« 原ちゃん落語~大阪~ その1 | トップページ | 鹿男? »

2008.03.01

原ちゃん落語~大阪~ その2

 中入りの休憩中、もう自分の出番が終わった山下さんが既に飲んでおられたようで、軽く酔ってはる姿がちょっと可愛かったかな。
 
 各務君は、「寿限無」にはなってましたけど、スケッチブックに落語の基本知識を書き出して落語入門について話すというのがメインになってました。東京でも同じネタをやったらしく"手拭い"の漢字が間違ったままなのもご愛嬌ちゅうところかな。解説が終わったあと、一応「寿限無」も聞かせてくれました。

 北沢さんの「胴斬り」は初めて聞く話でした。辻斬りにあった男の上半身が風呂屋の番台に、下半身はこんにゃく屋にこんにゃく踏みの仕事に出るというもの。あまりに奇抜すぎて、観客が少々付いていけてなくて、途中で北沢さんが焦って「大丈夫ですか、判ってますか」みたいなこと言うてたなぁ。
 ちょっとこの話は通好みやったのかも。

 トリは原川さんの「引越しの夢」。ある商家に美人の女子衆さんが入ってきて、彼女の中2階の部屋に夜中に忍び込もうと悪戦苦闘する番頭さんたちの話。この話も初めて聞きました。どちらかというと番頭とか手代とか丁稚などがいっぱい出て来る話なので、原川さんのニンにあった話やったんとちゃうかな。
 元々原ちゃん落語会と名づけられている通り、花組芝居で落語を本格的に勉強し始めたのは、原川さんなのかな?もうしゃべり口調がちょっと大御所風に聞こえたんやけど。

 会場は40人くらいのお客様でこじんまりした落語会、それも私が行った時は全員が女性客でした。ほとんどが花組芝居ファンしかいなかったと思うんやけど、落語ファンの男性が聞いたら、どう評価するだろうかとふと感じたなぁ。
 

|

« 原ちゃん落語~大阪~ その1 | トップページ | 鹿男? »

女の悪所は芝居小屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/40329380

この記事へのトラックバック一覧です: 原ちゃん落語~大阪~ その2:

« 原ちゃん落語~大阪~ その1 | トップページ | 鹿男? »