« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013.01.30

今週のゴーバスターズ&ウィザード(1月4週目)

 「ゴーバスターズ Mission48 仕掛けられていた罠」

 エンターにバックアップはあなたですと言われたヒロムってところから。
 ヒロムの中に13枚目のメサイアカードが埋め込まれてるんやけど、その13枚目のカードにはメタロイドが集めたデータが全て転送されていて、エンターのデータも入ってる。エンターが削除されたら、そのデータを使って復元されるようにプログラムされてるって、凄いこと考えるよね。

 トレーニングで自らを追い込み続けるヒロム。エンターが今までヒロムにとどめを刺さなかった理由はヒロムの中にエンターのバックアップがあったからなのか、見てる私はヒロムが主人公やからに決まってるやんと思って見てたぞよ。

 エスケイプを元に戻したいと思ってるエンター。あれだけ馬鹿にしてたのにね。そうかエスケイプが愛というデータを集めたせいでエンターはエスケイプのことを愛してたのに気が付いたってことか。なのにエスケイプは蛇とかカラスとで融合して良い物になることだけを目指してるもんな。

 ヒロムからどうやってカードを取り出すか考えてる司令官・陣マサト・リュウジ。転送とは物体をバラバラのデータにして行われ、転送先で再構築されていく。その再構築されている最中にカードだけを弾き出せば良いんやけど、それはあくまでも机上の空論。

 エンターと最終決着を付けるため出かけようとするヒロム。この地下の出入り口、重要なシーンにちょくちょく出てくるよね。相棒の時はここで小野田官房長が亡くなってるし。

 ヒロムは超高層ビルの屋上でエンターと、残りの4人はエスケイプとの戦いを開始。
 エンターはヒロムのデータを取り入れてるから、どんどんヒロムと戦い方のパターンが同化してきてる。
 エスケイプの方は動物まで融合してるからリュウジを中心に4人がかりで相手してるんやけど、巨大化しちゃうし。リュウジは完全にエスケイプを倒そうと決意、巨大化したエスケイプが倒れたあと、地面に倒れているエスケイプが「パパ、私良い物になったでしょ」って言いながら消えていったけど、ほんまに満足して、もう復活しないんやろか。なんとなく釈然としないまま、終わっちゃった気がするんやが。

 ヒロムは最後の賭けに出て、自分とエンターを縛り付けて燃やすんやけど、ヒロムの中のカードがヒロムを守ってしまい、エンターは復元される。復元されるたび強くなるって言いながら、エンターの顔がヒロムの顔に合成映像になるんやけど、これが結構不気味やったよね、わざと合成する映像の倍率をちょっとだけ大きくしてあるんちゃう?以前完璧な人間になりたいってエンターは言うてたけど、結局ヒロムになりたかったのかよっ。

 「仮面ライダーウィザード 第20話 近づく真相」

 冬の寒いこの時期に、横殴りの雨のシーン。いやはや石田巨匠の厳しさ、大変やな。ビニール傘は飛ばされそうになるし、完全にずぶ濡れやろ。

 輪島のおっちゃんが作った新作指輪はドレスアップ、なのでハルトはタキシード姿に。エキサイトの指輪はハルトがムキムキマッチョ姿に。これまた顔をムキムキマッチョに合成してるけど、なんか首が長く見えるなぁ。

 ワイズマンにウィザードとの戦いを止められてイライラしてるフェニックス。雨の町をさまよって、居酒屋にいた酔っぱらいのおっちゃんたちと喧嘩する。そこへ凛子が駆けつけて、フェニックスの人間体を目撃する。そうそう酔っ払いのおっちゃんの中に岡元次郎さんが嬉しそうな顔で映ってたやん。

 今週のゲートはセレブ妻で、常に誰かと繋がっていないと不安になってしまう。夫を送り出した後、家事をしながら次から次へと友達と電話して、その後お出かけ。その途中でファントム・ベルゼバブに狙われてしまう。

 そこへハルトが駆けつけるんやけど、銃をクルクルッと回すの上手いやんか。だいぶ練習したんやろな。
 
 セレブ妻、めっちゃうるさかったよね。ファントムに襲われてはギャーギャー騒ぎ、友達や旦那に無視されてはギャーギャー喚き。どんどん空回りしていってたやん。

 先週予告の時に、ハルトがシルクハットにタキシード姿がチラッと映った時、魔法使いやからマジシャンにでもなるのかと思ったんやけど、ドレスコードのある店に入るためのドレスアップやったんや。

 凛子が聞き込みしてフェニックスが人間だった頃のことが少しずつ分かってくる。ユウゴは花屋で働いていた大人しくていい奴だったって。ユウゴは何に絶望させられて粗暴なファントムになったんやろ。それも幹部級のね。

 ユウゴが昔住んでいたアパートにやってくる凛子。なんか漁師町って感じやったよね。アパートの廊下を青っぽく撮ってるのが石田監督らしいなぁ。ドアにチラシとかいっぱい詰め込んであるってところで、人が住んでないのが分かるよね。鍵が掛かってないみたいで、ドアが勝手に開いてくるし。部屋に入ろうとした凛子を後ろから引っ張るユウゴ。めっちゃ怖い。

 セレブ妻の旦那って医者やったんや。外来が休憩時間やからって、こんなスタッフのいる医院には行きたくないよな。そこへセレブ妻が助けを求めてやってくるけど、無視して往診に出かけてしまう。
 絶望しかけてるセレブ妻の前にベルゼバブが現れ、そこにハルトが駆けつける。そしてウィザードに変身してグールたちと戦いを始めるんやけど、今日のアクションは回転技が多いなぁ。そして仁藤も参戦。

 ベルゼバブの相手はもっぱらウィザードやったんやけど、剣を打ち込んでもファントムには当たらずにビーストに当たるんやんか。今回のベルゼバブは魔法が使えるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.29

相棒 「幸福な王子」

 アートイベント会社で社長が亡くなっているのが見つかり、捜査が始まる。右京さんは米沢さんのお手伝いで、この会社の倉庫を調査中。
倉庫から4体の彫刻が無くなっていることが分かり、その行方が気になる右京さん。

 甲斐亨の方は彼女の知り合いに庭においてあった彫刻が無くなっているので探して欲しいと頼まれる。そして特命係に甲斐亨が配属されたことに不満を持つ陣川警部補に付きまとわれて、一緒に依頼者あずみの家にやってくる。

 甲斐亨は無くなった彫刻を捜すことに否定的やねんけど、依頼者が可愛い女の子やったもんやから、めっちゃ乗り気の陣川。

 捜1トリオと右京さんが社長に金を貸してた男の家に行くと、倉庫から無くなってた彫刻4体が借金の形に取られてたやんか。1体が100キロある言うてたよね。

 花の里で右京さんに愚痴をこぼす陣川。陣川が「人がいるなら僕を呼んでくれたら良かったのに」っていうた時の右京さんの答え「思いつきませんでした」って、めっちゃおもろかったよね。右京さんにとって陣川の存在は無いに等しいのかよって突っ込んでしまいそうになったちゅうねん。

 幸福な王子という彫刻のことで話し合ってる右京さんと甲斐亨。右京さんのイタリア語にすぐ幸福な王子と甲斐亨は答えたんやけど、イタリア語も分かるって凄いやん。

 殺された社長が金を借りていたリストの中にあずみの義理の父親・野間の名前があった。野間はITバブルのころに起業し、現在でも50億円以上の個人資産を保有しているとのこと。

 そんな野間社長のところに訪ねて行った時、郵便物に切手をぺろっと舐めて貼ってたよね。切手を自分で貼る社長さんって、あんなに優秀そうな秘書もいてるのに。秘書が社長から預かった手紙をうっかり落としてたから、その切手をはがして甲斐亨が持ってた切手と貼り替える。そこから社長のDNA調べるって段取りやったんやけど、今まで私もいろんな中小企業で働いてたけど、社長自ら切手を貼るなんて人おらんかったで。

 野間の家に行って、事件の真相を解き明かす右京さんたち。野間社長は個人資産の殆どを人に貸しているんやけど、自分の命の短いことを知って、もし自分が死んだら手持ちの現金が少ないので、相続人のあずみが相続税を払えず財産放棄しなければならなくなる、それで貸した金を債権放棄することで少なくてもあずみに遺産を残すことができると考えた。
 でもアートイベント会社の社長は債権放棄に同意すれば贈与税を2000万円ぐらい払わなければならず、そのお金がなかったので断った。その時の話し合いのいざこざで事件は起こる。

 でも自分の個人資産の殆どを人に貸してる野間社長に違和感があったよな。例えば自分が若いころ無一文から起業してITバブルの波に乗って会社を大きくできたから、自分と同じように頑張っている人の助けになればと思ってたかもしれへんけど、それならそれで財団みたいなものを設立して個人とは切り離してすればええんちゃうんと感じたんよね。
 自分の死んだ奥さんが幸福な王子の話が好きやったからって、自分が幸福な王子になろうとしたのかもしれへんけど。幸福な王子の物語の中には、みすぼらしくなった王子の像を捨てる人間もいれば、王子の心臓とつばめを拾ってくれる神様も出てくるんやけど、野間社長は誰に心臓を拾ってもらいたかったんやろ。

 幸福な王子の彫刻はあずみがキャリーバッグに入れてたんやけど、それって元々野間がバッグに入れてたんやろか。100キロはあるらしいから、うら若きあずみ一人では動かされへんもんな。

 最後、病院に父親のお見舞いにやってきたあずみと陣川。あずみには彼氏がいたため陣川は振られてたけど、軽い感じの彼氏でなんだか頼りげが無かったよな。

 一件落着して、花の里で酔っ払った陣川、思いっきり大阪弁で絡んでるやん。幼少期に戻ってるって言われてたけど、寝屋川に住んでたのは小学生ぐらいまでってところなんかな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.22

今週のゴーバスターズ&ウィザード(1月3週目)

 「ゴーバスターズ Mission47 リセットとバックアップ」

 エンターがクワガタをメタロイドにしたところから。

 いよいよエンターが自分にメサイアのプログラムを組み込んだことを宣言したんやけど、メサイアとはそもそも成長し進化するプログラムって言うてたよね。このメサイアって言うプログラムを作ったんは誰なんやろ。オリジナルのメサイアが居ないので、自分が新たなメサイアって言い放つ。自分がメサイアになれたのはゴーバスターズのお蔭でもあるやんね。

 ここでエンターがどこにバックアップを取ってるのかが問題になってくる。

 色々データを集めてたのもメタロイドを破壊したと共に消えたわけではなく、どこかにバックアップされてたみたい。そしてヒロムのデータをエンターに採取されたために鶏の件ばれちゃってる。1年間、ず~っと隠し通してきたのにね。というか普通ヒーローって自分の弱点を克服してというのが多いのに、最初から最後までとうとう克服出来なかったの珍しいやん。まぁその方が人間らしいとも言えるかな。

 鶏特訓するヒロム。鶏が苦手でなくても、ゴールの鶏の被り物に白いマントひらひらさせてる陣マサトが突然箱から出てきたらびっくりするで。

 司令室でエンターやエスケイプがシャットダウンしてもすぐに再生してでてくる話してたけど、なんかパソコンに入った質の悪いウィルスみたいやよね。

 クワガタメタロイドが出現したので駆けつけるゴーバスターズ。クワガタメタロイドとの戦いが始まり、「ニワトリ」を連呼するけどフリーズしかかると、その前にヒロムに痛い目を合わせて、早くフリーズを解くことに。そんな手があったんや。クワガタメタロイド、めっちゃあっさりシャットダウンされてもうたやんか。

 メガゾードと戦ってるスタッグを援護する陣マサトとヒロム。こっちも3対1になったら、シャットダウンもあっと言う間やし。

 今週はメガゾードやメタロイド相手に尺取られへんもんな。

 変身したエンターをヒロムがライオブラスターで撃ちぬくとエンターは爆発し2枚のカードも粉々になる。やっぱりエンターの中に2枚カードが入ってたんやね。番組の初めのほうで、メサイアが成長しているとかなんとかっていうセリフがあったんで、カードは1枚やけど成長してるから両目が赤くなるのかと思ったりもしたんやけど。

 全て終わったのかと思ったら、再び姿を表したエンター。エンターはヒロムを指さして、「あなたが私のバックアップです」と告げられる。
 どうするヒロム、どうなるゴーバスターズってところで来週へ。
 いやぁ、まさかヒロムの身体の中に13枚目のメサイアカードが埋め込まれて、エンターのバックアップに利用されるやなんて、なかなか一筋縄ではいかないストーリー展開やんか。  

 「仮面ライダーウィザード 第19話 今日の命、明日の命」

 ウィザード・ビースト・ファントムの三つ巴の戦いをしてたのに、ゲートの及川をさらって逃げたビーストってところから。

 仁藤、完全にマヨネーズっていうアダ名にされちゃってるやん。仁藤って名前、忘れてまいそうやな。

 キャンプ場でBBQしてる仁藤。やっぱりお寺の境内で勝手にテント張るよりも、こっちのほうが設備もあるし安心やよね。
家に帰る及川に付いていく仁藤、テントとか片付けるの待っててもらったんやろか。

 奥さんの肖像画に向かって話しかける及川。及川の妻は病弱で亡くなってしまう、その為絵を描く気力をなくしていた。
 及川役の役者さん、さすがベテランやから無気力に日々を過ごしている感じが、よく出てたよね。

 及川の家にやってくるハルトたち。そこで仁藤はゲートが死なないとファントムは生まれないことを知る。仁藤はファントムの魔力を食わないと明日をも知れない命、しかしゲートの命は今危ない、明日の命より今日の命だと言われて悩み始める仁藤。

 凛子がおにぎりを作ってもってくる。ウィザードが始まって以来、ドーナツ以外のものを食べてるハルト、珍しいやんか。

 面影堂に移動するため荷造りをするハルトたち。なんで凛子は車に乗って来なかったんやろ。だからファントムたちに希望の絵を奪われて壊されることになったんちゃうん。

 奥さんの肖像画が壊されたことで、絶望する及川。そこに変身もしてないのにライダーキックで登場する仁藤。長い間平成ライダー見てきたけど、変身前でライダーキックを披露しちゃった人って記憶に無いような気がするんやけど。
変身のポーズもちょっと昔っぽくて良いしね。さすがいにしえの魔法使いライダーやな。

 そして及川のアンダーワールドに行ったのはビースト。ビーストもアンダーワールドに行けるんやとちょっとびっくり。
 
 黄色の魔法石で作った指輪が出来上がってコヨミが届ける。ウィザードが黄色い指輪を使ってるのを木の上からファントムが見て「4つのエレメントは全て進化した。

もう戻れないよね」って言うてたけど、ハルトが魔法使いになった時から、戻る道は無くなったんちゃうん。ファントムの方もどんどん強くなってるし。

 アンダーワールドで空飛ぶムカデの怪物と戦ってるビースト。初めてやから、モタモタしてるよね。こんなんじゃ、及川がファントムになってまうやんと思ってもうた

で。ここでキマイラ登場。キマイラにまたがって、ムカデの怪物かと思ったら、コウモリが繋がってたんや。バラバラに飛び初めたから、こりゃぁ厄介やなぁと思ったら、キマイラの4つの口から炎を吹き出して焼き落としちゃってるやん。
 半分残って、空飛んでた怪物もメインディッシュだという掛け声と共に、キマイラが食っちゃってたし。

 及川は正気に戻ったけど、絵はバラバラのまま。そこで奥さんが肖像画の裏に隠してあった手紙をハルトが及川に渡す。
 新しい絵で家がいっぱいになることが奥さんの希望と分かり、やる気が復活する及川。眼の色が違って見えたやんか。

 仁藤のアンダーワールドにハルトが入って、キマイラを倒せば普通の人間に戻るかもって、なんかウィザードが最終回を迎えるころにキマイラと戦うウィザードなんてシチュエーションが有りそうな無さそうな…。
 仁藤はハルトが指輪をはめようとした時「断る。俺は男から指輪をはめられる趣味はない」って言うてたけど、確かに指輪をはめてベルトに手を当てたら「エンゲージ」ってベルト言うもんな。男からエンゲージリングもらうみたいやん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市川猿之助襲名披露 記念チョコ

Choco

松竹座で上演中の市川猿之助襲名披露興行に行って来ました。普段はあまりこういう記念チョコみたいなん買わへんねんけど、会社の人にちょっとプレゼントするのにいいかなと思って自分のものも込みで買ったんよね。

 記念品物なのであまりチョコレートに期待してなかったんやけど、なかなかおいしかったです。

 販売者は、カレ・ド・ショコラ有限会社さんで、ネットで検索してみたら、こういう配り物のチョコレート専門の会社のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.20

相棒 「オフレコ」

 甲斐亨の彼女がCAさんだってことから、CAさんとの合コンをやってくれというのは、甲斐亨が登場した時から角田課長とか米沢さんが主張してたやんか。まさか律儀にこのおっさんたちの要求が通るとは思ってなかったんやけど、まぁ去年の年末甲斐亨が瀕死の重傷を負わされた時に皆さんが色々心配してくれたお礼も兼ねて、1回ぐらい合コンやっときゃおっさんたちの気も収まるしって感じやったような。

 甲斐亨の彼女が連れてきたのが、CA仲間が2人と大学時代の友達、そしてピンチヒッターでやってきた友達の友達・山根みちる。

 結局、角田課長は途中で寝ちゃったし、米沢さんは一人で窓の外を眺めてたし。米沢さん落語マニアで鉄ちゃんやもんな、そうそう話が合う若い女性っておらんやろ。

 なぜか合コンに渋い顔してた伊丹が山根みちると二人っきりでじっくり話をしてたという。珍しいこともあるもんやと思ってたら、翌日夕刊紙に議員秘書が旅館で亡くなっていた事件で捜査本部しか知らない情報が掲載されてたってことで、伊丹は特命係に泣きついちゃう。

 右京さんが顔見知りの新聞記者に山根の写真を見せたところ、山根は東亜日報の社会部記者で遊軍として政治家や警察関係者から情報を引き出す仕事をしていたことを教えてもらう。そんな仕事してるのに、合コンで本名名乗ってええんかいなとちょっと突っ込んでみたりして。

 議員秘書が亡くなった件で捜査開始する右京さんたち。

  次は東亜日報に元恋人のアリバイが確認されたという記事が載り、夕刊紙と兄弟紙なのに主張が変わったことに疑問を抱く右京さんと甲斐亨。
 そこで事実を隠蔽しようとしてる動きがあるのではと推理する右京さん。

 監察官室から出た伊丹のところに山根みちるから電話が掛かり、山根を花の里に誘って罠を仕掛ける。こういうの珍しいよね。その後花の里を出た伊丹と山根。伊丹は仕事があると別れ、山根を尾行する甲斐亨。山根は岸倉議員の車に同乗して行ってしまう。

 ファイルが削除されていた古い方のパソコンの単語登録は消されてないかもってことで、議員秘書の携帯の通話記録の一覧から、名前を拾っていって、議員秘書が関わっていた人物を探し当てるんやけど、もし古いパソコンで資金集めのパーティーに招待する客の一覧表なんか作ってたら、通話記録にいっぱい載ってる先生方と名前がダブっちゃってたりしたかもしれんよね。
 たまたま珍しい名前の人がヒットしたから、右京さんは目星をつけることができたんやけど、その人へのメールとか仕事用のパソコンからしてたってことかな?
 右京さんとしては凄いところに目をつけたって自信満々やったけど、ちょっと甘い気もしたんやけど。

 現役外務大臣のイケメン男が外交上重要な日で外務省に詰めていなければならないのに女に逢いに行ってた。その上に逢いに行っていた女が自殺してしまった。大臣として人間としての資質に疑問を呈する右京さん。議員秘書の方もわざとそんな重要な日に自分と仕事のどちらを取るか天秤に掛けたのかもしれへんやんか。

 事件の真相が分かり、一段落した時に右京さんが帝都新聞の知り合いの記者から、外務大臣と岸倉議員が互いに離党して新党を立ち上げる予定だったらしい裏話を聞いたって言うてたけど、そんなネタは去年の総選挙の時のゴタゴタから思いついたんやろな。新党を立ち上げるための人身御供として議員秘書は外務大臣と付き合わされてたのなら、可哀想な話やんか。で本気で好きになったんでウザがられてたんかもしれへんし。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.15

今週のゴーバスターズ&ウィザード(1月2週目)

 「ゴーバスターズ Mission46 新たな融合と熱暴走!」

 トレーニング中のリュウジ、めっちゃ気が抜けてるやん。でもって使ってるダンベルって、たぶん1キログラムやな。男子として1キログラムのダンベルって軽すぎるんちゃうん。

 リュウジが落ち込んでるのは、ヨーコに高校でもう一度ちゃんと勉強をやり直さないかって提案したら、ウザイって拒否されたから。

 ゴーバスターズ側はメサイアカード、最後の1枚って認識してるけど、ほんまに最後の1枚かなぁ?
 新たなエネトロン流出警報で出動するゴーバスターズ。ヒロムが車に乗ってて、ヨーコがバイクに。こんなんも最初で最後やろな。ヨーコがバイクの免許持ってたんやということに、びっくり。まぁ運転はニックが自動でしてるんかもしれへんけど。リュウジの運転する車に付いて行けば、道に迷わへんもんな。

 ゴーバスターズたちが向かった先は山奥。紅葉がめっちゃ綺麗やん。
 今までメタロイドが人工物から作られてきたので、こんな自然の中に出動するのに違和感を感じるリュウジ。でもその前に現れるエンターとエスケイプ。

 エスケイプ、初期設定に戻ってるやん。但し、単純に初期設定に戻ってるだけや無く、戦闘体にもすぐに変身しちゃってるし。そしてリュウジが熱暴走するってことは、ちゃんと記憶されてるんや。

 ここの吊橋って、スーパー戦隊でちょくちょく出てくるところやけど、こんなに紅葉が綺麗な場所にあったんやね。秋頃やったら観光客とか多いんちゃうん。

 熱暴走してるからヨーコに向かっても銃撃してしまうリュウジ。吊り橋が切れて川に落ちてる。

 海辺に倒れてるリュウジ。この寒い時期に大変やなぁ、最後の最後まで。エスケイプにほっぺた焼かれて、再び熱暴走状態になってまうリュウジ。
 戦ってる時に海に入って、ちょっと覚めると正常な判断ができるけど、陸地に上がってまうとまた熱暴走してまう。それはパワードモーフィンスタイルになっても抑えられへんみたいやん。エスケイプに攻撃されて、パワードモーフィンが解除になって、破面までしてるやん。

 ヒロムが駆けつけて、リュウジを崖の上に避難させて、今度はヒロムがエスケイプと戦い始める。

 リュウジを抑えるためにヨーコが立ち向かうけど、リュウジはヨーコにも銃撃を繰り返しちゃう。ここで子供の頃からのリュウジとヨーコの色々な思い出が流れてたけど、今まではリュウジがヨーコの面倒見てたけど、ヨーコがリュウジを助ける番になったんやね。ヨーコも1年間の戦いの中で成長して大人に一歩近づいたってことかな。
 崖落ちして、海へ。やっとクールダウンして、リュウジは元に戻る。

 エスケイプと戦ってるヒロムのところに陣とスタッグが駆けつける。そしてヨーコも参戦してエスケイプを倒すんやけど、なんとどこで手に入れたのかスタッグが飼ってたクワガタをメタロイド化しちゃう。

 そして1輪の花からエスケイプを再生させて、来週へ。厄介ですなぁ。

 「仮面ライダーウィザード 第18話 魔力が食事」

 神社の境内に勝手にテント張ってBBQしちゃってる仁藤。仁藤がでっかいバッグ持ってるなと思ってたら、住所不定やったんや。追い出されてやんの。

 公園の池からダイバーが現れて、池の側で絵を描いている画家・及川に「あんたは誰ですか」って聞かれてファントムの正体を現す。
 それを見て「ピンチはチャンスってことか」って変身もせずにファントムに向かっていく仁藤。いくらなんでも素手でファントム捕まえようって無理やろ。

 そこにハルトも駆けつけてきて、どちらがファントムを倒すかで争いになっちゃう。仁藤の「ランチタイム」には笑えたよな。
でウィザードとビーストが揉めてる内にファントムに逃げられてるし。

 仁藤がライダーになったのは、考古学の研究でとある遺跡を調査している時に、ビーストの指輪とベルトを見つける。ベルトを付けてみたら、グールが出てきたんで謎声の通り、指輪をベルトに当てると目の前にキマイラが現れる。そして「お前に魔法を授ける代わりに、我に魔力を与えよ。さもなくばその生命は尽き果てる。我のためにファントムを倒し、魔力を食らうのだ」と言われる。
  ということでファントムを倒して魔力を食い続けなくちゃならないのか。
 
 仁藤の前に現れるメデューサ。そしてゲートを探しに町に出たコヨミの前にはイケメンのファントムがやってきて黄色の魔法石を渡す。コヨミが外に出るの絶対察知されてるよね。
 メデューサに協力したら、ゲートから生まれたファントムを分けてあげると誘われる仁藤。目の前のファントムを食べれば、今日は生きられるけど、ゲートから生まれるファントムがいなくなれば、いずれあなたの明日は無くなるって言われてまう。

 ハルトはファントムに襲われてる及川を見つけて、ファントムと戦い始めるんやけど、さぁここでとどめを刺すってところでビーストが割って入って、魔法使いとファントムどっちが俺の得になるのか聞かせてもらおうかって言い出す。

 仁藤の思考回路っておもろいよね。仁藤の考え方は仁藤にしか理解でけへんのかぁ?普通メデューサにあんな言われ方したら、自分の命のためにファントムに協力してまうと考えるのが普通やもんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.08

今週のゴーバスターズ&ウィザード(1月1週目)

 「ゴーバスターズ Mission45 謹賀新年 小さな強敵、再び」

 司令官の号令の元、新年の挨拶から始まったゴーバスターズ。今年は女子が一人なのでヨーコは黄色い着物じゃなくて赤やったね。帯揚げとか振袖の裾に黄色が入ってたけど。
 そして陣マサトは白い羽織袴。花婿さんかよっと突っ込みたくなるやんか。バディーロイドたちはお正月飾りイッパイ付けて、というかスタッグ付けすぎやろ。

 ヴァグラーが持ってたのエスケイプが使ってたタブレットやったけど、あれ残して行ってたんや。誰も命令するものがおれへんから、ヴァグラー、ワシャワシャしてるだけやん。で、相変わらず手下キャラのお馬鹿っぷりがかわいいよね。

 こっそりゴリサキに連れ出されたリュウジ。お見合いの現場に連れてこられてたけど、お見合い相手のレナさん、ゴリサキのこと気にならんかったんやろか。
 リュウジに職業聞いてたけど、ゴリサキみたいなん連れてて、システムエンジニアってのも変やんか。

 ゴーバスターズのある町には、お見合いとか商談のできるレストランって、ここしか無いのかよ。リュウジがお見合いしてるところで、ヒロムの姉さんも男性とお話中。

 リュウジと姉さんを張り込み中のヒロムたちも探偵気取りな衣装で、かえって目立ってるし。

 お馬鹿なヴァグラーのせいで、お餅がメタロイドに。消しゴムメタロイドの色塗り変えてるだけやん。消しゴムメタロイドおもろかったもんな。毎年大晦日とかお正月とかは1年を回顧するストーリーやったりするけど、今年は人気があったメタロイド再登場ですか。

 リュウジたちがいるレストランにやってきたお餅メタロイド。お餅を発射して靴が床からはずれないようにする攻撃。廊下の悲鳴を見に行ったヒロムが裸足で戻ってくる。靴は床に引っ付くのに、靴脱いじゃうと大丈夫って攻撃、ただの迷惑なだけやんか。

 スタッグがヒロムの腰にお餅がひっついてるのを見ていたって、またこのお餅のひっつき方が可愛い。
 まぁ二番煎じのお餅メタロイドやねんけど、消しゴムメタロイドがおもろかったんは、エンターに対する報われない忠誠心があったからで、今回は姿が同じでもそういういじらしさがないのが残念やったかな。

 リュウジからの連絡をごまかすために、マイケルの振りをして電話を切っちゃう森下君。おもろいやんか。とはいえ司令官とか中村ちゃんになんて言い訳するんやろ。

 メガゾードの攻撃で鏡餅状態にされてもうたバスターヘラクレス。誰やこんなん考えたの。
 タテガミライオーが助っ人に来てくれて、やっと鏡餅から解放される。正月の特別バージョンでシャットダウン。

 お餅メタロイドも熱せられて、人間サイズに大きくなる。ヒロムとヨーコが相手になるけど、攻撃を跳ね返しちゃうから苦戦する。
 どうするねんと思ったら、お餅メタロイドは足を引っ掛けられて寝転がっちゃうと、起き上がれないという、思いっきり古典的な弱点やん。起き上がれなくて困ってるお餅メタロイドを一瞬でシャットダウンしちゃうヒロム。

 ヒロムの姉さんは出版社との契約が決まるかどうかという運命の日だったというオチで、リュウジの方はお見合い相手に別に好きな人がいたというオチ。ゴリサキがリュウジのこと心配してたけど、確かに29歳にしてはちょっと29歳らしい落ち着きというか貫禄が無いよな。

 「仮面ライダーウィザード 第17話 もう一人の魔法使い」

 いよいよ仮面ライダービーストお披露目の回。

 ウィザードの魔法だと怪我や病気は治せないんや。

 ビルの屋上にいたメデューサが男を見つける。で気がついたらワイズマンがメデューサの横に立ってたけど、とうとうワイズマンも町中に出てきたか。

 道に倒れていた仁藤が着てたダウンのベスト。フードにも前身頃にも毛皮が付いてて暖かそうやんか。

 仁藤がソーセージにマヨネーズをたっぷり掛けて食事中に、ファントムがグール連れて乱入してくる。
そこに現れるハルト。今回のファントムは蜂なのかな。尻尾が伸びて、ウィザード刺されて倒れてしまう。

 ファントム変身解除したら、怪しげな占い師。占い師役の役者さん、ベテランで演技力があるから見てて楽しいやんか。

 仁藤に呼び止める占い師。占いしながら、絶望しきってないようだけど、君には何か心の支えでもあるのかねって聞き出そうとしてるやん。

 仁藤のモットーはピンチはチャンス。だから仁藤にとって絶望は希望になっちゃうって大笑いしてるし。なんとなく重苦しい世の中も、ピンチはチャンスって笑ってたら、良いふうに替わっていくんとちゃうやろか。

 仁藤が危ないと思ってやってくるハルト。ファントムの毒のせいで変身でけへんようになってまう。

 おぉ、やっと仁藤が指輪をポケットから探しだして変身。ポーズが昔懐かしい感じやんか。でビーストのベルトのバックルが扉みたいにパカっと開くの見て笑えてもうたやん。ワイズマンがいにしえの魔法使いって言うてたけど。

 ビーストって倒したグールやファントムの魔力をベルトに吸い込んで食っちゃう。そういうことやったんや、食事の邪魔をされたとか色々ハルトに文句言うてたのは。
カメレオンの指輪をすると左肩にカメレオンの頭部とちっちゃいマントが洒落てるやん。カメレオンの指輪をベルトに押し当てた時の声がディケイドが別の仮面ライダーになる時の声と同じなんかな?

  ビーストもファントムの毒攻撃受けるんやけど、ドルフィンの指輪で治癒の魔法で治っちゃう。ついでにハルトまで治してあげる。

 そしてファルコンの指輪で、ファントムを倒して、お食事終了。
 自分がファントムの魔力を食っちゃうからって、ハルトもそうやと思ってるんかいな。

 ラストシーンは、ビーストのことが「てんで分からない」と唖然とするハルト。こんなハルトの顔珍しいんちゃうん。
 それにしてもハルトはドーナツばっかり食べてるし、仁藤はマヨラーやし。偏食は教育に良くないやろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.03

相棒 「アリス」

 昭和30年12月24日早蕨ホテルで女学生が二人楽しげに話しているところから始まった相棒。ちょっとセピア色で、昭和30年の良い育ちのお嬢様たち。
幸せそうやったのに、その後出かけた二人は森の中でスクラップブックに貼る綺麗な紅葉を探し始める。道を外れて一人森の中に入っていった瑠里子が失踪してしまう。

 平成24年12月24日ロンドンで女性が一人亡くなる。彼女の名前は朋子。彼女の弁護士が朋子の最後の言葉を聞き、右京さんに連絡してくる。

 特命係に婦人警官が米沢宛の荷物を持ってくるんやけど、松本若菜さんやんか。甲斐亨の警察学校時代の同級生やて。元日SPだけなん?それともレギュラーに入るん?ちょっと気になるやん。

 右京さんたちが朋子の親戚・二百郷茜のところに訪ねてきた時、二百郷家に空き巣が入って、家の中が荒らされていた。番犬まで殺されていたんやけど、その傷から特殊なスタンガンを使い、複数の人数が関わっているようだった。二百郷家のじいやさんが犯人が捕まるまでこの屋敷に滞在して欲しいと頼んだことから、右京さんたちがこの事件に関わっていく。

 太田愛先生の脚本。きっちり緻密に書かれてましたよね。10年前ロンドンへ右京さんが休暇で行った時に会ったって、そういう所から伏線張ってあるし。
早蕨ホテルは戦前華族や政財界人が集まる秘密の保養所で茜の曽祖父が経営していた。

 茜のところにライターの男がやってくるんやけど、全国の神かくしの話を集めてるって、そこからもう胡散臭いやん。そんな話を集めたところでオカルトっぽい雑誌とか単行本ぐらいにしかならへんもんな。

 ここで瑠里子が神かくしに遭った話から、早蕨ホテルが火事で消失する話になる。

 右京さんと甲斐亨が話してるのを盗聴する複数の男たち、これが甲斐亨の父親と繋がってるやん。

 場面は変わって山岸昭和文化記念館で職員の男の人が殴られ、階段から落ちる。謎が謎を呼ぶ展開になってる。

 米沢さんから番犬が殺されたのは特殊なスタンガンでこれとよく似たものを使った事件があって、デミセが絡んでると報告が入る。デミセとは警察庁の公安が秘密裡に外部に保有していると噂される実働部隊とのこと。こういうセリフは米沢さんピッタリ。でもってデミセの隠語を知らなかったの甲斐亨だけやった。

 甲斐亨と茜が早蕨村郷土史資料館へ行って早蕨ホテルの資料を見せてもらうやんか。宿泊者名簿の中に身元不明の男性の話が出るやんか。その時館長さんが中林秀雄のことを「戦中戦後の混乱で色々ありましたから、結局わからずじまいでした」って言うてたけど、事件があったんは昭和30年やもんな。これが昭和20年の話やったら、そりゃそうやと思うけど、さすがに10年も経ってたら戦中戦後の混乱も治まってきてたよね。唯一このセリフだけが番組見てて引っかかったところかな。

 火事のあった日の午前まで早蕨ホテルに宿泊してた永沢子爵の備忘録が山岸昭和文化記念館にあるということで、そちらに右京さんたちが向かう。
 そこで殺人事件が起こってたので、話が繋がる。捜1トリオもやっとここでご登場やしね。入館記録に名無しで警察庁と書かれた用紙があったやんか。玄関だけには防犯カメラが付いてるってセリフがあったのに、防犯カメラに残ってる映像調べもしようとしてなかったよな。

 毎年毎年捜1トリオは正月休み返上やんか。いつか正月休みをゆっくり取ってる捜1トリオを見てみたいよな。でも呼び出されてまうっていう。

 文献は盗まれたけど、劣化する前にデータ化は済んでいた。データ化が済んでいたということは、ネット上で公開されてたかもしれへんよね。盗んだ意味無いやん。
 備忘録には12月24日の早蕨ホテルロビーでの出来事が詳しく書かれていて、そこから身元不明だった人間が法務省の国枝ではないかと記されていた。

 国枝と言えば、国枝文書。ここから警察庁ができた歴史が絡んできて、一挙に相棒らしくなってきたやんか。それで甲斐亨の父親が松沢子爵の備忘録が出てきたことで世間に国枝文書が知られる前にこの世から消し去らねばならんと思った訳なんや。

 レストランで食事した後、お会計が甲斐亨に回ってきて「高っ」て言うてたとこみると、いつもここの食事代は彼女に払ってもらってるみたいやな。
 茜が狙われてるのが分かってて、大石婦人警官が茜のコートを着て身代わりになるやんか。柔道三段、かっこええやん。これから相棒の用心棒になってくれへんかな。

 ここで戦後華族や財閥が課せられた財産税の話が出てきた。累進課税で最大90%の税金が課せられたって。フィクションでも戦後の事実が絡ませてあると、深みがでてくるよな。

 早蕨村に戻ってくる右京さんたち。ここで瑠里子の行動を洗い出す右京さん。やっと瑠里子の残したスクラップブック最後のページの意味が何なのかに辿り着く。
 不思議の国のアリスの挿絵と朋子さんの花の真意とは…。

 ここに不思議の国のアリスの挿絵が出てくるところが、女性脚本家らしいところとちゃうやろか。読んだことがなければ思いつかへんやん。

 そして右京さんは絵解きをするんやけど、暗号を解読して開いた秘密の隠し場所の入り口がでっかくてびっくり。そして50年以上使われてなかった電気がまだ煌々と付いたのもびっくりやったけど。

 まずは自分の先祖の財産を取り戻しにやってきた男。これは右京さんの機転で取り押さえられたけど、その後にデミセの連中が踏み込んできて、国枝文書が狙われる。

 事件が一件落着して、国枝文書の箱を開けたら、開けてビックリ玉手箱でしたな。

 そして57年前の事件の謎解きが右京さんによってなされる。またこれが哀しい話で、泣けました。
 火事で亡くなった国枝が右京さんと瓜二つだったという締めがおしゃれやったよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.01

癸巳年 新年明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。

2013nennga

今年の俳句は「取り付けて 松にもひとつ ふくべかな」です。
だいたい年賀状はユニセフのものを使ってるんですが、パンフレットが来た時にひょうたんに因んだ俳句は無いかいなとググって上記の句を見つけたので、この葉書を選ばせてもらいました。ひょうたんは“ふくべ”とも言うらしいです。松もお正月らしいしね。

 元日の午後、ずっと2012年「村をんなの日常」のデータ集計してました。
 毎月のアクセス検索ワード部門の上位10語のアクセス数をメモし、それを集計したものです。

 1,相棒     4887件
 2,ピエロ     462件
 3,特命      339件
 4,ゴーバスターズ 304件
 5,亡霊      214件
 6,男装の麗人   166件
 7,仮釈放     148件
 8,聖戦      138件
 9,沈黙のカナリア 136件
10,もがり笛    121件

 相棒ファンの皆様、いつもお世話になっております。
 で、ダントツ1位の相棒の中身ですが、これは上位10だけじゃなく、全てのサブタイトルを拾って集計したんやけど、1年で107サブタイトルも出てきてるってことは、相棒の再放送ってどれだけ日本中でやってるねんって思ったという。インターネットか何かで見たけど、再放送でも視聴率20%ぐらい取ったりするらしいしね。

 では、村をんなの日常の2012年「相棒」サブタイトル上位10

 1,ピエロ    1009件
 2,特命      758件
 3,亡霊      525件
 4,男装の麗人   441件
 5,仮釈放     369件
 6,聖戦      326件
 7,沈黙のカナリア 250件
 8,レベル4    232件
 9,予兆      217件
10,還流~密室の混迷 215件 

 やっぱりSP物は強いよね。面白いもんな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »