« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010.08.31

今週のゴセイジャー&W(8月5週目)

 「ゴセイジャー epic28 おとうさんの宝物」

 筋グゴンに罠を仕掛けて、膜インと仲たがいさせたブレドラン。着々と悪巧みが進行していってるやんか。
 膜インのためならとかって取り入ろうとするけど、今のところはまだ信じてもらえてないみたいやけどね。
 そこへ現れる今週の幽魔獣は土偶そっくり、ネットでググって画像見たら上手いこと作ってあるなぁって感心するよ。

 土偶やからいうてドグちゃんって言う名前は付けられへんやんか、なのでピカリメちゃんって。膜インのお気に入りみたいやな。
 声が可愛いしね。

 ピカリメちゃんのピカリメ攻撃を浴びると感情が無くなって、ピカリメの言いなりになってしまう。

 ピカリメ攻撃にあってしまった望君は、天知博士の3番目の宝物ワイングラスを割ってしまう。
 でも天知博士は望君が幽魔獣によって感情が無くなってしまったのではなく、悪い子になってしまったと嘆く。

 データスが幽魔獣出現を知らせたくても、天知博士がいると声出せないからねぇ。アラタが天知博士のお守に残って、あとの4人が出動するんやけど、天知博士をアラタに押し付けた4人のジェスチャーが可愛かったやん。

 ピカリメって、ゴセイジャーにはピカリメ攻撃せぇへんかったよね。体型の割りにすばっしっこいやん。
 ゴセイナイトが参戦した時に、ピカリメが「ここで油売ってる暇ねぇんだよ」って声がごろっと変わったのが面白かったし。

 望君のアルバムを見てたやんか。望君、まだ若いから赤ちゃんの頃の写真でも全然古い感じがせぇへんなぁと、そしてまっすぐ前向いてるよりもお父さんかお母さんが持ってるカメラの方を見上げてる写真多かったよね。
 私が子供のころは、母親が中腰でまっすぐ前を向いて撮ってる写真が多いんやんか。それが普通と思ってたから、見上げてる写真が多いのにちょっとびっくり。

 天知博士を慰めるには、やっぱり不思議な魅力のアラタでないとあかんよね。癒されるやん。

 望君はひかりめに崖に向かって歩くように命令され、ひかりめ攻撃を浴びた人間は望君のあとを付いていくように命令される。
 人々を止めないと崖から落ちてしまうと焦ってるゴセイジャーたち、そこに幽魔獣の出現の連絡が入り、望君を止めるのは天知博士に任せる。

 アラタが皆を説得するところ、アグリに「言い切れんのか」とかって言われたところ、なんかアラタの演技説得力が弱い。可愛いけど。ゴセイジャーから卒業したら、舞台やるとかして一からしっかりやらんと困るんちゃうやろかと今から心配になるぞよ。

 望君を追いかける天知博士。普段の運動不足が出てるやん。足引きずってるし。

 天知博士の体格があったら、望君を抱えて崖から離すこともできそうやんと思ったんやけどね。

 天知博士が望君を1番の宝物と言うのを聞いて、洗脳が解けた望君。

 ミラクルゴセイジャーに変身して、ミラクルゴセイダイナマイトでピカリメと共に粉砕されそうになる膜イン。
 膜インを助けるブレドラン。肩を痛めた芝居が、わざとらしかったと思ったんやけど。

 ブレドランに助けられて、ブレドランを信じ始める膜イン。ブレドランの陰謀が徐々に進行していきそうなところで、来週へ。

  「仮面ライダーW 最終回 Eにさよなら/この街に正義の花束を」

 フィリップが消えてから1年後の風都。

 今回の依頼は、高校生の姉さんがいなくなったので探して欲しいとやってきたアキラ君、小学校6年生。
 生意気な口を利く子供なので、調査に連れて行くことにする翔太郎。

 ガイアメモリを売買してるEXEという若者グループがいるということで、その溜まり場の廃工場にやってくる翔太郎とアキラ。

 EXEの一人がアノモロカリスドーパントに変身してたけど、メモリコネクタを開ける機械も探せばあったんやろか?それともメモリコネクタを開けずに直挿ししてたんやろか?

