« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015.04.30

仮面ライダードライブ(4月4週目)

 第27話 詩島剛が戦う理由はなにか

 トライドロンに乗って現れたりんな。りんなが今回開発したのはトライドロンにくっつけるライドブースター2台。これで空を飛べるようになるし、いずれ3人の仮面ライダーが揃って乗れるようにするって。
 暗い顔になる剛。チェイスのことを仮面ライダーとは認めてない剛。本庁で合同捜査会議があるということで特状課が出払ったところに、弟がいなくなったと相談に女性がやってくる。さすが世間で大騒ぎになっただけのことはあるやん。そう言えば、正式に警視庁から発表されますって泊が叫んでたのはどうなったんやろね。

 警視庁の合同捜査会議。現さん、特状課側の席に座ってるやん。特状課専従ってことになったんかな。新興住宅地で居住者37人すべてが倒れているのが発見された。ロイミュード関連の事件を機械生命体犯罪と呼ぶことになったのか。でも今はロイミュードは人間と融合してまうから機械生命体とも言えなくなってるのにね。

 そしてこの会議にアドバイザーとして特殊科学分野研究所のノウミが参加してくるんやけど、それがブレン。食い込んでくるねぇ。
ブレン、警視庁の廊下で正体現してるやん、大胆すぎる。なので泊もドライブに。屋上で戦いながら、ヒントをくれるブレン。ブレンが警視庁に現れたのはNO,001が本格的に動き出したから。NO,001に迂闊に近づけば虫けらのように潰される、泊の父親のように。
 泊の父親はグローバルフリーズなんかが起こるずっと前に亡くなってるから、NO,001が取り付く前の真影の汚職か何かを追求しようとしてたんかな?

 泊が父親のことで頭に血が上って見境が無くなったのと、仁良課長たちが屋上に上がってきたのを見計らって人間の姿に戻り、被害者を装うブレン。さすが策士やな。

 真影のところに警察庁から来た警視が新興住宅地での怪物事件の報告を怠っていないかと問いただすと真影は手から毒針みたいなんを出して警視を自分の思い通りに操ったりしちゃう。

 謹慎処分になっちゃった泊。それを言いに来た仁良課長。だんだん演技が大げさになっていってるねんけど、仮面ライダードライブに来るまでは渋い脇役で芝居見せてくれてたのに、今後の仕事に差し支えないか他人事ながら心配になってくるやん。

 仁良課長がどんどん壊れていくのに反比例して、正体を現した本願寺課長は渋くなってきたやんか。泊に警察官を辞めないように釘を刺してくれてるし。

 今まで襲われた新興住宅地は同じ不動産会社が扱っていることが分かって、現さんとりんなが引っ越してきた新婚夫婦に化けておとり捜査を開始する。

 謹慎処分で特状課の部屋から出てはいけないと言われてる泊もこっそり抜け出してきてるし。新興住宅地の人間が突然喧嘩を始める。
 これはロイミュードNO,050の実験で、根っからの悪人でなくても融合進化体の適合者になれるかどうかを試していた。
 それに怒った剛がマッハに変身して戦い始めるけど、冷静さを欠いてるんで手も足も出ない。
 
 ライドブースターが持ってきてくれたベルトで泊は変身しようとするんやけど、警察官たちがやってきたんで変身することができない。そこに霧子から事情を聞いたといってチェイスがやってきてくれる。

 仮面ライダーチェイサーに変身して戦い始めるけどライドブースターをうまく使いこなしてるやん。NO,050が連れてきた進化前のロイミュード2体をきっちり片付けてくれてるし。チェイサーがやってきたんで、ロイミュードよりもチェイサーに斬りかかるマッハ。
 この戦いを見て、NO,050は計画通りだって言うてるし。

 泊が間に入って二人の戦いを止めさせる。なんとロイミュードを作り出したバンノが剛の父親だって。ロイミュードを暴走させグローバルフリーズを引き起こし、多くの人間の命を奪った。そのことに剛は苦しんでいた。そして時間が無いってまたつぶやいてるんやけど。

 この引っ張り続けてきた謎は次回分かるのかねぇ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.29

手裏剣戦隊ニンニンジャー(4月4週目)

 忍びの9 忍術vs魔法、大バトル!

 6人目のニンニンジャーが妖怪を倒すところから始まったんやけど、なんでこの新メンバーがハリケンジャーの技を使えるんや???妖怪は倒したけど、終わりの手裏剣じゃないってつぶやいてたやんか。そんなに簡単に手に入るのなら今頃十六夜が手にしてるよねぇ。

 

 封印の手裏剣を見つけて、八雲が俺たち以外に妖怪をやっつけるのがいるのかって言うた後に、アカニンジャ-がカメラに近寄ってきて熱いなこれって言うてたけど、ちょっとカメラに近づき過ぎでしょ。目の位置から下って黒の面積が広いから、画面が暗くなっちゃうよ。

 

 八雲の母は世界的デザイナーで旋風の姉さん。

 

 お父さんによる終わりの手裏剣解説。ラストニンジャだけが持つことを許され世界を終わらせることができるほどの力を持つ手裏剣。ラストニンジャとは終わりの手裏剣を守る守りびとでもある。お父さんは昔道場に有ったのを見たことがあって、宝石のように輝いていたとか。

 

 なんと八雲の母が発表するドレスの胸に輝いているアンティークのアクセサリーが終わりの手裏剣!!その取材記事が載った雑誌を十六夜も見て奪うために動き出す。
 雷蔵が十六夜に封印の手裏剣に忍術をかけたのと、手下にも忍術をかけジュッカラゲという今までよりも強くする。

 

 春風に終わりの手裏剣を返してくれと電話する八雲。八雲が今忍術やってるのを古臭いって言うてたよね。春風はお父さんのいうことなんか全然聞かないって。春風が忍術を古臭いなんて思わなかったら、忍者になってたやろな。気も強そうやし。
 
 終わりの手裏剣の偽物も用意して、奪還作戦開始というか十六夜との争奪戦というか。

 

 十六夜は廊下に置いてあった絨毯に封印の手裏剣を融合させて妖怪イッタンモメンにする。こんな姿のイッタンモメンを見たら、水木しげる先生のファンが怒ってくるんちゃうんっていうくらいの存在感やんか。アブラカタブラとか中東風の名前にすれば良かったのに。

 

 イッタンモメンは魔術を使う。風花はハツカネズミにされちゃう。凪は終わりの手裏剣のある場所をしゃべらされちゃう。先に終わりの手裏剣のところに向かったイッタンモメンを追いかけて行くニンニンジャーたち。途中の廊下で霞までハツカネズミにされる。で、いつの間にか2匹のネズミをかごに入れて持ってるやん。いよいよ最後のドアの前まで来て、凪が石にされてまうって。

 

 こっちが人数減ってしまったところにジッカラゲがやってきたけど、分身の術で対応できるってのは忍者物の便利なところかもしれへんな。でもアオニンジャーとジッカラゲはほぼ同じ青色なんで青色同士が戦ってるからメリハリが付かんよね。

 

 イッタンモメンがドアに向かって進もうとしたら、足元に大きな穴が開いて落っこちてまう。うまくいきそうな時こそ油断禁物って言うてた本人にしっぺ返し。

 

 ファッションショーが行われる会場に入ってきた天晴と八雲。舞台のそでに隠れていたイッタンモメンの魔法で天晴がアカニンジャ-の人形に。たぶん定価800円ぐらいのフィギュアやな。

 

 すでに春風やスタッフはジッカラゲに捕まっていた。イッタンモメンが終わりの手裏剣を付けたドレスを奪っていこうとしたとき、なんとネズミにされたと思われてた霞は身代りの術で逃れていた。

 

 魔法を解く呪文を言わせる魔法をイッタンモメンにかける八雲。イッタンモメンがその呪文を跳ね返した後、後ろからも声がするので振り返ったら本物の八雲が立っていて魔法をかける。イッタンモメンは魔法を解く呪文を唱えて天晴たちは元に戻る。
  分身の術がずーーーっと続いてたって。見てるこっちもずっと騙されてたってことかいな。

 

 ステージ上で名乗り上げをし、スモークまで派手に出してもらってる。
 そして戦いの場面は会場の外へ。魔法には魔法でってことで、ジッカラゲが亀になってるやん。ということは幻月の手下って日本中から集めてきた亀に忍法をかけて手下にしてるってことなん?
 ただイッタンモメンは元の絨毯には戻らへんかったけど。

 

 忍術と魔法のコラボレーションでドラゴンになったアカニンジャーが口から火を噴いてイッタンモメンを攻撃し、元のアカニンジャーになって剣で倒した。今回八雲がメインやったのにとどめを刺したのは天晴かよ。まぁ天晴もここぐらいしか目立つとこなかったもんな。

 

 天晴が持っていた終わりの手裏剣を十六夜が奪おうとするんやけど、割れちゃう。これも偽物やったんや。

 

 イッタンモメンとの巨大ロボ戦。こっちはシュリケンジンドラゴで箒にまたがって空飛ぶイッタンモメンを追いかける。なんとシュリケンジンドラゴはイッタンモメンの魔法で石になって墜落しちゃう。

 

 それを物陰で見ていたスターニンジャーがロデオマルを呼び出し、イッタンモメン相手に大暴れ。なんかヒーハー言うてるし、変な渡世人言葉みたいなんしゃべってるし、最後に忍びなれどもパーリナイとかって言い出すし。ほんまテンション高い奴やな。

 

 最後、屋台で働いてた好天にお命頂戴いたしますってスターニンジャーが斬りつけてたんやけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.25

仮面ライダードライブ(4月3週目)

 第26話 チェイサーはどこへ向かうのか

 報道各社に詰め寄られて逃げるように泊が屋内に入ってきたら仁良課長が。なんか泊のお父さんが殉職したときのことを知ってるみたいやん。

 特状課の部屋では、だるまの頭にベルトさんを置く本願寺課長。結構似あってるやん、だるまと色が近いからかな。

 本願寺課長は社会に仮面ライダーの存在を知らしめた方が逆に安全であるという。一度は世界規模の破壊が起きたのにロイミュード関連の事件の情報を警察が知らなすぎるということは、恐ろしい敵は警察の周辺にいる可能性が高い。

 悩めるチェイスのところに泊・霧子とハートがやってきて、どちら側に付けるか綱引きしてるやん。ハートが手にしているのはプロトドライブのシフトカー。これが再起動してチェイスのところに連れてきてくれたとか。

 メディックはNO,001と会っていた。ブレンに頼まれて融合進化体を作ったのはNO,001やとか。ハートが王の器であり、NO,001は裏からハートを支えるって。ベルトさんがハートはNO,002でブレンがNO,003って言うてる。知ってたんやったら、もっと早く教えて欲しかったよな。見ているこっちもハートがNO,001やと思ってたやん。

 泊にスイッチが入っちゃってデッドヒートに変身してハートと戦い始めちゃう。NO,007が警察署を襲ってて出動要請来てるのに。

 さすがデッドヒートはハート対策で作ってるだけに、だいぶ立ち向かえてるやんか。友達扱いしてくれてたハートがやられてるのを見て、助っ人に入り、泊の腕を傷つけたチェイス。そこまでしたのに、チェイスはだれのために戦えばいいのか、まだ決められなくて迷い続けるチェイスにシフトカーを渡して立ち去るハート。

 今までロボットみたいに操られてきて、自分の意思で動いたこと無かったから、どうしたらいいか悩むのもしゃーないよね。特状課に戻ってきた泊は首から負傷した腕吊ってるやんか。骨折しちゃったのか、それとも取り敢えず腕を怪我したこと分かり易く見せるためかな。それをいたぶる仁良課長。現さんは仕方ないとして、警視庁でめっちゃ忙しい捜査1課課長のはずなのに、特状課に入り浸っててええんかいな。

 多賀は警察署にはおらず、捜1の人間がどこかに隠してるということで、多賀の居場所を探しに霧子たちが出かける。いつもは一番最初に特状課を飛び出していく泊が残って課長と二人なんて珍しいやん。

 なんと泊の父親の死にNO,001が関わっているかもしれないってベルトさんと課長がこっそり探ってたやなんて、警視庁のお偉いさんを接待してたのはそれやったんか?

 多賀は廃工場に隠れてたんやけど、NO,007が見つけ出し再び多賀と融合しちゃう。

 チェイスの元にライドチェイサーがある物を届けに来る(無人で)。廃工場では泊が駆けつけ変身しようとするんやけど、右腕負傷してるから変身できず、マッハが駆けつけて戦うけど、ロイミュードの方が格段に強くて太刀打ちできず、霧子までロイミュードに立ち向かって行っちゃう

。戦ってた場所が工場の上部に取り付けられたパイプ作りの渡り廊下みたいなところで、ロイミュードの振り上げた腕が水道管に当たって水が噴き出す。
 そして霧子は渡り廊下から落ちちゃうんやけど、どんより状態なんでゆっくり落ちてくるところにチェイスがバイクで登場して霧子を受け止め、初めてチェイスと霧子が出会った時の再現になる。なかなかロマンチックではないですか。人間を救うのは俺の本能かもしれないってチェイスは言うてたけど、チェイスは誰を救ったらいいのか悩んでたけど、霧子を救うのがチェイスの仕事でええやろ。
 このシーン、チェイスも霧子も息が白いやん。その寒い中、水に濡れながら、よー頑張ったで。偉い!!

 チェイスが取り出したのは、りんなが作ってたマッハドライブのスペア。そして仮面ライダーチェイサー登場。

 そして華々しくロイミュードを片付ける。変身解除せずにバイクに乗って帰って行っちゃったよ。

 町で仮面ライダーチェイサーのニュースが流れる。ちょっとばれるの速いやん。ということは泊がパパラッチされてて、そこで登場した仮面ライダーが写真に撮られたってことか。

 仁良に、今後も泊を見張るように命令し、ブレンがハートの代わりにすり寄って行ったのが、国家防衛局長官・参議院議員真影壮一。実はNO,001。

 黒幕が政治家、それって「相棒」やん。さすがテレ朝・東映やな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.22

手裏剣戦隊ニンニンジャー(4月3週目)

 忍びの8 時をかけるネコマタ! 

 風花と凪は同じ高校に通ってるんや。風花は自分が忍者やってるのばれたくないので、凪に「絶対ばらすなよ」って小声で脅してたけど、お兄

ちゃんが側にいないとのびのびしてるように見えるなぁ。そしていつもお兄ちゃんに「絶対ばらすなよ」って言われてたりしてね。

 ありゃ、先週倒されたはずの妖怪ネコマタの赤い時計が動いてるやん。7時30分にアラーム鳴ってるし。

 町にネコマタが現れていたずらしてるんで、天晴・八雲・霞が駆けつける。
 一旦はやっつけるんやけど、封印の手裏剣も無いし、なにかおかしいって思いながらも帰っちゃう。でも赤い時計は動いてたよね。

 学校の風花は高校3年生で進路を考えなくてはならない時期に。凪に将来の希望を聞く風花。凪は公務員が第一志望か。でもこの間将来の就活に備えて、ちょこちょこ資格取ってるようなこと言うてたよね。

 帰り道で友達に捕まった風花。家の前まで来て、一番友達に知られたくない天晴がいたもんやから、誤魔化すこともできず、家に上がってもらうことになっちゃう。お茶を飲んでもらってるところに、お父さんが壁から出てくるし、霞は雲隠れの術で畳から出てくるし。そう言えば、スーパー戦隊で指令室的な場所に敵がやってくることはあっても、普通の人が入ってくるってストーリーあんまり無かったような。だからこういう設定ちょっと珍しいよな。

 妖怪が現れたということで、取り敢えず天晴と霞を向かわせる。そしてネコマタをやっつけたところに、赤い時計が落ちてたんで拾ってくる天晴。
 折角お寿司を友達にごちそうしてたのに、部屋の真ん中に置いてあるでっかい火鉢から八雲が現れて、友達灰だらけに。こんなことされたら、次の日から風花学校に行けなくなってまうよね。そりゃぁ怒るって。
 天晴たちを廊下で待機させて部屋に戻ったら、ネコマタが部屋を物色してるやん。友達は気絶しちゃってるし。

 風花の大声で部屋に戻ったら、友達はネコマタの尻尾に縛られてるやん。終わりの手裏剣が見当たらないんで、友達を人質に過去に戻っていくネコマタ。それを追いかけて風花と天晴も過去へ行っちゃう。

 天晴たちがやってきたのは壊れる前の伊賀崎忍術道場。そこから子供が顔を出したんやけど、それが風花と天晴やったという。ネコマタがいるかもしれないので気を付けてって言うたら、子供の風花は泣きまねをしたんで、ネコマタが出てきたんやけど、10年前の忍術道場にも終わりの手裏剣なかったって言うてたよね。好天爺ちゃんもそんなものはないっていうてたの本当やったんやろか。どうも好天爺ちゃんの言うことは信じられへんからなぁ。

 子供の風花のお蔭で自分が忍者になりたかったこと思い出す。そして友達の前でニンニンジャーに変身する。で、ネコマタは2015年に戻っきたんやけど、結局ネコマタって2005年と2015年の間をうろうろしてただけなんちゃうん。

 名乗り上げは、今日は風花が真ん中。ネコマタ、風花の言葉に引っかかって自分の弱点を自分でしゃべっちゃう。胸の時計を壊されたら復活できなくなるって。子供のころのウソ泣きと言い、妖怪を2回もだましてまう風花って凄いやん。

 ネコマタ、巨大化。風花のオトモ忍、犬やったんや。一応猫は犬が苦手ってのが決まり事やもんな。

 シュリケンジンパオーンマルの操縦席に風花が座っちゃう。そして倒しちゃう。

 それを見ていた怪しい忍者。英語しゃべってギター鳴らしてるよ。なんかハリケンジャーで緑色のもニンジャミセンとかいうを弾いてたよなぁ。そいつも英語っぽいしゃべり方してたような…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.19

烈車戦隊トッキュウジャー(2014年8月分)

 第23駅 手と手をつないで
 第24駅 分岐点を超えて
 第25駅 おとぎ話が飛び出して
 第26駅 尖塔で戦闘開始

 
 壮絶な戦いであちこちにレッシャーごと飛ばされてダメージを受けてるトッキュウジャーたちってところから。

 トッキュウジャーたちが飛ばされた場所の近くでは夏祭りが行われていた。その音に誘われてやってきたライトたちは、星まつりのことを断片的に思い出す。
 近くまでシュバルツ大佐が来ていることを明から聞いたライトたちは、車掌たちを救い、この町のお祭りを守ろうとする。
 車掌とワゴンを助けるために、ライト1人が次々に乗り換えて5人いるように見せかけてシュバルツ大佐を引きつけておき、残りの4人で車掌のところに向かう。トッキュウレッシャーにたどり着いたら、ワゴンが車掌と見張りのクロードを縛り付けてるやん。何がどうなったのか、めっちゃ気になるよね。あぁ見えてワゴンもやる時はやるんかな。

 トッキュウレッシャーを取り返したトカッチたちは、シュバルツ大佐と戦って疲労困憊で倒れたライトを助けて走り去ってまう。
 明のおかげで修理も完了して、超トッキュウオーに合体して、クロガネ変形したクライナーロボと戦う。

 先週の壮絶な戦いからやっと立ち直ったところやのに、シュバルツ大佐の方が断然有利やもんな。そこでまたまた危なくなったところに、グリッタの乗った白いクライナーがやってきて、クライナーロボになる。グリッタはこのシーンの前に、大事にしていたシュバルツ大佐からもらったバラの刺繍のハンカチを見て正気に戻ってる。

 白いクライナーロボは超トッキュウオーとビルドダイオーに向かってダークネスホースを発射して、超トッキュウオーとビルドダイオーを暗闇に向かって跳ね飛ばす。トッキュウオーは合体解除になり、ライトたちは星まつりの子供のころの記憶をよみがえらせ、みんな一緒にいれば大丈夫、みんなで一緒に自分たちの町に帰ろうと新たに決意する。そこに明も加わって、トッキュウオーにビルドダイオーも一緒に合体できるようになり、超超トッキュウダイオーになる。
 シュバルツ大佐に名前などどうでもよいって突っ込まれてたけど、シュバルツ大佐はトッキュウオーの運転室の会話を聞くことができるのか、それとも運転室の会話は外に流れているのかって思うよね。
 全部合体すると、クライナーロボより一回り大きくなってるやん。

 超超トッキュウダイオーの攻撃からシュバルツ大佐を守ろうと思わず盾になってしまった白いクライナーロボ。グリッタはその攻撃で白いクライナーロボが破壊され投げ出されてしまう。元のグリッタに戻ってシュバルツ大佐と会話するも、グリッタが爆発して中からゼットが出てくる。
ゼットの手がシュバルツ大佐の手を掴もうとしたところ、びっくりしたやん。
 ゼットがグリッタとの婚礼でグリッタに食われちゃったのは、グリッタのキラキラを手に入れるためやったとか。グリッタがキラキラしてるのがうらやましかったんやろな。
 そしてシュバルツ大佐を一刀両断し、シュバルツ大佐は川の中に水落ち。

 ゼットは去り、ゼットの非情さに怒りがこみ上げるライト。

 夜になり、町のお祭りのシーン。明がいつものハーモニカを吹いているけど、浴衣で裾から足が丸見えで足を組んで座ってるって、行儀が悪すぎて色っぽくもなんともないぞよ。トッキュウジャーたちは自分たちの街・昴ヶ浜のことを思い出す。

 ワゴンがいつも以上に色っぽく車内販売にやってきても地図や時刻表に夢中で全然ワゴンのことを無視してるトッキュウジャーたち。僕たちの街を探してるんやけど、全然見つからない。
 ここで第24駅やねんけど、トッキュウジャーたちはシャドー怪人に乗っ取られた町は町の名前が全然変わってまうということ忘れてるよね。だから完全に闇に飲み込まれていようがいまいが、昴ヶ浜っていう名前じゃなくなってるはずやと思うねんけど。昴ヶ浜の隣町の名前とか憶えてたら良かったのにね。

 
 昴ヶ浜の地名が無くて落ち込みトッキュウジャーたち。車掌によって完全に闇にのまれた町は行く手段も無いと聞かされてしまう。
 明がシャドーラインに乗り込めばいいと教える。気まぐれに現れる分岐点を探すためにはシャドーラインの列車に乗るしかない。

 復活したゼットの前に現れるノア夫人。ゼットに自分の前に出てくるだけでも立派なもんだって嫌味言われてたやん。まぁそれぐらい根性が据わってなかったら娘を闇の皇帝にしようなんて大胆なことでけへんよな。ナイフを突きつけるけど、ゼットに手を掴まれてまうし、逆らわないことを約束させられる。前から思ってたんやけど、グリッタが結婚した途端ゼットを飲み込んだように、ノア夫人の体の中にも自分の亭主が取り込まれてるんやろか。それがグリッタそっくりなんかな?でないとノア夫人とグリッタって全然似てないやんか。

 分岐点が一つ見つかった。これを切り替えシャドーラインのレールが現れたので、飲み込まれた町へと向かうトッキュウジャーたち。
その町は時間が止まったように人間が固まっていた。そしてシャドータウンの管理人ルークが現れる。

 折角変身したのに名乗り上げしたところで変身解除。シャドータウンはレインボーラインのエネルギーは長く持たないって。仕方ないんで生身で戦わざるをえないライト。取り敢えず一旦退却。

 分岐点では明のところにネロ男爵がやってくる。分岐点を守るために変身して戦う明。

 トッキュウジャーたちの作戦は変身はぎりぎりまでしない。変身しても30秒しか持たないので、一人で乗り換えして管理人ルークと戦うことに。

 ライトがみんなのトッキュウレッシャーを預かっていくから、残りの4人は変身せずにクローズ相手に戦う。なんかこういう展開って最終回っぽいやん。まだまだ半分しか来てないのにね。

 ルークの前にやってきたライトは次々乗り換え、最後はレッドで戦う。戦ってるところをキャッスルターミナルの自分の席に座ってゼットは見てるんやけど、やっぱり乗り換えてきたかって言うてたやんか。なのにルークは乗り換えるなんて作戦全然考えてなかったみたいやん、ゼットって、そう言えば部下にあれこれ細かく作戦を指示するタイプじゃないよな。

 ルークが倒されたことで町が地上に戻り、ルークは巨大化する。普通に巨大化するだけやなくて、トッキュウオーやビルドダイオーの倍ぐらいの大きさ。いつも戦隊側の巨大ロボが敵のロボよりでかくて、正義の味方がそれはちょっとずるいんちゃうんって思ってたのに、今日は反対やん。それで超超トッキュウダイオーへ、これでもまだちっちゃいやん。

 クローズが溢れ出してた杖を壊したら、ルークあっという間にいつもの巨大ロボサイズになっちゃってるやん。そして一撃で倒されちゃったし。

 止まっていた人たちが動き出し、トッキュウジャーたちは自分たちの街も助けることができると希望が湧いてくる。

 トレーニングから戻ってくる男子3人。トカッチくたびれすぎて寝てしまう。ミオがトカッチのほっぺの傷に絆創膏貼ってあげてたけど、スーパー戦隊で使われる絆創膏って一般的なものよりでかいよね。分かり易いもんな。

 シャドーに襲われたところはおとぎ駅と言う名前。ここ数回ハードな内容が続いてたから、ちょっと息抜きかな。
 この町にはやる気のない桃太郎とか、ギャルなシンデレラ姫とかませガキっぽい赤ずきんちゃんとか。何か変やなと思ってるところにゼットが声をかけてくる。
 ゼットが少しはキラキラが使えるようになったからと呼び出したのがピンスポシャドー。シャドー怪人がピンスポットを当てた絵本から、その絵本の主人公が実体化しちゃうという。たまたま男の子が持ってたのがはだかの王様やったんやけど、この王様がボテボテの体で鑑賞に堪えるものではなかったのが残念やったよね。

 あまりにもキラキラじゃないものばかり出してくるんで、ゼットにぶっ飛ばされたピンスポシャドー。ピンスポシャドーが実体化させたおとぎ話の主人公を物語ともども消し去って黒い闇を作り出そうってネロ男爵が言うたもんやから、主人公たちを逃がそうとするんやけど、シャドーによって実体化された主人公たちはやる気が全然なくて逃がすのに苦労してまう。

 トカッチがクローズにやられそうになったところをヒーローが助けてくれる。トカッチを助けてくれたのはリョーライトは、トカッチが子供のころに考えたヒーロー。トカッチもピンスポを浴びたときに、心の中にいたレオライトが実体化したという。
 なんか昭和の香りがするヒーローやな。トカッチ・ミオ・カグラがいたところにネロ男爵やシャドー怪人がやってくるんやけど、レオライトもトカッチたちと共に戦うし、トカッチがやられそうになったら、助けるだけやなく、落ち着けとアドバイスまでしてくれてるし。どっちがヒーローか分からへんよね。

 ネロ男爵には秘密の特訓の成果を見せることに。凄い特訓してたんやな。だれがあんな攻撃しようって言い出したんやろ。ネロ男爵吹っ飛んで、ステッキが折れちゃってるやん。強がりを言い残して逃げていっちゃった。
 あとはピンスポシャドーだけ。こっちも全員揃ったら、あっさり片付いちゃう。ピンスポシャドーがいなくなったんで、おとぎ話の主人公たちも正気を取り戻して、自分たちの世界に戻っていく。

 トカッチは消えそうになってるリョーライトにお礼を言う。リョーライトとはトカッチのお兄ちゃんだったという。

 巨大化したピンスポシャドーを倒して、夏らしくみんなで花火。トカッチの弱点をリョーライトが教えてくれたのは、トカッチが自分の弱点に気が付いたからじゃないってミオがアドバイスしてくれる。せっかくトカッチとミオが良い雰囲気やったのに、明が打ち上げ花火でド派手に邪魔するのはスーパー戦隊のお約束なんだな。

 クローズたちとの派手なアクションから始まったトッキュウジャー。普通の駅なのにシャドーラインに乗っ取られた町にいるみたいにレッシャーの調子は良くないしということで調査のためしばらく停車することになる。

 ライトたちは町の散策。みんなとはぐれたカグラは明を見かけて後をついていく。すると明は銭湯に。というか明は銭湯大好きみたいやん。
 明が行こうとしていた銭湯では借金問題でもめていた。
 来客数が減っていた銭湯を盛り返そうと経営コンサルタントの口車に乗っかった銭湯の主人が騙されて借金背負っちゃう。
 菖蒲湯って思ってたのが、勝負に勝たないと風呂に入れないとか。スーパー銭湯に改装するといって脱衣場にスーパーマーケット作られちゃったとか。それにかかった経費が借金って、とんだ経営コンサルタントやんか。書類に印鑑押しちゃったから、仕方ないってあきらめるご主人。ちゃんと書類読んでなかったというか、確認してなかったというか。売り上げが上がらなければ、かかった経費は支払えないとか、こっちの要望も入れておかんとあかんかったんやろうけど、そこは昔人間のご主人やから、でけへんかったんやろな。

 折角なんで、銭湯に入ることにしたトッキュウジャーたち。男子の方は銭湯奉行の明が口うるさく決まり事を言うんで楽しめなかったみたいやな。他の男子メンバーは色白やったけど、さすが明は衣装がタンクトップやから、日焼けあとがくっきりしてる。保線員労働者らしいがな。

 カグラのアイデアで、トッキュウジャーたちがチンドン屋となって銭湯を宣伝する。トッキュウジャーに変身してるだけでも宣伝効果抜群やん。ミオは恥ずかしいっていうてたけど、変身して顔隠してるんやから、恥ずかしいも何もないよねぇ。

 お客さんがいっぱい来たのは入浴料を1人10円にしたから、これじゃぁ借金は返せない。

 翌日、銭湯の建物ごと隣の空き地に移動させちゃう明とカグラ。すると銭湯が建ってた場所から大量の闇が溢れ出してくる。闇だまりになっていた。経営コンサルタントが現れるんやけど、実はこいつがコインシャドーやったという。
 ということでコインシャドーとの戦闘に。

 巨大ロボ戦になって、カグラがコインシャドーになぞなぞ問題を出す「上は大水、下は大火事、なぁ~んだ」。コインシャドーから今どきそんなお風呂無いでしょって突っ込まれてたよね。確かにこのなぞなぞ、私の子供のころからあったよ。50年ぐらい前かな。古典中の古典になるかな。

 銭湯を元に戻したら、中からご主人が出てくる。ご主人もずっと吊られてる銭湯の中におったんかよ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.17

仮面ライダードライブ(4月2週目)

  第25話 新たなる戦いはなぜ始まったのか。

 みんなで楽しくババ抜きで遊んでる特状課に現れたのは、警視庁捜査一課の仁良課長。課長の名前が光秀っていうだけで、頭は良いけど裏切りそうな雰囲気が漂うやんか。思いっきり嫌味な奴を演じたらこの人の右に出るものはいないって感じやよね。

 特状課の課長に現さんを返せって言いに来たんや。確かに特状課にいてる方が長い気がするな。

 花を手に森の中を歩くチェイス、凄い思い悩んでるみたい。人間らしい表情が出てるよね。ただ持ってた花を握りつぶして捨てちゃったけど。

 警察署に搬送中の犯罪者多賀の前にNO,007のロイミュードが現れネオバイラルコアを渡し、ロイミュードと融合するように誘う。
 こうして人間のままでロイミュードになり、自分の欲望のままに生きれるようになる。

 最初は、ロイミュードはコピーした人間を消していた。次にコピーした人間を生かしておいて、人間が発した欲望を吸収して強くなっていくようにしたよね。そしてとうとうでかい欲望を持つ人間と融合するようになってもうた。

 ロイミュードの前にドライブとマッハがやってきて戦い始めるんやけど、周りにいるのは警察関係者ばかりで初めて仮面ライダーの存在を知って驚く。ロイミュードが逃げたんでドライブの周りを刑事たちが取り囲んでるんやけど、みんなニコニコしてて、なんかこういう時って大人も子供も関係ないよなって思うよね。

 今回ハートがいる場所はエジプトをイメージした建物やねんけど、関東には色々おもろい場所があるんやな。メディックが新しいバイラルコアについての報告をハートにしていた。その発明はブレンでなければ、あいつかって言うてたけど、あいつって誰でいつ登場するんやろ。

 以前仮面ライダーとロイミュードのことで現さんを笑いものにした刑事さんたちも特状課に来てるやんか。ここで捜査会議ってできるんやろかと思ったら仁良課長がやってきて引き上げを命じる。

 多賀は警官殺しで早瀬に捕まったことがあった。泊はロイミュードの狙いは早瀬だと踏んで現さんと共に病院に向かう。

 捜査会議をすっぽかした霧子はチェイスのところに、人間を救うには強化ロイミュードの組織サンプルが欲しいと告げる。そしたらチェイスは自分の体の一部をブレイクガンナーで撃ち落としてたやん。チェイスは命を助けてくれた霧子へ借りを返したことになるんやけど、霧子はチェイ

スに対してめっちゃ強気に出たと思ったなぁ。霧子としては他の進化ロイミュードの組織サンプルがもらいたかったのかもしれへんけどね。
 
 泊と現さんが病院に駆けつけると早瀬がロイミュードに痛めつけられてる。マッハも駆けつけてロイミュードと戦い始めるけど、ロイミュードは人間でもあるので今まで通りと言う訳にもいかない。

 そこに改造したベルトを持ってりんなや霧子・究ちゃんまでやってきて、特状課のメンバー(課長を除く)勢揃い。
 そして初めて人々の前で仮面ライダーに変身した泊。ロイミュードと戦い始めるけど、ドライブも赤色やし、今回のロイミュードも赤色やったから、ちょっと色合いで損した気がするな。そう言えばニンニンジャーで出てきたネコマタも赤色系やったなぁ。

 霧子が持ってきてくれたサンプルのお蔭で、人間からロイミュードを切り離して、ロイミュードを破壊することができる。でもナンバーまでは壊せなかったからNO,001が拾っていったやんか。

 多賀に手錠をかけたのはドライブやったけど、側で叫びまくってた現さんがせなあかんのんちゃうん。とはいえ仮面ライダーが犯人に手錠をかけるなんて珍しいシーンが見られたけどね。そして霧子が捕まえた犯人をしょっぴくことにしたけど、霧子に代わったことで犯人暴れて逃げるかもしれへんやん。そこでも現さんは仕事してないし。

 ピットにやってきた究ちゃんと現さん。ピットの中を走り回る究ちゃん。究ちゃんのあっちこっち見て回りたくなる気持ち分かるよね。
 そこに現れた課長。実は課長が黒幕やったという。それだけじゃなくてマスコミにもリークしてるって。
 
 現さんと究ちゃん、今回叫びまくってたけど、この凸凹コンビの二人のお蔭でめっちゃ盛り上がったやん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.15

手裏剣戦隊ニンニンジャー(4月2週目)

 忍びの7 春のニンジャ祭り! 

 前回、妖怪に勝てなかった悔しさから、修業に励むニンニンジャーたち。父さんが特別講師を呼んでくる。それがカクレンジャーのサスケとハリケンジャーの鷹介。私は劇場版ぐらいには先輩として出演されるかな?って思ってたから、テレビ本編にご出演でびっくりしたもんね。
 サブタイトルが春のニンジャ祭りやから、夏のニンジャ祭りとか冬のニンジャ祭りとかもできそうやん。
 そして高岩祭りでもあるので、高岩ファンの皆様は大喜びやろな。

 次の戦隊の名前がニンニンジャーってのを知った時から、どうしてもカクレンジャーのテーマソングのサビの部分「ニンニンジャー忍者忍者、カクレンジャー忍者忍者」が頭の中をリピートしてたもんな。最近になってようやく大西洋平さんの歌声が頭の中を流れるようになってきたけど。

 ニンジャレッドとハリケンレッドの模範組手を見学するニンニンジャーたち。動きが違うよね。分身の術とか凄いやん。

 みんなも分身の術や身代りの術にチャレンジするけど、全然ダメ。成績表もらうけど、天晴なんか「1」の評価でも全然めげてなくて、もっと厳しい修行をすると言われても、ため口で面白いじゃんとかって大先輩に向かって言うてまうんで、大先輩もあきれ顔。もう見てるこっちはニタニタが止まらない。サスケの方は見てなかったけど、鷹介も現役時代は、結構おバカなことやってたもんな。

 道端に落ちていた赤い腕時計に幻月の手裏剣が取り付いて妖怪ネコマタが誕生する。

 成績が悪すぎるので実践には行かせられないと天晴を縄で縛って天井から吊るすサスケと鷹介。さすが年季が入ってるのでこの先輩二人の忍術を掛けるポーズも決まってるやん。

 ネコマタの得意技は時間巻き戻し。ネコマタ、ゲラゲラ言うて笑ってるやん。
 時間巻き戻しを見た十六夜はネコマタに終わりの手裏剣を探すように頼む。

 忍者道場でつりさげられてる天晴。歯で縄を噛み切ることにしたみたいやけど、縄抜けの術みたいな忍術を使うことでけへんのかいな。

 ネコマタと戦うニンニンジャーと先輩忍者。肉球ボンバーで吹っ飛ばされて変身解除してまう。その隙に終わりの手裏剣を探しに2005年へ行くんやけど、それを追っかけて天晴も飛び込んで行ってしまう。
 2005年ということは10年前。つまりスーパー戦隊30周年かぁ。轟轟戦隊ボウケンジャーやってた時代やね。

 10年前、ネコマタが終わりの手裏剣を手に入れるため忍者を片っ端からやっつけていた、それに対抗してサスケと鷹介が戦っているところに天晴がやってきてネコマタに倒されてしまう。その過去を阻止するために、天晴を忍術道場に縛り付けていたのに。もっと強力な忍術で動きを封じておかなあかんよね。

 天晴が倒された話を聞いて、湿っぽくなっているところにネコマタが戻ってきたんやけど、なぜか天晴も戻ってきて全員びっくり。なんと倒されたはずの天晴は身代りの術が成功していたんやて。
 湿っぽかった場の雰囲気がガラッと変わって、いよいよ変身名乗り上げ。豪華ですなぁ。バックで炸裂した炎も劇場版並みの火力やし。

 2分ぐらいでやっつけちゃったやん。ネコマタ最後のセリフが「全部妖怪のせいでした。ポーーー」って。ニンニンジャーの番宣が始まったころに、妖怪をやっつけるっていうコンセプトが紹介されてたやんか。確かに対象年齢がかぶってるから、妖怪やっつけて取り戻したいんやろなって思ってたけど、先輩忍者まで巻き込んでやっつけちゃうっておもろいがな。

 ネコマタをやっつけたら封印の手裏剣が2枚でてきて、それがニンニンジャーとハリケンジャーのワザニン手裏剣に。

 十六夜のところに届いたのは終わりの手裏剣ではなく、似ても似つかぬへぼ手裏剣。実はニンニンジャーの手裏剣やったんやけど、ニンニンジャー見てた人はおぉって思ったやろな。

 今回はネコマタが巨大化するのではなく、ガシャドクロが出てきたけど、キョウリュウジャーの時に使ってたのを再利用した感があるなぁ。

 シュリケンジンに合体した後、ワザニン手裏剣を使って、ガシャドクロをやっつける。

 最後崖の上からニンニンジャーたちを見守るニンジャレッドとハリケンレッド。「忍びなれども忍ばない」ってところでアカレンジャーが好天爺ちゃんと一緒に登場。アカレンジャーに「お前たちもそうだっただろ」って言われてるやん。アカレンジャーに言われたら、言い返せないよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.09

仮面ライダードライブ(4月1週目)

  第24話 なにがマッハを走らせるのか
 
 チェイスの様子を見に行く霧子。薄暗い人気の無い病室で、突然腕捕まれたら心臓止まるぐらいびっくりするやろな。でもそんな感情は全く持ち合わせていないチェイスは霧子の腕掴んでたけどね。普通なら悲鳴ものやで。

 敵の攻撃で壊れたベルトをりんなさんに修理してもらった剛。りんなさん凄い。本当ならハーレー博士のところに送って直してもらわないとあかんところやから、1ヶ月ぐらいはマッハに変身できないっていう縛りのあるストーリーになっても仕方ないところやったのにね。
 すぐに元に戻してもらったことに感謝せんとあかんのに、元に戻っただけじゃダメだとかって、りんなにパワーアップしてくれと頼む剛。
 
 再び爆破事件が起こり始める。高校生をコピーしたロイミュードNO,091が復活して、高校生を脅し始める。泊が高校生を保護する。
 ロイミュードのところにやってきた剛は、弱い方の仮面ライダーって言われて、神経逆なでされてるし。ロイミュードの見えない速さ攻撃で矢を掴んでたら、その矢が溶けて毒薬になりマッハは苦しめられる。駆けつけた霧子、今回はマッドドクターのシフトカー持ってたから、すぐに治療できて良かったやん。マッドドクターのシフトカー、あと1台いるよね。

 特状課の部屋で事情聴取中の泊と現さん。相手は高校生やねんから、現さんやなくて少年課の警察官がおらなあかんのんちゃうん。

 高校生は初め平凡な日常に退屈して、面白いこと起こらないかなってことで学校に爆破予告を出したら、本当に爆発しちゃった。それはロイミュードの仕業。究ちゃんが高校生のスマホからロイミュードが発生した形跡を見つける。

 ピットに戻ってきた剛はベルトさんに、最近焦り過ぎと忠告される。チェイスが改造されて強くなるのに合わせて、ドライブもどんどん強くなってるのに、最新型システムのマッハなのに取り残されてるって剛が言うたら、ベルトさんにその焦りが成長を妨げているって。
 剛が見えなくなっているものが見えるようになったら、まだまだ成長するって、うまいことおだててるやん。

 特状課で高校生の話を聞いているところに、課長がやってきて手錠かけちゃう。そこに爆破予告が高校生のスマホに入ってきたんやけど、今回は高校生を直接名指ししてくる。課長は高校生と手錠で繋がっちゃってるし、手錠のカギはどこにあるのか分からへんみたいやし。最後まで残ってた究ちゃんが避難しようとしてたとき、鶴太郎さんの昔のギャグ「キューチャン」って言うの久しぶりに聞いたなぁ。いつかこれ使おうって絶対狙ってはったんやろな。

 霧子と剛の子供時代の思い出。剛が空手の試合で初めて負けたときのこと、剛の相手やってた男の子大きかったよねぇ。剛が小1ぐらいで相手の男の子は小6ぐらいの差があるように思えたんやけど。相手を睨みつけたときの顔、大人の剛によく似てて、うまいこと見つけてきたなぁって感心しちゃった。

 自信を取り戻したマッハがロイミュードの攻撃を止める。ロイミュードと戦うマッハは打ち込まれた毒を吹き飛ばし、焦りを乗り越える。
 マッハの頑張りにドライブもタイプフォーミュラで参戦して、ロイミュードを倒す。

 一件落着して、特状課では危機を乗り越えた課長と高校生が信頼で結ばれてるやん。ピットでは自信を取り戻した剛がベルトのパワーアップを断ってるし。りんなさん研究用にもう一つマッハのベルトを作りかけてたって、予備に作ってもらっててもええんちゃうん。

 チェイスが横たわっていたベッドが空になってるやん。なんと敷布団・掛け布団がちゃんと畳まれてる。そして街を歩いているチェイスの手には霧子が持ってきたお見舞いのカーネーションが…。先週私はチェイスが花になんか興味ないはずって書いたのに、全く外れてたがな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.07

手裏剣戦隊ニンニンジャー(4月1週目)

 忍びの6 テングの神隠し

 これまでの修業の成果の確認のため、シュミレーション用妖怪カシャを使って実技の中間試験を行うってことに。まだ6回目で中間試験は早いんちゃうん。でも試験の内容見てたら、まだまだ初歩的忍術に見えたよね。

 実技だけじゃなく、筆記もあったんや。霞が90点、八雲が88点。凪が72点、風花が75点。天晴は測定不能で再試験、お約束やな。

 不法投棄されたゴミの山、妖怪作り放題やな。捨てられてたクラリネットで作られたのが妖怪テング。クラリネット捨てられてるって、ちょっとあり得へん感じもしたけどね。

 天晴はシュミレーション用妖怪カシャ相手に再試験中。4人が先に妖怪の元に向かうことになる。テングだけやなく雷蔵もいるやん。雷蔵の一撃で4人が吹っ飛ばされ、天晴がいないんで面白くない雷蔵とテングは風花を人質に帰ってしまう。

 風花を助けに向かう天晴たち。お父さんは好天爺ちゃんが自分を忍者にしなかったので娘を助けにも行けないって愚痴ってたいうか文句を言うてたけど、好天爺ちゃんはお父さんが忍者に向いてないってこと分かってたから。せやかてお父さん運動神経良くなさそうやもんな。運動するより勉強するほうが好きやった感じするやん。
 力は無くても助けに行くっていうお父さんを金縛りの術で動けなくしちゃう好天。おでん屋のバイトに行く言うてたけど、あの怪しいおでん屋アルバイトやったとは…。

 気が付く風花。風花のいる場所、撮影所にある怪しげな大道具かき集めてきた感じやったよね。折角気が付いたのにまた気絶させられてまう。

 風花を助けに行く天晴の前に現れた好天。まだ一人で向かうは難しいから、みんなで行けと忠告してるところに、十六夜が現れる。
 十六夜、好天に向かって終わりの手裏剣をくれって言うてたよね。終わりの手裏剣って何?これを巡って最後までいろんなことが起きるんやろな。幻月が封印できなかったってことは、終わりの手裏剣を使わなかったことだろって十六夜言ってたなぁ。

 十六夜が振り下ろした小槌の下にあったのは狸の置物。狐と狸の化かし合いやんか。好天は幻月を封印できなかったのではない封印しなかったのだって言うてたけど、なんで封印しなかったんやろ。

 好天が十六夜を引きつけている間に、風花を探しに来た天晴。一人で行ったらあかん言われてたのに。天晴が来たので、めっちゃあっさり風花を解放するテング。
 天晴は雷蔵と共に風花が囚われていた場所に。テングは風花相手に戦い始め、八雲たち3人がやっとたどり着く。

 天晴と雷蔵の一騎打ちシーン、めっちゃ見ごたえあったよね。だいぶ戦えるようになったって雷蔵がほめてたけど、やっぱり最後は押され気味。見てるこっちとしては、アフレコがうまくなってきたなって思った。戦いのシーンって難しいのにね。

 地上でテングと戦ってる4人。なかなか苦戦してたけど、風花が影縫いの術でテングの動きを止めることができ、霞と八雲が矢を放ってテングを爆破。これでやっとテングの術が破れて天晴と雷蔵が表に出てくる。

 今まで一人で戦ってた天晴にみんなで協力して戦うことの大切さを思い出させてたけど、まだ今週もおでんネタ引っ張ってたやんか。

 5人が雷蔵相手に戦って、なんと天晴が雷蔵の右の角を切り落としたやん。ここで十六夜は雷蔵の角を拾って連れて逃げる。
 そしてテングを巨大化させる。十六夜ならあっという間に取れた角を引っ付けるやろな。

 シュリケンジンに対して、鼻を伸ばしてテングが攻撃してきたから、こっちはパオンマルを出して、鼻には鼻をってことで、テングの鼻に象の鼻を巻きつけて、テングの鼻を折っちゃう。そして粉砕。

 はっきり言って、今回のニンニンジャーで一番興奮したのが最後のシーンでハリケンレッドが出てきたときでした。劇場版には絶対出てくるよなって思ってたけど、こんなに早く登場とは…。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.03

手裏剣戦隊ニンニンジャー・仮面ライダードライブ 春休み合体1時間SP

注:ちょっとだけ映画のネタバレが含まれてるのでご注意ください。

十六夜によって街に妖怪ブルブルが現れ、ニンニンジャーが駆けつけたところから。
ブルブルは粘液を吐き出す。そしてどんよりを使っちゃう。ブルブルが逃げて、ちょっとほっとしたところに現れたんがドライブ。タイヤ人間とか言われてるし。

 ドライブはニンニンジャーのことをカラフルなロイミュードだと思ってる。ニンニンジャーが相手なんで久しぶりに手裏剣出してきてるやん。霞にこちらのお株奪わないでほしいわねって言われてるし。ニンニンジャーが変わり身の術使ったら、ドライブもタイプテクニックに変ってる。

 今回のベルトさんって結構言ってるセリフがきついような気がするな。ドライブの正体が警視庁特状課刑事の泊だと分かって、出るとこ出てやるよって開き直った天晴に手錠をかけてたけど、アカニンジャ-のままで手錠かけちゃうのかよって思ったよね。泊と天晴がぐだぐだやってる隙に残りの4人消えちゃってる。おいおいって感じやったよね。

 4人は忍術道場に戻ってきて、お父さんも交えてお茶で一服しちゃってるし。天晴も一応忍者なんだから自分でなんとかやるでしょってみんなに思われてたけど、天晴ってそんなに器用なことできる男じゃないよね。
 取調室に来てもまだアカニンジャ-のままやん。で、泊と霧子が取調べ調書でイチャイチャ(?)してる間に、まさしくドロンしちゃう。そのために変身解除しなかったのか。

 でも天晴を探し回ってる泊の前に現れて、変身解除して、相変わらずわが道を行く天晴の行動に、泊の脳細胞はエンスト寸前。
 その時特状課から妖怪がいるかいないかを言い争う課長と爺ちゃんの声が聞こえてくる。これは贅沢な共演やなぁ。もうちょっとこの二人の芸比べを楽しみたかったのに、どんよりが起こって妖怪を探しに飛び出す天晴と泊。

 天晴が八雲たちニンニンジャーの元に駆けつけるとみんなの態度がおかしい。天晴のことを怖がって来ないでとかって叫んだりするし、どんよりは起こるし。ニンニンジャーたちがいた場所は足元が濡れてたんやけど、そこを火炎の術で攻撃したら、どんよりを出していた妖怪ブルブルが現れる。
 ブルブルは妖怪なんでニンニンジャーが戦ってくれている。それを横で眺めていた泊は十六夜やロイミュードの存在に気が付いて、3人のロイミュード相手に戦い始める。
 なんとドライブと戦ってたロイミュードが十六夜によって巨大化しちゃう。これって目新しいやん。ドライブを助けるためにニンニンジャーがオトモ忍を出してくるんやけど、マンションの窓の向うを走って行くのをブレンが見てびっくりしてハートに教えたら、ハートが振り返ったら何もないって、去年鎧武の時も貴虎兄さんが振り返ったら何もないやんっていうのやってたよね。

 巨大ロイミュードと戦うことになったシュリケンジン。UFOマルでロイミュードを倒した後、UFOマルが消えたんでどうしたのかと思ったら、十六夜とニンニンジャーだけが時空の歪みで仮面ライダードライブの世界に来てしまったとか。
 これも去年の鎧武の世界やったら、処理しやすかったのに突然の設定で無理してる感あったよね。

 十六夜だけさっさと元の世界に戻っちゃって、これから古いものからどんどん消えていくって。その前に警察に捕まってたけど。

 その頃仮面ライダー3号と戦ってたマッハ。俺には見えたお前はいずれ死ぬって予言されてたやん。確かにいずれは死ぬよね、そのいずれが来年か70年後かは分からへんけど。ここで映画のネタバレやが、なぜか他の2号ライダーたちはしぶとく生き残ってたのに、ショッカー怪人の粘液攻撃であっさり亡くなってしまったマッハ。まさかそんなことになるとは思わなかったやん。

 すっかりドライブの世界では悪者扱いされてるニンニンジャー。今度は5人揃ってドロン。ドロンされるの分かってて捕まえてるんやからしゃーないけどね。

 でいよいよ銀髪の男を見つけ出すことが主題になってくる。
 警察としてはニンニンジャーを捕まえることになったんやけど、泊はニンニンジャーを助けることにする。
 とはいうものの、銀髪の男がどこにいるのか分からずに途方にくれてる泊と天晴。この二人の途方に暮れた顔が最高やん。そうしたら幻月の手下がワラワラと出てくる。霧子がグッドタイミングで車を回してくれたんで逃げることができる。アカニンジャ-がベルトベルトって言うてたから、ベルトさんのことかと思ったら、アカレンジャーでも車に乗ったらカーベルトせなあかんもんな。特に警察官が運転してる車やし。

 究ちゃんがネットでディー博士の情報を見つけ出す。西関東科学研究所にやってきた泊たち。なんかめっちゃ良い雰囲気の廃墟やんか。
 マッハの持ってきたショッカーの写真とこの廃墟とディー博士の言葉から、泊の脳細胞がトップギアだぜっていつものセリフを言うと天晴が意味は分かんないけどなんか熱いぜって、めっちゃ白い息吐きながら言うてたやん。実はすんごい寒かったんやろな。あの息の感じなら、2度とか3度くらいやったんちゃうん。

 西関東科学研究所が爆破された危機一髪でトライドロンとベルトさんに助けられる泊たち。一方八雲たち4人のニンニンジャーはブルブルとの戦いで危機一髪。そこに泊たちが駆けつける。

 ブルブルことディー博士ことNO,089、その真犯人はショッカー首領。ドライブとニンニンジャーの名乗り上げがあっていよいよ戦いが始まる。
 ブルブルが泊やニンニンジャーたちの恐怖を増大させて震えが止まらなくなる術を掛けるんやけど、恐怖の震えよりも早く動けば怖くないっていう泊にしては強引やったのは、ずーーーっと天晴と行動してたからかもしれへんな。
 天晴の名言、単細胞がトップギアだぜ。無事ブルブルが倒れてUFOマルも復活し、ニンニンジャーの世界に戻ることができる。

 最後、映画の宣伝も兼ねて、仮面ライダー3号こと及川光博さん登場。テレビ本編に顔出しされるとは贅沢ですなぁ。

 ディー博士やってた人、どっかで見たことあるけどどこで見たのか気になってたら、東映公式でカーレンジャーに出てた岸さんと書かれてて、ゴーカイジャーでカーレンジャーの回があんまりおもしろすぎて5~6回見てたから、記憶に残ってたんやな。あの岸さんなら、濃い芝居できるからディー博士もおもしろくなったんやろな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.01

大坂の陣ウォー!キング!! 真田幸村と大坂の陣戦跡コース

Photo0595_0001

 2月22日に行われた真田幸村と大坂の陣戦跡コースも歩いてきました。小雨の中約9.5キロメートル
 
 ①志紀長吉神社、実は私はこの志紀長吉神社まで歩いて行ける距離のところに住んでます。だいたい15分くらいかな。なので徒歩で地下鉄谷町線長原駅に向かい受付をし、志紀長吉神社へ。以前勤めていた会社へ行くのに、この神社近くの道を毎日歩いていたのに、ちゃんと訪れたのは初めてでした。ここは大坂夏の陣の時、この神社に赤地に白の六文銭の軍旗と刀剣を奉納して戦勝祈願したそうです。神社にあった説明板によると、戦後刀剣は回収(GHQによる日本の非武装化のため)されてしまったらしく、うぉーそれはもったいないと思ってしまいました。

 ②真田幸村休息所跡は、普通の民家の間にひっそりと石碑が建ってました。大河ドラマが始まって観光客が大挙して来たら、ご近所さんは大変やろなって感じの場所でした。
 長原駅に戻り、地下鉄で平野駅へ。

 ここから③大念佛寺へ。大念佛寺は徳川家康が天下泰平・武運長久の祈願を乞うたとのこと。戦いが収束して家康は田園300石を寄進する旨を伝えたが、道和上人は僧侶の求道心が欠如することを恐れ、これを辞退したってマップの解説のところには書いてあったけど、それでも徳川家康ゆかりのお寺やから、立派ででかい。融通念仏宗。

 ④杭全神社。杭全神社もでかい。平野郷夏祭り(だんじり祭り)は地元では有名で、平野区民の皆さんにとって杭全神社の夏祭りは血が騒ぐどころじゃない大きな年中行事みたいです(私は八尾市民なんで噂で聞くぐらいなんですが)。その有名な杭全神社を見ることができて良かったなと。
 杭全神社から平野本町通商店街を通って⑤全興寺へ。このお寺さんは商店街の並びにあり、寺の境内を入ったところに西国三十三カ所のご本尊を現した小さな石仏が並んでいたり、駄菓子屋さんの博物館もあったり。大坂の陣としては、真田幸村が樋尻口の地蔵堂に仕掛けた地雷が爆発し、お地蔵さんの首がここまで飛んできたとか。そういう伝説を持つ首の地蔵尊があります。

 全興寺から東へ歩いたところを南に曲がって少し歩いたところに⑥願正寺(真宗大谷派)があります。深手を負った徳川軍の安藤正次がここに送られて療養していたのですが、再起不能を悟り自害した場所。

 願正寺から商店街に戻り、東へ歩いて行くと平野公園が見えてくるのですが、ここに⑦平野郷樋尻口門跡と⑧安藤正次墓所が向かい合ってあります。樋尻口門には全興寺のところでも書いたようにお地蔵さんの祠があり、徳川家康がここで休息をとると予測した幸村が地蔵堂に地雷を仕掛けたのですが、爆発する寸前小便がしたくなった徳川家康がこの場を離れたので九死に一生を得たらしい。

 大阪市の分はここまでで、平野川沿いに町工場地帯をてくてく歩いて⑨馬洗池跡へ。大坂の陣当時、この辺りは竹やぶや池がたくさん存在してたそうで、徳川軍の兵士がこの地で馬を洗ったり、水を飲ませたりした池があったと伝えられてるそうです。前週に大坂夏の陣は泥との戦いって聞いてましたので、その中を走っていた馬たちもどれだけ泥だらけやったんやろかって思った。馬洗池跡の由来という石碑も普通の民家の前に建てられていて、この石碑を見るために町工場の立ち並ぶ通りを行って帰ってこなければならなかったという。

 そして大阪中央環状線を目指して東へてくてく歩き続け、中環上にかかっている歩道橋を渡って⑩真観寺へ。こちらは八尾にある常光寺と兄弟寺だったのですが、常光寺は燃やされずに残ったのですが、真観寺は焼失しました。一説には焼失を免れるためには豊臣・徳川両軍と寺を燃やさないという約束をしなければならなかったんだけれども、真観寺は片方だけしか約束しなかったので燃やされたのではということでした。境内には三好長慶の墓もありました。八尾市に入ったのでボランティアガイドさんの深い話も楽しめるようになりました。

 真観寺からJR久宝寺駅を抜けて行くのですが、ぼちぼちこの辺から左足の小指が痛み出しました。たぶん歩いているとき気づかずに左足引きずってるんだと思います。

 現在私はJR久宝寺駅近くの会社に勤めているのですが、その会社の構内にはお稲荷さんが祀ってあり月に一度近くの許麻(こま)神社から神主さんが月例祭に来られておられます。ただ私は帰り道が許麻神社とは反対方向なので行ったことがありませんでした。
 ⑪許麻神社に一度行ってみたいと思っていたので、ウォーキングコースに入っているの見て参加しようと思ったんやな。ここで話をしてくださったボランティアガイドさんによると、徳川家康が2番目に怖かったのは顕証寺を中心とする八尾の門徒衆だったとのこと。1番目に恐れていたのがスペインポルトガルの軍隊だったそうです。大坂の陣で日本中が2つに分かれて戦ってる最中にスペインやポルトガルの軍隊が入っていたら、漁夫の利で日本がスペインやポルトガルの植民地になってたかもしれへんもんね。それでなくても黄金の国って思われてた訳やし。
 
 ⑫顕証寺(浄土真宗本願寺派)、久宝寺寺内町の中心となったお寺なのでこちらも大きくて古めかしくていい雰囲気でした。

 顕証寺の隣に八尾市まちなみセンターがあり、ここでちょっと休憩させてもらいました。安井道頓生誕の地という石碑がありました。あの道頓堀を作ったと言われてる人です。まさか八尾生まれとは知りませんでした。

 少し元気を回復し、久宝寺小学校の脇にある長曾我部物見松遺址を見て(といっても松はちっちゃかったですけど)、⑬大信寺(真宗大谷派)、こちらは午後から法要があるとのことで前を通っただけでした。

 ⑭は常光寺でしたが、こちらは前週に伺ったのでパスいたしました。

 以上が2週目のウォーキング。よく京都ジョークで先の大戦といえば応仁の乱と言われてますが、東大阪・八尾・平野を歩き回って、あちこちに大坂の陣ゆかりの場所が残ってるということは、河内では第2次大戦の前の大戦と言えば大坂の陣やったんやなと。有名な武将でもこれだけ亡くなってるんやから、足軽なんてどれだけ亡くなってるのか。哀しみの地でもあるなぁと思えてきた。
 徳川家康がわざわざ河内まで出てきてたってことはかなりの危機感があったんやろか。私が住んでるとこらへんも真田軍とかが通り過ぎて行ったかも。
 
 万歩計の数字は23,893歩でした。

Photo0594


 ↑左側は参加者が目印に貼っていたステッカー、右側は完歩のスタンプ

 3月1日に実施された後藤又兵衛コースは他に予定もあったし、スギ花粉も飛んでるのでパスしました。
母親が羽曳野出身やし、藤井寺とか道明寺とか誉田とか気になったんやけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »