« 相棒 「ノアの方舟 | トップページ | ケータイ捜査官7 「ケイタのはつゆめ」 »

2009.01.05

今週のゴーオン&キバ(1月1週目)

 「ゴーオンジャー GP-45 初夢キカク!?」

 新年のご挨拶早々、新年会に熱海の豪華ホテルに出かけちゃうゴーオンジャー。
 炎神たちはリフレッシュホールで年に一度のリフレッシュ。

 そして1年回顧の回やったから、そうそうあんなシーンこんなシーンが懐かしかったよね。
 正月早々やし、1週抜けてるからこういう方が気楽でいいかな。

 ケガレシアとキタネイダスはヨゴシュタインを復活させるために黒魔術を試して、ヨゴシュタインのかっこいいところを思い出そうとするのに、ゴーオンジャーにやっつけられてるところばっかりで、魔術失敗。

 そのころホテルでは走輔はどじょう掬い、それが終わると伊勢海老食われたって大騒ぎ。まぁ、走輔がおとぼけキャラでいられるのも今週で終わりかもしれへんしね。

 ケガレシア、黒魔術に失敗したのを癒しに温泉に来てたけど、ゴーオンジャーがいるあの豪華なホテルになんで来てたんやろ。「まさか来ていたとは」って言ってたけど、それはこっちのセリフやんね。

 座敷わらしのために、G3プリンセスのコンサートって言う時に、大翔が「ここで一肌脱いで」って言ってたけど、ひょっとしてピンクのミニドレスで歌うつもりやったんやろか、ちょっと見たかったぞよ。

 正月早々、おばちゃん呼ばわりはかわいそうやんか。その上ケガレシアでっかくなっちゃうし、G12に殴り飛ばされちゃうし、ワイヤーアクションでくるくる回されるし。

 座敷わらしのために、結成されたG5プリンス。「君とギュット」G3プリンセスは、エンディングの歌詞が違うバージョンやったのに、G5プリンスは曲もいつものとちゃうし、ちょっと優遇されてるんちゃうん。

 翌朝、ホテルから出るところに現れた座敷わらしちゃん、まっかな可愛い振袖着せてもろて、可愛かったよね。

 シンケンジャーの宣伝が入ったけど、今度の戦隊は最初から5人なんや。派手でええやんか。

 「仮面ライダーキバ 第46話 終止符 さらば音也」

 1週抜けて、前回どんなストーリーだったか記憶に無い村をんなです。
 そうそう過去キングがバットファンガイアの正体を現して、渡と音也が戦い始めたんやった。

 ダークキバに変身した音也とエンペラーフォームのキバの渡のダブルライダーキックで命を落とす過去キング。
 最後の最後まで真夜を愛してたんやなぁ。一緒に地獄へ行こうって言うて攻撃しちゃうんやから。でも太牙がキングとしての本能でバリア張っちゃって、自分と真夜を守ってるし。

 おぉ、いよいよビショップがファンガイアを増産し始めたやんか。
 そのファンガイアの元に現れた渡。変身せんと生身で戦ってるで。渡の目を見てファンガイアが逃げるってことは、キバの力を渡の目から感じてるってことなんやろか?

 音也がゆりや次狼たちの前に現れて、最後の言葉を掛けていくんやけど、全ての争いに決着をつけて安らいでたやんか、これが音也の本性やったんやろなぁ。最初の頃の突拍子も無かったのは、実は強がってただけなんやろか。真夜に出会えて良かったなぁって、見てるこちら側にも伝わってきたね。
そして、真夜に膝枕してもらって息絶えるやなんて、世界の女は自分のものなんてでかいこと言うてたキャラにぴったりやったんちゃう。

 キバとサガが最後の決着をつけようとしてたところに、ビショップに命令されたファンガイアに取り囲まれて、その上、キングは私が決めるってビショップに言われちゃうし、名護は視力を失いかけてるし、どうなる渡・太牙・名護ってところで、来週へ。 

|

« 相棒 「ノアの方舟 | トップページ | ケータイ捜査官7 「ケイタのはつゆめ」 »

スーパーヒーロータイム09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/43650934

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のゴーオン&キバ(1月1週目):

» 仮面ライダーキバ 「終止符・さらば音也」 [不惑にして特撮に惑う]
過去編が一つの決着を見た今回のエピ。物語を大きく牽引してきた音也の死。 先ずヒーローとしての音也。ダークキバ→イクサ→再びダークキバとなってキバと共闘、W必殺技でキングを撃破、の流れは申し分がなかったのではないかと思う。「次に変身したら死ぬ」と言われてい..... [続きを読む]

受信: 2009.01.08 23:57

« 相棒 「ノアの方舟 | トップページ | ケータイ捜査官7 「ケイタのはつゆめ」 »