« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012.03.31

相棒 「罪と罰」

 神戸が卒業する相棒ten最終回。

 う~ん、痛い娘の願いを叶えられるスキルを持った母親の出来心で、常識人の息子がとばっちりを食った事件を延々と見せられたというところですかね。
 初っ端から犯人もなぜ殺人事件が起こったのかも分かってたやんか。いつもなら右京さんと犯人の頭脳対決になるんやけど、最後のクローン人間のところは、片山雛子と長谷川の意向を汲んで神戸の方から右京さんに釘刺しちゃったりしてたしね。

 事件現場やった息子のマンションから所轄署に戻ろうとしたとき神戸は右京さんと母親を残し、娘だけを連れて行っちゃうやんか。ほんまに右京さんが言うたようにクローン人間を闇に葬るつもりやったんやろか。そんなことでけへんよね、仕事でも死体見るの苦手やのに。それに前もって幸子さんに家に来てもらうように電話で頼んではったし。

 嘉神博士はクローン技術を研究してたんやけど、自分の娘が亡くなった息子のクローンを希望したことで、つい科学者としてのスイッチが入っちゃったんよね。こんな機会を逃したら人間のクローンを作ることは法律で禁止されてるから、二度とできないという悪魔の誘い。この母親役やってはった真野響子さんの演技力、セリフの滑舌、凄いなぁって感心しながらみてたんやんか。なので娘の痛さが際立ったというか。

 キリスト教徒で正しい信仰心を持った息子の部屋で、事件も右京さんたちの追求も行われたやんか。息子の部屋の奥にはキリストの絵が飾られてたけど、あれはどのエピソードが描かれてたんやろ。私はキリスト教じゃないんで、あの絵の意味がよく分からへんかったんよね。キリスト一人じゃなくて、もう一人別の男が描かれてたやんか、あの絵にはどういう意味が込められてたんやろ。

 神戸が特命係に戻ってきて右京さんと話し合うシーン、右京さんが色々解説してくれてたけど、禅問答みたいでなんだかよく分からへんかった。
 で、神戸は警察庁長官官房付きの辞令が出て、警察庁にもどることに。
 同じく警察庁長官官房付きの長谷川に呼び戻されたという。長谷川って劇場版の時に色々画策して右京さんに暴かれてたけど、結局小野田官房室長の死に全部持ってかれて、なんだったのかすっかり記憶に残ってなかったんやけど、こんなところで復活してくるとはね。

 最後、裁判のシーンで娘が倒れて流産してしまう。神は人間の行いをすべてご覧になっていて、人間が神の領域を侵すことをお許しにならなかったという決着。

 一人で駅に向かって歩いている右京さんの後ろ姿、どことなく寂しいなぁ。見てるこっちがそう思うからかもしれへんねんけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.03.28

今週のゴーバスターズ&フォーゼ(3月4週目)

 「ゴーバスターズ MISSION5 キケンな熱暴走!」

 先週戦ってCB-01が爆破する前にエンターが戦闘終了させたメガゾードγをゴーバスターズの基地に持って帰ってきてるんや。
 便宜上、メガゾード3種類をα・β・γって名付けてたけど、パッと見すぐに分かるのはβですな。

 今週の特命は、先週破壊されたエネトロンタンクのある地区に援助するためのエネトロン輸送の警護。
 それを狙ってエンターが現れるけど、エンターのしゃべるフランス語って、取り敢えず知ってるの並べとこかぐらいの感じやなぁ。
 「セボン・セシボン・トレビアン」って、フランス人が聞いたら笑うやろ。

 今週のメタロイドは自転車。自転車なのに足で走ってるし。口で「チャリンチャリン」言うてるし。
 リュウジがメタロイドを力づくで止めるために熱暴走を起こしてしまう。

 熱暴走し始めたリュウジ、めっちゃ残酷になっちゃうんや。野性的と言うべきかな。メタロイドに「もう許して」なんて言わせてるし。
 一旦熱暴走を始めたら敵味方の見境が無くなって、誰にも止められなくなる。で限界が来て倒れるのを待つしかない。
 「地獄に堕ちろ」とか言って一人でメタロイド片付けちゃったやんか。

 その後も暴走が止まらなくて、ヨーコをビビらせてまうし。リュウジのあまりの変貌ぶりにショック受けてまう、でもそのまま司令官の命令でヒロムのサポートに向かうヨーコ。
 ウサダから、ヨーコのフォローを頼むってお願いされた時、ニックが「ヒロムにそんなこと出来ると思うのか」って言うたやんか。そしたらヒロムは機械にそんなこと言われる筋合いはないみたいな目してたよね。

 ヨーコの顔が汚れてるのをニックが自分のサイドミラーを引っこ抜いて、ヨーコに見せるところ、なかなか気が利いてるし。

  RH-03はタンクローリーの護衛。
 熱暴走して気絶してたリュウジ、体中にシップ貼ったり冷やしたり。あんなに貼ってたら、かなりシップ臭いやろな。

 CB-01でメガゾードと戦ってる時に、可愛い鶏の看板を見てフリーズしそうになるヒロム。今のところメガロイドになれるのは機械類だけみたいやけど、その内、鶏とか鳥のメガロイドやメガゾードが出てくる可能性はどうなんやろ。鳩時計とか風見鶏とかがメガロイドになっちゃったりして。

 CB-01が固まりかかったため、タンクローリーを追跡し始めるメガゾード。リュウジのことを考えていて気が散っていたヨーコがRH-03ごと落ちそうになるところをGT-02が助ける。
 いつものリュウジに戻ったのを見て安心したヨーコは再びメガゾードと戦い始める。RH-03の後ろ足の威力凄いやんか。メガゾードをふっ飛ばして町の方へ山越えで飛ばしてるし。
 でCB-01の前まで飛ばされてきたメガゾードを粉砕して終了。

  サブタイトル見てたら、今週はブルーの話かなと思ったけど、結局はイエローに全部持っていかれてしまったような・・・。

 冒頭に出てきたメガゾードγ、目が光ったやんか。これもエンターの作戦かな。パソコンで遠隔操作できるみたいやん。

  「仮面ライダーフォーゼ 第29話 星・嵐・再・起」

 超新星なキャンサーがフォーゼと戦ってる途中にヴァルゴが現れる。どうもそのまま力を使い続けるとコズミックエナジーの暴走で内部崩壊してしまうらしい。諸刃の刃っていうところなんや。

 一旦退却する前に、朔田から魂を抜き取るキャンサー。午後3時に2年B組で待ってるって。

 鬼島は自分で超新星に変化する力を手に入れたみたいやね。陰でコツコツ努力するタイプかな。理事長には進化のスピードが早すぎるって、ちょっと危惧されてたけどね。ということはコズミックエナジーを暴走させるキケンがあるってことやろ。

 2時50分にラビットハッチで目が覚める朔田。そこに次郎が入院している病院から、次郎の具合が悪いと電話が入る。そこで朔田だけではなく仮面ライダー部全員が教室にやってきて、朔田の身代わりを申し出る。
 春休みだからか、JKのヘアスタイルが派手になってるんですけど。赤いエクステみたいなん付けてるし、モモタロスが憑依してるわけでもないのにね。

 仮面ライダー部部員の魂と交換で魂を返してもらう朔田。1時間の約束で弦太朗にバイクを借りて病院に向かう。病院で次郎に語りかけをしているとタチバナから電話が掛かってきて、パワーアップスイッチを与えるって言うてくれたんやけど、4時までに埠頭の灯台に来いって、もう3時35分なんですけど。
 メテオドライバー持ってるとタチバナにずっと見張られてるってことやもんな。わざとカツカツの時間に電話してきてるんやで。

 4時に教室に戻ってくる朔田。キャンサー「こいつらが地獄大喜利始めたからだよ」って言うてたけど、始めたのキャンサーやんか。
 変身できない朔田がキャンサーと戦い始める。倒されかけた朔田を見て「笑わせるねぇ」と高笑いするキャンサー。ということでキャンサーの手に握られていた仮面ライダー部メンバーの魂が本人の元に戻る。キャンサーの掛けた呪いって、めっちゃ律儀やんか。

 朔田もさすがキャンサー相手に戦い続けてただけのことはあったよね。偉いがな。

 フォーゼがキャンサーと戦い始め、その間に灯台にやってくる朔田。そこで黒い箱の中にメテオストームスイッチが入ってるのを見つける。
 タチバナが「フォーゼたちを見捨てて来たら、このスイッチは手に入らなかった」って言うてたけど、それってなんかの昔話みたいやんか。今回は走れメロスがモチーフやったんちゃうのん。

 その頃、キャンサーに苦戦するフォーゼ。そこにやっとメテオが進化して登場。メテオストームの決め台詞は「俺の定めは嵐を呼ぶぜ」。

 キャンサーストームって独楽の玩具ですか。超新星かしたキャンサーが一瞬のうちにバラバラにされてもうたやん。ベラベラしゃべってた舌まで切られちゃってるし。

 よれよれになって天ノ川高校に戻ってきた鬼島。鬼島が落としたスイッチを拾って速水校長がリブラに変身し、鬼島を刑事の姿に変える。そしてヴァルゴによって鬼島はダークネビュラに送られてしまう。

 前にキャンサーはメテオとリブラのどちらに倒されるんやろか?って書いたことがあったけど、両方に倒されたような形で決着が付いてもうたな。

 12使徒の中で生き残ろうと思ったら、なかなか大変っちゅうこっちゃ。速水校長がスイッチャーから12使徒になった過去話なんてのはやらないのかな?

 鬼島を見失ったことをタチバナに報告する朔田。「大丈夫だ、君の秘密は守られている」って言うてたけど、何でも知りすぎているタチバナもなんか怪しいよな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.22

今週のゴーバスターズ&フォーゼ(3月3週目)

 「ゴーバスターズ MISSION4 特命と決意」

 最初はゴーバスターズの基地の紹介から。珍しいよね、そういう設定までちゃんと紹介するなんて。
 今までやとここが基地ですってビルをドンと見せるぐらいでしょ。中がどういう構造かってところまでやらへんやん。ましてやロボをメンテナンスしてるなんて、あんまり無いような。
 
 亜空間転送システムの新たなる事実。メガゾードの転送はメタロイドをマーカーにしてるんやけど、実際に転送されてくるときは3kmぐらいずれている。
 こちらから亜空間に転送する場合には、マーカーが無いからどれだけ外れるか、どこに行くか分からへん。

 ヒロムたちは13年前にメサイアと共に亜空間に転送された人々を助けたいと思っているけど、司令官を含む上層部の人間は亜空間に転送された人々は生存していないと考えている。あくまでもメサイアのシャットダウン。司令官とヒロムたちとは平行線のままやろな。

 エネトロンタンクにエンターが現れたということで現場に向かうヒロムたち。今週はコスプレないんやエンター。ピザを切るカッターをメタロイドにしちゃうエンター。ゴーバスターズはエンターの持ってるパソコンを破壊すること考えなあかんよな。

 というかメタロイド作り出すの見たん今回が初めてかも。

 刃を飛ばすのが厄介なメガロイド。ただしゴーバスターズとがっつり戦うわけじゃなく、すぐにどこかに行ってしまう。
 エンターが目立つ行動したのは陽動作戦と考えるヒロム。エンターは誤差を利用して別のタンクを狙う可能性を考えるって、最近にしては頭脳派のレッドやん。
 
 ゴーカイレッドは考えることより行動優先やったし、ゴセイレッドは僕ちゃんやったし。シンケンレッドは決断専門やったしね。

 ヒロムが考えたとおり、別のタンクを攻撃するメガゾード。CB-01も発進してきて、ヒロムが搭乗するシーン、いつ見てもスタイリッシュやんか。
 ヒロムがニックから降りるのも後ろ向きに1回転回って飛び降りるって、それと同時にニックもバイクからロボットに戻るし。あんまり最近のアニメとか見ないんやけど、それでもこんなんやってるのって、ちょっと無いんちゃうん。

 メガゾードとの戦いで、かなりの損傷を受けるCB-01。ちょっと怯んでる隙に、エネトロン亜空間に転送されちゃってるやん。
 地上の方のメガロイドとの戦いもブルーとレッド、苦戦してるし。

 司令官は亜空間に人間は生存していないと言い切ってたけど、ヒロムはヒロムたちが地球に転送されてこれたんやから、研究センターの人たちも救えると考えている。ヒロムたちが地球に転送されてきたのは、小さかったから少ないエネトロンでも行けたってことやったんやろか。
 それなら他の研究員たちが戻ってこれる可能性があるって希望もてるよね。
 
 ヒロムの言葉を思い出して、再度気合を入れなおすヨーコとリュウジ。

 ヒロムの戦い方って、無茶を承知でやってるから、今回も相打ち寸前やん。CB-01にカッターがかなり食い込んでるし。後のメンテナンス、めっちゃ大変やろなぁ。
 エネトロンをかなり大量に亜空間に転送できたからって、エンターがパソコンのモニター閉めちゃったら、メガゾードも動き止めちゃうんやね。

 エネトロンの中に信号発信機を仕込んでマーカーの役目をさせようとしたみたいやねんけど、信号キャッチできてないって。でもこれっていつか伏線になりそうな気がするな。

 司令官、結構憎まれ役ですなぁ。メサイアがシャットダウン出来るまでは、気を緩めることの無いようにしてるんやろうけど。

 「仮面ライダーフォーゼ 第27話 変・身・却・下」

 春休みでゾディアーツもでないから暇なはずなのにラビットハッチに集まっている仮面ライダー部の面々。朔田が弦太朗の鍋パーティーに誘われた時の心の声シーンでバックに動かないでポーズを取ってる仮面ライダー部のメンバーやけど、馬鹿っぽく喜んでる大文字と弦太朗とかポーズ取ってる美羽とか中途半端に手を上げてる友子とか、相変わらず嬉しいくせに嬉しくなさそうな感じの歌星とか、それぞれのキャラクターらしくておもろいやん。

 理事長が「これから大きな計画が動き出す」って言うてたよね。もう27話やもんな、12使徒とかって言うてたから1ヶ月に1人ずつ使徒が出てくるのかと思ったら、半分以上終わったのにまだ3人しか出てきてないやんか。

 速水校長、理事長の自分への扱いが軽くなってるのに、めっちゃ嫉妬してるやんか。でも理事長としては鬼島を勝手に動かしておいた方が、自分たちが陰で色々企めると思ってるんちゃうん。速水校長の髪の毛の色、ジャケットの色に合わせてるんかな。

 鬼島は体育館に集めた生徒に謎掛けをさせて、面白かったらゾディアーツスイッチを渡そう、面白くなかったら生体エネルギーをもらおうって賭けをしていた。
そこに朔田を呼び出して、自分の側に付かないかとスカウトするんやけど、それを断る朔田。
 キャンサーゾディアーツと戦い始めるメテオ。キャンサーゾディアーツって、メテオに倒されるんやろか?それともリブラに倒されるんやろか?

 弦太朗の家って、よくまぁこんな年代物の住宅あるんやね。戦前かな、それとも戦後まもなくってところかな。
 弦太朗のじいちゃんはバイクのメカニックをやってたんか。そして弦太朗の両親は事故で亡くなって、小学3年の時にじいちゃんに引き取られて、全国のサーキットを回ってたんで、あちこち引越ししてたんや。

  弦太朗、普通科の高校行くよりも、工業高校行った方が即戦力でおじいちゃんの後継げたんちゃうん。

 そのころメテオと戦うキャンサーゾディアーツ、完全に遊んでるよな。ベラベラ喋りすぎやん。図書館に逃げ込むんやけど、それを追っかけてきたメテオはキャンサーが逃げ出したと思って変身解除しちゃったところをキャンサーに見られてまう。

 弦太朗の両親って、なんか技術職らしいけど、歌星の父親と同じ職場にいてたってこと有り得そうやんか。

 鍋パーティーにちらっと顔を出すけど、すぐに飛び出して鬼島のところに行く朔田。変身しようとしても出来なくなっちゃってる。
 朔田が殴り倒されたところで駆けつける弦太朗。
 フォーゼとキャンサーの戦いが始まるけど、超新星化するキャンサーってところで来週へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.20

相棒 「守るべきもの」

 ヨツバ化学工業の泊研究員が狙撃される事件が起こる。研究員は無事だったのだが、ボディーガードの土方が撃たれて亡くなる。
 土方は神戸の警察学校時代の同期で、閣僚警備の経験もある男だったが、ミノシマ大臣担当の時、警護を辞めたいと申し出たので逃げたと思われていた。
警備の仕事から逃げた男がなぜボディーガードの仕事の最中に撃たれて亡くならなければならなかったのか、神戸はこの事件に首を突っ込む。

 相棒が始まった初っ端、狙撃犯が狙ってる時BGMにサイモンとガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」がかかってたやんか。なんでこの曲選んだんやろ?映画「卒業」に使われていた曲やったけど、今回のストーリーとはあんまり関係なさそうやし。このスナイパー、サイモンとガーファンクル世代にも見えへんけど。

 この事件のあらましを聞いた右京さんは、実験を中止せよという脅迫状が届いていたことを知り、どんな実験だったのかが気になって泊研究員のところに聞きに行ったのが、右京さんらしかったやんか。

 二酸化炭素を酸素に変える研究やそうで。それが環境ビジネスに関わってきて、排出権の売買で10兆円のお金が動くとか。そこに暴力団関係者も絡んでくる。汚い仕事やけどお金が儲かるとなれば、暴力団関係者も乗り出してくるわな。

 日本丸っていうNPO法人の代表者役が手塚とおるさん。手塚さん濃いから、全部さらって行っちゃうもんな。めっちゃ怪しいやんか。今まで相棒に出てなかったのが不思議なくらい。手塚さんのこの役、また相棒のどこかのシリーズで登場せえへんかな。1回では勿体無いぞよ。

 結局土方が撃たれたのは、SPとして訓練を受けていたがために、起こった事件やったやんか。優秀なSPだからこそでしょ。問題の多いミノシマ大臣やから、土方に回ってきたとも考えられるしね。

 なぜ土方がその方向に飛び出したかということを防犯ビデオで再検証していた右京さんと神戸が気付いて「おそらくそれでしょう」って右京さんが言うんやけど、実証実験のシーンもなく、二人だけで気がつくなんて、ちょっとずるい展開とちゃうん。右京さんたちの解説によると。銃衝撃音が銃声よりも先に聞こえるので、それに土方が反応してしまったために撃たれたとか。

 狙撃犯を雇ったのは、研究所の費用をごまかして懐に入れていた所長さん。研究が上手く行かなくて研究所を辞めてアメリカに行こうとしていた泊。
 だいたいこんな凄い研究を一人に任せてる会社が甘いやろ。またこれという研究成果も無いままアメリカに渡ったところで、日本よりも競争が激しいアメリカで生きていける訳ないんちゃうん、泊研究員も甘いよな。
 
 相棒tenを振り返ると、次世代エネルギー関係の研究者ネタ、多かったよね。そしてどれも絵に描いた餅のような研究やったというべきか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.14

今週のゴーバスターズ&フォーゼ(3月2週目)

 「ゴーバスターズ MISSION3 GT-02アニマル、出撃!」

 メサイアに提案するエンターのシーンから。メサイア、エンターの言うこと全く聞いてないし(笑)。こんな上司を持ってるとエンターも苦労するんやろうな。

 今週潜入したのは病院。白衣着てウロウロしてたけど、大きな病院やと先生もたくさんいてはるやろうから、エンターがウロウロしてても、不審に思うことは無いかもね。

 3週目になってエンターの方も動きが軽快になってきてるやん。病院のエネトロンを流出されるエンター。
 司令室でエネトロンの異常消費反応を確認するのはわかるけど、メガゾードの転送反応有りって、どこでそんな情報手に入れられるんやろ。亜空間に封印した研究センターのコンピューターと繋がってたりするんやろか。

 ヒロムに子供扱いされて怒るヨーコ。だいたい兄弟でも年が近いほど仲悪いんちゃうかな、リュウジは10歳ぐらい上やから、その辺冷静に二人のことを見られるんやろうけどね。鶏嫌いなヒロム。鶏って聞いただけでフリーズしかかってるし。ヒロムは鶏でどうしてフリーズするようになったかって話あるんかな?

 今週のメタロイドは、人間にメタロ細胞注入して、メタロイドの命令を聞くように改造してしまう。動力室を占拠しているので病院の自家用タンクに貯蔵されてるエネトロンが空になりそうで、そうなるとICUにいる患者の生命が危機に陥る緊急事態。

 ということでリュウジがゴリサキと共にエネトロンをタンクにまで取りに行くことにして、その間しっくり行ってないヒロムとヨーコが病院に残ることにする。

 ゴーバスターズって変身する時の名乗り上げって、あんまり無いやんか。ゴーカイジャーとかくどいほどやってたのにね。その代わり変身する回数がちょっと多目のような気がする。 

 GT-02がエネトロンを充電してるところにやってくるメガゾード、めっちゃやばいやん。

 メガロイドに足を引っ張られてる最中に、「約束を果たしたい3人で」とかってめっちゃ重要なこと言うてたけど、どうしてそういう大事な事は司令室でのミーティングの時とかに言えないのかねぇ。

 メガゾードに向かって撃ち込まれるGT-02のロケット弾ってバナナの形してるんや。それが敵に当たる前に皮がめくれてロケット弾本体が出てくるし、お約束でバナナの皮踏んでずっこけるし。ずっこけるのも思いっきり派手にしてくれるやんか、メガゾード。

 メガゾードの反撃でエネトロンを吸い取られそうになるGT-02、そこにCB-01が駆けつけてメガゾードとの戦いを交代して、GT-02は病院に向かう。

川の中にGT-02落込っちゃってたけど、どうやって川から陸に上がったんやろね。CB-01の戦闘シーンになっちゃったから、完全に無視されてもうたけど、細かいところが気になるのが悪い癖。

 メガゾードはシャットダウン完了したけど、その頃病院のエネトロンは完全に枯渇して、停電してまう。ICUも完全に止まってるやん。そこへやっとGT-02が到着し、エネトロンが補充されて病院が動き出す。

 スーパー戦隊の定番としては怪人が倒されたら改造されてた人間が元に戻るっていうシーンがあるんやけど、今回はそういのも全くなし。その辺も新しくなってるんですかね。 

「仮面ライダーフォーゼ 第26話 有・終・輪・舞」

 やけっぱちでパワーダイザーを操縦して、ゾディアーツ1匹退治しちゃうJK。JKが操縦するのなら、ダンスっぽい動きを取り入れてみてもええんちゃうん。
 友子から褒美としてムカデのドリンクもらってたけど、ムカデってお腹壊しそうやん。

 新聞部の部長がゾディアーツの正体をスクープした壁新聞を貼り出して卒業式とプロムを阻止しようとするけど、全く何事も無かったように卒業式の準備をしてる大杉先生。新聞部の部長愕然としとったやん。

 月面に出てる美羽と弦太朗。プロムの話してたけど、宇宙服を着て話してると、その会話全部ラビットハッチでも流れちゃうんや。あんなところでしゃべってると、ラビットハッチにも流れてまうこと忘れちゃうんやろな。全部大文字に聞かれてしまってたという。

 新聞部の部長が髪ノ毛座ゾディアーツになったのは、天ノ川高校から卒業したくなかったから。愛しすぎると手放せなくなっちゃうよね。
 それにしても卒業式の飾り付けすると片っ端からぐちゃぐちゃにされちゃうって、めっちゃ仕事させられるやん大杉先生。

 メテオが髪ノ毛座ゾディアーツと1回戦うけど、もうちょっとと言うところで逃げられる。無事卒業式は行われるけど、あんなに練習してたスピーチのシーン無かったやんか、速水校長。

 卒業式は欠席したのに弦太朗に言われたからってプロムには出席する珠恵や野本。リツコのパートナーは朔田。戦いの最中はいつも逃げてるって思われてるから、プロムに参加する側に投入された気もするけど。

 仮面ライダーGIRLSの「咲いて」で生徒たちが踊り始めるけど、なんかフォークダンスに毛が生えたような感じやなぁ。やっぱり日本の文化にプロムはなじまんぞよ。フォークダンスで思い出したけど、私が通ってた高校、運動会の後、夜に運動場でキャンプファイヤーしてフォークダンス踊ったなぁ。最後は河内音頭で締めるちゅうのが恒例でしたが。日本の高校生って、そんなもんなんちゃうん。

 フォーゼが髪ノ毛座ゾディアーツと戦っているところに向かう大文字と美羽。階段駆け下りてるシーンがぶちきれて、仮面ライダーチョコビスケットのCMで弦太朗の顔がアップになったんやが、折角のドラマの雰囲気が台なしやんか。

 パワーダイザーに大文字が乗り込んでキャンサーを捕まえてたけど、キャンサーの左手のハサミって何でもスッパスッパ切ってまうんちゃうかったん。為す術も無し状態になってたし。

 髪ノ毛座ゾディアーツが粉砕されて一件落着。美羽の願いを叶えるため、弦太朗に踊ってくれと頼む大文字。
 で、大文字や美羽が弦太朗と出会った最初の頃のシーンが流れるけど、こういう思い出シーンが入ると卒業なんやなって思ったけど…。

 大学生になっても仮面ライダー部に居残る美羽と大文字。やっぱりですか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.08

今週のゴーバスターズ&フォーゼ(3月1週目)

 「ゴーバスターズ MISSION2 13年前の約束」

 初っ端から、先週は登場できんかった黄色のヘリコプターと青い装甲車(?)。瓦礫の間を飛ぶヘリコプターとか青い装甲車とか、なかなか凝ったセットと実写を上手く組み合わせてあるやんか。
 
 今週はゴーバスターズの過去の説明が中心の展開。

 エネトロンの流出を確認したら、ガソリンスタンドっていうかエネトロンスタンドの裏にある工場にエンターが作業員のコスプレしてたけど、ひょっとして毎週色んな職業のコスプレしてみせてくれるんかな、エンターは。

 この工場にまず最初に向かうリュウジ。現場に向かおうとしたヨーコはおやつ忘れて動けなくなるし、ヒロムは鶏見てフリーズするし。

 ゴーバスターズも変身した後、目のところが隠れると完成やんか。エンターもゴーグルみたいなんしてるでしょ。なんかそれって関係あるんかな?

 3人のウィークポイントは、ヨーコはカロリー補充ができないと充電切れになって、ヒロムはパニックになるとフリーズする。リュウジはパワーを使い過ぎると熱暴走でクラッシュするとか。

ヨーコは飴ちゃんが見つかってカロリー補充ができたから駆けつけられたけど、ヨーコ一人が現れただけでどっかへ行ってもうたエンターって、どうよ。

 転送研究センターは専用エネトロンタンクを持った最新の研究所だった。13年前のクリスマス、メインコンピューターが正体不明のウィルスに感染し、自我を持ったっていうシーンを見てて、ケータイ捜査官7をふと思いだしてしまったぞよ。

 その自我を持ったメインコンピューターシステムを放っておいたら世界中にこの現象が感染するということで、研究所ごと亜空間へ転送させてしまうセンター長。
 そのセンター長がヒロムの父で、ヨーコの母親も研究員の一人だった。
 転送されたシステムがメサイアですか。クリスマスがミソやねぇ。今年のクリスマス頃のゴーバスターズへのでっかい伏線が張られた感じがするやん。

 センター長が残した対抗手段とは、13年前に研究センターにいたヒロム、リュウジ、ヨーコの3人にはメタウィルスに対抗するワクチンとも言うべきプログラムが移植されていたって、どういうこと?身体の中にコンピューターのハードディスクみたいなんが埋め込まれてるんかぁ?

 ヒロムたちが連れてるロボの方もプログラムがインストールされてるのは問題ないとしても。

 司令官自身もセンター長が居ないから詳細は不明だっちゅうてるし。

 プログラムが埋め込まれているから、ロボと一緒に地上に転送されてきたんやて。

 ヒロムが皆と一緒に戦う気になったのは、「約束だから」。約束っていうのは13年前泣いているヨーコにきっと元に戻すってヒロムが約束したんや。あんだけ小さかったらお母さんから離れたら、どんな子供かて泣くやろ。子役ちゃんもマジ泣きしてたやんか。
 元に戻すっていうのも去年の震災があったから出てくるセリフなんかなぁ。

 今回は、巨大ロボが亜空間から転送されてくるまでの時間が長くて、それまでに人間サイズのメタロイドは片付けられたから、余裕で巨大ロボに搭乗できたゴーバスターズ。
 巨大ロボ相手に戦うのは今週もレッドで、イエローとブルーは人々の救助に回る。

 バグラスの巨大ロボ、エネトロンの基地を思いっきり破壊してるんですけど。毎回こんな調子で破壊されてたら、どんなに頑丈に作ってても持たんやろ。

 火炎攻撃にも怯まず立ち向かって、巨大ロボシャットダウン。

 約束を覚えててくれたことで、ちょっとヒロムのことを見直したヨーコってところで、来週へ。

 暮らしに必要なエネトロンが狙われるとかってのも、震災がなければ出て来なかった発想のような気がするよね。

 「仮面ライダーフォーゼ 第25話 卒・業・後・髪」

 気がつけば、25話、もう半分終了しちゃったんか。

 さていよいよ卒業式が迫る天ノ川高校。桜の花の下で物思いにふける美羽。なんで卒業式やのに桜やねんって皆突っ込んでたんちゃうん。 
 だいたい高校の卒業式って3月の初めぐらいなんちゃうん。桜には1ヶ月早いやろ。

 「プロムって何だ」って聞く弦太朗。日本人ならそれは当たり前やん、「プロム知らないの」っていう朔田の方が珍しいやろ。高校生活最後のダンスパーティーって、そんなん映画でしか見たことないし。

 卒業式準備中に、見たことあるゾディアーツ登場。

 かつてゾディアーツだった3人が、新聞部の部長に写真を撮られてもめているところに現れる弦太朗たち。新聞部の部長やってる鈴木かすみちゃん、アバレンジャーでリジェやっとったけど、このリジェ、主役食っとったもんな。めっちゃ印象に残るキャラやったやんか。

 友子はいまだにゴスキャラやけど、リツコは卒業が目前に迫ってるからか、すっかりゴスの方は卒業しちゃってるやん。ゾディアーツになった女子はみんな気が強いよね。

 ユウキが美羽から次期部長に指名されてたけど、いざという時の度胸があるかどうかが仮面ライダー部部長の必須条件やと思うな。

 カメレオンゾディアーツが登場して戦うフォーゼとメテオ。カメレオンゾディアーツが消えた後に髪の毛の束が落ちている。
 ドラゴンゾディアーツと戦って、髪の毛の束をフォーゼに捕まえさせるユウキ。

 犯人は髪ノ毛座のゾディアーツ。フォーゼvs3人のゾディアーツになっちゃったんで、パワーダイザーを呼び出し、操縦席にJKを座らせちゃう。
 今まで情報屋専門で戦いに参加して来なかったからなぁ、JKは。めっちゃ無手勝流やけど、その方が戦い慣れてる連中には、有効かもしれへんな。

 美羽がプロムで踊りたかったのは弦太朗だったと告白したところで来週へ。大文字も美羽にこだわらなければ、プロムで踊る相手に事欠けへんやろにな。なんてこと言うと青春真っ盛りの子たちにはデリカシーが無いって思われるやろか。
 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.05

相棒 「陣川、父親になる」

 先週が大河内監察官からの依頼やったけど、今週は陣川からの依頼。
陣川の行きつけの写真屋で働く青井ゆかりは4月2日に出産をする女性を通じて現代社会を描くというドキュメンタリーの取材を受けていた。

 そのドキュメンタリーを制作していた川野が自殺したのだが、半年以上取材を受けていた青井は川野が自殺するとは思えず、一目惚れした陣川が相談に乗っていた。

 シングルマザーで生きていこうとしている青井は、自分は幸せになってはいけないと思い込んでたんやんか。それは昔彼女の母親が働いていたクリーニング店でアイロンの不始末で火事を出し、同じビルに入っていた喫茶店のオーナー夫婦が亡くなっていたことで自分も子供の頃から罪を負っていたんよね。その姿を取材していた川野。

 で、仮ナレーションが入った状態のドキュメンタリー作品を見ていた川野と犯人。ちょうど青井が被害者の遺族から送られてきた手紙を見て涙ぐんでいる姿が映ってたんやけど、その手紙が実は川野が書いたものやったことを知っていた犯人は、やらせ演出を嫌がっていた川野がそんな事をしたことで、自分も将来は川野のようなドキュメンタリー作家になりたいという夢を壊されたために、川野の飲んでいたコーヒーに毒物を入れてまうという。

 右京さんが、犯人に向かって「あなたが川野さんを殺す理由なんてどこにもありませんよ」って叱るけど、ほんま犯人の青臭さ過ぎる動機に呆れてもうたがな。純粋培養された中学生や高校生じゃあるまいし。毒物を入手するのって、そんなに容易くないやんか。面倒くさい手続きをしている間に、ちゃんとした大人なら踏みとどまれるんちゃうん。
 そういえば現実に最近はあんまり毒物混入事件って聞かなくなったよね。たまにあるのは毒物を入手しやすい研究所員とかが、皆で使う電気ポットに入れちゃったとか。やっぱり入手するのに面倒くさくなったから減ったとみるべきなんやろか。

 来週の予告見たら、合田雅吏さんがゲストやんか。今週が助さんで来週が格さんかよっ(笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »