« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010.02.28

相棒 「怪しい隣人」

 今週の「相棒」は右京さんの「細かいことが気になるのが僕の悪い癖」を最大限に生かしたストーリーやったよね。
 鑑識の米沢さんのところに行った右京さんが、9年前の現金輸送車強奪事件の証拠品のハンカチを返却し忘れているのを知り、自ら返しに行った事から事件に首を突っ込んだんやけど、未解決の事件はどうして未解決のままなのかっていうのが右京さんにとっては気になることなんやろな。

 おみやさんかと思うぐらい未解決事件、大好きやもんな右京さん。ありとあらゆる未解決事件を記憶してるんとちゃうやろかって思うくらいやんか。未解決事件やったら、捜査1課にも、内田刑事部長にも嫌味言われず、自由に動き回れるもんな。

 ハンカチを返しに行って帰ろうとしたところ、隣の家の縁側のガラスが割れているのに引っかかった右京さんが家の外に出てきた男性から事情を聞くんやけど、この男性が着ていた作業服のネームを目ざとくチェックして、元のハンカチの持ち主の家に戻って隣人について尋ねたりするうちに、どうも隣人は何かの事件に巻き込まれたのではないかと目星をつけて捜査を開始する。

 現金輸送車に乗っていて強奪犯に襲われた警備会社の社員役が小倉一郎さんで、ちょい役でこの人が使われる訳は無いから、たぶん何か怪しいやろなと薄々思うやんか、サスペンス好きの人間としては。

 空き家やと思って入った家に住んでいた人間を監禁した3人の男達は配管工で、ホステスに入れあげてたり競艇にはまっていたりしてお金が必要。
 監禁された夫婦は、内縁関係で、やくざの愛人やった女が闇金の集金係だった男と出来てしまったことがやくざにばれてお金が必要。
 現金輸送車に乗っていた警備会社の社員は実は強奪犯の仲間で、時効になるまでの間3億円という大金を自宅の床下に隠していて、そのお金が狙われていたという。

 右京さんは隣の家を監視するために、防犯設備のセールスマンに化けて近づいていくんやけど、右京さんのねちっこい営業見てたら、防犯設備なんかいらんと思ってる人でも、契約書に印鑑押してしまいそうやんって思うたし。

 今回のサブタイトル「怪しい隣人」やったけど、右京さんを含めて怪しい人しか出てこなかったような・・・(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.26

がんばれ!ニッポン!、クリアファイル

Ganbare

 先週の土曜日、ローソンに行ったらロッテの指定のお菓子2個買えば、がんばれ!ニッポン!のクリアファイルが1枚もらえるってことで、バンクーバーオリンピックの記念品に買ったんやんか。

 クリアファイルの表は真央ちゃんの図柄やねんけど、禁転載なので残念ながら見せられません。5種類図柄あるうちの、試合で演技中の真央ちゃん、黒地の衣装で片足で滑ってるんよね。たぶん5種類ある中で一番かっこええのではないかと思ったんやけど。

 パイの実はオリンピック開催地のカナダにちなみ、メープルシロップ味のチョコレートが入ってて、おいしいからついつい食べ過ぎて、ちょっと胸焼けしてしもうたという。

 ファイルが無くなると終了っていうことで、何か1つバンクーバーオリンピックの記念品欲しいなぁと思った方は、早めに行ってみてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.23

今週のゴセイジャー&W(2月3週目)

 「ゴセイジャー epic2 ファンタスティック・ゴセイジャー」

 ゴセイジャーたちの前に現れて流星のデルプタが自己紹介するところから。小山力也さんが声を担当されてるんやけど、いくら色んな声を出さなあかんとはいえ、小山さんのいつもお聞きする声からするとだいぶしゃがれてるから大変やろうなと思ってまうなぁ。

 「五色の力光より現れ、闇を打ち砕く」っていう言い伝え、マジレンジャーもしょっちゅうこういう言い伝えがでてきてたよね。

 望君の家に行くアラタ。またまたおしゃれな家でロケするんやなぁ。関東にはおしゃれな洋館いっぱいあるんやな。
 突然現れたお父さんに、望君の友達やと自己紹介するアラタ。そのアラタの顔を見て「どんな仕事をしているのかな?」ってお父さん尋ねてたけど、アラタの顔見てたら仕事よりも「何年生?」って聞きたくなれへんかな普通。

 今週の敵は、UFOのザルワック。UFOが可愛いやんか。

 イービの出現の報を受けて、アラタも変身するけど、まだちゃんとガチャにカードを入れて口を閉める手の位置が決まってないのが初々しいやんか。
 そのうち、何百回もガチャやっていくと、目をつぶっていてもきっちり形になっていくんやろうけど。そう思うとガチャと手がずれてるのが貴重なシーンになるかもね。

 ハイドとマスターヘッドの連絡が取れる、太陽フレアの爆発が最大になった時、ゴセイジャー5人のゴセイパワーを振り絞れば護星界へ通じる道が開けるかもしれへんけど、でもその太陽フレアの爆発は今が最大で、これを逃すと200年は無いって。思いっきり取って付けた設定やんか。

 人々を助けるために護星界に戻ることをあきらめるゴセイジャーたち。名乗り上げの時、バックの青空めっちゃきれいやね。

 今回のゴセイジャーは、ランディック・シーイック・スカイックって、地上・海・空って得意分野が分かれてて、色々な攻撃パターンが展開できるのがいいやんか。シーイック族のハイドは早速海中での攻撃を披露したしね。

 ウォースターの手下が巨大化するには、目玉のこうもりにかまれないとあかんのやね。

 で、巨大化したザルワックに対して新しいカードが出てくるんやけど、これってマジレンジャーの時みたいに毎回新しい魔法が降りてきたみたいに、毎週新しいカードが登場するんやろか。

 この新しいゴセイマシンカードをガチャに天装したら、ドラゴンとか虎とかのヘッドが飛び出してきて、ドラゴンヘッドは旅客機に一度くっついてそれで竜の体になって飛んでいくんよね。旅客機とか新幹線なんかはかめへんけど、シャークヘッドがくっついた潜水艦ってそうそうおらへんと思うんやけど。子供が好きそうな乗り物類には違いないけど。

 ザルワックが放ったUFO大活躍やったやんか。空の攻撃はアラタとエリが、海の中ではハイドが、地上を転がっていくUFOはランディック族のモネとアグリが追いかけるし、3つのグループの攻撃力を見せるにはちょうどいい敵の設定やったなぁ。

 もう今週天装合体見せちゃうんやね。

 ヘッドが乗り物とくっ付いてドラゴンになったりスネークになったりする映像とか、ロボの合体するシーンの映像とか、そのままカードゲームに使用できそうやんか。
 肩のところにでっかい羽付けてるのが、邪魔っぽく見えたけどね。

 ハイドの持ってたカードによって、ザルワックに捕らわれていた人たちの悪い記憶が消えるって、魔法使いやん。

 「仮面ライダーW 第23話 唇にLを/シンガーソングライター」

 今週の依頼者は、クイーンとエリザベス。フーティックアイドルで2週目まで勝ち残ったのに、3週目でものすごい下手くそなシンガーソングライターに負けたから調査して欲しいっていうこと。

 その下手くそな歌手はジミー中田といい、ストリートミュージシャンしてるんやけど、ジミーが歌いだしたら天地が揺れて飛んでる鳩まで落ちるって、ドーパントより強力やん。
 ジミーが歌ってるのがスピック。フォークをベースにロックやラップなどの高揚歌をブレンドしてるって。でも普通のフォークにしか聞こえないやん。

 冴子、やっぱりダブリューのメモリを持ってる男を自分の物にしようとしてるんや。霧彦が亡くなって、まだそんなに経ってないのにね。お父さんも呆れるぐらいやけど、今まで冴子の恋の遍歴を見てきたお父さんやから、何にも動じてないみたいやけど。

 フーティックアイドルの公開録画にやってきた翔太郎たち。ジミー中田の酷い歌に審査員たちは大絶賛。
 何故審査員が大絶賛するのか調べるために、観客の飛び入り挑戦に立候補してフィリップと一緒に歌うはめになる翔太郎。
 
 先週はカラオケ屋で若菜姫の歌、歌いまくってたし、今週は初っ端からクイーン&エリザベスの歌やし、上木彩矢とTAKUYAが審査員役やし、プロモーション色がきつすぎるやんか。

 照井は照井で電波塔の道化師と呼ばれるドーパントをテレビ局で見つけ出し戦い始める。電波塔の道化師なんて名前付けてるから、オペラ座の怪人みたいな奴なんやろかってチラッと思ったんよね。
 でも全然オペラ座の怪人とちゃうかったけど。電波塔の道化師って、詐欺師やったんや。 

 ジミーの姿が見えなくなったので手がかりを求めて、ファンのアラサーを探しに良く翔太郎たち。
 ファンの女の子は、自分の他に楽しい事が何も無いからジミーが必要って、入れ込み過ぎやな。
 ドーパントにお金を渡してジミーを合格させようとしていたって。

 Wとアクセルがドーパントを追い込んだところで、止めに入るファンの女の子。このドーパントがいなくなれば、ジミーが合格できなくなることを知っていて、本音を叫んだのをジミー本人が聞いてしまったところで来週へ。

 冴子が次に狙いをつけた井坂先生ってのも登場してきたやんか。冴子の口から「裏の診察」って朝っぱらから妄想してもうたお父さん達多かったんちゃうん。
  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.20

紫雲膏

Siunko

 正月過ぎに母親も私もアカギレに悩むようになり、なんぞええ薬は無いかいなと思った時に、ドラッグストアの店員さんにお勧めされたのが、紫雲膏。

 夜寝る前に傷口に塗り絆創膏を貼っておいたら、ただ絆創膏を貼っておくよりも確かに早くよくなるんやんか。

 薬の効能書に華岡青洲先生の名前が書いてあって、それだけでもすげぇぇぇと感激してもうたという。

 紫雲膏、買った後でググってみたら、主成分のシコンが絶滅危惧種なんやて。シコンって紫の根のことよねぇ。なのでこの薬の入物と同じ赤紫色してるんやんか。紫といえば百人一首に「あかねさす紫野行き、しめの行き、野守は見ずや君が袖振る」っていう歌に歌われてるように、奈良時代からなじみの深い植物やったはずやのに、いつのまに絶滅危惧種になってしもうたんやろね。

 このお薬を勧めてくれたドラッグストアの店員さんなんやけど、正月明けの頃テレビCMでヒ○ケアに出てくるようなぱっくり割れの指してはったのに、この間行ったら1ヶ月ですっかりきれいな指になってたんやんか。ご自分が使ってて良いなって思うもの勧めてくれてはったみたい。

 紫雲膏は第2類医薬品なので、薬剤師さん登録販売員さんに相談して買う薬やねんけど、一家に一本常備してても良いんちゃうかな。特にアカギレとか気になる人やったら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.19

相棒 「隠された顔」

 大麻の栽培をしていた学生が逮捕された大学へ書類を受け取りに行った右京さんと神戸。さぁ神戸の車に乗って帰ろうとしたところ、農学部の倉庫が大爆発を起こす。

 この大爆発の時、右京さんも神戸もまじびっくりしてるように見えたよね。あらかじめ爆発があるとは聞いてたけど、こんな凄いのかよぐらいな感じに見えたなぁ。そしてこんな街中でよくもまぁ許可下りたよな。ナパームが炸裂するのは、ほぼ毎週見てるけどほとんど山の中やんか。

 最初のうち、米沢さんたち鑑識や消防はLPガスの爆発という単なる事故扱いで捜査1課が出てきてなかったから右京さん達、かなり自由に捜査してたよね。

 次期学部長になる予定の大学教授の元に二人の准教授がいてて、一人は年かさやねんけど人格に問題がある中年男。一人は頭が良くて仕事ができるんやけど教授にするにはちょっと若すぎる女性。こういう問題ってどこの大学にもありそうやんか、一人が選ばれたらもう一人は別の大学に行かなしゃーないっちゅうのも分かるよな。

 中年男の准教授の焦る気持ちも分かるよな、どう考えたって自分より年下の美人の方が教授に受けが良いに違いないんやし。

 右京さんが、美人の准教授との頭脳戦でどうやって犯罪を暴きだしていくかっていう「相棒」らしい展開で、途中まではまぁまぁかなって思ってたんやけど、最後の最後殺された中年男が、美人准教授の机をガチャッと開けたことで彼女が人を殺そうと思った真の動機が明らかにされるところが、意外で面白かったなぁ。

 残念だったのは、美人准教授が学生に命じたプロパンガスの栓を開けておくのを確かめにいくところ。部屋に入った途端、なんか臭そうな顔してたやんか。そんだけ臭いんやったら、わざわざ栓をチェックせんでもガスが出てること分かるんちゃうんと思ったなぁ。
 靴の裏に液体肥料を付けるためにどうしても必要な措置やったんやろうけど。

 それから農学部の学生が隠れて煙草を吸うために倉庫を利用してるのを表すために、学生が胸ポケットに煙草を入れてるのを指摘するけど、学生が着てたベストがアイボリー色で胸ポケットに煙草が入ってるのが分かりづらかったのがねぇ。惜しかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.16

今週のゴセイジャー&W(2月2週目)

 「ゴセイジャー epic1 護星天使、降臨」

 新シリーズが始まりました。ということはゴセイジャーから敵幹部までまた覚え直さなあかんという難行苦行が2~3ヶ月か続きます(汗)。
 ということで、敵幹部からチェックしとこかな。宇宙虐滅軍団「ウォースター」、ボスがモンス・ドレイク。ドレイクってどっかで聞いたことあるんやけど。なんか魔法使い戦隊で毎週ドレイクドレイクって入力してたような・・・。
 それから流星のデルプタと彗星のブレドラン。今年の敵幹部は、男臭いよね。お父さん達の早起きが楽しくなるような色っぽい女性幹部は出てけぇへんのかいな。男臭い敵幹部の詳細は、小山力也さんのブログでチェックしてくださいまし。

 そしてゴセイジャーのメンバー、レッドのアラタから登場してたけど、坊ちゃん刈りのレッドって珍しいよな。

 望君の友達で、サッカーしてた男の子の一人、ちょっと小太りな男の子が愛嬌あって可愛いやん。あんまり演技力はなさそうやけど。

 東映公式で、ゴセイジャーのメンバーより芸暦が長いと書かれていた望君。今年はこの子がゴセイジャーを引っ張っていくんかいな(笑)。そう思えるほど、なかなかいい芝居してるちゅうねん。

 ウォースターの手下はイービって言うんやね。イービの大群が暴れているところにやってくるイエロー・ブラック・ブルーがやってくる。そしてピンクも登場。

 ブラックの子どこかで見たことあるとググッたら、怨み屋REBOOTのレギュラーでホストの男の子やってたんやて。言われてみれば、そうかな。怨み屋経験者で、東映特撮にやってくるのは、シンケンブルーに続いて2人目なのかな。シンケンブルーはレギュラーちゃうかったけどね。

 遅れてやってきたレッドのアラタはチェンジカード落として変身できず。
 ゴセイジャーって研修中で地球に修行しにきてるんや。ということはゴセイジャーと望君が成長していくの見守っていくってことかな。
 そのうち、護星天使とかも助っ人に来たりするんやろか。まぁ途中で2人くらい人数が増えるのが決まりやから、その2人が護星天使やったりしてね。

 東京ドームシティーアトラクションズのCMが流れたけど、びっくりやん。今まで9年ぐらい東京ドームのCMといえばホテルのCMで何年か前にジャビットルームのCMが流れたことがあったくらいで、私が見てきた10年くらい同じのが流れてたんやんか。
 東京ドームシティのCMって地方によって違うのが流れてるっていうのは5年位前にどなたかの研究で読んだことがあったんやけど、これから先どうするんやろか。東京ドームシティーアトラクションになるのか、また元のホテルのCMに戻るのかちょっと楽しみやな。

 ウォースターによって送り込まれた怪人によって、変身する前のゴセイジャーたちが塊に次々と飲み込まれてまう。初っ端から危機一髪やんか。

 変身できないレッドが怪人相手に戦うんやけど、やっぱり演技の仕事が初めてのレッドなので、まだまだ甘いところは多々あるけど、目ヂカラだけは評価してあげるかな。

 名乗りのところ、どことなくマジレンジャーみたいな音なるんやね。ドラゴンヘッダーとかって言うのが飛んでくるやんか。飛んでくるところ見てたらガオアニマルぐらいの大きさなんかなと思ったら、銃のヘッドなんや、ちっちゃくて拍子抜けしてもうたっていうか。

 持ち道具は、ガオレンジャーみたい。そして武器を合体させて皆で発射させるの懐かしいなぁ。シンケンジャーの時にはそういう武器なかったからね。
 
 ハイドがマスターヘッドと連絡がつかないって言うてたけど、マスターヘッドがゴセイジャーたちの先生なんやろか。

 「仮面ライダーW 第22話 帰ってきたT/死なない男」

 綾がドーパントということが分かる。綾は復讐をするためにガイアメモリを利用すると言い、翔太郎・照井の前から消えてしまったところから。

 ガイアメモリを捨てて警察に自主してくれと綾に頼む翔太郎、敵幹部に接触できそうなので一晩待って欲しいという綾。
 でも冴子の前に現れた綾は、阿久津の後釜に自分を据えろと冴子に取引を持ちかける。
 冴子は刃野を血祭りにあげたら、綾を信用するという。

 翔太郎の前と冴子の前で、綾の言うてること全然違うよな、ここまで凄い裏表のある人間っておらへんで。。

 綾のコネクター、なかなか色っぽいところにあったやんか。Wの第1回目のドーパントやった山内明日ちゃんと双璧やし。

 Wになった翔太郎は綾がドーパントになって刃野を気絶させたのを見た時、綾は復讐するのは風都という街自体やとかって言いだしたやんか。
思考に一貫性がなくなっていくのもドーパントの毒のせいかな。

 照井が家族の死を知っていると呼び出されたのは、綾の仕掛けた罠やったんやね。でもちゃんと戻ってきてドーパントになった綾と戦い始める照井。
風都タワーを壊してやるとかって言いながら、ドーパントが恐竜に変化しちゃったやん。

 アクセルが危機一髪になった時に現れる新アイテム。小型の戦車みたいなの。アクセルがバイクに変身してそれと合体してたけど、おもちゃとして考えると小さなお友達の心をめっちゃくすぐる商品になりそうやんか。
 ケータイ捜査官7に出てきた色々な装備品アイテムが懐かしくなったりしたんやけどね。

 ガイアメモリがブレイクアウトしたあとの綾、目の隈のメイクアップ凄かったよね。

 さて来週やけど、なにこのレコード会社の枠を飛び越えたキャスティング。またまたびっくりゲストやんか。水木アニキが平成ライダーにご出演されるとは・・・。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.12

相棒 「狙われた刑事」

 伊丹が昼御飯に行ったラーメン屋で隣に座ってた男が突然苦しみだす。
 亜ヒ酸の中毒症状が出てたことが分かって、事件として捜査が始まる。たまたま伊丹が使おうとしていた皿のニンニクだけに亜ヒ酸が掛けられていたこと、そしてロックしてなかった伊丹たちが乗ってきた車に残されていたペットボトルからも同じ亜ヒ酸が混入していることで、狙われたのが伊丹だと分かる。

 犯人らしい人間が来ていたブレザーのエンブレムから10年前に起こった事件の関係者が疑われる。
 当時専従班にいた伊丹の血の気の多い取調に恨みを持っている人間がいるのでは無いかと右京さんは推理する。

 捜査会議の時に、いつもなら「お前らは出て行け」って言われちゃう右京さんたちが大きな顔で立ってるなと思ったら、右京さんたちが伊丹の警護に当たることになったんやけど、神戸は元々警察庁で要人警護したりしてたんよね。その割りには、要人警護の基礎が出来てないような気もしたんやけど。

 ローンシステム研究会という大学内のサークルでねずみ講まがいの勧誘で多額の金を集めていたことから、金の流れを握っていた学生が一人リンチによって殺された事件って、嫌な設定やったよな。
 
 神戸が伊丹と張り込みの車の中でのセリフ「本当に後悔するとしたら犯罪者ではない人間を傷つけてしまったことです」って言うてたけど、このセリフを聞いて、あの事件で犯人にされてしまった男性が、何度自分は無実だと主張しても聞き入れなかった検察官のことを思い出してしもうたんやけど。
 裁判で男性が誤ってくれと言っても、謝ろうとしなかったって新聞で読んだんやけど、検察官は内心どう思ってるんやろうねぇ。

 伊丹が当時取り調べた学生の一人・浜野を取り押さえたところのシーン、なかなかの迫力でしたなぁ。

 いつもは伊丹たちが取り調べてるのを右京さんたちが鏡の向こうから見てるのに、今回は反対やったよね。

 ローンシステム研究会事件によって、人生が狂わされた男の役が加藤虎ノ介さん、元準幹部で親のお金でクラブを経営していて伊丹を逆恨みしていた男の役が村田充さん。二人ともぴったりやったよね。
 というかこういう怪しい役はみつぅしかでけへんよな。
 父親が小さなゼネコンやってて、経営が行き詰ってるって、いやぁ今のご時世にぴったりはまった設定やんか。

 三浦と芹沢がやってきて三浦が逮捕状読み上げるやんか「はい、逮捕状出た」って。なんか警察24時見てるような、今まで相棒には出てきたことのない言い回しで、ちょっと本物ぽかったような。

 そうそう伊丹より先にラーメン屋に行ってた大木と小松が内田刑事部長に怒られてたけど、こんなシーン最初で最後とちゃうん。
 今回は右京さんたち恒例のパターンが、別の人と入れ替わってるという相棒ファンには、めっちゃ楽しめる趣向がいっぱいやったやんか。なんか見逃してる趣向があるかもしれへんな。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.08

今週のシンケンジャー&W(2月1週目)

 「シンケンジャー 最終幕 侍戦隊永遠」

 とうとう外道衆との最終決戦となったシンケンジャーたち。その前に現れた血祭ドウコクから。

 封印の文字によって受けた傷に火のモヂカラを打ち込む作戦で、ドウコクに一太刀浴びせるけど、全然効き目無しやんか。反対に返り討ちにされてるし。

 シンケンジャーたちは変身解除して倒れちゃってる。さすがドウコク。

 丈瑠たちを助けに来るジイ。めっちゃカッコええやん。鎧に陣羽織、手に槍って、今まで数々の場数踏んだ人でないと、着こなせられへんよな。

 丹波から、姫の作ったディスクと丹波のディスクを受け取った後、ドウコクの前で素面で名乗りを上げるやんか。
 素面ってのが珍しいよね。特にシンケンジャーは変身前に制服がなかったし(白い着物に袴は別として)、私服っぽいスタイルでの名乗りやからよけいそう思うんかもしれへんねんけど。
そして変身せずにナナシたちとの戦闘に入っていくし。1年間でヒーローの顔になったなぁ。

 丹波のディスクに双って書いてあったのは、同じものを二つ出せるっていう働きが出来るディスクやったんや。それで烈火大斬刀が2本出てきたんやね。

 で、最後に流ノ介が姫の作ったディスクで止めを刺したんか。最後の最後に流ノ介めっちゃかっこええし。

 ドウコクが2の目で巨大化して、シンケンジャーもサムライハオーに合体して大きくなった時、ドウコクが「無駄にでけぇなりしやがって」って言うたけど、セリフとしては禁句なんちゃうん。私らがテレビ見て言うのには問題ないやろけど。

 至近距離まで突っ込んで、全員のモヂカラを集中させて一撃でやっつける作戦。丈瑠がみんなに感謝するシーン、ちょっと胸に迫ったよね。

 シタリは六門船と共に三途の川に沈んじゃったけど、こうやってまたドウコクを復活させるために生き続けていくんやろな。

 さぁ、最後は戦隊お決まりのみんなの旅立ちやけど、"ことは"はやっぱり肩に風呂敷包み担いで帰るんかい。
 流ノ介の荷物多すぎ。

 一人ずつ去っていって、ジイの「ここがこんなに広いとは」って、ほんまこんなに広かったんや。
 
 そして、下手に1年後とかやらずに、黒子ちゃんたちが普段の生活をしながら終わっていく。その平穏が幸せを表してるんやろな。

 
 「仮面ライダーW 第21話 帰ってきたT/女に向かないメロディ」

 マスカレードドーパントを撃ち倒して現れる九条綾刑事、先週も書いたけど、ほんま「お帰りジャスミン」って感じやったよね。

 照井と綾が訓練してるシーン、朝からお父さん達にめっちゃ大サービスやんか。いくらロス市警帰りという設定やったとしても、あんなおしゃれなトレーニングウェア着て組手の稽古なんか、普通せえへんやろ、警察やったら。

 情報屋への聞き込みで、阿久津という悪徳刑事が浮かび上がる。阿久津役が大高さん。こういう役はお手の物やからねぇ、今週のWはドラマ部分にめっちゃ厚みが出てたよね。

 逃げ出した阿久津を追いかける照井。途中で宙返りとか入れながら走ってたけど、なんか昭和の漫画というか、いまどきこんな演出ちょっとお目にかかれませんなぁ。

 照井や阿久津の前に現れるドーパント。ドーパントの狙いは阿久津の方。アクセルに変身する前に照井ドーパントに弾き飛ばされてるし。

 阿久津が落としていったキーホルダーに書かれていたキャサリンという名前に、ホステスの名前かよって翔太郎反応してたけど、いまどきキャサリンなんて名前のホステスさんおらへんやろ。そんなん昭和20年代の話やんか。
 
 冴子のところへ「警察にばれちまった、怪物に追われている」って電話する阿久津。刑事やのに「警察にばれちまった」ってのもなんか変やよね。
 阿久津は冴子と取引してたのに、自分はガイアメモリ持ってないみたいやんか。今までとは違うパターンなんで、へぇぇぇと思ったな。

 探偵事務所にやってきた綾に対して、「右足を怪我しているね」と指摘されて愕然とする綾やったけど、そのセリフを聞いてから、その前のドーパントが戦いで右足をやられるのをじっくり見たんやけど、ドーパントのスーツアクターさん、なかなか芸の細かい動きしてたよね。

 阿久津がドーパントのことを溝口と呼んだことで、溝口の過去について語り合う翔太郎たち。そこで溝口は汚職が疑われ、警察やマスコミに責められたことで自殺したとみられていた。しかし綾は溝口が無実の罪を着せられ阿久津たちに殺されたと考えていた。

 阿久津の潜伏場所をフィリップが検索した時、「何丁目のスナックだ」って翔太郎言うて突っ込まれてたけど、確かに阿久津やったら場末のスナックに隠れるのがぴったりやし。

 キャサリンという名のクルーザーにやってくる翔太郎たち。翔太郎と照井は2人で組んでクルーザーに、阿久津が連れ去った人間達は、ガイアメモリで人間がどう反応するかの実験台にされてたんやて。

 阿久津を守るために冴子が派遣したのがミックちゃん。
 Wとアクセルがミックちゃんと戦って、アクセルの攻撃ミックちゃんを袈裟懸けに斬ってたから、かなりの衝撃受けてたんとちゃうやろか。

 そんな中、クルーザーで逃げようとする阿久津。しかしクルーザーがドーパントの持っていた杖で大爆発する。

 ドーパントの正体は綾。ありゃぁ、1週目でばらしちゃうんや。ジャスミンの顔で始まって、怨み屋の顔で終わったような気がする、あゆ美ちゃん。 
  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.04

相棒 「堕ちた偶像」

夜道を小走りに走ってる女の子が四つ角を飛び出して事故にあうところから始まった相棒。

 女の子は、知らない人に声を掛けられたら全速力で走って逃げるって教えられてたんよね。で、自転車にぶつかって骨折して入院。
その隣のベッドにいてたのがたまきさん。盲腸やそうで。2ヶ月ぐらいは着物着るのしんどいんちゃう?ちょうど盲腸の傷口あたりで腰紐しめることになるからねぇ。

 右京さんと神戸がたまたま同じ時にお見舞いに来て、お巡りさんと聞いた時、女の子が「逮捕する人?」って不安そうに言うたやんか。自分が拾ったものを警察に届けずに勝手に持ってきちゃったから、内心どうしようって不安になったんやろな。それが分かるくらいの演技をしちゃうこの子役ちゃん、めっちゃ上手いやんか。

 病室でかけていたテレビのニュースに映った若手議員を指差して、この人に追いかけられたという女の子。その言葉に母親が嘘つきは泥棒の始まりなんて言うたら、益々女の子は自分が悪いことしたこと隠してるって思い込んじゃうよね。

 議員が何故女の子を追いかけたのかと疑問を持った右京さん達が、女の子が事故に巻き込まれた現場に行くと警察車両が止まってて米沢さんが仕事してる。最近というか今シーズンに入って、第1発見者が特命係ってパターン続いたから、やっとその設定から逃れた気がしたんやけど。

 警察が来ていた理由は、政治家のスクープを専門にしていたフリージャーナリストの遺体が見つかったために証拠資料を集めに来ていたんやんか。

 ここからフリージャーナリストと若手議員が繋がってきてという展開。

 福祉衛生省出身の若手議員が、産廃による公害によって苦しむ人たちを救うために法案を成立させようとするんやけど、政権交代によって天下りできなくなった官僚の嫌がらせで、公害問題の資料を隠されてしまうんよね。

 それを表に出してくるためにはお金を使うしかないと思っていたところに、派遣法についてお目こぼしが欲しいと思っている業者につけこまれて、賄賂を受け取ってしまう。

 野党議員だった時代には、何度拒否されようとも不屈の精神で官僚の厚い壁にぶち当たっていってたのに、与党になって権力のある側になると大きな落とし穴があるという、政権交代を取り込んでなかなか骨太な出来栄えやったよね。

  神戸が警察庁のエリート官僚やった頃のコネを使ってみたり、クラブに話を聞きに行くのも開店直後に行ってみたり、小技の方も効いてたやん。
 入院してた女の子がシリーズ物のぬいぐるみのファンだったりとか、USBがサーフィンの形をしてたりとかも、考えてあったしね。

 同じ道を歩んでいたはずの盟友が権力を握ったがために道がそれてしまって、殺人まで犯してしまう。
でも右京さんに諭されて、本当の自分に戻っていくっていう、ヒューマンな太田先生の味わいもあり、面白かったんちゃうかな。

 さて来週は珍しくイタミンが主役です。スピンオフってことになるんかな。
 ゲストも加藤虎之助君にみつぅとは、私に食いつけと言わんばかりやんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.02

平成仮面ライダーフェア ツインフィギュア 仮面ライダー電王ライナーフォーム

Denoh10 お正月ごろコンビニで開催されていた、平成仮面ライダーフェアでペットボトル飲料のおまけについてたストラップ。

 実は、ミスドの福袋に入ってたポンデライオンのストラップと物々交換してもらったんよね。

 はっきり言って、彩色の手抜きが気になる電王ですなぁ。特に後ろ向きがね。こういうところに値段が出るちゅうもんや。

 とはいえ、デンカメンソードが可愛いのが、救いかな。

 一応限定商品になるのかな、ということで記念にUP。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.01

今週のシンケンジャー&W(1月4週目)

 「シンケンジャー 第四十八幕 最後大決戦」

 血祭りドウコクが地上に現れたところから。

 いやぁ、先週も書いたけど血祭りドウコク、カッコ良すぎやろ。
 その上、薄皮太夫を抱き寄せて「もう俺の欲しかったてめぇじゃないな」って、お子様向けの番組とは思えない熱いセリフ。朝から目が覚めるちゅうもんや。

 太夫の魂がドウコクに吸い取られたら、後に残ったのは一枚の着物。太夫らしい最期やねぇ。

 ドウコクの前に現れる薫姫のレッド。ドウコクを封印するための時間稼ぎでドウコクに立ち向かうシンケンジャーたち。薫姫、封印の文字を書き始めたけど、さすがドウコクを封印するための文字、難しすぎてなんて読む字か分からへんかったし。あれってほんまにある字?それとも封印の文字として作った字?

 力を込めて封印の文字を打ち込んだのに、炎の中から復活してきたドウコク。なんちゅうこっちゃ。
 太夫を取り込んだことで、半分人間の体が封印の文字から救ったって。ドウコクはそれが分かってたから、薄皮太夫をずっと側に置いておきたかったんや。

 薫レッドに向かって、熱風みたいなのを噴出したドウコクの顔、凄かったし。崖から落ちて満身創痍で倒れた薫姫たちやシンケンジャーを煙幕を張って助け出す丈瑠。
 太夫の着物を肩に掛けて、海に戻っていくドウコクの後姿のカッコ良いこと。

 志葉家に戻った薫姫は命に別状は無いけど、大怪我。丈瑠を呼び出す薫姫。丹波おもろいよな。襖が開いて転げ出てくるところとか。

 薫姫も、影武者の殿も自分と同じように孤独やと思ってたって。そして一人では駄目やってことが分かったって、賢い姫やんか。

 姫の考え、またまたそう来るかって、びっくりしたよね。封印の文字が効かないから自分は当主の座を降りて、丈瑠を養子にして19代目にしちゃうって。姫が「頭が高い、一同控えろ」って、いつかこのセリフ言うかもと思ってたら、ほんまに言うてまうし。皆も嬉しそうに頭下げてるし。

 丈瑠も薫姫のこと母上って呼んじゃうもんなぁ。篤姫かよっと突っ込んでもうたやん。

 さぁいよいよラストの大決戦ですよ。三途の川が溢れたって、六門船で地上に乗り込んでくるドウコクたち。
 ナナシの大群の前で、変身の名乗り。これももう見られなくなるんやと思うとなんか寂しいなと、しみじみ見てまうなぁ。

 「仮面ライダーW 第20話 Iが止まらない/仮面ライダーの流儀」

 先週の続き、花屋の店長がドーパントだとして倒そうとしているアクセルに割って入るW。Wのヒートとアクセルの赤って同じに見えるよね。
 かぶっちゃってて、ちょっともったいなかったりして。
 
 ダブリューのメモリとかって、思いっきりキーワード叫んでるやん。
 
 超常犯罪捜査課、だだっ広い部屋に照井と刃野と真倉の3人だけ、刃野と真倉の机が向かい合わせでぽつんと置かれてるところなんか、どう見てもやっかいもの扱いされてるように見えるんやけど、ドーパント対策課。

 ファング態のWとアクセルが戦う方が、色的にも違いが出て良いよね。

 照井の家族は氷のドーパントによって殺されていたことが、フィリップの検索によって分かる。
 竜の父親も警官やったんや。竜の前に現れたシュラウドから、アクセルのメモリをもらったんか。東映の公式に書いてあったけど、シュラウドの声やってた人、ゲキレンジャーでラゲクの声の人やったって。そうそうそれそれ。これですっきり。

 ドーパントは花屋の店長の息子の方。むかつく相手を氷漬けにして回ってたって。その息子をかばってたのが母親で、息子を逃すためにメモリを取り上げてたんやったら、息子のためにメモリ壊すとか警察へ持っていくとかするべきやったよな。

 ガイアメモリが抜けた息子に剣を振り下ろそうとして、思いとどまり手錠を掛ける照井。息子が持っていたのはアイスエイジのメモリでダブリューではなかった。息子がメモリを手にしたのは2週間前。

 冴子と若菜が一緒にいた男がダブリューのメモリを持ってるみたいやな。冴子、次の婿に狙ってるんかいな。
 でもこの男、いつ顔見せるんやろ。

 そしてイライラがすっかり無くなって、探偵事務所の皆と仲良くなっちゃった竜。手のひら返しすぎやんか。

 さて来週、予告見てすっかり本編がぶっとんでもうたやん。お帰りジャスミン。ガジャ様復活!!
 塚P様の人脈は素敵すぎる。

 話は変わるけど、龍馬伝見てたら、龍馬の親戚の女の子の役でコハナちゃんが出てた。佐藤健君も龍馬伝に出てるやんか。
 幕末頃、良太郎とコハナは土佐におったとしてもおかしくないと考えてまうんやけど。幕末に暴れ回るモモタロスたちを想像してまうって、どんだけ仮面ライダー思考に染まってるんや、私の脳みそは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »