« 相棒 「猛き祈り」 | トップページ | Baton d'or 宇治抹茶 »

2012.12.30

今週のゴーバスターズ&ウィザード(12月4週目)

 「ゴーバスターズ Mission44 聖夜・使命果たすとき」

 メサイアに成長しつつあるメタロイドゼータにゴーバスターエースが倒されてヒロムが破面・傷ついてしまったところから。

 10体もメタロイド呼び寄せているのを知って、司令室で作戦会議。13枚のメサイアカードで7枚が消え、3枚がメタロイドゼータに、1枚はエンターの右目、後2枚がどっかにあるのか。

 ヒロムは傷の治療よりも父さんたちが自分に託したメサイアのシャットダウンに向かおうとするんやけど、ニックに無駄に命を掛けるなと怒られる。
 ゴーバスターズが始まった頃からクリスマスは重要なポイントになってたけど、ヒロムたちもそれを肝に銘じて気合を入れて演じているのが目に見えるやんか。

 ヒロムが治療中なんで、ニックがヒロムの代わりにエースを操縦する。まずは最初に降りてきた4台のメタロイドをシャットダウン。ほぼ1年間戦ってきた相手やから、めっちゃあっさり倒してもうたやんか。

 次に2台が降りてきた内の1台はシャットダウンできたけど、そのあとすぐに4台降りてきたから、手一杯になっちゃってるやん。

 その間にメタロイドゼータはメタロイドを吸収してでかくなっていくし。どうするねんというところで、年末恒例(?)劇場版ロボが助っ人に登場。
メタロイドがでかくなるなら、ゴーバスターズのロボもくっつけられるものはどんどんくっつけて大きくなるしかないっちゅうことかな。

 今まで合体したゴーバスターズのロボが悪役ロボよりもでっかくて、悪役ロボが可哀想な感じやったけど、メタロイドゼータどこまででかくなるねん。
メタロイドゼータが大人サイズとしたら、ゴーバスターズのロボは1才児ぐらいの大きさってところかな?ちょっとやそっとの攻撃では太刀打ちでけへんやん。

 やっとヒロムが怪我の治療を終え、参戦してくる。ゴーバスターキングでさえ倒されるけど、変身解除したヒロムたちは最後の力を振り絞り、メタロイドゼータの胸に剣を差し込んで、絶対に勝つという気合をパワーにしてメタロイドゼータに流しこむ。ヒロム・リュウジ・ヨーコの気合、物凄いやん。こうやって最後にはみんなヒーローの顔にちゃんとなっていくんやもんな。

 メタロイドゼータ、爆破しちゃったよ。司令室の3人も「ヨォシッ」て凄い気持ちが入ってたやんか。
 メタロイドゼータに吸収されていた3枚のメサイアカードは消失したかどうか確認取れへんかったのが気になるところやねんけど。

 無事にクリスマスパーティーが開かれる。児童センターの先生、13年前にこのセンターに在籍してたんやて。なのでリュウジはどっかで見たことあると思ったとのこと。13年前の子供時代の先生やった子、そっくりやったよね。それにびっくりしたし。

 最後にエンター出てきたけど、今度は両目が赤いやん。エスケイプに潰された振りして、メサイアカード探しに行ってたんかいな。
 エスケイプはメタロイドゼータに吸収されてもうたのに。

  「仮面ライダーウィザード 第16話クリスマスの奇跡」

 今回はお正月またぎなので、1回完結ストーリーやったよね。珍しいやん。今までの仮面ライダーやったら、お正月またごうが気にせず2回完結でやってきてたのに。

 伊達直人運動をストーリーにしたものやったけど、設定がゴーバスターズと微妙に被ったのがちょっと残念やったかな。

 さて本編、コヨミが魔法石を手に入れた森を探索するハルトとコヨミ。同じ所をぐるぐる回ってる気がするって。昔の人はこういうの狐に化かされてるって言うたもんやけど。ファントムの親分が崖の上からハルト達を見ていたような。今のところまだ自分の出番じゃないって思ってるんやろな。

 町を歩き回るメデューサとフェニックス。そこでメデューサがゲートを見つける。フェニックスにはゲートを見つける能力は無いんや。無駄なことはするなってメデューサに釘刺されてたし。

 冬の防犯キャンペーンでサンタの衣装を着てチラシ配りさせられてる凛子。コヨミに警察官はこんな事までするんですかって真顔で言われてたけど、啓発のためには寸劇だってやるよねぇ、ハルトは笑いすぎやし。凛子、サンタのかっこ似合ってたやん。
 前でハルト達が芝居してる奥の方で署長がセクハラで怒られてる、なかなか小芝居してますなぁ。その為に結構大柄な巡査さんまで揃えてたみたいやし。

 グールが追いかけていたのは金髪の兄ちゃん・達郎。なかなかヤンチャな兄ちゃんですな。でも工事現場にガソリンスタンド、ティッシュ配りのアルバイト。宅配便の配達までやってるとは。

 達郎は子供の頃両親を亡くして高校まで児童養護施設で暮らしていた。でもヤンチャなことして飛び出してたらしい。バイト代でプレゼントをいっぱい買って児童養護施設の子どもたちに上げるのが子どもたちの希望でもあり、自分の希望でもあるという心温まる話を聞いて現れるフェニックス。

 フェニックスもゲートを狙うよりもウィザードと戦う方が楽しくなってきたみたいやんか。
 ウィザードもフレイムドラゴンで対抗するけど、火対火ではもう勝てなくなってるし。子どもたちへのプレゼント燃やされたのみて達郎は絶望しかかってる。
 フレイムドラゴンからウォータードラゴンへ。でフェニックス凍らせて時間を稼いでる間に、達郎のアンダーワールドへ。

 そこでモンスターとの派手な戦いがあり、無事モンスターを倒したところに、サンタクロースのおじさんがホッホッホッと笑いながらウィザードに小箱のプレゼントをくれる。せっかくサンタクロースのおじさんが登場するのなら、夜の方が良かったよな。アンダーワールドやから誰かに見られるってことはないけど、サンタクロースが昼間ウロウロしてるのはどうも有難味が無いやん。

 アンダーワールドからウィザードが地上に戻ってきたら夜になってるやん。ということはアンダーワールドで最低でも4~5時間は戦ってたってことかな。それならやっぱりサンタクロースは夜でも良かったってことやんか。

 プレゼントの残骸を見て落ち込む達郎。その時プレゼントの小箱が光って中にはクリスマスツリーの指輪が。それを指にはめてベルトにタッチするとクリスマスプレゼントが元に戻る。なんかキャラデコケーキに付いてる指輪のためのお話みたいになってるやんか。

 達郎と園長先生が仲直りして良かった良かったというところで終了。いつも2話完結見てるから、めっちゃ慌ただしかったけど、クリスマスのお伽話としてはハートフルでよかったかな。
 
 

|

« 相棒 「猛き祈り」 | トップページ | Baton d'or 宇治抹茶 »

スーパーヒーロータイム12」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/56428352

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のゴーバスターズ&ウィザード(12月4週目):

« 相棒 「猛き祈り」 | トップページ | Baton d'or 宇治抹茶 »