« 相棒 「錯覚の殺人」 | トップページ | 相棒 「背信の徒花」 »

2009.11.16

今週のシンケンジャー&W(11月3週目)

 「シンケンジャー 第三十八幕 対決鉄砲隊」

 勘定方って、江戸幕府かよっと初っ端から突っ込んでしまいました。
 ジイ、懐に忍ばせてる札入れに子供と孫の写真入れてるんや。今まで戦隊メンバーの過去とか家族とか描かれることはあったけど、脇でサポートする人たちの家族関係とかってあんまり描かれたことなかったんちゃうかな。

 ジイを奥さんの命日の墓参りに生かせるために画策するシンケンジャーたち。

 ナナシたちで鉄砲隊をつくるシタリ。「これからは飛び道具の時代だよ」って、安土桃山時代やあるまいし。それに外道衆の中に飛び道具使ってるアヤカシかていたんちゃうやろか。ナナシは剣で戦ってたけど。

 ジイが墓参りに行くために、外道衆の出現を知らせる隙間センサーの鈴を偽物と取り替える丈瑠たち。本物は流ノ介の部屋の押入れに入れてあったけど、外道衆が現れたら、町に取り付けてあるちっちゃい鈴に反応して鳴り始めたやんか。大きい鈴とちっちゃい鈴はワイヤレスで繋がってるんかいな、びっくりやで。
 黒子ちゃんたちもそわそわしてたところを見ると、千明の根回しはかなり浸透してるみたいやん。

 鉄砲隊から討幕を連想して、イクサズレの標準語イントネーションの言葉尻に薩摩言葉をくっつけてるけど、鹿児島弁をしゃべれる人きっと違和感ありありとちゃうかな、こういう中途半端な使われ方するん。

 丈瑠、烈火大斬刀をナナシの鉄砲隊から守る盾に使ってたけど、それって本来の使い方ちゃうやん。ナナシに一撃食らわさなあかんやろ。

 ジイが出かけた後、ジイの仕事まで皆で分担しようとする丈瑠たち。何か書き物してたけど、後でたぶんジイに全部書き直されてまうと思うなきっと。
 そこに外道衆が現れたことを知らせる鈴の音が。先週、予告見てた時になんで幔幕がちっちゃくて黒子ちゃんうろうろしてたんやろと思ったら、"ことは"が人数手配しそこなってたんやて。しゃーないよね、"ことは"ちゃんたちは、外道衆の方に神経取られてて、6人の時は何人黒子ちゃんたちが付いてきてくれてるかなんて知らんもんなぁ。

 ナナシの鉄砲隊と接近戦に持ち込むシンケンジャーたち。優位に立ったと思った瞬間、撃たれる源太。実は崖の上にものすごい数の鉄砲隊が控えていて危機一髪というところにバイクで到着するジイ。この時にBGMで流れてたの水戸黄門風で聞いてるだけで、ニタニタしちゃったよ。

 ジイが出かけてたのはお墓参りではなく、榊原ヒロのところにモウギュウバズーカを取りに行ってたって。

 ジイの熱いセリフに向かって、「三文芝居はそこまででごわす」と言い放つイクサズレ。ジイに向かってそんなことよう言わせるよねぇ、小林先生も。

 外道衆の鉄砲隊より、モウギュウバズーカの飛び道具っぷりは威力が何百倍もあるやんか。クリスマスプレゼントにぴったりってか(笑)。

 うわっ、外道衆ったら、大筒用意してたんか。それに対抗してモウギュウバズーカも巨大化させて、撃ちまくる丈瑠。

 下でジイと戦況を見つめてた源太、なんか顔に傷書きすぎて汚くなっちゃってるやん。

 お墓参りに行けなかったジイのために、ジイの娘夫婦と孫をこっそり呼び寄せた丈瑠。
 15年前に丈瑠を育てるために、娘さんと離れて暮らすようになったって言うてたやんか。で、奥さんはいつ亡くなったのかはっきり分かれへんかったでしょ。娘さんの歳から考えて、中学生くらいから父母と離れてしまってるってことになるんちゃう?設定からいうと。

 「仮面ライダーW 第10話 Sな戦慄/名探偵の娘」

 スイートドーパント、ナスカと戦っているところに、テラーが現れたんやけど、実際に手を下すって訳ではなさそうやな。まぁ、今回は顔見世みたいなもんやからかもしれへんけど。

 園咲琉兵衛が「屋敷の中に一般のドーパントが紛れているようだね」って言うてたけど、一般のドーパントはガイアメモリを婿殿から買ってたりするんちゃうん。それともガイアメモリ販売員は他にもいてるってこと?婿殿が誰が一般ドーパントか知らないってのは、ちょっと変やんと思ったり。

 翔太郎がおやっさんの思い出を語った時に出てきた映像、帽子とコート着てるけど中は例の劇場版に出てくるライダー風に見えたんやけど、ちゃうかな?

 スイーツタイムに家族・使用人全てを集めてくれと琉兵衛に頼む亜樹子。
 そしていよいよそのスイーツタイムにシャーロック・ホームズ時代の探偵スタイルで現れて、犯人を指名する亜樹子、でも全然外れてるし。

 このスイーツタイムに出されたお菓子って、亜樹子が適当に作ったものって言ってたけど、スイーツってそうそう適当に作られへんよね。
 それも使用人の分まで作ってるんやから、大変でしょ。

 でも、その適当に作ったスイーツがプライドの高い犯人を怒らせて、自ら名乗って出たんやから、怪我の功名みたいなもんかな。
 それにしても、メイドの一人がスイーツドーパントやったとは、意外やったなぁ。ドーパントの声が男やったからね。

 パティシエと亜樹子を飲み込んだスイーツドーパントを追いかけていたWの前に現れるタブーとナスカ。翔太郎が仮面ライダーやっていうことも、霧彦と冴子にばれちゃったし、映画が近づいてくるにつれ話がどんどん緊迫していくけど、まだ10回しか放映してへんのに、最後まで息切れせんといけるんやろか、心配するで。

 タブーとナスカの攻撃からどうやって逃げるのかと思ったら、リボルギャリー投入かいな。Wを取り逃がしてもうたナスカ、思いっきりタブーにお仕置されてやんの。すんごいDV妻やんか、冴子って。

 亜樹子危機一髪ってところで、間に合うW。
 そして依頼人に襲い掛かりそうになったドーパントに対して「私の依頼人に指一本触れるな」って怒鳴るところ。亜樹子もやる時はやるでぇって、感じやねんけど、亜樹子ってしんみりしてる時と元気ハツラツの時の振れ幅がでかいよね。それって今のところはまだいっぱいいっぱいでがんばってるからなのかな。

 今日のWの攻撃、えぇぇぇ、真ん中で割れちゃってるやんって思ってる間に終わってるし。

 悔しそうな霧彦やったけど、いつまでこのDV妻に我慢できるんやろねぇ。 

  

 

|

« 相棒 「錯覚の殺人」 | トップページ | 相棒 「背信の徒花」 »

スーパーヒーロータイム09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/46782989

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のシンケンジャー&W(11月3週目):

» ◎仮面ライダーW第10話「Sな戦慄/名探偵の娘」 [ぺろぺろキャンディー]
 仮面ライダーW(ダブル)、ナスカ・ドーパント、スイーツ・ドーパントの三つ巴の戦いにテラー・ドーパントの不可思議な力が襲いかかってきた。途端に危険を察知した3体はそれぞれに脱出。変身を解除した翔太郎(桐山漣)は、これまでに体験したことがない恐怖に体の震え...... [続きを読む]

受信: 2010.03.18 17:57

« 相棒 「錯覚の殺人」 | トップページ | 相棒 「背信の徒花」 »