« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014.06.19

烈車戦隊トッキュウジャー 平成26年2月分

 始発駅 特急烈車で行こう
 第2駅 俺たちはここにいる

 まずはトッキュウジャーの世界の説明から始まったね。イマジネーションを持つ者が主役になるのか。
 そしてイマジネーション豊かな子供たちが黒い機関車にさらわれる。

 子供たちは泣いてるのに、その中に一人だけいびきかいて寝てる大人が。

 そして黒い機関車を追いかけて、レインボーラインがやってくる。

 黒い機関車の列車の内装を見たとき、仮面ライダー電王の劇場版セットを再利用してるやんと思っちゃったやん。

 レインボーラインからトッキュウジャーたちが降りてくるんやけど、最初に降りてきたトッキュウ2号がずっこけてるし。青って今までサブリーダー的存在でレッドが頼りなくても、ブルーが陰から支えてるってところがあったけど、トッキュウジャーではちょっと違うみたいやね。

 シャドーの手下・クローズって、ちょっとスタイリッシュやんか。

 クローズたちを相手に戦ってるトッキュウジャーの姿を見て、まだ変身もできないのにシャドー怪人に飛びかかっていこうとするライト。
 シャドー怪人にぶっ飛ばされて気絶したライトを列車の中に運び込む。トッキュウジャーはライトと幼馴染やった。

 他のメンバーも気が付いたら列車の中にいて、シャドーラインと戦うように言われた。
 トッキュウジャーのメンバーの中でもライトはシャドーラインを照らす力を持っているのが選ばれた理由。

 いよいよ初の名乗り上げと変身。

 それよりも驚いたのが、乗り換えしちゃうってこと。赤が青になったり、男子キャラがピンクのスーツを着ちゃったり。いやはやこれがトッキュウジャーの定番になるとは。だいたいスーパー戦隊の定番ストーリーに中身が入れ替わる、男子が女子キャラになっちゃうってのがあるけど、贅沢にもこれを毎週使っちゃうのか。
 ライト、ピンクにもなってたけど、なっただけでほとんど戦わずに黄色になっちゃってたけどね。たぶんピンクの持ってる武器試してみたけど、あんまり強くないんで黄色のでっかいハンマーの方が戦いやすいって思ったんかな。

 この戦いのシーンのアフレコが微妙にうまい人と馴れてない人の差があって、初々しくて良いよねぇ。これが毎年初回を見るときの楽しみやったりするんよね。

 レッドになってる2号がもう誰が誰だかって呆れてるし、シャドー怪人は意味がわからんって怒ってるし。視聴者の声を代弁してくれてありがとうってところやんか。

 で、いつの間にかグリーンになってるやんか、ライト。

 結局、勝手に乗り換えないでくださいって車掌に怒られて、全員元の姿に戻らされてるし。

 武器を連結させて、バズーカ攻撃。そしてシャドー怪人は巨大化したんやけど、今年は倒されるだけで巨大化するんや。

 そしてトッキュージャーが烈車に乗るためにはちゃんと改札を通らないと駄目という細かい設定が。

 ちゃんと巨大ロボ対決もご披露。なんだか列車と合体させてるから、今までより縦に長いって感じがするなぁ。

 最後にチケット君が口を滑らせたのは「お前たちは死んでるも同然」とか、さてその意味とは…。

 お前たちは死んでるも同然とか言われても、お腹がすいて駅弁をかっこむライトたち。ミオがヒカリにサンドイッチを渡してたけど、サンドイッチに日本茶のペットボトルってどうよ。あんまり良い組み合わせとは言えないんちゃうん。

 シャドーラインの説明をしてくれるチケット君と車掌。シャドーラインが自分たちの路線を広げて世界に闇を広げようとしている。シャドーラインの列車がレインボーラインに乗り入れてシャドー怪人を降ろして人間の心から闇を生み出し町を染めるとのこと。

 次の駅もシャドーラインによって決闘ヶ原と駅名も変わってしまっていた。駅から出ると町を歩いている人たちが、敵を見つけて決闘を始めないといけないルールがあり、決闘をしなければシャドー怪人に襲われてしまう。

 この町のルールを知らなかったトッキュウジャーのところにシャドー怪人がやってきたので、戦いが始まる。

 でもライトがルールを知らなかったから臆病じゃないって言うたら、あっさり戦いを止めルールを説明して、帰って行ってしまうシャドー怪人。
えぇ、そんなに簡単にシャドー怪人を帰しちゃってええんかよ。5人並んで見送ってるし。

 陰からトッキュウジャーを見ていた子供が怪人からの言葉「これがもっと広がったら町は消滅したも同然で、住んでる人は死んだも同然だ」を教えてくれる。死んだも同然ってのが今回のキーワードやもんな。

 トッキュウジャーたちは5人に共通するピンポイントなものだけは覚えてるけど、それ以外は住んでた町の駅の名前や秘密基地の場所とかすべてぼんやりしていて、それに対して5人は何の疑問も持ってないやんってヒカリが指摘してる。
 子供の言葉から考えるとトッキュウジャーたちが住んでいた町は完全にシャドーラインのものになってる可能性高そうやん。ひょっとしてあのお城のある場所がトッキュウジャーたちの秘密基地やったところかな?

 トカッチが僕達ちゃんと脈もあるしって言いながらおでこに手を当ててたけど、おでこで脈は感じへんやろ。おでこで感じるのは熱やん。

 シャドー怪人が決闘の時間を宣言したところに現れるトッキュウジャー。
 1号がシャドー怪人とレッド列車対クライナーで戦うんやけど、CGが豪華やんか。その分実写の部分がちょっとチープ感が出て、それはそれなりに楽しめるよね。シャドー怪人が剣を振り上げたら、トンネルの入り口で剣が折れちゃうなんて、おバカすぎるって。それであっという間にライトに倒されてまう。

 すぐに巨大化。巨大化しても決闘やねんけど、背中合わせに立って5歩歩いたら振り返って銃を撃つってやつ。昔は西部劇コントの定番みたいな設定や

ったけど、そんなん知ってるの40歳以上とちゃうん。

 で、シャドー怪人の方は4歩目で振り返って銃を発射しちゃう。でもトッキュウジャーの方はその時だけ合体解除して、銃弾をかわしちゃう。
 それに驚いたシャドー怪人が呆気にとられてる間にやっつけられてまう。

 最後、トッキュウジャーのメンバーは車掌に自分たちの記憶がないのは闇にのまれたどこかの町の住人だったからでは?と尋ねると、車掌は当たりといい、チケット君ははずれという。さてどっちなのか?は、今後のお楽しみってことで1年ぐらい引っ張りそうやな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.12

仮面ライダー鎧武 平成26年2月分

 第16話 新アームズ!ジンバーレモン誕生!
 第17話 桃のライダー、マリカ降臨!
 第18話 さらばビートライダーズ
 第19話 贈られた秘密兵器

 ミッチが龍玄だったことが貴虎にバレたところから。
 紘汰と戒斗はなんとか黒影軍から逃げのびる。

 舞たちが町を歩いていると、貴金属を盗んで逃げるインベスを見かけたので、後を追いかけるとビートライダーズがロックシードを使ってインベスを呼び出して強盗させていたことが分かる。

 そこに戒斗たちがやってきて、ロックシードのリミッターを外す改造をしてインベスを手下のように使う方法がビートライダーズたちに知れ渡っていることを告げる。ちょっと改造するだけでインベスが手下になっちゃうって、ロックシードはちょっとちゃっちぃんちゃうん。

 ミッチが戦極ドライバーを使って龍玄に変身していることを知って、シドを締め上げる貴虎。シドはなんかうまいことのらりくらりとすり抜けようとしてるやん。貴虎としては、戦極ドライバーを使って変身することで、身体に悪影響が出ないか心配してる感じかな。

 戦極の研究室から試作品のドライバーが1個消えていて、保管庫のロッカーは戦極にしか解除できないはずって言うてたよね。なのにDJサガラが紘汰にくれたカードキーはあっちもこっちも鍵開けられたやん。 それに保管庫というよりも紘汰たちのベルトと一緒に並べて置いてあったような。

 インベスを手下に使っていたビートライダーズのレッドホットチームに乗り込む紘汰。レッドホットのリーダーはシドからもらったクラスAタイプのロックシードを使ってインベスを呼び出す。紘汰も鎧武に変身して戦い始めるんやけど、リミッター解除したロックシードが突然煙を出して壊れたので、インベスの方も人間の制御が効かなくなって暴れ始める。レッドホットのリーダーは自業自得やのに、紘汰はリーダーを逃してやる。

 インベスとの戦いの中で偶然DJサガラからもらったレモンのロックシードの使い方がわかっちゃう。
 (ジンジャーレモン+陣羽織)÷2=ジンバーレモンって、オヤジギャグにもなってないやん。
 戦国時代の侍としては陣羽織を着られるようになったら、ちょっとは偉いもんな。

 貴虎にヘルヘイムの森のとある場所に連れてこられるミッチ。それを見て衝撃を受けたミッチは、ユグドラシルに参加することを決める。

 紘汰に「そりゃぁ、俺も色々あったからな」って答える坂東。そんなセリフを聞くと昔弁護士のところで運転手兼料理人として働いていたころのこと思い出しちゃうやん。

 貴虎に紘汰の戦極ドライバー奪還を命じられたミッチ。
 ピエールと城之内をユグドラシルに呼び出して、ヴァージョンアップしたドライバーを渡し、戦極ドライバー奪還の指令を出す。とはいえ、顔が割れちゃってるから、自分は表に出ずに指示するんか。
 貴虎からミッチを見張るように命じられている湊。直属の上司は戦極やけど、プロジェクトのりーだーは貴虎なので、貴虎の命令も聞くってことか。

 紘汰のねぇちゃんがユグドラシルに誘拐される。交換条件は紘汰の戦極ドライバー。指定された場所に駆けつけるとピエールが姉を連れて来てるんやけど、これは本物のねぇちゃんじゃなく湊が化けていた。

 本物のねぇちゃんはピエールの店でケーキを堪能中。ピエールは自分のケーキを愛してくれるお客様には卑怯なことはできないってミッチの作戦を駄目にしちゃう。いやぁ、その辺は男らしいよね。で、腕ずくで戦極ドライバーを奪うことに。

 紘汰が使ってるレモンのロックシードはゲネシスドライバー用のクラスSタイプ。湊はブラーボが倒されたら、ミッチ自ら手を下さなくてはならないって言うてたけど、龍玄はまだクラスSのロックシード持ってへんから、負けるの決定やん。

 ピエールが負けちゃったんで、今度は湊がマリカに変身。湊に一緒に戦うのよと言われ、ユグドラシルと紘汰とどちらを選ぶのかと言われるミッチ。

 ミッチは悩んだ末に、紘汰を取るんやけど、その件に関して戦極は自分がミッチに頼んでもうしばらく紘汰に戦極ドライバーを使わせてコアスロットのデータを手に入れるようにしたと貴虎に話す。戦極はミッチに恩を売ってるやん。戦極に兄より頭が切れるなんて言われて得意顔で色々しゃべってたけど、戦極はずる賢いからなぁ。

 とりあえず、チーム鎧武に残ることができるミッチ。

 沢芽市でのビートライダーズの評価が最低になったことを悲しんで、舞が抗争終了宣言ダンスイベントの開催をビートライダーズの他のグループに呼びかける。しかしチームバロンが優秀なダンサーを引き抜いたりしたことで、他のチームはバロンが出るイベントには参加したくないと拒否する。

 戒斗はやってきた舞にダンスイベントの不参加を伝えるし、ピエールはダンスイベントを追放しようって街頭演説始めるし。
 めっちゃ舞には逆風やんか。

 チームバロンの一人ペコが戒斗にダンスイベントの参加をお願いしたとき、戒斗がバロンを抜けると言い出し、ユグドラシルから手土産に持って帰ってきたドライバーをザックに渡す。

 戒斗、チームバロンを辞めたとか言いながら、ユニフォームは脱がないんや。戒斗が着る私服ってどんなんかちょっと興味あるやん。

 いよいよ合同ダンスイベントを開催。でもお客さんが5人だけ。ピエールが現れてインベスを出したりブラーボに変身して邪魔を始めるんで、鎧武が対応するんやけど、なんとザックがナックルに変身する。鎧武に登場するアーマードライダーの中で一番かっこいい変身してるやん。

 城之内がカードを引き抜いたので音楽が途切れたんやけど、音楽無しで踊っちゃうビートライダーズたち。で、城之内はインヴィッドのメンバーに見つかって一緒に踊ることになるんやけど、なぜか一番高い場所で踊ってるやん。そこって一番目立ついい場所ってことでしょ。
 全員で踊ってるのをバックにしてブラーボと戦ってた鎧武。竜頭インビットと戦うナックルにはバロンが助っ人。

 ミッチはこの幸せが守れるなら僕はどんな裏切りだってできるってつぶやいてたけど、あれこれ裏切っているうちに誰を裏切ってるのか分からなくなってくるんちゃうん。
 鎧武の感想書き始めた頃、ビートライダーズの順位が発表されたシーンで、名前は出てるけど画面に現れたことのないチーム出てくるんやろかってつぶやいたことあったけど、取り敢えずちゃんと出てきたってことで。これ見てるとインベスゲームに頼らずに、ダンスだけで戦ってたチームもあるって感じしたよね。ダンス力の弱いチームがインベスゲームに頼ってたのかも。

 ブラーボとの戦いが一段落したのに、紘汰の前にレモンのロックシードのアーマードライダーが現れる。
 ブラーボとの戦いで疲労困憊してるのに、もう一度変身して戦えって。100%の力を出せる状態じゃないとレモンのロックシードのアーマードライダーも面白くないんちゃうん。鎧武は変身解除しちゃってるし。そんなところに戒斗が現れて、紘汰の代わりにレモンのロックシードのアーマードライダーと戦うけど、一捻りでやっつけられちゃう。
 レモンのロックシードのアーマードライダーの正体は戦極だった。

 ユグドラシルの研究室に潜り込むために、ヘルヘイムの森のクラックを通る作戦を考える戒斗。その相談を紘汰とするときにミッチまで付いてくる。
この時は、紘汰にユウヤの失踪のことを知られたくないと思って、ミッチは貴虎にこの作戦を告げ口しちゃう。

 なのでヘルヘイムの森から追い出されてもうた紘汰と戒斗。そこに現れるDJサガラ。見守ってるって言いながら、チューリップのロックシードをくれるんやけど、見守ってるっていうよりもシドが紘汰たちを潰す側に回ったんで、その代わりに新しいロックシードを提供する人物になっただけやんか。
 昔ふうに言うと御為ごかしってやつかな。

 またまたヘルヘイムの森にやってくる紘汰と戒斗。今度はシグルドが相手になるんやけど、さっきもらったチューリップのロックシードはチューリップビークルに変形するやつで、黒影軍が乗ってたのと同じやから、なりすまして目をくらましたってとこかな。

 紘汰を先に行かせておいて、戒斗はシグルドと戦い始める。紘汰が貸してくれたスイカロックシードのお陰で、さすがのシグルドもちょっと劣勢やん。

 紘汰の前に斬月が現れる。その頃戒斗は先にユグドラシルに入り込む。シグルドって、血の気が多いから、すぐに紘汰や戒斗たちを倒そうとするんやけど、その度に誰かに止められてるやん。今回は戦極。戦極は戒斗に興味津々やもんな。
 貴虎は紘汰に真実を教える気になってきたみたいやん。倒しても倒しても立ち向かってくるところに根性がある奴って思ったのか、知らん方が幸せやのにうるさいから教えてしまえって思ったんか。
 ミッチには紘汰のベルト奪還を命じておきながら、貴虎自身は積極的に紘汰のベルト奪還しようとはしてないよね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.03

仮面ライダー鎧武 平成26年1月分

第12話 新世代ライダー登場!
第13話 鎧武、バロンの友情タッグ!
第14話 ヘルヘイムの果実の秘密
第15話 ベルトを開発した男

 まずは前回までの復習から始まった鎧武。正月を挟むと1回抜けるし、世の中正月気分やから、このややこしい仮面ライダーの世界も忘れられてる危険性あるからね。でも思い出すためには、親切やったよね。普通こんなに丁寧に復習から始めてくれる仮面ライダー無いやんか。

 ヘルヘイムの森で斬月との戦いが録画されていたりとか、アーマードライダーがモルモット呼ばわりされていたことで、暫くの間変身は控えたほうがって提案するミッチ。見張られていることに対して嫌悪感もあるんやろうけど、ミッチは勉強もせずチーム鎧武に入り浸ってたり龍玄に変身してインベスト戦ってることを貴虎に知られたく無いから、変身したくないんやで絶対。

 町でインベスが現れたので、鎧武が戦って倒した後1台の車がやってきて黒影タイプのアーマードライダーが続々と降りてくる。
 そうか、黒影の使ってたベルトは量産型の試作品やったんや。前回ヘルヘイムの森で斬月と戦って、壊されたのは量産型の試作品やったんで、ちょっと安っぽかったんかもしれへんな。

 住宅街の広い空き地に戒斗が、そこに舞がやってくる。この空き地は元神社とご神木があった場所。前回、ユグドラシルタワーの根本にご神木があったからあっちがてっきり元神社の場所かと思ってたよ。ご神木だけ移動させたんや。神社があるってことは、特別な意味を持つ土地やんか。そこを空き地のままほったらかしにしてるのは良くないよね。

 初瀬はベルトが壊れていて変身できなくなり、今まで自分たちがダンスに使っていたステージを奪われてしまう。みんなの前で恥をかかされたら、若い男子としては無理してでも自分のメンツを守ろうとするよね。

 ミッチにユグドラシルを困らせるためには、ベルトを捨てれば良いと言われても、インベスに襲われている人々がいたら必ず助けようとする紘汰。ここまで無私な人間も、なかなかおらへんよ。ミッチは呆れてるけど。こんな欲の無い人間なんで、仕事もアルバイトばっかり転々としちゃってるんやろな。

 エナジーロックシードとゲネシスドライバーが出来上がったので、試用してみる貴虎。戦極はヘルヘイムの力を自分たちのものにできるって語ってたけど、調査隊もヘルヘイムの入り口ぐらいしか調査できてないのに、それで全てを分かったって言うのは甘いやん。インベスゲームは終了することに。

 病院ではインベスに傷つけられた人間の身体から謎の植物が生えるので大騒ぎになる。
 ユグドラシル側では貴虎・戦極・シド・DJサガラが今後の対応を協議してるけど、戦極は沢芽市民の避難はまだ早いと反対するやんか。戦極の言葉って常に自分の研究のことしか考えて無いみたいやよね。

 お姉ちゃんに言われて、紘汰たちは病院に検査を受けに行くけど、ビートライダーズの一員とばれて怪我人の家族たちに取り囲まれる。

 貴虎に頼まれてビートライダーズの検挙を始めるピエール。戒斗みたいにでっかいインベスを操ってたりするから、市民に全部悪いのはビートライダーズやって思われてしまう。ミッチもユグドラシルの陰謀に気がつく。

 インベスが暴れてる現場で鎧武に変身しようとしたところに現れるブラーボ。ブラーボはインベスをほったらかしで紘汰に向かって来る。で、鎧武に変身して戦い始めるけど、ブラーボ強いから劣勢になったところで、戒斗が加勢に現れる。戒斗は口ではお前の敵など知らんなんて言うてたけどね。

 マンゴのロックシードを使うんで、バナナのロックシードを鎧武に貸す戒斗。これは珍しい。鎧武の紺色のボディにバナナの黄色ちょっとおとなしいイメージになるやんか。

 ブラーボと戦う前に暴れてた竜頭のインベスを探していたら、斬月が登場。竜頭のインベス、謎の果実を食べて、本物の竜になっちゃった。
でもパワーアップした斬月のソニックアローに撃たれて倒される。またそのすぐ後に斬月の玩具のCM入ってくるし。ドラマ本編なんやら、玩具のプロモーションビデオなんやらって状態になってるし。

 鎧武たちの戦いを物陰で見ていた初瀬は、再び力を得るために謎の果実を食べてしまう。この辺の流れ、うまく作ってるよね。果実を食べると強大な力が手に入ることを初瀬に見せるために、竜頭のインベスに謎の果実を食べさせたんやな。

で、初瀬は果実を食べて、インベスになってしまう。斬月はインベスを倒そうとするが、鎧武は初瀬と分かっているインベスを倒すことはできない。
初瀬は一旦人間体に戻るけど、紘汰の前から逃げてしまう。

 斬月と戦ってたバロンは攻撃を受けて変身解除しちゃう。紘汰や戒斗が持ってるベルトは試作品で、ゲネシスドライバーが完成形やて。
試作品の割には、めっちゃ性能ええよね、鎧武のベルトも戒斗のベルトも。

 鎧武のたまり場に顔を出した紘汰が、初瀬は危ないから近づくな、訳は後から説明するって中途半端なこと言わんとちゃんと説明してたら、後で鎧武の仲間が傷つくことなかったのに。

 貴虎の車に隠れて乗り込み、ユグドラシルの中に潜入するミッチ。たまたま入り込んだ給湯室の隣が会議室で貴虎とシドが話し合っているのを見つける。二人が出て行った後、貴虎の使っていたパソコンの研究記録を見てしまうミッチ。その中で鎧武のリーダーだったユウヤがヘルヘイムの森に迷い込んだ第12話 新世代ライダー登場!
第13話 鎧武、バロンの友情タッグ!
第14話 ヘルヘイムの果実の秘密
第15話 ベルトを開発した男

 まずは前回までの復習から始まった鎧武。正月を挟むと1回抜けるし、世の中正月気分やから、このややこしい仮面ライダーの世界も忘れられてる危険

性あるからね。でも思い出すためには、親切やったよね。普通こんなに丁寧に復習から始めてくれる仮面ライダー無いやんか。

 ヘルヘイムの森で斬月との戦いが録画されていたりとか、アーマードライダーがモルモット呼ばわりされていたことで、暫くの間変身は控えたほうがっ

て提案するミッチ。見張られていることに対して嫌悪感もあるんやろうけど、ミッチは勉強もせずチーム鎧武に入り浸ってたり龍玄に変身してインベスト

戦ってることを貴虎に知られたく無いから、変身したくないんやで絶対。

 町でインベスが現れたので、鎧武が戦って倒した後1台の車がやってきて黒影タイプのアーマードライダーが続々と降りてくる。
 そうか、黒影の使ってたベルトは量産型の試作品やったんや。前回ヘルヘイムの森で斬月と戦って、壊されたのは量産型の試作品やったんで、ちょっと

安っぽかったんかもしれへんな。

 住宅街の広い空き地に戒斗が、そこに舞がやってくる。この空き地は元神社とご神木があった場所。前回、ユグドラシルタワーの根本にご神木があった

からあっちがてっきり元神社の場所かと思ってたよ。ご神木だけ移動させたんや。神社があるってことは、特別な意味を持つ土地やんか。そこを空き地の

ままほったらかしにしてるのは良くないよね。

 初瀬はベルトが壊れていて変身できなくなり、今まで自分たちがダンスに使っていたステージを奪われてしまう。みんなの前で恥をかかされたら、若い

男子としては無理してでも自分のメンツを守ろうとするよね。

 ミッチにユグドラシルを困らせるためには、ベルトを捨てれば良いと言われても、インベスに襲われている人々がいたら必ず助けようとする紘汰。ここ

まで無私な人間も、なかなかおらへんよ。ミッチは呆れてるけど。こんな欲の無い人間なんで、仕事もアルバイトばっかり転々としちゃってるんやろな。

 エナジーロックシードとゲネシスドライバーが出来上がったので、試用してみる貴虎。戦極はヘルヘイムの力を自分たちのものにできるって語ってたけ

ど、調査隊もヘルヘイムの入り口ぐらいしか調査できてないのに、それで全てを分かったって言うのは甘いやん。インベスゲームは終了することに。

 病院ではインベスに傷つけられた人間の身体から謎の植物が生えるので大騒ぎになる。
 ユグドラシル側では貴虎・戦極・シド・DJサガラが今後の対応を協議してるけど、戦極は沢芽市民の避難はまだ早いと反対するやんか。戦極の言葉っ

て常に自分の研究のことしか考えて無いみたいやよね。

 お姉ちゃんに言われて、紘汰たちは病院に検査を受けに行くけど、ビートライダーズの一員とばれて怪我人の家族たちに取り囲まれる。

 貴虎に頼まれてビートライダーズの検挙を始めるピエール。戒斗みたいにでっかいインベスを操ってたりするから、市民に全部悪いのはビートライダー

ズやって思われてしまう。ミッチもユグドラシルの陰謀に気がつく。

 インベスが暴れてる現場で鎧武に変身しようとしたところに現れるブラーボ。ブラーボはインベスをほったらかしで紘汰に向かって来る。で、鎧武に変

身して戦い始めるけど、ブラーボ強いから劣勢になったところで、戒斗が加勢に現れる。戒斗は口ではお前の敵など知らんなんて言うてたけどね。

 マンゴのロックシードを使うんで、バナナのロックシードを鎧武に貸す戒斗。これは珍しい。鎧武の紺色のボディにバナナの黄色ちょっとおとなしいイメージになるやんか。

 ブラーボと戦う前に暴れてた竜頭のインベスを探していたら、斬月が登場。竜頭のインベス、謎の果実を食べて、本物の竜になっちゃった。
でもパワーアップした斬月のソニックアローに撃たれて倒される。またそのすぐ後に斬月の玩具のCM入ってくるし。ドラマ本編なんやら、玩具のプロモーションビデオなんやらって状態になってるし。

 鎧武たちの戦いを物陰で見ていた初瀬は、再び力を得るために謎の果実を食べてしまう。この辺の流れ、うまく作ってるよね。果実を食べると強大な力が手に入ることを初瀬に見せるために、竜頭のインベスに謎の果実を食べさせたんやな。

で、初瀬は果実を食べて、インベスになってしまう。斬月はインベスを倒そうとするが、鎧武は初瀬と分かっているインベスを倒すことはできない。
初瀬は一旦人間体に戻るけど、紘汰の前から逃げてしまう。

 斬月と戦ってたバロンは攻撃を受けて変身解除しちゃう。紘汰や戒斗が持ってるベルトは試作品で、ゲネシスドライバーが完成形やて。
試作品の割には、めっちゃ性能ええよね、鎧武のベルトも戒斗のベルトも。

 鎧武のたまり場に顔を出した紘汰が、初瀬は危ないから近づくな、訳は後から説明するって中途半端なこと言わんとちゃんと説明してたら、後で鎧武の仲間が傷つくことなかったのに。

 貴虎の車に隠れて乗り込み、ユグドラシルの中に潜入するミッチ。たまたま入り込んだ給湯室の隣が会議室で貴虎とシドが話し合っているのを見つける。二人が出て行った後、貴虎の使っていたパソコンの研究記録を見てしまうミッチ。その中で鎧武のリーダーだったユウヤがヘルヘイムの森に迷い込んだ時に果実を食べてインベスになり、紘汰の手で倒されたことを知ってしまう。

 片や、町で暴れる初瀬インベスを止めようとして戦う鎧武。初瀬をなんとか正気に戻そうとしているところに突然姿を見せるユグドラシル4人衆。
ほんま斬月とともに現れた4人衆見た時には何をするねんって思っちゃったよ。でも後で考えると斬月のゲネシスドライバーのCMでちゃんと映ってたやんか。だいたいオンエア見ずに、録画したのを夜見てるんで、そうなるとCM飛ばしちゃうから、ユグドラシル4人衆のCMネタバレを見てないし、唐突やったんやろな。ちゃんとCM見てる良い子はやっと出てきたかって思ったんやろけど。

 紘汰の頼みを無視して、初瀬インベスをシドが倒してしまう。

 ユグドラシルに捉えられてしまう紘汰と戒斗。その様子を物陰からうかがうミッチ。
 戦極に対面する紘汰と戒斗。戦極による講義。ロックシードとはヘルヘイムの果実を安全な形で取り扱うための戦極の研究成果。
 超人的なパワーといえば、湊の超人的なアクション、凄いやん。すでにヘルヘイムの果実を食べちゃったのかと思うぐらいよね。

 貴虎は紘汰たちが数ヶ月間戦極ドライバーを使い続けてきたので、それが人体にどういう影響を与えているのか精密検査をさせたいと思ってるけど、戦極は全能感のあるベルトの試着をしてみないかと紘汰たちを誘ってみる。なんかそれって麻薬でも勧められてるみたいやん。戦極がスケッチしていたベルトの外観みてたら、ジーパンに使う用の派手なベルトみたいやん、真ん中にターコイズかなんか入ってそう。それにロックシードを装着させる部分無いし。

 紘汰たち、独房に入れられてるやん。そこに現れるDJサガラ。紘汰がユグドラシルは戦極ドライバーを試すだけで町を守ろうとしない、それなら自分が守るという考えを聞いて、カードキーと水色のロックシードと黒い物体を置いて独房から出て行く。

 ミッチが独房を探し当てたので、カードキーでドアを開けてもらう紘汰。戒斗も自由にして、まずはベルトを取り返しに行く。
 DJサガラが持ってきてくれたカードキー、どこの部屋にでも入れるんや。ベルトは無事取り戻したけど、ユグドラシルに逃げたことがばれちゃう。

 紘汰がタワー地下のクラックのある場所までやってくる。ありゃ、ご神木都合のいい高さに切られてたんや。一応しめ縄だけは巻いてあるけど、それじゃぁご神木もお怒りになるやろ。

 紘汰の前に立ちはだかるシド。紘汰が飛び降りながら鎧武に変身するのもかっこよかったけど、帽子を押さえながら飛び降りるシドがめっちゃかっこ良かったよね。シドが変身するシグルドってチェリーなんや。渋いシドにしては可愛いやん。

 ヘルヘイムの森で鎧武とシグルドが戦い始める。シグルドの方が鎧武より強いなぁ。そこにバイクに乗ったバロン登場。
 鎧武とバロンは2台のバイクで攻撃してシグルドが怯んだ隙に、逃げ延びる。怒ったシドが鎧武とバロンを攻撃しようとするのを止める湊。
 とりあえず湊は戦極の部下ってことで良いのかな。

 一人でユグドラシル本部の地下に逃げ込むミッチ。黒影軍に追い詰められて龍玄に変身しちゃったから、貴虎に龍玄がミッチやったってことばれちゃう。
 

時に果実を食べてインベスになり、紘汰の手で倒されたことを知ってしまう。

 片や、町で暴れる初瀬インベスを止めようとして戦う鎧武。初瀬をなんとか正気に戻そうとしているところに突然姿を見せるユグドラシル4人衆。
ほんま斬月とともに現れた4人衆見た時には何をするねんって思っちゃったよ。でも後で考えると斬月のゲネシスドライバーのCMでちゃんと映ってたやんか。だいたいオンエア見ずに、録画したのを夜見てるんで、そうなるとCM飛ばしちゃうから、ユグドラシル4人衆のCMネタバレを見てないし、唐突やったんやろな。ちゃんとCM見てる良い子はやっと出てきたかって思ったんやろけど。

 紘汰の頼みを無視して、初瀬インベスをシドが倒してしまう。

 ユグドラシルに捉えられてしまう紘汰と戒斗。その様子を物陰からうかがうミッチ。
 戦極に対面する紘汰と戒斗。戦極による講義。ロックシードとはヘルヘイムの果実を安全な形で取り扱うための戦極の研究成果。
 超人的なパワーといえば、湊の超人的なアクション、凄いやん。すでにヘルヘイムの果実を食べちゃったのかと思うぐらいよね。

 貴虎は紘汰たちが数ヶ月間戦極ドライバーを使い続けてきたので、それが人体にどういう影響を与えているのか精密検査をさせたいと思ってるけど、戦極は全能感のあるベルトの試着をしてみないかと紘汰たちを誘ってみる。なんかそれって麻薬でも勧められてるみたいやん。戦極がスケッチしていたベルトの外観みてたら、ジーパンに使う用の派手なベルトみたいやん、真ん中にターコイズかなんか入ってそう。それにロックシードを装着させる部分無いし。

 紘汰たち、独房に入れられてるやん。そこに現れるDJサガラ。紘汰がユグドラシルは戦極ドライバーを試すだけで町を守ろうとしない、それなら自分が守るという考えを聞いて、カードキーと水色のロックシードと黒い物体を置いて独房から出て行く。

 ミッチが独房を探し当てたので、カードキーでドアを開けてもらう紘汰。戒斗も自由にして、まずはベルトを取り返しに行く。
 DJサガラが持ってきてくれたカードキー、どこの部屋にでも入れるんや。ベルトは無事取り戻したけど、ユグドラシルに逃げたことがばれちゃう。

 紘汰がタワー地下のクラックのある場所までやってくる。ありゃ、ご神木都合のいい高さに切られてたんや。一応しめ縄だけは巻いてあるけど、それじゃぁご神木もお怒りになるやろ。

 紘汰の前に立ちはだかるシド。紘汰が飛び降りながら鎧武に変身するのもかっこよかったけど、帽子を押さえながら飛び降りるシドがめっちゃかっこ良かったよね。シドが変身するシグルドってチェリーなんや。渋いシドにしては可愛いやん。

 ヘルヘイムの森で鎧武とシグルドが戦い始める。シグルドの方が鎧武より強いなぁ。そこにバイクに乗ったバロン登場。
 鎧武とバロンは2台のバイクで攻撃してシグルドが怯んだ隙に、逃げ延びる。怒ったシドが鎧武とバロンを攻撃しようとするのを止める湊。
 とりあえず湊は戦極の部下ってことで良いのかな。

 一人でユグドラシル本部の地下に逃げ込むミッチ。黒影軍に追い詰められて龍玄に変身しちゃったから、貴虎に龍玄がミッチやったってことばれちゃう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »