« 相棒 「越境捜査」 | トップページ | 今週のゴーオン&キバ(1月3週目) »

2009.01.17

必殺仕事人2009 第2話 「厚顔無恥」

 「小五郎、腹痛を起こす」

 今週の必殺仕事人は、現代のホームレス殺人と集団リンチ殺人をヒントに作られてたよね。

 浪人の息子・佐藤数馬とその母が殺されちゃうんやけど、やりきれない哀しみが溢れてたなぁ。
 でもやりきれない悲しみが溢れるほど、必殺仕事人を見てる私たちは燃えてくるから、満足できたがな。

 まぁ引っかかるところが無いことも無かったけどね。必殺仕事人で時代考証をどうとかこうとか言うのは粋じゃないとは思うけど、でも言わないでおられへんから愚痴っちゃう。

 源太が縁日でからくり人形を片付けてるところに、侍たちが因縁つけて暴れだすやんか。源太が侍たちに突っかかっていくけど、ちょっといくらなんでも士農工商で縛られてる江戸時代やねんから、強気すぎるよなぁって思ったんやんか。

 で、その暴れてる侍たちを通りかかった数馬がやっつけるんやけど、竹刀袋に笠原道場って書かれてるのを見て、土下座しちゃうやんか。数馬って貧乏な浪人姿やったんやで。上下関係のうるさい江戸時代に竹刀袋の文字だけで、そんなことあるわけないやん。

 笠原監物やってた目黒祐樹さんやけど、鬘被ると目元なんか父上の近衛十四郎さんにそっくりになってきはったよね。
 そして剣術道場の道場主として威厳もあるし、素振りの型も堂に入って立派やったし、父親の顔も良かったし、時代劇の基本がちゃんと出来てるええ役者さんやのに、あんまりドラマでお目にかかれへんのが残念やと思ったなぁ。

 エンドロール見てたら、太平の取り巻きの一人で加持田文蔵役の尾上松也さんって歌舞伎役者やんか。びっくりしたで、歌舞伎役者さんって自分の師匠が出てる時にちょい役で出たりすること多いのに、師匠関係なく出てはったもんやからね。
 ビデオ巻き戻して、加持田が殺されるシーンもう一回見直したら、確かに台詞回しが歌舞伎役者やった。

 さて先週の必殺仕事人2009第1回の視聴率やけど、関東14.7%、関西21.9%。根強いねぇ、このまま視聴率が維持されたら、仕事人続くな、きっと。

|

« 相棒 「越境捜査」 | トップページ | 今週のゴーオン&キバ(1月3週目) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/43770245

この記事へのトラックバック一覧です: 必殺仕事人2009 第2話 「厚顔無恥」:

« 相棒 「越境捜査」 | トップページ | 今週のゴーオン&キバ(1月3週目) »