« ウルトラギャラクシー 第6話 もう一人の怪獣使い | トップページ | 今週のゴーオン&キバ(8月3週目) »

2008.08.17

梅の花 「しあわせ膳」

 恒例夏の食事会。いつもは昼間にお食事して、近くをぶらぶらして帰ってくるんやけど、今年は日程が悪くて、夜のお食事になってしまいました。

Dsc09307

 てなことで、梅の花 西梅田店に行ったんやけど。このご時世、大豆高騰の折から、豆腐料理のオンパレードです。

Ume1 1、おから生野菜添え

 おから言うても、家でいつも食べてるのは、ぱさぱさした感じなんやけど、あまり味も濃くせず、しっとりした感じでしたな。

Ume2 2、茶碗蒸し

 これは普通の茶碗蒸しやったかな。でもキンキンに冷房の効いたお部屋で熱々の茶碗蒸し、美味しかったです。

Ume3 3、湯葉豆腐とたぐり湯葉のお造り

 この辺になると豆腐専門店にしかできないお料理。珍しい物頂戴いたしました。

Ume4 4、手桶湯葉

 これは手桶の中に、豆乳が入っててその中に湯葉と青菜が入ってるんやけど、底には熱した石が入れてあるんやんか。

 お料理と一緒にお出汁が付いてきて、それを器に入れて、湯葉とか青菜とか食べるんやんか、で最後に豆乳をお出汁に混ぜて飲むという凝ったもの。

Ume5 Ume5b  5、ふく福豆冨 二色あん掛け(野菜あん・醤油あん)

 5の写真の四角いお鍋に豆腐が入ってるんやけど、これを人数分で取り分けて、あんを掛けて食べるもの。

醤油あんってのは、麻婆豆腐って感じかな。野菜あんのほうも中華風なので、ここまで日本料理の味付けやったから、気分が変わってよかったよ。

Ume6 6、湯葉の小袖寿司

 湯葉で巻いたお寿司なんやけど、飾りにのってるもみじと比べても分かるくらい、ちっちゃなお寿司。でもここまででもおなかが6分目くらいになってきてるから、これくらいのちっちゃさでちょうどよかったかな。そして中華味の次のお寿司やったからねぇ、ここで口が日本料理に戻ったちゅう感じかな。

Ume7 7、豆腐の溶岩焼き

 豆腐の下の石が熱々に焼けてるんやんか。豆腐に味噌。いわゆる田楽なんやけど、味噌を溶岩に見立ててるのが面白いよね。

Ume8 8、海老真丈の湯葉包み揚げ

 もうぷりぷりっの海老が入ってました。

Ume9 9、湯葉吸物・飯物・香の物

 ご飯はちりめんじゃこ入りです。湯葉のお吸物も、めっちゃオーソドックスやったような。〆はオーソドックスな方がいいよね。ちょっとずつしか無い様に見えて、すでに全員お腹いっぱいでしたから。

 最後に、デザート出てきたんやけど、うっかり写真撮るの忘れてたという。お許しくだされ。ゆずシャーベットとか豆乳アイスとかそういうのです。

|

« ウルトラギャラクシー 第6話 もう一人の怪獣使い | トップページ | 今週のゴーオン&キバ(8月3週目) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/42195905

この記事へのトラックバック一覧です: 梅の花 「しあわせ膳」:

« ウルトラギャラクシー 第6話 もう一人の怪獣使い | トップページ | 今週のゴーオン&キバ(8月3週目) »