« 仮面ライダー鎧武 平成26年1月分 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 平成26年2月分 »

2014.06.12

仮面ライダー鎧武 平成26年2月分

 第16話 新アームズ!ジンバーレモン誕生!
 第17話 桃のライダー、マリカ降臨!
 第18話 さらばビートライダーズ
 第19話 贈られた秘密兵器

 ミッチが龍玄だったことが貴虎にバレたところから。
 紘汰と戒斗はなんとか黒影軍から逃げのびる。

 舞たちが町を歩いていると、貴金属を盗んで逃げるインベスを見かけたので、後を追いかけるとビートライダーズがロックシードを使ってインベスを呼び出して強盗させていたことが分かる。

 そこに戒斗たちがやってきて、ロックシードのリミッターを外す改造をしてインベスを手下のように使う方法がビートライダーズたちに知れ渡っていることを告げる。ちょっと改造するだけでインベスが手下になっちゃうって、ロックシードはちょっとちゃっちぃんちゃうん。

 ミッチが戦極ドライバーを使って龍玄に変身していることを知って、シドを締め上げる貴虎。シドはなんかうまいことのらりくらりとすり抜けようとしてるやん。貴虎としては、戦極ドライバーを使って変身することで、身体に悪影響が出ないか心配してる感じかな。

 戦極の研究室から試作品のドライバーが1個消えていて、保管庫のロッカーは戦極にしか解除できないはずって言うてたよね。なのにDJサガラが紘汰にくれたカードキーはあっちもこっちも鍵開けられたやん。 それに保管庫というよりも紘汰たちのベルトと一緒に並べて置いてあったような。

 インベスを手下に使っていたビートライダーズのレッドホットチームに乗り込む紘汰。レッドホットのリーダーはシドからもらったクラスAタイプのロックシードを使ってインベスを呼び出す。紘汰も鎧武に変身して戦い始めるんやけど、リミッター解除したロックシードが突然煙を出して壊れたので、インベスの方も人間の制御が効かなくなって暴れ始める。レッドホットのリーダーは自業自得やのに、紘汰はリーダーを逃してやる。

 インベスとの戦いの中で偶然DJサガラからもらったレモンのロックシードの使い方がわかっちゃう。
 (ジンジャーレモン+陣羽織)÷2=ジンバーレモンって、オヤジギャグにもなってないやん。
 戦国時代の侍としては陣羽織を着られるようになったら、ちょっとは偉いもんな。

 貴虎にヘルヘイムの森のとある場所に連れてこられるミッチ。それを見て衝撃を受けたミッチは、ユグドラシルに参加することを決める。

 紘汰に「そりゃぁ、俺も色々あったからな」って答える坂東。そんなセリフを聞くと昔弁護士のところで運転手兼料理人として働いていたころのこと思い出しちゃうやん。

 貴虎に紘汰の戦極ドライバー奪還を命じられたミッチ。
 ピエールと城之内をユグドラシルに呼び出して、ヴァージョンアップしたドライバーを渡し、戦極ドライバー奪還の指令を出す。とはいえ、顔が割れちゃってるから、自分は表に出ずに指示するんか。
 貴虎からミッチを見張るように命じられている湊。直属の上司は戦極やけど、プロジェクトのりーだーは貴虎なので、貴虎の命令も聞くってことか。

 紘汰のねぇちゃんがユグドラシルに誘拐される。交換条件は紘汰の戦極ドライバー。指定された場所に駆けつけるとピエールが姉を連れて来てるんやけど、これは本物のねぇちゃんじゃなく湊が化けていた。

 本物のねぇちゃんはピエールの店でケーキを堪能中。ピエールは自分のケーキを愛してくれるお客様には卑怯なことはできないってミッチの作戦を駄目にしちゃう。いやぁ、その辺は男らしいよね。で、腕ずくで戦極ドライバーを奪うことに。

 紘汰が使ってるレモンのロックシードはゲネシスドライバー用のクラスSタイプ。湊はブラーボが倒されたら、ミッチ自ら手を下さなくてはならないって言うてたけど、龍玄はまだクラスSのロックシード持ってへんから、負けるの決定やん。

 ピエールが負けちゃったんで、今度は湊がマリカに変身。湊に一緒に戦うのよと言われ、ユグドラシルと紘汰とどちらを選ぶのかと言われるミッチ。

 ミッチは悩んだ末に、紘汰を取るんやけど、その件に関して戦極は自分がミッチに頼んでもうしばらく紘汰に戦極ドライバーを使わせてコアスロットのデータを手に入れるようにしたと貴虎に話す。戦極はミッチに恩を売ってるやん。戦極に兄より頭が切れるなんて言われて得意顔で色々しゃべってたけど、戦極はずる賢いからなぁ。

 とりあえず、チーム鎧武に残ることができるミッチ。

 沢芽市でのビートライダーズの評価が最低になったことを悲しんで、舞が抗争終了宣言ダンスイベントの開催をビートライダーズの他のグループに呼びかける。しかしチームバロンが優秀なダンサーを引き抜いたりしたことで、他のチームはバロンが出るイベントには参加したくないと拒否する。

 戒斗はやってきた舞にダンスイベントの不参加を伝えるし、ピエールはダンスイベントを追放しようって街頭演説始めるし。
 めっちゃ舞には逆風やんか。

 チームバロンの一人ペコが戒斗にダンスイベントの参加をお願いしたとき、戒斗がバロンを抜けると言い出し、ユグドラシルから手土産に持って帰ってきたドライバーをザックに渡す。

 戒斗、チームバロンを辞めたとか言いながら、ユニフォームは脱がないんや。戒斗が着る私服ってどんなんかちょっと興味あるやん。

 いよいよ合同ダンスイベントを開催。でもお客さんが5人だけ。ピエールが現れてインベスを出したりブラーボに変身して邪魔を始めるんで、鎧武が対応するんやけど、なんとザックがナックルに変身する。鎧武に登場するアーマードライダーの中で一番かっこいい変身してるやん。

 城之内がカードを引き抜いたので音楽が途切れたんやけど、音楽無しで踊っちゃうビートライダーズたち。で、城之内はインヴィッドのメンバーに見つかって一緒に踊ることになるんやけど、なぜか一番高い場所で踊ってるやん。そこって一番目立ついい場所ってことでしょ。
 全員で踊ってるのをバックにしてブラーボと戦ってた鎧武。竜頭インビットと戦うナックルにはバロンが助っ人。

 ミッチはこの幸せが守れるなら僕はどんな裏切りだってできるってつぶやいてたけど、あれこれ裏切っているうちに誰を裏切ってるのか分からなくなってくるんちゃうん。
 鎧武の感想書き始めた頃、ビートライダーズの順位が発表されたシーンで、名前は出てるけど画面に現れたことのないチーム出てくるんやろかってつぶやいたことあったけど、取り敢えずちゃんと出てきたってことで。これ見てるとインベスゲームに頼らずに、ダンスだけで戦ってたチームもあるって感じしたよね。ダンス力の弱いチームがインベスゲームに頼ってたのかも。

 ブラーボとの戦いが一段落したのに、紘汰の前にレモンのロックシードのアーマードライダーが現れる。
 ブラーボとの戦いで疲労困憊してるのに、もう一度変身して戦えって。100%の力を出せる状態じゃないとレモンのロックシードのアーマードライダーも面白くないんちゃうん。鎧武は変身解除しちゃってるし。そんなところに戒斗が現れて、紘汰の代わりにレモンのロックシードのアーマードライダーと戦うけど、一捻りでやっつけられちゃう。
 レモンのロックシードのアーマードライダーの正体は戦極だった。

 ユグドラシルの研究室に潜り込むために、ヘルヘイムの森のクラックを通る作戦を考える戒斗。その相談を紘汰とするときにミッチまで付いてくる。
この時は、紘汰にユウヤの失踪のことを知られたくないと思って、ミッチは貴虎にこの作戦を告げ口しちゃう。

 なのでヘルヘイムの森から追い出されてもうた紘汰と戒斗。そこに現れるDJサガラ。見守ってるって言いながら、チューリップのロックシードをくれるんやけど、見守ってるっていうよりもシドが紘汰たちを潰す側に回ったんで、その代わりに新しいロックシードを提供する人物になっただけやんか。
 昔ふうに言うと御為ごかしってやつかな。

 またまたヘルヘイムの森にやってくる紘汰と戒斗。今度はシグルドが相手になるんやけど、さっきもらったチューリップのロックシードはチューリップビークルに変形するやつで、黒影軍が乗ってたのと同じやから、なりすまして目をくらましたってとこかな。

 紘汰を先に行かせておいて、戒斗はシグルドと戦い始める。紘汰が貸してくれたスイカロックシードのお陰で、さすがのシグルドもちょっと劣勢やん。

 紘汰の前に斬月が現れる。その頃戒斗は先にユグドラシルに入り込む。シグルドって、血の気が多いから、すぐに紘汰や戒斗たちを倒そうとするんやけど、その度に誰かに止められてるやん。今回は戦極。戦極は戒斗に興味津々やもんな。
 貴虎は紘汰に真実を教える気になってきたみたいやん。倒しても倒しても立ち向かってくるところに根性がある奴って思ったのか、知らん方が幸せやのにうるさいから教えてしまえって思ったんか。
 ミッチには紘汰のベルト奪還を命じておきながら、貴虎自身は積極的に紘汰のベルト奪還しようとはしてないよね。

 

|

« 仮面ライダー鎧武 平成26年1月分 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 平成26年2月分 »

スーパーヒーロータイム2014」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/59805284

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダー鎧武 平成26年2月分:

« 仮面ライダー鎧武 平成26年1月分 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 平成26年2月分 »