« 新聞に… | トップページ | ケータイ捜査官7 「トラップ・ビル」 »

2008.05.27

今週のゴーオン&キバ(5月4週目)

 「ゴーオンジャー GP-15 炎神ストール」

 今週から第二章への突入。第二章の主役はヒラメキメデスってことなんかな?それとも害地・害気・害水のそれぞれの副大臣が出てくるんやろか。

 ヒラメキメデスが地球に現れて「ごきげんよう人間ども」って言うた時、こめかみに指を当ててたけど、あれは眼鏡を上げる仕種?
 ということはそういうキャラやと視聴者に自分たちで想像するようにってことかな。例えばBLEACHで言えば、ザエル○ポロみたいな感じ?

 ヒラメキメデスとはガイアーク一の策士。その姿を見ただけで炎神たちは戦意喪失。かなりのトラウマやねぇ。
 G-6でも太刀打ちできず。スピードルは手術せんとあかんほど故障しちゃうし。

 ガイアークの基地に現れたヒラメキメデス。喜んでるのはヨゴシュタインだけ。ケガレシアに「どこかにこそこそ隠れていたでおじゃるか」って言われてる所を見たら、結構卑怯な奴かもね。

 マシンワールドから炎神たちが追い出したんやなくて、自分から勝手にどっかへ行ってたんかヒラメキメデス。

 ギンジロー号の前に立ちはだかるヒラメキメデス。ゴーオンジャーたちは変身してマンタンガンに炎神ソウルをセットするけど、マンタンガンごとギンジロー号に逃げちゃう炎神たち。

 ゴーオンジャーたちの持ち道具は炎神ソウルに関係なく使えたんや。今ごろ気が付いたがな。
 ウガッツたちは何とかやっつけられたけど、結局はギンジロー号で逃げるゴーオンジャーたち。

 炎神と絆を確かめるゴーオンジャー。なんか微妙な寸法で走輔の視線とスピードルの位置がずれてたような気がしたんやけど。
 
 走輔がコインをはじき上げるのを見て、朝ギンジロー号の向こう側に飛んでいった走輔の姿を思い出し、「打つ手があるわ」という早輝。名づけて「スマイル早輝ちゃんのニコニコ大作戦」。

 「遠からんものは音にも聞け、近くば寄って目にも見よ」ちゃんと言うてくれへんと気持ち悪いがな。G-6の姿で現れてたけど、でもヒラメキメデスへの攻撃は合体解除して。

 キャリゲータの背中から、スピードルとバルカとベアールVが飛び出して、ベアールVがバルカの尻尾を噛んで、その痛さでバルカが回転し尻尾でスピードルをふっ飛ばしたところに、バスオンとガンパードが噴射したエネルギーでスピードを加速して、ヒラメキメデスの飛行機に特攻攻撃をかけるスピードル。

 「スマイル早輝ちゃんのニコニコ大作戦」って名前は可愛いのに、平たく言えば特攻攻撃やんか。でもちゃんとアバンタイトルのコメディの順番は踏んでたね。

 しかしヒラメキメデスも飛行機が分裂しただけで、たいしたダメージ受けてないし。そこに現れたトリプターとジェットラス。

 トリプター逃げるのはいいけど、旅客機の陰に隠れるのはどうよ。それにビルの谷間で何かぶっ壊してるし。
 ヒラメキメデスにも苦手な敵がおったんや。で炎神たちも知らんって。小出しにしますなぁ。

 ゴーオンジャーから話は外れるけど、西武ライオンズにギンジローって言う名前のキャッチャーおるんや。交流戦見てて、初めて知った。

 「仮面ライダーキバ 第18話 カルテット 心の声を聴け」

 ファンガイアほったらかしでキバを滅多討ちにするイクサから。かなりイクサも壊れてきてるよね、思いっきりやもん。キバに止めを刺すこともできず、ファンガイアに邪魔されてるし。

 キバに逃げられたのが悔しくて、コンクリートの柱殴りつけて、手が血だらけになる名護。男子にたまにこういう人いるやんか。例えばプロ野球の選手で悔しくて何かを殴りつけて骨折してシーズン棒に振った人とか。その感覚が判らへんのよね、私は。腹が立ったからって柱に当っても自分が損なだけやんか。

 そしてライダーの前に必ず一度は立ちはだかる壁「僕は戦いたくないんだ」にぶつかっている渡。

 音也はルールさえ知らないビリヤードで次狼と対決、でも神業的に勝っちゃうし音也。「覚えとけ、演奏とはひらめきだ」。どうしてこう戦隊とライダーって微妙に印象的なフレーズがかぶるかねぇ。

 恵、先週ちゃんと名前知ったんやし、嶋さんに報告した時も心の中で「マミさん」って言うてるんやから、「おばさん」って言わんと「マミさん」て言えばいいのにねぇ。
 
 ファンガイアが警察に捕まってどうしようって嶋と恵が相談してたけど、結局名護が連れて行っちゃってたねぇ、それじゃぁ相談してた「警察の上層部にも素晴らしき青空の会のメンバーがいるはずだ」ってのが無駄になっちゃってるし。

 バイオリンのコンテストの会場、凄いホールやんか。今映画でやってる「名探偵コナン戦慄のフルスコア」の堂本ホールと似てるような気がしたんやけど。

 音也の演奏を聞いてバイオリンを止める決心をするマミちゃん。音也かっこいいぞ「心の声に耳をすませろ」って。

 渡はウジウジ悩んでたけど、その点、名護の方がボタンを集めるっていう自分のやりたいことだけやってるもんねぇ。

 渡「僕は自分の心の声で戦ってきたんだ、これまでも、これからも」。ということで渡生まれ変わりましたね。これで来週からは、開き直って新展開に突入できるかな。

 ガルル・バッシャー・ドッガ三人まとめて呼び出すキバット。ファンガイアを粉砕する時、月夜にならなかったなぁ。三人合体だと夜にならなくても力が出るってことなん?

 米村先生、きれいにまとめましたなぁ。渡のウジウジに終止符を打ち、名護の狂気爆発、さて来週の井上先生にスムーズにバトンタッチできるか否か、ちょっと楽しみ。

 来週の予告、マヨリ様のお声が…。そして劇場版電王ファイナルカット版プレゼントの告知でモモの声、いつまでも仕事が切れませんなぁ、関さん。

|

« 新聞に… | トップページ | ケータイ捜査官7 「トラップ・ビル」 »

スーパーヒーロータイム08」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/41334423

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のゴーオン&キバ(5月4週目):

« 新聞に… | トップページ | ケータイ捜査官7 「トラップ・ビル」 »