« S.I.C匠魂10のモモタロス | トップページ | 必殺仕事人2009 最終話 「最後の大仕事!!」 »

2009.06.23

必殺仕事人2009 第21話 「最終章~仕事人狩り!」

 いよいよ必殺仕事人2009も最終章。華々しくっていう気持ちは分かるけど、ストーリー的にちょっとねぇと思ってしまった村をんなです。

 江戸城内で、強大な権力を持っている大老・松坂忠宗と大老を狙う老中・加納実守。大老は加納の動静を探るため、吟味役の侍・雨宮を加納一派に潜り込ませて、人知れず粛清しようとするんやんか。
 それで雨宮が町で噂の仕事人を探して、仕事を頼むんよね。

 人知れず粛清しようとするのなら、隠密やろ。大老やねんから、大目付とか隠密とか使えばええやん。大目付とか隠密とか使えないちゅうことは、大老の方が悪い奴やったんやろか。狙った老中の方がいい人やったりしてね、顔は怖かったけど(笑)。どっちもどっちか。
 まぁ、そんな小難しいこと言うてたら仕事人の脚本は書かれへんやろけどね。
 話、でかくしすぎた分、粗も目立つちゅうもんやん。

 大老の密名を受け、老中を探っていたのが小五郎の剣の師匠・雨宮。堅物の真面目人間やったから、大老の策略ばれてまうし、頼む人間間違ってるよね。

 自分の師匠が切腹する介錯をしなくてはならなかった小五郎。

 雨宮も老中に向かって、仕事人にお前たちの命を叩き売ってあるなんて言うてしもうたもんやから、仕事人狩りが始まってまうんやけど、いくらお金が欲しいからって、あんなにたくさん仕事人やって告げ口されて人がかき集められるもんかねぇ。江戸っ子ってもっと情に厚い人間たちやと思ってたのに。その辺も見てて違和感が湧いたんやけど。

 小五郎が身銭を切って(と思うんやけど、雨宮の妻が三番筋の荒れ寺に仕事を頼みに来るシーン無かったから)、雨宮や仕事人と疑われた人たちの恨みを晴らすために完全防御体勢の老中の屋敷に乗り込んで行くんやけど、そこに偽者の仕事人たちも乗り込んできて、屋敷の中はチャンチャンバラバラの大騒ぎ。雨宮が頼んだ仕事人たちも老中の屋敷に入り込むチャンスを狙ってたちゅう解釈でええんかな。

 仕事人を邸内に入れるために匳を囮につれてきたお菊さんを逃がすために涼次が派手に切り込んでいくけど、あんだけ表でチャンチャンバラバラやってるんやったら、土蔵の天井裏からお菊さんを連れて逃げても誰も気付かなかったと思ったんよね。

 先週のストーリーも良かったし、源太が亡くなった中締めのストーリーも良かっただけに、最終章ちょっと大味やなぁと不満が残ったんよね。

とうとう次は最終回、どんな締め方するんやろか。感動できたらええねんけど。

  
 
 

|

« S.I.C匠魂10のモモタロス | トップページ | 必殺仕事人2009 最終話 「最後の大仕事!!」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/45433636

この記事へのトラックバック一覧です: 必殺仕事人2009 第21話 「最終章~仕事人狩り!」:

« S.I.C匠魂10のモモタロス | トップページ | 必殺仕事人2009 最終話 「最後の大仕事!!」 »