« 今週のシンケンジャー&ディケイド(2月4週目) | トップページ | いよいよ3月3日から »

2009.02.26

ケータイ捜査官7 「目覚める遺伝子」

 いよいよ佳境に入ってきた「ケータイ捜査官7」なので話も難しくなってきましたねぇ。

 ジーンという新しい携帯の宣伝をする間明。社長自ら携帯の宣伝してるって、どこかの携帯会社と似てるやんか。

 間明によって破壊されたはずのファイブのラムダチップを模倣しているジーン。
 特許庁のデータが改竄されて間明が開発したことになってるって、もうそこから大規模な陰謀が動いてるってことやんか。

 宗田会長の理想・人が自由に集まる広場のようなネット社会vs情報管理されるネット社会。

 伊達社長、いつの間にか間明と繋がってるし、ネット統制委員会を作ろうとしてるんや。ネットを統制したら、独裁者にもなれるもんねぇ。

 ゼロワンって伊達が制限回路を外してたんやて。それに反してジーンはハード的なプロテクトを掛けてあるからネットを管理する監視役になれるって。
 でも間明の「もちろん」ってのも、怪しいけどね。

 アンダーアンカーはネット社会の自由を守るために、ネット犯罪を秘密裏に取り締まってたんか。警察が公的に取り締まったら、ネット統制委員会に繋がると考えてたんやろな。

 桐原を自分の陣営に引き込もうとする間明。さぁ、桐原はどうする。ケイタとセブンはどうなるってところで来週へ。

|

« 今週のシンケンジャー&ディケイド(2月4週目) | トップページ | いよいよ3月3日から »

今宵もイケメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/44178471

この記事へのトラックバック一覧です: ケータイ捜査官7 「目覚める遺伝子」:

» ケータイ捜査官7 「目覚める遺伝子」 [不惑にして特撮に惑う]
ついに動き出した、国家規模の巨大な陰謀。量産されるフォンブレイバー。そして裏切り。不安を抱えたまま、物語は更に先へと進む。大きな揺らぎのエピ。 桐原のエピを前回やったことの意味が、ここで大きくクローズアップされた。量産型のPBの目的が、国家が介入・管理し..... [続きを読む]

受信: 2009.02.26 07:26

« 今週のシンケンジャー&ディケイド(2月4週目) | トップページ | いよいよ3月3日から »