« 平成23年ゴールデンウィーク | トップページ | 失したモノはないけれど »

2011.05.18

今週のゴーカイジャー&オーズ(5月3週目)

 「ゴーカイジャー 第13話 道を教えて」

 なんか先週から、腹ペコキャラのマーベラス。
 ハカセはなんか工作してるから、いくらマーベラスが腹減ったって言うても、誰も作ってくれへんで、食事。

 アイムは下町に散歩に。で道を聞かれた男に拳銃を突きつけられて誘拐されるところから。

 オープニングのキャストで、強面オヤジって…(笑)。お子様向けの番組やから、違法金融業者なんて書かれへんやろうけど。

 ザンギャックのミーティングで、先日地球に落ちた隕石がプアゾールと判明いたしましたってインサーンが言うてたけど、プアゾールってなんかの薬品みたいな名前やんか、ねぇ。

 人気のない倉庫に連れてこられるアイム。身代金を要求する誘拐犯に銃を突きつけられても、軽くあしらって銃もおもちゃやと見破っちゃうし、海賊やって自分から正体を言うし。

 海賊と聞いて、すぐに土下座しちゃう誘拐犯。会社辞めて店出したけど、金を借りた相手が悪徳金融って。まずはご近所の信用金庫あたりからお金借りんとあかんやろ。真っ当な商売してるんやったら、それに登記簿見せてたけど、抵当があるんやったら大丈夫やん。

 で強面オヤジ、確かになかなかの強面でしたなぁ。

 誘拐犯の事情を聞いて、ハカセに電話して日本円で3億円ほど用意するように頼むアイム。
 その電話を聞いて、ビックリする誘拐犯。このビックリの仕方が可愛かったよね。で、リダイヤルして今度は誘拐犯の方から電話するやんか。でマーベラスが途中から電話に出て、「お前が誘拐犯か」って脅すやんか。なんか可愛い女の子、ナンパしたらヤンチャ系のお兄ちゃんの彼女で脅されてるサラリーマンみたいやったよね。

 ザンギャックが探してるプアゾールを持っていると言われて、訳もわからずに攻撃される誘拐犯。

 ゴーカイジャーのメンバーたち、アイムを誘拐したのはザンギャックと勘違いしてしまう。

 一方、ザンギャックに追いかけられて、袋小路に追い詰められちゃうアイムと誘拐犯。ゴーカイピンク→モモレンジャー→ゴセイピンクにゴーカイチェンジ。ゴセイピンクで天装カードを使って空を飛んで逃げちゃったけど、天装カード難なく使いこなしてるやんか。

 誘拐犯が500円玉と間違えて拾ってしまったのがプアゾール。
 借金は減らない、誘拐は失敗、海賊に襲われた上に、ザンギャックにまで追いかけられる自分の不運を嘆く誘拐犯。でもアイムは、誘拐犯のことを幸運やという。なぜなら誘拐犯がプアゾールを拾ったことで、人類は滅ぼされず、生きていれば新たな道を切り拓くことができるから幸運なんだとか。凄い辛い思いをしたから、言える言葉やろな。借金に追われてると、借金のことしか見えなくなって、どんな残酷なことでもやってしまうやん、人間って。

 ザンギャックとアイムが戦ってるところに、誘拐犯はザンギャックと勘違いしたまんまのゴーカイジャーたちがやってくる。
 ハカセ、4の字固めやってるやん、ちょっと懐かしいで。

 アイムも、マーベラスたちがザンギャックが誘拐犯と思ってること「まっいいか」ってごまかしちゃうし。
 誘拐犯や無いって弁解してるザンギャックの行動隊長。ただインサーンに頼まれて、プアゾールを探すって簡単な仕事に地球に来ただけで、ゴーカイジャーをやっつけようなんてだいそれたこと全然考えて無いんやから、ある意味誘拐犯に間違えられて、ええ迷惑ってことやもんな、行動隊長からしたら。ピンクに白ばっくれられて、怒るのも当然やん。

 でもやられちゃったけどね。巨大化してからも、訳の分からない因縁付けやがってって、まだ文句言うてるし。

 レンジャーキーもシンケンジャーキーだけでも良かったのに、無駄にデカレンジャーとガオレンジャー使ってたような。
 
 戦いが終わって、海を見てるゴーカイジャーの近くにいる誘拐犯。アイムは誘拐犯のことを許す。

 ということで、誘拐犯役の山中崇さん、勿体無いくらいいい演技してたよね。山中さんのお陰で、今回のゴーカイジャーはドラマ部分に深みが出たと思ったんやけど。

 「仮面ライダーオーズ 第34話 親友と利用とその関係」

 伊達と後藤がふくろうヤミーに連れ去られたところから。
 一方、アンクは北村に欲望を問いただす。北村の欲望は映司に頼られたかったって、先週裏設定で北村は映司の親の権力を狙ってるぐらいの方が話がおもしろいのになぁって書いたけど、さすがにお子様番組やとそこまで話は広げられへんか、残念。

 北村に黙っておいてくれって頼まれてるのに、全部しゃべってまうアンク。アンクの冷酷さって、初めての人には理解しがたいやろな。

 比奈ちゃんを拉致したのは北村と俺で仕組んだことと言う映司。相変わらず映司は機転が利くよね。

 ふくろうヤミーに捕まった伊達と後藤。でっかい巣にほうりこまれてるし。こんなでっかい巣作るために藁とか枝とか集めるの結構大変やったんちゃうん。
 伊達が鶏いうて、後藤にふくろうって訂正されてたけど、色から見たら白と赤やから鶏に見えるよね。私も番組の最初で先週のおさらいでふくろうって言うまで、何の鳥やろ???って思ってたし。

 伊達に、お前なら大丈夫だってバースに変身してもいいって言うお墨付きをもらう後藤。俺のピンチはお前のチャンスだって、なんかプロ野球の選手みたいやんか。

 後藤と伊達を助けようとしているところをふくろうヤミーに邪魔される映司。
 変身しようとした時攻撃され、足に黒ビニールを巻きつけられて引っ張られてる映司を助けるために、植物園の天井から下がってる黒い縄につかまってターザンみたい、ふくろうヤミーにキックを喰らわせる後藤。ふくろうヤミー蹴飛ばされて植物園の上の方を突き破って外に出ちゃったけど、それはちょっとオーバーやろ。

 ふくろうヤミーと戦うオーズ。そこにバースが参戦してきて、次にカザリもやってくる。カザリにアンクの悪口を吹きこまれてる北村も登場。
 この戦いのどさくさに、ふくろうヤミーがアンクが連れ去られる。
 アンクを探そうとする映司を止めようとする北村。その時映司が「自分の出来る範囲でやれることをやるしか無いんだ」って言うやんか。大震災からこっち、この言葉よく聞くようになったよね。地震の前から映司が口にしてたけど、まさかこの言葉が大手を振って世間にまかり通るようになるとは思わへんかったよな。

 今回のカザリの目的は、アンクを拉致して、ちびアンクの方に吸収させること。
 でもその目的が達成される前に、映司が到着する。メダルが2枚しか無いから、身体の中から紫のコアメダルを呼びだす映司。
 おぉ、ちょっと自分の意思でメダルを出してベルトをスキャンするところまでは出来るようになってるやん。

 でもプトティラに変身し終わったら、恐竜に意識を取り込まれちゃってたけどね。

 真木、紫のメダルが10枚揃ったら危険とかなんとか言いながら、フェードアウトしていったけど、たったこれだけの撮影の為に、わざわざ相模湖まで移動って、ご苦労さまでした。

 アンク本体とカザリでプトティラを攻撃したけど、プトティラ全然平気やし。ふくろうヤミーに戦わせておいて、さっさと逃げちゃった。逃げるが勝ちやもんな。

 北村を撃とうとしたプトティラを自分の方に向かせるアンク。いやぁ、アンクめっちゃ男前やんか。いつもは冷めた目でオーズが戦ってるの見てるだけやったりするのに。「完全に復活するためにはお前が必要だ。手伝え!!」って言うて、自分の身を挺してベルトのロックを外して、映司を正気に戻すやんか。

 そんな姿見せつけられたら、北村も引き下がるしか無いやん。でも北村って他に友達おりそうにないから、めっちゃ凄い喪失感なんやろな。当分立ち直られへんかったりして。高校の時から片思いやったんやし。

|

« 平成23年ゴールデンウィーク | トップページ | 失したモノはないけれど »

スーパーヒーローターム11」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/51700384

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のゴーカイジャー&オーズ(5月3週目):

« 平成23年ゴールデンウィーク | トップページ | 失したモノはないけれど »