 まぁ、どっちにしてもチンピラやから、ネバーやミュージアムと戦ってきた翔太郎にとっては、それほど大変な相手でもなかったよね。

 仮面ライダージョーカー、動きがすっきりしてたやんか。今までは左が翔太郎で右がフィリップやったから、右と左で違うように意識してアクションしてはったんやなと感じたんやけど。

 若菜が変身せずにドーパントの力を発動させてしまう。それをきっかけに若菜はフィリップが消えたことを知る。ありゃ、若菜も消えちゃたやん。

 シュラウドの元にやってくる若菜。若菜が知りたかったのは、再起動と若菜なりのガイアインパクト。それは星の本棚にあると教えて、息絶えるシュラウド。

 EXEに呼び出されたアキラに発信機を付けておいて、電車の操車場にいたアキラとお姉ちゃんを助ける仮面ライダージョーカー。そこにアクセルも駆けつけて二人でEXEのメンバーを取り締まってたけど、仮面ライダージョーカーのデコピン、めっちゃ痛いんやろな。気絶してたし。

 だいたいミュージアムが崩壊した時に、徹底的にガイアメモリを捜索してなかった風都署の照井たちが、職務怠慢やよね。風都署はいつもええ加減な仕事しかしてなかったけど。

 無事一件落着したかと思ったところに、ペットショップの店員がやってくる。こいつがエナジードーパントで、翔太郎の背中を打ち抜く。
 先週も倒れるシーン予告で流してたから、ちょっと心配してたんやんか。ひょっとして最終回は見るの辛くなるような展開なんやろかってね。

 翔太郎を助けたのはエクストリームメモリで、そこからフィリップが再登場する。若菜がフィリップに肉体をくれたんや。
そして、園咲家がフィリップに別れを告げる。1年間、ずっと仕事してはったから、ほんとに仲良さそうやったよね、琉兵衛、冴子、若菜。

 1回目見たとき、このシーンでちょっともらい泣きしちゃったもんな。

 久しぶりの再会で、すっかり無視されて怒ってるエナジードーパントが可愛かったやん。

 そして最後の仮面ライダーWの戦いでも、泣けてしまったんですけど。

 すっきりした最終回で、良かった良かった。終わりよければ全て良しやからね。

 思い起こせば1年前、映画の宣伝みたいな終わり方して、大騒ぎになってたやんか、仮面ライダーディケイド。
 そしてシンケンジャーのメンバーは映画の舞台挨拶で全国を回ってたら新型インフルエンザに罹って自宅静養になってたし。
 去年のことを思うと、今年はほんま粛々と進んでます。
 

 
 

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.26

今週のW(8月4週目 その2)

 「仮面ライダーW 第48話 残されたU/永遠の相棒」

 翔太郎がユートピア・ドーパントに痛めつけられても仮面ライダーに変身できないところから。

 そこに現れるタブー。タブーは加頭に攻撃を加えて、フィリップたちを救おうとする。
 加頭ってネバーやったんや。

 若菜を連れて逃げようとするんやけど、加頭に冴子・若菜の二人とも奪われてしまう。今まで色んな「両手に花」を見てきたけど、気絶してる女性二人を小脇に抱えてるのなんて、初めてや。

 照井は全身大やけどで病院に搬送されてくるんやけど、ここ最近2週に1回大怪我してたやんか。そのたびに何も無かったように復活してきてて、照井ってめっちゃ不死身やし。というかメインキャストの数が少ないから、必然的にこういう大怪我する役回りになってしもうたんかもしれへんけど。

 砂浜でキャッチボールしながら離すフィリップ。海風のせいでフィリップの顔がこんなに露出するの珍しいよね。
 フィリップに「たとえ一人になっても君自身の手で風都を守り抜くと」約束してくれといわれて、翔太郎が「約束なんて、できねぇ。俺は自分に自身が持てねぇんだ」って言うやんか。今更ながら、そうやったんやと思ったがな。

 加頭から電話が入る。加頭は若菜の係数を上げるためにフィリップを怒らせるように仕向けるんやけど、それはフィリップの仲間たちをのっぺらぼうにすること。
 亜樹子までのっぺらぼうにされた姿を見て、フィリップは消えそうになる。それもこれも自分が変身する勇気が無かったことが原因と翔太郎は覚悟を決め、おやっさんの帽子をかぶる。今までほぼ1年間翔太郎って、なんか"かっこつけた"しゃべり方が多くて、どうも感情移入しにくいよなぁって思ってたんやけど、最終章に来て、やっと心に響くセリフ聞かせてもらってるような気がする。

 加頭を拒絶する冴子、めっちゃ男前やん。「あなたが園咲をなめてるからよ」って。ユートピアには勝てないこと分かってるのに、若菜を逃がすために戦いを挑む冴子。結局、冴子って女の皮を被った男やったような気がする。そうで無かったら、絶対権力者の琉兵衛の下で働くことなんかでけへんかったしね。

 若菜を助けるために、一人でユートピアの元に向かう翔太郎。その気配を感じて、エクストリームに乗って現れるフィリップ。
 
 ユートピアと決着つけるために、二人で最後の変身をするシーン。気合の入り方が素晴らしかったやんか。
 なんかその気合の入り方が凄かった分、ユートピアを圧倒してたんちゃうん。

 加頭の最後のセリフがおしゃれ、「お前の罪を数えろだと。人を愛することが罪だとでも。」やて。

 そして翔太郎とフィリップの最後のシーン。翔太郎が全然フィリップの顔を見れなくて泣いているの見ながら、私ももらい無きしちゃったよ。
 
 フィリップが残した本に落ちた翔太郎の涙。というところで最終回へ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.08.24

今週のゴセイジャー&W(8月4週目)

 「ゴセイジャー epic27 目覚めろ、アグリ!」

 ブレドラン、牢獄から出してもらえたやん。イービの在庫が減ってきたからっていう理由みたいやけど。謹慎ってことやったんやろうな。

 そして今週の幽魔獣は、人間に鱗を貼り付けるとその鱗が自分の心の中の劣等感が友達の声になって聞こえる作用を起こし、人間不信にさせるもの。

 その標的にされたのがアグリ。シャワーを浴びて、リビングに戻ってきたアグリは、皆が自分を必要としてない会話を立ち聞きしてショックを受ける。

 アグリが、ハイドやエリのところに行って、相手の良いところを誉めようとしてる姿、いじらしいよなぁ。だのにジョゴンの鱗のせいで、どんどん疑心暗鬼にさせられてるし。

 女の子が前髪を切りすぎたかどうか気にしてて、男の方は「可愛いよ」って言うてるのに、女の子にはジョゴンの鱗がついてるから「長くても短くても変わらない」って声が聞こえたから怒りだすんやけど、「変わらない」んやったらええやんか。それ怒る方がおかしいと思うんやけど。例えば「前髪切り過ぎて、デコッパチが目立つ」とかって言われたら怒らなあかんやろうけど。

 ジョゴンの鱗のせいで街中の人たちが喧嘩を始める。

 ジョゴンの気配を感じてやってくるゴセイナイト。落ち込んでいるアグリが「ハイドには冷静さが、エリには明るさが、モネには集中力・・・」って言うたやんか。それで「アラタには不思議な魅力がある」って言うたの聞いて、笑ってもうたがな。レッドやのに不思議な魅力かよっ、地球を護るために不思議な魅力って役に立つのか??

 ゴセイナイトに「下らんことで悩んでるお前は、護星天使として失格だ」といわれて怒り、ゴセイナイトに殴りかかるアグリ。

 今週の悩むアグリ見てて、なかなかいい芝居するやんと思って、じっくり見てしもうたもんね。

 いつの間にかブレドランに、ジョゴンの鱗を張られてた筋グゴン。筋グゴンも劣等感があったんや。劣等感がないとこの鱗の効き目無いやんか、そんな高等生物には今まで見えへんかったから、ちょっと驚いたし。

 「護星天使にすぐに追い抜かれる」と陰口を叩かれてると思って、ゴセイジャーたちをやっつけようとゴセイナイトたちのところにやってくる筋グゴン。
 アグリ、筋グゴンにぶっとばされるけど、岩壁にぶつかって、口から血みたいなのを吐き出すCG入れてたの、なんかアニメっぽかったよね。テレビ用の実写でそこまでせんでもええんちゃうんとは思ったんやけど。

 アグリの危機に駆けつけるゴセイジャーたち。アグリの耳に「足手まとい」とかって聞こえて、また悩み出すけど、ゴセイジャーたちが苦しんでる姿や、ゴセイナイトに「今すべき事は戦うことだ」と喝を入れられて、ジョゴンの鱗が割れる。

 そして変身して筋グゴンと戦いはじめて、筋グゴン、ゴセイブラックにかなりぼこぼこにされてたから、あれっ筋グゴン今日で終わりなん?って思っちゃったし。

 巨大化したのはジョゴンだけか。ということはまだまだ筋グゴンはゴセイジャーに残るんやね。

 戦いが終わって、500キロマラソンで鍛えようというアグリ。首にタオル巻いた姿が可愛い、不思議な魅力のアラタ。

 話は本編から外れるけど、テレビマガジンのCMみてたら、なりきりお面にゴセイブルーがあったのにびっくり。やっぱりゴセイブルーは小さな男の子に人気があるんやね。今までブルーがなりきりお面になるなんて、そうそうなかったんちゃうん。

「仮面ライダーW 第47話 残されたU/フィリップからの依頼」

今回も1週遅れとなっております。ご了承ください。

 なんか仮面ライダーといえば、龍騎からこっちライダーが粒子化して消えて行くってのが、定番になってもうてるよねぇ。
 フィリップは若菜の捜索を翔太郎に依頼する。

 アバンタイトルの翔太郎のナレーション、寂しすぎるちゅうねん。

 加頭の上司って、ストップウォッチを片手にあちこちの施設を回ってるんや。まさしく時は金なりやな。
 ミュージアムへの投資打ち切りに対して抵抗する加頭。若菜がいる地下室に上司を案内する。

 冴子がいるサーキットにやってくる翔太郎たち。そして加頭も。
 加頭、ユートピアのゴールドメモリで変身。ドーパントに変身して力を揮うことが出来るから、ミュージアムに固執してるのかもしれへんな。
 加頭の上司は、ドーパントに変身することに興味がなさそうやから、加頭はそのうち財団Xだけでなく地球までも支配してしまおうなんて、企んでたかもしれへんやん。

 照井はすぐにアクセルに変身して立ち向かっていったけど、変身しようとする翔太郎に、まだ変身できないと言うフィリップ。
 「今度変身したら、消滅してしまうこの地上から」、そんなこと聞いたら浪花節な翔太郎としては、変身できなくなるわな。

 ガイアインパクトって、メモリ適性の無い市民を瞬時に消滅させる人類殲滅の儀式を地球全域で行うことやったんや。

 フィリップが今度変身したら消滅してしまうが決まっていることを聞いて、シュラウドに会いに行く翔太郎。
 翔太郎にとってフィリップを救うことがおやっさんから託された一番でっかい依頼、そうやったなぁ。そして鳴海にフィリップを救うことを依頼したのがシュラウドやったんか。それでミュージアムに乗り込むために鳴海にスカルのガイアメモリを渡したりしたんやろか、シュラウドは。

 次はフィリップを安心して笑顔で消えられるようにして欲しいと、翔太郎に頼むシュラウド。シュラウドも消えてしもうたってことは、ひょっとしてデータの塊やったんかな?

 フィリップがいなくなることが不自然でないように、海外留学ということにする亜樹子。初めの頃フィリップは、人目に付かないように誰かが来たら、地下に隠れてたよな。そのことを思うとみんなの前で挨拶できるようになったんが大進歩ってことやんか。

 パーティーでくたびれ果てて眠ってる人たちを残して、若菜を助けに向かう祥太郎たち。

 ミュージアムの秘密工場の地下に若菜を見つけた祥太郎たちの前に加頭が現れる。
 フィリップのことを考えて、変身できない翔太郎。仮面ライダーWになれなかったことで、若菜がユートピアドーパントに連れ去られてしまう。

 ユートピア・ドーパントを止めようとして、アクセルが剣で打ち掛かっても、ユートピアの持ってる棒とか身体に当てることができへんかったやんか。ああいうバトルアクションの方が、途中で止めなあかんから、力の入れ具合とかポーズとか難しいんとちゃうやろか。かっこいいのと悪いのと紙一重になっちゃうでしょ。

 ユートピアに蹴られて火達磨になってしまうアクセル、そして変身せずにユートピアに殴りかかって行く翔太郎。
 フィリップに精神的苦痛を与えると、フィリップにシンクロしている若菜を呼び覚ますって。

 大やけどを負った照井、ユートピアに首を締め上げられている翔太郎。仮面ライダーW、最大のピンチというところで、第48話へ。

 前回、ラスボスかと思われていたテラーがあっさりといなくなってしまって、どう締めるんやろと思ってたけど、悪くない展開やんか。
 

 

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.08.22

劇場版仮面ライダーWの感想というよりも、小さいお友達へのお願いというべきかな。

Sbca0113

監督さんが東映専属でテレビ本編を撮ってる人では無いというのが新鮮でしたねぇ。
 視線が違う。

 仮面ライダーWのオープニングテーマソングの頭が流れた時に、エターナルの後姿でマントが翻ってるのを見て、「おぉー」とうなってしまいました。
 パロディーやん、そうくるかって思ったもんね。

 バイクアクションも凄かったやん。そこまでやるのかって感じ。一気に劇場版のハードル上がったやん。来年から劇場版の監督さんどうするよ、今年こんな凄いのやられちゃったら、ねぇ、困るよね(笑)。

 ナスカとウェザーが出てきて一緒に戦ってたけど、霧彦と井坂先生関係なかったよね。テレビCMで見たとき、あれっと思ったけど、Wファンを釣る餌やったんや。

 前回のW映画は、おやっさんが全部持っていっちゃったけど、今回は杉本彩の存在がでかすぎて、またまた翔太郎の存在感が薄かったような・・・。

 そして今までテレビ本編で出てきた風都の住人達が「がんばれ、仮面ライダー」ってエールを送ってるのを見てて、この辺は光の国っぽいし。

 エターナルにAからZまでのメモリが装着していくのって、めっちゃうるさいよね。そこのところはちょっと笑えたけど。

 実は映画を見てる最中騒動に巻き込まれてしまって、集中できなかったんよね。一番、肝心なところが見れなかったという。

 どんな騒動かというと、私の右隣に4~5歳位と2~3歳位の男の子2人を連れたおじいちゃんが来たんやんか、もちろんはんで押したようにポップコーンとジュースを持って入って来ましたよ。で、私の隣から2~3歳の男の子・じいちゃん・4~5歳の男の子っていう順番で座ったんよね。

 で、映画が始まって・・・。仮面ライダーWの一番肝心なところ、杉本彩が誰の母親かってところ辺りで、ということは小さいお友達には少々退屈なところですな、お兄ちゃん連れてトイレに行っちゃったんよ、じいちゃんは弟君に「座って待っててや」と言い残して。

 で、しばらくしたら弟君、席を離れて出て行こうとしたんやんか。まさか2~3歳の男の子をそのまま一人で行かしてはあかんでしょ、と思ったもんやから、「座っておじいちゃん待ってようね」って座らせたんやんか。なのにじいちゃんはトイレの場所が分からないのか全然帰ってきません。

 その間、「大丈夫、大丈夫」とか「もうすぐおじいちゃん帰ってくるからね」とか「翔太郎もフィリップもがんばってるから、僕もがんばろうね」とか声を掛け続けたけど、知らんおばちゃん(私のこと)が何を言うても、全然駄目。とうとうじいちゃんとお兄ちゃんの二人が自分を置いて帰ってしもうたと思い込んだ弟君は大声で「帰りたい」と泣き出して、めっちゃ困りましたよ。

 で、「トイレに行く」と席を離れそうになったので、しゃーないなぁと私が手を引いて出ることにしたんよね。で、階段降りて出口の近くまで来たら、じいちゃんがお兄ちゃんと二人で帰ってきてたから、じいちゃんに「トイレや言うてます」と弟君を渡したという。

 じいちゃん、「すいませんなぁ」って言うてたけど・・・。私はすっかり映画が何がなんだかになっちゃったという。

 今回、コナンとNARUTOでたまったポイントで”ただ”で見てたから良かったようなものの、ひょっとしてお金払ってもう一回見よという東映さんの陰謀かと思っちゃったという。

 もう声を大きくして言いたいのは、小学生以下の小さいお友達は冷房がガンガンに効いた映画館では、映画が始まる前にトイレに行くことと、ジュースは映画が終わったあとに飲ませてくれということ。絶対、最後までトイレ我慢でけへんから。

 映画館側から言うたら、お客さんにお金落としてもらわなあかんから、ポップコーンとジュース買ってもらわな困るやろうけど、やっぱり物食べながら映画見るって、作った人たちに対して失礼やろと思うんよね。演劇見に行ったら、3時間ぐらい飲まず食わずでみんな集中して芝居見てるやん。おもろい映画やったら1時間半や2時間くらい、あっと言う間やん。

 

 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.17

今週のゴセイジャー&W(8月3週目)

 「ゴセイジャー epic26 護星天使、爆笑!」

 商店街のイベントでお笑いのステージを見に行ったゴセイジャーたち。

 なんか見たこと無い漫才師が出てたけど、髭男爵のバーターなんやろうけど、でも一応ほんまもんの漫才師が出てくるって、スーパー戦隊としてはめっちゃ珍しいことちゃうん。

 みんな笑ってるのに一人意味が判らんと???顔のハイド。そして大爆笑していたモネや他の観客達が突然消えてしまう。天狗のヒットが持っている瓢箪に吸い込まれてしまったのだ。

 瓢箪に吸い込まれたらすぐに天狗のヒットの養分になるとかって言うてたけど、今回のストーリーの弱かったところは、瓢箪に吸い込まれたゴセイジャーたちや人間達が瓢箪の中でどうしたかっていう描写がなかったことちゃうやろか。

 この間、ビデオに録画してあったデカレンジャーをDVDにしようと思って見てたら、デカレンジャーって2話で1つのエピソードやったんやんか。スーパー戦隊っていつから1話完結になっちゃったんやろね。1話完結やと、ストーリーをじっくり掘り下げる前に終わっちゃうからなぁ。
 
 話を本編に戻して、天狗のヒットの持ってる瓢箪とか、肩についてるのって、蟹爪のフライみたいやよね。烏天狗をモチーフにしてて顔だけ見てたら、怖いけど、声が軽いから、なかなか幽魔獣としては、良いキャラクターやったと思うんやけど。

 瓢箪は笑ったものなら誰でも彼でも無差別に吸い込むってことになってたのが、今回のミソやったという。

 天狗のヒットを倒そうとしたゴセイジャーたちも、笑わないハイドとゴセイナイトの連携が上手く行かずに失敗し、エリとアグリも瓢箪の中に引っ張り込まれてしまう。

 残ったハイドとアラタは、天狗のヒットを誘い出すために、アラタを笑かそうとするけど、全く笑いのツボが分からないハイド。
 アラタが「そんなの関係ねー」とか「ゲッツ」とか「ルネサーンス」とかコスプレするの可愛かったよね。ちょっとクスッと笑えたし。

 親父ギャグにめっちゃ反応しちゃうハイド。最初にモネが「人それぞれ笑いのツボが違う」っていうてたのがこんなところに生きてるやん。

 爆笑してるハイドの声で現れた天狗のヒット。アラタ・ハイド・ゴセイナイトに囲まれて、ヒットの究極の技・おならでアラタを笑わせて瓢箪に引き込んでしまう。やっぱりアラタはお子ちゃまキャラやから、おならで笑っちゃうんやねぇ。

 おならで笑わなかったハイドとゴセイナイトが深刻そうに相談したのが、さむーーーい漫才をすること。ほんま寒かったよね。
 それに吊られて笑ってしまった天狗のヒット。天狗のヒットの笑いのツボが寒いギャグやったやなんて、笑ったから良かったようなもんの、めっちゃ一か八かやし。
 
 吸い込まれそうになった天狗のヒットは瓢箪を壊したため、吸い込まれた人々やゴセイジャーが地上に戻ることが出来る。

 で、人間サイズ天狗のヒットを倒し、巨大化したところで、巨大ロボ対決に。今日はハイドがメインの話なので、久々に海賊顔のゴセイグレート。
 それにゴセイグレートとゴセイグランドの合体無かったやん。

 ハイドの爆笑声って、高音でキザな王子様みたいな笑い声やよね。

「仮面ライダーW 第46話 Kがもとめたもの/最後の晩餐」

 高校野球のため、1週遅れです。ご了承ください。

 1年間隠されてきた秘密が明らかになった回。
 フィリップは1度死んで、今いるのはデータの塊やて。ということはもうこのままの姿で100年も200年も生き続けるんかいな。

 テラーによって、真の恐怖の中に生き続けると洗脳されちゃった翔太郎。カップを置いた音までもがテラーに結びついちゃうんやろか。

 花火帰りの刃野と真倉。ちょっと映画がかすってるかな。それにしても上司の照井が大変な大怪我やっちゅうのに、めっちゃのんきやんか。
 最近照井も鳴海探偵事務所に入りびたりで、あんまり風都署に寄り付いてなかったからな。

 園咲家では家族全員が集まって晩餐会の真っ最中。とうとう冴子と若菜は1年間、仲が悪いままやったし。晩餐会の席でもナスカとクレイドールに変身して喧嘩始めるしね。エクストリームなクレイドールに踏みつけられて、ナスカのメモリブレイクしちゃったから、これでもう冴子は変身でけへんのかな?
 ちょっとナスカのメモリが割れるのが目立たなかった気もしたんやけど。
 うっかり見てると、メモリが割れたの気付いてない人もいたりしてね。

 フィリップからの電話、「悪魔と相乗りする勇気」って言葉、これで最初と最後が繋がったやん。

 風都の人間から集めたドーパントのデータが制御装置の中にあって、地球の記憶の全てを若菜に流し込むための制御装置になれとフィリップにいう琉兵衛。東映公式にも書いてあったけど、琉兵衛の口から説明されると、辻褄が合ってるのか合ってないのか分からないような説明も納得させられちゃうやん。

 イービルテイルは昔園咲家が幸せだった頃の思い出の刷毛。刷毛のお陰で洗脳が解ける翔太郎。

 フィリップの電話の言葉を思い出し、変身する翔太郎。そのときデータになったはずのフィリップが自分の意識を翔太郎に飛ばして、変身を可能にさせてしまう。フィリップが抜けてしまったクレイドールはバグってもうたって。

 テラーとの最終決戦に、駆けつけるアクセル。完全にバイクモードやし。バイクモードのアクセルって、これが見納めかな。

 エクストリームになったWがテラーと戦いはじめるけど、肉弾戦になるとテラーめっちゃ弱い。それに頭に付いてるカーテンとかスカートとか邪魔そうやしね。
 テラーのメモリ、ブレイクしちゃったやん。

 そして琉兵衛は燃えている屋敷の中で、昔を思い出し踊りながら亡くなっていく。ありゃぁ、あっさり終わっちゃったよ。ラスボスやなかったなんて。

 ミュージアムの後ろにいたX財団がラスボスになるんや。なんだか最後が駆け足のような。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.11

ウインドーズ オン ザ ワールド

 今年はヒルトン大阪35階の「ウインドーズ オン ザ ワールド」でランチブッフェに行きました。

35階からの展望、めっちゃ見ごたえあり。梅田に林立するビルを上から眺めるって、なかなか優越感あるしね。

Sbca0112

お料理の写真ですが、なんせこういう盛り付け下手やから、その点お許しくださいまし。

Sbca0109 Sbca0110 Sbca0111

 うっかりデザートの写真撮るの忘れてました(汗)。

 とにかく、和洋中種類が多いので、目移りして困りました。こういう時って自分のお腹を過信して、多めに取ってまうやんか。その欲望と戦わなあかんのが、大変やという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.10

今週のゴセイジャー(8月2週目)

「ゴセイジャー epic25 ノスタルジック・モネ」

 アバンタイトルで、モネの夢の中にお母さんがたびたび出てくるっていうのは、もう既に膜インに狙われてたってことなんかな。

 モネのお母さん役、いとうまい子さんやったんやけど、モネのお母さんって、名前無いんかいっ!!

 アラタがブレドランはミラクルゴセイヘッダーでパワーアップしようとしていたから、他の幽魔獣と違うと思うんだって言うてたけど、結局ブレドランって何者なん???引っ張れるだけ引っ張っておいて、しょーもなかったら怒るでぇ。

 モネに会いに来たというお母さん。そのために膜インとの戦いに遅れるモネ。

 再びお母さん似合いに来たモネは、お母さんに護星界に一緒に帰ろうと誘われる。

 エリに護星界に帰りたいかどうか聞くモネ。エリの答えは「私達には今大事な使命があるでしょ。だからそれを果たすまでは帰れないかな」って、わがまま放題で、思いつきで行動してるようにしか見えへんねんけど、エリって。

 アグリには「一人前にならない前に戻ったとしても、けして母さんは喜びはしないだろう」って。護星界の母ってどれだけ強いんやろ。
 
 ゴセイジャーたちの部屋に置かれてる植木鉢。今日はイエローの話やからか、黄色っぽい花が多いよね。

 お兄ちゃんに中途半端のままだったら迷惑になるとか言われて、お母さんと一緒に護星界に帰ろうと思うモネ。
 お母さんの顔、ネガになっちゃうけど、それくらいしないといとうまい子さんの顔怖くならへんねやろな。

 モネに不可解な反応を感じて調査していたゴセイナイト。女の子の危機に助けに来るって、ナイトの名前どおりやん。

 サラワレテイルの作戦が失敗したことを聞いて、とっとと消えちゃう膜イン。スーパー戦隊の敵幹部って、途中でいなくなるの多いよねぇ。
 
 モネのピンチに駆けつけるゴセイジャーたち。さすがミラクルゴセイジャー強化月間やから、今日は2回目の登場。
 きめポーズやけど、胸についてるミラクルゴセイヘッダーが邪魔になるから、動きが単純なんやろか?

 ブレドラン、牢屋に閉じ込められてるのに、筋グゴンに言われてイービ虫を飛び立たせてたけど、そんなに都合よく使われててええんかいな。
 
 巨大ロボ戦になってからでも変身しちゃうサラワレテイル。これって珍しいよね。でっかくなったら単純に戦うだけっての多いやんか。
 データスに変身されて戦いにくいからって、天装術で幽魔獣の手下の姿に変えてぶっ飛ばした後、サラワレテイルの姿になったときに粉砕。

 惑わすことが得意な幽魔獣やったんで、あんまり戦わずに終わっちゃったのは、少々食い足りない気がしたけどね。

 モネも元気だけじゃない女の子らしい一面が見れた話で、面白かったかな。

 さて仮面ライダーWですが、ご存知の通り朝日放送館内は高校野球の関連番組でお休みです。悪しからずご了承くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.08.02

今週のゴセイジャー&W(8月1週目)

 「ゴセイジャー epic24 ミラクルアタック・ゴセイジャー」

 ゴセイジャーとしては珍しく初っ端から巨大ロボ戦やんか。ゴセイグレートで攻撃しても当たってないはずやのに、当たっていうセマッタレイ。
 そしてゴセイジャーがやっつけた幽魔獣達が復活してくる。お盆な時期にはぴったりやな。

 実は巨大ロボ戦と思ってたのは、セマッタレイの蜃気楼。セマッタレイは足を引き止めるための囮で、本当の目的はアバレヘッダーだというゴセイナイト。
 セマッタレイと戦いながら、この先にあるアバレヘッダーを幽魔獣に奪われる前に確保せよというゴセイナイト。ゴセイナイトは1万年前に先代のゴセイジャーたちが、アバレヘッダーを封印したの知ってたやんか。セマッタレイと戦いながらやったかもしれへんけど、ちょっと説明不足やねぇ。

 アバレヘッダーの前にはブレドランが立ってて、なんかあっさり消えたのうそ臭かったよね。
 アバレヘッダーが置いてあった場所って、撮影のためにパワーショベルで急遽穴掘ったみたいやんか。アバレヘッダーは竜の頭を持った杖みたいなの。
それをゴセイレッドが台座から引き抜くんやけど、それまで大人しかったのが引き抜いた途端暴れ出す。

 そこに再び姿を現すブレドラン。ゴセイジャーでないと先代ゴセイジャーが施した封印が解けないって。そのことゴセイナイト知らんかったんかいな。封印が解けへんねやったら、ほっといたって幽魔獣たちにアバレヘッダー奪われることなかったのにね。

 その辺のゴセイナイトの言動が行き当たりばったりみたいなのは、良くないよね。
 セマッタレイにゴセイジャーを誘導してくれて感謝されてるやん、ゴセイナイト。

 手に入れたアバレヘッダーに電気ショックを与えて、自分の武器にしちゃうブレドラン。
 それにしてもアバレヘッダーって聞くと、頭の中で「アバアバアバアバアバレンジャー」っていう歌が流れ出してまうんやけど。

 望君が「アバレヘッダーって何考えてるんだ?」という質問、深すぎるよね。その答え、なんかうやむやになってもうたんちゃうん。

 アバレヘッダーの力をもらって、パワーアップしたセマッタレイに呼び出された幽魔獣。今度は幻やなくて、実体化してしまう。
 懐かしの怪人が復活するってのは、よくあるパターンやけど、先週倒した怪人が今週すぐに現れるってのは、ちょっと珍しいやろ。
 幽魔獣出てきたのが、途中やからしゃーないといえば、しゃーないんやろうけど。

 アバレヘッダーがどうしたいのか、直接聞こうとするゴセイレッド。どんなにアバレヘッダーの攻撃を受けようともアバレヘッダーを離さず、辛抱したお陰で、直接話し聞いちゃうし。アラタ優しいからなぁ。

 その優しさにミラクルドラゴンヘッダーたちやゴセイテンソードが現れる。ゴセイジャーたちの胸にヘッダーが付いちゃうって、今までスーパー戦隊色々見てきたけど、あんなに前に出っ張ったの、今まで無かったよねぇ。ゴセイテンソード振り回す時、邪魔というか扱い難いやろ。

 ということでアバレヘッダーをあっという間に飼い慣らしちゃったゴセイジャーたち。マスターヘッドの声も雑音交じりじゃなく入ってるやんか。

 アバレヘッダーで地球をぶっ壊す作戦に失敗したブレドラン。筋グドンと膜インに怒られて責任取らされそうになってるのが今週一番意外やったことかな。ウォースターでヘタレやったから、幽魔獣になってからでっかい口たたいてたんで、ちっとは有能なのかと思ってたら、どうもヘタレの役回りになりそうやん。そんなこと思ってたらラスボスになったりしてね。

 この後のCMでゴセイテンソードの玩具が早速紹介されてたけど、ついでにミラクルドラゴンヘッダーの胸当てみたいなんも作ったら、よく売れたりして。固いので作ると危ないから、ゴムみたいな柔らかい素材のとかね。
 

「仮面ライダーW 第45話 Kが求めたもの/悪魔のしっぽ」

  風都タワーが再建中ってことは、今回のエピソードは劇場版にちょっとでもリンクしてるのかねぇ?
 そこに現れた勘違いインディー・ジョーンズの轟響子。久々のメレ様。「見ての通り博物館の学芸員よ」ってこんな学芸員めったとおれへんやん。

 響子が琉兵衛の話を立ち聞きし、イービル・テイルを探すように鳴滝事務所に依頼に現れたという。

 遺跡の発掘現場にやってくる翔太郎たち。亜樹子は上から落ちるように降りてきたけど、あんなんじゃ登れないやろと思ったんやけど。
 イービル・テイルを探すために亜樹子が取り出してきたのが、ダウジングスリッパ。亜樹子のスリッパってなんでもありなんやな。

 亜樹子が見つけた発掘現場。いくらなんでもトタンの壊れたのとか粗大ゴミ置き場みたいになってるのは、ちょっと違うんちゃう。
 地盤が崩れて、どこに行ったか分からなくなったという割には、翔太郎がちょちょいと物をのけたら出てくるし。

 翔太郎たちがイービル・テイルを見つけたことをかぎつけてミックがイービル・テイルを取り戻しにやってくる。
 イービル・テイルはガイアインパクトのために必要らしいよ。冴子はガイアインパクトを知らないみたいやん。

 風都博物館に照井と翔太郎がやってきて、琉兵衛としゃべってる時に琉兵衛の目が青く光るやんか。それを見てしまった翔太郎が琉兵衛を怖がるようにな

ってまうのは催眠術なんやろか?琉兵衛が翔太郎に言うたセリフは翔太郎がそう思い込むように誘導してるんやったりして。

 フィリップは自分の本を読んでしまう。ライトが井戸の中に落ちちゃうって。それって親の責任やんか。

 照井がミックと戦ってるのに、すっかり戦意喪失している翔太郎。フィリップが「何をしてるんだ」って揺さぶったから正気に戻ったけど。

 ミックが特別なご馳走をもらう時のサインをすることで、大人しくなったミックからベルトを壊し、ガイアメモリをブレイクアウトするW。
 これでミックもWから退場か。いよいよ本丸に近づいてきた感じやね。

 猫がミュージアムの幹部やったことで、照井はがっくりきてたけど。猫相手に全然太刀打ちできてなかったんやからねぇ。

 テラー登場。テラーの頭の青い飾りが空飛ぶ怪物に変化して、アクセル噛み砕かれそうになるし、翔太郎はテラーの呪縛で動けないし。

 ライトが井戸に落ちたときに緑の光が立ち上ったのを見て、嬉しそうな顔してたやんか、琉兵衛。ひょっとしたらライトをそそのかして、中を覗き込むようにさせたんかもしれへんな。琉兵衛やったら、自分の目的のためにそれくらいしそうやん。

 フィリップはもう死んでいるってところで来週へ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »