« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011.02.28

今週のゴーカイジャー&オーズ(2月4週目)

 「ゴーカイジャー 第3話 勇気を魔法に変えて~マージ・マジ・ゴー・ゴーカイ~」

 ゴーカイジャーたち、船で大空を航海中、ザンギャックの飛行機に襲われて、不時着したところから。

 不時着した途端、現れたザンギャックの行動隊長たちとの立ち回りやし。全世界の火山を爆発させる作戦を遂行するために飛んでたら、たまたまゴーカイジャーの船とぶつかったってことかいな。

 マーベラスとハカセの二人が爆発で飛ばされて、その前に現れる魁君。マジレンジャーの時のBGMもちゃんと流してくれてるやんか。
魁君、マーベラスとハカセに「お宝を見つけたければ、俺を捕まえてみな、ただし変身はせずに」って言う。

 今週はハカセがメインの話やから、ハカセの慎重な性格が描かれてたよね。

 ジョーとアインとルカはザンギャックの手下たちと戦ってたけど、3人揃ってブラックキャラ。カクレンジャーは見てなかったから横に置いておいて、アバレブラックとゴーオンブラック。ゴーオンブラックって誰がやってたか、すぐに思い出せなくて、半日ぐらいかかってたという(汗)。ごめんね、軍平。ゴーオンブラックの女子スタイルって、頭でっかちに見えたんやけど。

 魁君の後ろから現れた炎色のCGのサイボーグ(?)、あれって何?スーパー戦隊の化身みたいなのかな?

 マーベラスとハカセの周りが炎に取り囲まれたときも、突き破って行こうとするマーベラスと怖がってしまうハカセ。グダグダ言われるよりも行動するのがマーベラスの信条みたいやね、ハカセを炎の向こう側に放り出してしもうてるし。

 ジョーたち3人は、黒キャラの次は白キャラですか。この中で知ってるのはガオホワイトだけなんやけど、ガオレンジャーって名乗りを上げるときとか攻撃するときとか、いちいち地面を引っ掻いて砂埃を上げるポーズが入ったから、今思えば個性的やったよね。

 魁君を追いかけてきたマーベラスとハカセ。追い詰めたぜって、魁君とマーベラスたちの間は15mの幅の断崖絶壁やんか。
 それを飛び越えようとするマーベラス。いくらお宝探しのためとはいえ、めっちゃ無謀な性格やよね。

 飛び移ろうとしたところ、ザンギャックの行動隊長に邪魔されて剣1本でぶら下がってるマーベラス。
 ハカセって予知能力あるん?マーベラスの頭の上の岩が崩れてくるイメージが浮かんだみたいやねんけど。

 それで草むらに生えていた竹を切って、棒高跳びのように崖の向こう側に飛び移ろうとするハカセ。

 勇気が魔法で戦うマジレンジャーの本当の力って、懐かしいフレーズ。
 「34のスーパー戦隊の大いなる力を引き出せば、宇宙最大のお宝が手に入る」と教えて消えた魁君。
 34のスーパー戦隊からどんな大いなる力を引き出せるかってのを1年間見せてくれるのがゴーカイジャーってことやね。

 なんかゴーカイジャーとボウケンジャーが同じプレシャスを巡って奪ったり奪われたりなんてストーリーもありそうな気がしてるんやけど。それとかゴーカイジャーが奪ったものを捜査するデカレンジャーとか。

 今週はマジレンジャーになって戦うゴーカイジャー。やっぱりマジレンジャーの姿の時はマジレンジャーのBGMが流れないとねぇ。マージフォンに新しい魔法も降りてきたし。でもマジレッドはどことなく線が細いし(元祖は高岩さんやったから、もうちょっとムッチリし

てたやんか)、マジブルーが男の声ってのも気味が悪いちゅうか。1年間見続けてきてるってのは、記憶のどこかに染み付いてるものがあるから、違和感を感じ易いのかもしれへんな。だいたいマジレンジャーの頃にはココログに感想アップしてたやんか。そうなると1回の放映分で3回ぐらいは見てるから、余計染み付いてるんやで、きっと。

 ゴーカイオーがちょっと劣勢になったとき、マジレンジャーのキーが光る。これがマジレンジャーの大いなる力ということで、胸からマジドラゴンが出てきてマジゴーカイオーになる。
 で、マジドラゴンの活躍で巨大化したザンギャックの行動隊長が倒れて、終了。

 エンディングの曲に出てくるスーパー戦隊。村をんながドンピシャなのは3番のグループですなぁ。

 「仮面ライダーオーズ 第24話 思い出と恋と海のコンボ」

 これで24話目って、気が付いたらもう折り返し時点になっちゃってるやんか。
 
 化粧品会社の研究主任・ゆみに恋しちゃった映司から。っていうかゆみの美しさを見たら、男は全員ゆみに恋するのが今回のヤミーの力やったという、小林先生も面白いこと考えるよね。

 伊達とアンクは、全くヤミーの影響を受けず。映司の変わり様を楽しんでる伊達の笑顔の可愛いこと。
 ゆみを演じていた英玲奈さん、寒い時期に肩出しのドレスでよう頑張ったよね、この根性に脱帽するって。

 鴻上からセルメダルの収支報告を聞く伊達、今月のセルメダルの収支、マイナス523枚ってか。ということは1ヶ月に1000枚貯めなあかんのかな?セルメダル1枚1万円やったら、10ヶ月で1億円ってことか。

 真木がこたつの上に置いてあった、クスクシエの割引券の知世子さんの顔見て、大事なキヨちゃんを落としてしもうてたけど、何の発作やったんやろ。ひょっとしたら真木と知世子さんは小学校の同級生か何かで、知世子さんはいじめたつもりはなかったのに、人見知りの激しい真木は知世子さんのおせっかいがいじめに思えて、それが原因で人とちゃんと向きあって話ができなくなったみたいな裏設定があったりしてね。
 伊達かて、もらった割引券の上にみかんの皮積んでたけど、割引券使う気無かったんやろか。

 ゆみの前に現れた伊達。昔一緒に働いていたときのほうがキレイだと伊達に言われたゆみはヤミーの幻惑から目が覚める。えらいあっさり洗脳が解けたからびっくりやん。好きな男から言われたからかな。元々素直な正確やし。

 あれほど、姉・ゆみのことを見下していた妹も、ヤミーが出てきたらゆみを庇って逃げようとしてるし。

 恋の病でふらふらな映司を引っ張ってるアンクと比奈ちゃん。その前に現れるカザリ。アンクと比奈ちゃんにぶっ飛ばされて気絶したとき、アンクと比奈ちゃんの二人がかりで映司を変身させてたけど、比奈ちゃんって「変身」って言う時でも優しいやんか。これがWの亜樹子やったら、絶叫してたやろな。

 オーズの力でヤミーの毒が抜ける。カザリがなんだかなって感じで肩をすくめるのも、「さっさと行けよ」ってアンクにお尻蹴飛ばされるのも、クスッと笑えておもろかったし。

 エイが頭についてて、胸にサイがくっついてたヤミーが暴走して、でっかいエイのヤミーになっちゃう。でっかいエイのヤミーが天井破って飛び出したもんやから、瓦礫がゆみを直撃して大怪我をする。
 やっぱり伊達は医者やったんや。伊達は自分が着ていたTシャツを破って、ゆみに応急処置を施す。
 医者のチームを組んで世界を回ってたって。それにしても伊達やってる岩永さん、どれだけ鍛えてるねん。あそこまで腹筋割れてるのって、ちょっとやそっとじゃでけへんと思うんやけど。

 最近カザリの捨て台詞「僕のメダル預けとく」っての、ちょくちょく聞くような気がする。

 メズールのコアメダルでシャチ・うなぎ・蛸のコンボで変身するオーズ。エイと水中で戦うオーズ。贅沢にもCGです。何年か前には絶対テレビ予算では作られへんかったのに、どんどん進んでいくやんか。
 海の中でメダルが飛び散ったの見て、「うゎっもったいな~い」って思うようになってる自分がいてるという。だいぶオーズの世界観に染まってきてもうてるやん。

 蛸のコンボやから、腰の周りに8本の足が付いてて、この足結構活躍してたんやけど、でもフラダンスの腰みのみたいで、あんまり好きではないかな。
 とりあえずエイヤミーは粉砕されて、派手にセルメダルが飛び散ってたけど、あれは誰か集めたんやろか?

 救急車で搬送されるゆみと見送る伊達と後藤。好きな男の人に振り向いてもらいたくて、きれいになりたいという欲望。ヤミーの親になるにはちょっと弱かった気もしたけどね。
 よっぽど妹のほうが、ヤミーの親になる資格有りやったんちゃうん。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.26

神聖視し過ぎとちゃうん

 大相撲の八百長問題やねんけど、国技やからといって神聖視し過ぎとちゃうんと思ってるんよね。

 せやかて真剣なガチンコ勝負やったら、2ヶ月に1度の興業って大変やろ。ほんまに真剣勝負やったら、1年に2回ぐらいしか開催でけへんのちゃう?怪我かてするしね。昔みたいに同門では立会いできないようにするとなると、番数かて減らさざるをえんやろ。

 やっぱり興業は興業やからね。

  八百長問題からはちょっと外れるけど、親方になれる人材は親方株を買える人間ではなくて、現役を引退したあとで、体育科のある大学とかで特別受講生かなにかで2年くらい指導者としての勉強して試験に合格した人が親方になる権利を持つぐらいにせなあかんのんちゃう?

 中学卒業して相撲部屋に入ってくる子供たちを育てていかなあかんでしょ。それやのに親方株を持ってるというだけで親方になって、新弟子をちゃんと育てていけるのかどうか、疑問があるんよね。

ブログネタ: 大相撲の八百長問題、どう思う?参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相棒 「監察対象 杉下右京」

 杉下右京に対する告発書が来たということで、出張中の大河内監察官に代わって、右京さんを監察対象として調べ始める仁木田栞。

 ネット証券の寵児といわれた男が殺された事件が、いつもなら右京さん目線で捜査されていくんやけど、今週は米沢さん・伊丹・角田課長・神戸の目線で右京さんを見つつ事件も捜査されていく展開やったので、結構面白かったな。
 つまり米沢さんとか伊丹とかのセリフが多かったから、相棒の脇役マニアには楽しめたというべきか。

 角田課長が聴取されたとき、「特命係を暇つぶしを装い常に監視している」と記録されているって仁木田に指摘されてたやんか。確かにそう言ってるシーンあったよなぁと思ったんやけど、どこで言うてたかが思い出されへん(汗)。それって角田課長と一緒やん。

 仁木田監察官、セリフめっちゃ多かったよね。あのセリフの量を明確な口跡できちんとしゃべった女優さん、偉いっ!!
 キリっとした役は良かったけど、不倫中のシーンはどうも不得意そうに見えたんやが。

 最後の右京さんへの聴取、結局右京さんの方に流れが移っていって、そこに出張中だったはずの大河内監察官が最後に現れて、おいしいところ持っていったような。

 被害者の金谷を演じていた人、どっかで見たことあるんやけどって、ずっと引っかかってて思い出せない間背中がこそばゆかったんやけど、エンドロールの名前見て、すっきり。ウルトラマンマックスで隊員してた人でした。
 久しぶりにお顔拝見したら、ずいぶん落ち着きが出てきはったような気がするな。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.22

今週のゴーカイジャー&オーズ(2月3週目)

 「ゴーカイジャー 第2話 この星の価値」

 地球のお宝を探すために、毎回鳥に占わせるのかな?で、毎回鳥は天井に頭をぶつけるんやろか。頭ぶつけるの見て、ちょっと笑ろてしもうたけど。
 鳥「黒い服を着た人間がいいこと教えてくれるぞよってな感じ」って言うの聞いて、昔「こんなん出ましたけど」って言う占いのおばちゃんいてたなぁって思い出してもうたがな。

 ということで黒い服を着た人間を探しにいくゴーカイジャー。そしたら喪服の人はいるは、セーラー服やらロックのお兄ちゃんやら、サラリーマンやら、シスターやらヤクザやら黒い服だらけという(まぁ冬やからしゃーないやん)。SPかなにかの団体さんが駆け抜けて行くのも笑えたよね。

 そこに学生服の男子がやってきて「宇宙最大のお宝の在り処」知ってるって言うから、ひょっとしたらとマリーナまでやってくる。
 ゴーカイジャーたちは、ゴレンジャー・マジレンジャー・シンケンジャーのことをスーパー戦隊って知らない設定やったんやね。

 この男子はマーベラスが持っていたレンジャーキーを奪うため。そしてレンジャーキーを奪ったかと言えば、おじいちゃんの仇を討つため。

 その時マーベラスの記憶のシーンがあったけど、これはマーベラスたちがかつていた星がザンギャックに侵略されたときのことって解釈でいいんよね。で、やられそうになったときに助けてくれたレッドがスーパー戦隊の鍵の入った箱をマーベラスに託して炎の中に消えていったけど、なんだか劇場版に出てきそうな、ラストに近くなったら出てきそうな予感がするんやが。

 男子としゃべってるところにやってくるザンギャック。男子に変身アイテムを渡す。シンケンジャーのレンジャーキーで変身し、ザンギャックと戦う男子。手下とはなんとか戦えても幹部には太刀打ちできず、変身解除してしまう。

 一般人が変身するなんて、初めて見たな。男子、制服の下に赤いセーターみたいなん着てたやんか。それって誰にでもレッドの魂はあるという象徴みたいな感じに見えたんやけど。

 工場で暴れていたザンギャックと戦うゴーカイジャー→デカレンジャー→ハリケンジャー→赤ばっかに。今のところゴーカイチェンジで、いろんな戦隊を出してくるから、地上戦が長目とちゃうかなぁ。
 だから、ドラマ部分が割を食ってたりして。

 巨大ロボ戦、海賊合体するのにいちいち宇宙へ飛び出さなあかんのかいな、少々めんどくさいやん。ゴーカイオーが帽子かぶるところはちょっと可愛いけど。

 まぁ、この辺りまではいつも通りかなぁと思って見てたんやけど、最後にMのマークが付いた黒マントのお兄ちゃんの顔見た途端、おぉぉぉぉぉぉ、魁君お帰りーーーーーと興奮してもうたのは私一人では無いはず!!

 ということは、色んなレッドが出てくるん?東映公式見てたら、敵の方も見た事あるのが登場するかも???みたいに思わせぶりな事書いてあったやんか。ツエツエ・ヤバイバとかサタラクラとかケガレシアとかガジャ様とか理央とメレちゃんとかヤツデンワニとか、出て欲しいキャラクターいっぱいいてるんやけど。

 来週のサブタイトル「勇気を魔法に変えて マージ・マジ・ゴー・ゴーカイ」って、あの頃マジレンジャーの呪文研究してる人おったなぁ。

 「仮面ライダーオーズ 第23話 キレイと卵と眠る欲望」

 真木の研究室に出入りしにくくなったから、インターネットカフェにいるカザリ。真木との連絡にも便利そうやん。カザリが一番、今の日本に順応してるんかもしれへんよね。アンクはiphoneとかipad使ってるけど、それぐらいやもんな。

 伊達にメディカルチェックを命じる真木。伊達の本職って何よ?てっきり世界を股に掛けた肉体労働者かと思ってたんやけど、ひょっとすると医者やったりして。国境なき医師団みたいな紛争地域ばかりを専門にしてて、それで1億円いるとかね。
 そうそう北アフリカで反政府デモが頻発してるけど、オーズの初めの頃に描かれていた映司が紛争に巻き込まれたことが、現実の世界で起こってるからねぇ。今週のゴーカイジャーで逃げ惑う人々がザンギャックに撃たれて次々に倒れていくのも、このご時世やから、いくらドラマの世界とはいえ、見てて辛いものがあるよな。

 クスクシエ、今週はフランスデザートフェアでフランス宮廷のコスプレ。ここでお給仕してる後藤とか映司を見てたら、クスクシエで執事喫茶やらないのかなと思ってもうたんやけど。

 今週のヤミーの親は、化粧品会社の研究主任・さくら。彼女は化粧品会社の社長の姉で、研究さえできれば幸せという。
 
 カザリ、ウヴァにメダル持ってるのに進化しないのが怖い?って、挑発するやんか。ウヴァのメダルもこの際手に入れようって魂胆があるんちゃうん。

 パワーアップしたグリードのカザリと戦うオーズとバース。バースの腕のドリル、潰されちゃったけど真木さんに修理頼まなあかんから、そうなるとネチネチ嫌味言われるから、そりゃヤバいわなぁ。大損害の大赤字って言うことは、修理代払わなあかんねやろか。
 
 伊達に会ったことで、キレイになりたいという欲望が生まれるさくら。そしてヤミーの卵がどんどん成長し始める。
 そして、さくらは白衣を脱ぎ捨てドレスに着替え、男達の憧れの美女になる、だけやなく映司も一目惚れ。目がハートになってまうの分り易くておもろかったやん。

 でもさくらは伊達のことが好きやからキレイになりたかったとするのなら、さくらと伊達と映司、三角関係になるやんか。

 仮面ライダー的シンデレラ。仮面ライダーでシンデレラが取り入れられるとは思わんかったなぁ。シンデレラやから、フランスデザートフェアやったんやろか、クスクシエ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.19

相棒 「もがり笛」

 青梅医療刑務所の厨房でガス漏れが起きる。その騒動の最中、重病人病棟で受刑者が厨房で保管されていたはずの包丁で刺殺される。刑務所内での事件ではあるのですが、警察庁の鑑識を利用する引換に警視庁捜査1課も捜査に参加する、ということで特命もこっそり参加しちゃったという。

 ストーリーの縦筋に被害者遺族の感情を置いて、重病人病棟に収監されている好対照の受刑者を向かい合わせの独房に配置させてたよね。一人は末期の肝臓がん、もう一人は肝硬変が回復しつつあり元の刑務所に数日後に戻るだけではなく、仮出所も予定されていた。
 どちらも殺人罪で12年の刑、そしてスキンヘッドってところまで、わざと合わせてたんやろな。

 被害者遺族にとって、最愛の人が殺された刑が12年の懲役ってのは軽すぎると感じるのに、浪岡は本当に反省してるわけでもないのに仮釈放を得るために謝罪の手紙を出し、離脱指導を受けた形にするために、同じ組の組員の妻を内妻に仕立て上げて身元引受人にさせたりって、そりゃぁ、出所してきたら殺したいってあの奥さんが思うのも当然かもって同情できたもんな。
 でもあんな粗暴な男、奥さん返り討ちに合っちゃうって。食堂で喧嘩して、仲裁に入った一般人を刺殺しちゃった男って、きっと組に戻ってもお荷物なだけで、迷惑なんちゃうん。

 末期ガンで我慢出来ない痛みが、自分に与えられた罰と耐える江田。江田に父親を殺され、たまたま勤務した医療刑務所に江田が服役していたことを知る介護士の井上洋子は、痛みにのたうち回る江田の姿を見てしまう。

 まるで江田とは正反対の浪岡を見て、被害者遺族になりすまして手紙を送り、浪岡が寝ている間に「出所したら殺す」と手紙に細工してしまう井上。それを見た浪岡が暴れだし、自分のしたことがかえって被害者遺族の為にならないことを知って、浪岡を殺そうと決意する。

まぁその辺の不自然さはドラマやから、しゃーないけどね。

 末期ガンの受刑者江田を演じたのが火野正平さん。鬼気迫る演技やったんで、ひょっとしたらほんまにご病気なんちゃうかと思ってもうたやん。やっぱり上手いよね、でも最近あんまりドラマとか出てきはらへんから、もったいないなぁと思うんやけど。
 もうレギュラーでドラマやったりしはらへんのかな。昔は必殺とかいろんな時代劇のレギュラーでしょっちゅうお顔見たけどね。
 サスペンス物には出ないとかっていうポリシーでもあるんやろか。

 今回は離脱指導、偽装離脱、そして宗教者は警察からの押収要請を拒否できるとか、もがり笛の意味とか、今まで知らなかったこと勉強できたのも良かったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.15

今週のゴーカイジャー&オーズ(2月2週目)

 「ゴーカイジャー 第1話 宇宙海賊現る」

 一番最初にスーパーヒーロータイムの扉のところで「ゴーカイジャー」って男性の声で言うやんか。なんかゴーオンジャーを思い出すような言い方やったと思わへん?

 ザンギャックの大艦隊が地球に現れて、それに対抗する戦士たちがズラーーーッと映ったときの壮大やったこと。東映公式には地方でヒーローショーを頑張ってる皆さんにも参加してもらったって書いてあったけど、よくもこれだけ集まったもんやよね。

 ザンギャックの手下の数もすごかったけど。レジェンド大戦って。ディケイドの初回の時に勝るとも劣らない力の入り方やんか。

 でもってアカレンジャーがその真ん中ってのが、ゴレンジャーを子供の頃に見てきた人にとって、めっちゃ嬉しいやろな。

 いよいよゴーカイジャーの面々登場。宇宙空間での戦いから始まったけど、巨大ロボの登場がこんなに早くからあるのも目新しいやんか。
 地球にやってきたゴーカイジャーがお宝の場所を人々に聞くんやけど、アイムに「そこの庶民の方」って言われた人、オープニングの役名も庶民やったし。

 今年の敵幹部は4人かな。人数が多いので色分けしてくれてるのが分かりやすいかな。それになかなかスタイリッシュなデザインやん。

 ルカの持っていた指輪で1000万円の軍資金を手に入れ、カレーを食べに庶民的なお店に入るゴーカイジャーたち。食べ始めようとしたところにザンギャックが現れて、おあずけになっちゃう。
 
 ザンギャックに狙われた保育園児、マジで泣いてる子供いてたやんか。なんか新鮮。

 今年の変身は携帯電話型で鍵を差し込んで回すんやけど、変身ポーズで鍵を回すってのは難しいから、鍵を回してるところは別撮りなんやろな。昔アバレンジャーのブラックが腕時計型の変身アイテムで鍵をさすときに、間違って腕に刺したりしてたって読んだことあったからね。

 保育園の先生「まさか35番目のスーパー戦隊」って言うてたけど、この先生は特撮マニアという設定なんでしょうか。

 ゴーカイジャーとしてひと通り戦った後のゴーカイチェンジは、ゴレンジャー。
 大昔、なんとなく見ていたゴレンジャー。ボールをキックしていって回していくのだけは記憶に残ってたぞよ。それ以外のストーリーはほとんど覚えてないけど。今はボールがCGやから派手に動くよね。というかボールを蹴飛ばしているようにアクションするゴレンジャーの素敵なこと。

 ゴレンジャーの次がシンケンジャーやったんやけど、シンケンジャー戦ってるのに「チャンチャンバラ、チャンバラ」って曲が流れないの寂しくない?心のなかで歌ってるもんね。

 シンケンジャーの次がマジレンジャー。「ジーマジカ」って魔法でザンギャックの手下消しちゃってたけど、呪文が懐かしい。

 最後はゴーカイジャーに戻ってザンギャックの1人を倒して終了。ということで地球のお宝探しもせなあかんのに、ザンギャックからも狙われる立場になっちゃったということで。
 
 エンドの曲は、今までのスーパー戦隊の名前が次々出てくるんやけど、今日聞いた分やとゴレンジャー以外知らんかったな。
 あれ毎週ローテーションでやってくれるんやろか。でないと私が知ってるガオレンジャー以降が覚えられへんねんけど。

   「仮面ライダーオーズ 第22話 チョコと信念と正義の力」

 バッタヤミーへのオーズの攻撃を止めようとする神林から。

 悪い奴は許さないって子供連れで暴力団の事務所に乗り込んでいく神林。それはちょっとやり過ぎやろ、ねぇ。また子供のタカシ君も父親と同じように「許さない」とか言うてるし。

 真木の部屋に飾ってある来るべき終末の絵を外そうとする伊達。この二人とキヨちゃんのコント、毎回楽しみなんよね。
 まぁ、今週はキヨちゃんに災難は降りかかってこなかったけど。

 悪い奴を懲らしめてるヤミーでも倒さなければならないのかと疑問を呈する後藤。アンクは倒さないとメダルは手に入らないって、単純やねんけど、映司は「正義のためなら人間はどこまでも残酷になれるんだ」って言うやんか。ほほぉ、これは大阪地検特捜部の例の事件のことを踏まえて言うてるんちゃうん。なかなか今回の脚本は社会風刺がきいてますなぁ。この場合の正義というのは本物の正義じゃなくて、自分が正義やと思い込んでるものってことやと思うんやけど。

 次のバッタヤミーの標的は、賄賂を受け取る政治家。思いっきり分かりやすいやん。悪代官と越前屋かと思うくらい型にはまってるし。

 タカシ君を人質にして、オーズが持ってるコアメダルと交換しようと言い出すウヴァ。ウヴァって、カザリの真似が多いんちゃうん。
 映司はコアメダルを投げるのと同時にカンドロイドを投げて、ウヴァの手に渡らないようにしようとしたのに、コアメダルを投げるのを阻止しようとしたアンクの手とカンドロイドがぶつかって、結局ウヴァにコアメダルが行ってしまう。
 それに交換のために歩き出したタカシ君をもう一度捕まえちゃうしね。
 コアメダルを取り戻したウヴァが、メダルに気を取られてるうちにタカシ君は映司の方に走って逃げる。ウヴァの足を殴ったみたいやったけど、タカシ君ぐらいの僕ちゃんのグーパンチなんか、ほとんどウヴァに効いてないやろ。蚊に刺されたのと同じやで。

 コアメダルが無くて変身できず、バッタヤミーに対して素手で立ち向かう映司。

 そこに参戦する伊達。おいしい登場ですなぁ。そして後藤も。
 後藤がタカシ君を連れて逃げる。そこに現れるウヴァ。ウヴァはタカシ君の欲望を使おうとするんやけど、タカシ君が良いことをしようと思ったのはお父さんに帰ってきて欲しかったからって、泣かせるねぇ。
 そんな小さな欲望ではヤミーは生まれないって、これぐらいの年のお子さんにとってお父さんの存在は地球と同じくらいなんちゃうん。
 それにヤミーが生まれるようなドロドロした欲望なんて、まだまだ15年くらい先やろ。

 そういえば、さっきまでバッタヤミーとウヴァを追いかけてた伊達はどこでまかれたんや?それともまかれた振りをしてオーズが劣勢になるまで物陰にでも潜んでて、おいしいところでしか登場せぇへんことにしてたりして。

 ウヴァ相手にドリル攻撃するバース。色も同じグリーンやし、頭の角っぽい形も似てるやん。
 バースがドリル攻撃で穴開けてる間に、体内に収まってるコアメダルを持って行っちゃう腕アンク。

 そしてタジャドルでバッタヤミーを粉砕して映司はふらふらやのに、メダルをどちらが取るかでもめてるバースと腕アンク。アンクとしては、いつまでもセルメダル伊達に独り占めされたくないもんな。セルメダルの在庫もかなり減ってきてるやろ。

 知世子さんにチョコをもらう後藤。映司は後藤の顔見て、照れてるって言うてたけど、そうかなぁ照れてるような顔してなかったと思うんやけど。

 アンクはチョコアイスをもらったというオチで終了。名前の書いてあるハートがアイスにくっつけてあったけど、あんな食べ方してると、あのハート、ポロッと取れる可能性高いと思うんやけど。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.11

黒崎一護 地獄編ver.

Ichigo

 黒崎一護 地獄編ver.、悔しいのでガシャポンフィギュア屋で買ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3年ぶりの積雪

20110211

3年ぶりの積雪らしい大阪中河内です。明日、友達と大阪松竹座で歌舞伎観劇の予定にしてるんやんか。明日にしといて良かったちゅうねん。私はどうにか行けると思うけど、ご一緒させてもらう友達が京田辺やし、駅までバスやから大変やと思うんよね。

 3年前の積雪の日も梅田芸術劇場に芝居見に行ってたことを思い出したっちゅうねん。

 2月の芝居は大雪と共にですかね。

ブログネタ: 【写真ネタ】あなたが目にした「雪」の写真を見せて!参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.08

今週のゴセイジャー&オーズ(2月1週目)

 「ゴセイジャー epic50(最終回) 地球を護るは天使の使命」

 ゴセイジャー全員でブラジラと戦うことを決意し、名乗り上げから始まったアバンタイトル。変身前の姿で名乗り上げのポーズ取るのって、最初で最後というか見納めというか、この5人はダンスができるので、決め決めがきれいでいいよね。

 そうそうCMのところで、あの事件のためにゴセイジャーショーが中止になった告知が入ってたんやけど、東京ドームシティアトラクションズ全体が休止してるみたいやね。最終回の後のショーやったから、特別にチケット取ってはった人もいたやろうしなぁ。安全確認あってこそやもんな。

 皆既日食になって、ネガーエンドの時が来たってブラジラが言うてたけど、皆既日食懐かしいよなぁ、あれももう1年判前のことやんか。

 ブラジラとの戦いで38分頃に、アラタがブラジラに向かって「お前だって地球で生まれた命じゃないか」っていうてたけど、あれっ護星界で生まれたんとちゃうんと軽く突っ込んでしもうたやん。

 やっとブラジラが倒れて、これで全てが解決したのかと思ったら、また起き上がってくるし。ちょっとびっくりしたというか、さすがブラジラというか。

 ブラジラが半分に割れて、ダークゴセイパワーが3本の楔に注入される。

 「3本の楔が打ち込まれてしまった」って言いながら、波打ち際に倒れこむゴセイナイトの姿のカッコ良かったこと。

 地球が滅びる楔が打ち込まれた場所って、関東だけやん。なんかそこんところだけやけにリアルやし。

 47分頃に、「護星の力で地球を護る」って宣言したところで、5人全員に羽が生えて空中に飛び立ったやんか。ゴセイジャーvsシンケンジャーの映画の中で天使なのに羽が無いって不思議がられてたけど、最終回まで取ってあったんやね。

 5人が手をつないで輪になって、ダークゴセイパワーを封じ込めたやんか。そして天の塔が再び現れる。

 そして護星界からの決定をマスターヘッドが伝えてくるやんか。5人が見習いを卒業して正式の護星天使になってたけど、それって羽が出たからなんかもしれへんね。護星界への帰還を許されるけど、地球に残るゴセイジャーたち。

 地球に残ることは決めたけど、天地博士の家から出て行くゴセイジャーたち。
 アラタと望君が二人で語り合うシーン、マジ泣きしてたよね。ちょっともらい泣きしちゃったよ。

 で、ゴセイジャーって天の塔に住むんやろか?その疑問はVシネを見よってことかな?

 アラタ、最初の頃は今年の戦隊は女子が3人やなって感じで、アラタがメインでない回は女子の影に隠れてたことが多かったよね。それが気が付いたらアフレコでヒーロー声になってて、そして最後にはちゃんとレッドになってたやん。アラタがどんどん成長していくところを見せてもらえたよね。スパヒーを見る楽しみの一つは若い役者さんたちの成長が見られることやんか。その点では満足やったかな。

 エリ、最初の頃はアラタをこき使うわがままなお嬢やったやんか。できればそれを突き通してくれたら良かったんやけど、後半になって優しくなっちゃったからなぁ。たぶん最初は自分ががんばらないとと思って突っ張ってたんやろか。

 ハイド、1年間ゴセイジャーのリーダーとして、がんばってたよね。お疲れさまでした。

 モネ、1年の間にどんどん綺麗になっていったよね。終盤に「私は子供だから」っていうセリフがあったやんか。でもそのセリフが似合わなくなるくらいお姉さんになっていってたしね。

 アグリ、アグリもどんどんかっこよくなっていってたなぁ。お兄ちゃんお疲れさまでした。

 「仮面ライダーオーズ 第21話 バッタと親子と正義の味方」

 今週は劇団少年社中の毛利亘宏さんが脚本ということで、小林先生とはまたちょっと色合いが違ってる気がしたよね。とはいえ、私は少年社中の芝居見たことないから、どんな作品を作りはる先生かは分からへんねんけどね。

 空き缶のポイ捨てをした男を注意する子供。男が無視するから、子供は駆け寄って行って蹴飛ばしてたよね。で、男に突き飛ばされたところを見ていたクスクシエの一行は、男と子供の仲裁してたけど。大人にこんなにはっきり注意できる子供って、よっぽどやな。

 子供の父親が現れて、知世子さんの大学の後輩・神林だったことが分かる。そしてウヴァが神林に狙いをつける。

 神林は司法試験になんども落ちてしまい、生活を支える妻がいると甘えると思って試験に合格するまで家を出て、アルバイトしながら勉強を続けている。神林はアルバイトに行く途中にひったくりを見て、止めようとしたところでひったくりに突き飛ばされて気を失う、そこ

にヤミーが出現して、鞄を取り戻すんやけど、正義のヤミーがバッタって、ちょっと仮面ライダーを皮肉ってるみたいやんか。

 街で人々に迷惑をかけている奴らを見て、神林が「世の中悪い奴ばっかりだ」って言うと現れるバッタヤミー。そして神林が悪い奴だと思った人間を殴り倒していく。

 たかし君、お父さんから悪い人を許しちゃ駄目だって聞いてたのに、大人に向かって注意したらやめとけと言われるし、子供には本音と建前の使い分けなんか、分からへんよね。後藤も説明しにくいわな、たかし君が小さすぎるから。

 街で大音量で音楽を流して周りの人達に迷惑をかけていた男達をやっつけるバッタヤミー。その姿を見て、俺は力を手に入れたと喜ぶ神林。今まで弱者やった人間が、急に力を手に入れて自分の思い通りにヤミーを動かせるとなったら、悪い奴を倒すだけじゃなく、色んな欲望が湧いてくるんとちゃうやろか。

 コアメダルの数が少なくてバッタヤミーとの戦いで苦労するオーズ。アンク、自分のコアメダルはノートに入れずに、腕の中にしまってるんや。この間ヤスに取られたみたいなこともあるからなぁ。

 そこへ途中参戦してくるバース。バースがバッタヤミーと戦ってるところに、ウヴァが現れ(この辺はお決まりになってきてたりして)、苦戦し始めたところにオーズがバイクに乗ってやってくる。

 で、オーズが新兵器でバッタヤミーを倒そうとしたところで神林がやってきてオーズの前に立ち塞がり、バッタヤミーの力で世の中を良くしたいんだとオーズの攻撃を止めさせる。その姿を見たたかし君もお父さんと一緒になってオーズの前に立ち塞がって、どうするオーズってところで来週へ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011.02.06

相棒 「右京のスーツ」

 坂道につけられた階段の踊場で男性の死体が見つかる。その男性が着ていたスーツに右京さんが興味を持ち…という話。

 右京さんのスーツに対する思いをドラマにしたいという気持ちは分かるのですが、設定がどうも気に入らなかったな。
 銀行の支店長が、いくらやり手とはいえ、スキャンダルをネタに融資先を獲得するとか、テーラーさんに融資先の社長の秘密を聞き出そうとして、それがダメならテーラーさんの若い頃の傷害事件を持ち出して追い詰めたりとか。

 3代目のテーラーさんは婿養子で店を継いだんやけど、この店に入る前の若い頃に傷害事件を起こして、刑務所で身につけた洋裁の技術を活かしたいと思って、紳士服の仕立ての仕事に着いたんでしょ、で先代さんに気に入られてロンドンまで修行に行った人やんか。
 40年以上前の若気の至りで起こした事件があったとしても、お客様は3代目さんの腕を見込んで洋服を作ってはるんやから、その繋がりがあれば、みんなに昔のことをばらすと脅されても、離れるお客様もいるかもしれへんけど、残ってくれるお客様もいるはずやんか。残ってくれるお客様は本物やしね。

 融資先に目をつけた会社の社長さんの秘密も、下世話過ぎるんちゃうん。なんか他に無かったんかいな。
 いくら去年、男性の間でも女性用の下着みたいなんが流行ってるって言うニュースがあったとしても。あんないい年のおじ様が、そんなん使うとは思えへんねんけど。どこか女性っぽいイメージの人やったら、そうかもと思えるかもしれへんけど。森次さんやしねぇ。

 そうそう右京さんが3代目さんの過去の犯罪データを検索したとき生年月日が昭和31年になってたんやけど、小松政夫さん実際は昭和17年生まれやから、ちょっと小道具に問題有りかも。

 あと支店長の女性テーラーに対する見下げた言い方も気に触ったしね。ということで今回の相棒の評価はCってところかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.05

手貼り式ラミネートコーティングフィルム

 この間、ダイソーでうろうろしてたときに見つけた手貼り式ラミネートコーティングフィルム。A5サイズ6枚入りって言うのを買ってみました。

Ramine2

 厚めのフィルムとラップぐらいの薄いフィルムの間に保存したいものを挟んで空気やシワができないように密着させて(フエルアルバムみたいな感じに)、5mmぐらいのふちを残して切り取ると出来上がり。機械いらないんよね。

 なかなか便利モノでした。ただし、厚めのフィルムの方が強力な粘着力なので、一度ひっつけると剥がれない感じ。初めて作るときは、どれくらいの感じか分からないと思うので、失敗を覚悟してそれほど重要でないものから作り始めるといいかも。

 雑誌の切抜したのとかこれでラミネートコーティングしておくと、保存するのにいいんとちゃうやろか。

Ramine1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.01

今週のゴセイジャー&オーズ(1月5週目)

 「ゴセイジャー epic49 未来への戦い」

 ゴセイナイトからダークゴセイパワーをアラタの情熱で取り除いたけど、3本の楔が打ち込まれ、ネガーエンドの儀式を始めるとブラジラが宣言したところから。

 アラタが天地博士の前庭にりんごの種を蒔いてたけど、あんな普通の種からりんごって芽を出すんやろか?
 もう最後の決戦が目の前に迫ってるっていうのに、こうほのぼのしちゃってるのがゴセイジャーやったんやなぁ。

 ブラジラの前に、モンスドレイクとかの亡霊が現れてたやんか。モンスドレイクちょっと懐かしかったよね。でも流星のデルプタ忘れてるやんか。折角これだけ並べたんやから、デルプタとメタルエリスも出して上げればよかったのに。

 ブラジラに操られ、ゴセイジャーのみんなに迷惑を掛けたからと言って、一人でブラジラの基地に乗り込んで、結局やっつけられて海岸に打ち上げられたゴセイナイト。このシーンに意味があったんやろか?先週、ゴセイナイトのために戦ったことで十分ゴセイジャーとゴセイナイトの絆の深さ描かれてたやんか。

 今週は、ブラジラとの戦いがメインやったから、それほどストーリーに突っ込むところが無くて、いつもより短くなっちゃっうのは、ご容赦ください。

 一番の見せ場は、ブラジラに対抗するためにアラタにランディックパワー・スカイックパワー・シーイックパワーを集中させようとするんやけど、それではブラジラと同じになるからと拒否するところ。衣装に火薬しこまれて弾着もあったしね(ひょっとして弾着、初めてやったかな?)よく頑張ったよね、アラタ。最後にレッドとして凛々しいリーダーになったやんか。
 オーディションの時、この可愛い男の子の中に、リーダーになれる要素が埋もれてたってことをよく見つけられたよね。
 1年間、今期はブルーがリーダーやなって言い続けてきたけど、無事ちゃんと育ってくれてよかったなと思いつつ、最終回へ。
 

  「仮面ライダーオーズ 第20話 

 カザリが9枚目のコアメダルを集めたのか…ってところから始まったんやけど、アンクのメダルコレクションノートにはセルメダルしか入ってなかったって、1週間引っ張ってこれかよ。

 アンクとカザリの駆け引き。どっちもどっちやんか。で、ビルの屋上から映司を投げ落としちゃったけど、いくら下が川でもあんな高さのところから落ちたら、変身解除してるねんから、普通なら複雑骨折でもしかねんで。ちょっとオーバー過ぎるやん。

 カザリが映司に気を取られてる間に、カザリが持っていた自分のコアメダルをアンクは取り返す。でもすぐに比奈ちゃんに奪われちゃってたけど。比奈ちゃん、アンクに鎖で縛られて橋桁に吊るされてたやんか。酷いよね。

 クルクシエにやってくる伊達。映司の写ってる写真見て、どっかですれ違ってるようなって、めっちゃ思わせぶりやし。

 真木、キヨちゃんに黒のレザーのお洋服作ってあげてたやんか。ますますキヨちゃんの頭のデカさが目立つやん。お出かけ用なんかな?

キヨちゃんもバイクに乗せちゃうとか。

 ヤミーが暴走し始めたのに気がついて、映司もアンクもお互いにヤミーを倒すために動き始める。コアメダルを集めることに関しては、裏切ったり裏切られたりしてるのに、半年以上、ヤミーを倒すという共通目的で戦って来てるから、だいたいお互いのことが分かってきてるんやな。で、嫌々ながら許してるところもあるやん。

 映司が怪我してるから、万全の体制で戦う事ができないオーズ。そこへ助っ人で現れるバース。銃を後藤に渡しちゃったから、ちょっと戦いが不利なような感じやよね。

 バースのパンチ攻撃で脱獄犯がヤミーから飛び出したら、急に身軽になってるやんかヤミー。

 オーズとバースが苦戦してるところに、アンクのコアメダルを届けに来る里中君。めっちゃカッコイイんですけど。後藤がヘタレ中やからなぁ。実は後藤よりバース適任者やったりしてね。

 オーズがアンクのコアメダル3枚でコンボになったとき、アンク複雑な顔してたよね。今までこんな顔したアンク見たことないやん。
 どこか寂しそうやったしね。

 アンク、コアメダル3枚を腕の中に入れた時、でっかい羽が一瞬出てきたけど、すぐに元に戻っちゃったやんか。
 カザリも8枚まで自分のコアメダル入ってるし、メズールのコアメダルも身体の中に入ってるはずやのに、普通に人間態やしな。

 アンクが何故そのままなのかという疑問が残ったまま、来週へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »