« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010.01.28

相棒 「マジック」

 右京さんがたまきさんと、ミスターアキという軽妙なおしゃべりをしながらマジックをするショーを見に行っていた。

 ショーは順調に進みいよいよ最後の場面にきて、一度照明が落ち、次に照明が点いたときに舞台上に男が倒れていて、側に立っていたミスターアキは動揺していて、突如ショーが中止される。

 これは事件と判断した右京さんは、すぐに捜査にかかる。
 被害者は舞台上のブリッジから落ち、即死していた。死亡したのは、ミスターアキの住み込みの弟子だった。

 弟子として入り込んだ田中は、どうも探偵事務所から別れさせ工作のために送り込まれた人間やったみたいやねんけど、妻の方から離婚を切り出させるように仕向けるんよね。
 それにしてもそうやって送り込まれた男が、離婚を仕掛けるだけや無く以前弟子だった男の事件のことでミスターアキを強請り始めるなんてねぇ。たちの悪い男やったんや。

 伊丹と芹沢がミスターアキの奥さんと息子さんに事情聴取するところで、芹沢が「本番中の8時半前後の数分間ブリッジに上がる階段の側にスタッフが誰もいないことが判ったんです」って右京さんたちに聞かせるように話すけど、いくらなんでもわざとらしいよねぇ。セリフ長いし。もうちょっとなんとかならんかったのかいな。毎週毎週芹沢が右京さんたちに捜査状況を聞かせるシーン無くてもええやろと思うんやが。
 
 ミスターアキが4年前の事故の時、公園のゴミ箱にトランプを捨てたのをたまたま見かけて息子がトランプを拾ってたやんか。
 父親の不審な行動見たことがあるんやから、ブリッジに父親が細工しているのを見かけたら、息子は未然にその細工を取り除くべきやったんやろな。せやかて息子は父親ミスターアキのマジックが好きやって言うてたくらいやねんから。

 ミスターアキは、自分が一番であり続けるために、弟子を事故に見せかけて殺したり、息子をマジシャンにしないために妻と離婚して息子を引き取ろうとしたりって悪あがきばっかりしてたやんか。「相棒」にしてはチンケな犯人やったということで、今週のストーリーは中の下ってところかな、どんでん返しも無かったしね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.26

今週のシンケンジャー&W(1月4週目)

 「シンケンジャー 第四十七幕 絆」

 目的を失った丈瑠が、腑破十臓の誘いに乗り戦い続けるところに、茉子・千明・ことはの三人がかけつけるが、ただ一人、迷い続ける流ノ介。
 漁師のお兄さんが、流ノ介と共に舵木折神を封印して、黒子になったやんか。あの時最後の頃にまた出てきはるんとちゃうやろかと薄々思ってたけど、

こんな素敵な登場の仕方するやなんて、粋なことするやんか。

 「人は犬じゃない、主は自分で決められる」って、ええ言葉やんか。胸に沁みたぜ。

 斬り捨てたと思った腑破十臓が、再び目を覚ます。戦いだそうとする腑破十臓をウラマサに替えられた女房が足を抑えるやんか。ちょっとゾクッとしたよね。そう来るかと思ったし。アクマロが十臓の女房をウラマサに替えたっていうのがこんなところに効いてるやなんて、アクマロが倒されたでアクマロの呪いそのものの効力も弱まってきたから、女房が姿を現すことができたとも考えられるかな。

 そして腑破十臓の最期。渾身の力を込めた唐橋君の演技。1年間の集大成。555の時の浮ついた演技しか見たこと無かったから、私の中で唐橋君のイメージがすっかり変わったっていうても過言ではないかな。

 丈瑠の元に再び集まったシンケンジャーたち。丈瑠が殿じゃなかったことで、悩んだ5人が再び自分達の積み上げてきた絆に気が付くんやけど、1年間戦い続けてきた5人の繋がりが見えて良かったよね。映画のプロモーションに回ってる最中に新型インフルエンザで倒れてしまったりとか例年には思いも付かないトラブルもあったしね。そんなんも乗り越えてきてるから。

 シンケンジャーたちを謀反人呼ばわりする丹波に張り扇を食らわす薫姫。いや、ここで張り扇が登場するとは思わなんだな。
 張り扇といえば、関西人にとってはチャンバラトリオがパッと浮かぶんやけど、最近テレビとかで見かけんねんけど、元気で仕事してはるんやろか。

 巨大ナナシが現れて出動する薫姫、そして一緒に出動する源太。源太も姫の気持ちを聞くことが出来て、一緒に戦うことに迷いはなくなる。

 漁港に現れたナナシと戦うのに丈瑠変身せぇへんかったけど、それって姫に対する礼儀なんやろか。

 薄皮太夫もシンケンピンクに斬られる覚悟して戦ってたんやろな。
 とはいえ薄皮太夫が斬られたことで三途の川の水が溢れて、いよいよドウコクが復活!!
 ドウコクの立ちポーズ、めっちゃかっこ良かったやんか。ってところで来週へ。

 「仮面ライダーW 第11話 Iが止まらない/奴の名はアクセル」

 アクセル登場の回。赤い革ジャンの男・照井竜。

 オープニングで、高岩さんの隣に永徳さんの名前が並んでたってことは、永徳さんがアクセルなんや。

 照井警視。突然「警告しておく、俺に質問するな」って切れてたけど、なんでやねん。
 「早く変身しろ」といいながら、Wに変身した姿を見て改めて「仮面ライダーW」って言ってたのには理由があるんやろか?仮面ライダーに変身するのは知ってたけどWやとは思ってなかったみたいな口ぶりにも見えたんやけど。

 アクセルの持ってる剣って30キロあるっていう設定らしいやんか。それ両手で持って走るんやったら、肩に担いだ方がええんちゃうん。

 着色された矢車菊を栽培しているコーンフラワーブルーという花屋の店長の息子、響鬼に出てた元猛士やった子でしょ。久しぶりやなぁ。
 アクセルのドライバーを届に来た謎の人物、ミュージアムと繋がりがあるんやろか。

 翔太郎のジャケットにメモリを入れてる内ポケットが並んでるんや。今まで気が付かへんかったな。

 アクセルに変身する時、「変身」の言い方めっちゃ力入ってるやん。

 で、ここでCMが入ったんやけど、すでに8時21分やで。CM明け3分かよ。ストーリーの流れ上、アクセルの登場を盛り上げなあかんから、苦肉の策やったんやろうけど。

 アクセルがバイクになっちゃって、ドーパントを追いかけるんやけど、なんかディケイドのファイナルフォームライド見てるみたいやんか。
 「絶望がお前のゴールだ」ってのが決め台詞かな。

 変身解除した人間を攻撃しようとしたところで、来週へ。
 照井竜がどうしてこんなにイライラした人間なのかはこれから徐々に明かされていくんやろね。
 来週の予告で、謎の女の声が流れてたけど、あれってスーパー戦隊の女性的幹部で聞いた記憶があるんやけど。マジレンジャーのスフィンクスやったっけ???
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.22

相棒 「SPY」

 神社の境内でホステスの死体が見つかる。そのホステスが持っていた携帯の最後の発信相手が神戸だったので、神戸が疑われる。

 神戸が殺人に関与していては、神戸を警視庁に送り込んでいる警察庁主席監察官にとってもまずいことになる。それで大河内に神戸の調査を命じる。

 今週は警視庁と警察庁の対立に庁内S(SPY)の暗躍。神戸が警視庁に送り込まれた警察庁のSであるという立場が徐々に脅かされていく今シーズンのポイントとなる回やったんちゃうかな。

 大河内監察官が久々に大活躍やったけど、右京さんと神戸が乗り込んでくると、大河内さんの影が薄くなるよなぁ。
 そして警視庁の総務課長が、警視庁の人間の信用情報を得るために民間人の犯罪情報を流したことをマスコミ発表するとかって、大河内さんめっちゃ尖ってたけど、あんまり尖りすぎると右京さんみたいに煙たがられて島流しになっちゃうやん。

 大河内さんが「それは私が監察官だからです」って言うた時、警察のマークをバックにしてめっちゃかっこよく映ってたよね、まぁ時々影が薄くなる箇所があったにせよ、こんなかっこええシーンもらえたんやから、よしということにしとこかな。

 総務課長、犯罪情報に殺されたホステスさんの名前があったからって、わざわざクラブにまでパソコン持ち込んで見せてたけど、あおいって言う源氏名で商売してるんやから、誰にも彼にも本名教える訳ないやんか。脛に傷があるかもしれへんのやし。なのになぜ総務課長はあおいちゃんの本名を知ってたのか。そこがちょっと問題やったよな。
 それにここのクラブお客様の半分が警視庁か警察庁の関係者って店やのに、パソコン持ち込んでそんな話してたとしたら、誰かに聞かれる可能性あるやんか、甘いよね。

 大河内さんと神戸が2人で話し合ってるシーンで40歳すぎても結婚していなければ出世できないとかってセリフの時、道理でイタミンは捜査1課のままなんやと合点してしもうたんやけど。イタミンは全くこのシーンに関係ないのにね。
 大河内さんが神戸に「だからこんな事件に巻き込まれるんだ」って言うたけど、思いっきり自戒を込めてたよね。かのピルイーターの時も恋人の部下が心中に見せかけた相手がスナックの女の子やったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.19

今週のシンケンジャー&W(1月3週目)

 「シンケンジャー 第四十六幕 激突大勝負」

 影武者からお役御免となって、気持ちにぽっかり穴が空いてしまった丈瑠の前に腑破十臓が現れ、戦い始めたところから。

 この二人は吹き替えきかんからなぁ、よくここまで立ち回りができるようになったなと感慨深く見てもうたやん。
 変身した後は安心して見られるけどね。丈瑠がまだシンケンレッドに変身できたのには、ホッとしたよね。まぁ、よくよく考えれば、自分の力で火のモヂカラを習得したわけやから、ショドウフォンさえあれば変身できるってなもんやけど。
 仮面ライダーにしても、他の戦隊物にしても、アイテムがあってこその変身やったりすると、アイテムが無ければレッドになれないみたいなところあるやんか。

 薫姫は、若いのにようできた子やなぁ。今まで丈瑠を殿やと信じて戦ってきた流ノ介たちの気持ちもちゃんと分かってあげてるし。丹波みたいな男に育てられてきたのに謙虚やなんて、どんなけ大人やねんって感じやんか。

 丈瑠と十臓の戦いに割ってはいるジイ。ジイを守るために十臓と相打ちになり、谷底に落ちる丈瑠とジイ。

 外道衆が現れたところに駆けつける源太。なんで大安売りののぼりみたいなんとかいっぱい身体に巻きつけてるねん。尺の都合でカットになったんかいな。気が付くと源太髪の毛ちょっと伸びてないか?一人での変身やからか、今までと違う変身シーンやんか。

 源太が倒されたところで、薫姫を中心に駆けつけるシンケンジャーたち。新しいシンケンレッドと心を合わせて戦ってる姿を見て、裏切られた気持ちになる源太。

 ジイの述懐に丈瑠がシンケンレッドとして育てられてきた全てが凝縮されてたやん。男の覚悟みたいなんまで伝わってきたしね。

 シタリの命の半分まで注ぎ込んだアヤカシ、1回で終了かいな。シタリにとっても大打撃なんちゃうん。

 腑破十臓との最終決戦。騎馬対決とは凄いねぇ。なかなか馬を操るの難しいって聞くよ。馬の方が賢くて、駄目な人が乗ってたらちゃんと動いてくれへんかったりするんでしょ。ナパームが炸裂するなか、走り抜けるなんて、失敗でけへんし。

 小林先生といえば、龍騎では最終回の前に主人公が死んでしまったり、電王ではさんざんイマジンたちが消えてしまうと引っ張っておきながら、結局消えずに残ったりとか(というよりも今後の展開の都合で消すに消せなくなったというのが本当のところかもしれへんけど)、そして今回は1年間レッドでがんばってきた丈瑠が実は影武者やったとか。ほんまどんでん返し好きやよねぇ。

 「仮面ライダーW 第10話 さらばNよ/友は風の彼方に」

 ファング態のWがナスカと戦ってるところから。とはいえ風都のマスコットが目に入ったことで戦いを止めるWと霧彦。
 霧彦もこの間やっと超高速の力を得たばかりやのに、もう身体がついていかなくなってるやん。

 バードのガイアメモリを一番最初に手に入れたのは、アカネ。彼女にガイアメモリを渡したのは冴子やったんや。
 アカネが走り高跳びの記録が伸びなくて悩んでいた隙に付け込むやなんて。今までは自分の欲望をかなえようって言う大人にガイアメモリ売ってたのに、こんな真面目そうな中学生まで巻き込むんやから。

 園咲家の地下室に秘密の場所があるのを知ってしまう霧彦。
 今まで流通させてきたガイアメモリって、それを使う人間のデータを集めてたんや。霧彦もデータを集めるための実験材料やったやなんて。
 逃げ出したナスカを追いかけたのが猫のミック。ミックにも負けるぐらい力が落ちてるナスカ。
 
 バードドーパントと戦うためにジョーカー・サイクロン→トリガー・サイクロンに替わるやんか。
 鳥撃つのに、「トリガー」ってシャレかよって突っ込んでもうたやん。

 体内に入ってるバードメモリを打ち抜くしかないとか言いながらナスカが現れて、仮面ライダーに協力するやんか。バードドーパントが緑でナスカが青。Wも緑と青で、これって色を合わせたのか。それとも偶然やったのか。微妙にかぶっちゃったよね。

 バードメモリが抜けて正気に戻るアカネ。

 仮面ライダーWはベルトにメモリをセットするから正気でいられるんやけど、生体コネクタで身体の中にガイアメモリを埋め込んでしまう人間は精神も肉体もガイアメモリに飲み込まれてしまうってことか。

 園咲家から一緒に出て行ってくれと冴子に頼む霧彦。その答えは「分かったわ、あなたがもう私には必要ではないことが。」って、おしゃれなセリフやんか。
 そしてタブーの一撃によって吹き飛ばされる霧彦。なんだか足がニョキって出てるのが気になったんやけど。どうしてあんなふうな衣装にしちゃったんやろね。

 W見始めた最初から、冴子はメスカマキリみたいに次々と男を食っていくんちゃうかなぁなんて、薄々思ったりもしてたんやけど、最初からレギュラーで出てたキャストが10回目で姿を消すことになるとは思いも寄らんかったで。
 なんか平成ライダーシリーズの掟として、途中から出てきたキャラクターは途中で消えるみたいなのあるやんか。最初から出てたキャラクターは最後まで残ること多いやん。
 普通の人間やった霧彦が、ドーパントとして成長していく姿を見たくもあったんやけどね、残念。

 そして赤い革ジャンに赤いバイクのアクセル登場。アクセルやってる人、顔色悪くない?今からこんなんじゃ、先々心配やんか。 
  
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.16

ゴジラのフィギュア

Sbca0080

 私が仮面ライダーのガシャポンフィギュアを集めてるからってことで、甥っ子が知り合いから処分する予定のフィギュアを譲り受けてきたのを私がもらったんやけど、その中にゴジラのフィギュアがあって大喜びした村をんなです。

 主に入ってたのは遊びたおしたと思われるウルトラマン・セブン・レオとウルトラシリーズで大活躍した怪獣たち。

 これは、知り合いの小さなお友達のいる方々に引き取ってもらったんやけど、さすがにゴジラは手放せませんなぁ。写真に写ってるのは、1999年版ゴジラ。高さ15センチ、写って無いけど尻尾が立派なんよね。

 あとミニサイズやけど2002年版ゴジラも入ってたんやんか。

 今、まじまじと1999年版ゴジラを触ってたら、手に緑色の塗料が付いたんやけど、なんでかなと思ったら、どうも緑色のクレヨンでも塗ってあるみたい。

 小さなお友達としては、緑色を塗らなければと思ったんやろか。

 ゴジラのフィギュアもガシャポンフィギュア屋でちょくちょく眺めてるんやけど、商品としてたくさん並んでるとどれを買うたらええか分からへんから、よう手出せへんかったんやんか。

 あこがれのゴジラが新年早々手に入るやなんて、今年はええ年になりそうやな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.14

相棒 「願い」

  右京さんたちが青空警察相談会の手伝いに行っていて、リビングをリフォームしようとしたらコンセントのところに盗聴器が仕掛けられていたと主婦が相談に来る。
 その主婦の住所から、右京さんは16年前に起きた少女誘拐事件の被害者が住んでいた家だと気付き、独自の捜査を始める。

 誘拐された少女について話を聞こうと、彼女の友人を訪ねる右京さんたち。

 数日後、この友人が誘拐され身代金を要求する電話が掛かってきて・・・という話。

 誘拐事件が迷宮入りし、誘拐された少女も見つからなければ犯人も逮捕されない。
 犯人と疑われた人間は、潔白を証明されたとはいえ、絵本作家という職や立場を失い自殺する。
 娘を誘拐された母親は、子供の名を呼びながら病気で亡くなる。

 こういう苦しみを抱えて生きてきた家族が、真犯人をあぶり出し誘拐された少女を探し出すために狂言誘拐を起こすんやんか。
 
 真犯人の男は、15年の時効を盾にしようとするんやけど、右京さんの「家族を殺された人間の気持ちに時効はありません」というセリフは、殺人事件だけやなくあらゆる事件に巻き込まれた人間の気持ちやろな。

 大阪には、ゆりちゃんという誘拐されたまま、何の手がかりも無く、親御さんが一生懸命捜してはる女の子がいてるんやんか。駅にポスターが貼ってあったり、ローカルニュースで取り上げられたりすることも多いから、「相棒」のストーリーがただのフィクションとも思われへんかったな。
 
 引っかかったのは、いくら過去の事件をなぞるとはいえ、盗聴器は絶対に必要なアイテムやから無いと困るんやけど、それでもわざわざコンセントに仕込まなくても良かったんちゃうんとは思ったんやけどね。

 今回は太田愛先生の脚本やったけど、太田先生も「相棒」のキャストを動かすのがなれてきはったんちゃうやろか。

 さて、木曜日夜8時から始まった寺脇さん主演の刑事ドラマ。なかなか亀ちゃんテイストが高くていいんじゃないでしょうか。BGMも「相棒」のを真似てるみたいやし。上司はクールで嫌味っぽいし、ただ右京さんと違って、警察官僚の王道を歩んではるみたいやけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.11

今週のシンケンジャー&W(1月2週目)

 「シンケンジャー 第四十五幕 影武者」

 シンケンレッドとして薫姫が現れて・・・というところから。

 そりゃぁ納得でけへんやんなぁ、他のメンバーは。
 今まで丈瑠が座ってた座布団がよけられて、薫姫の金色の座布団に代わったやんか。なんか丈瑠の居場所が無くなったって象徴やったよね。

 白い紙飛行機をお父さんと飛ばしてる回想のシーンがあるけど、殿が志葉家の跡継ぎで無いと言われてみれば、あのお屋敷の庭ではないように見えてくるなぁ。普通の日本家屋、丈瑠が生まれた家って気がしてくるやん。

 CM明け、15年前の話。レッドと一緒に戦ってるのは、皆今のシンケンジャーメンバーのお父さんとかお母さんってことになるよね。
 影武者を立てる相談をしてる丹波と他の二人。他の二人が着流し姿やったのはちょっとバランスが悪かったかな。庭の外に現れたジイでさえ袴はいてたんやから。

 変身する時に字を書くやんか。今日は先代と薫姫が火という文字を書いてたけど、やっぱり火の書き方にしても人それぞれやなとおもったなぁ。先代が書いた時は最後の1画にめっちゃ力入ってたやんか。

 15年前の話とはいえ、久々にドウコク見れたやんか。
 不完全な形の封印やったから、また復活してきたんや、ドウコクは。

 侍の家系ではないけど、モヂカラの才能があるということで選ばれた丈瑠。丈瑠が侍の家系でなかったことにびっくりしたよね。

 薫姫、封印の文字を習得したってことは、ドウコクと最終決戦するの薫姫ってことになるやんか。なんか相打ちしたりせぇへんかなって心配になるやんか。

 丈瑠が皆に両手をついて謝ってた姿にちょっと切ないものを感じたし。

 ナナシの出現で、納得できないまま取り合えず現場に向かうシンケンジャーたち。

 烈火大斬刀を振り回すシンケンレッド。使いこなしてるやん。丈瑠の時はこんなに烈火大斬刀使えてなかったんちゃう。

 殿で無くなった丈瑠の気の抜けちゃった顔、なんか燃え尽き症候群というか、ひょっとすると1年間ヒーロー演じ続けてクランクアップすると皆こんな風になっちゃうのかなと思ったりして。

 薫姫凄いねぇ、皆と戦うのは初めてやのに、どの武器も使いこなしてまうやなんて。丈瑠の時は一つずつ習得していってたのに。
 東映公式でもう書いてあるから書いちゃうけど、女子中学生から妖艶な敵幹部まで演じちゃう蜂須賀さん凄いよねぇ。中学生女子でも全然違和感ないやんか。でもまさか自分にレッドが回ってくるとは思わへんかったやろな。

 丈瑠の前に現れる腑破十臓ってところで、来週へ。なんかジイが大変なことになってるやんか、それが心配なんやけど。

 次の天装戦隊ゴセイジャーのCMでなんかカードが映ってたけど、スーパー戦隊シリーズもカードゲーム化するんやろか。シンケンジャーvsゴーオンジャーの入場者プレゼントもデータカードダスやしなぁ。

 「仮面ライダーW 第17話 さらばNよ/メモリキッズ」

 理髪店でひげそりしてもらおうとしてる翔太郎。今時の男の子は美容院やろ、理髪店で髭剃ってもらったことある男子って少ないんちゃうん。
 そこで隣り合って座ってたのが霧彦で、顔を見合わせた途端神社で戦うことに。

 霧彦はガイアメモリのことを人間を素晴らしい存在に変化させるって考えてたんや。ガイアメモリってどう見ても欲望を増大させるツールなんやけど。

 今頃気が付いたんやけど、Wのマフラーってフィリップ側についてるやんか、せやからフィリップはいつもあの上着着てるんやろか。

 理髪店の親父さんが依頼してきたのは、中3の娘を探してくれっていうこと。翔太郎は心配ないなんていうてたけど、中3が2日も帰ってないってのは、いくらなんでも問題あるやろ。

 新しいメモリを増やすためには、フィリップの存在が欠かせないんか。

 理髪店の娘・茜が友達とつるんでたのは、高架下の広場。友達の一人がガイアメモリを取り出し、バードドーパントに変身。
 ガイアメモリを使うためには、メモリコネクターの手術が必要で、一つのメモリを使いまわすことができない構造になってるんやて。

 最初にドーパントに変身した男の子、メモリを刺したところがケロイド状になってるやん。

 刃野刑事が風都署に新人刑事が配属されるって言うてたけど、それが仮面ライダーアクセルなんやろか?

 ファングはフィリップが危機に陥った時必ず現れるって、ファング態に変身したけど、荒ぶる魂はどこへやら、すっかり使いこなしてるやん。
 ファングの牙(?)が出た足でキックしたら、恐竜のシルエットが出たやんか、ちょっとかっこいいんちゃうん。

 バードドーパントのメモリを拾おうとして男の子が苦しみだしたのに気をとられて、メモリを確保せずに男の子の方に行っちゃうフィリップ。
 ファング態のときは動きが硬い仮面ライダーW。高岩さんがフィリップの動きはこういう風って考えてはるんやと思うとちょっと面白いな。

 今回は、中3の子供達がガイアメモリを使いまわしてしまうって話やったけど、この間現実に大麻で逮捕された中3の子達がいるんやから、子供は大人の鏡やということに世間の人たちは気付いて欲しいなと思ったんよね。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.01.10

ONEPIECE 巻零

Onepiece_2  1月4日に見に行ってきたワンピースの来場記念の漫画を今日引き取りに行ってきました。

 ワンピース、テレビアニメでも今まで見たこと無くて、映画で初めて見たんやんか。世界観も何も分からず、チョッパーのぬいぐるみをいつも行ってるフィギュア屋で見かけるぐらいで。

 今日もらってきた漫画の最初にメインキャラクターの解説が載ってるの読んで、初めてどういう設定やったのか判ったという(;´д`)トホホ…

 映画見てた時に分かったのは、ナミちゃんが航海士やっていうこととブルックが音楽家ってことだけやったし。

 入場記念の漫画、映画見る前にメインキャラクターの解説見られたら良かったんやけど、もらえただけでも良かったちゅうことで。

 それにしても、ン十年ぶりにコミック手にしたけど、昔に比べて紙が悪なったんちゃうん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.06

今週のシンケンジャー&W(1月1週目)

 「シンケンジャー 第四十四幕 志葉家十八代目当主」

 お正月のため手短になんて思ってたら、いやはや最後の最後にあんなことがあって、それまでの全部がぶっ飛んでもうたやんか。

 前半が幸せなら幸せな分、後半の展開が厳しいのがお決まりのシンケンジャー。
 外道衆の攻撃も激しくなってきてるのに、思いっきりお正月してたなぁ。ジイの袴姿の決まってること、さすがです。

 スーパー戦隊メンバーでこんなに酔っ払ってるの見るん珍しいよな。
 お年玉の袋もめっちゃ豪華。中身は筆やったけど。そこに現れる裃つけた黒子ちゃん。

 シタリも酒飲むんや、ドウコクが酒飲んでる時に冷ややかな感じやったから、飲まないのかと思ってた。
 久々に六門船に戻ってきた薄皮太夫。ウラマサも十臓の手に戻って、やる気満々になってるし。

 シタリはヨモスガリを呼び出して、鬼火玉を渡す。シンケンレッドの火のモヂカラと鬼火玉の火が火を呼んでシンケンレッドを燃やし尽くす作戦。

 初詣でにぎわう神社に現れた外道衆を退治しにくるシンケンジャー。ナナシたちと戦ってる最中に鬼火玉で撃たれるシンケンレッド。

 相打ちでヨモスガリに攻撃を加えるけど、瀕死の重傷を負う丈瑠。丈瑠が絶命しないことに不審がるシタリと薄皮太夫。

 巨大戦になってシンケンオーの方がでかいのにヨモスガリに苦戦してるやん。そこに現れる獅子折神。

 シンケンレッド、女の子やんか!!薫姫。スーパー戦隊の歴史に残る作品になってもうたね、シンケンジャー。
日本中のレッドになりたい女の子にエールを送る配役ちゃうん。私が通ってる鍼灸院のお嬢ちゃんも将来の夢はレッドになることやからなぁ。きっと

大喜びで見てたんとちゃうやろか。今度、先生に聞いてみよ。

 「仮面ライダーW 第16話 Fの残光/相棒をとりもどせ」

 フィリップがライトという名前で冴子に連れて行かれそうになるところから。

 フィリップが記憶をなくしてたのは、冴子によって消されたんかいな。若菜がフィリップの記憶が無いのも、冴子によって消されてるからなんやろか。

 危機一髪のフィリップの前に現れるファング。しかしファングを使って変身した記憶が甦りファングを拒絶するフィリップ。微妙に劇場版ビギンズナイトに関連付けてるやんか。かといってあんまり露骨に劇場版とシンクロするとまた文句が出るから、神経使ってるような気がするんやけど。
 
 倉田に廃工場に監禁される翔太郎と亜樹子。倉田やってる西君ですが、ミナミの帝王とかで鍛えただけのことはあって、人をいたぶる雰囲気とかなかなか堂に入ってますなぁ。それにしてもアバレッドやってるころからすると、だいぶ体格良くなってるよね。

 ファングで変身するとフィリップを暴走させるんや。

 翔太郎を宙吊りにして、亜樹子に縄を引っ張らせ、亜樹子の手に力が無くなって縄を手から離したら、翔太郎が下に落ちてしまう仕掛。これはちょっと残酷やんか。
 亜樹子が手を離したのに宙吊りのままの翔太郎。ファングが縄をくわえて助かる。そしてファングで変身するフィリップ。

 ファングのガジェットめっちゃかっこええよね。大人が思うんやから、小さなお友達は完全に心持ってかれてるで。

 フィリップが変身して翔太郎が気絶しちゃったから、翔太郎の身体を物陰に亜樹子引っ張っていってたけど、明らかに翔太郎の方が重そうやったやんか。

 暴れてるフィリップの意識の中に入り込んで、燃え盛る本棚の間で苦しんでいるフィリップを見つけ助け出す翔太郎。
 ひょっとしてこれでもうファングに変身しても、ファングが暴れることなないかな?えらい簡単に調教できてもうたんちゃうん。

 冴子が逃げ出そうとするのを追いかけようとしてボクシングの減量でダメージを受けてるって細かい設定拾っていきますなぁ。年末1週抜けてるから、視聴者も忘れてたりするのに。

 いつもの仮面ライダーWに戻って、冴子を追いかける。バイクでタブーを追いかけてた時に、歩道を普通に人が歩いてるの珍しいやんか。
タブーとライダーが撃ち合ったりしてるっていうのに。

 危機一髪のタブーを助けるナスカ。今まで上から目線であしらわれとったのに、やっと旦那らしいところ見せることできたやん。

 減量の後にはまった検索が餅って、餅を食べ過ぎて劇太りするオチ。そうやねん、今シーズンの仮面ライダーにはちゃんとしたオチがあるんやな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.02

相棒 シーズン8 正月SP

 特命係、西へ!死体が握っていた数字と、消えた幻の茶器の謎・・・東京~京都・連続殺人と420年前の千利休の死の秘密が繋がる!?

 サブタイトルが長いっ!!土曜ワイド劇場並みの長さやんか。
 あらすじ書かなくても、だいたい分かってまうし。

 転落死した男が京都の地元で入ってた趣味の集まりが七哲庵。信長・光秀・秀吉と利休の関わりの謎を研究していて、七哲庵の人々は明から渡来した日本の支配者だけが持つことが出来る茶入れの存在を信じていて、本能寺の変の時に他の茶器と共に焼け落ちたのではなく、利休が持っていたのでは無いか(右京さんの推理)、そしてそれが人知れず現代に伝わっているのではないかと思ってたんやんか。

 七哲庵の他のメンバーに石野陽子さんとか石田太郎さんとか、ネイティブ関西弁しゃべれる人キャスティングしてあったのが良かったよね。
 そしているだけで怪しいと思われちゃう山路さんとか。

 占い師の人が殺されるシーンでシルエットが映ってて、そのとき犯人が髪の毛くくってた感じやったから、てっきり山路さんかと思っちゃったやんか。

 京都で右京さんたちがうろうろ歩き回ってたところも紅葉が綺麗やったけど、七哲庵の人たちが集まってたお屋敷とかヒロインの檀れいが住んでたお屋敷とか、凄かったよねぇ。京都にはまだこういうお屋敷があるんやなぁ。

 ヒロインが勤めてた独立行政法人やけど、外に説明でけへんところやと、事業仕分けで予算一発で削られるよな。

 420年前の本能寺の変を再現させる時、あれ南禅寺の山門に登ってたんよねぇ。そこから京都タワーの方を指差したら、420年前の京都の風景にドンドン戻っていって、その一角が炎に包まれるって、しゃれた演出やったんちゃう。
 折角東映京都の協力で撮影してるのならと、時代劇のシーンも入れてた気遣い。
 
 占い師が殺された謎解きを七哲庵の人々を集めてやるやんか、ここで決まりかなと思ったら、真犯人が狙ってたのは別のもの。
 それにしても真犯人って右京さんたちがいる前で大胆やんか。

 最新技術漏洩に関わる汚職事件も絡ませてあったのは、やはり相棒ならではやん。

 小野田官房長が「京都は千年の怨念と暮らしていたから」なんて言うとリアルやねぇ。京都人がそういうねんから間違いないと思っちゃうやん。

 最後、今年は何も起こりそうに無いですよねぇなんて静かにフェードアウトしていってたけど、真っ暗になったとたん今年の大晦日も東京は停電か?って思っちゃったよ。でもそれって去年のSPの話やっちゅうねん。

 檀れいが神戸の大学時代の恋人役やったんやけど、どうもミッチーは宝塚好きらしいとの噂を聞いてたから、元ジェンヌが恋人役で嬉しかったんちゃうやろか。
 話は替わるけど、宝塚版相棒を見た友人の話によると、なかなか面白かったらしいよ。外国から来たピアニストが殺されてみたいな話やったそうです。ただ残念だったのは角田課長がかっこよすぎたことらしいけどね。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.01

庚寅歳 明けましておめでとうございます

Toradosinenga  今年の一句・・・かげろふに 寝ても 動くや 虎の耳  其角

 江戸時代の俳人其角が虎を読んだ句。当然本物の虎を見たことが無い時代の人なので、猫がモデルと解説されてる方がいらっしゃいます。

 もちろん、そうやねんけどね。なんかのんびりした雰囲気が良くて、今年の年賀状に使わせてもらったんよね。

 寝てるようにのんびりした気持ちでも、常に新たな情報には耳を動かしていきたいなと思ったりもしてるんやんか。

 平穏な年であれかしと思ってても、向こうからいろんな雑事がやってくるやんか。とりあえず、そんな時でも浮かれず慌てず、一つずつ片付けていこうかな。

 ということで今年もご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »