« ケータイ捜査官7 「ケータイ語る」 | トップページ | 有るよ チャイルドシート »

2008.10.03

ウルトラギャラクシー 第13話 惑星脱出

 前回の続き、レイがケイトの弟だと言うことでびっくりしたところから。

 最後の勝負ってことで、ゼットンとゴモラが戦うんやけど、怪獣リモコンで休んでる間に、ゴモラも学習してるのかゼットン相手に互角に戦えるようになってるやんか。

 レイオニクスバトルってことで、ゴモラがゼットンに攻撃されると、その衝撃でレイも苦しむんやんか。ゴモラが首絞められたら、レイも首絞められた痛みに襲われたり、ゴモラが投げ飛ばされたらレイも投げ飛ばされたりね。

 ゼットンの攻撃でゴモラとレイが倒れちゃったところに、キングジョーブラックが現れてゼットンと闘い出すんやけど、怪獣とロボの最凶決戦ってところかな。ウルトラファンにとってこの2体のどちらが強いのかっての見たかったんやろな。まぁ荒っぽい闘いしてたで。

 レイ覚醒しちゃったがな、レイブラッド星人に。それにあわせてゴモラもEXゴモラにヴァージョンアップするんやけど、なんか凶悪そうなアルマジロみたいな感じ。
 圧倒的な力でゼットン倒しちゃったよ。それでレイブラッド星人のエネルギーで岩の中のウルトラマンを解き放とうとするレイ。

 ゼットンが倒されたことによって、ケイトも瀕死の重傷を負う。レイに全てのレイオニクスと戦って勝つように遺言するケイト。
 次のウルトラギャラクシーにも、新たなレイオニクスが登場するんやろな。

 地球人ではなくても、ペンドラゴンの大切な仲間としてレイを迎えるボスとハルナ。そして人工太陽が惑星ボリスに衝突する寸前に、ペンドラゴンは惑星から発進するんやけど、そのペンドラゴンにキングジョーブラック引っ付いてきよんねん。最後の最後まで、ドキドキさせるやんか。

 どうなるんかなと思ったら、ウルトラマンが現れてキングジョーブラックの腕を切り離して、キングジョーブラックごと惑星ボリスに落ちていくんやんか。その辺は、ウルトラマンの精神を見たようで感動しちゃったな。

 エンドロールに岩田栄慶さんの名前が出てたんやけど、最終回にだけ出てはったということは、レイが変身したレイブラッド星人が栄慶さんやったんやろか?

 ということで、13回(1回抜けちゃったけど)見て、最後にはテーマソングを聞きながらウルトラギャラクシーなかなか良かったよなぁと思えるようになっちゃってたもんね。途中で、怪獣同士の戦いに少々退屈してたくせに。

 第2シリーズももうクランクアップしてるみたいなんやけど、関西で地上波オンエアしてくれるんやろか。サンテレビさん、是非よろしくお願いいたします。

|

« ケータイ捜査官7 「ケータイ語る」 | トップページ | 有るよ チャイルドシート »

変身!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/42674856

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラギャラクシー 第13話 惑星脱出:

« ケータイ捜査官7 「ケータイ語る」 | トップページ | 有るよ チャイルドシート »