« 今週のゴーカイジャー&フォーゼ(11月2週目) | トップページ | 今週のゴーカイジャー&フォーゼ(11月3週目) »

2011.11.20

相棒 「消えた女」

 東京ビッグシティマラソン事件の守村やよいがゲストだった今回の相棒。社会派のストーリーが続いたんで、やっとホッとして見られたってところかな。

 やよいが通信社の仕事でホテルのラウンジにいたとき、落とした携帯電話を拾おうとしたら、女がぶつかってきた。2時間後仕事が終わったやよいにその女が近づいてきて、困惑しているやよいを無理矢理タクシーに同乗させ、メルアドを聞き出し空メールを送り、先に自分のマンション前でタクシーを降りてしまう。

 やよいがタクシーを降りようとした時、女が社員証を忘れていったことに気づき、携帯での連絡も取れず、会社ではそんな社員はいない社員証は偽造された物だと言われてしまい、右京さんに相談に来る…。

 ブレイブスタッフの営業部長の岸内役の人、仮面ライダーキバ以来久々にお顔を見ましたが、このお兄ちゃんを追い詰め過ぎると突然ゲーム始めちゃうぞよと、ついつい思ってしまうという。

 まぁストーリー上、社員証が右京さんの手に入らなあかんってこともあったんやろうけど、やよいが岸内のところに社員証持って訪ねて行った時、偽造されたものかもしれないというのなら、そのままやよいに持って帰らさずに社員証引き取らなあかんのんちゃうんって、ちょっと引っかかってもうたんやけど。

 捜1トリオも今シリーズでやっと仕事させてもらってたやんか。ブレイブスタッフの裏の仕事もあったから、組織犯罪対策課の3人もちゃんと取り調べしてたし。組織犯罪対策課の3人って1シリーズに1回~2回くらいしか取り調べのシーンないんちゃうん。
なんかやっと相棒全体が5回目にして動き出したって気がしたよね。
 
 やよい絡みということは、外務省の影がチラチラするんかいな。

 201号室に住んでるという女の後を追うやよい。女がレンブラントホテルに入っていったので、柱の陰から見張っていたら、岸内が現れる。右京さんの動かないようにという忠告を無視して尾行するんやけど、いくらなんでも深追いしすぎやったよね。歩道橋の階段から落ちて怪我しただけで済んで良かったやん。 

 最初の事件、レンブラントホテルで見つかった死体は部屋に飾ってあったドイツの現代美術の彫像が凶器になったんやけど、確かにあの形状は危ないんちゃうん。うっかり当たって怪我すること有り得そうやんか。地震で床に落ちたら、絨毯に穴空きそうやし。

 リネン室に運んで、彫像による傷を隠すためにアイロンでメッタ打ちにするんやけど、リネン室のドア開けっ放しって、いつ誰が通るか分からへんのに、それもちょっとありえへんねぇ。

 
 
 
 

|

« 今週のゴーカイジャー&フォーゼ(11月2週目) | トップページ | 今週のゴーカイジャー&フォーゼ(11月3週目) »

真犯人はお前だっ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/53293650

この記事へのトラックバック一覧です: 相棒 「消えた女」:

« 今週のゴーカイジャー&フォーゼ(11月2週目) | トップページ | 今週のゴーカイジャー&フォーゼ(11月3週目) »