« 今週のシンケンジャー&W(10月1週目) | トップページ | 「火天の城」は泣けるで »

2009.10.08

ゴジラ

 東宝特撮映画DVDコレクション第1弾「ゴジラ」買ってしまいました。

 日本が誇る最高のキャラクターやろなぁ、ゴジラって。その記念すべき第1作やったんやけど、大戸島にせよ、東京にせよ、画面の中に懐かしい日本と日本人がいっぱいやんか。
 ゴジラが最初に現れた大戸島で、踏み潰された家が土壁やったんが懐かしかったなぁ。今時の特撮で家が潰れても瓦屋根やったり、土壁やったりせぇへんやんか。
 東京も銀座とかはビルが建ってるけど、その他のところは今はもう望むべきも無い大空が広がってるでぇ。
 まだ東京タワーも建ってないやんか。新聞記者がゴジラの写真を撮ってた塔がなんか安っぽかったし。

 このゴジラの映画を引っ張ってたのは、名優・志村喬さん。ゴジラの破壊力に恐れた日本政府がゴジラを葬ってしまうことに必死なのに、山根教授は、ゴジラが水爆によって死ななかった原因を突き止めることはできないのかって怒ってはったよね。その山根教授のイライラが画面を通して伝わってきたしね。
 最後に、水爆実験を続ける限り、ゴジラが再び現れるだろうっていうメッセージもちゃんと残してはった。

 婦人代議士の役で菅井きんさんが出てはったのは、見れただけでも儲けものやよ。菅井きんさんがおばあちゃんじゃない役ってめったとお目にかかれへんやん。
 
 ゴジラの出てるシーンはもちろん恐怖と怪獣の持つ力強さに溢れてたけど、それ以外のところはモノクロやからかもしれへんけど、落ち着いた感覚の作品やったような気がしたな。
 お子様向けやからみたいな甘さも無かったしね。もし小さなお子様が見に行ったとしたら、ゴジラが出てるところ以外は全く面白くなかったんちゃうやろか。
 ゴジラによって傷ついた人々が避難所にたくさん横たわってたやんか、昭和29年言うたらまだ戦争が終わって9年しか経ってないから、空襲とかで実際に避難した経験がある人たちばかりやから嘘が無い感じがしたなぁ。
 ゴジラによって倒れた人々のための祈りの歌が女学生によって歌われるシーンがあったんやけど、こんな静謐な怪獣映画ってそうないんちゃうんって思ったんよね。
 この歌声を中継してたのが当時最先端の家電製品・テレビ。何インチなんやろ、可愛かったよ。

 ゴジラって、当時の裏話を読むと最初は重すぎて動かなかったとか。そんな事情で夜のシーンに主に出てたし、首から上とか尻尾だけとか言うシーンが多かったから、50年にわたる歴史のプロローグ的な作品のようにも思えたな。

 ディアゴのこのシリーズは、東宝特撮映画55本選択してあるんやけど、今のところ最後の「ゴジラ FINAL WARS」もラインナップされてて、私このゴジラも好きやから、めっちゃ楽しみやんか。
 ラインナップしてある作品、時系列に並べて出版されるんやなくて、飛び飛びみたいやからチェックは欠かせませんなぁ。

 そうそう映画本編が終わったあとの次号予告が、劇場予告編そのまま使ってるのもおもろいんよね。
 重々しく終わったあとに、カラーで派手派手なゴジラが暴れてるんやもんねぇ。

|

« 今週のシンケンジャー&W(10月1週目) | トップページ | 「火天の城」は泣けるで »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/46425674

この記事へのトラックバック一覧です: ゴジラ:

« 今週のシンケンジャー&W(10月1週目) | トップページ | 「火天の城」は泣けるで »