« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014.12.31

UNIQUE(ユニック) 

2014年の忘年会は大阪・北浜にあるUNIQUEさんに行ってきました。

Photo0571

 ブログを拝見したら今年で6周年やったみたい、店の造りというかパッと見たところ飲食店風ではなく、昔は事務所やったかなという雰囲気。でもガラス戸の向うに外からキッチンが見えるようにしてあったけどね。

 以下の写真は、その時のお料理ですが、こだわりの食材に繊細な調理、店名通りユニークでした。メインは肉と魚のどちらかを選ぶ店が多いけど、こちらはちゃんと魚と肉と出てきました。今回はフランス産の豚肉で、フランス産のって初めて食べました。

 デザートもいろいろ出てきて、それもちょっと嬉しかったかも。

Photo0555

Photo0556

Photo0559

Photo0560

Photo0563

Photo0564

Photo0566

Photo0568

Photo0570_4






| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダードライブ(12月3週目)

 第11話 暗黒の聖夜を防ぐのはだれか

 タイプテクニックのドライブがハートの心臓をつかんじゃったところから。ハートだけやなくドライブまで2人一緒に高熱で解けてしまいそうになってるところへ現れたのがチェイス。

 まさかこの段階でチェイスが助けに入るとは思わんかったな。チェイスはデッドゾーンに入ったら俺が止めるとハートに約束してたって。
 ハート・チェイスのダメージもひどかったみたいやん。

 暗黒の聖夜が実行されると焦る特状課の連中。取り敢えず美波の姿をしたロイミュードを探すことにする。

 泊も隙を見て救い出され、ピットで寝かされていた。
 ベルトさんはなぜトライドロンを作ったのかを思い出していた。プロトドライブを失い、ベルトさん自身の戦士を守れる強さを持ちたいと願ったから。ベルトさん自身の強いからだがトライドロン。
 
 そうか、やっぱり泊を救ったのもシフトカーやったんや。世界中からベルトさんの元に続々とシフトカーが戻ってきてるよね。今週は3台。

デコトラが混じってたよね。たまたまやけど菅原文太さんが亡くなられたのと同じころにデコトラ系が出てくるのって、ちょっと因縁を感じちゃうよね。

 シフトカーも戻ってきてるけど、世界中のロイミュードの幹部たちも日本に集まってきてるって。

 美波が死んでいるので、大停電を起こす装置がどこにあるのかが分からない泊たち。そこで美波の執筆部屋に行く泊、3か月前に亡くなっているのに全然部屋片付いてないし。本の山の中から世界異常犯罪史という書物を見つける。それは美波が西堀光也という男と共同執筆していた。
 ここで劇場版を見に行った人がもらえた0話とつながるんや。

 刑務所の西堀に面会に行き、下巻の重要なポイントを聞きだす。

 美波の立ち寄りそうな場所にやってきた泊たちの前に現れた美波はロイミュードにといっても、ボルト自身はすでに破壊されちゃってるんやけど、それの残留プログラムで吸収した電気で実態を作ってたって、3週間もボルトで引っ張ってたんやもんな、ちょっと言い訳っぽいやん。

 残留プログラムでできてるロイミュードやから、さほど強力でも無いんかな?ドライブに対して劣勢になったところで、チェイスとブレンが助っ人に参入してきたやん。
 ブレンが戦いに参加するのは珍しいなぁ、動きを見てたらそんなに強そうでもないし。
 霧子がトライドロンでロイミュードを追っかけて行ったから、チェイスとブレンにはシフトカーが集まってくる。

 もう11回も戦ってるから、ドライブもチェイスも互いの手の内分かってるっぽいよね。

 霧子が追いかけて行ったロイミュードは巨大蜘蛛になってるやん。仮面ライダーにとって蜘蛛はキーポイントなんで、おやって思ったな。

 大停電が起きれば大勢の人間の命が失われるんだってチェイスを説得したら戦いを停止したチェイス。それでブレンに怒られちゃってるやん。ブレンの「何をしてるか、貴様」っていうセリフもちょっと古くないかぁ。戦争映画やあるまいしねぇ。

さてこのシーンのとき、確かに夕方っぽかったけど、次に霧子が蜘蛛に襲われそうになった時にはすっかり夜で、ドライブが駆けつけるまでどれだけ蜘蛛相手に戦ってたんやって思ったよね。
 そしてドライブが来る前に、蜘蛛に向かって銃を撃った新ライダーのシルエット。

 ロイミュードが巨大モニターにくっつけた装置をピストルで破壊する霧子。霧子の射撃の腕前、すごすぎるやん。でもさぁ霧子は蜘蛛に襲われてた時にピストルに装填されてる銃弾無くなってたやん、蜘蛛の足にはたかれてピストル落としてたやん、どうなってるんよ。

 ロイミュードが倒されたことで街に電気が付き始める。やっぱり停電にはなってたんか。

 ブレンとチェイスがやってくるんやけど、チェイスは前回のダメージが回復していないところに、ブレンにお仕置きされたもんやから、進化する前のロイミュードの姿を現してしまう。NO,000というのを見て、ベルトさんは何かを気づく。

 ハートにぼちぼちチェイスは危険ですと報告するブレン。ハートはブレンの報告よりも、新しく仲間になったメディックという女の子のロイミュードの方にニッコニコやん。メディック、ちょっとセリフが棒読みなのが心配やけどね。

 クリスマスイブにお店を予約した霧子。可愛くおしゃれしてるやん。二人っきりで食事できると鼻の下伸ばしてた泊の前に、他の特状課メンバーも現れる。みんな声でかいし、貸し切りや無いのにそんなに暴れたら、他のお客さんに迷惑やん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.30

相棒 「サイドストーリー」

 美人介護士が路上で殺害されていた、彼女は昼間は介護士として働いていたのだが、夜にはキャバクラでアルバイトをしていたので、ワイドショーのいいネタにされてしまっていた。
 そのテレビ中継の時にキャバクラ嬢の写真が映されてたんやけど、キャバクラ嬢さんってあんな真正面からヘアスタイルも地味目な身分証明書に貼るような写真って撮るかなぁ?なんか私のイメージから言うとお店の前に飾るためにもっと派手派手な写真にすると思うんやけど。一応ドレスは着てたけどね。

 この事件に対して匿名告発ダイヤルに真犯人は別にいるという連絡が入ったため、捜1コンビは仕事が手一杯なんで、暇な特命係に話が回ってきて右京さんたちが関わることになる。

 介護士は三塚。彼女が担当していた小宮山よしえという女性は大たい骨を骨折して寝たきりになっていたのだが、なかなか難しい人で三塚以外の介護士は長続きしなかった。

 本当なら小宮山家に置いておかなければならない介護ノートを三塚は事件当日持ち歩いていたことに疑問を持つ右京さん。

 介護しなければならない高齢者がいる家庭で、妻と離婚し正社員を辞めて運送会社のパートをしている息子。
 夫のDVが原因で離婚したが、その元夫にストーカーされる妻。

 新聞の社会面でちょくちょく取り上げられる現代の世相をうまく絡めてストーリーにしてたよね。よしえの周りで気になることを右京さんが解き明かしていくことで小宮山家の闇がだんだん明らかにされてしまう。

 息子が母親の介護放棄が根底にあって、三塚にそれを気づかれたことで嫌がらせのつもりで元夫に三塚の居場所を教えてしまう息子。それが殺人事件につながってしまったことへの責任を息子に問う右京さん。

 事件は明らかになっても、すっきりするっていう話じゃなかったなぁ。
 自分自身、後期高齢者の母親と同居してるし、今のところは元気で家事もこなしてるけど、友人や勤務先の先輩の親御さんで大腿骨骨折して入院・手術したなんてこともあって、身近すぎて、いつ何時私も親の介護で縛られてまうかもしれへんしなぁとか、その時私はちゃんとできるんやろうかと胸に突き刺さっちゃったもんね。

 最後に右京さんがよしえが入れる施設を探し始めたなんてセリフ言うてたけど、そんなセリフで救えるようなご時世じゃないんちゃうん、今の時代って思っちゃったよ。お金が有り余るほどならどうにかなるでしょうけど、パートで運送会社で働いていて退職金もあっという間に底をついたって息子は言うてたからなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.18

仮面ライダードライブ(12月2週目)

 第10話 ベルトの過去になにがあったのか

 クリスマスイブが誕生日の泊。クリスマスと誕生日のプレゼントが一括にされることに不満たらたらやったけど、私も12月生まれでやっぱりクリスマスと誕生日のプレゼント一緒やったもんな。12月生まれでそんな不満持ってる人、いっぱいおるで。

 町中が停電になってしまう。ピットまで停電やったんやけど、トライドロンの動力を使ってピットを再起動させてたけど、なんか電気自動車で家の電力が賄えるっていうCM思い出しちゃったやんか。
 その頃、廃車置き場では前回倒されたはずのボルトの人間体が復活。

 この人間体、作家であり犯罪研究家としても有名で、大規模なパニックを扱ったSF作品をたくさん書いていた。3か月前に病死していた。
この作家の作品を読むために図書館へ。暗黒の聖夜の上巻を出版した後に亡くなっていたので作品は未完成のまま。
 そんな話をしているところに現れるチェイス。

 橋の下に誘い出して、決闘することに。チェイスは「お前と戦うことでしか、俺は本当の自分を見つけ出すことはできない。俺の心がそう教えている」って言うてたけど、チェイスってロイミュードやねんから、本当の自分も何もないやんか。
 チェイスの顔って包帯巻いてるようなデザインみたいに見えるから、何かの事情を抱えてチェイスとして生きてるという伏線があるんやろうけど。

 チェイスにタイプテクニックを披露する泊。とはいえ、そこにハートが現れたのでトライドロンを呼んでドライブと霧子を逃げさせるベルトさん。

 ピットに戻ってきて、ベルトさんの人間時代に殺害したのがハートだったことを知る泊たち。りんながその話したんやけど、りんなっていったいどこまでベルトさんの過去を知ってるんやろ。

 泊とドライブしながら、ロイミュードについて語るベルトさん。ロイミュードはベルトさんの友人バンノが発明した増殖強化型アンドロイドで開発がとん挫。バンノに懇願されたベルトさんは開発していた超駆動機関コア・ドライビア(トライドロンやシフトカーの動力源)をロイミュードに与えてしまった。それを使用すれば危険な重加速を伴うと知っていたのに。

 めっちゃ重要な話やん。仮面ライダードライブに試験があったとしたら、絶対これは出てくるよね。

 泊がやってきたのはベルトさんが昔住んでいた邸宅跡。15年前ロイミュード001・002・003が反逆って、そんなに前から物語は始まってたんか。生みの親のバンノ博士を処刑し、ベルトさんのところにやってきたロイミュード。ベルトさんはここで亡くなったんやけど、その前にベルトに意識をすべてダウンロードしてたって。
 グローバルフリーズの直前、ベルトさんはようやくプロトタイプのドライブを完成させロイミュードを撃退。ロイミュードを根絶させるための戦いが始まったとのこと。

 その頃霧子は一人で別行動。廃工場でボルトの写真が表紙になってる雑誌を見つけたり、壊れているはずの黒電話からボルトの声が聞こえてきたり。

 霧子の元に向かおうとした泊の前に立ちふさがるハート。たぶんハートは泊たちがここに来ることお見通しやったんやろな。

 グローバルフリーズの後復活して進化体となりプロトタイプドライブを倒したのがハートだった。
 いよいよハートと直接対決するドライブ。

 ハートが怒り心頭に発して湯気まで出してるやん。タイプテクニックに変身してハートの心臓をつかんじゃったドライブ。ハートと心中しちゃう勢い、まだ10回しか話は進んでないし、ドライブをやっつけるのは自分の役目と思ってるチェイスを差し置いてるし。
 人間を支配するために進化し続けるって言うてたけど、ハートは心臓をつかまれないような進化するんちゃう。

 なんと暗黒の聖夜の話、まだ続いてるやんと来週の予告に驚いたんですけど。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.16

相棒 「幸運の行方」

 やっぱり12月やね、いつも暇な特命係の二人も、商店街のパトロールに駆り出されてるやん。カイトの方がつい2年ぐらい前まで交番のお巡りさんやってたんやから、慣れてるはずやのにね。
自転車の前かごにバッグを入れてるおばさまに声をかける右京さん、これが大阪の商店街やったら、それなら前かごカバーちょうだいよって言われるんちゃう。

 さてそんな商店街にある久米質店。そこに常連の男・タイラがやってきて、駅前で配っていた学習塾のボールペンでお金を貸してくれと頼み込んでいる。遠くまで遠征したのに食事代まで突っ込んで、何も食べてないって。
 下町のおじさんやから、ついつい商売そっちのけで小銭を貸してあげてるんやけど、そうやって甘やかすから自分がギャンブル依存症であるという危機感が薄くなるんちゃうん。

 久米さんの前で小池呉服店の婿養子ノブオの話をし始めるタイラ。久米はいっぺんに機嫌が悪くなっちゃう。婿養子のくせに仕事そっちのけで遊び歩いてるんやもんなノブオは。
 ノブオが若い女とホテルの前にいるところを見て、動画撮影を始める久米。なんか古めかしい質屋のおやじなんで、スマホで動画撮影なんか当たり前のようにしてるのにちょっと驚いたかな。
 久米は頭に血が上ってるから、自分の発した言葉まで全部動画に残っちゃってるのに気が付いてないみたいやな。

 ノブオを呼び出して動画を見せる久米。そのデータが入ってるマイクロSDカードを金庫のガラクタ袋の中にしまいこむ。こんなもん撮るんじゃなかったなぁって思ったんなら、画像消去すればええやん。消去もせずに金庫にしまっちゃってるし。

 飼い犬が鳴いたので不審に思った久米が金庫のある奥の部屋をのぞくと、タイラがガラクタ袋と現金を握りしめてるのを見てしまう。逃げたタイラを追って、住んでるアパートに行くとタイラが頭から血を流して倒れていた。久米、あっちこっちに指紋付けまくってたけど、そりゃやばいやろ。疑ってください、言うてるようなもんやん。

 警察が来てるアパートの側でごみ箱の中をあさってる久米。右京さんが声をかけてたけど、怪しすぎるよね。

 こうして久米に興味津々で食らいついていく右京さんたち。

 久米とかノブオとかって、落語に出てくるような人間が現代に生きていて殺人事件にまきこまれたらって感じやったよね。

 久米は真面目すぎて天然。突っ込みどころが満載で、動けば動くほどボロが出てくるのが面白かったよね。右京さんもそれを楽しんでたみたいやし。
 ノブオはゴクつぶしで遊び人でフラフラしてる婿養子。でも嫁はノブオと出会えて良かった、浮気してるのなら取り返してみせるって考えてたんやけど、そのあたりも落語に出てくるおかみさんっぽかったかな。斉木さんもよかったけど、私としてはこの役は歌舞伎役者とか落語家の方に演じてもらいたかったな。チャキチャキの江戸っ子で粋な着物の着こなしができる男やったら、この嫁さんの考えにうなずけた気がする。

 タイラは自分が買った車券をちゃんと買い戻せばよかったのにね、パチンコで勝ったからって1万円ぐらいで車券以外のものもまとめて引き取ればごまかせたやろし、久米に車券を買ったことで説教されたけど、最後に仕方ないなって出してくれたかもしれへんのに。ただし、タイラのことやから一千万円なんて金を手にしちゃったら、次はパチンコから競輪にのめりこんでしもうたかもしれへんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.11

烈車戦隊トッキュウジャー(2014年7月分)

 第19駅 出発!ビルドダイオー
 第20駅 笑顔は危険
 第21駅 花嫁は逃走中
 第22駅 女帝の誕生

 明のところにトッキュウ6号専用列車がやってくる。明はトッキュウ6号専用列車を乗りこなすための特訓中で誰からの連絡も取らないから、チケットに乗り逃げとか言われちゃってるやん。

 明を探すことにしたトッキュウジャーたち。でトカッチが自分の子供のころの記憶をふと思い出す。

 トカッチが明を見つける。そこでトカッチ一人で明と話すことにしたんやけど、トカッチは途中から仲間に入る明を気遣っていたんやけど、明は専用列車をカスタマイズすることしか頭にないみたいやん。

 トカッチが明と話すってことになったから、他のトッキュウジャーたちレッシャーに戻ってきてるやん。クライナーが猛スピードで接近してきて、クライナーロボになったんで、こっちも合体しようとしたら行き止まりに。
 そこで行き止まりをどうにか回避する。

 シャドー怪人の前にトカッチと明がやってくる。トカッチと明がクローズ相手に戦っている間に、レッシャー自体が捕まっちゃう。
 それを助けようと明がドリルレッシャーを出して来たら、これはもともとシャドーの列車とかって言うてクライナーが横取りし腕にはめちゃう。
 で、谷底に捕まえられてるレッシャーを埋め始める。
 レッシャーの中ではサポートレッシャーも呼べないし、電気も消えてしまう。

 みんなを助けようとしていたトカッチもシャドー怪人によって変身解除になっちゃうし、足にけがをしちゃうし。明のおかげで何とかその場から逃げ出せたけど。
 こういう事態でトカッチがどんなにみんなが大切か記憶がよみがえる。トカッチって転校生やったんや。名前が難しいんで、前の学校でも呼ばれてたトカッチという愛称をそのまま使うことに。トカッチやから渡嘉敷とか、そんな苗字やったんかな。これをきっかけに5人が仲良くなる。

 5人を救うために6号専用列車が動き出す。レッシャーに閉じ込められたメンバーは酸素が不足してきて、気が遠くなりかけてる。そこで間に合った6号専用列車がレッシャーを掘り出して助けるんやけど、なんか掘り出すシーンはめっちゃ端折ってた感じ。ふつうあれだけ土がかぶってたら、2~3分で掘り出せないでしょ。

 ここで6人揃って変身し、クローズたちとの戦いが始まるんやけど、黄色いトカッチが目のところについているレールを上げようとしたら、レールが無いので探し始めるという細かい設定が。黄色なんででっかいハンマーを地面にたたきつけて土煙が上がったところで飛ばされたのかもしれへんけど、昔懐かしの横山やすしさんの定番ギャグやん。

 トカッチがもたもたしてる間に、明が大活躍しちゃってるし。明と乗り換えしようとしたライト。明は乗り換え必要なしらしく、でけへんかったよね。
保線員やから乗り換えとか関係ないってことなんや。

 シャドー怪人が巨大化したので、6号専用列車に乗り込む明。明が手伝えって指名したのトカッチだけやのに、ライトたちまで付いてきて、操縦室が人でいっぱいになってるし。改造して色んなつり革が天井からぶら下がってるのって、つい引っ張りたくなるよね。明は触るなって言うてたけど。
 ビルドダイオーのお披露目。シャドー怪人だけじゃなく、レッシャーごとライトたちを埋めちゃおうとしたクライナーロボも相手やからなぁ。でもお披露目で2体相手にして戦って、派手にやっつけちゃったし、ドリルレッシャーも取り返したし。

 ライトが明に話しかけてるのを見て、自分の思い込みを反省するトカッチ。本当の気持ちをぶつければ通じるって、明は今まで一人で行動してるから、さほど一人ってことに抵抗ないみたいやんか。それをトカッチはいつものように自分で勝手に判断してたからなぁ。

 ますます改造に熱を上げる明。それを見て怒ってるチケット君。明がこわもて過ぎるので普段不愛想な人が笑うと武器になるのにってことでワゴンが明を笑わせてみればと提案する。

 緊急の用事で明をレッシャーに呼び出すワゴン。レッシャーの中にはコスプレしたトッキュウジャーたちと車掌が。男子が女装、女子が男装になってたけど、こうバラバラじゃぁねぇ。それに男子の方は元々若くてイケメンな子たちが女装してるんで、さほど面白いってほどのこともなかったよね。女子の方は酔っぱらいのお父さんとかバカ殿とかで頑張ってたけど。めっちゃ昭和の香りがする、こういうのって昭和も平成も無いのかなぁ。

 シャドーに乗っ取られた街では、しょーもないギャグで笑ってしまうとバネに飛ばされてこけてしまうというジャックインザボックスシャドーの罠が仕掛けられていた。明は、さして面白くないって言ってたけど、明は笑わないからなぁ。明の笑いのツボがどこにあるかも不明やし。

 ジャックインザボックスシャドーとの戦いが始まると、なぜかお相撲さん(ただし髷は結ってないけどね)が稽古したりちゃんこ食べたりしてるやん。互いのまわしをつかんで稽古してるのかと思ったら、音楽に合わせてリズム取り出して、踊り始めたから、トッキュウジャーも笑ってたけど、私も笑っちゃったよ。
 
 レッシャー内で反省会するトッキュウジャーたち。俺たち笑いのツボ浅すぎないってヒカリが言ってたけど、あの相撲取りのコントはかなり高度やと思うけどな。そこで特訓することに。車掌の「心頭滅却すれば、ギャグもまた寒し」って名言やん。
 ライトがジャックインザボックスシャドーのギャグに笑ってしまったことが悔しすぎるってめっちゃやる気になってたけど、弁当を食べること以外でこんなにやる気になってるの珍しいよね。

 特訓、1、腹筋を鍛える。2、こける。3、つっこみ。4、実践。いやぁどの特訓もなんか違う感じやったよね。ボケた相手のセリフによって、どうこけたり突っ込んだりするかが肝心なのであって、ボケたセリフがないのに形だけこけたり突っ込んだしても、笑いの間は勉強でけへんって。

 実践のコントで、カグラが劇場版の宇宙列車の車掌の衣装を着てたので、パッと見て劇場版の子が顔出ししたのかと思っちゃったよ。
 トカッチとミオの漫才、ミオの突っ込んでトカッチの頭をはたいてたけど、結構力入ってたんちゃう。マジでバシッて音入ってたし。

 特訓を済ませて、ジャックインザボックスシャドーの前にやってくるトッキュウジャー。変身後のポーズをおふざけモードにしてみたけど、ジャックインザボックスシャドーには全然受けず、おふざけモードのポーズを取るために着ているものがぼろぼろで顔にも泥がついてるみたいな特訓をしていたのか?

 トッキュウジャーたちが落ち込んでいるところに、いつもならハーモニカで寂しげな曲を吹いている明がリコーダーを吹きながら現れて、ジャックインザボックスシャドーもトッキュウジャーたちも大爆笑でぶっ飛ばされる。
 リコーダー吹きながら現れるっての良かったよね、それもちょっと間違えてピーピーいわせてたし。明はいたって真面目にやってるから、余計面白さが出てくるし。
 明は変身して戦い始めたときのBGM、メインがハーモニカやったけどこれがリコーダーやったら、もっと面白かったのにね。

 ジャックインザボックスシャドーは明がやっつける。ライトは張り切った分だけ、ギャグが滑って落ち込んでるのから立ち直れない。ちょっと自信過剰やったんちゃうん。

 ディーゼルオーに乗り込んだら、すっかり元気を取り戻したライト。ディーゼルオー・トッキュウオー・ビルドダイオーの3台が出てきたんで、ジャックもクライナーロボを2台出してきて対抗。チューチュートレインみたいな振り付けしちゃってるやん。

 ビルドダイオーを操縦している明がなぜが大爆笑。戦ってる間中、ずっとどうしたんかと思ったら、猫を隣に乗せていたんや。

 戦いが終わった後も、めっちゃ猫に癒やされてる明。ずっとニコニコが止まらないって、凄い良いシーンやのに、Jリーグ☓トッキュウジャーイベントのお知らせがテレビ画面下1/3を占領してて、猫を返してもらいに来た女の子がほとんど映っとらんやないか。それも20秒ぐらい。

 猫がいなくなったらまたいつもの明になって仕事に戻る。

 そのころシャドーの方では、グリッタのウェディングドレスが出来上がっていたというところで、次回へ。

 夏真っ盛りのレッシャー、みんなはかき氷を食べながら盛り上がってたけど、ミオがお祭りという言葉から、ちらっとだけ昔の思い出が目に浮かぶ。

 グリッタはノア夫人から皇帝との結婚とはどういうことなのかを聞かされたらしく、シュバルツ大佐に一緒にシャドーを出ていこうと言う。

 レッシャーの方ではもうみんな寝てた時間なのに、クライナーが残していったゼットの結婚式の招待状が届いたことで、集まってくる。トカッチ、パックしてたけど、パックせんでも十分肌きれいやん。まぁちょっとおとぼけキャラを強調したいからやとは分かるんやけどね。

 招待状でおびき出したトッキュウジャーたちの前に現れたのはシャボンシャドー。シャボンシャドーの泡がかかったライトとトカッチの中身が入れ替わる。トッキュウジャーは変身後に乗り換えがあるんで、もうてっきり中身が入れ替わっちゃうネタはやらないというかやれないんとちゃうんって思ってたのに、中身入れ替えネタやっちゃいましたね。ライトの声にトカッチが、トカッチの声にライトがアフレコしてるやん。次にヒカリとトカッチが入れ替わる。ライトとトカッチが入れ替わったのはさほどでもなかったけど、ライトがヒカリ風のクールな演技をしてアフレコもヒカリになってるやん。
 ややこしい・・・。

 そこに気を取られていると今度はミオがシャボンシャドーの泡がかかって、グリッタと中身が入れ替わっちゃう。これが本来の目的やったんよね。

 ミオの声がグリッタになったのかわいかったよね。グリッタを連れ戻しに来たノア夫人から逃げるため、カグラがグリッタの姿をしたミオを連れて消える。車やバイクがずらーっと走ってる道路の横で撮影してたやんか。バイクとか自動車の運転手さんがグリッタがでかいから何これ?みたいな感じで見てたやん。歩行者の女の人もスマホで撮影してたけど、あの人たちはエキストラかな?

 レッシャー内では、誰が誰だか分かるようにまるで幼稚園のお友達がお遊戯会でつけるような手書きの似顔絵を額に付けてる。普段ライトが着てる衣装をヒカリが、トカッチが着てる衣装をヒカリが、ヒカリが着てる衣装をトカッチが着てたよね。衣装が変わると雰囲気がまたちょっと違って見えたよね。

 ミオの中身がグリッタに代わってたから、ちょっと乙女チックな雰囲気がかわいかったやん。せっかくシュバルツ大佐と逃避行しようとグリッタは考えてたのに、シュバルツ大佐はそれをゼットにちくってるし。やっぱりゼットには人を恋する想いとかって要素が全然無いんやな。

 外見がグリッタになったミオのためにお水を汲みに行くカグラ。水道の横に紙コップが常備されてるのに、びっくり。私は今までそんなん見たこと無かったからね。さすが東京やんと感心しちゃった。

 グリッタが走っている姿を見かけて、追いかけて行くミオ。実はシャボンシャドーによって長時間入れ替わったままだと拒絶反応で死んでしまうという罠が。

 シャボンシャドーの元に駆けつけるトッキュウジャーの男子チーム。トカッチが俺には見えるってライトっぽくやってるの、めっちゃ気持ちよさそうやん。変身しても外見に合わせるんや。なのでライトはブルー、ヒカリはレッド、トカッチがグリーンになるんや。この3人は変身後も顔の絵を額にくっつける意味分かるけど、なぜ明は変身後もヘルメットかぶってなあかんの???明だけはいつもと一緒やのにね。頭でっかちに見えるやん。

 ミオとグリッタの前にはノア夫人とネロ男爵が。ノア夫人はミオとグリッタが入れ替わってしまったことに気が付いて、グリッタを守るためミオに一緒に逃げるように頼む。

 シャボンシャドーと戦うトッキュウジャー男子たち。両手から泡を吹きださせないようにカーキャリア列車のミニカーで穴をふさいじゃう。そう来るかっていう感じやったやん。その後タンクレッシャー攻撃とかドリルレッシャー攻撃とか。ミニカーをぶつけて攻撃するのを見てると、ちょっと仮面ライダードライブのシフトカーを彷彿とさせるなぁ。

 シャボンシャドーが倒されて、入れ替えられたみんなの体と心が元に戻る。そこでミオが前夜からカグラを心配させないように大丈夫しか言わなかったことに腹を立てるカグラ。この二人にもあんまり気が付かなかったけどストーリーが動いてたんやね。

 巨大化したシャボンシャドーに苦戦してた男子チームにポリスレッシャーとファイアーレッシャーで駆けつけるミオとカグラ。もうこの時は変身後やったんやけど、変身したらミオもいつも通りの動きができるようになってるみたいやん。

 無事シャボンシャドーを倒すことができる。

 その頃グリッタが約束の場所にやってくるとそこに現れたのはシュバルツ大佐ではなくゼットだったということで、次回へ。

 とうとうゼットとグリッタの結婚式の準備が始まっちゃったところから。グリッタはもしここで逃げたらシュバルツ大佐がゼットからひどい目にあわされるかもって考えてゼットに従うことにしたんやけど、グリッタの恋する乙女心は自分に都合のいいようにしか物事が見えてないのが悲しいよね。

 トッキュウジャーの方は、ミオがお祭りの夜にどこかに行こうとしていたことを思い出したので、みんなと記憶のすり合わせをし始める。
星まつりの日に、秘密基地で5人で星を見ようと集まったことをライトが思い出す。

 ゼットとグリッタの結婚式。グリッタにはノア夫人譲りの結婚相手を飲み込む力があるって。ゼットを飲み込んだグリッタは闇の皇帝の力を得る。そして闇の女帝が誕生する。シュバルツ大佐はゼットがいなくなったことをどうやって知ったんやろ。闇の皇帝が消えた今、どう動こうとわが軍団の自由とかって言うてるし。

 シャドー側はめっちゃ大変なことになってるのに、結婚式の後片付けするために撒いた花びら拾い集めてるクローズは幹部たちのいざこざに全く興味ないんやな。

 トカッチとライトは全国の旅のパンフレットを集めてきて、星まつりのある場所を探すことにする。
 しかしクライナーが接近してきたんで、そちらに向かうトッキュウジャーたち。そこにシュバルツ大佐が。
 トッキュウジャーたちが戦ってる間に、レッシャーにクローズが乗り込んできて乗っ取られてしまう。

 トッキュウジャーたちがレッシャーに向かおうとしたところに、女帝グリッタが登場。グリッタ、シュバルツ大佐に命令してるやん。シュバルツ大佐も当たり前のように、その命令聞いてるし。

 レッシャーを試してみたいってシュバルツ大佐乗り込んでるやん。相手をするのは明が操縦するビルドダイオー。
 ライトはディーゼルオーに。トッキュウオーがビルドダイオーとディーゼルオー相手にパンチしまくってるし。

 この戦いを見てたグリッタが戦いたくなったからということで、白いロボット操縦して参戦してくるし。またこれも強いねん。ビルドダイオー倒されちゃったよ。ディーゼルオーは白いロボットに飛ばされちゃった。
 でもその衝撃でトッキュウジャーたちは昔の記憶がよみがえってくる。ライトたちは秘密基地に集まってるんやけど、星まつりをやってたこの町がどんどん闇に閉ざされていってるやん。星まつりっていうと夏っぽいイメージがあるけど、子供たちは冬の衣装ってところが注目すべきポイントやな。

 もうシュバルツ大佐とグリッタが強すぎて、ディーゼルオーもビルドダイオーも破壊されそうなところで、次回へ。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.10

仮面ライダードライブ(12月1週目)

 第9話 どうすればクールボディになれるのか

 初っ端から新顔のシフトカーが3台。一体ドライブ1年間で何台のシフトカーを登場させるんやろ。
 ファイヤーブレイバーとローリングラビティとシフトテクニック。

 シフトテクニックはベルトさんの声でしゃべってたのを見てると、ゴーオンジャーを思い出すぞよ。
 テクニックに変身するためにはクールな心が求められるのだが、変身しようとしても全然動かなくて、霧子りんなベルトさんにあ~あって顔されるシーンおもろかったよね。ドライブでクールキャラといえば、チェイスやんか。

 ファイヤーブレイバー、緊急出動。ロイミュードによっておこされた火事を消しに行ってたけど、あれだけ素早く出動して消火しちゃうなんて、めっちゃ働きものやんか。

 火事の現場検証で重加速粒子の測定をする泊たち。泊のピコピコヘルメット、普通の眼鏡になっちゃってるやん。右目の顕微鏡の部品みたいなん無くなってる。

 子供が手におもちゃを持って走ってたら、こけてしまう。そのおもちゃが壊れたのは夜8時ごろ、サイレンが聞こえるちょっと前ということを聞きだした泊。

 そして火事の現場検証の様子をうかがってる、人相のよくない二人の男。泊たちが声をかけようとしたら、重加速粒子を発射して泊たちがひるんだところを走り去る。それを追いかけて行くんやけど、昔の刑事ドラマみたいでちょっと懐かしい感じ。
 霧子って元陸上競技の選手やったん?障害物をハードル走みたいに飛び越えて行ったやん。泊よりも早かったし。
 その後に、砂埃が舞い上がる派手なアクション、さすが金田監督。

 人間体からロイミュードになったのと戦ってるともう1体の進化体のも参戦してくる。3対1か、なかなか見ごたえありますなぁ。
 タイプテクニックなら超精密な銃撃が可能だと言われて、テクニックへの変身を試してみるんやけど、うんともすんとも反応せず。戦いながらやってるもんやから、クールになんかなられへんやん。どっちか言うと頭に血が上ってるかも。であきらめてワイルドで肉弾戦へ。
 1体は倒せたけど、進化体ともう1体は隙をみて逃走しちゃう。

 実はこのロイミュード人間体の時は、発明おじさんとして子供のおもちゃロボを改造してあげてたんや。チェイスと発明おじさんが話してるところ目撃しちゃう。それで捕まってしまった少年。街の放火事件に関係してる空中放電装置に閉じ込められてるやん。

 ロイミュードの名前はボルト。名前としてボルトって聞いたら、電気よりも陸上選手の方を連想しちゃうよね。

 子供を人質にしてることで、怒りが頂点に達しちゃった泊は、かえって頭がシーンと冷えることもあるんだなとタイプテクニックで変身できちゃう。テクニックは他のと違ってタイヤが真横にセットされるのにちょっとびっくりしたけどね。

 テクニックは最強のメカニックバスターで空中放電装置を分析しながら、相手も攻撃できちゃう。今までの仮面ライダーにはいないタイプやんか。

逃げ出したボルトを止めようとトライドロンが攻撃するやんか。そしたらボルトが廃車をトライドロンに向かって投げつけたんで、トライドロンがその廃車を手みたいなのを出して受け止めたの見て、日立建機かよと突っ込んじゃった。

 今日登場したシフトカーは一応今日使ってみるんやね。ローリングラビティを取り出すドライブ。タイヤコーカンと共に10tって書かれたおもり登場。あの小ささで10tやからねぇ。そりゃぁドライブでもなかなか動かないよね。それをどうにか振り回してボルトに衝撃を与え、

最後はドア銃の攻撃でボルトを倒す。

 今まで2話完結やったのに、今週は1話完結?ぐらいの充実した内容で、来週へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.07

相棒 「死命」

 悦子の友達の父が経営しているレストランで働いていた女性が亡くなったので、それについて調査を頼まれたカイト。今回は一人でターゲットの男性を尾行。まぁ次から次へと女性からお金を巻き上げてるやん。カイトこの時はめっちゃドヤ顔で角田課長に経緯を説明してたのにね。

 ターゲットの名前は田無。田無が自分のバイクに当たってるのを見てた男たちが「なに見てんだ、オラァーー」って怒鳴られてたけど、突然そんなこと言われたら変なドラッグでもやってるんかぁって逃げちゃうのも当然やな。

 田無が手を怪我したのを見捨てておけず、簡単な手当てをしてあげたため、面が割れてしまったカイト。そこで伊丹達に協力を頼んだんやけど、伊丹達が部屋の前に立っているのを見て、やばいと思って逃げ出す田無。どう見ても刑事の香りがプンプンしてたもんなぁ、伊丹と芹沢。

 マンション前に停めてあった車には右京さんとカイトが乗ってて、田無に顔を見られちゃったもんやから、ついつい田無の後を走って追いかけてしまったカイト。田無はマンションの屋上まで逃げて行く、同じく屋上にたどり着いたカイトが「あきらめろ」と声をかけたら、「あきらめるわけにはいかないんだ」と言い残して田無はマンションから飛び降りてしまう。

 どうして「あきらめるわけにはいかない」人間が、死ぬことを選んだのかって疑問が提示されて、引きつけられる発端やったやんか。

 カイトは自分のせいで田無を死に追いやってしまったという自責の念に追い詰められてしまう。

 甲斐次長に呼びつけられたカイト。いつもなら父親の言葉に反感しか持たないのに、さすがに胸に響いちゃってるみたいやん。

 幸子と悦子の話を聞いて、右京さんもカイトのために動き始める。

 カイト、かなり酒飲んでたよね。悦子がいない間に外国のあっちこっちで買ってきて置いてあったお酒全部飲んじゃう勢いかいな。
でもそういうお酒って飲んでも飲んでも酔えないんちゃうん。

 田無の墓参りに行ったカイトは田無の友達だという女性に出会う。そこで彼女は田無とビッグママのところで1年ぐらい前に知り合ったとのこと。右京さんもはれぞら園について調べ始めていた。

 ビッグママ、行き場が無くなった若者たちを集めて、寝るところと食べるものを提供してくれる。飴と鞭を使い分けて、若い子を洗脳してるみたいやな。ちょっと怪しい宗教団体の教祖っぽくもあるやん。

 カイトが田無の友達じゃないっていうのばれてたんや。コンテナ倉庫に閉じ込められたんやけど、たまたまはれぞら園を右京さんが探ってたから、カイトたちが行く場所も尾行してたんやろな。コンテナからすぐに助けだされるカイト。

 特命係の部屋に、特命レギュラーメンバーが集合してるの、めっちゃ嬉しかったやん。こんなこと映画でもないもんねぇ。米沢さんが「男ばかりでむさくるしいことこの上ないですなぁ」って言うてたけど、画面が黒っぽかったよね。小松さんのでっかい背中が画面の中央にどーんとあったし。

 ビッグママははれぞら園に集まってきた若者たちを使って組織的な保険金殺人を行っていた。最近京都方面の遺産相続目当て殺人が世間を騒がしてるけど、そこにもかすってる感じがあるし、去年兵庫方面で暴力と金で自分の周りの人間を使って金や命を奪ってた事件にもかすってるようで、相変わらず相棒は世間を映す鏡になってるよね。

 田無が残したメールに書かれていた保険金殺人に関わった数人の人間の名前から突破口を開くことにした右京さん。
ここからはトントン拍子に話が進んでいったやん。そこまでうまいこと証拠があがってくるかぁって思うほど。

 ビッグママ役やってた阿知波さんの演技力、素晴らしかったなぁ。感想書くのにいつも何回か見るんやけど、見るたび上手いって思っちゃったもん。

 最後に田無がなぜ「あきらめるわけにはいかない」の意味も明らかになる。退職まで考えていたカイト、無事相棒復活したところで終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダードライブ(11月5週目)

 第8話 その胸に宿る秘密とはなにか

 泊の前に立ちふさがってチェイスからの攻撃の盾になろうとした霧子。私としてはシフトカーが助けに来るのかと思ってたんやけど、チェイスの撃った光線の矢は霧子の横をすり抜けて空に消えてしまう。

 ブレンに咎められたときには、俺には俺のやり方があるって言うてたけど、一人になった時に撃てなかったことにいら立ってたよね。

 今回は15時間も意識不明だった泊。でも目が覚めると相変わらず元気そうやん。霧子がなんで機嫌が悪いのかも分かったみたいやし。

 りんながやってきたのでチェイスに対抗する銃を頼むベルトさん。泊が想像してるのがくれよん画でちょっと可愛いやん。

 泊が特状課の部屋に戻ってきたら、課長独演会中。予算カットされちゃったんで、高杉に独占取材してもらってたって、片岡鶴太郎さんの引き出しがどれだけあるのか毎週楽しみになってきてるやん。他のメンバーも負けないように頑張ってね。

 久坂について教えてもらうため高杉と共に新聞社に行く泊と霧子。最初のスクープはこれですって、フォントアール社工場大爆発って、ついこの間の事件やん。工場の爆発をきっかけに公安と食品会社の癒着を暴いた。確か2週ほど前にどや顔して現さんと究ちゃんがこの話してたよね。ということは現さんと究ちゃんは久坂のスクープをまるで自分たちが調べたようにしゃべってたのか。

 これで功名心に執着した久坂を助けたくて、高杉は仮面ライダーを探していた。

 究ちゃんから泊への電話。究ちゃんスマホの裏面が顔の横に見えるようにして電話してるやん。あの髪の長い女の子みたいな絵は、パソコンの横に置いてある縫いぐるみと同じキャラクターってことかな。

 次のターゲットはスポーツセンターと分かったので、そちらに向かう泊たち。
 そこに現れたチェイス、俺は人間を殺さない、殺す価値も無いからだって言うてたことみると、結論が出たってところかな。しかしチェイスが始末してるロイミュードが人間よりも殺す価値があるとは見えへんけどなぁ。

 ドライブと戦うチェイス。前回有効だった鞭の武器出してきたやん。鞭の部分はCGやと思うんやが、なのにいかにも鞭を振り回してるようにアクションをしはるチェイスの中の人凄いよなぁ。

 ドライブの助っ人にトライドロンが来てくれる。その隙にワイルドに変身。今回は気持ちに余裕があるから、チェイス相手でも落ち着いて戦えてるよね。

 久坂に1年前のことを謝る高杉。でも捏造万歳ってことで取り合わない久坂。そこにロイミュードが現れる。

 ドライブとチェイスの戦いの方に、りんなが新しい武器を持ってくる。ドア銃やて。調子よく射撃してたら、途中で弾切れ、ドアを開けて閉めないと弾が補充されないってりんなに言われたのに、半ドアで弾が出ないってりんなに聞きにくるドライブ。
 これっておもちゃになっても半ドア半ドアって声が入るんやろな。ドアを閉めた音もちゃんと車のドアの音してるし。

 ちょっと倒れたドライブの前に立ちふさがる霧子の幻影を見ちゃうチェイス。あれあれ、チェイスは霧子に惚れちゃったのか?

 チェイスが退却してくれたので、スポーツセンターに向かうドライブ。間に合ったぜ。

 CM見てたら、魔進チェイサーの方のおもちゃも出てるんや。敵役のおもちゃが出るって仮面ライダーでは珍しいよね。すべてのシフトカーを認識って、敵味方両方買ってもらおうという魂胆見え見えやし。

 さすがワイルドやと普通のロイミュードは簡単に吹っ飛んじゃうよね。あっという間に片付けられちゃったし。

 検挙される久坂。警察官の前で捜査1課の仕事をしてる現さんは偉そうやんか。特状課にいるときはおちゃらけてるのに。
 早瀬のところにお見舞いにいく霧子。特状課の制服以外の霧子の普段着初披露。足、細~い。 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »