« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013.07.27

今週のキョウリュウジャー&ウィザード(7月3週目)

 「キョウリュウジャー ブレイブ22 ま・さ・か!デーボスふっかつ」

 現在までに蓄えた人間の感情の総数を表示したら、怒りと喜びが多少足りないけど、デーボスを無理矢理復活させようとするカオス。

 プレズオンラボで、ダイゴはプレズオンに夢中で、弥生はダイゴに夢中、イアンは弥生に失恋。今まで紅一点で大事にされてきたアミィは弥生の出現にプリプリしてるし、一人っ子で甘やかされて育ってきたから、自分が中心で無くなるとちょっと拗ねてみたくなるんやろな。

 女の子一人現れたことで、キョウリュウジャーの人間関係のバランスが微妙に変わってくるんやね。

 デーボスが地球に来る前に滅亡させた小惑星を調べに行っていたキョウリュウバイオレット。ここで得られた分析データをプレズオンにインストールすることで最強のデーボスハンターに進化することができる。

 デーボスウィルスンはドゴルドの命令でダムに復元水を注ぎ込む。

 そこにキョウリュウジャーたちが駆けつけて、ゾーリ魔・カンブリ魔を相手に戦いはじめる。
 弥生は一人でプレズオンにインストールの作業をしてるんやけど、インストールが完了してもプレズオンの目が覚めない、それはウィルスンの分身・デーボコンピューターウィルスンの仕業。
 コンピューターウィルスンが出てきたとき、ほほぉおもろいひねり方してきたよなって思ったもんね。

 大事なデータの入った小型機器を弾き飛ばされるし、弥生は首を締められて気絶させられるし。せめてトリンだけでもプレズオンラボにいたら、こんなことにはならへんかったのに。

 ウィルスンが復元水をダムに注いでいたのは、氷結城になっていたデーボスを復活させるため。

 獣電竜を呼ぼうとするキョウリュウジャーたちを阻止しようとするドゴルドとウィルスン。
 ウィルスンは一旦やられちゃうんやけど、ダムの水が復元水になってるもんやから、ダムに飛び込んで巨大化するウィルスン。

 キョウリュウジャーもキョウリュウジンウェスタンで対抗して戦い始める。ウィルスンをぶっ飛ばした隙に氷結城を壊そうとするんやけど、時すでに遅しでデーボスになっちゃう。ウィルスンも取り込んじゃったし。

 ウィルスンが取り込まれたことで、コンピューターウィルスンが消えたから弥生は助かることができる。

 ダイゴがデーボスの恐ろしさについて、めっちゃ修飾語を多用して語ってたけど、私の目から見るとそんなに怖そうに見えへんねんけど、緑色のぬいぐるみにいろんな物いっぱいくっつけましたみたいな。今まで最凶最悪のラスボスを見てきたけど、それに比べるとちょっと可愛いやんか。

 デーボスに何発か殴られただけで、カミツキ合体が維持できなくて合体解除しちゃったガブティラたち。

 次はウッチーの助太刀で、ライデンキョウリュウジンにカミツキ合体。
イナズマブレードフィニッシュをしようとしたところ、デーボスに捕まって失敗。ダイゴがプレズオンを呼ぼうとしたけど、プレズオンは眠ったままで反応せず。

 ウィルスンの残骸が飛び出している崖を見て、プレズオンラボの場所を知ってしまうアイガロンやキャンデリラたち。総攻撃されてやっと目が覚めるプレズオン。
 デーボスに襲われそうなライデンキョウリュウジンってところで来週へ。

 取りあえず無理矢理復活させられたデーボスやから、その何か欠けてるところを攻撃することで、デーボスを倒すことができるんやろなとは思ってるんやけどね。

 「仮面ライダーウィザード 第44話 息子の形見は」

 真っ赤なジャケットの男が地図を見ながら面影堂へやってくる。
 この間から出てきた笛木といい、この真っ赤なジャケットの男といい、ウィザードも押し迫ってきて、実力派の舞台俳優さんたちがキャスティングされてて、見てて楽しいやん。

 真っ赤なジャケットの男はハルトの小学生の頃の担任の先生・熊谷。

 熊谷は10年前に亡くした一人息子の形見の飛行機のおもちゃを探しに面影堂にやってきていた。なんかコヨミのエピソード、西園寺の話も10年前やったやんか。10年前から全ての伏線は始まっていたのかぁ?

 飛行機のおもちゃは既に売れていたので、そのお客さんを訪ねて行くところだった。熊谷はゲートだったので、それを狙って現れたファントムが、めっちゃ美人。

 輪島のおっちゃん、このファントムの色仕掛けに引っ掛かってまう。まぁ軽く催眠状態みたいやったけど。

 ワイズマンに賢者の石のことを聞くミサ。賢者の石とは魔法石の一種で秘められた膨大な魔力は世界の全てを飲み込むほどと言われており、現存するのはただ一つワイズマンが持つ石だけ。グレムリンが賢者の石を寄越せと言ってるって、それじゃぁラスボスになりたいってことやんか。
 そんな凄い力の石をワイズマンが手放すわけないよねぇ。

 飛行機を買った酒井に家にハルトたちが訪ねて行くと、すでに面影堂の人がきているという。それはあの色っぽいファントム。

 ウィザードは飛行機を持って外に出たファントムを追っていき、仁藤も現れて戦いが始まるけど、ウィザードは白い魔法使いの使い魔を追いかけて行ってしまう。
 ビーストだけがファントムと戦ってたんやけど、逃げられちゃうし、ウィザードは使い魔を見失っちゃうし、面影堂では倒れたコヨミの手の甲に赤い傷が現れてるしってところで、来週へ。

 熊谷先生、なんかハルトを助けるために魔法使いになっちゃいそうやんか。熱い魂の持ち主っぽいもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.20

今週のキョウリュウジャー&ウィザード(7月2週目)

 「キョウリュウジャー ブレイブ21 ズオーン!かえってきたプレズオン」

 宇宙の星で探索していた紫のキョウリュウバイオレットが母なる地球へ戻る所から。カオスがプレズオンの気配を感じ、撃滅するために最強モンスターを甦らせる。

 地球に戻ってきたプレズオンはデーボス軍の攻撃で燃えながら海に落ちていく。

 キョウリュウジャーの前に現れたのはデーボナガレボーシ、デーボウィルスン、デーボヒョウガキの3人で恐竜を絶滅させた仲良し3人組・ゼツメイツってグループ名まで付けちゃってるし。3人の後ろにナパームも炸裂させてもらえてるやん。ゼツメイツのロゴも、ちょっと安っぽい雰囲気やけど飾ってもらってるし。昔、アバレンジャーでオープニングが乗っ取られたことがあったけど、あそこまで行って欲しかったかなと思っちゃったよな。

 ゼツメイツはデーボス滅ボールを出してきて、それを3人で回して、ナガレボーシがキョウリュウジャーに向かってアタック攻撃。いや、これって語レンジャーの攻撃をパロディ化してるのか。

 ダイゴはプレズオンを探しに行ったところでゾーリ魔が現れ、レッドが囲まれた所にバイオレットがかっこよく現れてゾーリ魔を片付けちゃう。
 プレズオンには秘密基地のプレズオンラボがあるんやて。めっちゃ特別扱いやんか。

 皆の所に戻ってきたダイゴ、相手が滅ボール攻撃を再度しかけてくるので、こちらはノッサンを22番の獣電池で膨らませて、ゼツメイツと同じ攻撃を仕掛け、一旦ゼツメイツを退散させちゃう。

 プレズオンラボにやってきたキョウリュウジャーたち。ここにはドクターウルシェードと孫の弥生がいた。ドクターはガブリボルバーの開発量産した影の功労者。ということで獣電池とか全部ドクターの声やもんな。これからガブリンチョって聴こえたら、ドクターの顔が目に浮かんできそうやんか。

 ゼツメイツが街に現れ暴れだす。キョウリュウジャーが駆けつけるけど、ウィルスン・ヒョウガキの滅ボールでガブリボルバーが封印されて使えなくなってまう。
 そこへやってきたドクターがキョウリュウバイオレットに変身する。ひょっとしてスーパー戦隊メンバーの中で最高齢なん?途中まではめっちゃかっこ良かったのに、名乗り揚げで腰痛めるやなんて、ちょっと張り切りすぎやんか。

 またまた滅ボールを出してくるゼツメイツ。それしか手が無いのか、いくらなんでも同じ手段を使うのは危険すぎるよね。結局滅ボールキョウリュウジャーたちに横取りされて、それでナガレボーシやられちゃってるし。
 ガブリボルバーも復活。

 プレズオンの獣電池を受け取るダイゴ。そしてプレズオンラボから発進し、ダイゴが搭乗する。
 一匹でロボットになれるプレズオン。名前はプレズオー。

 ナガレボーシとは宇宙で戦い、やっつける。

 残ったデーボス軍のメンバーのところにカオスからプレズオンラボの存在するらしいとの電話連絡が入り、ラボの破壊を目指す。

 なんかイアンの靴のかかとに緑色の粘着物質が引っ付いてたよなってところで来週へ。

  「仮面ライダーウィザード 第43話 白い魔法使いの秘密」

 面影堂にやってきた西園寺が10年前に出会った少女はコヨミであると告げたところから。いよいよウィザードの核心に近づいてきたよねぇ。

 凛子・仁藤・マユの3人はソラから聞いた白い魔法使いがいるという場所に向かっている。

 白い魔法使いが現れたので、ユズルの居場所を聞く仁藤。白い魔法使いはユズルが魔法使いになる決心をしたので私に従っているって言うたやんか。それに対して仁藤はユズルがこの場所にいる訳でもないのに、変身して白い魔法使いと戦い始めたやんか。いくらなんでもそれはちょっと早まり過ぎやろ。
 白い魔法使いとの戦いに勝ったところでユズルに居場所はここやないんやから、取り返せるわけではないし。ましてやビーストよりも格段に白い魔法使いの方が強いねんし。

 ソラがその戦いを覗きながら、まさか本当にここにいるとはねってつぶやいてたけど、仁藤たちが来る気配を感じて白い魔法使いがわざと現れたと考えてもいいんかな。

 白い魔法使いが去った後、洞窟の中に傷だらけの木崎が倒れていた。
 
 ハルトが木崎の入院している病院に駆けつけてる隙に、コヨミは西園寺と湖畔に行く。そこで詳しくコヨミの子供時代の思い出話をするんやけど、10年前にはもう既にコヨミのお母さんは亡くなっていたのか。

 西園寺とコヨミが話し合っているところにマジシャンのファントムがやってきて、花の指輪を取り上げ、燃やしてしまう。
 それを見た西園寺は絶望しかける。ファントムはビーストが、ウィザードは西園寺のアンダーワールドに降り立って、手の怪物と戦い始める。
 
 久しぶりのアンダーワールドでの戦い。ドラゴンも久しぶりのお出まし。
 この手の怪物、綾取りを武器にしちゃうんや。動き自体は単純やったけどね。

 ファントム相手に戦うビースト。白い魔法使いにボコボコにされた鬱憤を晴らしとったんちゃうん。ファントムぐらいやと、すっきり勝っちゃうやんか。

 怪物を倒したウィザードが見たものは、コヨミの父親は笛木。

 笛木はどうやって白い魔法使いになったんやろ。最後のシーンで「あと一人だコヨミ」って笛木はつぶやいてたけど、コヨミを助けるために魔法使いを3人集めてるんかな?一つ謎が明かされると、一つ疑問が増えていくやん。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.12

今週のキョウリュウジャー&ウィザード(7月1週目)

 「キョウリュウジャー ブレイブ20 アンラッキュー! タナバタのタナボタ」

 七夕の前日に現れたデーボスモンスターはタナバンタが短冊を振りまくところから。
 七夕をちゃんとやってるお家って、小さいお子さんがいるところぐらいやもんなぁ。という訳で今日は全員ノッサンの家に集合してる。

 ノッサンの姪っ子理香ちゃんは学校で作ってきた短冊を飾ってたけど、笹飾りもかなり豪華やけど、理香ちゃんの作ってきた短冊も結構派手やなぁ。
 キョウリュウジャーのメンバーも短冊を書く事にしたんやけど、それはタナバンタが振りまいた短冊。

 ダイゴだけは短冊に書かず、直接星に父親に逢いたいと願う。笹飾りとか七夕が済んだあとのこと考えると、直接星にお願いするってのもエコでええかもしれんよね。

 ある家の前で出勤する父が携帯で突然部長に昇進という連絡が入って子供と喜んでると、苦しみ始める。このシーン見てて、このお父さんの体型やったら若いのに心筋梗塞でも起こしたんちゃうんと思ってもうたがな。

 スピリットベースでは七夕の願い通りアミィはドイツ語の試験で100点が取れ、ソウジは新しい木刀を手に入れるんやけど、体調不良を起してまう。

 町でも次々と七夕の願いをかなえた人が倒れていき、その願いを書いた短冊が飛んで行くあとを追って行ったら、タナバンタが短冊を集めていた。
 タナバンタの短冊は必ず願いがかなうねんけど、その代り翌朝星が消えたら、命も消えるって。折角願いがかなっても1日限りやったら、ぬか喜びってことになるやんか。

 「これ以上戦ってこの筒を壊されてはたまらん」とかって自分で弱点言うてるし、戦うのが嫌で逃げるのが一番って思ってるとは、優男らしいやんか。

 ウッチーの願い事「氷菓子を山ほど食べたい」って、ラミレスがベルギー土産にアイスいっぱい買ってきてくれたけど、ウッチー1個も食べてないのに願いがかなったからって体調不良はおかしいやん。
 ウッチーが体調不良にならんように、ウッチー以外のメンバーでアイス全部食べてもうたらよかったんちゃうん。

 ノッサンの願い「美女にモテモテでモーテがつけられない」。みんなの前でばらされてるやん、その上絶対あり得へんとかって言われてるし。
 理香ちゃんの行ってる学校の先生、美人ばっかりやんか。そっちの方があり得へんかったりして。

 短冊を書かなかったダイゴだけが戦うことができるので一人でタナバンタたちのところに行く。キャンデリラの攻撃の時にキャンデリラの人間体の顔がバックに出てきたやんか。かなりの推しやと見たんやけど。

 さすがのダイゴも変身解除になっちゃうぐらいの威力。これは人間体のウィンクの攻撃力やったでしょ。投げキッスになったら、キョウリュウジャー全員が変身解除しちゃうぐらいの攻撃力になるんちゃうやろか。

 とうとう夜明けが近づいてきた。タナバンタやキャンデリラはどっかへ消えちゃう。ダイゴのセリフ「夢は生きていくための道しるべなんだからな」、泣けるセリフやなぁ。

 タナバンタの前に現れたのは、ダイゴの父。なんとタナバンタをげんこつで殴り飛ばしちゃったよ、それもげんこつの手が伸びて。タナバンタが呆気にとられてる間に、今度はダイゴがタナバンタの胸の筒を壊して、短冊の笹が飛び去る。

 ダイゴの父はダイゴの胸のペンダントを指差して「そのまままっすぐ進んで来い、竜の道を。戦隊の仲間たちとともに」って言うてたけど、戦隊のイントネーションがちょっと違ってたんちゃう。あのイントネーションやったら千体に聴こえるやん。

 短冊の呪いも解けて元気になった他のメンバーたちとともにキョウリュウチェンジ。

 さっきのパンチでダメージを受けてるタナバンタは短冊に「みんな転べ」とか「攻撃外れろ」とか書いてキョウリュウジャーの攻撃を避けるんやけど、反作用で身体がよれよれに。えぇぇぇ~自分にも反作用がかかるって、そりゃないやろとびっくり。オウンゴールで負けたのと一緒やんか。それが分かってて短冊に願い事書いちゃうんや。もう七夕過ぎてるちゅうのにね。

 巨大ロボ戦。今週はキョウリュウジンカンフー。タナバンタ、でっかくなっただけでほとんど戦うことなくゾーリ魔が集まってできた恐竜2匹とともにやっつけられてもうたやんか。

 ダイゴの父と会っているトリン。あの皮の袋の中身、なんやろね。

 「仮面ライダーウィザード 第42話 指輪の小説家」

  ユズルと木崎の行方が分からなくなり、両方に白い魔法使いが絡んでるというところから。

 次のゲートは作家の西園寺。湖畔の天使という新刊本の女性限定のサイン会を開催中。ロングヘアの女の子がサインを頼んだ時名前をかおりと聞いてめっちゃがっかりしてたやんか。あんなに露骨にがっかりした顔されたら、いくらファンでも怒るよね。

 西園寺の前に現れたマジシャンがファントム・スフィンクス。火を使うみたいやん。

 西園寺が大切そうに持っていた花の形の可愛い指輪、スフィンクスに取られてしもうてるやんか。
 10年前スランプで小説を書けなくなってしまった西園寺は、自殺しようと湖畔に来た時、ブランコがありそこに現れた少女がお母さんにもらった指輪を見せながら母親の言葉「自分がどうなるのか不安になったら、どうなりたいのか考えなさい。そうしたら明日が楽しみになる」を小説家に教える。
 で、少女が帰って行ったあとに落ちていたのが花の形の指輪。

 その少女を探すために本を書き、サイン会を開いたという。

 トイレに行くふりして、家から逃げ出し出版社に向かう西園寺。カンヅメ破りが慣れてるんなら、カンヅメ破りように靴をトイレに置いておかないとねぇ。
 出版社で待っていたのはファントム。指輪を燃やそうとしたところ、ハルトが駆けつけ、指輪を取り返し、ファントムと戦い始める。
 今日の戦いは、ドラゴタイムで4人になるのもインフィニティになるのもめっちゃ速くて、でもファントムまで辿り着かず、グールばっかりやっつけてたやん。グールやっつけるのにインフィニティはもったいないやろ。

 白い魔法使いの居場所について、仁藤・マユ・凛子が話しているところにソラが現れる。ソラは白い魔法使いの居場所を知ってるみたいな口ぶりやん。

 そして面影堂に連れてこられた西園寺はコヨミの名前を聞いて驚くってところで来週へ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.04

今週のキョウリュウジャー&ウィザード(6月5週目)

 「キョウリュウジャー ブレイブ19 キャワイーン!うばわれたファミリー」

 デーボス軍の次のモンスターは、可愛い赤ちゃんキャラ・キャワイーン。ここまで可愛い敵モンスターって珍しいやん。ドゴルドでさえ、うるうるした目で見つめられると怒れなくなっちゃうんやもんな。

 ウッチーが神社の境内で素振りしてたら、小学生の男の子がつまづいて転んでしまう。この小学生、言うにことかいてウッチーに「起こしてくれ」やて。で、ウッチーが「男子たる者一人で」って自分で立てと言いかけたら、防犯ベル鳴らす。すると両親が駆けつけてきて、ウッチーを責める。

 両親がウッチーに言い寄ってるのに、全く知らん顔してスタスタ歩いて行っちゃう小学生、おもろい演出してるやんか。こんな小学生やのに、役名が勇治って、全然名前と正反対やし。というか今時勇治なんて名前の男の子、あんまりおらへんのとちゃうん。

 スピリットベースに戻ってきたウッチーは、モンスターペアレンツのことをみんなから教えてもらう。

 オープニングのJAEさんの出演一覧見てたら、橋口未和さんがトップになってたからキャワイーンの中の人担当しはったのかな。記念すべきとちゃうん。だいたいこのトップって男性やもんな。

 勇治が学校帰りに公園でアイスキャンディーを買い食いしてるところにウッチーがやってきたんで、包み紙とキャンディーの棒を捨ててくれって差し出す。それをたしなめるウッチー。すると両親が迎えに来ないから送ってくれって地図を差し出す勇治。
 完全にウッチー、遊ばれてるって。
 勇治の自宅が、めっちゃ豪邸。たぶん父親は仕事せんでも暮らしていけてるんやろなって思えるぐらい。 

 そこで両親はデーボモンスターのキャワイーンに夢中で、勇治のことは手の平を返したように扱いが悪くなる。勇治、一人っ子やからなぁ、下に弟か妹がいてたら、こんな思いとっくにしてたやろにね。

  両親の様子がおかしいことでウッチーがキャワイーンを疑ったところ、両親を連れて逃げ出すキャワイーン。
 キャワイーンとアイガロンがいるところに駆けつけたウッチー、変身して戦おうとしたところ、キャワイーンのうるうる瞳に見つめられてためらってまう。と、キャワイーンが本性を現す。キャワイーンの本性、頭がこうもりみたいなデザインやから、女版デビルマンみたいやんか。
 
 物陰に隠れて、ウッチーの戦いを見つめる勇治。ウッチー、一番大切なガブリチェンジャー取られてもうたやんか。
 他のキョウリュウジャーのメンバーが駆けつけたので、一旦退却するアイガロン・ラッキューロ・キャワイーン。

 家に帰ってきた勇治は今まで全部親にやってもらってたから、ご飯も作れないしお風呂にも入れない。ウッチーが勇治にレシピを渡すんやけど、今時は教科書でさえ挿絵や画像が満載やんか。こんな字ばかりのレシピ渡されて、頑張れ言われてもなぁ。
 勇治の戸惑う気持ち分かるって。アイスキャンディー買い食いせぇへんかったら、コンビニでおにぎりぐらい買えたのにね。

 ママがいないと道具の場所もわからないんで結局料理を作れなかった勇治。そこにぺろぺろキャンディーを持ったラッキューロが現れて、哀しみのエネルギーを出させるために勇治を両親がいる場所に連れてくる。

 そこへウッチーがやってきて、「自分もまだまだ弱いから、一緒に強くなろう」と呼びかけたことで勇治も「自分を助けられるのは自分だけ。今挑まねばいつまで経ってもできない」と言われたことを思い出し、キャワイーンの隙を狙って、ガブリチェンジャーを取り返す。

 勇治はガブリチェンジャーをウッチーに向かって投げる時「お兄ちゃん、これを」って言うてたけど、おじちゃんって言われなくて良かったよねウッチー。年齢的に言うと20歳ぐらい離れてるんやから、おじちゃん言われてもおかしくないもんな。

 ようやく戦える状態になったウッチーにキョウリュウジャーも駆けつけて、キャワイーンの本性との戦いが始まる。

 イアン、キャワイーンに狙われてやんの。無理矢理キスされてメロメロにされちゃってるやん。
 それに対抗して、アミィもメロメロ作戦。ゾーリ魔をキャワイーンにメロメロにさせて、キャワイーンの動きを封じちゃう。なかなか頭のええ作戦やんか。

 キャワイーン、ラッキューロから取り上げたすくすくジョイロの水を自分でかぶってでかくなっちゃう。
 対するはプテライデンオー。そしてダイゴがブンパッキーを呼び出してカミツキ合体。プテライデンオーブンパッキー。名前並べただけやん。

 左手のブンパッキーのしっぽ2回キャワイーンにぶつけただけで、勝負あり。

 別の日、神社で素振りしてるウッチーのところに勇治が通りかかる。大きな声で挨拶はできるし、すっかりええ子になってるやん。

 「仮面ライダーウィザード 第41話 魔法使いは運命」

 メデューサと戦う魔法使いになったマユってところから。
 ビーストは自転車の乗り方を教えていた少年ユズルがファントムになりそうになるのを横目で見ながら戦ってるし。

 ソラはワイズマンの周りをうろうろしてるし。

 ユズルの背中から蜘蛛の足が出てきて、もうこれはあかんやろってところで、あかり姉ちゃんがユズルの名前を呼んでくれたから、ファントムを体の中に押さえ込むことに成功する。
 ユズルが蜘蛛のファントムになりかけてた見て、そうそう仮面ライダーにとって蜘蛛というのは重要なキャラクターやということを思い出したんよね。
 40回目なんて切羽つまった時期に少年の初恋物語なんてのんびりやってる場合ちゃうやろと思ったら、こんなに大事な役回りやったとは。

  ファントムがあかり姉ちゃんをさらって逃げてしまう。

 大人しいマユが短期間の間にメデューサと互角に戦えるようになってるやん。ウィザードも加勢するけど、メデューサは一旦退却する。

 面影堂で作戦会議中。ミサから魔法使いにならないかとリクルートされるユズル。魔法使いがあと2人必要で、そうすれば全てのファントムを倒す力を得られるって白い魔法使いが言うてたとか。

 国安、凛子が作ったモンタージュ写真に見覚えがある木崎。なんか物理学者一覧でインターネット検索してるみたいやんか。

 ファントムから挑戦状が来て、町外れの採石場にむかうハルトや仁藤たち。ユズルも魔法使いになるかどうか決めるために、魔法使いの戦いを見たいと付いて来る。

 いよいよウィザード・ビーストに変身して戦いが始まる。先週のウィザードは土タイプやったけど、今週はファントムが風なんでハリケーンタイプにしてるやん。ビーストもコンドル出してきて、空中戦。でも空中戦も水中戦もパターン一緒っぽいアクションに見えるよな。

 そしてインフィニティーとハイパービーストでファントム撃退。

 再び自転車の練習にがんばるユズル。あかり姉ちゃんも助けられたし、魔法使いにならないことに選択する。
  仁藤がユズルの中にいるファントムを退治しようとしたとき、白い魔法使いが現れ、仁藤を阻止して、ユズルを連れてどこかへ行ってしまう。

 ユズルたちの前に白い魔法使いが現れたとき、ユズルは自転車を投げ捨ててたけど、なんか気がついたら、この自転車完全にユズルの物になってるみたいやん。ちゃんと瞬平から譲りうけたんやろか?

 そしてユズルの中のファントムを退治するの、ハルトがいるときにしとくべきやったよな。

 国安・木崎の部屋も荒らされていて、木崎が使ってた眼鏡が壊されてる。木崎も白い魔法使いにさらわれちゃったんかな?
 そしてもう一人の魔法使い候補者もこれから登場するってことやろなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »