傷つくらしいもんね。そりゃ、モモに喧嘩けしかけてんのと一緒やし。

 モモをこっちに来いと手招きするウラ・キン二人の可愛い事。おじさん2人で紙のお花作ってるって、たまりませんねぇ。内緒の相談の雰囲気も。

 先週、侑斗が再びゼロノスに変身した事で、すっかり忘れてたけどモールイマジンってあと2人いてたんよね。

 良太郎も、「侑斗があと何枚カードを使っても絶対忘れない」って誓って、これが最初で最後かもしれない電王とゼロノスのW変身やっちゅうのに、余韻がもう少し欲しかったよね。突然ぶち切れてプリキュアのCMってのはねぇ。

 とうとう良太郎とモモが繋がらなくなって、抜けちゃうモモ。デンライナーに戻ってきた時、リュウタが紫色のクレパス持って、「だって、難しいんだよ」って言ってたけど、自分の顔書くのが難しかったんやろか(笑)。
 
 プラットフォームで戦い続ける良太郎に、自分の剣を投げて、「デネブ来い」って呼ぶ辺りのゼロノス、めっちゃかっこよろしいなぁ。

 
 良太郎、危機一髪に間に合うイマジンズ。イマジンズの持って来たものは、デンカメンソード。そしてデンライナーと合体(?)ってことでええんかな?
 デンライナーフォーム。

 今まで、10ヶ月間、モモたちの必殺技の出し方、体感してきたはずやのにねぇ。「電車斬り」って皆にセンスないって言われてたけど、モモみたいにPart1とかPart2とかって、名前付けたことない人にまでセンスないなんて言われたくないよね。

 デンライナーでパーティーやってる良太郎やイマジンズ。ウラがオーナーの協力ありって言うてたけど、それはデンライナーを良太郎に繋がせるってことやろうけど、リュウタの書いたデンカメンソードを実体化したのは、どうやってなんやろうね?

 最後にオーナーがデンカメンソードのケーキプレゼントしてくれたやんか、リュウタは自分の顔の分しっかり取ってたやろ。モモも大きさから言うたら、自分の顔の分取ってたんとちゃうやろか。

 残りをウラ・キン・良太郎・ナオミ・コハナで分けたんやろな。顔半分で泣いてたウラとキンやけど、大人やからしゃーないよね。

 玩具のCMやけど、デンカメンソード、それぞれの一声が入ってるんや。これって、大きいお友達も買ってねってことよね。
 そしてキングライナー、ネタバレCMありがとうございます。

 そして来週からいよいよストーリーも佳境に入るようですね。そしてイマジンのお声で山路さんが登場。渋いっすねぇ。私山路さん大好きなんで、めっちゃ楽しみなんやな。
 山路さんがありなら、ガジャ様だってイマジンの声ありなんちゃうんと思ったんやけど。
 
  
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.10.06

「ちりとてちん」 第1週

 「ちりとてちん」第1週なんて、題名つけたけど、まだ金曜日の分までしか見てないんやけどね。

 去年の「いもたこなんきん」のときも思ったんやけど、子役のキャスティングが凄いよね。どことなく貫地谷さんに似てるんやんか。ただ似てるだけじゃなく、芝居が上手いっ!!

 くりくりした目もいいけど、なんか嫌なことがあったときの「チッ」ってほっぺた吊り上げてみせるところとか、おじいちゃんが亡くなったシーンとかマジ泣きしてるし、でこの和田B子ちゃん、着てるお洋服がいつも動物のワッペンがついてるんやんか。それも可愛いよ。

 去年の「いもたこなんきん」の子役ちゃんも、どことなく藤山直美ちゃんに似てるような田辺聖子先生に似てるような子やったよね。

 今「ちりとてちん」福井編やってるけど、北陸地方って語尾伸ばすんやんか、その伸ばすイントネーションがめっちゃ難しいねん。あれって他の地方から来た人には絶対まねでけへんと思うな。でもそこは役者さんたち、どうにかこうにか真似てはる。本場の人が聞いてて、どうなんやろね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.10.03

「萩野です」って

 みのさんのお昼の番組で毎週木曜日に温泉とグルメのレポーターでハギーが出るんやんか。それで先週くらいに、ファンクラブからお知らせメールももらってたんやけど、今日念押しのメールが来てさ、その件名が「萩野です」やったんやんか。

 普通、DM系メルマガは別として、友達から来るメールって、リアル友達からは用件が、ネット友達はHNが件名になってくるんよね。

 なので、普通の名前(特に女子の)で来るのは、迷惑メールが多いんやんか。だからまた迷惑メールかよって思ったら、送信先がハギーのファンクラブやったから、削除せぇへんかったけどね。やばいやばい。

 中身の文章も自分で考えはったんやろか???まぁ一応本人が考えはったと思っといてあげよ。

 話は変わるけど、"おもいっきりテレビ"の後にやってた"ザ・ワイド"の後番組、東京ではまだ決まってへんねやろか。明日の番組表見たら再放送やったから。大阪では夕方やってた"ミヤネ屋"がせり上がってきてるんよね。後番組が決まってないのに、"ザ・ワイド"止めちゃうやて、キー局としてどうなんよって気がするんやけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.01

今週のゲキレン&電王(9月5週目)

 「ゲキレンジャー 修行その31 俺たちムニムニ!」

 今週のゲストは新一役の須賀健太君。
 その須賀君がかっこよくバスケットをしているシーンから。

 まぁ、なつめちゃん登場時の男の子版やったよね。でもさすが主演映画を大ヒットさせただけのことはあるから、細かい目使いとか表情とかセリフ回しとか上手いねぇ。

 なんかなつめが説教してたけど、つい4ヶ月くらい前まで、同じ態度やったなつめに説教できるんかいなと突っ込みたくなったよね。

 須賀君、活舌も綺麗やなぁ。めっちゃセリフが聞き易いやんか。

 理央とメレがいないことにいらだつマク。たぶんマクがイライラしてるのは、理央が自分より強くなる可能性があるって判ってるからやろね。
 そして、理央の行き先は獣幻峡と口走るカタ。私今まで、獣幻峡の"幻"ってまぼろしの方やと思ってたんやけど、"源"やったんやね。東映公式にそう書いてあったので、今週から訂正いたします。

 カタが「強さを求める獣拳使いの求める先は」って言ってたから、カタとマクとかラゲクとかは、理央のこと内心は臨獣殿の当主とは認めたくないってことになるよね。

 「直情的なところはあの頃と変わりませんね」というロン。あの頃ってゲキリンの大戦の頃かな。マクは知ってて、カタとラゲクはロンのこと知らないって、益々怪しいロン。

 ジャンが「ムニムニ」って言うてるのは"無二の親友"の"ムニ"のことかな。
 新一が「俺には仲間なんていない」って言うたときの、黒目を動かしながら段々伏せ目になっていくところなんか、ゲキレンジャーの5人には絶対でけへん演技やで。

 ツネキの金魚鉢に捕らえられてしまった3人。一瞬のうちにケンの持ってたメンチカツの量が減ってたんですが、何故(笑)。

 新一を守るために廃工場に逃げ込むジャンと新一。そこで新一の自暴自棄な言葉を聞いて「立て、新一。シオシオになるな」ってバスケのボールを投げるジャン。うわぁ、思いっきり昭和スポ魂やんか。

 ツネキの攻撃で足を滑らせ落下しようとしている新一を腕一本で支えているジャン。ゲキレンジャーって両手を組んで変身するから、こういうときに変身できなくて困るんよね。

 そのジャンもツネキの攻撃で下に落ちそうになり、危機一髪のところで現れるケン。火事場のくそ力って、変身もせずにジャンと新一を計算通り(!!)段ボール箱のところに吹っ飛ばしてましたなぁ。

 新一が思いついたムニムニ作戦。サイブレードカッターとスーパーゲキクロウを組み合わせるんですか。これって、ゲキチョッパーの役得なんちゃうん。

 今週は新一がバスケットやってたからって、ゲキエレファントのボールでバスケットごっこかよ。たまたまツネキがお馬鹿で、バスケごっこに乗ってくれたから良かったようなものの。
 
 で、自分から建物に足を引っ掛けて倒れてくれた所に、シュートってボール投げただけで、あんまりたいした戦いではなかったよね。これじゃぁ、バエも出てこないよな。

 マク、ずーーーっとロン相手にシャドウボクシングしてたんかいな。ご苦労様。

 獣源峡を目の前にして理央たちの前に、立ちはだかるシャーフーってところで来週へ。

 先週の東映公式に載ってたけど、須賀君って将来レッドになるために役者やってるんやてね。待ってるよん、レッドになってくれるの。
 というか東映さん、お願いしまっせ。

 「仮面ライダー電王 第35話悲劇の復活カード・ゼロ」

 ピアノマンを救えなかったことで凹み続けてる良太郎から。

 電王一人で闘い続けるために、またまた特訓することにした良太郎。
 今回は体力だけではなく、精神力も強くするための特訓なんやね。

 M良太郎・U良太郎・K良太郎、それぞれの持ち味が出てて面白かったんやけど、デンライナーで座らされてたの、なんでモモ左向いてたんやろね。

 ゼロライナーでお食事中の侑斗。侑斗、しいたけ苦手やったんや。食べられへん侑斗のために、つくねにわざと入れてみて、それを背中で伺ってるデネブ。ええおかぁちゃんやんか。

 岡元道場に武者修行にいくK良太郎。キンちゃんも戦い方の解説だけして抜けちゃうやなんて、結果は判ってるやろに。

 デンライナーのモモ、足がしびれて立たれへんって、正座なんかしたことないもんな。

 緊急停止したゼロライナーに乗り込んできた桜井。桜井が手にしていたのは新たなチケット。デネブの「契約は俺が絶対果たす」って言ってカードを無理矢理押し返すところ、切ないねぇ。
 
 町の中で佇んでいる侑斗やけど、やっぱりライダー系の役者は一般人より頭一つでかいよね。

 きゃー、次郎さんの胸板がっ!!窓からガラス突き破って飛び出るの、とうとうお約束になっちゃったよ。

 イマジンに取り付かれた黒胴着のお兄さんが岡元道場に勝ちたかったのはのど自慢大会って。
また、めっちゃご立派な会場やし。一応、舞台の後ろに楽器も並んでるのに、アカペラやもんなぁ。風呂で歌ってるのと変われへんやんか。

 ちょっと、岡元道場さんの歌も聞いてみたかったりしてね。ひょっとしてこの会場、ウルトラマンマックスでロックコンサートやってたところと同じような気がするんやけど、どうなんやろ?

 イマジンと金電王が戦っているところに現れる侑斗。そこでのせりふ「イマジンをほっとけば未来が消える。だからやるしかない」とデネブが言ったんよね。それで「俺がゼロノスになって戦うこと、それがお前と未来の俺との契約だ」か。

 ということは、星の研究を続けていて、地球の未来が危ないと知った桜井が、イマジンのデネブと出会って契約することにしたのか。デネブが地球の未来が危ないと桜井に言ったことで、ゼロノスになって戦うことの契約をしたのか、どっちなんやろって疑問が湧いてきたなぁ。

 桜井が侑斗にカードを渡して、時計の秒針が4のところで消えたやんか。桜井って地上におれる時間が決まってるんかな、ウルトラマンみたいに。

 ゼロノス、再登場で初登場と同じく雷が落ちて、木が真っ二つになってましたよ、ひょっとして初登場と同じフィルム?

 ゼロノスが戦い終わって、カード消えてたけど、これからはゼロノスの戦いがあるたびに桜井がカード持って現れるなんてことはないよね。

 夜、ビルの屋上で時計を見る桜井。侑斗が変身する前の時間で止まってた秒針が動き出してたけど、これってどういうことかな???

 来週の予告ですけど、電王の新フォームで手に持ってた武器、お面買って来て作ったんかよって突っ込みたくなるほど可愛いんですけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »