« 今週のシンケンジャー&W(10月3週目) | トップページ | 今週のシンケンジャー&W(10月4週目) »

2009.10.22

相棒 「さよなら、バードランド」

 大学時代のジャズ研メンバーが3年に一度集まって泊りがけで同窓会を開いている。その旅館で殺人事件が起こり、被害者のパソコンに同じ旅館に泊まっている人間の名前が書かれていたことで、容疑者として疑われるが・・・という話。

 右京さんと神戸はたまたま近くまで盗難された福助さんを返しにいったところ最終バスに乗り遅れて事件のあった旅館に宿泊のために訪れたところ、大騒ぎになっていたんやんか。
 捜1のメンバーが右京さんたちの顔を見て「警部殿、なんでこんなところに」って驚いてたけど、それを言いたいのはこっちの方やん。
 なんでこんな片田舎の旅館にまで本庁の刑事が出張ってくるんよ、所轄の縄張りやろ。
 
 たまたま被害者のパソコンに名前を書かれていた青柳は、右京さんたちが食事したレストランで殺人の起こった時間に一人で食事してたところを見られてたから、容疑者から外れるねんけど、それでもこのジャズ仲間に食いついて話を聞いて探りをいれてるのは右京さんたちだけやったし、そこんところもう一つ食い足らない感じかな。

 最初に、交換殺人ありきって気もせんでもなかったかな。黒木の家に訪ねていって、奥さんがいなかったことから(先週は留守の家に勝手にずかずか上がりこんでたけど、今週は縁側の戸を開けようともせず、外から眺めただけで)交換殺人かもと右京さんの推理がピンと働くのも、普段理詰めな右京さんからすると、ちょっと唐突な感じもしたかな。

 黒木が地下室の鉄製の階段が腐食していたのに、慌てていたためうっかり踏み抜いて落ちて亡くなってしまうんやけど、こんな湿気のある地下室にピアノを置くっておかしくないかなぁ?普段はワインを置いてあったりするくらいの殺風景な場所に。黒木の別荘ってお城みたいな建物やんか。
 この地区には別荘が点在してるって駐在さんが言うてたから、地下室にピアノを置かなくても隣近所を気にしながら演奏できると思うんやけど。
 黒木を地下室に連れてこさせるための小細工的な発想のような気がするし。

 黒木の妻・理恵は元々ジャズ研の仲間でピアノを弾いてたんやんか。それが黒木の妻になったんよね。
 理恵はジャズ研仲間のマドンナで、理恵を守るために黒木を殺すことにしたって青柳は自白するやんか。そのときに流れてるピアノの曲から「これは僕たちのクロージングテーマです」なんて、気障なこと言うてやん。

 太田愛さんといえば、ウルトラマンシリーズでも脚本書いてはって、ちょっとメルヘンな雰囲気なんやんか。この最後の辺りは太田先生らしいメルヘンなまとめ方やったかなと思ったんやけど。相棒ファンは切れ味鋭いのが好きやと思うんやなぁ、せやから甘い雰囲気の終わり方、受け入れてもらえるやろか?

|

« 今週のシンケンジャー&W(10月3週目) | トップページ | 今週のシンケンジャー&W(10月4週目) »

真犯人はお前だっ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/46556586

この記事へのトラックバック一覧です: 相棒 「さよなら、バードランド」:

« 今週のシンケンジャー&W(10月3週目) | トップページ | 今週のシンケンジャー&W(10月4週目) »