« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014.10.29

相棒 14歳

 文科省教育局課長補佐の高宮が人を殺したのではと逮捕されていた。

 その現場を見に行った右京さんたちに話しかけた中学生の少年。まるでこの中学生のしゃべり方が右京さんそっくりやん。

 この中学生は逮捕されている高宮の息子・優。カイトも右京さんの中学生時代はこんな感じでしたかって聞いてるし。
 なんと優は右京さんとカイトを自分のゲームのプレイヤーに指名しちゃってる。どんだけ強気なんやろ。
右京さんもこのゲームのプレイヤーになるしかないって、最近面と向かって右京さんに挑戦してくる人間がいなかったから、ちょっと右京さん自体わくわくしてたりしてね。

 優の通ってる学校へやってくる右京さんたち。伊丹たちもやってきたんで同行して理事長室へ。ここで過去この付属小学校でいじめ事件があったことが分かる。
 ここの理事長は妻の父から学園の経営を譲り受けたころって、婿殿やったんか。それで忙殺されてたからって、いじめ事件のことは把握してないみたいな口ぶりで、こんな奴が学校の理事長なんて、そりゃあかんやろって思ったよな。

 その上、校長によるとその事件は保護者会といじめ事件の被害者の義父の間で示談にしたって、学校はノータッチってあり得るんかなぁ。私立の学校はこんなもんなんかって思っちゃうよね。私は高校まで公立やったから、そういうことで済ませてしまっていいのかって違和感があるなぁ。

 お金持ちの子供ばかり通ってる学校やから、一人当たり30万円でクラス全員29人分の慰謝料870万円をいじめられていた子供の義父に渡し、遺書は取りまとめをした高宮が受け取ったのか。子供が書いた遺書を見たのかって右京さんが聞いたら、校長先生は見てないって。カイトも丸投げですかって、ちょっとあきれ顔してたよね。

 右京さんが角田課長に調べてもらっていたのは、緑川学園への文科省からの天下り。ということはこの学校には親が文科省に勤めてるって子供も結構いるってことになるのかな。

 カイトが殺された男の足取りを追っているときに、別の遺体を見つける。その遺体も先に見つかったものと同じ日に殺されたと推測する米沢。現場に残されたゲソコンの話が出たときに、買い物から帰ってきた優の靴が映るんやけど、あれっ優が犯人に関係してるん?って気にさせられたよね。

 今、気が付いたんやけど、右京さんもとうとうスマホになってるやん。今まで黒のガラケー使ってたのに、機種変更しようと思ったら、ガラケーで右京さんの気に入るようなのが無かったんやなぁ。

 結局、殺された二人がゆすってたネタはいじめ事件ではなく、緑川学園の土地ころがし。幼稚園建てるからって補助金までもらってて、その土地転売しちゃうやなんて、どんだけ金が欲しいねん、婿殿理事長は。家では嫁や舅の顔色見て暮らしてるんやろな、なのでお金に走ったりして。

 最後、花の里で優に優しくお説教する右京さん。優が号泣してたけど、やっぱり14歳、精一杯突っ張ってた緊張が一気に崩壊したんやろな。

 
 そしてゲストの濱田龍臣君、でかくなってたよね。これぐらいの年齢の子はみるみるうちに大きくなるから、びっくりやん。14歳っていうサブタイトルで、濱田君も2000年生まれなので14歳に間違いはないねんけど、テレビを通してみたら16~17歳って言われても疑えへんし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.24

仮面ライダードライブ(10月3週目)

 第3話 だれが彼女の笑顔を奪ったのか
 
 どんよりの後、女子だけがさらわれるという事件が起こる。

 特状課にいつもいる追田警部補。ネット研究家の西城究っていつのまにか泊からきゅうちゃんって呼ばれてるやん。
 ネットの噂によると1週間前に幽霊アトリエ事件というのが起きていて、怪人が幽霊を食べていたという目撃証言があったとか。
 
 その現場に向かう途中、今日出てきたドリームベガスというシフトカーについて、ベルトさんに聞く泊。

 幽霊アトリエに直撃する泊たち。ご近所に聞き込みに回るでもなく、目撃証言をした主婦に会うこともなく。まぁそれにしてもこんな新人3人だけで、よく出したよな、課長も。

 アトリエから出てきた時どんよりが発生し、霧子の腕の先が消えそうになる。実は霧子は特状課に来る前にもそれを経験していて、その時もシフトカー・ドリームベガスが助けてくれていた。

 今回のロイミュードは進化体で、普通のロイミュードと違ってどんな技を出してくるか分からない。でも声を聴けばこれってルー大柴がやってた画家が正体を現したやつってすぐにわかってまうし。

 ドリームベガスでタイヤ交換したら、3本の輪がドライブの体でぐるぐる回るスロットゲームになっていて、タイヤが三つ揃って、金色のコインが一枚出てきたんやけど、これは外れやそうで、じゃぁ当たりの攻撃って、金色のコインがどっばーって出てきて、ロイミュードを埋めちゃうとかそんなんなんかな?
 隙を見てロイミュードが逃げる。

 廃工場に逃げてきた銀行強盗犯。そこにハート、ブレイン、チェイスがいた。ロイミュードの中でも荒っぽい悪事を働くと粛清されるんや。チェイスの使ってた武器の声、カブトが加速するときのアイテムの声にちょっと似ていたような気がする。

 霧子は半年前にも人間をデータ化するロイミュードに襲われていたときに、プロトドライブに救われていた。お姫様抱っこしてもらってるし。

 プロトドライブは、敵を撃退したものの命を落とした、プロトドライブには敵のコアを破壊する力が無かったから。さてこのプロトドライブはたまたま通りすがりだったのか、それとも霧子と縁のある人やったのか、縁のある人やったとすれば、そこにまたストーリーが生まれるので、伏線になるんやろうけど。

 藤宮のメモを見て、霧子はアトリエに向かう。アトリエに飾られていた女の人たちはさらわれてデータ化されて絵の中に閉じ込められていたことに気が付く。
 画家だけじゃなく、弟子の藤宮も084番のロイミュードだった。霧子が危機一髪の時に泊がやってきて変身。やっぱり変身は車から降りてる時にやらないとかっこよくないよね。

 084ロイミュードを倒しても、額縁の絵からは女性が消えなかったので、画家も犯人であることに気づく。

 そこに現れたチェイサー。ロイミュードの番人、同時に死神。死神ってロイミュードにとっても、そして仮面ライダーにとってもってことかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.22

相棒 「ファントム・アサシン」

 ロシア人の男が「ただちに帰国せよ」というメールを見たのち、お金と銃とを持ってバイクで逃走を始める。行き着いた先はhアメリカ大使館で、亡命を申請する。
 別の場所では公衆電話ボックスに、小倉健二という人物のレジュメが置いてあり、誰かがそれを見ている。小倉は通勤途中歩道橋から落ちて亡くなる。

その後そのレジュメは歩道橋側のごみ箱に破られて捨てられた。

 同じ形式のレジュメに載っていた日下栄介が自家用車の中で絞殺死体で見つかる。

右京杉下さんより先に伊丹・芹沢・米沢の3人が先に出てきてるやん。

 やっと登場した右京さん。帰宅しようとした右京さんに話しかけたのはホームレスの一郎さん。

 カイトはホテルのレストランで悦子に頼まれて嫌々ながら甲斐次長と会っていた。カイトと悦子の関係も進むんだか進まないんだか、中途半端やもんね。杉下さんからの電話でそそくさと立ち去るカイト。目線見てたら、ぜんぜん甲斐次長の方見てなかったよね。
 一郎さんが持ってきたのは破られたレジュメをつなぎ合わせたもので、書かれていた名前が事故死した小倉だったので、右京さんのところに持ち込んだってこと。そこで右京さんたちが事件に関わってくる。

 歩道橋の側にあった監視カメラを見つけて画像を見せてもらう右京さんたち。うまいこと木の枝が歩道橋の上部を隠してて、隔靴掻痒やな。

 レジュメにはいろんな人の指紋が付いていたが、その中の一つが内閣情報調査室総務部門の主幹で、警察庁から出向している社美彌子のものだった。
 米沢さんの日本における情報調査関連のセリフ、超長い。それをトチらないように必死でしゃべってるって感じやったよね。
 それで社に話を聞きに行く右京さんたち。
 
 するとレジュメのファイルごと保管していたのが無くなっていることが分かる。

 ヤロポロク・アレンスキーというロシア情報機関のエージェント。ヤロポロクの直属の上司が武器輸出の汚職で捕まり、ヤロポロクが極東の担当者として名前が挙がった、本人は全くの濡れ衣と主張しているが本国に帰っても処罰さえるし、日本にいても身の安全を守れないためにアメリカに亡命。
 ということはヤロポロクは武器関係の情報を集めていたのかな?

 その後、CIAから1通のリストが送られてきて、日本での情報協力者たちのリストだった。その説明をしているときに天野室長が現れる。
 リストには7人の名前が載っていた。そのうち3名が殺害されていた。ここで連続殺人だったことが分かる。

 情報協力者の1人、自衛官が刺されたシーン見てて、相棒ファンならこれって自作自演やろって思っちゃうよねぇ。

 生存している4人が次々に尾行を巻いて、行方をくらましてしまう。

 社を尾行していた右京さんたち。右京さんたちを動揺させようと幸子のことや悦子のことを話す社。右京さんは別に幸子のことを話されても痛くもかゆくもないけど、カイトは悦子がカイトと甲斐次長が仲が良くないことから結婚に踏み出せなくなってることを思い出して、ちょっとセンチメンタルになってるやん。

 とある別荘に社と共に現れた右京さんたちに嫌味を垂れる天野室長。ここには4人の生存者たちも集められていた。

 夕ご飯を食べてる時に外は豪雨やし、これは雨に降りこめられた密室殺人でも起きるのか?って思ったら、与党の代議士先生、別荘を出たところで殺されてたやんか。
 
 豪雨の中の現場検証たいへんやな。伊丹と芹沢は現れたけど、さすがに米沢さんは来なかったなぁ。
 右京さんお得意のひっかけ推理、自衛隊員がすべての殺人の犯人だと主張しちゃう。確かにこのメンバーの中では肉体的に訓練されてるし、一番可能性は高そうに見えるよね。

 ここで自衛隊員は怪我をするように命じたのは天野室長だと自供する。

 右京さんは殺した人間が殺されていくという種明かしを始める。で、気になったのは政治部記者。刺されて即死ではなかったのに、なんで救急とか警察とか呼ばへんかったんやろ。再現ドラマ見てると、それぐらいの余裕はあったけどね。記者やってるぐらいやから、携帯電話は常に持っていたやろうに。

 天野室長って警視庁公安部長や警察大学校校長など数々の重職を歴任してこられたって右京さんは言うてたけど、それにしてはちょっと威厳が無いんちゃう。数々の住職を歴任してきた人なら、しゃべらなくても威圧感があるみたいなところがあるはずやん。

 警視庁公安部課長だったころ某国のスパイと通じているノンキャリの官僚を守秘義務違反で立件しようとしたが法律実務の壁に阻まれて立件できなかった。それが無念だったとか。課長ってことはまだ若い頃のことやんか。それをずーーーっと根に持ってたんや。それでロシアのスパイの情報協力者を消そうとしてたって、なんかちょっと精神的に危ないんちゃうん。そんな顔つきしてたし。
 本当ならそれほどのキャリアがあれば今頃警察庁とか警視庁長官ぐらいにはなれてるはずやのに、なぜ自分が長官になれないのかと考えたときに課長時代のあの件が立件できていれば今頃はなんて、思い続けてたのかもしれへんよな。
 東京拘置所で社と接見したときに、内閣情報調査室が自分のゴールと思っていたって言うてたから、どこかあきらめてた感もあったけどね。

 社は人事刷新ということで、警視庁広報課へ出向になる。ヤロポロクとの間に子供がいることは室長しかしらないってことなんや。
 最後に右京さんが、社のことが気になるって言うてたけど、これってこのシーズンの最終回にまた社が絡んでくるってことなんかな??

 サブタイトル、ファントム・アサシンって私は英語が全然ダメなんで、検索してみたら、ファントムは幻でアサシンが暗殺者。幻の暗殺者って、右京さんのセリフにいっぱい出てきてたやん。直訳みたいなサブタイトル、ちょっと煙に巻いたみたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.16

仮面ライダードライブ(10月2週目)

 第2話 仮面ライダーとはなにか

 サブタイトルに「仮面ライダーとはなにか」って思いっきり正面切って問われるとは思わんかったなぁ。なんか自分にとって仮面ライダーとはなにかって聞かれてるみたいでしょ。

 豪邸が火事になっているところから。ロイミュードに襲われている悪夢を見ていたのはベルトさん。ベルトになっても面倒な性質は残っているなぁって、ベルトさんが元人間だったんや。
 泊は食堂でサボり中。泊に声をかけてた結構なミニスカートのお姉さんたちは、受付か何かかな。警察がやってる運転免許試験場であんなミニスカートでええんかいな。

 サボってる泊を見つけた霧子。逃げる泊を追いかけて捕まえちゃう。なんなのその身体能力って言われてたけど、今まで仮面ライダーに出てきたヒロインの中で最強やな。

 ちょっとやんちゃそうなお兄ちゃんがローンで買った真っ赤なアメ車のスポーツカーを友達に会うからくれとかって奪ってまうロイミュード。まだこんな車あるんやね。

 ベルトさんによる解説。シフトカーはすべて人間に奉仕する存在。ピットにも数台は待機している。このシフトカーと真逆の存在(人間に破滅をもたらす)がロイミュード。ベルトさんにロイミュードと戦ってほしいと頼まれる泊。
 でもベルトさんがロイミュードと深い関係にあって、ひょっとしたら元は同じかもって鋭いところをついちゃう泊。なので仮面ライダーになれたからって単純に大喜びしないところが鎧武の紘汰とは真逆やん。

 特状課の部屋にいる現さん。オープニングで特状課のメンバーと一緒に並んでるやん、「あんたらみたいな胡散臭い部署の力なんか借りねぇよ」って言うてたけど、完全に胡散臭い仲間になってるし。

 喫茶店に現れるロイミュード、赤い奴がハートで、緑の奴がブレン。喫茶店で待ち合わせして、ハートが029に新しい体をくれてやったって言うたやんか。で、芸能プロダクションにロイミュードのミニカーが潜入してたんやけど、ロイミュードの方もシフトカーって呼ぶんやろか。
 パソコン上のタレント名鑑の中から女の子を選んだ後に、青い光がロイミュード→先週の男になってたけど、その意味が分からん???

 泊は早瀬の見舞いに行く。泊は射撃に自信があったけど、そのおごりを今でも許せないと思ってる。泊のお父さんも警察官やったんや。「警察官の方には大いなる責任が乗せられている」ええセリフやなぁ。

 早瀬がポケットから鎮痛剤を落とす。それを拾った泊は殺人未遂事件のヒントをつかむ。それまでやる気が無くてぼんやりしてたのに、ネクタイを締め直した後の脳味噌がトップギアになったときのメリハリがはっきりしてて、こういうところがこのドライブの面白いところやな。

 特状課に戻ってくるとまた赤色化人間が見つかったという連絡が入ってる。泊が今回の事件の種明かしを始めるんやけど、トップギアになるとセリフのテンポも速くなってるし。
 ロイミュードが探しているのは健康な人間だけで、それに該当しなかった人間が赤色化されると推理する泊。泊って左ききみたいやん。

 みんなの協力によって、現在は閉園されている遊園地が怪しいのではとやってくるとさらわれた人たちが眠らされていた。ひょっとしてこの遊園地、ファイズの劇場版に出てきたところとちゃうん?

 029ロイミュードが先週の男と同じだったのは、一人の人間にまるまる取り付くんやなくて、それぞれの人物のいいところを集めてるって。それで先週の兄ちゃんが再登場してたんや。その上進化しちゃってる。どんよりの範囲も広がってるのかな。

 ハートとブレンが正体を現してたけど、さすが幹部だけあって造形がかっこええやん。

 029を泊が追いかけようとしたら仲間のロイミュードが邪魔しようとするんやけど、トライドロンが助けてくれる。
逃げ出したロイミュードを追いかけて、トライドロンで疾走しながら変身したけど、運転しながらの変身ってなんか狭っ苦しいなぁ。

 先週はタイヤ交換で今週はタイヤ増え~るって。緑色のとんがったものとか紫色の手裏剣を空を飛んでるロイミュードに発射したり、最後に炎に包まれてビルから飛び出してロイミュードにぶつかっていったり。先週が仮面ライダードライブで、今週はトライドロンの性能を紹介ってことかな。

 やっとドライブとロイミュードの戦いに。今週はパトカーのシフトカーでタイヤ交換したら、銀色のフロントグリルみたいなのが一緒に飛んできて、それでロイミュードと戦ってたけど、私も長い間仮面ライダーとかスーパー戦隊とか見てるけど、こんなんで戦うの見たん初めてやん。

 で、これが簡易牢屋の天井になってロイミュードを逃がさないようにして、フルスロットルでパンチを浴びせる。

 ここでロイミュードが「まさかお前は仮面ライダー」って言うてたよね。ベルトさんがロイミュードすべてを撲滅してほしいって、全部で108体というのは幹部も入れて108体。1年間で片付けるとなると、毎週2体ずつ片付けないとあかんよね。これで残り103体。

 ハートとブレンのところにやってきたのは、チェイス。紫系の衣装に、オオカミの紋章(?)付きの紫色っぽい大型バイク、本来なら仮面ライダーが乗っててもおかしくないぐらいやな。名前の上に幹部とは書かれてなかったから、一般のロイミュードかな?

 特状課の部屋で、霧子に仮面ライダーについて尋ねる泊。霧子は何かを知ってるみたいやな。

 さて次回に繋ぐ新たな犯罪。蜘蛛のロイミュード、狙われた人間は幽霊みたいになってるやん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.13

烈車戦隊トッキュウジャー 平成26年6月分

 第15駅 心の中にあるもの
 第16駅 危険な臨時烈車
 第17駅 雨上がりの空に
 第18駅 君の名を呼べば

 ハンマーシャドーは心の中に隠されたものを明らかにし、それを消し去る技を持ってるんやけど、グリッタの心の中にいたのはシュバルツ大佐だったことをゼットに見られてしまう。そんな一番悪い状態でゼットに頼み事されたら、断りきられへんよね。

 トッキュウジャーたちはイマジネーションの訓練としてゴルフのパットゲーム中。それにしても全員本格的なゴルフファッションやんか。
 ここでもミオはイマジネーション力が5人の中で最低って言われてる。気にしてるのに傷口に塩塗るようなことしちゃぁ、かわいそうやんか。

 ハンマーシャドーが町で女性の心の中にあったピンクダイヤモンドを、女性の目の前に形にして具体化し、それを叩き壊して、女性が嘆いて黒い闇を出させていた。
 そこへトッキュウジャーたちが駆けつける。
 変身して、ハンマーにはハンマーってミオが相手になるんやけど、シャドー怪人に負けるイマジネーションを見てしまう。イマジネーション力が最低やねんから、そんなイマジネーションに縛られたらあかんよね。

 ミオがシャドーハンマーにとんとんされて出てきたのは、シューマイ大好きマイッキーというキャラクター。マイッキーは言われたことの反対のことを言ったり行動したりする、ちょっとアマノジャクなキャラクター。頭でシャドーハンマーをぶっ飛ばしてもうたやん。この時点でトッキュウジャーよりも強いし。

 マイッキーのことは一番分かってるミオが逃げていくマイッキーを追いかけていく。

 ヒカリはミオがマイッキーを心の友として子供のころから大事にしていたことを知っていた。そしてマイッキーがミオのイマジネーション力が高いことの証明でもあると言ってくれる。だからこそマイッキーがハンマーシャドーに狙われることを心配していた。

 そこにやってくるハンマーシャドーとトッキュウジャー。変身したあとの決めポーズにマイッキーが参加してるの可愛いやん。

 列車のひろばって書かれてる立て看板がある場所で戦ってるトッキュウジャーたち。カグラが電車の下で寝っ転がって、ミオにマイッキーのこと聞いてたけど、電車の下に寝っ転がるって、小さなお友達が真似するとは思えないけど、でも見た感じあんまり良くはないやろ。
 
 電車の陰に隠れていたマイッキーを見つけたハンマーシャドー。ミオはマイッキーを守ろうとするんやけど、マイッキーが反対にミオの前に立ちふさがってミオを助ける。マイッキーが消えてしまって、ミオから黒い闇が生まれると思ったら、反対に輝きだすミオ。

 ミオの中にシャドーの闇を撃つ正義の輝きが生まれてるとヒカリの解説。シャドーに対する怒りがエネルギーになってるんやろ。

 トッキュウジャーの5人がハンマーシャドーに必殺技をお見舞いする前に、シュバルツ大佐が現れて、ハンマーシャドーを連れて行ってしまう。

 今日は巨大ロボ戦はないのかと思ったら、クライナーが2体登場。なのでこっちもトッキュウオーとディーゼルオーで対抗。それだけじゃなくポリスレッシャーとかファイアーレッシャーも追加して、ロボット4体が暴れてたら、横長のデジタル放送用テレビ画面でさえもごちゃごちゃ感があったよね。

 マイッキーが消えたことで、どうやってミオを慰めようかと悩むライトたち。でもミオはマイッキーのぬいぐるみがどこにあるのか思い出す。たぶん最終回ぐらいにマイッキーのぬいぐるみが出てくるんやろな。その頃には私の方がマイッキーのことすっかり忘れてるやろうけど。

 シュバルツ大佐によって危機一髪のところを逃れたハンマーシャドーはクライナーに閉じ込められちゃう。ハンマーシャドーの能力が欲しかっただけとしても逃げ出さないように(?)縛りつける必要があったんやろか。

 ワゴンが食事の買い出しに行くからということでみんなから注文取ってたけど、あんな姿でスーパーとかに現れたら、店員さんとかびっくりするやん。

 公園で遊ぶ子供たち。今どきのブランコはめっちゃおしゃれなんあるんやね。なんか木馬の形してるやん。ああいうブランコやったら、飛び降りたりとかでけへんから、安心かな。

 弟タケルは飛行機ごっこが大好きで、中学生ぐらいのお姉ちゃんは弟を見守ってないとあかんので、自分は遊びに行けないと愚痴っぽい。スマホでラインはやってるみたいやけど。ラインやってる間に、子供たちはクライナーに乗り込んでしまい行方不明に。

 トッキュウジャーもクライナーに乗り込む子供たちを止めようとするんやけど、子供たちは催眠状態で止められない。
 走り去ろうとするクライナーに飛び乗るトッキュウジャーを見つけて、カグラの背中にしがみついてお姉ちゃんまで一緒にクライナーに乗ってしまうことに。
 お姉ちゃんがトッキュウジャースタイルをあからさまに怪しいって睨んでた目つきが良かったやん。

 タケルを探しすクライナーの中にプールがあったりレストランがあったり。レストランの中でライト・ミオ・ヒカリが自分たちの食べたかったものを食べてる。ライトって食いしん坊キャラやけど、毎回毎回食べてたら第1駅と最終駅で顔の丸さが違ってたりするんちゃうん。いくら若くて運動量が多くたって、ねぇ。

 レストランの隣は宇宙船や飛行機の博物館になっていて、そこで飛行機の模型で遊んでいたタケル。ただしシュバルツ大佐が現れてお姉ちゃんやミオ・トカッチはクライナーから放り出されてもうたけど。

 子供たちを助けるためにミオとトカッチはポリスレッシャーを呼ぶことにするんやんか。お姉ちゃんも一緒に乗るって言うんやけど、トカッチはイマジネーションのある人しか乗れないと断る。あれ?レッシャーってイマジネーションや無くてパスが無いと乗れないんちゃうん。

 イマジネーションに不可能はないと聞いて、イマジネーションを復活させるためにタケルの飛行機ごっこをまねてみるお姉ちゃん。するとポリスレッシャーが見えるようになる。そしてポリスレッシャーに乗り込めたお姉ちゃんは、カグラとクライナーの中をタケルを探し回る。

 先頭車両に集められた子供たちはハンマーシャドーによって脅され大量の闇を作っていた。
 同じシャドー怪人を使っていてもグリッタとシュバルツ大佐では全然実力が違うよね。カグラ一人で乗り込んでいってシュバルツ大佐と戦うって、カグラも随分腕あげてるやん。カグラの分身がレストランで食事してるライトたちの元に現れて、関西弁でハリセンチョップ浴びせてるやん。えぇぇぇカグラって関西出身???て、ググってもうたやん。関東のご出身だったようですな。

 ハリセンチョップのおかげで正気に戻ったライトたちが、カグラの元に駆けつける。シュバルツ大佐との戦いはライトたちに任せて、子供たちを助けに行くカグラ。クライナーをポリスレッシャーが確保したので、シュバルツ大佐はクライナーに向かう、ライトたちも子供たちを逃がすことができる。

 やっとハンマーシャドーに連結バズーカ攻撃ができるやん、ここは話がメインやったカグラがハリセン100万パンチを浴びせる。でも17~18発ぐらいで倒されてたけどね。
 今週は超トッキュウオー合体。ハンマーシャドーのハンマー攻撃に苦戦してるんで、みんなに対抗する作戦を聞いてみるライト。そしたらカグラがあいつの攻撃わざと受けようって言うねん。みんなはびっくりするけど、ライトはそうか、分かったって。たったそれだけで何が分かるねんって突っ込みたくなったよね。

 で、ハンマーを受けて一旦合体解除して、シャドーが気を許したところで、もう一度合体して攻撃するって。なんか見た目は派手やけど、なんかご苦労さんって言いたくなるような攻撃やったやん。

 子供たちから集めた大量の闇にご満悦で帰途に向かうシュバルツ大佐。

 レッシャーに戻ってきたトッキュウジャーたち。ワゴンが買い出しのついでに車掌に荷物を届ける。中に入っていたのはビルドレッシャーとアプリチェンジャー。ビルドレッシャーってビルドは英語やけどレッシャーはローマ字綴りやん。名前を横文字でどう表現するかって悩んだんやろな。これって大きなお友達は読めるけど、小さなお友達は分からへんもんなぁ。

 車掌が、ビルドレッシャーとアプリチェンジャーを持って、千葉ちゃんみたいに気合を入れるとトッキュウ6号になってるやん。特撮ヒーロー番組に出てたら、やっぱり変身してみたくなるのは老若男女に関係ないでしょ。とはいえ来週の予告にちゃんと6人目のイケメン出てるやん。

 雨が降る中、倉庫の軒先でハーモニカを吹いている男。なんかちょっと寂しげやん。

 レッシャーの方ではクライナーが接近中というか、体当たりしてきてるやん。それでビルドレッシャーとアプリチェンジャーが床に落っこちてるやん。

アプリチェンジャーを拾ったのはトカッチ。緊急事態なんで、そのまま自分のレッシャーに行っちゃってるやん。

 CM明けすぐにトッキュウオーとクライナーロボとの戦いですか。クライナーロボがいつもより強いのは闇の皇帝ゼットに操られてるから。自分だけじゃ危ないんでディーゼルオーまで呼んで2対1で乗り切っちゃう。どうしてゼットの声が聞こえたんやろ???

 一仕事終えて、レッシャーに集まってきたトッキュウジャーたち。誰が6人目のトッキュウジャーになるのか興味津々やん。ワゴンが6人目って私?って言い出してたけど、男3人女3人の戦隊って今までなかったから、それも面白かったかも。車掌は自分やと思ってるしね。

 その時聞こえるハーモニカの音。雨とともにやってきた保線員。ちょっとカーボーイ風の衣装、ヘルメットは外国風というのかな。日本やったら、普通の良く見かける黄色いヘルメットと作業服に夜でも居場所がすぐわかる安全ベルトは絶対せなあかんもんな。

 保線員は元シャドーだったので、絶対に6人目のトッキュウジャーにはなれないと断言する車掌。出てきたしょっぱなから、元シャドーっていう重荷を背負った役なんや。

 イライラしてるゼット。ネロ男爵になんでキラキラのことばかりと問われると、なんでかなぁ、闇の中で本物を見たのかもなってつぶやいてたけど、それってライトたちが住んでた町が闇に包まれたことと関係してるんかな?全然無関係やったりして。

 車掌とかチケットは、元シャドーってことで信用できないって考えてるけど、ライトはシャドーを辞めたのならもう敵じゃないと言ってくれる。普段は食べ物のことしか考えてないけど、たまにピリッと良いこと言うところがええやん。

 保線員に直接会いに行くライト。保線員は雨に濡れてるからライトも濡れちゃってる。これ放送してるのは6月やけど、撮影してたのは多分4月とか5月でしょ。まだまだ寒かったやろな。

 保線員の前にあらわえるシュバルツ大佐。ライトがいたんで変身して戦う。保線員のシャドー時代はザラムと呼ばれていて、その頃の姿もちらっと映ったよね。テンガロンハットみたいなんかぶってるやん。ライトがやられそうになったんで、ザラムに戻ってシュバルツ大佐の攻撃からライトを守る。
 
 シャドーにいたころは雨を降らす能力で子供たちが楽しみにしていたイベントをいっぱい中止にさせてきた、しかし空に輝く虹を見て、その美しさにあれを消す闇はもう二度と作らせないと決心したって。なんかもともと優しい性格やったみたいやな。ザラムの横顔のアップを見てると、どことなく寂しそうやんか。

 ライトを探して町を歩いているトカッチたち。ちょくちょく町でライトを探してるよね。そこにシュバルツ大佐が現れたことを車掌に報告したら、アプリチェンジャーを持って車掌が変身すると、チケットだけが変身しちゃう。そう来たかって思っちゃったよね。

 虹を守りたいなら俺たちと一緒に戦ってよと保線員をスカウトするライト。シュバルツ大佐と戦ってる4人の元に、保線員と共にやってくるライト。で、みんなの前で明はアプリチェンジャーとビルドレッシャーを取り出したけど、あれってレッシャーまでライトが取りに行ったってことやんねぇ。車掌は

自分が6号になる気やったのに、良く手放してくれたよね。

 で、無事トッキュウ6号も誕生。車掌が空気を読んで、保線員に譲ったんか。トッキュウ6号になったら安全ベルトしてるやん。
 ザラムとシュバルツ大佐は闇の力ではなく列車の力で地球を制圧するということを話し合ってたんや。6号に変身してシュバルツ大佐と戦い始めたら、めっちゃええ天気になってるやん。6号も出てきたばっかりやから、キラッキラに光ってるし。

 さすが6号、シュバルツ大佐をプロレス技で抑え込んでるし。

 シュバルツ大佐と刺し違えたかと思うような壮絶な戦いでシュバルツ大佐はクライナーで逃げ、保線員は倒れちゃう。
 気が付いた保線員はアプリチェンジャーとビルドレッシャーをライトに渡して、どこかへ行っちゃう。あんまりあっさりアプリチェンジャーとかを返したんで、ちょっとびっくり。だいたいスーパー戦隊のメンバーって変身グッズ1回もらえたら、絶対自分の物にしちゃってるし、取り上げられることはあっても自分から返すなんてあんまり見たことなかったからね。

 ザラムがトッキュウ6号になることに反対のチケット、まぁしゃーないかと思ってる車掌。トッキュウジャーのメンバーの中でヒカリはザラムのことを信用していない。このシーンのミオ、着てる衣装はクリーム色のジャケットにボーダーのシャツと白のホットパンツ、6月らしい取り合わせなのに黒のタイツはいてるのって、ちょっと足の黒いのが悪目立ちしちゃってるやん。
 ライトとヒカリがザラムのことでちょっと喧嘩状態。ライトが怒るのって珍しいやん。普段、怒ることが多いミオが間に入ってるし。

 シュバルツ大佐が黒い闇を集めてること、ゼットに気づかれてたやん。

 クライナーに乗っ取られた町は、人々が頭に金のわっかが嵌められていてそこに自分の名前が書かれてるんやけど、その名前を呼ばれるとわっかが頭を締め付けるので黒い闇が生まれてくる。

 リングシャドーはオネェ系のしゃべり方。造形は頭から背中にかけてでっかいリングがついてたけど、あれって首動かしたりアクションしたりするとき、邪魔というか重たそうというか。リングシャドーはザラムと知り合い。それを見たトッキュウジャーたちは保線員に対して疑いの目を向けちゃう。

 でもリングシャドーによってザラムと書かれたわっかを嵌められたけど、名前を呼ばれても痛がらないザラム。
 そこにゼットが現れて、どこかに連れ去ろうとしたので、それを阻止したライトが変身解除になり、その隙にリングシャドーにわっかを嵌められちゃう。もちろんライトは名前を呼ばれると頭が締め付けられて痛がる。

 ゼットはザラムが完全にシャドーでなくなったかどうかテストする。ゼットからの強烈な黒い闇噴射でザラムの本性が出てきちゃうし、雨が降り始めるし、ザラムと呼びかけられてわっかに締め付けられる。
 ゼットはザラムを試すためにライトを連れて行っちゃう。いやぁゼットって自分の部下たちにも厳しいやん。織田信長タイプの上司かもしれへんな。あんまり自分の部下を信用してない感じもあるしね。

 ヒカリはザラムが正体を現してもライトがザラムのことを1mmも疑ってない姿を見てあきらめる。そしてザラムのことを信用とまではいかなくても裏切られる前から疑うのを止める。

 クライナーの中で囚われてるライトがゼットに、なぜキラキラにこだわるのかと聞くと、ゼットは暗闇の中で見たライトの目の玉みたいなキラキラが気

になって仕方ないとのこと、これの正体が分かるのは正月過ぎぐらいなんかな?

 ゼットの出した黒い闇に弾き飛ばされるライトと2人のクローズ。めっちゃ絶妙なタイミングでふっとばされてたなぁ、そこんところちょっと感心しちゃった。

 公園みたいなところに人質のライトと一緒にいるゼット。そこへザラムがやってくる。ゼットにとってザラムが見たキラキラは何か、何でキラキラを知ったのかということ。

 ライトはリングシャドーに名前を呼ばれても頭が痛がらなくなっていた。それで焦ったリングシャドーは、リングを付け替えてやるって外してくれる。

実は何度も名前を呼ばれ続けたんで、我慢するコツが分かってまう。

 ザラムはちょっとだけシャドーに戻ってしまったんで、頭がリングに締め付けられてたけど、それをヒカリがシャドーを捨てたんだからシャドー時代の名前から人間の名前に付け替えることを思いつき、みんなで虹野明という名前を考えた。なんか昭和な名前やん。

 急にめまいを起こし、ザラムへの興味もなくなったゼットは後のことをリングシャドーに丸投げして、さっさと帰っちゃう。

 リングシャドー自身は、頭にわっかを嵌めて痛がらせるくらいしか技が無いんで、さほど強くもなく明にあっさりやっつけられちゃう。

 でっかくなってからは、トッキュウオーよりちょっと強かったんで、明がドリルレッシャーを貸してくれる。ドリルレッシャーが地下から飛び出してきてリングシャドーのお尻に刺さってぐるぐる回ったのは、ちょっと品が無かったけどね。

 ザラムのシャドー時代の知り合いやったんなら、シャドー時代に使ってたドリルレッシャーのことも知ってたやろうに、なんの対策もなくやられちゃうって、どうなんって突っ込みたくなったもんね。

 戦いの後、アプリチェンジャーに虹野明の名前が出るようになり、それでレッシャーにも乗れるようになる。でも線路を守るために一人でハーモニカを吹きながら去っていく。まぁ、孤独なカーボーイみたいな雰囲気ってところかな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.08

仮面ライダードライブ(10月1週目)

 第1話 俺の時間はなぜ止まったのか 

 まずパッと見の印象は、男の子が好きそうなもの満載やなってことかな。スーパーカーにミニカー、ミニスカポリスやもんな。

 さてストーリー。

 突然人間の身体がゆっくりしか動かないという状態になり、そこに怪人が現れて、町を破壊し始める。これをグローバルフリーズと言うみたいやな。

 その頃、泊巡査は同僚の早瀬と共に犯人グループを逮捕しようとしてたんやけど、相手が機関銃みたいなんを使ったんで、泊も拳銃を発射したら、火気厳禁の場所に銃弾が当たってしまい、早瀬は爆風で飛ばされてしまう。またマンの悪いことに早瀬の上に鋼材が落ちてきて、早瀬が…。
 泊、出てきた早々、めっちゃ重い過去を背負ってるやんか。

 怪人に破壊されている街には、ミニカーが現れて怪人たちを倒してるやん。なんか可愛くて、ニタニタしてまうなぁ。

 半年後、ド派手なスポーツカー・トライドロンに乗っている泊。仮面ライダードライブの世界観を説明してくれてる。グローバルフリーズのことはどんよりって呼んでる。
 泊はあの事件がトラウマになって、仕事のやる気を失ってるみたいやな。泊は現在、特殊状況下事件捜査課に配属されてるんや。でサボってるところを連れ戻しにやってきたのが、同じく特状課の巡査・霧子。特状課のある場所が運転免許試験場って、どんだけ窓際部署なんやろ。

 課長に巡査が二人と客員で電子物理学者のりんなとネットワーク研究家の西城の計5人が、泊を囲む主要なメンバーか。

 課長、ガラケー使ってるのがらしくてええやん。

 連続殺人未遂事件が「どんより」と関与してるかもってことで、特状課が捜査に加わることになる。

 泊がトライドロンの中で座ってると、音の声で話しかけられる。この声の主が泊を特状課に配属させ、この車を与えたんやって。

 泊が声の出ている場所を見つけて、引っ張ったらベルトになって、勝手に泊の腰に巻きついちゃう。やっぱりベルトはベルトやよねぇ、前作みたいに戦極ドライバーとかって言われてもピンとけぇへんかったもんな。

 霧子が殺人未遂事件現場に出動するようにと告げに来たんやけど、なんとなく仕事したくない気分でいたら、ベルトが勝手にトライドロンを動かしちゃう。自動運転かぁ。

 現場に到着した泊。重加速測定装置、かわいいやん。少々幼稚園のイベント用?って感じもするけどね。
 捜査中にどんよりになり、怪人が現れる。意気がよさそうってことで泊が狙われるんやけど、泊を守るためにシフトカーが集合して怪人をやっつけ始める。ちっこいのに強いよねぇ。

 今までトラウマによってやる気を喪失していた泊が活動を再開する。まずは怪人の人間体のモンタージュ写真を作って捜査、スポーツクラブに出入りしている男ではないかということでやってくる。

 怪人が人間を襲っているところにやってくる泊。どんより状態で動けなくなるんやけど、シフトカーの力でどんよりから抜け出す。
 しかし2体の仲間の怪人が現れて泊を襲っているところに、トライドロンに乗った霧子が到着し、拳銃で応戦する。今年のヒロインは可愛いだけのお飾りやなくて、ちゃんと戦うんや。ウィザードの大門凛子以来やな。霧子の腰にもシフトカーが。
 ベルトさんに言われていよいよ変身。

 左手首にシフトカーを装填するシフトブレスが現れる。ベルトについているキーを回し、変身の発声と共に腕のシフトカーを動かすと仮面ライダードライブに。そしてトライドロンの車輪が飛んできて、身体に装着される赤いタイヤ。赤いタイヤはタイプスピード。
 返信するのにベルトだけやなくてシフトブレスまでいるのか。シフトレバーで加速するためには、キーを回した後で、シフトカーを3回ぐらい動かすんやけど、戦極ドライバーについてたちっちゃい刀でオレンジを何回か切ってたのにちょっと似てるよね。

 霧子がスパイクとシャドーのシフトカーを泊を助けるために向かわせる。シフトカーを変えればタイヤの能力も切り替わるって、オーズでメダルを交換したら違うタイプのオーズになれたのに似てるかな。

 オレンジ色はフレヤーで、炎がめらめら燃えてる。グリーンはファンキースパイクで、とげとげのスパイクが回転して敵を攻撃する。紫色はミッドナイトシャドーで手裏剣のでっかいのが出てくるので、それを敵に投げる。

 最後に赤のタイヤ・スピードに戻って、ライダーキックで終了。

 怪人が倒されたことで、怪人に襲われた人間を救うことができた。

 運転免許試験場に戻ってきた泊は、霧子に案内されて地下室に行くとそこにはドライブキットと呼ばれる秘密基地のような場所が。トライドロンが入庫してるやん。この辺はフォーゼの秘密の入り口っぽいような、Wの地下室のような。霧子はベルトさんのエージェント。ほかの特状課の人たちにも内緒なんやて。

 怪人、ロイミュードって言うんか。029番のロイミュード、完全には破壊されてなかったみたいやな。

 来週の予告見てたらトライドロンが走ってるシーンで、トライドロンの運転シーンは許可を得た私有地内で行っていますって出てるやん。ナンバープレートついてないからなぁ。

 取り敢えず、初回は見せたいものがてんこ盛りで出てくるから、目まぐるしいよね。なんか今までの仮面ライダーのエッセンスがちらちら見え隠れしてたと言えんこともなかったかな。特状課は5人やから、ちょっとスーパー戦隊もどきというか、ウルトラマンの警備隊というか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »