« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013.08.27

今週のウィザード(8月3週目)

 高校野球で休止していた2話をまとめて書いちゃいます。

 「仮面ライダーウィザード 第47話 ワイズマンの真実」

 ゲートの山本は妊娠中の妻と連絡を取ろうとしているところに、ハルトが帰って来てコヨミが笛木の娘だということみんなに告げたところから。

 輪島のおっちゃんは面影堂にいるよりも本当の父親と一緒にいたほうが良いって言うてたけど、1年間コヨミと暮らしてたから、父親と同じ気持ちになってたんやろな。その辺の心の中に穴がぽっかり開いたような芝居うまいよね、小倉さん。

 山本が家に電話をかけても通じないということで、ハルトとマユちゃんが様子を見にいくけど、買い物に出かけてて留守みたい。

 マユちゃんがハルトのところに来たのはメデューサを倒せる指輪が欲しければウィザードのインフィニティーの指輪を持って来いって白い魔法使いに言われたからなんや。
 インフィニティーの指輪はウィザード自らが作った物で、大きすぎる力は自らを滅ぼすって、マユちゃんにはハルトの為と思わせてたけど、大きいお友達ならインフィニティーになられちゃったら白い魔法使いは自分の身が危ないって分かってるから取り上げたこと気付いちゃうやんねぇ。

 ハルトも白い魔法使いのこと疑ってないから素直にインフィニティーの指輪をマユちゃんに渡してるし。

 奥さんが買い物を終えて、ショッピングセンターの駐車場のところにあるベンチに座って携帯をチェックしたら山本昌宏の名前がずらーーーーっと並んでたけど、いや自分の携帯に旦那の名前を本名のままで入れておくって、ちょっと不自然のような気がするな。例えば昌くんとか昌宏とかダーリンとかじゃないんかな。新婚さんみたいやしね。

 このショッピングセンターでのロケの日、めっちゃ風強かったんやね。
 
 ファントムに狙われた奥さんを助ける為ビーストがファントムと戦い始めたところにメデューサが現れて、奥さんの座っていたベンチ(屋根付きのバス停みたいなところ)に向かって火の玉を投げつける。それを見た山本が絶望に落ちてファントムを生み出しそうになるんやけど、ウィザードが奥さんを助ける。

 山本は「家族は俺が守るんだぁーーー」って叫んでファントムを押さえ込んでしまう。奥さんを助けたのは自分じゃなくてウィザードだったことに絶望しちゃわへんかって心配してまうやん。

 ウィザード・ビーストとファントム・メデューサが戦っているところに、白い魔法使いから指輪を交換してもらったマユちゃんがテレポートしてくる。

 マユちゃんも変身してメデューサと戦い始めるけど、場所を屋外駐車場から地下室みたいなところに変更しちゃう。マユちゃんとメデューサだけ行くのかと思ったら、その場にいた関係者も全員。
 床が濡れてるのにアクションって滑ったりしそうやんか。でも地下なんでワイヤーアクションは屋外駐車場に比べれば仕掛けがしやすいかな。

 なかなか手強いファントムもウィザード・ビーストコンビで無事退治。ファントム食うの久しぶりやったんちゃうんかな、ビースト。

 メデューサとマユちゃんの戦いの方は、とうとうマユちゃんが新しい指輪を使う。マユの指輪から出た光線とメデューサの杖から出た光線がぶつかって、マユの光線の方が勝って、それでもメデューサはふらつくぐらいの衝撃しか受けてないみたいやん。ちょっと白い魔法使いにたぶらかされた感はあるよね。

 メデューサを背後から刺したのはなんとワイズマン。ワイズマンが必要なのは魔法使いで、ゲートを探せるのはメデューサだけやったから、4人目の魔法使いが現れたことで不要になったメデューサが消されるって。

 先週の展開やと、先に消されるのはソラかと思ってたのにね。

 そしてワイズマンは笛木に姿を変えた後、白い魔法使いに変身する。そしてメデューサが消えたところで次回へ。

 白い魔法使いがメデューサに一言、今までご苦労だったなって。4人の魔法使いも必要なくなれば消されちゃうって可能性あるやんか。

 「仮面ライダーウィザード 第48話 賢者の石」

 魔法使いになりたくない山本を連れて行っちゃう白い魔法使い。

 魔方陣の中で保護されていたコヨミ。但し魔方陣の中では魔力の消耗が激しいってことで、笛木の家にコヨミを移動するんやけど、この笛木の家がめっちゃおしゃれ。こんな家、日本にあるんやねぇ。

 木崎の意識が戻る。記憶喪失になってなくて良かったよ。

 笛木の家の中を見て回るコヨミ。笛木の日記を見つけてしまい、自分が不治の病で亡くなってしまった事を知る。

 仁藤たちの前に現れるユズル。ユズルは「ワイズマンがお待ちです」とマユを迎えに来る。目の下に隈に洗脳されていることが現れてるやん。また短期間のうちにめっちゃ強くなってるし。
 マユは連れ去られてしまう。

 笛木の家にやってくるハルト。
 ハルトは笛木に直接肝心なことを聞いちゃう。
 笛木は人間で、ワイズマンは笛木が作った人造ファントム。魔法使いになるためには身体にファントムを宿す必要がある。化学の力で生み出した人造ファントムを自分の身体に埋め込んだ。化学と魔法の融合に成功し、人でありながら魔法を意のままに操るすべを手に入れた。
 仮面ライダーといえば、人造人間。今回は笛木が人造人間と見ていいのかな。

 コヨミは賢者の石を宿した人形で、滅んだ身体を魔力で維持している。
賢者の石は生と死を裏返す究極の魔法石。賢者の石を維持する為には魔力がいるその供給源がハルト。えぇぇぇコヨミの身体を維持する為の魔力と思ってたら、それは全部賢者の石が吸い取ってたんや。
 笛木はサバトを再び開く為に魔力を無駄にできなかったって、ずうずうしいよね。
 そういえば、ハルトの先生も魔法使いの資格を得たのに連れてこなかったのは、熱血過ぎてうるさかったからかな。ハルトの側に付いちゃいそうやったしね。
 笛木にとってコヨミを亡くす苦しみに比べれば、他の人たちの絶望なんて大したことは無いってヌケヌケと言いよりましたなぁ。

 魔法使いにされちゃった山本。グリーンの魔法使いに変身したの見て、おぉやっぱりここでも緑なのかとテレビの前でにんまりしてたのは私だけじゃないよね。

 というところで、次回へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.23

ラマダホテル大阪 イタリアンブッフェ ランチ

 ラマダホテル大阪が年内に閉館ということもあり、お名残にイタリアンブッフェのランチを食べに行きました。

Photo0277

Photo0280

 だいたいのお料理内容ははラマダホテル大阪のサイトからコピペしてきましたので、ご了承ください。

Photo0281

Photo0282_2

【温製料理】
①ジャガイモのオーブン焼き ガーリックと香草の香り/白身魚のマリナーラ風/若鳥胸肉のマットーネ ポレンタ添え/トリッパと白いんげん豆の煮込み ミント風味/④イカのフリットと焼きトウモロコシ/バックリブとキャベツのカッソーラ/③本日のPIZZA/⑤シェフの気まぐれパスタ/②アランチーニ風 ライスコロッケ/ヌフヌフ特製カレー/色々野菜のミネストローネ(数字は写真を参照のこと)
【土日祝限定】仔牛のサルティンボッカ  他

Photo0283

【冷製料理】
本日のブルスケッタ/豚肉のトンナートソース/⑦きびなごのカルピオーネ/色々野菜のバーニャカウダ/⑥カボチャのマリネ/フリッタータ/パンツァネッラ/カッポンマーグロ/スモークサーモン フレッシュトマトのビネグレット/フレッシュモッツァレラとトマトサラダ カプレーゼ/(数字は写真を参照のこと)
【土日祝限定】カジキマグロの炙り カルパッチョ バジル風味 他

 バイキングでお料理を取ってる時、イタリア料理の名前あんまりよく分からないんで、見た目で選んじゃってるからなぁ。ピザとかスパゲッティとか、もうちょっと種類があっても良かったかなと思ったり。たまたまやけど、ちゃんと温製料理と冷製料理を別々のお皿に取ってるやん。

Photo0284

Photo0285 これはバニラアイスクリームとレモンとメロンのシャーベット。

 バイキング料理って、有名ホテルでも雑っぽいのがあるやんか。でもラマダホテルさんのは結構丁寧やったんとちゃうかな。お腹いっぱい、満足満足。

 料理の話では無いんやけど、地下鉄中津駅を降りたら、ホーコクビルが解体のため通路を閉鎖していますっていう告知が貼られてたんやけど、約27年前ホーコクビル内にあった会社で事務のパートの仕事してたことがあったもんやから、ちょっと感傷に浸ってもうたという。当時でさえ、古くて重厚なビルやったけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.22

今週のキョウリュウジャー(8月3週目)

 「キョウリュウジャー ブレイブ26 ビックリ!ガブティラにんげん」

 デーボス軍幹部全員復活しちゃったってところから。

 新たな怨みの戦騎エンドルフの顔見世やもんな。トリンが感じた底知れぬ異様な気配で出動したダイゴとイアンの前に現れて、突然銃を撃ちまくってるし。

 エンドルフって尻尾あるんやね。ちょっと掴んで引っ張りたくなるやん。
 そんな冗談言うてる場合や無く、キョウリュウジャーたちは手も足も出ない。エンドルフってキョウリュウジャーたちを怨むために生まれてきたって言うてるやん。

 エンドルフの戦い方が気に入らないドゴルドと仲違い始めたから、助かったキョウリュウジャーたち。

 デーボスの声はカオスにしか聞こえへんみたいやな。エンドルフに三戦騎に協力せよと命じるカオス。そこでアイガロンと組むことにするエンドルフ。
 ドゴルドが怒ってるところにカオスが、エンドルフを傷つけてはならない、エンドルフはデーボスとカオスの復讐心の結晶で何をするか分からないと言うてるやん。復讐心がドゴルドに向く可能性もあるってことか。

 弥生が持って来たのはキョウリュウレッドのパワーアップ獣電池。早速試験してみるダイゴやけど、獣電池をガブリボルバーにブレイブインしたら、オーバーヒートしちゃったみたいで、電流がガブリボルバーから逆流して弾着が破裂してダイゴが倒れてしまう。
 そして立ち上がったかと思ったら、ガブティラみたいに歩いたり吼えたり。

 そんな緊急事態な時に、アイガロンとエンドルフが現れる。イアンに向かって友達の話を餌に挑発するアイガロン。この餌、忘れた頃に出してくるから、引っ掛かるんちゃうん。

 イアンが痛めつけられてるのを見て、アイガロンの腕に噛み付くダイゴ。そしてどこかに行ってしまう。ディノチェイサ-でダイゴのあとをアミィと弥生が追いかけるけど、見失う。
 残った4人は撤退する。

 アイガロンが戦ってる途中で黒い涙を流してよけい悪くなったのは、エンドルフに操られたってことなんかな。

 スピリットベースで、新獣電池の強すぎるパワーがダイゴを恐竜のように変えてしまったのかもしれないと考えるトリン。

 弥生は平謝りやったけど、これ見ててまた弥生が失敗かよって突っ込んじゃったよね。ソウジは誰の責任でもない、そのためのテストなんだからって慰めてあげてたけど。たぶん弥生はキョウリュウをパソコンに入ってるデータで管理とか理解とかできると思ってるんやろな。でもそんなパソコンのデータをぶっ飛ばすぐらいのパワーがキョウリュウたちにはあるってことやん。

 イアンがリーダー代理になっても良いのかどうか悩んでるところに、アイガロンとエンドルフが登場したもんやから、悩んでる場合じゃなくなってもうたやん。

 ダイゴのいない変身。赤がいないと残りの5人では色目が暗いやんか。アミィもベージュ系のピンクの衣装やったしね。

 イアンがリーダーだとちゃんとみんなに指示出して戦うんや。
 エンドルフが劣勢に立たされたら、ラッキューロからすくすくジャイロ奪って自分にかけてでっかくなっちゃう。

 ダイゴがいないのでガブティラは期待できないから、弥生が自分の獣電池でプレズオンを呼び出してくれる。そしてプレズオーパラサガンに。
 エンドルフに必殺技プレズオーパラサガンブレイブフィニッシュをお見舞いしてひるんだ隙にザクトールをカミツキ合体させて、連続攻撃するんやけど、プレズオーの右手(ザクトール)をわざと自分の胸のマークにぶつけて、「これでますますお前らを憎める」とかって言っちゃうエンドルフ。そしてシュクシュクボールで人間サイズに戻ってアイガロンを連れて行っちゃう。

 スピリットベースでリーダー代理として覚悟を決めるイアン。ダイゴを探しに行くキョウリュウジャーたち。そして月夜に崖の上で吼えるキョウリュウレッドってところで来週へ。

 バージョンアップの前にはいろんな試練がスーパー戦隊の前に立ちふさがるんやけど、どんなんになってダイゴは戻ってくるんやろね。

 さて今週のキョウリュウジャーダンス。花嫁・花婿が踊ってるのに日本の未来は明るいなと思ったぞよ(笑)。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.14

今週のキョウリュウジャー(8月2週目)

 「キョウリュウジャー ブレイブ25 ナニコレ!デーボスぐんのあくむ」

 夏休み剣道部の練習帰り、マネージャーの勝山さんに明日の朝迎えに行くとかお弁当はいらないとか言われるソウジ。なんか勝山さんってソウジの彼女を通り越して母状態やな。

 トリンは、プレズオンの第2ラボも完成間近やし、キョウリュウジャーのみんなに今後の監視体制について意見を求める。
 キョウリュウジャーたちはデーボス軍で残ってるのはキャンデリラとラッキューロだけなんで、トリンのような危機感が全然無いんやな。
 このミーティングでアミィはバイト先のファミレスの制服着てるんやけど、休憩中に抜けてきたってところかな。

 その夜、ソウジが夢の中で勝山さんと公園デートしていたら、剣道部の先輩たちがやってきてソウジに文句を言うてきたので、「勝山さんと付き合ってるわけではない」って弁明したら、今度は勝山さんが「私とは遊び半分だったのね」って言うんで、ドギマギする。そしたら勝山さんがラッキューロになってしまう。そして剣道部の先輩たちがラッキューロに命じられて竹刀でソウジを打ち始める。

 ソウジが眠ると同じ悪夢ばかり見てしまって、3日間全然眠れずにフラフラ。スピリットベースでその話をしてたら、ダイゴ・イアン・ノッサンもラッキューロの夢で眠れなくなっていた。

 そう言うときに限ってゾーリ魔が現れるし。アミィ以外は寝不足で動けない。そこにウッチーがやってきたんやけど、ウッチーも半分寝てる状態で行動が怪しい。ウッチーの頭からピンク色の煙が出てきてラッキューロとモンスターが姿を現すんやけど、ラッキューロのお館様可愛かったやん。
 モンスターも頭は羊やねんけど、身体はピンクのつなぎのパジャマ見たいなん着てて、普段のモンスターと違って、動きやすそうやん。しかしピンク色でこんなでかいサイズの既製品無いやろなぁ。

 キョウリュウジャーの攻撃を避けるために手に持ってるのが低反発枕。これで銃弾とか弾き返しちゃってるし。サブタイトルは全部ひらがなとカタカナで頑張ってるのに、低反発は漢字なんやね。
 一人だけ元気やったアミィに抱き枕を投げつけるモンスター。で、うっかりその枕で寝ちゃったアミィの頭の中にラッキューロとモンスターが入り込んでラッキューロの悪夢を見させる。ラッキューロがキョウリュウレッドになっちゃってるやん。
 モンスターが投げた枕が爆炎ボンバーって爆発するんやけど、まぁ火薬の量が半端や無いがな。
 オビラッピーの強烈なおならの臭いでアミィは目が覚めたけど、1回だけしか悪夢見てないのにフラフラって、ちょっと効き過ぎやんか。

 スピリットベースに戻って、眠くても寝ないようにがんばるキョウリュウジャーたち。寝ちゃったらラッキューロの悪夢見ちゃうからね。

 家の道場でモンスターを倒すべく徹夜で斬撃の練習をしていたソウジ。あさになって勝山さんがスペシャル目覚ましドリンクを持ってきてくれる。

 それを持って、ラッキューロたちの前にやってくるソウジ。水筒の中から出てきたスペシャル目覚ましドリンク。見た目は味噌汁っぽい色やったけど、ドロドロ具合が葱とか山芋のすったのとか入ってそうな感じやったよね。不味すぎて吐き出しちゃったけど、目はすっきり覚めたみたいやんか。

 徹夜で特訓した斬撃が成功。このドリンクをみんなにも飲ませて、ドリンクが効いてるうちにやっつけようとめっちゃ早回しやん。変身したあとの名乗り上げも全員まとめてやっちゃってるし。ラッキューロに聞いて驚いたって言われてるやん。獣電池押した所からキョウリュウグリーンに切られてモンスターが倒れたところまでで、48秒やもんな。

 その後モンスターが巨大化したんで、キョウリュウジンとプテライデンオーとプレズオーの3人が相手になる。
 巨大ロボ戦まで入れても3分ぐらいで終了しちゃった。

 キョウリュウジャーたちに追い詰められたラッキューロ、急に空が真っ黒になってカオスたちデーボス軍の幹部たちが再登場。
 キョウリュウジャーにトドメを刺される直前にデーボスがカオスの中に入っちゃった。カオスの右手の甲にデーボスの顔が浮き出てたけど、結構凶悪そうな顔つきやんか。先週のぬいぐるみとは似ても似つかぬというか。

 カオスはキョウリュウジャーに対抗するには恨みという感情が必要ということで新たな幹部・怨みの戦騎エンドルフを作り出す。

 夏の恒例お気楽ストーリー、小さなお友だちには眠たいのに寝られないなんてあまり経験無いかもしれへんけど、テレビと劇場版が重なって1日24時間じゃ足らないなんていうスタッフ・キャストさんたちにとっては、スペシャル目覚ましドリンク飲んでみたいやろな。

 さて「仮面ライダーウィザード」は高校野球中継のため、お休みです。悪しからずご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.10

今週のキョウリュウジャー&ウィザード(8月1週目)

 「キョウリュウジャー ブレイブ24 もえろ!7にんのキョウリュウジャー」

 家無き子になっちゃったアイガロン・キャンデリラ・ラッキューロ。3人で落ち込んでたら、ヒョウガッキーがすることは復讐だけだって張り切ってる。カオスとドゴルドがいないから、完全にリーダーぶってるし。

 病院に入院中のウルシェード。隣にはダイゴも入院しちゃってるやん。
前回、捨て身でプレズオンに飛び込んでブレイブインできたからって、すぐにプレズオンを操れるようなキョウリュウバイオレットにはなられへんよねぇ、弥生の性格では。

 おじいちゃんからガブリボルバーとプレズオンの獣電池を渡されての帰り道。変身前のサンバのステップ踏んでるところ、キョウリュウジャーのメンバーに見られてまう弥生。弥生がステップ踏んでるのって基本に忠実やから分かりやすかったよな。

 弥生はなかなかキョウリュウジャーに変身出来なくて、ソウジに考えすぎって言われてたやんか。元のキョウリュウジャーのメンバーはもう半年も毎週毎週変身してるから、なんも考えんでも変身できちゃってるもんな。

 橋の上で一人落ち込んでる弥生の前にヒョウガッキーが。襲われそうになったところにアミィが助けに入る。それも思いっきり空中からのキックやし。

 モンスターが現れたっていう知らせでベッドから起き上がるダイゴ。とっくに治ってたのにみんなが検査受けろって言うから病院にいてたって。どんだけブレイブやねん。

 アイガロンを応援するために、新曲を歌い始めるキャンデリラ。こりゃぁ、まだまだキャンデリラの持ち歌増えそうやな。とはいえ、新曲よりあのホロホロホロビレバーの歌のほうがインパクトがあるような感じやけど。

 アイガロンはヒョウガッキーの人間の流した涙で凍りつく呪いを避けるため、自らをヒートアップさせてたんやけど、それが行き過ぎて爆発してまう。

 爆発の威力に逆らうことなくキョウリュウジャー全員が飛び散るように、イアンがみんなにトペランダーを撃ったので、ぺらぺらの紙状態になってたんや。ぺらぺらのアミィ、可愛かったやんか。

 ダイゴが川の側にぺらぺらのアミィを持って来てたから、水に浸けたら元に戻るのかと思ったら、ただ道の上にぺらぺらのアミィを置いただけ。それなら木の下でも良かったんちゃうん。

 弥生の救出に向かうダイゴとアミィ。ダイゴがアミィに「弥生を頼む」ってカンブリマ相手に戦ってたけど、そのお陰でアミィはヒョウガッキーと戦わなあかんやんか。ヒョウガッキーはダイゴが戦わなあかんやろ。

 アミィに「誰のためにキョウリュウジャーになるの?もう一度よく考えて」と言われて、キョウリュウジャーになりたいと思ったのは自分自身と気がつく弥生。そしてブレイブインに成功して、身体を固めていた氷を溶かしちゃう。

 そしてぺらぺらの他のメンバーも空から舞い降りてきて、いよいよ7人で変身。最終回ぐらいになったら、10人で変身するんかな?

 弥生の初変身なので、なんと真ん中。それもみんなより一歩前に出てるやんか。で名乗り上げのところで変身後のキョウリュウジャーが並んだら、バイオレットが身長一番低いみたいやん。なのでちょっと可愛く見える。口の所もハートっぽく見えるのは、女の子キャラやからかな。

 弥生の踏ん張りでヒョウガッキーが倒される。ゼツメイツは絶滅だって言うてたけど、ゼツメイツまた復活してくるって絶対。

 ヒョウガッキーが巨大化。それに対するのはプレズオーブンパッキー2体だけの合体→ガブティラも参加してバクレツキョウリュウジンへ。
 7人が一列に並んで搭乗しちゃう。今の地デジテレビやから7人全部入るけど、昔のアナログテレビやったら両端の二人切れちゃってたやろな。

 さすがヒョウガッキーはカンブリマ2匹とゾーリ魔恐竜2匹つれてるやん。
 ブンパッキーボール振り回して、最後はバクレツブレイブフィニッシュで5匹を縦に並べて一発でしとめちゃった。

 スピリットベースで、ウルシェードと弥生は建設中の第2ラボに。弥生を真のキョウリュウジャーにするためにみっちり特訓せねばならないって言いながらちょっと腰を伸ばしただけでグキッと音がして痛くなるって、特訓なんかでけへんやろ。
 ダイゴにまで弥生よりドクターの方が心配って言われてるし。
 弥生の両親にも何かストーリーがあるのかな?なのでおじいちゃんのドクターが面倒みてるみたいなね。

 そのころ森の中でキャンデリラをおぶってとぼとぼ歩くラッキューロが、黒い穴に引っ張り込まれる。そこは氷結城の中やったみたいで、白い煙が噴きだし、氷結城が湖底?に突き刺さった所で来週へ。

 「仮面ライダーウィザード 第46話 ひび割れた思い」

 みんなに気を使わせないよう明るく振舞うコヨミ。

 ソラのことをワイズマンにちくるメデューサ。メデューサに勝てなかったことで強くなりたいと落ち込むマユに新たな指輪を渡す白い魔法使い。この指輪の絵って不思議よねぇ。なにか鳥のようなものを両手で支えてるように見えるんやけど。
 とても強力な魔法が使えてメデューサを倒せるらしい。でも白い魔法使いがもったいぶってその代りって言うてたよね。メデューサとマユが相打ちになっちゃうんやろか。

 フリーマーケットに現れるファントム。人が多すぎて誰かゲートか全然わからない凛子と瞬平。コヨミのことが心配でのんびり戦ってる時間は無いからって、インフィニティとハイパービーストでとっとと片付けようとしたら、アスファルトの地面に潜って逃げちゃうファントム。

 ハルトと仁藤もすぐに変身解除しちゃったけど、そんなにあっさり変身解除して大丈夫なん?って思ったよね。
 そしてゲートを探すべく、四方に分かれて行っちゃう。

 ソラの罠にまんまと引っ掛かるハルト。ハルトも笛木ならコヨミを治せるかもしれないって考えてたはずなのに、ソラが平気で嘘をつくことも知ってるのに、焦りすぎやよね。ソラがコヨミを治せるかもしれない手がかりを持ってるかもと輪島のおっちゃんに話してたのをコヨミが立ち聞きしちゃう。でもハルトとソラの会話をもう一度確認してみたけど、ソラはコヨミの具合が悪くなってると予想してるだけで、そっから先はうやむややったやんか。
 いくらコヨミに同情してるとはいえ、先走りすぎのハルト。

 ハルトのところに指輪を見せてくれとやってくるマユ。白い魔法使いに逢ったこと隠してたし、何を白い魔法使いから吹き込まれたんやろ。

 ソラに会うために出かけてしまうコヨミ。コヨミが出かけるパターンっていつも人の話を真に受けてやんか。

 フリーマーケットの会場でファントムに襲われそうになってた人を見かける凛子と瞬平。その男の人に声をかけていると、アスファルトからファントムが現れる。
 やっぱり今回はファントムのほうが賢かったやんか。

  今回ゲートで狙われる役をやってるのが、轟鬼やってた川口さん。めっちゃ久しぶり、あまりに久しぶりでまだ役者さんやってはったんやと思ってもうたという。昔のこと思うと、ちょっと太ったかな。そうよねぇあれから10年近くなるもんね。

 以前ソラと出合った場所にやってくるコヨミ。ソラもコヨミならこの場所に来るやろと狙いをつけてたんやろな。
 コヨミの手の甲の亀裂を見て大喜びしてるやん。僕の物になれば良いって、ということは賢者の石に関わってるってことになるよね。

 やっとコヨミを見つけて現れるハルト。変身しようとしたら、ソラの方が先にグレムリンになってコヨミを殴り倒したりして、ハルトに変身の隙を与えない。
 ソラがコヨミを連れ去ろうとしたときに白い魔法使いが現れて、阻止する。

 白い魔法使い強すぎてグレムリンがめっちゃあしらわれてるやん。失せよ、永遠にって言われて攻撃されて、水中に倒れ込むグレムリン。ひょっとして、グレムリンはもう終わりなのかと思ったら、立ち上がって走り去っちゃったやんか。まだもうちょっとソラの登場あるんやな。

 白い魔法使いというか笛木というか、自分勝手にもほどがあるよね。そりゃぁハルトがコヨミを何故俺に預けたって怒るのも無理ないよ。コヨミをハルトに預けたのは魔力が必要だったからって。
 で、コヨミの手の甲の亀裂がおおきくなってきているのを見て、時間が無いとかって言うて、連れて行っちゃうし。

 ハルトがすっかり疲れきって倒れた所で来週へ。 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.03

今週のキョウリュウジャー&ウィザード(7月4週目)

 「キョウリュウジャー ブレイブ23 たてッ!バクレツキョウリュウジン」

 サブタイトル、小さいお友達にも判りやすいようにひらがなとカタカナを使って作るように努力してはるのは分かるんやけど、「たてッ!」のッがカタカナって変やろ、日本語の使用方法として間違ってるんちゃうと引っ掛かるんやけど。

 さてデーボスを強制復活させて、キョウリュウジャーがボコボコにされているところから。

 取りあえず使える獣電竜で戦おうとするダイゴ。キョウリュウジンカンフーに搭乗して一人で戦い始める。
 ダイゴの気合にデーボスの方が弱気になってるやんか。で、戦ってくださいって応援してたラッキューロたちに向かって攻撃し始めるデーボス。俺に命令するのは1000年早いってなことを言いたかったんやろな。

 暴れるデーボスに向かってボールをぶつけるとデーボス人間サイズにちっちゃくなったんで、鎖で縛って動けなくするカオス。このボール、復元水を吸い取る力があるんやて。で、またこのボールをぶつけると元に戻るって、便利やんか。

 取りあえずスピリットベースへ獣電竜も共に引き揚げ、次の戦いのために体力回復を図るキョウリュウジャーたち。その間、ダイゴはプレズオンラボへ様子を見にいく。
 無理したためにトリンの羽が石化しちゃってたけど、最終決戦の時とか、身体半分が石化しちゃって危機一髪なんて事態になりそうな気がするよね。

 ダイゴがひと口かじったリンゴをイアンに投げてウィンクしちゃってたけど、いつの間にダイゴとイアン、こんなに仲良くなったんよ。確か先週のストーリーでは弥生を巡って火花散らしてたんとちゃうかったっけ?

 海辺に倒れている弥生。ヒョウガキたちに見つかって危機一髪のところへダイゴがやってくる。デーボス軍の幹部たちをプクプトールでボール状態にして吹っ飛ばした間に弥生を連れて逃げるダイゴ。

 弥生によるとコンピューターウィルスンが壊したのは基地の機能だけで、プレズオンが動けないのは弥生のプログラムミスやったとか。
 おいおいとしか言いようが無いよね。

 ダイゴに自分を信じろよって言われたら、弥生もがんばるしかないよな。戦いはダイゴに頼めても、プログラムミスの修正はダイゴには頼まれへんし。

 プレズオンがまだ生きてることを知って、デーボスを再巨大化させるカオス。ガブティラとブンパッキーがやってきてくれる。
 キョウリュウジャーたちも駆けつけてくる。Vの字に並んで変身っておもろいなぁとは思ったけど砂浜でステップが踏みにくそうやったやん。

 今回はプレズオンがちゃんと動けるかどうかがメインなので、デーボス軍の幹部たちとキョウリュウジャーの戦いは、チラッとだけで終了。

 ちゃんとプログラムは機能してるのにプレズオンが動かない原因はブレイブが足りないことに気がつく弥生。
 プレズオンのいる格納庫に行って、プレズオンの口の中に飛び込んでまう弥生。まさかそんな大胆なことするとは思えへんかったよね。生身のままやし。

 そのブレイブで動き出すプレズオン。プレズオーに変身して、デーボス、ブンパッキーと共に、バクレツカミツキ合体でバクレツキョウリュウジンに。

 バクレツキョウリュウジンが歩いてるの見てると、足元が歩きにくそうやん。まぁ今回はブンパッキーボールを振り回すのが中心やからな。

 デーボス細胞破壊プログラムを浴び、ぶっ飛ばされ爆破されちゃったデーボス。ってことはカオスを始めとしてデーボス軍幹部たちは基地が無くなっちゃったってこと?野宿せなあかんのかな?

 最後は弥生をお姫様抱っこするキョウリュウレッドで終了。

 「仮面ライダーウィザード 第45話 笑顔は胸に」

 熊谷先生が探していた息子の遺品・飛行機のおもちゃを持っていたのは玩具マニアの酒井。クローゼットの扉かと思ったら、今まで集めてきたおもちゃを大事に展示するスペースにしてたんや。
 なかなかおしゃれに飾ってあったよね。

 酒井には一人息子の翔君がいて、その息子にはこのおもちゃ触らせへんねんて。確かにマニアの気持ち分かるよな。酒井はたまたまブリキのおもちゃ収集してたけど、特撮オタクならスーパー戦隊のロボットとか仮面ライダーのベルトとか集めてるやんか。それを子供に触らせずに飾っておくっていうのは大変かも。自分用と子供用と2つずつ買わなあかんやんか。酒井もたぶん子供の頃に自由におもちゃを買えなかったから、大人になっておもちゃに執着があったんやと思うけど、たぶん翔君は目の前でウィザードが戦ってる姿見ちゃってるから、大人になってから立派な特撮オタクになるやろな。

 酒井、自分はブリキのおもちゃ眺めて楽しんでるけど、翔君には一人でゲームで遊んでおけとか言い放ってるし、そう言われて寂しそうな翔君は宿題してくる言うし、めっちゃ無理してるやん。ここでゲームで遊んでおけじゃなくて、フォーゼのライダーベルトでも渡して、これで遊んで来いって言うたらよかったのにね。

 コヨミの手の甲に異変が起きているのは魔力が足りないからだと考えるハルト。ハルトには魔力を分けてあげることしかでけへんもんな。

 翔君が飛行機を持って、家の外に駆け出す。それを追いかける大の大人4人。メデューサが仁藤を呼び止めちゃう。メデューサとビーストが戦ってるところに、マユがやってきて変身するんやけど、1回転するのって、キョウリュウジャーとかぶっちゃってて、なんかもったいないよね。

 メデューサとマユ、戦闘力が互角になってきてるやん。

 飛行機を色っぽいお姉さんに渡そうとしたところで、ハルトがやってきて翔君を止める。ファントムの攻撃を避けた拍子に飛行機を手放しちゃったので、ファントムが拾ってまう。 

 ハルト達の様子を探ってる白い魔法使いの使い魔を見かけたもんやから、笛木を取るか、先生を取るかで迷うハルト。
 そんな姿を見て、ファントムが飛行機を踏み潰そうとしているのを止めに入る瞬平。白い魔法使いに逢いたいからといって、ゲートを餌に使ってるって瞬平に怒られるハルトと仁藤。
 さすが1年間ハルトと共にファントムと戦ってきた瞬平。瞬平やからこそ言えるんやもんな。

 翔君の見せ場、涙ぐみながらお父さんのおもちゃを壊したかったって言うところ。めっちゃこの子役ちゃん、がんばったやんか。
 熊谷先生、翔君の言葉を聞いて、飛行機を踏み潰しちゃう。
 熊谷先生の心の中には、亡くなった子供の笑顔はちゃんと残ってるって。

 マユの前から消えちゃうメデューサ。マユは決め手に欠けると悔しがるけど、ここまで戦えたら立派やんか。

 ファントムが潜んでいた場所にやってくるハルトと仁藤。ビーストがグールを食って、ウィザードはインフィニティになってファントムを倒す。
このファントムの最大の武器は、男を手玉に取ることやから、それに引っ掛からなかったハルトなんでインフィニティになっちゃったら、こっちのもんやもんね。

 ソラは、ワイズマンの目的はファントムを増やすことではない、そしてハルトの元にいるコヨミの存在から、何かを思いつく。たぶん私の予想ではコヨミは賢者の石に関係してるんじゃないかと思うんやけどなぁ。
 先週、熊谷先生が魔法使いになるんちゃうって思ったのは外れちゃったけど。
 メデューサに向かって、ソラは人間になることが夢だと語る。えぇっと、もしソラが人間になったら、美容院女性客大量失踪事件の容疑者として警察に捕まると思うんやけど。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »