« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012.08.31

今週のゴーバスターズ&フォーゼ(8月4週目)

 「ゴーカイジャー Mission27 暴走コンビで迷宮脱出!」

 今週はスーパー戦隊恒例最強のキャラ・女子高生登場回。

 生体プログラム研究所に現れたエンター。ここ最近、エンターの出番の方が多いんで、私は楽しいけど、エスケイプ目当ての男子はつまらんやろな。
 研究所なんで、白衣の研究員スタイル。でもめっちゃチャラい研究員のエンター。マジェスティの進化を促進できるプログラムを見つけてもうたんかいな。でもアップデートって、しょっちゅうマジェスティに進化するようにデータを送り続けるって意味かな。

 司令室ではゴリサキが亜空間シュミレーション用のプロテクターを開発したんやけど、この間試作品で陣マサトとヨーコが着用してたのとは働きが違うやんか。ゴリサキ、プロテクター好きやなぁ。訓練スタッグが「俺から」っていうたら、陣マサトに「バディーロイドが訓練してどうすんだよ」って突っ込んでたけど、スタッグは亜空間の状態知ってるんちゃうん。そっちを突っ込んで欲しかったような。

 プロテクターに亜空間の負荷を掛けた途端、3人とも動けなくなってもうたけど、スタッグに亜空間状態で動く模範見せてもらっても良かったかな。

 生体プログラム研究所の工藤博士の元を訪れるゴーバスターズ。工藤博士はヴァグラスを見てないって言うんやけど、スタッグと握手させて嘘を付いていないか試してみる。「俺と握手」って毎週やってるCMでお馴染みのセリフやんか。

 エンターが作ったメタロイド、隠すっていうメタウィルスを防犯カメラにインストールしてたけど、防犯カメラって目立ちにくい場所に設置してるとはいえ、映すという働きはするけど、隠すっていう働きはないやんか。なので今までのメタロイドと違い、本来の働きでないものって珍しいよね。

 エンターが亜空間と長い時間つながっているので、居場所がバレるのを恐れて亜空間に戻る陣マサト。ということは陣マサトがゴーバスタービートに搭乗して戦ってる時に、エンターが亜空間につながってると居場所がバレる危険性がめっちゃ高くなるってことちゃうんかな。

 防犯カメラメタロイドを探してる途中で、キャピキャピの女子高生に「ちょっと残念はいってるけどイケメン」とか言われてまうリュウジ。
 これが工藤博士の娘で、子供の頃の写真とは全然違ってるんやけど、何があったんやろ。父親が仕事中心の生活であんまり自分のことかまってくれへんから、振り向いて欲しくて、道踏み外しちゃったんかな。

 リュウジに説教されちゃったよ。でもあんまり聞いてない女子高生。

 なんで迷路になっていたかというと、廊下に設置してある防犯カメラが偽物の壁を映し出していたから。ということで防犯カメラを撃ちこわしちゃってるリュウジ。そこで研究室に行ける廊下が見つかる。
 バグラーを倒して研究室にやってきたリュウジたちの前に、エンターが立ちふさがるんやけど、エンターのアクションのキレがめっちゃ良くなってるやんか。取り敢えず、エンターのマジェスティ進化促進は阻止したリュウジ。

 メタロイドの方は、ヒロム・ヨーコ・スタッグの3人で無事削除完了。

 メガゾードが擬似亜空間を出したので、陣マサトが戻ってくる。この時既に7時51分やからねぇ、巨大ロボ戦はバタバタやな。

 グレートゴーバスターを発進させるんやけど、擬似亜空間を縮ませるという技でいつもよりも圧迫感がひどくなる。でも陣マサトもそれに対策ちゃんと考えてるし。ただし、押しつぶされそうな演技をしながらのセリフやから、解説がよく聞き取れないぞよ。とにかく擬似亜空間が消えて、グレートゴーバスターも一撃必殺、シャットダウン完了。

 女子高生に褒められて、鼻の下が長くなるリュウジ。お父さんもポラロイドもらって目尻が下がりっぱなしやったけどね。サブタイトルの暴走コンビはちょっとオーバーやったな。 

「仮面ライダーフォーゼ 最終話 青・春・銀・河」

 爆破されたラビットハッチにいる弦太朗と朔田の前に我望と立神が現れてフォーゼドライバーを返したところから。
 弦太朗にフォーゼドライバーを返したってことは、弦太朗がフォーゼになっても自分なら勝てるっていう自信の現れでもあるんやろな。今度邪魔したら容赦しないとかって威嚇してたけど。

 教室に集まって歌星からの手紙を読むユウキ。歌星が残した言葉を聞きながらマジ泣きしてる仮面ライダー部員を見てて、ほんま1年間お疲れ様でしたって思ったんよね。みんなそれぞれに成長した姿を見せてくれたし。まぁこのメンバーが泣いてる姿見て、もらい泣きはでけへんかったけど。

 傷だらけの大杉先生が、理事長がヤバイって力説してるのに話を聞かない他の先生方。懐かしい顔が並んでるやんか。この辺が最終回のお楽しみやけど。
 その時我望の校内放送が流れる。

 そして弦太朗と朔田がサジタリウスの元に向かう。爆破シーンもめっちゃ強力やんか、バイクアクションもたっぷりやし。
 フォーゼなんか、色んなスイッチの攻撃を次から次へと出してきて、それをスピード感たっぷりにつなげてあるやん。この数分のシーン撮るためにどれだけ時間かかったんやろかって思ったがな。

 レオの相手をするのはメテオ。前回立神に「お前の定めは俺が決める」を聞きあきたって言われたからなのか、「俺の定めは俺が決める」って言うてるし。
 「お前の定めは俺が決める」って言うてる間は勝たれへんってことやね。で朔田ですが、最終回近辺では目付きに凄みが出て、この子もヒーローになったなと思ったんやけど。

 コズミックステイツでサジタリウスと戦うフォーゼ、天高の体育館にサジタリウスを連れてくる。
 そこには我望からの卒業式の飾り付けがしてあった。美羽が頼めばこれくらいの看板とか金屏風とか生花とかすぐに揃っちゃうわな。

 フォーゼに変身せずにサジタリウスと戦う弦太朗。卒業生の言葉、めっちゃええセリフやったのに、私としてはセリフとセリフの間に我望と弦太朗の戦う姿が挟まってるのは違和感あるんやなぁ。

 サジタリウスから我望本人に戻って、弦太朗は我望と友だちになるんやけど、超進化の無理がきてしまう。我望の最後の頼みとして弦太朗たちがプレゼンターに会ってくれと言う。
 公園で消えていく我望。我望も子供の頃に宇宙からの声を聞いて宇宙飛行士にまでなったのに、プレゼンターに振り回された一生やったのかも。
 プレゼンターって、スイッチをばらまいていった宇宙人でしょ、結局。全宇宙の意思とかって我望の勘違いやったりしてね。憧れすぎて、妄想がふくらんだのかも。

 新学期、歌星からの手紙を川に捨てようとしたら、後ろから歌星に止められる。そうそうフォーゼの初回はそっから始まったんやったな。
 歌星は我望が最後の力を振り絞ってアクエリアスに変身し、コアスイッチを壊れる前の状態に戻して、スイッチを押したのではないかと推測してた。

 最後の最後に園田先生とかヴァルゴが我望の前から隠した人たちも戻ってきてくれたら、もっと楽しく見終えることができたような。
  
 1年って早いよねぇ。中島かずき先生を始めとして、スタッフ・キャストの皆さん、お疲れ様でした。 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.29

今週のフォーゼ(8月3週目)

 高校野球で休止した2話分まとめていっちゃいますので、よろしくお願いします。

 「仮面ライダーフォーゼ 第46話 孤・高・射・手」

 人類進化系の頂点に立つサジタリウスゾディアーツと宣言した我望理事長のところから。
 ビスケスから元の蘭に戻ったのは偉いよな。力が使えるとその魔力に振り回されるのが多かったからね、ゾディアーツは。

 倒れた歌星が夢(?)の中で、自分の身体の中にアストロスイッチが取り込まれ、気がつくと手の中にあったスイッチを押すと赤ん坊の鳴き声が。

 速水校長の怪我をラビットハッチで治療してやる仮面ライダー部員たち。
 やっぱり幹部スイッチはフォーゼになっても壊すことできないんか。そりゃぁ今まで潰すチャンスいくらでもあったのに放置してきたのも仕方ないよな。

 JKに園田先生がスコーピオン・ゾディアーツやったこと今頃教えてもらってる大杉先生。もう園田先生の存在なんかすっかり忘れてた感じやったのに。最終回が近いから思い出したというか、取ってつけたというか。

 目が覚めたら自分の部屋にいた歌星。ユウキが側に付いていてくれて、目覚めた歌星におかゆを作ってくれる。土鍋からよそってあげるところまでは良かったけど、歌星の顔の真ん前に茶碗突き出すところがユウキらしいよな。宇宙おかゆじゃなくて残念がってたけど。

 我望の謁見部屋って理事長室の隣やったんかいな。

 ハル君のところに行ったのはJKと友子。でもそこに立神がやってきて人質に。フードロイドのカメラに向かってハル君をバックに自分撮りしてるのがちょっと可愛いよね、立神。
 ビスケスのスイッチを持ってハル君のところに行ってしまう蘭。

 謁見部屋にやってきた弦太朗と朔田と速水校長。ジェミニ爆弾体から逃げきれずに爆発に巻き込まれる速水。逃げ出せた弦太朗と朔田の前には例の鏡獅子みたいなゾディアーツの手下が襲いかかる。メテオがフォーゼからマグネットステイツのNの方借りて、フォーゼとメテオが協力して手下を倒しちゃう。こんなことできるんやったら、もっと早くからこういう攻撃方法使ったら良かったのにね。

 「ハルを助けたければ、俺に勝つことだ」って立神言われて、ビスケスに変身してまう蘭。蘭はレオがめっちゃ強いこと知らんからなぁ。結局ゾディアーツで一番強かったんレオやったよな。
 魚座やから、海の中通ったりしてたやんか。一回レオを海の中に引きずりこんでみても良かったんちゃう。結構水には弱かったかもね。
 
 レオとビスケスが戦ってるところにフォーゼがやってくるんやけど、このフォーゼはリブラが化けてたもの。リブラはビスケススイッチを手に入れるため、仮面ライダー部員を騙してた。速水がいつも自分の知らないことばかり起こって憮然としてたり、立神と喧嘩してたのは、長~い前フリ見せられてたってことかいな。

 フォーゼvsリブラ、メテオvsレオが戦ってるところにサジタリウス登場。12個スイッチが揃って、天に登っていくサジタリウス。周りは夜のように暗くなり、ダークネビュラが開こうとしたとき、歌星が現れて、江本教授のデータによるとサジタリウスがダークネビュラへ行こうとするこの時、サジタリウスの攻撃力が0になるので倒すことができると教える。でフォーゼが攻撃しようとした時に、自らを盾にしてサジタリウスを守るリブラ。

 あれだけ自分の命が助かりたいって言うてたのに、自分から我望に身を捧げちゃったんや。東映公式によると速水がなぜ我望の誘いに乗ったのかっていうシーンがあったらしいんやけど、尺の都合でカットになったとか。我望に対する速水の忠誠心がどうして生まれたのか、きっかけが分かったら感動できたかもしれへんのに、惜しいことしたなぁ。

 我望はリブラの死に対して、彼は私という太陽の周りを廻る衛星みたいなもんだって言うてたけど、めっちゃ思い上がりやんか。

 歌星の怒りの力で12個のスイッチが落ち、ダークネビュラの入り口が消える。倒れた歌星の身体が青白く光ったところで、47話へ。

 「仮面ライダーフォーゼ 第47話 親・友・別・離」

 歌星はコズミックスイッチから生まれたコズミックチャイルドやったという仮面ライダーフォーゼの核心やねんけど、コズミックエナジーがマテリアライズされたものだって言われても意味分からへんし。この言葉の意味聞いてすぐ分かる年代ってめっちゃ限られてると思うねんけど。ググったところによると「コズミックエナジーが物質化したものやそうで。

 歌星の解説によると、コアスイッチとはプレゼンターが他の惑星の知的生命体との接触のために宇宙各地にばらまいたアイテム。その秘密を解ける理性を持つ生命体だけが彼らとコンタクトできる。

 フォーゼシステムによる安全なワープ工法を開発しようとする歌星父とゾディアーツスイッチによる人類の強制進化を主張する我望との対立。ゾディアーツスイッチの開発に成功していた我望は彼を支持する江本に歌星の排除を命じるんやけど、その前日にコアスイッチからコアチャイルドが誕生していて、改心した江本が賢吾を親戚に預けた。

 なんか最終回を前にして、大慌てで伏線を回収してるやん。

 コアスイッチのせいでダークネビュラが召喚できなくてお怒りのサジタリウス。超新星化したら赤いデビルマンかと思ったやん。頭の黒い飾り物がデビルマンの耳に似てた気がしたし。額のデザインがなんでラスボスが一番仮面ライダーらしいんやと、ちょっと???でしたな。

 覚醒したコアチャイルドがフォーゼドライバーを使うとワープゲートが開くのか。
 
 ラビットハッチに立神が歌星を探しに現れる。レオに変身したんで、メテオが相手をするんやけどメテオが「お前のサダメは俺が決める」って言うたら、レオに聞き飽きたって言われてるし。確かに毎回言うてるけど、レオのサダメは全然決められへんかったもんな、今まで。
 レオに思いっきり破壊されるラビットハッチ。

 そのころ弦太朗と歌星とユウキはJAXAの地球の模型の前で、歌星の本心を確かめてフォーゼドライバーを渡す。もう弦太朗も歌星もマジ泣きしてるやん。まぁ弦太朗は泣きの芝居ができるほど、まだ演技力があるとは思えないから、それでええんやけど。将来、こんな芝居してた頃もあったんやなぁと懐かしい思い出になりそうな気がする。

 ラビットハッチが壊されたことを聞いて駆けつける3人。そこへ我望も現れて、フォーゼvsサジタリウス・レオの戦いが始まるんやけど、ラビットハッチの窓を突き破って、フォーゼ・サジタリウス・レオが出ていったもんやから、空気が漏れるってことで、みんなはラビットハッチから待避する。
 窓から吸いだされそうになったユウキの腕を掴んで手紙を渡す歌星。なかなか印象的な別れのシーンやんか。

 月面でフォーゼがサジタリウス・レオと戦ってるところに歌星がやってきて、歌星の力でサジタリウスとレオを弾き飛ばす。その後メテオが飛んでくる。
 歌星が弦太朗からフォーゼドライバーを受け取り、ワープゲートを開こうとするんやけど、そこにサジタリウスがやってきて阻止する。

 歌星は倒れ、手から落ちたコアスイッチがサジタリウスによって壊され、歌星は消えてしまうってところで最終回へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.23

今週のゴーバスターズ(8月3週目)

 「ゴーバスターズ Mission26 小さな強敵!司令室SOS」

 ヒロムが落としたシャーペンを渡して欲しいとヨーコに頼むオペレーターの中村ちゃん。ヨーコに同じチームなんやから、自分で渡したらって言われてたけど、タイミングって難しいもんな。ヨーコが駄目なら、森下君とかリュウジとかニックやったら頼みやすそうやんか。

 今日のエンターのコスプレは学校の先生。でも夏休みで誰も生徒おらへんし、まぁそこがエンターのおもろいところ。なんかエンターがチマチマ黒いマニュキュア塗ってるの想像してまうよな。

 消しゴムに消すっていうメタウィルスをインストールしたのに、メタロイド化しなかったもんやから、失敗したと思って消しゴム投げ捨てたら、なんと消しゴムの大きさのままメタロイドになっていた。
 可愛いやん。ゴーカイジャー「スパイ小作戦」に出てきたスニークブラザーズのエルダーに並ぶぐらいおもろかったし。

 消しゴムメタロイドの方はエンターのこと「親ビン」とか言うて慕ってくれてるのに、エンターは「しっぱ、ぱっぱっぱっ」とかって完全に存在を消し去ってもうてるやんか。そこからして消えるという行為は成功してるとも言えるよね。

 ゴーバスターたちもメガゾードの転送完了に備えて司令室に戻って来いと命令されてたけど、一応教室の中とか探してみても良かったんやろな。
 スタッグだけは野生の感が、ちょっとだけ働いてたみたいやけど。

 ヒロムたちが司令室に戻ってきた途端、バディーロイドやパソコンのデータが消え始める。だいたいパソコンのオペレーターやってたら、もっとデータが消えてることに驚くもんちゃうん。ちょっと落ち着き過ぎのような。
 メガゾードの転送完了時間カウントの最中に画面が消えたのには、さすがに中村ちゃんもびっくりしてたけど。あと6秒までカウントしたんやから、もうすぐに降りてくること分かるやん。ゴーバスターたちは中村ちゃんに頼りすぎやろ。

 メガゾードの左腕の消しゴムでボヨヨンパンチ受けたら、ゴーバスターオーに合体しようとしても合体のプログラムデータが消えてしまってる。

 後から陣マサトたちがやってきて、メガゾードと戦いを始めようとするんやけど、もっと連絡を密にとらんとあかんよね。リュウジが「先輩駄目です」っていうだけで、何が駄目かちゃんと言わへんから、ビートバスターまでボヨヨンパンチ当たっちゃってるし。ほんま言うの遅いがな。

 バスターヘラクレスになられへんかったのは、ちょっと可愛かったけど。

 合体できなかったゴーバスターオーのコンバインオペレーションをオートマチックからマニュアルに切り替えて操作することを提案する中村ちゃん。
操作のタイミングと合体する位置を計算するって中村ちゃんは言うんやけど、なんと手作業やて。それ聞いて、初め嫌がってた森下君もヤル気出してるやん。理数系男子の血が燃えたんやろか。数学オタクやったりしてね。

 ヒロムもメガゾードから攻撃されてイライラしてるのは分かるけど、計算してる横でゴチャゴチャ言われたら、中村ちゃんが怒る気持ちも痛いほど分かるよね。
 中村ちゃんが怒るなんて、これっぽっちも思ったことなかったから、素直に謝っちゃうヒロム。

 中村ちゃんが計算間違ったからって答えを消してたけど、なんか難しい計算やんか。√とかlimとか並んでたぞよ。こうなるとさっぱりお手上げ。
 この答えを消したのに使ったのが消しゴムメタロイド。

 突然スタッグが「取り敢えずお前たちのことはどうでもいいが、それにしても隙が多すぎるぞ。さっきもだ。基地に手足のついた消しゴムをくっつけて帰るとはな」って言い出す。ほんまスタッグのずれ具合最高やね。

 中村ちゃんがさっき使った消しゴムがメタロイドやと気がつく。で、攻撃されそうになったところで司令官がモップを手にメタロイドを追いかけるんやけど、そのモップの振り回し方がなかなかカッコ良かったし。司令官って、時代劇で槍を振り回すような役したことあったんやろか。

 スタッグがCB-01に合体して04もどきの方やっつけちゃう。ゴーバスターエーススタッグカスタム。どっちか一方がボヨヨンパンチ受けてなかったら、合体できちゃうんや。

 司令官、壁際のいいところまでメタロイド追い詰めたのに、デコピン攻撃で意識失ってまうって。

 計算終了したから、中村ちゃんが角度を読み上げて、森下くんがメタロイドを追いかける。無事ゴーバスターオーに合体できて、あっという間にメガゾードシャットダウン。

 ありゃ、森下くんもダウンしちゃったやんか。で、危機一髪のところでヒロムが戻ってきてメタロイドを撃ち落とす。

 今週のメタロイドが、今まで出てきた中でも優秀さでは群を抜いてたりして。

 無事ヒロムにシャーペンを返せた中村ちゃん。でもヒロムに「結構怖い人だったんですね」って言われてもうてるし。まぁ怖いぐらいに思われてたほうが良いかもね。

 さて、仮面ライダーフォーゼですが、雨で高校野球が1日順延しちゃったもんやから、今週もありません。2週も抜けるとストーリーが全く記憶から抜け落ちてもうてるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.19

今年はPETOMATO その7

Petomato0819

なんと1ヶ月の間にこんな盆栽みたいな育ち方をしてしまったPETOMATO。
水もぐんぐん吸い上げるので、仕事から帰ってきたら毎日水のチェックせなあきません。

花の一つも付いてたら、もうちょっとレポートにも力はいるのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.17

今週のゴーバスターズ(8月2週目)

 「ゴーバスターズ Mission25 アバターの謎を追え!」

 お盆といえば怪談というベタなネタ。屋上で番町皿屋敷の話をして女子とニックを怖がらせる陣マサト。今時の女子は番町皿屋敷で怖がるんやろか?めっちゃ古典中の古典やけど。どっちか言うと話で怖がらせたと言うよりも、「お前か~っ」て怒鳴ってた方に驚いたって感じかな。

 リュウジが陣マサトを呼び出したは、陣マサトが13年前の姿でいることに何か理由があるのか、亜空間にいるマサトがどんな状態なのか聞こうと思ったため。でも陣マサトは怪談始めちゃったって。
 
 河原で拾った灯籠のろうそくに怖がらせるをインストールしたエスケイプ。エンターの嫌味なんか全然気にしてないところが自信過剰というか。
 メタロイドの出現に急行するゴーバスターズやけど、河原の鉄橋の橋脚にまでゴーバスターズの出入口作ってあるんかよ。それはちょっと作り過ぎとちゃうんかいな。
 河原で見つけたのは、悪夢にうなされる人たち。メタロイドの頭の上で燃えているろうそくの火を見ると催眠状態になって自分の一番怖いものを見てまうという。ヒロムは巨大鶏。リュウジはゾンビで、ヨーコは井戸から皿の枚数を数えながら現れる白い着物にざんばら髪の女の人。幽霊の姿としてはざんばら髪で白い着物が常識やねんけど、番町皿屋敷のお菊さんって腰元姿の幽霊なんよ、なのでざんばら髪じゃなくて高島田やし、着物も白やなくて矢絣なんやけど。

 折角人間に恐怖を味わせているのに、戦う相手がいないとエスケイプに怒られるろうそくメタロイド。慌てっぷりがおもろいやん。

 エスケイプが怒って帰った後で、陣マサトとスタッグ登場。スタッグは機械なんでメタロイドの催眠が効かないってことで、いつもは「俺にかぶるな」ってどかされるのに、今日はスタッグをどかさない陣マサト。で、変身した陣マサトがろうそくの火を消したら、催眠状態が解けちゃう。
 これ見て気がついたんやけど、今年の戦隊は水攻撃するメンバーおれへんということ。

 悪夢が覚める前のお菊さん、貞子になってるんですけど。これを見ると貞子が日本の幽霊像を一変したと言えんこともないような。

 あらら、ヒロムのフリーズだけは解けないやん。

 ろうそくメタロイド、反省してるやん。小さすぎた恐怖の影響力を広げるために見つけたのが放送局。というかメガゾード転送警報ってニュースで流してたんかよ、それは凄い。

 リュウジって一つの問題が解けなかったら、前に進めないタイプみたいやね。今週はネチネチと亜空間とアバターの関係について考えてるし。

 陣マサトが「デモもストもねぇえんだよ」って言うた時に、折角深刻なBGMまで流してたのをストップして、「そのセリフ古いです」っていうリュウジ。そのツッコミは我々のために残しておいてよ。ノリツッコミは止めてくだされ。

 メタロイドが現れたテレビ局にやって来るリュウジたち。今日のエスケイプの相手はリュウジ。スタジオで大暴れやんか。あの窓の外の感じははぐれ刑事純情派のセットかな?折角いいところまで攻め込んだのに、エスケイプに「メサイアはお前を何のイメージで」なんて質問して隙ができたもんやから、反対にエスケイプに撃ちこまれまう。

 ライトで体温上げて、軽く熱暴走。なかなか見応えのあるアクションシーン。ここまでエスケイプと互角に戦ったのって、今まで無かったんちゃうん。ゴクがちょっと欠けてもうたみたいやん。

 エスケイプとリュウジが戦ってる間に、外ではメガゾードがエネトロンタンクを燃やしてエネトロンを奪おうとしてるのを、悪夢から覚めるのに他の2人よりちょっと時間がかかったヒロムが、反省するローソクメタロイドはヨーコ・陣マサト・スタッグがシャットダウン。

 バスターヘラクレスがエネトロンタンクの火を叩いて消したけど、こんなシーン見ると水を武器にするメンバーが1人おってもええんちゃうんって思ってまうよね。

 火で苦労したのに、今日のラストはみんなで花火か。

 亜空間の話をする度にリュウジは「お前とヨーコちゃんには辛い結果が待ってるかもしれない」って言うてるような気がする。1ヶ月に1回ぐらいは必ずこのセリフ出てくるような。

  仮面ライダーフォーゼは、高校野球のため休止中です、悪しからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.08

今週のゴーバスターズ&フォーゼ(8月1週目)

 「ゴーバスターズ Mission24 トレビアンな夏祭り」

 非番にニックと出かけたヒロム。リュウジとヨーコに何も言わんと出掛けるから、あれこれ詮索されてまうんやんか。洋服買いに行ったとか、草野球してるとか、映画に行ったとか。映画館の観客のメンツ見たら、小さなお友達向けの映画ではなさそうやん。ニック、エネトロン缶持ってたけど、基本映画館って持ち込みの飲食物はお断りとちゃうかったっけ?

 先週はヨーコの子供の頃の話で、今週はヒロムの中学時代の話。いい流れやなぁ。

 ニックが落としたチラシをゴリサキが持ってくる。さすがニック、ちょっと抜けてる。

 サブタイトルを読むナレーターさん。トレビアンはエンターみたいに「トレビア~ン」て言ってもらうともっと良かったかも。

 メタロイドが出たわけでもないのに、ヒロムが何をしにサマーフェスティバルに行ったのか気になってやってくるリュウジとヨーコ。それって私用やん、仕事中にそんなことしたらあかんやろ。たぶんヨーコにねだられて、リュウジがOKしちゃったんやろな。司令官には内緒で。
 ジュースの買い出しに出たニックを見つけて、訪ねて行ってる先で見たのは、ジャグリングをするピエロ姿のヒロム。

 ヒロムにゴーバスターズの制服で来ちゃったことで文句を言われるリュウジとヨーコ。ヒロムは中学時代の大道芸部に欠員ができたので、フェスティバルのお手伝いに来たとのこと。

 そのころエンターは神社の夏祭りの屋台に浴衣姿で現れる。なんかいつものエンターと違うなと思ったら、ヘアスタイルも浴衣に合わせてるんや。気だるそうな感じやんか。エンターが狙いを付けたのはわたあめ製造機。エンターがわたあめ製造機のことを知ってるとは驚いたけどね。

 メタロイドの出現の連絡を受けて現場に向かおうとしたヒロムを引き止めたのは中学時代の担任で部活顧問だった設楽先生。設楽先生ってかなり天然なんやろな、ゴーバスターズの制服見て、「あの人達も大道芸人?」って聞いちゃうし。普通なら警備員?って聞くんちゃうん。

 わたあめメタロイド、何を絡めとるのかと思ったら夏祭りの露店で売ってる焼きそばとかたこ焼きの燃料をわたあめみたいに絡めとってるがな。なんとチマチマした集め方やろ。こんなんじゃメガゾード1体呼ぶのに、どれだけ集めなあかんねやろ。

 エスケイプっていうアクションバリバリのお姉さんが登場した以上、エンターもアクションがんばらんと、目立たなくなるもんな。
 いつも通り適当にあしらって逃げちゃったけど。

 ヒロムの中学時代。特命戦隊に早く参加したいと考えていたので、友達も作らずにメガゾードの本ばかり読んでたって。そりゃぁ担任としては両親がいなくて、お姉さんと二人暮らしの上に、自分の殻に閉じこもってるってのは心配なはず。
 だから自分が顧問をやってる大道芸部に無理矢理入部させちゃうって。かなり変わった部活動やから、部員勧誘するのも大変やろうけど。
 
 そのお陰でヒロムもちょっとは視野が広がったみたいやんか。でこのフェスティバルは先生の送別会やねんけど、設楽先生日本の大道芸を海外に広めたいやて。う~ん、やっぱりこの先生は天然としか思えんなぁ。ボランティアで世界の子供たちに日本語を教えるみたいな活動が似合いそうな先生やのに。

 ヒロムたちのフェスティバルの会場に現れるメタロイド。絶対狙ってたんやで。会場から離れた森の中へ引っ張りだして戦いを始めるゴーバスターズ。
 メタロイド、両手に持ったエネトロンを絡める金串みたいなんだけが武器で、ゴーバスターズたちが撃った光線を絡めて反対に撃ち返したりするぐらい。でもその時「いくらでもいらっしゃ~い」ってセリフで桂三枝の持ちギャグやってまうというのは、中の人関西人なんやろか?
 そのアクションに合わせて、声優さんがアフレコしてるんでしょ。

 メガゾードがフェスティバル会場の近くに現れ、みんなは避難してるのに設楽先生だけが忘れ物を取りに会場内の控え室に。そこでメガゾードに踏み潰されそうになったところをレッドバスターに助けられる。
 先生が取りに戻ったのは、みんなに渡すための記念写真。

 陣マサトとスタッグが増えたのに、メガゾードが現れると結局リュウジとヨーコでメタロイドと戦うってパターン多いよね。メタロイドが助けてくれたらわたあめ上げるとか言うてたけど、言う相手間違えてるやん。この二人はエネトロンのわたあめ食べへんし。
 で、リュウジがメタロイドの技を真似て、あっさりシャットダウン。

 メガゾードの方は、ゴーバスターエースに搭乗したヒロムがSK-05を借りて、サーフィンみたいに乗っかってメガゾードを一刀両断してたけど、SK-05がゴーバスターエースを乗っけられるほど大きいってのに、ちょっとびっくり。でSK-05から飛び降りたゴーバスターエースカッコ良かったやん。

 ということで無事に野外劇場に客入れできた大道芸部員たち。レッドバスターがヒロムやってことも設楽先生にはバレたみたいやし。

 リュウジとヨーコも最後やってきたけど、ゴーバスターズの制服やなくて私服の方が良かったんちゃうん。

 設楽先生やってた女優さん、宝塚歌劇出身やそうやけど、もう娘役さんそのまんまやったやんか。

 「仮面ライダーフォーゼ 第45話 天・秤・離・反」

 学食で歌星の誕生日パーティーを開く仮面ライダー部員たち。いつもはラビットハッチでつるんでるのに、なぜ今回だけ???やよね。いくら夏休みで他の生徒があんまりおらへんとはいえ。

 で、何を考えているのか我望も学食で新メニュー作りをしてて、仮面ライダー部員たちに試食してもらってるし。我望が作ってるところ見て、これはきっと何か怪しいスープを作ってるに違いないって思っちゃったという。

 弦太朗が我望と友だちになろうとしたら、我望が「人間には友達を必要としない人種もいる。」って言うてたな。

 歌星が倒れたことで20年前の月面シーンに。我望が手に持ってた機械、放射能でも測ってるのかと思ったら、プレゼンターからのスイッチを探してた。これがどこに行ったか分からなくなってるってことかな。
 岩にけつまずいてこけそうになった我望を支える歌星父。月面って重力があまり無いらしいのに、けつまずいてあんなこけかたするんやろかとふと疑問に思ってもうた。あのプレゼンターからのスイッチのせいで歌星父は我望に殺されてもうたんか。でもあのプレゼンタースイッチ、どこにあるんやろ。

 仮面ライダー新入部員の蘭ちゃんを速水校長が迎えに来る。で、自動車に乗せて逃げようとしていたところをレオ・ゾディアーツに止められる。
 この海岸、最終決戦的なシーンにぴったりやな。速水校長、自分の愚かさに気がついたと言って、リブラに変身してレオと戦い始める。

 レオが登場した頃は、メテオと戦ってることが多かったから、ひょっとしてレオの息の根を止める役回りはメテオかと思ってたんやけど、普段から仲があんまり良くなかったリブラとレオが戦うことになるのは既定路線やったんやろな。

 アクエリアスに変身したレオをリブラが捕まえて、フォーゼが斬りつけても、アクエリアスの側が破けるだけで、レオはなんとも無く現れるって、この不死身な強さ、どこに弱点があるんやろ。

 速水校長の口から、サジタリウスは我望であることも明かされる。これが最終章の開幕ブザーってところかな。
12個のホロスコープスイッチで膨大なコズミックエナジーを制御し、ザ・ホールとワープゲートでダークネビュラを作り、そしてそこからプレゼンターに一気にワープする。ワープの際に生じるダークネビュラの衝撃波により地上に大きな被害が及ぶ。
 今まで、速水校長ってホロスコープスの中でも蚊帳の外的な扱いで、知らんこと多かったやんか。めっちゃ解説してくれてるけど、これって一人でコツコツ調べてたんやろか。

 スイッチが12個揃わなければ、ワープゲートは開かないらしいのやが、ホロスコープスのスイッチって普通のゾディアーツスイッチみたいにフォーゼの力で潰すってことはでけへんという設定なんやろな。今までホロスコープスイッチを潰そうとフォーゼがしたことなかったから。
 
 速水校長は、今まで天高の多くの生徒達をゾディアーツにしてきたことを反省して、一緒に戦わせて欲しいと頼むやんか、それで朔田にスイッチを渡すけど、その時に壊すとかタチバナが使ってた人工衛星に保存するとかって考えへんかったんが甘かったよね。

 蘭を美羽の家で匿うことにするが、アクエリアスの破片が蘭のポケットから出てくる。それがレオを呼び寄せてしまう。

 蘭を守ろうとフォーゼ・メテオに変身して戦おうとするけど、レオが呼び寄せた忍者手下。さすがレオの手下だけあって連獅子みたいな被り物してるやん。
 レオにリブラスイッチ奪われてまうって、どんどん窮地に追い込まれていくやんか。追い込まれれば追い込まれるほど、爆発力も増すってもんやけどね。

 レオに素手で戦う速水校長。いたぶられる速水校長の姿を見て、正義感の強い蘭はスイッチを押してビスケスになってまう。その正義感は蘭らしいと思うけど、12個目のホロスコープスイッチが出現したらどうなるかって話聞いてたはずやのに。

 フォーゼとメテオは、ようやくコズミックステイツとメテオストームで連獅子やっつけるけど、朔田が「遅かったか」てつぶやくのまさしくそのとおりやん。

 フォーゼが蘭を止めさせようとしたところで、真打登場というか我望が現れる。プレゼンターに会いに行く事をめっちゃ楽しみにしてるみたいやけど、プレゼンターに受け入れられると勝手に思い込んでるのが可哀想に思えてきたで。

 テレビシリーズでは、我望がプレゼンターに会いに行かれへんかったとしても、将来劇場版でプレゼンターにフォーゼが会いに行こうとするストーリーとかありそうやな。
 
 

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.05

今週のゴーバスターズ(7月5週目)

 「ゴーバスターズ Mission23 意思を継ぐ者」

 ヨーコの誕生日パーティーの話を聞きつけて、パーティーに出席させろと司令官に電話する陣マサト。
そん時司令官が「お前、大丈夫なのか。しょっちゅうこっち来てて」って言うたけど、「こっち」っていうのは亜空間から地上にってことやねんな。私は、最初このセリフ聞いた時、司令官室に入り浸るんのどこが大丈夫って心配することなんやろうって思ってもうたという。

 スタッグもちょっと心配してるし、陣マサトの後ろ姿、実体化が危うくなってきてるみたいやん。

 陣マサトが持ってきた黄色い花の花束、なんかオールアップした時にもらう花束みたいやん。だいたいイエローなら黄色い花束もらってたりする写真載ってたりするやんか。これぐらいの歳の女子は誕生日は花よりダンゴかもよ。

 屋上でBBQパーティー。陣マサトはヨーコを生まれた時から知ってるって。そんな話をしてる横で、スタッグがエネトロン缶を飲むのにトングで挟んでたやんか。こんな火の側でエネトロン缶大丈夫なんやろか。
 ヨーコのお母さんはメガゾードのパイロットで、陣マサトが設計したメガゾードのテストをいつも頼んでたって。

 エンターがメガゾードを動かしてエネトロン回収担当で、エスケイプはゴクとマゴクを満足させられるような戦いをしたいからメタロイド担当。
 こういうタッグを組むとなるとゴーバスターズも大変になるやんか。そしてテレビの前の我々は、エンターのコスプレを見る機会が減ってまうんとちゃうん。それはおもろないで。

 そんな話をしてるところに、おとなしそうな小学校低学年の男子が。エスケイプの顔見て、小首かしげるのが可愛いやん。でもエスケイプにランドセルの中身ひっくり返されて、磁石取られてまうけど。
 小学生の持ってた磁石はU字型で銀と赤の2色やったのに、メタロイドの腕に付いてる磁石は棒状で赤と青の色分けしてるやつやん。メタロイドが、インストールされた物とちょっと形式が違ってるのがこうも続くというのは、わざと変えてると解釈したほうがいいんやろか。

 磁石メタロイドの攻撃を受けて、頭に青か赤のアンテナが付いっちゃった人間や物は赤と青でくっつこうとしてまう。

 ヒロムがやってきて、みんなの頭に付いてるアンテナを切り落としたら、一瞬は離れるんやけど、またすぐにアンテナが生えてきて、くっついてしまう。なかなかたちが悪いですなぁ。

 ヒロムとニックも背中合わせになって離れられなくなってまう。折角ヒロムが「奴の飛ばす磁石に気を付けて」って言うてくれてるのに、スタッグ自分には磁石の針が当たらないように剣を振り回して弾き飛ばすもんやから、リュウジに当たってもうたやんか。ブルーバスターの頭に青い磁石の針が立ってるの見たら、波平さんみたいやんか。ブルーバスターのメットの形が波平さんの頭の形に似てるよね。
 で、スタッグも磁石の針の最後の1本弾き損ねて、結局リュウジとくっついてまうはめに。

 自由に動けるのは陣マサトとヨーコ。陣マサトが磁石メタロイドの額のピカピカ点滅しているところが怪しいと推察してヨーコに援護を頼む。でもピカピカ点滅してるところに命中できずに逃げられちゃう。

 メタロイドの磁石の針で、赤と青ならひっつくんやけど、青同士は反発しあうやんか、それでお母さんとお嬢ちゃんが青の針になってしもうたもんやから、離れ離れになってしまったお嬢ちゃんを慰めるヨーコ。
 その姿に、ヨーコのお母さんのことを思い出してまう陣マサト。

 針攻撃に対応するために、変身前にしか使えない現在開発中のプロテクターを使わせる司令官。このプロテクターが入ったカバンを開けたシーンで、トランペットが高らかに鳴るようなBGM使ってたけど、なんかちっちゃくてこれでほんまに守れるん?子供サイズかよって突っ込んでもうたやん。
 でもこれが1ヶ月か2ヶ月後かに、めっちゃ凄いヴァージョンアップされて出てくるんやろうと期待してるで。

 メタロイド相手に開発中プロテクターで対抗しようとしたのに、横から現れるエスケイプ。エスケイプの銃撃で陣マサトのプロテクターほとんどが飛ばされちゃう。やっぱり開発中やからな。見た感じもちゃっちかったし。

 陣マサトが自分はアバターやからやっつけられてもすぐ復活するって言うてるのに、スタッグが「ただし亜空間の陣にはダメージがあるがな」って、めっちゃ肝心なこと口走ってるし。それこそ陣マサトのアバターが地上に登場する度に、この間のリュウジみたいにドンドンお年寄りになっていったりして。

 ヨーコをかばおうとしていた陣マサトが反対にヨーコにかばわれてるし。ヨーコの姿にヨーコのお母さんの面影見て、ちょっとセンチメンタルになっちゃってるしね。

 ヒロムとリュウジも身動きしにくい状態で、ヨーコたちの助っ人にやってきたもんやから、エスケイプはごきげん斜めで帰っちゃう。

 変身したヨーコがメタロイドの額の点滅部分を一刀両断したら、メタロイドの頭にフサフサしてた磁石の針がバラバラと崩れて、つるっぱげになってまうメタロイド。こういうの小さいお友達大好きやよね、きっとテレビ見ながら大爆笑したんちゃうやろか。

 ヨーコのお陰で無事バラバラに離れることができたヒロムとニック、リュウジとスタッグ。即変身して一発で削除しちゃう。
 
 タンクから大量のエネトロンを吸収中のメガゾードからエネトロンを取り返すために、エネトロンを電気に変えてバスターヘラクレスのクレーンの腕をタンクに巻きつけて電流を流しタンクごと強力な電磁石にしたら、磁力を持ったエネトロンがタンクの方に逆流するってことを思いつく陣マサト。さすがエンジニアやなぁと感心したけど、リュウジのセリフのスピードが早くて3回くらい聞きなおしてやっと理解できたという。

 エネトロンを回収できた途端、一刀両断されちゃうメガロイド。

 シングルマザーでがんばってたヨーコのお母さんについおせっかいなことをしちゃったので怒られたって言い出す陣マサト。陣マサト自身はヨーコのお母さんに惚れとったんやろな。でもヨーコのお母さんは陣マサトのこと、同僚ぐらいにしか思ってなかったやろし、口が悪いからヨーコのお母さんにしたら神経に触ること言われてたかもしれへんしな。そして年下に興味がなかったのかも。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »