« 仮面ライダーゴースト(10月3週目) | トップページ | 手裏剣戦隊ニンニンジャー(10月4週目) »

2015.10.27

相棒 「或る相棒の死」

 森の中を一人で歩く冠城。大木の下にやってくると白い縄を取り出して…。

 甲斐のところに呼ばれてる右京さんと大河内監察官。大河内監察官によると冠城がより高いレベルの情報へのアクセス権を申請しており、どうも埼玉県警の情報を調べたがってるとのこと。大河内監察官としては法務省の人間が何を調べたがってるのか気になって、冠城の最近の動向を右京さんに聞きたかったみたい。右京さんもまだ付き合いが浅いから、大河内監察官に尋ねられても答えようがないよな。
 ただ冠城が最近眼鏡をかけ始めたことぐらいしか答えられない。

 折角甲斐さんが点ててくれたお抹茶を飲まずに立ち去ろうとする右京さん。なんと1日に摂取できるカフェインの量は紅茶で足りてるって断ってるし。紅茶をそういう感覚でとらえてるって右京さんらしいというかなんというか。

 冠城は大木の枝から縄の輪を下げて、それを下から見上げてるんやけど、輪っかの間から顔映してる。こんな撮影の仕方したら、今から冠城が自殺でもするのかと思っちゃうよね。

 特命係に戻ってきてる冠城。ドリップコーヒー淹れてるやん。小松と大木にごちそうしてるんやけど、あまり高くない豆をブレンドしてブルーマウンテンに近い味を出してるとか。そんなこだわりのコーヒーをこの狭い特命係の部屋で淹れてたら、部屋中コーヒーの香りが充満するよね。紅茶好きな右京さんが淹れる紅茶の香りが際立たなくなりそうやけど。

 右京さん、冠城の靴に付いてた土が床に落ちてるのを採取してるやんか。それを米沢さんに鑑定してもらってる。

 そうかと思えば、暴漢に襲われてる冠城助けてるし、ほんま神出鬼没ですな。

 冠城と右京さんがやってきたのは、埼玉県警の早田と女子高生の千原舞ちゃんとの待ち合わせ。千原の父は元埼玉県警の刑事で警察を辞めてからはフリーのジャーナリストとして週刊誌で活動していた。しかし最近自殺している。娘は、父に自殺の動機が無いと考えていて、それを相談するために冠城と会ったのか。元々千原と冠城は中学の同級生。それでこちらの事件に首を突っ込むことになった。

 千原が残した手帳に書かれていた暗号を解読した右京さんはそこに書かれていた数字などから、千原が調べていたのは埼玉県警の裏金作りと考える。千原の残したパソコンはIDとパスワードを入力しないといけないんで、中を見られない。
 私の使ってるパソコンも自分で使うのでさえ、度々パスワードとか入れないと開けてくれないもんなぁ。セキュリティーのためとはいえ、今のパソコンはそれが当たり前になると、さすがの右京さんでも昔みたいに勝手にパソコン開いて、事件解決のヒントをつかむってことやりにくくなってるよね。

 部屋に置いてあったプレゼントの中身が女性用のアクセサリーだったことから千原が通ってたキャバクラの女の子に話を聞きに行く右京さんたち。
 そこで千原が金遣いが荒くなっていたことを知る。

 冠城はわざと特命係の部屋にかばんを置いて帰り、それを右京さんは大河内監察官に教えちゃう。冠城は早田と行きつけのバーで情報交換。そのころ右京さんは千原の部屋でパソコンと格闘中。でもなんかパスワード見つけたみたいで、パソコンの中身見ちゃってるし。

 そして特命係に戻ってきたんやけど、なんか深夜の雰囲気が出てたよね。お隣も人は少なかったし、角田課長は残業中って雰囲気出てたしね。そこへ米沢さんが特命から頼まれた鑑定結果持ってくる。右京さんが知らない官邸で米沢さんも残業しちゃったんかよ。

 冠城と早田、フルフェイスのヘルメット姿の男2人(埼玉県警中央署の警察官らしい)に脅されたときはかばん持ってなかったのに、CM明けたら、地下の駐車場みたいなところをかばん持って歩いてるやん。
 そこにいたのは埼玉県警中央署の偉いさんとその部下。冠城に書類と千原の手帳を取りに行かせてたんや。時系列が途切れ途切れになってるんか。

 冠城のかばんには盗聴器が仕掛けられていて、ここでの会話は全部筒抜け。そして右京さんが伊丹・芹沢・大河内監察官を連れて現れる。息がかかったメンバーで深夜でもお願いしたら来てくれそうな人たちを集めたんや。

 部下の二人は暴行と脅迫の疑いで。冠城がかけていた眼鏡は撮影録音機能付きやて。だんだん昔のスパイ映画に近づいてきてるやん。この時の冠城、めっちゃドヤ顔してる。

 事件のすべてが右京さんによって明るみに出るんやけど、ちょっとブラックな持って行き方やったな。千原が警察を辞めたのは相棒で一緒に表彰された早田が先に出世したから。警察止めてライターになったけど、生活が荒れてお金が欲しくなったから、内情を知ってる裏金作りをネタに強請ろうとする。まぁそこまではしゃーないとしても、早田を脅すネタが早田の妻が主婦売春の常連者って、いくら早田が頭に血が上って千原を殺してしまうにしても、他に理由があっても良かったんちゃうん。早田も裏金で何かよからぬことをしてたとか。

 事件が解決して甲斐のところに呼ばれた右京さんと冠城。右京さんが飲まないこと知ってるから、もう最初からお茶出してないし。冠城も1日に飲めるカフェインの量はコーヒー1杯分だけって、食事の時もお茶じゃなく水にしてるってことかな。

 最後に、右京さんが細かいことが気になるという癖を利用してわざと小細工を仕掛けたことを指摘されてたけど、やっぱり軍師的なところあるよな冠城は。

|

« 仮面ライダーゴースト(10月3週目) | トップページ | 手裏剣戦隊ニンニンジャー(10月4週目) »

真犯人はお前だっ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/62561882

この記事へのトラックバック一覧です: 相棒 「或る相棒の死」:

« 仮面ライダーゴースト(10月3週目) | トップページ | 手裏剣戦隊ニンニンジャー(10月4週目) »